FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2019'07.08 (Mon)

レンチンで簡単すぎる☆ ホホバオイルでつくるクリーム

こんにちは。

今回は、いままで何度も話している、【ホホバオイル】 について。

何個か前に書いた、こちらもご参照ください。☟クリックGO☆
ホホバオイル、これなしでは語れない!


ホホバオイルは、ほんとにみんな、興味があって
注目されているんだなーと、あらためて思います。

なので、今回もホホバオイルについて書こうと!

↑ 上の記事では、ホホバオイルそのものの良さ、便利さを書いたんですが、
今回は、そのつづきの予定だった、
ホホバオイルでつくるクリーム」のこと。

ほんとうに簡単で、だれでもできます。
『まぜて、チンして、冷やす』 の3ステップのみ。

しかも、目分量でまぜるだけ👍
シアバターと、ホホバオイルの2種類をね。

タッパーに、2種類をちゃちゃっと入れて、
レンジでチーンの、
フタして、ふって混ぜて、冷蔵庫に放置。

では、つくってみましょう!!✨



① ホホバオイルとシアバター、
だいたい、1:2ぐらいの割合で、耐熱のタッパーに入れる。
S__5709840.jpg

ホホバオイルの量のほうが多すぎると、
とろとろすぎるクリームになるので、
シアバターのほうを多めに、ということで、1:2 です。
目分量でオッケー。
きっちりはかる必要なし。


② これをレンジでチン。いざ、電子レンジへ。
 S__5709839.jpg


1回のチンで、こんな状態になりました。
まだ完全にシアバターが溶けていない状態ですが、
ホホバオイルが全体的に熱いので、かきまぜれば溶けます。
S__5709838.jpg

かき混ぜると、このとおり。
シアバターのかたまりが溶けて、ただの液体に。
S__5709836.jpg


③ ふたをして、全体が混ざるようにかるく振って、冷蔵庫で冷やします。
寒い時期なら、寒いところにおいておけば、冷蔵庫じゃなくてもどんどん固まります。
ここからは、「放置」でよい。
S__5709837.jpg


冷えると、液体が白くかたまってクリーム状に。
A49AC55F-8C9E-4618-B1D3-8AC8CE91497C.jpg


クリーム状といっても、指先に乗せると体温でスーッと溶け、
すぐに透明なオイルになるクリームです。



はい、ほんとに簡単でしょ!!👍

もし、作ったあとに、
『ゆるゆるすぎたなー』と思ったら、もう一度、レンチンして完全にとかしたあと、
シアバターのみを追加して、やり直せばよいし、
『かたすぎたなー』と思ったら、同じくレンチンして溶かしたあとに、
ホホバオイルを追加して、やり直し。



さて、これをどんなときに使うか。
それも自由☆

●ヘアクリームとして。
●洗顔後のクリームとして(ホホバオイルのみでは物足りない、乾燥がとくに気になるとき)。
●全身につかっても、問題なし。


私は、こどもの髪の毛を結ぶときの
ヘアクリームとして使っています(*´▽`*)
市販のワックス類を使うより、髪の毛にやさしく、わるいものがない(ただの“よいオイル”だから👍)ので
安心です!

結ぶのではなく、おろした髪につけるなら、
「ホホバオイルのみ」のほうがおすすめ。
そのほうが、ベタベタせず、さらっとツヤツヤにしあげやすいです。
ドライヤーやヘアアイロンをかけるときの、熱から髪をまもる役割もあります。

洗顔後は、基本的にホホバオイルを少しつける程度ですが、
冬の乾燥時期など、ホホバオイルのみでものたりないと感じるときは、
このクリームがよいです。

てのひらに乗せると、スーッと溶けて透明なオイル状になるので、
それを両手でこすりあわせて、
顔をはさむように、置くように、ハンドプレスするようにしてつけます。
いわゆるクリームを塗るような感覚ではなく、
それよりも、うすーーくつける程度でよいです。


つくってみたいと思った方は、ぜひ、ためしてみてください(*´▽`*)


おすすめのシアバターはこちら☟





おすすめのホホバオイル☟



シアバター、ホホバオイルの選び方は、
私の書いた本にも書いてありますので
よかったら参考にしてみてください (*´▽`*)

********************************************

私、大森野々香が出した本。
スポンサーサイト
12:30  |  3.角質培養  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.18 (Tue)

石鹸を生かすのは、水しだい!

こんにちは。

先日 、近所の温泉に行きました。
岩盤浴もあって、温泉と自由に行ったりきたりもできる、
人気のある、とってもいい施設です✨👍

いつも愛用している石鹸【白雪の詩】を持参して行きました。

ここの温泉は、超軟水で、
モッコモコのクリーミーな泡ができ、
あらためて驚きました。

私は、この石鹸いっこで、
顔も、身体も、髪の毛も、ぜんぶ洗います。




温泉の超軟水、モッコモコの泡のおかげで、
髪の毛がツルツルになりました✨


モッコモコのクリーミーな泡ができるか、できないか。
それは、「石鹸」の力というよりも、「水」によります!!




私の出した本の中にもくわしく書いていますが、

石鹸と水 
これは、相性があり、
それによって、お肌への効果がまったく違うものになります!!

水の「軟水」 「硬水」、聞いたことがありますか?
水に入っているカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分が
少なければ少ないほど、「軟水」に近くなり、

まったく何も入っていない(機械などで取り除いたもの)ものは、
完璧なる、硬度ゼロの軟水✨で、

スーパーによくある、ウォーターサーバーにも軟水を選択できる場合があります。
薬局にある「精製水」も、硬度ゼロの軟水です。

市販のペットボトルのミネラルウォーターのラベルにも、

硬度59mg/L(軟水)

などの表記があり、どれぐらい軟水かの目安になります。

軟水であればあるほど、
モッコモコのクリーミーな泡ができます。

つまり、
石鹸を泡立てる水は、
ミネラル成分が少なければ少ないほどいい!


逆に、硬水の場合は、
モコモコの泡はできにくいし、
ものすごい硬水の場合は、ボソボソの石鹸カスができるだけです。
その石鹸でむりやり顔や髪を洗っても、
ベタベタになり、石鹸カスで髪がかたまってしまいます。

でも、軟水のモッコモコのクリーミーな泡で洗った場合は、
顔も髪も、ツルツルになります✨
洗いながすときに、ヌルヌルするほどです。
(このヌルヌルは、完全に洗い流さなくてもOK👍 むしろ、もったいない。)



なぜ、こんなことが起こるのか。

それは、石鹸が水とふれて泡を作るとき、
ミネラル成分が膜をつくり、それが、よくある洗顔後のツッパリ感の原因。

(そのあと、自然な皮脂分泌があれば、ツッパリ感はやわらいでいくので問題なし、ですが、
お肌が乾燥している場合は、やわらぐまでに時間がかかったり、刺激となるので
軟水をつかうほうがよいし、または、すぐにクリームをたしてあげる必要あり。)


ミネラル成分がなければ、
石鹸の材料のひとつ、油分が、即座に肌をコーティングして、
ツルツルにしてくれるのです。


もともと、人の肌の表面も、
自然な皮脂によって、コーティングされています。
天然のクリームです。

石鹸のツルツルは、この役割をしてくれているのです。
皮脂のリセット。
汚れた、酸化した古い皮脂を、石鹸で洗い流して、
それと同時に、新しい油脂でコーティングできる✨


そういうわけで、温泉がせっかく軟水なんだったら、
石鹸の効果を生かすべきで、
合成シャンプー、合成のボディソープを使うのはもったいない。

合成界面活性剤の入ったこれらのものは、
水の硬度に左右されず、
いつでも、モコモコの泡を作ります。
いつでも、ツルツルにコーティングします。

でも、人工的な力でのモコモコであり、
コーティングのツルツルも、人工的な膜をはりつけているだけです。
(ビニールを溶かしたようなもの。合成ポリマー)
これが、肌をおおうことで、肌に負担をかけています。
自然な皮脂膜のリセットとは、意味がちがったものとなります。



自分の家で洗顔する場合は、
軟水器が設置されている場合をのぞいて、
たいてい、水道水をつかいますね。

水道水の硬度にまで、神経質になる必要はないと思いますが、
よほどの硬水(石鹸の泡がぜんぜんできない、できにくい)でない限り、
水道水でだいじょうぶです。

が、軟水でのツルツルを体験してみたい、
肌の調子が悪い、乾燥しているので、
ツルツル効果で肌をコーティングしてあげたい、
・・・などの場合は、軟水を使うのを検討する価値、アリです。


スーパーのウォーターサーバーや、精製水、
硬度が少なめのミネラルウォーターなど、ためしてみてください。

あ、「浄水器」は「軟水器」ではないです。
浄水器は、ミネラル成分をのぞいて軟水にしているわけではないから。
浄水器は、トリハロメタンを除去、など、
軟水にする目的とは違うものなのです。





石鹸はいいところがいっぱい✨
このブログタイトルのとおり、
肌にも、お財布にも、地球にもやさしい♡

「石鹸はつっぱるから刺激が強い」 という勘違いを
なくしてほしいなー!!
というのが、私の願いです (*´▽`*)


この【白雪の詩】は、でっかい豆腐みたいな石鹸が
2個入りで、この値段!!

合成モノのシャンプーやトリートメントなど使うより、
ずっとお得だし、お肌・髪にもよいし、
なにより、エコです♡ (川をよごさない)




石鹸と水の関係についてや、
石鹸のえらび方など、もっとくわしく読みたい方は、
私の本☟ をご参考にどうぞ☆

******************************************


私、大森野々香が出した本。
11:10  |  2.成分  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.12 (Wed)

おすすめのコンシーラー

こんにちは。

今日は、気に入っているアイテムの紹介です。

コンシーラー。

目元は、ほっぺなどのほかの部位と比べても、とても薄いため、
乾燥しやすい部分です。
でも、薄いからこそ、青グマも出やすい(血管が透けてみえてしまう)。
隠したい、いちばん、塗りたい部分。

下地にクリーム、下地のクリームファンデ、パウダーファンデ などを重ねても、
隠しきれない、または、重ねすぎると乾燥が目立ちます。

隠すのが目的のアイテム、コンシーラーを使いたいのは山々でも、
なぜか、コンシーラーは、目元の乾燥に耐えられず、カピカピになるものが
多い気がします。
(とくに、ノンケミカルなジャンルでは・・・)


ですが!!!
いいコンシーラーを見つけました!!
かれこれ、半年ぐらい使い続けています。


これは、乾燥しない(しにくい)。
しっとりなじみ、ほどよくカバーしてくれます。
今まで使ったコンシーラーの中で、いちばん優秀✨👍

ノンケミカルなメーカーでも人気の、「24hコスメ」の、
【24 ミネラルUVコンシーラー】です。

SPF50+/PA++++
全成分:
メドウフォーム油、ヒマシ油、ホホバ種子油、カルナウバロウ、キャンデリラロウ、カカオ脂、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、ウメ果実エキス、ビワ葉エキス、ヨモギ葉エキス、クマザサ葉エキス、コシロノセンダングサエキス、トコフェロール、水、エタノール、BG、(+/-)酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al





コンシーラーというと、「しみを隠す」という目的に使う方も多いと思いますが、
私の場合は、その目的では使っていません。

というのも、「隠したいほどの しみ」がないからです👍(*´▽`*)

しみが出来にくい肌にする方法、
よかったら、☟こちらの本をご参考にしてみてくださいね♡

******************************************


私、大森野々香が出した本。




12:30  |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT