All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'09.17 (Thu)

★追記あり【お知らせ】ブログ書籍化の発売日、決定!!

こんにちは。お久しぶりです!

やっとお知らせできます。

私の本…このブログの書籍の発売が、
9月16日に決まりました!


書店に並ぶのは東京都内の大型書店で17日、
18日以降は、他の本屋さんに並びます。
一部のコンビニにも並ぶようです。

よかったら、チラ見してみてください。
巻末の著者プロフィールには、
私の写真も載っています。ドキドキ…

もちろん、購入していただけたら、
すごく嬉しいです!


アマゾンにもありました。
自分を検索して、アマゾン内に本当にあってビックリです(笑

∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩∩ 

タイトル: 何もしないスキンケアのすすめ~角質培養で素肌は美しくよみがえる~

出版元: 彩図社

著者: 大森野々香

金額: 669円(税込) 

∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪∪  

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4801300995/ref=mp_s_a_1_1?qid=1441714882&sr=8-1&pi=SY200_QL40&keywords=%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E9%87%8E%E3%80%85%E9%A6%99&dpPl=1&dpID=5151v1zDxcL&ref=plSrch



この一年、コツコツ原稿を書きました。
ライフスタイル、時間の都合で、
私がゆっくり文章を考えられるのは、
電車内でした。
忙しかったけど、終わってみれば、本当に楽しい作業でした。
産んだ後に、辛さはすべて忘れて、
もう一度産みたくなる…
まさか、自分の出産の感想と同じだなんて。

私が産んだこの本、
いよいよ、世に出ます。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。


もう少しして時間に余裕ができましたら、
ブログの整理をしたいと思います。

左側で紹介(パソコン版で見た場合)している、
セリサイトはぴのあではもう購入できなかったり、
ヴェレダのアイリスデイクリームは
リニューアルでレシチン乳化じゃなくなっていたり。

雑なブログで本当にすみません。



もうひとつ、こことは別のブログを始めました。
スキンケアではなく、やりたい放題日記です。
プライベートの話や、裏話など、
直接のスキンケアネタではありませんが、
よろしかったらどうぞ。
http://s.ameblo.jp/nonnonoomorinonoka




ランキングに参加しています。クリックしてくださったら嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト
09:00  |  おしらせ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2015'01.05 (Mon)

お知らせ

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。

  昨年は一年間、ほぼ放置の状態で それでも応援してくださった方には、とても感謝しております。 本当にありがとうございました。  

まず、昨年の報告からですが、
スキンケアアドバイザーの資格をとりました!  

それから、今年は、さらに良いお知らせができそうです。

  実は・・・
このブログの内容が本として出版されることになりました!!
出版は夏ごろになるかと思いますが、
具体的になりましたら、またお知らせいたします。  

本の出版にあたり、これまで書いた内容を見直してみると、
あまりのボロボロ具合に、目をそむけたくなるばかりでした・・・。
こんな分かりにくい内容で、本当にすみませんでした・・・。

  本の原稿は、現在、執筆中です。
ブログよりももっとわかりやすく、
簡潔に、大事なところはギュッと、
でもスッキリしたものになるよう、 頑張ってまとめているところです。

ぜひ、楽しみにしていてくださいね。    
今年の、私のやるべきことは、まずは本の出版!  

目標は、痩せる!!(公言することが大事らしいです!笑)
  やりたいことは、歯のホワイトニング。
それと、二人目の子供(もうすぐ2歳)の断乳!(切実です)    

こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。  


ランキングに参加しています。クリックしてくださったら嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ       
12:26  |  おしらせ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2012'03.20 (Tue)

角質培養は、“特別なこと”じゃない

お久しぶりです。

子供は1歳9ヶ月となり、元気に保育園にかよう毎日です。
私は仕事に復帰して4ヶ月目となりました。
忙しくも充実した毎日を送っています。
長い間ごぶさたしておりますが、元気にやっています!!!

・・・が、あいかわらず、ブログに携わる時間がなかなかありません(涙)。
たくさんのコメントをいただいているにもかかわらず、
お返事できず、本当に申し訳ありません。

会社のパソコンでは、一般の「ブログ」も含め、閲覧できない・アクセスできないようになっていますので、
会社でブログ更新・・・なんてこともできず(^^;;)

この文章は、ときどきある自分の貴重な時間に
コツコツ書き溜めてやっと完成した文章です(笑)。





先日、とあるネットの書き込みで、こんなことを耳にしました。
「人には向き・不向きがあるので、角質培養をやっても合うとは限らない。」

いや~、ちょっと待ってください。
角質培養は、合う・合わないというような、ダイエットの一種みたいなものとは違います。



久々に語りたくなったので、書いてみることにします!!
今まで書いた記事の「まとめ」の内容になりますが、
もう知っている方も、おさらいのつもりで目を通してみてください。

もっと詳しく知りたい内容については、
あえてリンクは貼りませんので、ブログ目次から探して読んでくださいね。
(リンク貼る時間がないので。・・・笑)


その前に、ひとつだけ紹介したいものがあります!

スキンケアとは関係ないのですが、美容というかオシャレのネタとしての紹介。
このレギンス、愛用しておりますが、おすすめです!!



このレギンス、色違いで数種類もっていますが(黒、濃い茶色、薄い茶色、紫)、
会社での洋服としてバンバン活用しています。
(スーツじゃなく、きれいめな普段着でオッケーなので)

なんと、これをいつもはいているのがきっかけで、
会社のトイレで話しかけられてしまう、という・・・(笑)。
「そのレギンス、いいね~!どこで買ったの?」
「教えて~」
「あ、私にも」
「ネット通販なんだ~?」
「どこのお店か、メールちょうだい!」

・・・数人から、ワイワイと。

そんなことが起こるなんて、
このレギンスの商品名、美脚の「奇跡のレギンス」、そのとおりまさに奇跡かもしれません(笑)。

おもしろかったので、紹介です。

このレギンスのお店「イビザストア」は、
これ以外にも、魅力的なかわいいレギンスがいっぱいで、ついつい吟味してしまいます。
お気にいりのお店です。
お店のトップページはこちらから↓





ではでは、前置きはそれぐらいにして、角質培養について、レッツゴー!
******************************************************


角質培養は“特別なもの”ではなく、
人間の本当の肌の状態として“当たり前”の行いです。
“当たり前”をいいかえれば、“あるがまま”“自然の状態”とも言えます。

だから、本当は「角質培養」なんて言葉じたい、存在しなくてもいいのです。
当たり前の状態なんですから。
あえて「角質培養をしよう」なんて思わなくても、本当は無意識でそれが出来ているはず。

ところが、その“あたり前”“あるがまま”“自然の状態”にあるはずの角質培養が、
いろいろな行為・物によってじゃまされてしまっていて、
本来の肌のあるべき機能が壊されてしまっている、

だから、その原因である「いろいろな行為・物」をやめましょう、というのが
このブログで紹介している角質培養のやり方です。



では、角質培養を邪魔する「いろいろな行為・物」とは?
ざっくりあげると、代表的なものは次のとおりです。

・肌をごしごしこすりすぎる行為
・熱湯での洗顔
・ピーリング系のものでの洗顔・パック

・合成界面活性剤入りのスキンケア用品・メイク用品の使用
・合成ポリマー入りのスキンケア用品・メイク用品の使用

これらは全部、「角質を必要以上にとってしまう」という行為です。



合成界面活性剤とは:
落とす・溶かす・浸透させる・混ぜる・・・などの力をもち、
ケミカルな化粧品にはこれが入っています。

合成ポリマーとは:
ビニールを溶かしたようなものが原料。
ビニールからもイメージできるように、皮脂・汗に強いため、
ウォータープルーフ効果のある化粧品に使われることが多い。
また、ツヤや人工的な「ふた」の役割も果たす。

ここで、合成界面活性剤と合成ポリマーの入った化粧品が、
どうやって即効性を出せるか、そのカラクリを公開してみましょう。

合成界面活性剤を入れることで、肌のバリアを壊し(皮脂膜を洗い流し、角質層を壊すこと)、
水分・成分を肌に内部へと無理やり入れ込む。
そして、合成ポリマーというビニールを溶かしたようなもので「ふた」をする。
そうすると、一時的なプルプル肌が即効に出来あがる・・・
これが、カラクリです。

こうやって肌バリアを何度も壊し続けることが良いわけがありませんね。
この化粧品を使うのをやめると、その“肌バリアが壊された素の状態”がむき出しになるので、
乾燥状態を一気に感じてしまいます。
その化粧品が肌を助けてくれていた・・・のではなく、それを使っていたからこそ、
水面下では肌が乾燥状態になっていて、それをその化粧品でごまかして隠していただけなのです。
そのごまかしを続ければ続けるほど、水面下では乾燥が進む。
これがスパイラルです。



話をもとに戻しましょう。

角質は必要以上にとってはいけません。
意識してとろうとしてはいけません。
そんなことをしなくても、自然に毎日一層一層、
必要でないものだけ剥がれ落ちる、目に見えない・手ごたえの感じないレベルのものです。

目に見えないレベルの薄い角質が何層も重なりあっていて、
その角質層があるからこそ、水分をたっぷり保持し、透明感のある肌となります。
さらに一番上の層のに薄い天然のオイル(皮脂膜)がのっかっていています。
この2つが「肌のバリア」です。

あえて角質を取ろうとしなくても、
必要なくなった角質は自然に毎日一層一層、はがれおちます。
目に見えないレベルのもので、剥がれ落ちる手ごたえも感じないものです。
(「手ごたえ感じるほど、ガサガサ・ゴワゴワすることもあるよ!」
「ピーリング系のものを使うと、ツルツルするよ!」 という意見に対しては、後で答えます。)


この自然なサイクルを無視して、意識して角質をとろうとして邪魔すると、
「余計なお世話」となってしまいます。
「肌のバリア」が機能しなくなるので、
角質層に水分を保持できない上に、水分はどんどん蒸発しやすくなるため、乾燥肌まっしぐら。
その建て直しには数日かかってしまう上、
大慌てでそれを修復しようとして、大慌てで角質層が作られます。

はい、この“大慌てで”が問題です。
大慌てで急いで、即席で作られた角質層によるお肌は・・・
質が悪く、美しくありません・・・。
毛穴が目立ちやすくなります。
また、、弾力がないため毛穴に汚れがこびりつきやすくなり、
角栓が溜まりやすくなったりします。。

そうすると、それをどうにかしようとしたくなりますね。
角栓をはがすシートやピーリング系のもの、合成界面活性剤入りのもので潤おそうとすることで、さらに・・・
と、あとはこのスパイラルです。

【角栓について】
角栓は抜いたり絞ったりしてはいけません。
角栓も、まだ剥がれ落ちてはいけない角質層とくっついていますので、
これを無理やり取ると、角質を無理やり取るのと同じことになってしまい、
角栓はいくら取っても取っても、ますます角栓のできやすい肌質に悪化していき、
「いちご鼻」やプツプツの黒ずみが慢性化してしまいます。

角栓を取ってリセットしたいところですが、我慢です。
取った瞬間だけはスッキリしますが、あとで後悔することになります。
これは「放置」が一番。
放置しつつ、角質を取らない行為をコツコツ続けると、
あら不思議・・・自然に、次々にポロッとなくなっていきます。
ニョキニョキ飛び出て、ポロポロ取れて、すべての角栓がなくなる頃には
今までよりも少しレベルの上がった肌が再生されていることに気づきます♪



話は戻って・・・
乾燥肌から一歩すすんで、混合肌やオイリー肌になることもあります。
混合肌もオイリー肌も、原因は「乾燥」なのです。
皮脂が過剰に分泌するのは、乾燥から肌を守ろうとして、必死に皮脂が出ている状態だからです。
乾燥の原因をたち、乾燥状態を回避できれば、皮脂の過剰分泌はスーッとおさまります。



このように、角質=悪いもの、ではありません。

必要な角質層がきれいに重なっているからこそ、美しい透明感のある肌ができているのです。
角質のある肌=汚い肌 ではありません。

子供のきれいなあの肌は、角質層がきれいに重なっているからです。
(子供は、無意識に「角質培養」が実践できています。)



では、どうして、角質が悪者になってしまったのか。

ここで、
①「手ごたえ感じるほど、角質がガサガサ・ゴワゴワすることもあるよ!」
②「ピーリング系のものを使うと、ツルツルするよ!」

「だから、角質を取るのは良いことなんじゃないの?!」
・・・ という疑問に対する答えを書きましょう。



①について

先ほどかいた「スパイラル」の状態を思い出して見ましょう。

自分では間違いとは思わず、肌のために良かれと思って、
肌をもっと良くしたいと思ってのことで、いろいろな化粧品(合成界面活性剤入りの)を試したりすることで、
気づかずうちに肌はどんどん悪くなっていくスパイラルにはまってしまう。

こうして悪化してしまった肌は、悲鳴をあげていて、
肌の角質層がいつも足りない状態。
たえず、まだ必要な分の角質層が無理やり奪われてしまっているからです。

そして、さらに人は「勘違い」を繰り返してしまう。

こういう肌の状態の時、本当は角質が足りないのに、
その実態とは逆に、「角質がゴワゴワにくっついている」ように見えることがあるからです・・・。
しかし、そうではなく、これは、
「乾燥状態を必死で守ろうとして、本来は役目を終えて剥がれ落ちているはずの角質までもが
ギリギリまでくっついてガサガサしている」状態。
これが先ほどの①の状態です。
本来は自然に剥がれ落ちるのが、くっついているのも、意味があってのことです。
緊急事態なのだから仕方ありません。
無理に取っても悪化しますし(質の悪い肌が再生されるだけ)、
無理に角質を取らず、とりあえず、状態が緩和されて自然に角質が取れてから、
正常なサイクルになるのを待つしかありません。
ガサガサ状態の角質は、「かさぶた」のようなものだとイメージしてください。



時々、「歳をとると角質がたまりやすくなるから、時々ピーリングでおとしてあげるとツルツルになる」
などと言う場合があり、ピーリング系の洗顔料がありますが、
歳うんぬんよりも、正解は「角質のとりすぎによる乾燥肌で、緊急事態だからこその角質」なのです。

年齢が原因だと言いたいなら、それは「歳をとると角質がたまりやすい」というより、
「歳をとると肌バリアが弱くなって乾燥しやすすくなる、だから、角質がたまりやすい」という意味でしょう。


また、勘違いしてならないのは、角質培養は「角質(垢)を溜めるめる」という意味ではありません。
いらない角質は“自然に”剥がれ落ちるので、「溜める」わけではないのです。

「ガサガサになった角質をためていく」のでもありません。
ガサガサ状態は、上に書いたとおり、乾燥による緊急状態で角質がくっついているだけなので、
正しく角質培養が行われている状態とはいえません。
角質培養がすこやかでないからこその状態です。


そして②について。
「ピーリング系の洗顔料で角質を取ると、ツルツルして肌がキレイになるのでは?」という疑問についてですが、
確かに、角質を取った“直後”はツルツルして気持ちがよく感じます。
ですが、直後はツルツルして当たり前。
でも、それは肌のために良いことではありません。その“瞬間”だけのための行為です。

その後には、それを修復しようとして大慌てで角質層が作られ、
先ほど書いたとおり、質の悪い、美しくない肌しか再生されません。




というわけで、角質を意識してとるのはやめましょう。


冒頭であげた、角質を無理やり取る行為

・肌をごしごしこすりすぎる行為
・熱湯での洗顔
・ピーリング系のものでの洗顔・パック

・合成界面活性剤入りのものの使用
・合成ポリマー入りのものの使用

・・・これらをやめれば、肌本来の状態を保つことができ、
すこやかな、透明感のあるみずみずしい肌でいられます。



ただ、ここで難しいのが下の2行ですね。
・合成界面活性剤入りのものの使用
・合成ポリマー入りのものの使用

女性はメイクをする人がほとんどですので、まずは
合成界面活性剤・合成ポリマーなしのメイク用品・スキンケア用品に一式そろえないといけないからです。

特に、「メイククレンジング」は、合成界面活性剤がたっぷり入っていて、
角質層をごっそり奪ってしまうアイテムです・・・。

まず、メイク用品じたいを「合成ポリマー」なしにそろえれば、
合成界面活性剤いりのクレンジングは使わなくてもすむようになります。

(というよりも、「クレンジング」というアイテムそのものが必要なくなります。
合成ポリマーなしのメイクなら、石鹸洗顔だけでメイクが落とせるからです♪)

そうすれば、今度は、
スキンケア用品に合成界面活性剤・合成ポリマーが入っていなくても・・・
つまり、「即効性」「一時的」な効果でごまかさなくても、
肌本来の状態にほんの“手助け”する程度のスキンケアでよくなります。

“手助け”とは、肌バリアの代用となるオイル・クリームで、
肌バリアを補強してあげることです。
極論を言えば、スキンケア用品は「クリーム」ひとつあれば足りるのです。

【化粧水は必要か?】
もともと、化粧水は必要がないアイテム。
つける唯一の意味は、なんとなく気持ちがいいからと、
石鹸洗顔の場合、洗顔直後の弱アルカリ性の肌を、弱酸性へと導きやすくするため。

ビシャビシャたくさんつけすぎたり、コットンパックをやって肌を水浸しにすると、
皮脂膜は洗い流され、角質層はふやけてもろくなるため、肌バリアが弱りやすくなります。
つけた直後に透明感が出るのは当たり前。ぬれたりふやかしたりすれば、その時はよく見えるものです。

合成界面活性剤・合成ポリマーが入っていない、ノンケミカルな化粧水だとしても、
(たとえば、ただの水だとしても)
こういう理由から、化粧水のつけすぎは逆効果となります。

合成界面活性剤入りのものはもってのほか。肌バリアを壊して、水分を入れ込むのですからね・・・。

肌バリアがすこやかな状態であれば、洗顔後、つっぱることがなく、化粧水がいりません。
つっぱりがあるのは、肌バリアの問題で乾燥している証です。
化粧水のつけすぎは逆効果なので、弱酸性かヒアルロン酸入りのノンケミカルな化粧水を
ほんの少しだけ(顔がぬれたと思う程度)にするか、
または化粧水なしで、クリームのみに切り替えてもよしです。

(※洗顔後につっぱり感がある理由として、乾燥以外では、
石鹸洗顔の場合、水と石鹸が合わない、つまり、水の「硬度」が高い場合です。
洗顔の水を軟水に変えれば、洗顔直後、ツルツル・ヌルヌルの膜が肌をおおってくれます)



それ以前に、まずは、

・肌をごしごしこすりすぎる行為
・熱湯での洗顔
・ピーリング系のものでの洗顔・パック

これらをやっていた人が、この行為をやめるだけでも効果は大きいです。


なが~~~~くなりましたが、以上、「おさらい」でした。
過去記事で詳細をご参照ください。

では、またいつになるかわかりませんが(汗)次回まで!


更新お休み中も、クリックありがとうございました!!!!
ランキングの上位(ノンケミカルのほう)、感謝です♪

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

18:54  |  おしらせ  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2010'07.15 (Thu)

報告です

こんにちは。
久しぶりの更新になります。

なかなか更新できず、申し訳ありません。また、更新がないにもかかわらず、ちょくちょくのぞいてくださる方、興味をもって読みにきてくださる方、ランキングにクリックしてくださる方、アットコスメでお気に入り登録やメールをくださった方・・・みなさん、本当にありがとうございます。

ブログ左側にておしらせの通り、現在、コメントのレスをお休みしております。疑問・質問のある方の書き込みはとてもありがたく、興味深く読ませてもらっていますが、しばらくの間はお返事できないこと、本当に申し訳ありません。こんなブログですが、過去記事などもご参照いただき、よろしくお願いいたします。



5月下旬に無事、出産いたしました。元気な女の子で、分娩台に乗ってから30分で出産という、安産でした。

人生初めての育児に奮闘の毎日です。
育児とは、「自分の時間がまったくなくなる」とよく言いますが、実際にそのとおりで、いや、それ以上に、「時間的ゆとりがない」ことよりも、「気持ちのゆとりがなくなる」ことに、自分でも驚きました。
初めての育児だからという理由が大きいのですが、妊娠中にはほとんど感じたことのなかったマタニティブルーを、出産後、初めて味わいました。

でも、そのブルーは、けっしてマイナスで後ろ向きな意味ではないです。うまくいい表せませんが、「幸せをいっぱいに感じ、だからこその不安」という感じでした。
責任・不安・プレッシャー、それが睡眠不足の朦朧とした状態にはまりこんでしまうのかもしれません。(睡眠不足の理由は、出産後は、赤ちゃんに2~3時間ごとに授乳するので、夜中も寝たり起きたりのサイクルになるからです。)
私の場合、夜寝る時に部屋を真っ暗にするとみょうに不安になって、息が苦しいような感じになったりしました。出産を経験した友達数人に話すと、「わかるよ、私も産後のブルーあったよ。」「最初の1ヶ月半は、よく泣いてたよ」という話がきけて、自分だけじゃないんだ・・・と、気持ちがらくになり、だんだんその不安は解消され、今はもう、ほとんど大丈夫になりました。ですので、心配はしないでくださいね。

産婦人科の先生の言葉も、私の気持ちをらくにしてくれました。
「母親っていうのは、一日中、赤ちゃんと一緒にいて、特に初めての子供のときは、しぐさや様子ひとつひとつに心配したり不安になったり、全責任を負っているから、父親よりも精神的負担は大きい。」と。

あのブルーは、幸せゆえに感じた、必然的なブルーだったと思います。他の友達の話もそうでしたが、ブルーな心境の話なのにそこには幸せが感じられます。この幸せや嬉しさは、不安や睡眠不足などが少々あっても、結局、それを何倍も上回るもの。だから乗り越えられるのでしょう。これも、「女性」の強さなのでしょうね。陣痛・産みの苦しみは、「女性でなければ耐えられない」と言いますが、育児も、それと似たものがある気がします。



妊娠で私は、13キロ体重が増えてしまいました(^^;)
(一般的に、12キロが目安。12キロまではオッケー。)
出産後は体重がどれぐらい減るか?が気になるところですが、私の場合、出産直後にまず赤ちゃんの重さ分の3キロが減り、その後もどんどん減り・・・産後のこの1ヶ月ちょっとで、合計11キロ減りました。
授乳方法が母乳だと、産後の体重がバンバン減りやすい、と一般的に言われています。私の場合、さいわい、お乳の出がバツグンによかったので(助産師さんから誉められるほど!)、体重の減り具合のペースがよかったのは、その影響もあるかもしれません。

さて、その「母乳」についてですが、なぜそんなにも出具合がよかったのか。
妊娠中、特別なマッサージなどはいっさいやっていませんでした。なのに、なぜ???
おそらく、「腕回し」のおかげでは??と思っています。そう、このブログでも書いている、あの「腕回し」。

腕回しは、肩甲骨を動かすため、乳腺に効果があり、母乳というよりも、妊娠していない人には「バストアップ」に効果があるそうです。なによりも、健康・美容の根底である「血行」を促進します。
そして、肩甲骨・僧帽筋あたりを動かし、鍛えておくと、首・頭皮・顔をぐるっとひっぱりあげる力もグンと出るため、顔のたるみ・あごのたるみの防止にもなるのです♪

このため、どんな運動よりも腕回し、とりあえずは腕回し、なんの道具もお金もかからない腕回しを推奨してきましたが、これが母乳効果につながったのかも・・・と思っています。
みなさん、腕回し、オススメですよ!!





最後に、なかなかコメントのレスが出来ていませんが、目立った質問・疑問について、こちらでまとめて書いてみることにします。

●「ホホバオイルをクレンジング代わりにすること」について。


(1)ホホバオイルは、「ケミカルなクレンジング」の代わりにはなりません

(2)必ずしも、ホホバオイルでなければならないのではなく、肌に合う「オイル」単品ならなんでもオッケー。



よく勘違いされやすいのですが、ホホバオイル(またはその他のオイル)単品は、ただの「オイル」そのものです。それでメイクが落ちるのか?というと、ケミカルなメイク(=合成ポリマーを含んだメイク)は、オイル単品だけでは落ちません。

肌にもっとも負担のかかるものの代表がケミカルなクレンジングです。
理由は・・・ 落ちにくさ・くずれにくさのために配合された合成ポリマー入りのメイクを落とすには、合成界面活性剤で“角質ごと”ごっそり落とす・溶かすほどの強い力でないと落とせないから。それが、ケミカルなクレンジング剤のからくりです。

ですから、ホホバオイル(または他のオイル単品)という、合成界面活性剤を含まないオイル単品で、ケミカルなメイクが落ちるわけはないのです。

オイル単品で落とせるのは、ノンケミカルなメイク(=合成ポリマーを含まないメイク)のみです。
しかも、ケミカルなクレンジングの使い方と同じではないので、オイルをつけてクルクルして、そのままぬるま湯で洗っても落ちません。
クレンジングというよりも、メイクを“浮かせる、ゆるめる”ために使うのが正確な表現です。

そもそも、ノンケミカルなメイク(=合成ポリマーを含まないメイク)は、石鹸ひとつの工程で落とせます。クレンジングという工程が必要ありません。
ホホバオイルなどを使ってのクレンジングの工程は、あってもいいけれど“なくてもいいもの”です。
では、必要なのはどんな時か?

まず、洗顔のやり方についてですが、時間をかけすぎず、石鹸のモコモコの泡を、小鳥をなでるように肌の上をすべらせ、けっしてこすらないようにし、肌の上に泡が乗っているのは、せいぜい20~30秒程度。
この時もし、メイクを落とそうと必要以上に時間をかけてしまっては、いくら石鹸洗顔でも、角質の取りすぎ・洗いすぎにつながってしまいます。

ノンケミカルなメイク(=合成ポリマーを含まない)は、石鹸洗顔で落ちるのですが、それでも、目元のアイラインやアイシャドーなど、しっかりめのポイントメイクをした場合は、先ほどの洗顔方法(20~30秒)では、「洗い残す」ことがあるのです。
そこで、ホホバオイル(またはその他のオイル単品)の登場。
洗い残さないように・・・とすみずみまでしっかり・きっちり洗おうと意識すると、洗いすぎになってしまうこともあるので、あらかじめ、石鹸洗顔の前にオイル類で“浮かせて、ゆるめて”おき、石鹸洗顔の段階で、スムーズに落ちやすくするのです。




●石鹸洗顔だけで日焼け止め・メイク(ノンケミカル)が落ちない場合。

上に書いたとおり、名句の成分構成上、ノンケミカル(=合成ポリマーを含まない)であるのが確かならば、石鹸洗顔で落ちるはずです。
それなのに、落ちないというのは、先ほど書いたとおり、「落ちない」というよりも、ポイントメイクなどの「洗い残し」です。

洗い残しでなく、日焼け止めなど広範囲のメイクが落ちない、という場合は、オイル類で浮かせる・ゆるめる問題ではなく、別の問題でしょう。
肌の状態はどうでしょうか? 小鼻のまわりなどの角詮がひじょうにザラザラしていたり、角質の状態がすこやかでなく、ガサガサタイプ(乾燥度がすすんでいるため、肌の乾燥から身を守ろうと、本来は剥がれ落ちる段階なのに、しぶとく必死でくっついている状態)の場合は、メイクが凸凹に入り込んでしまうと落ちにくいことがあります。

これは、その角質・角詮そのものまでごっそり取る方法でないと、落とせないことになります。つまり、角質培養しながらメイクを落とす、ということができない状態なのです。
角質・角詮を落としてまでもメイクを落とすことを優先してしまうと、いつまでたってもすこやかな角質層が育つ間がなく、角質培養もできていないことになり、悪循環が続いてしまいます。
では、メイクを落とさないで残したほうがいいのか?といわれると、そういうわけでもありませんが、もしかしたら、角質・角詮をごっそり取ってしまうよりはマシなのかもしれません・・・。

たとえるなら、「足をケガしているのに、運動したい」というようなもの。本来は、運動すべき状態ではなく、まずはケガを治さなければ、状態は悪化するばかりですよね。
「角質層がすこやかでないのに、メイクしたい」のもこれと同じです。

肌の状態が良くない時はメイクできない、と言うわけではありませんが、本来落とせるはずの方法でもメイクが落とせず、角質ごと落とさなければならないのならしょうがないでしょう。肌の状態をみて、それに応じることが大切です。


にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

14:32  |  おしらせ  |  TB(0)  |  CM(31)  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.13 (Thu)

【更新前のおしらせ】 シルクパウダーの件

こんにちは。

今日は一言だけお知らせして、後日、ゆっくりとこれについて更新します。お待ちくださいね。


今日のお知らせというのは・・・
先日お知らせした「ファンーでション、パウダー」の中の「シルクパウダー」の件です。

保湿やら、電磁波カット、紫外線カットなどなど、すばらしいメリットばかりのシルクパウダーですが・・・
角質を取る」作用があるらしいことが分かりました・・・。
うーん・・・これは、角質培養には良くない成果です(泣)。
どのメーカーでもそんなことは書いてないし、そのヒントになる言葉を使っていたとしても、ストレートに「角質を取る効果がある」とは書いていません。私が、とある言葉に「・・・?」と疑問を感じたのと、自分が使ってみて実感したことから、絞り込んで探っていって分かりました。


この件で、いろいろなメーカーに質問メールもしてみたのですが、回答がピンボケだったりし(^^;;)、同じことを伝えるにしても、“ものは言いよう”だな・・・・・とか、「商売」というものを感じたり・・・・(苦笑)。

シルクパウダーの成分やその配合率で、角質を取らないようにする方法・取れないようにした商品も、あることはありますが、ただ、そっちにも別の心当たりがあり、デメリットがある“かも”しれず、今、調べ中です。


ただ、今まで私が使用してきたぴのあ、PEACH-PIGのシルクパウダーを「ヘアトリートメント」として使う分には問題ありません。
(ただし、エトヴォスのシルクパウダーは、成分上、水に溶けない種類なので、ヘアトリートメントとしては向いてないかもしれませんが。)

また、角質を取る作用は「角質培養」には良くないのですが、足の裏などのゴワゴワするレベルの角質を取るのには問題ないと思います。
(しかし、これまたエトヴォスの場合は、角質をとりにくく加工してあるのでその目的には使えなそうです。)

・・・ん?エトヴォスのは角質を取らない?! じゃあそれがいいんでは・・・・?と思われましたか?
いやいや、これが、先ほどチラッと書いた、残されるデメリットの可能性、“かも”の件です。



とりあえず、“かも”の件の詳細が分かったら、すべてまとめて書き上げますので、もう少々お待ちください。
私のブログを見て、シルクパウダーをフェイス用として購入された方、デメリットは1つも無いと信じていた方、申し訳ありませんでした・・・!!!


更新しました→ シルクパウダーの使い分け

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

16:23  |  おしらせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。