FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'11.05 (Mon)

ホホバオイル、これなしでは語れない

こんにちは。

先日の、復活宣言から、ウズウズしたまま
いろいろ案や企画も温めつつ、
とりあえず、まず、記事を書いていこうと思います。

まず、私のブログ&本から、これ抜きには語れません。

ホホバオイル!!!

私は、もう何年使っているでしょうか・・・
その便利さ、すばらしさ、魅力を知って使い始めて、15年ぐらい経ちました。

私のスキンケアは、

●お金がかからない。
●手間がかからず、らくちん。簡単。
●テキトー、目分量 でもできる。

だから、続けられます。

そして、なにより、“肌に悪いことを”何もしない。
私の本のタイトルになった、『何もしない』というのは、
スキンケアをまったくしない、という放置を意味するのではなく、
“肌に悪いこと”を何もしないのです。

そうすると、自動的に、スキンケアはシンプルになり、
放置の意味の「何もしない」と、似たようなことにもなるのですが、
だからと言って、本当に放置ではないのです。

やることはやるんだけど、
それが、さっと手軽で簡単で、お金がかからない。


ホホバオイルは、「オイル」という名前はつきますが、
通常のよくあるオイルとは別物です。
実際は、油ギトギトのオイルではなく、
「ロウ」の部類に入ります。
ろうそくの、ロウ。
イメージするなら、液状のワックス。

だから、常温に置いておくと、通常はドロドロのオイル状ですが、
すごく寒い時期は、みぞれ状に固まります。
寒い冬、洗面所に置いておいて、
お風呂上りなどに使おうとすると、みぞれ状になっているのに気づくことがあります。

お料理でよく使う、植物油やごま油は、
寒い冬だからといって、ドロドロからみぞれ状になることは、ないですよね。

ホホバオイル、
実は、人間の肌の表面にうすーーーく乗っている、自然なあぶら(皮脂の膜。つまり「皮脂膜」)と
構造がとてもよく似ています☆

だから、スキンケアに適していて、なじみが良い。
サラッとしていて、べたべたしません。
(※つけすぎは さすがに、サラサラになるまで時間がかかりすぎますが)

なので、お肌がかさつきがちの時・・・皮脂が出る力が衰えている時(季節では冬が多い)、
には、ホホバオイルが 皮脂膜のかわりにピッタリ。

本来の皮脂膜と似ている点は、まだあります。

酸化しにくいこと。
ほかの「オイル」だと、酸化しにくい・しやすい、いろいろありますが、
間違って酸化しやすいものを選んでしまったら・・・
酸化した油が肌の上に長い時間、乗っていることは、
肌を傷める原因になります。

ホホバオイルは、もともと人間の肌にうすーく乗っている皮脂と同じく、
酸化しにくいのです。


肌が乾燥していると、カサカサを通り越して、ギトギトになることがあります。

乾燥した肌が、カサカサを通り越すと、
なんとかして肌を潤おそうとして、
皮脂をたくさん、たくさん出そうとするからです。

カサカサも、ギトギトも、もとの原因は同じ。
肌の乾燥が原因でのことなんです。
オイリー肌も、じつは、乾燥が原因であることが少なくない。

そこに、ホホバオイルの登場。
ホホバオイルが皮脂膜のかわりとなり、
「皮脂膜がじゅうぶんにあるぞ」と肌が自覚すると、
ギトギトのよけいな皮脂分泌がおさまっていきます。

これほどまでに、もともと肌になる皮脂膜と、ホホバオイルが
似ている、ということなのです。


ホホバオイルは、お肌だけではなく、
髪の毛のパサつきをおさえるときにも使えるし、
もちろん、身体にも使えます。
つまり、全身に使えます。

ちなみに、このホホバオイルに【シアバター】を混ぜれば、
「クリーム」が出来上がります。
(あらかじめ、ホホバオイルとシアバターを混ぜたものを作っておく。)
シアバターとの最高の組み合わせ については、次回、お話しますね。

今回は、まずは、ホホバオイルのお話。


おすすめのホホバオイルは、こちらです。

77491B65-CCE4-49E2-AEB9-F300CF6E8850.jpg


私の使いかけですが・・・
500ml、ボトルの大きさは、よくある500mlのペットボトルぐらいです。


オーガニックの精製タイプ。
(ホホバオイルには、精製と未精製があります)
未精製は、栄養がそのまま残った状態なので、高品質のようにとりあげられたりもしますが、
精製でも、皮脂膜のかわりになってくれる力には違いはありません。
むしろ、未精製だとアレルギーの原因になることもあるので、
精製のほうが無難でしょう。
(ちなみに、お値段も、精製のほうが安い傾向にあるので
なおのこと、精製のほうでお得。)



500mlを買ってしまうと、けっこうな値段ではありますが・・・
私は、ほかの高い化粧品がまったく必要なくなりましたので
(高い化粧水、高い美容液、高いクリーム、高いパック・・・・など、一切使ってません。)
これ1本でかなり重宝するし、ケアがシンプルです。

せっけん洗顔の後に、これをうすーくつけるだけ。

いきなりじゃなく、少量をお試しで買ってみるなら、
こちらの50mlタイプも。




洗面所に、こんな容器に入れておいて、
すぐ使えるようにしています。

81EC7C3A-B2CE-4D5F-9544-E07A2E78C593.jpg


洗顔後に。
お風呂上りの髪の毛に。
ドライヤーで髪をかわかす前に。
髪の毛のひろがりをおさえるときに。

冬は、みぞれ状になると
ポンプから出にくくなるので、
タッパーなどにいれておくのもいいでしょう。
クリームを指でとるのと同じような使い方で。

次回は、ホホバオイルとシアバターを混ぜただけの
(作り方は、レンジでチン☆だけ)
簡単な万能クリームについて、書きたいと思います!

********************************************


私、大森野々香が出した本。

スポンサーサイト
14:00  |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |