All archives    Admin

12月≪ 2008年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.30 (Wed)

その3.角質培養 (1)角質は、育てるもの

ついに、私の美容革命の「その3.」です!!

もう革命の流れを忘れてしまった方は、こちらをどうぞ→ 目次




●成分考慮“だけ”では足りない
その2.までに何度も書いてきた、「成分」を重視すること・・・これ以上のお肌への優しさは無い!!
そう確信しながらの、成分考慮ケアの2年間。
しかし、完全に解消しない小さな悩みも、時々起こりました。たとえば、小鼻の黒ずみ。たいした黒ずみでもないのに、いじればいじるほど、ひどくなる気がして、その原因と対策を探っていました。それと、小鼻からほほへかけてのところに斜めに見え始める、たるみ毛穴。加齢のせいなのか?成分考慮でもたちうちできないのか?成分をいくら重視しても、これが限界か?!

・・・いえ、まだ重要なスキンケアのポイントがあったのです!!それが「角質」との出会いでした。





●角質は取るものでは無い
角質は、取るもの・いらないもの、と思う人が多いと思います。私もそう思い続けてきました。世間では、角質を取りのぞく系のスキンケアグッズがあふれていますからね。。。鼻の頭にシートを貼り付けて、びりっとはがす有名なアレもあれば、余分な角質を取り除くという、「ピーリング」効果のある石鹸もあります。「いらない角質をとる」とアピールした商品が、いかに多いことか。。

しかし!!

角質は「いらないもの」ではなく、「育てるもの」。いらなくなったら、肌のほうが判断して、勝手に無くなってくれるのです。愛情かけて育てたら、あとは角質自らが、独立・自立します。

肌は、正常であれば、約28日を周期に、ターンオーバーを繰り返します。28日よりも短くても長くても、正常ではありません。
皮膚の層の中、新しい皮膚が、下層からちゃくちゃくと育ち、古い層が、上部(肌の表面)へと押し上げられるのですが、この上部に押し上げられた、今にも旅立とう、独立しようとしているものこそが、「いらない角質」と、世間でいわれているものにあたります。が、「いらない角質」は、自然に、洗顔などの時に、するっと剥がれ落ちる、目に見えないレベルのもの。

あえて、ピーリングなどの圧力で、取り除いてよいものではないのです。角質の“自然な旅立ち”を見送らず、こちら側からあえて圧力をかける行為は、単なる“無理やり”“強制”になってしまいます。
それが「気持ちがいい」「スッキリした」と思っても、それはその一時だけにすぎません。

例えば、一番わかりやすいのが「小鼻の汚れ」ですが、いじったり、しぼったり、シートを貼り付けて剥がしたり、これらをやればやるほど、実は、毛穴が目立つ状態にエスカレートしてはいませんか?やればやるほど、「いちご鼻」になっていくのを実感したことはないでしょうか?

無理やり角質をはがされると、下層では、きゅうに角質を剥がされたものだから、大あわて!肌のターンオーバーが間に合わず、いそいで、焦って、新しい肌を上層に用意しなければならなくなります。
そこで、即席で、いそいで用意した本当はまだ“未完成”の肌が、「毛穴の目立つ肌」「スカスカの乾燥肌」 ・・・という結果になってしまうのです。。。

なぜかというと、早急に新しい肌を用意しなければならないので、細胞ひとつひとつの中の、毛穴の周辺にある“すりばち状”の、斜め(傾斜)の部分にも、細胞を作って、しのごうとするためです。
r_04_05_b.gif
これを、「不全角化」といいます。


本来であれば、細胞ひとつひとつ、平面にきれいにならんでいるはずが、すりばち状のところにも細胞を作る。。。だから、肌の表面がボコボコに見え、毛穴も目立つという、見た目にはけっして美しくない肌になってしまいます。

さらに、即席でつくられた未完成な肌細胞は、水分を十分に保つことができず、スカスカ。肌バリアが弱く、つねに水分が蒸発している状態です。

そう、これが「乾燥肌」の始まり。。。
そして、肌バリアが弱い、ということは、外敵の侵入にも弱いので、「敏感肌」になりやすいのです。
そして、Tゾーンは、皮脂分泌が多いので油がじわじわ出ますが、皮脂膜も肌バリアもとりのぞかれては、留まることができないので、過剰分泌してベタベタになります。こうして、一部は乾燥肌なのに、Tゾーンだけベタベタする「混合肌」が出来上がるのです。。。

そして、乾燥した毛穴周辺の細胞は、弾力がありません。よって、すり鉢状になったところに皮脂がこりびつきやすく、溜まって黒ずむのが「角栓」です。時にはこれがニキビにもなります。
すこやかな細胞は弾力があるので、通常のやさしい洗顔でスルッと皮脂よごれは落ちます。溜まって角栓になることはありません。





●ほとんどの原因は「乾燥」

乾燥肌とは、肌バリア(皮脂膜+角質層)が壊されてすこやかな状態を保てない、乾燥状態のことです。

肌バリアをもっと傷めると、外敵侵入に弱くなり、「敏感肌」になります。

乾燥から肌を守ろうという防御作用で皮脂が過剰分泌すると、Tゾーンだけオイリーなのに他の部分は乾燥した、「混合肌」になります。
さらに進むと、Tゾーンだけでなく全体的に皮脂分泌が過剰になり、「オイリー肌」になります。
毛穴周辺の細胞はすり鉢状になり(不全角化)、弾力がないため皮脂がこびりつきやすく、角栓ができ、「ニキビ」ができやすくなります。

寒い季節のせいor体質的に皮脂分泌が少ない場合は、「皮脂分泌の過剰」という防御作用が使えないので、剥がれ落ちる段階の角質がしぶとくへばりつき、ガサガサ・ゴワゴワになります。


このように、敏感肌、混合肌、オイリー肌、ニキビ、ガサガサ・ゴワゴワ・・・すべて「乾燥肌」が原因でのことで、別物ではなく“延長線上”のことなのです。

へぇ~~!・・・と思った人も、ちょっと考えてみてください。
肌バリアが不調だから、肌に何かのトラブルが起きるわけで。そう考えると、「肌バリアが壊れる=乾燥」が原因なのは、思えば当たり前のことですよね。







単なる「老化」「体質」という言葉に逃げてはいられません。乾燥肌・敏感肌・混合肌の原因は、もしかしたら、自分にあるのかもしれません。まずは、肌のバリアを守ることから始めてみましょう!!

だから、角質に対して、ピーリングやべリッとはがすシート、そして、洗顔のしすぎは厳禁。

メイク落としや日焼け止めは、化粧品の中でも、合成界面活性剤や合成ポリマーがたっぷり入りがちなジャンルなので、成分に注意して、みきわめることが重要になります。

(以前の記事にも書きましたが、私は、メイク用品一式、石鹸で落とせるものを使っているので、
メイク落としも、「白雪の詩」石鹸1個ですませています。
そうでない場合は、油分を含んだ石鹸(「アレッポの石鹸」など)や、オリーブオイル、つばき油、シアバターなど、油分そのものでメイクを落とす方法もあります。
こちらをご参考ください。→ お気に入りのいろいろ


そして、その他の化粧品の成分にも注意して、徹底的に、肌バリアを守っていく・・・・!!
・・・どうでしょうか、これさえ守れば、肌もぐんぐん良くなりそうで想像しただけで、ワクワクしませんか?♪(笑)


では、具体的にどうすればいいのか・・・・


続きは、また。

ランキングに参加しています。
よかったら、下の2つのアイコン「美容ブログ」「スキンケア」にポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位を見たい方も、クリックどうぞ^^
にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

21:29  |  3.角質培養  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.25 (Fri)

その2.(9) シアバター

今日は、シアバターについて話します。


生活の木シアバターです!!

生活の木 バージンシアバター 30g 840円


100g入りなら2,520円。


シアバターは、合成モノ断ち・成分考慮派に人気の、万能クリームです。万能クリーム、というのは、顔はもちろん、身体のどこにも使える、保湿クリーム、マッサージクリーム、そして、ヘアケアにも使える、という意味です。寝る前でも、起きた時・日中でも、当然ながら、成分の良いものは、いつでも使うことができます。

生活の木のシアバターは、手作りの材料として売っているものですので、画像のとおり、アルミのパックに入って売っています。プラスチックなどの入物に詰め替えて、使ってみてください。




●シアバターの脂肪酸組織
シアバターに多く含まれる油脂の成分「脂肪酸」は、「ステアリン酸」「オレイン酸」。

オレイン酸と、マカダミアナッツオイルに多い「パルミトレイン酸」は、過剰になりすぎると水分蒸発量が上昇し、毛穴が広がり肌が荒れますが(不全角化の状態になる)、精製してあるのならその心配はありません。心配であれば「バージン」ではなく「精製」のほうをおススメします。

未精製(バージン)はホワイトチョコのような香りですが、精製してあるほうは無臭です。

生活の木 精製シアバター 30g 840円


100g入りなら2,520円。



シアバターといえば、ロクシタンのシアバターは有名です。が、少し、高い・・・・。生活の木は、お手ごろ価格だし、100%シアバターということには変わりないので、私はこちらを使っています。

バージンシアバターの私のクチコミはこちら → @コスメ





●シアバターのさまざまな使い方

①フェイスクリーム(単品で)
洗顔後のクリームとしての使い方ですが、たっぷり・・・ではなく、少し手のひらに取ったものを、手のひらをこすり合わせてなじませ、それを頬にはさんでプレスするようにして、顔につけるぐらいがちょうどいいです!普通につけても重たく感じるので、通常のクリームをつける時よりも、さらに少なくしたほうがいいです。つけすぎは逆効果です。

どんなクリームでも、あくまでも「天然の皮脂膜」の代用として考え、薄くつけるつけたほうがよい。肌は、特別クリームを塗っていなくても、天然のクリームが塗られている状態なので、非天然のクリームを塗る場合も、天然と似たような状態にしてあげたほうがよいと思っています。

シアバターは、皮脂膜の代用として役立ちます。皮脂膜が取れ気味で、肌の乾燥を感じたり、角質培養が上手くいっていない状態の時の、“緊急措置”として、即効性があるのを実感しています。
皮脂膜とよく似た成分をもつオイルで代表的なのは「ホホバオイル」ですが、シアバターは、ホホバオイルとは違うジャンルで、皮脂膜の代用に有効です。(ホホバオイルは、脂肪酸をもつオイルではなく、液状のワックス、ロウ。) 
市販のクリームの全成分をチェックすると、「シアバター」「シア脂」という表示をよく見かけます。それは、シアバターが皮脂膜の代用として優秀だからだと思います。クリームというもの自体が、いろいろな脂肪酸などの配合率を調整して、皮脂膜の補充・保護するために考えられたものなので。



普通肌の人は、脂肪酸バランスが整った状態であるので、オレイン酸を補充する必要はないので、よけいに補充すると、「オレイン酸過剰」で不全角化をまねいてしまいます。
しかし、乾燥肌の人は、脂肪酸バランスがかたむいていて、オレイン酸が少ない状態です。そういう場合は、シアバターは、足りないオレイン酸を補充する役割を果たしてくれます。




②ヘアクリーム
そして、ヘアケアにも最適。ヘアドライの後の乾燥をケアしたりするほか、朝のスタイリング時、髪の毛をまとめるヘアクリームの代わりにもなります!
アホ毛がぴんぴんだったり、ふくらみやすい・広がりやすい髪の人にはスタイリングにこれが役立ちます。成分良好なので、例えば、栄養分でもってヘアセットをしているようなもので、一石二鳥です。
(栄養を与えることにはなりませんが)
私は、朝のスタイリングでのヘアクリームとして使うことが一番多いです。

髪のセットに使うなら、常温で固形(クリーム状)になるシアバターが合いますが、
ホホバオイルの髪の液状ワックス効果もすばらしいです。ホホバオイルはべた付きません。シアバターは、少しベタツキがあるので、頭の分け目やてっぺんなどのツンツンを抑えるほうに向いています。
参照 → ホホバオイル


③かゆみ止め
また、あせもなどのかゆくて肌が荒れたところにつけると、かゆみが治まることがありました!調べてみると、まさにアトピー性皮膚炎などの皮膚炎・火傷・かゆみ止めなどに効果があるのだそうです。



※単品で使う場合は・・・
手にとってこすると、熱で溶けて透明になりますが、寒い時期には、固くなり、手のひらにのせても、溶けにくいこともあります。そういう時は、ドライヤーの熱を当てると、すぐに溶けてくれます。





●手作りの材料にピッタリ
上のような、①~③の使い方は単品で使う場合です。固くなれば温めればよいのですが、使いやすくするには、ホホバオイルと混ぜるのが基本中の基本。
これをさらに応用すると、いろいろなものが作れます。

【基本】
シアバター、ホホバオイルを湯煎で溶かし、溶けて混ぜ合わせたら、容器に入れる。固まったら完成。ほどよく柔らかいクリームの出来上がり。

20081206111512.jpg

これで、寒い時でもいつでも固くならず、使いやすいクリームになります。

※ ポイントは、使いやすい「固さ」です。
シアバターは常温では固めのバター状。冬などの気温が低いほど、固くなりますが、カチカチというほどではなく、体温でじわっと溶けたり、ドライヤーの熱で溶ける程度です。
しかし、伸ばしやすく使いやすくするなら、「常温で液体」のホホバオイルとあわせて溶かしておく(湯煎)するとやわらかさが加わります。よって、加えるホホバオイルは“ほんの少し”でオッケー。

ホホバオイルを入れすぎるとトロトロに柔らかくなりすぎるので、もしそうなってしまったら、シアバターを足して、シアバターの割合を多くすれば固さが出ます。


参照 → 手作りのフェイスクリーム



シアバターは、紫外線から守ってくれる機能もあるとのことなので、日焼け止めクリームによく配合されます。その他、リップクリームや、リップグロスなど、クリーム類にはよくT変われます。シアバターは、ホホバオイルやミツロウとセットになって、クリーム類の基本になります。

参照記事 →手作りのリップクリーム手作りのリップグロス、手作りのフェイスクリーム・日焼け止め





ランキングに参加しています。
よかったら、下の2つのアイコン「美容ブログ」「スキンケア」にポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位を見たい方も、クリックどうぞ^^
にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

23:22  |  2.成分  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。