All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.06 (Fri)

その5.(1) 似合う色を知ろう

こんにちは。

今日は、私の「美容革命」の中でも、やっと「その5.パーソナルカラー」について書く時がきました!
直接はスキンケアには関係ない気がしますが、「美容」という大きなジャンルにおいては関係あります。「メイク」にも役立ち、また、その延長線上のことでもあり・・・

そして、もっと深く「色」に付いて突き詰めると、健康・美容にも関係があり、効果をもたらすようです。
今、「色の秘密」という本を読んでいます。
   20090205213526.jpg
科学的な視点から実証した、太陽光線、音、皮膚にもかかわりのある、影響を与える「色」。すごく興味をそそられる本です。また途中までしか読んでいませんが、これから読みすすめます。


まず今日は、「パーソナルカラー」そのものについて書きます。




●パーソナルカラーとは
自分に「自分に似合う色」を知っていますか?
洋服やメイクなど身につける色は、肌色の見え方、顔立ちや瞳の印象を大きく左右し、選び方ひとつでその人の印象を決める大切な要素です。
似合う色とは、自分の魅力を引き出し、きれいに見せる色のこと。たとえば、「似合う色」を身に付ける・間違いなく選べることで、こんな効果があります。

1 肌の透明感が増し、明るく見える。
2 シミや皺など、トラブルを目立たなくする。
3 顔立ちをすっきり見せる。
4 がきれいに見える。
5 その人の魅力を引き出す。輝いて見える。


逆に、似合わない色を身につけた場合は、
・顔色が悪く見える、またはくすんで見える。
・輪郭が膨張して見える。
・シミが濃く見える、クマがあるように見える。
・服の色だけが浮いて見える。
・表情が険しく見える。


・・・すごいでしょう?! でも、そこまで変化ある?と思う人もいましたね?
ちょっと考えてみてください。たとえば、洋服を買いに言ってあれこれ選ぶ時、自分の身体に当て、鏡を見てチェックした時、サイズなどではなく“色”の問題で、『これは違う』と直感で思うことって、ありませんか? または、デザインも気に入っているしサイズも合うけど、試着してみたらイ「マイチ惜しい、ピンと来ない・・・何かが合わない」など。

それらの理由はおそらく「」かもしれません。または、その『これは違う』の直感が、「色」によるものだと、気づいていないこともあるかもしれません。

他人が着ている服がやたら可愛く、素敵に見えて、自分も着たい!と思ってまねして着てみたところ、サイズの問題でなく「なんとなく似合わない。」「服の印象までもが全然違って見えた。」・・・ということもよくある話です。
「あの人は、何を着ても似合う」・・・などと言われる人は、自分に似合う色を知っていて、洋服どころかその人自身までも魅力的に見せられるのかもしれませんね。






●イエベorブルベ
似合う色、といっても、たとえば「ピンクが似合う」「青が似合わない」・・・というような意味ではありません。
同じ色・・・たとえば、「ピンク」と一言でいっても、いろいろなピンクがあります。大きく、黄みがかったピンクか、青みがかったピンクかで、ピンクのジャンルが分かれます。
そのような、同じピンクでも「色味」の微妙な違いで、似合うピンクや似合わないピンクが決まってくるのです。

黄みがかったピンク    青みがかったピンク
tulip1.jpg   tulip2.jpg

黄み系をイエローベース(通常イエベ)、青み系をブルーベース(通称ブルベ)といいます。


では、この「週刊文春」は、イエベ、ブルベどちらでしょう・・・?(笑)
20090205194613.jpg
黄みを含んだピンクなので、イエベです。


ピンク以外のほかの、赤・青・黄・緑・茶・・・どの色も、同じです。

黄色のイエベ、ブルベ
yellow1.jpg  yellow2.jpg

緑のイエベ、ブルベ
greeny.jpg  greenb.jpg





●イエベ春・秋、ブルベ夏・冬
さらに、この黄み系・青み系を、色の薄い・淡い・明るいものと、濃い・鮮やか・深いなどのものに分けると、4つのタイプに分けることができます。


イエローベースでは、春っぽいジャンルと、秋っぽいジャンルに分けられます。
ブルーベースは、夏っぽいジャンルと、冬っぽいジャンルに分けられます。

イエローベース → 春 ・ 秋
ブルーベース  → 夏 ・ 冬


   color_palette.jpg 

さきほど、『似合う色を見つけた時、どうなるか』を書きましたが、季節ごとで言うと、季節ごとで似合う色を見つけた時は、次のようになります。

春 : 表情が生き生きして若々しくなる。 顔色が明るくなり血色が良くなり肌にツヤがでる。

秋 : 肌の色味が増してあでやかになる。輪郭が立体的になり肌が滑らかに見える。大人っぽい印象になる。

夏 : 顔色が白くなりすっきりする(顔色が悪くならない)。 肌がきめ細かく滑らかになり、綺麗に見える。

冬 : 輪郭がシャープになり肌にツヤが出る。 冬の暗い色を着ても顔の目立たせたくない線や 色素が目立たない。肌の色味が出て顔立ちの印象が強くなる。


では、これら4つそれぞれの特徴を見てみましょう。自分がどれに当てはまるか・・・ですが、特徴すべてが当てはまらないといけない、というわけではありません。あくまでも「傾向」なので、トータルして考えると自分はどのタイプか、ということで見てください。

また、「芸能人の例」は、私がイメージしたものなので、間違っているかもしれません。参考程度にしてください。






★イエローベース 春
spdrap2.gif springimg.jpg spring.jpg right_ig_01.gif right_ig_02.gif


黄みがかった明るくクリアな色。
(さらに言えは、パステル系・ビビット系に分かれます。参照は↑の右2つ)
色パターン : クリック拡大→paretsp.gif 
頼れるカラー : ベージュ

イメージ : キュート・明るい・輝くような・元気な・ 親しみやすい・カジュアル・スポーティー・陽気

芸能人の例 : 松浦亜弥、上戸彩、平山あや、深田恭子、熊田曜子、木村カエラ、宮崎あおい、土屋アンナ 、小沢真珠、蛯原友里、柳原可奈子、中川翔子、森公美子、和田アキ子、夏川純、桜塚やっくん

瞳 : キラキラ輝く感じ、明るい茶
肌 : 色白の人の肌はクリーム色、浅黒い人は小麦色の肌
頬 : 赤味のある人が多い
似合う髪の色 : 茶色




★イエローベース 秋
adrap.gifautmnimg.jpg autumn.jpg right_ig_05.gif right_ig_06.gif
 
黄みがかった落ち着いた濃いめの色。
(さらに言えは、シック系・リッチ系に分かれます。参照は↑の右2つ)
色パターン : クリック拡大→pareta.gif
頼れるカラー : 茶色

イメージ : シック・都会的・ゴージャス・ワイルド・力強い・リッチな・暖かみのある・洗練された・マニッシュ・エネルギッシュ

芸能人の例 : 米倉涼子、杉本彩、真矢みき、高島礼子、ミムラ、神田うの、梅宮アンナ、天海祐希 、飯島直子、篠原涼子、香椎由宇、万田久子 、水川あさみ 、ユン・ソナ 、安室奈美恵 、上野樹里 、後藤久美子、賀来千賀子、

瞳 : 深く落ち着いたこげ茶
肌 :色白の人の肌は陶器のよう、浅黒い人は、ブロンズ色
頬 : 赤味のない人が多い
似合う髪の色 : 焦げちゃor黒 






★ブルーベース 夏
sdrap.gifsummerimg.jpg summer.jpg right_ig_03.gif right_ig_04.gif

青みがかったソフトで優しい色。
(さらに言えは、スモーキー系・クリア系に分かれます。参照は↑の右2つ)
色のパターン : クリック拡大→parets.gif
頼れるカラー : グレー

イメージ :  穏やか・優しげ・ソフト・繊細・女性らしい・フェミニン・ロマンティック・涼しげ・エレガント

芸能人の例 : 小雪、鈴木京香、石田ゆり子、山口もえ、水野真紀、小西真奈美、安田美沙子、藤崎奈々子、沢尻エリカ 、松嶋菜々子 、 小倉優子、綾瀬はるか 、坂井真紀、蒼井優、広末涼子、白石美帆、松たか子、夏帆、チェ・ジウ、藤田朋子


瞳 :優しい感じの黒
肌 :色白の人の肌はピンク、浅黒い人の肌はローズベージュ
頬 : バラ色の人が多い
似合う髪の色 : 黒っぽい 






★ブルーベース 冬
wdrap.gifwinterimg.jpg winter.jpg right_ig_07.gif

青みがかったコントラスト感のあるシャープな色。
(さらに言えは、クリア系・ダーク系に分かれます。)
色のパターン : クリック拡大→paretw.gif
頼れるカラー : 黒 

イメージ : クール・シンプル・シャープ・ドラマティック・印象的・堂々とした・エレガント・上品・華やか・モダン・個性的

芸能人の例 : 江角マキコ、松雪泰子、大地真央、荒川静香、中山美穂、黒木メイサ、りょう 、常盤貴子、夏木マリ

瞳 : 強い感じで真っ黒
肌 : 色白の人は白雪姫のよう、浅黒い人は顔に色味がない
頬 : 色があまりない
似合う髪の色 : 真っ黒




●判断に迷ったら・・・
自分の場合にしろ、他人の場合にしろ、2つの季節で迷うことも多いです。春・秋はイエベの仲間なので、その2つで迷うこともあるし、同じく夏・冬はブルベの仲間なので、その2つで迷うこともあります。
また、「くっきりした派手な顔立ち」の人であれば、系統的に『夏、では無い。』というのは判断できますが、それ以外・・・特に、春(特にビビット系)と冬で迷うこともあるかもしれません。

パーソナルカラーは、診断すると「セカンド」の季節も言われることがあるそうです。

「パーソナルカラー」で検索すると、無料診断のサイトもたくさんでてきます。しかし、チャート式になっているものは、設問で迷った場合で季節が大きく左右され、ためしに何回もやり直すと、やるたびに診断結果が違う場合も・・・・(笑)。
私としては、こちらはわりと正確に出るかな、と思います。→ パーソナルカラー自己診断

正しく知りたい場合は、実際に生で肌や髪などを見てもらい、有料で診断してもらうとよいです。ただし、そう安くもありません・・・(^^;) 安くても1、2万だった気がします。

結婚式のウエディングドレスなどを決める時に見てもらう人もいますし、式の準備のプランの中に、パーソナルカラー診断が組み込まれているところもあるそうです。ウエディングドレス、同じ白でも、真っ白と卵色のような白とでは、似合う・似合わないが分かれます。
私はイエベなので、「真っ白」(いわゆるブルベの白)が似合いません・・・。白を着るなら、生成り系の白を選びます。

また、よく間違われやすいのが、「色白=ブルベ」、「色黒=イエベ」の判断。これは間違いで、イエベ・ブルベ、どちらにも色白・色黒はいます。
例えば、同じ色白の人でも、木村カエラは黄みがかった色白でイエベ、小雪は青みがかった色白でブルベです。

色白・色黒というよりも、イエベとブルベの違いは、
イエベ = 黄みをプラスして温かみを出したほうが映える肌
ブルベ = 青味をプラスして透明感を出したほうが映える肌

・・・です。


迷ったら、私が判断する時に分かりやすいのは、「黒髪が似合うかどうか」で似合えばブルベ。まぁそれでも、黒髪の似合うイエベもいますが・・・・(^^;)
一番の基準は、「肌が黄み系か、青み系か」なのですが。

さらにもう1つ、けっこう分かりやすい基準があります。それは・・・





●“頼れる色”
迷った場合の判断で分かりやすいのは、上でそれぞれの季節で書いた「頼れる色」です。
(※ この「頼れる色」という呼び方は、私が勝手にそう呼んでいるだけなので、他のパーソナルカラーのサイトや本では使わない言葉かもしれませんので、あしからず。)

洋服、靴、バッグなどを選ぶ際、ぶなんな色として「とりあえず黒ならなんでも似合う。」「黒は誰でも似合う。」みたいなところは、多くの人があるのではないでしょうか?

でも本当は・・・本当に「黒に頼れる」タイプ・・・つまり「黒が似合う人」は、実はごく一部なのです。

もちろん、「黒が似合わない」とまでは言いませんが、黒にばかり頼ったり逃げたりしなくとも、自分の魅力を引き出し、イキイキと見せてくれる色は、黒じゃなくともたくさんあります。

季節別で言えば、春=ベージュ、秋=茶色、夏=グレー、冬=黒 です。

先ほど、「黒に頼れるタイプはごく一部」と言ったのは、ブルベ冬ぐらいなのです。

この「頼れる色」4色、どれが自分の頼れる色になるか・・・をイメージすると、分かりやすいと思います。まだ、今まで「黒」に頼ってきた人は、こう言われても「やっぱり黒でないと・・・」と思うかもしれませんが。


私の場合、イエベ春なのでベージュ。これを知ってからは、本当に納得で、トップスに黒い色を持ってくると、重たく見えるのを実感するようになりました。

たとえば下記の服の組み合わせ、どちらもコーディネートとしておかしい組み合わせではありませんね。でも、私が着た場合では、左よりも、右のほうがしっくりきます。
20090206051306.jpg  20090206051604.jpg


黒は黒でも、ズボンやスカートなど、顔から遠いボトムスに持ってきて、あとは似合う色で組み合わせると、着こなせます。このように、多少、苦手な色(パーソナルカラーでの似合わない色)を着るとしても、その色によっては、顔から遠い部分に持ってくると着こなせることもあります。

私の場合、それが「赤」でもあるのです、上の画像の、スカートのように。






●赤い色の謎
なぜ私が赤を苦手とするか?
もちろん、イエベ春にも赤はあるし、イエベらしく「黄みがかったコーラル系の赤」ならしっくりくるはずです。

でも、私の場合は、パーソナルカラーに関係なく、赤い色が基本的に似合わないと自覚しています・・・。「嫌いな色」なのではないのです、着たくても似合わない、だから、先ほどのように顔から離してボトムスに持ってくるならOK。トップスでの赤は、99%似合わない(笑)。

このことは、中学時代から自覚していました。
この理由は、昔どこかで知ったことですが、こういうようなことでした。(正確には覚えていませんが)

『赤い色を見たあとには、目に何か(残像?)が残っているので、赤い色を見たあとに顔を見ると、顔が暗くくすんで、冴えなく見える。』

・・・と。もちろん、そうならない人、赤が似合う人はたくさんいます。そうなる人と、ならない人の違いは・・・顔立ちだったかなんだったか・・・そこは忘れてしまいました(汗)。色覚の関係で、「緑」が関係したような気もします。
もう一度、この情報についてきちんとしたことを知りたく、調べ中です。








●パーソナルカラーを知るメリット
いい意味で、洋服選びなどに迷いがなくなります!確信を持って選べて、鏡に合わせてみて「答え合わせ」をするような感じです。
漠然と、なんとなく、自分に似合うだろうと思うもの、好みのものを探すよりも、明確で楽しいです。

色モノのメイク用品(チーク、口紅、アイシャドウなど)を選ぶ時も、かなり参考になります。
たとえば、口紅は店頭のテスターであれこれ試していると、だんだん分からなくなってくることもあり、実際に似合うと思って買ってみても、「やっぱり違った気がする・・・」と思うこともあるのではないでしょうか。


「好きな色」=「似合う色」とは限りません。
でも不思議なことに、パーソナルカラーを知って、自分らしさを出せることが楽しくなると、似合う色が好きになっていくことも多いのでは、と思います。
私もそうでした。今までは、「緑」は一番可愛くない色・・・と思って(笑)、好きではなかった色でした。しかし、イエベ春の中の自分に似合う緑を知ってからは、今はすごく好きな色です。


パーソナルカラーを知ってからの私の服は、こんなテイスト(笑)。
20090206052958.jpg 20090206051838.jpg




ピンクが好きな女性は多いでしょうが、冒頭でも書いたとおり、ピンクならなんでもいいのではなく、パーソナルカラーに合った“自分に似合うピンク”を見つけると、また変わってくると思います。
ピンクは、その色を見ているだけでも女性ホルモンを活発にする作用がある色です。その中でも、自分らしさを出せる似合うピンクのほうが、もっと効果が出そうですよね。

先ほど、「黒に頼り過ぎなくてもいい」ということを書きましたが、黒ばかり着ていると、しみ・しわが増えやすく老けやすい そうです。これは、太陽光線も関係しているそうです。(冒頭の、本の内容より)


パーソナルカラーは、髪の色を染めるなどで変えたとしても、変わらないのだそうです。たとえば、もともとブルベ冬で地毛が真っ黒な人が、髪を茶色に染めたとしても・・・イエベになることはありません。相対的なもので判断するからです。
パーソナルカラーは、生まれてから一生変わらないのだそうです。子どもでも、大人になっても。不思議ですよね。

子どもは、カラフルな服を着てもなんでも許される(笑)し、一見似合う気がしますが、「子ども」という目線でなく、一人の人としてその人の似合う色(パーソナルカラー)を見つめると、また違う発見があるかもしれません。子どもとは言え、服の質・ブランドに関係なく、オシャレな子に見えるかもしれません(^^)
そう、何でも似合う人は、安いノーブランドでも着こなしがうまかったりしますよね。自分に似合う色、パーソナルカラーを知って、得をしましょう!



●遊んでみました(笑)
メロメロパークの、「にしきど」のお部屋の模様替えで遊んでみました。
左がイエベ春、右がイエベ秋。 家具はいっさい変えず、壁紙と床を変えただけですが。
iebe haru3  iebe aki2

もっといじるなら、イエベ春のこげ茶色の家具は、明るい赤茶色にしたり、春・秋両方とも、赤い色はコーラル系の赤にすれば完璧かも(笑)。
「にしきど」もイエベ色に成長しています(笑)。クリックして見てみてね♪






ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

13:25  |  5.パーソナルカラー  |  TB(0)  |  CM(33)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。