All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.13 (Fri)

その6.(1)リンパマッサージ (基本編)

こんにちは。

今日はリンパマッサージについてです。
私は、あれこれリンパマッサージの本は数冊買い、読んで実践してみたことがありますが、どれもこれも、結局のところ、基本は同じ。そして、やるべきポイントは同じだということに気づきました。
そこで、自分がやってみて効果のあった部分と、複数の本から共通の「これだけはハズせない!」と思う重要な部位について、紹介しようと思います。





●リンパとは
リンパ管・リンパ液・リンパ節・・・これらを総称したものを「リンパ」と呼んでいます。

リンパ管 ・・・ おもに真皮に網の目のように分布。静脈と平行にある。まわりの筋肉が動くことで、リンパ液を押し出す。

リンパ液 ・・・ リンパ管の中を流れているもの。静脈で運びきれない老廃物・死んだ細胞・化学物質・たんぱく質・脂肪・乳酸・細菌・ウイルス・過剰水分などを運ぶ。

リンパ節 ・・・ リンパ管にところどころついている、ソラマメ状の丸いふくらみ。 リンパ液をろ過するフィルター。ここで、組織内に異物などが侵入して血液にのって全身に循環してしまう前にチェックし、くい止め、そして、リンパ液に乗ってきた老廃物をまとめて処理してくれる。



静脈で運びきれない老廃物を運んでくれるのがリンパの役割です。
リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積され、免疫機能や栄養素の取り込みも正しく行われなくなり、様々な障害が現れます。

血液の場合は、心臓というポンプが体中に送り込んでくれていますが、リンパの場合はそのようなポンプになるものがありません。体を動かし、筋肉を動かすこと、つまり運動によって、リンパが流れてくれるのです。なので、ちょっとでも運動不足になるとリンパが滞ってしまい、老廃物が溜まりやすくなります。古いリンパ液が体のあちこちに停滞すれば、新しいリンパ液が流れていくことができずに、体のバランスを崩し痛みや腫れを生じ発熱します。
運動ってやっぱり大事ですね。(と言っても、踏み台昇降、腕回し、腰回し、ストレッチ・・・など軽い運動でオッケーなのです!)

また、ストレスもリンパの流れを悪くする原因です。ストレスがあると自律神経に悪影響を与え、血管が収縮し、筋肉も緊張してしまうため、リンパの流れが悪くなってしまうのです。

ストレスをなるべくためないようにし、軽い運動を習慣づけ、そして日々、リンパマッサージを習慣にするとよいでしょう。







●リンパ節のある場所
リンパ節とは、リンパ管にところどころついている、ソラマメ状の丸いふくらみです。

ここで、組織内に異物などが侵入して血液にのって全身に循環してしまう前にチェックし、くい止めてくれます。そして、リンパ液に乗ってきた老廃物をまとめて処理してくれる場所でもあります。
よって、リンパマッサージは、リンパ節に老廃物を送り込む・流し込むようにイメージすることが効果的です。


【リンパ節のある場所】
鎖骨
胸鎖乳突筋 
耳の下
太ももの付け根の前側
わきの下
ひざの裏側
ひじの内側
腹部

  rinpanobunnpu.gif

特に重要なのが、「鎖骨」で、さらに「左側の鎖骨」。
左側の鎖骨リンパ節は、全身を流れるリンパ液の鍵を握っている部分です。大部分のリンパ液はここで「鎖骨下静脈」と合流して心臓に戻ります。 よって、体中の老廃物がここに集められるため、「詰まりやすい」部分でもあります。
まずは鎖骨から。全身のあちこちリンパマッサージやってる暇なんかない!という場合でも、とりあえず鎖骨だけでもやっておくとよいと思います。







●二重あごの原因の1つは老廃物
二重あごは、「肥満」だけが原因でなるものではありません。痩せている人でも、二重あごの人はいますし、また、自分では自覚が無い場合も多いのです。

特に、「二重あご」と呼べるほど肉が重なってはいないけれど、あごの下にもたつきがあり、うつむく時だけ二重になる程度の場合。この場合は、自覚症状がないことが多いのです。
自分で鏡を見るときは、たいてい正面からしか見ませんね。鏡に向かって正面を向く時、あごを引かない限り二重にはならないし、正面からでは「あごの下のもたつき」は見えません。
ところが、そのままの状態を「三面鏡」などに映して横顔を確認してみると・・・ あごの下のもたつきがどれぐらいか・・・“真実”が明らかに映ります。(^^;)

鏡に映したその横顔を見ながら、あごの下のもたつきを、指で平らにしてみてください。あらら・・・スッキリ!こんなあごのラインだったらどんなにキレイになるだろう♪・・・と思ってしまうと思います(笑)。これだけで、グッと印象が変わります。

あごの下のもたつき、そして『なんとなく顔が四角くなってきた気がする・・・』という現象(→ひどくなれば、ブルドック顔)は、老廃物が原因かもしれません。あごのまわり・耳のまわりは、老廃物が蓄積しやすい部分なのです。

※これとは別に、顔のたるみは、肩甲骨・僧帽筋を鍛えることで防止・解消できます。
詳細記事→ 肩甲骨、僧帽筋 とりあえずこれ

また、あごやフェイスラインをたるませないキーワードは「呼吸の仕方・口角」にもあります。
詳細記事→ マスクの利用、正しい呼吸 (この記事の後半部分)


老廃物を日々スムーズに取り除くには、リンパマッサージが有効です。







●リンパマッサージとは
リンパマッサージとは、リンパ液の流れを助け滞ったリンパ液をサラサラと流してあげることです。簡単に言えば、「体内に蓄積された老廃物や毒素をリンパ液にのせて排泄する」こと。いわゆるデトックスです。

基本的にはリンパのゴールは心臓で、古くなった細胞や老廃物を運んでくれて血液と混ざりながら尿と一緒に体外へ排出してくれます。よって、心臓に向かってマッサージをすることがリンパマッサージの基本となります。
しかも、先ほど書いたとおり「リンパ節に向かって老廃物を流し込む」のをふまえた上で、です。

例えば、脚のマッサージをするなら、
足→ふくらはぎ→ひざの裏(リンパ節の部位)→太もも →ふくらはぎの付け根(リンパ節の部位)  
・・・という流れで、下から上へ・心臓から遠いところから近いところへ、リンパ節へ老廃物を送り込むように・・・というやり方です。

手足・足首などの末端を動かすと、全体への流れを促してくれます。足首を回したりして動かすだけでも、ふくらはぎが刺激され、流れが促されます。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、血液を心臓へ送り出す重要な役割をしています。





●リンパマッサージでの効果
冷え性、血行不良、免疫機能、むくみ、たるみ、くすみ、肌荒れ、セルライト、こり、肥満、風邪、細胞の活性化・・・などの改善・予防。

老廃物を排出することは、ずばり「老化」を防ぐことでもあります。血流を良くし、活性酸素の発生を予防するからです。(老化のおおもとの原因は、「活性酸素」だといわれています)

血行を良くするということは、あらゆることを改善します。逆に言えば、血行不良であれば、あちこちに良くない影響が出てしまいます。健康・美容のさまざまなトラブルの原因を突き詰め、改善方法を探ると、結局のところいつも「血行を良くする」という答えに行き着きます。
そのためには、結局「食事・睡眠・運動」なんですよね。


リンパマッサージは、指・手を使って「さする・なでる」だけですが、たったこれだけのことなのに、10回でもさする・なでると、リンパの流れに大きな影響をもたらします。






●リンパマッサージをしてはいけない場合
下記のような場合には、リンパマッサージを行うことは避けてください。

 * 血栓症 (血液やリンパの流れが促進され、血栓が浮遊し、滞留を促進) 
 * 心臓浮腫 (リンパ液は最終的に静脈に合流するため、血液量がふえる)
 * 悪性の病気・急性感染 (全身に広まる可能性がある)
 * 喘息の発作時 (発作が止まらなくなることもある)
 * 生理中 (出血量が増えるおそれがある)
 * 低血圧 (治療が必要な低血圧の場合、リラックスすることでより低くなるおそれがある)
 * 妊娠初期(3ヶ月まで)の方 (流産のおそれがある)
 * 腎臓に問題のある人
 * 化学療法を行っている人 
 * 臓器移植している人 
 * 高熱のある人
 * アルコールを直前に飲んでいる場合


ただし私は、生理の日でもやってしまっています(^^;) その日の出血量が増えたとしても、1クールの生理で出る血液の量は決まっているので、トータルすれば同じことですよね。

また、私は低血圧ぎみ(下:58、上:96 ぐらい)ですが、健康診断でも特に問題ないと言われている程度です。低血圧でもこの程度であれば、日常生活に支障がない、と。よって、上記のような「治療が必要な」ほどではないので、ふつうに行っています。






●使用するもの・やるタイミング
肌をなでる・さするのですが、すべりが良くないと、肌がこすれてしまい肌バリアにとっても悪影響です。よって、成分良好のクリームかオイルを使用します。(私は、ホホバオイルを使っています)
しかも、すべりを良くするために付けるので、いつもの「皮脂膜の代用」で塗るのとは違って、多めに付けることになりますね。リンパマッサージ終了後、そのままにしておくのでは、明らかに「付けすぎ」になってしまいます。
まぁ顔以外の部位なら、たっぷり付けてしまっても自然に肌になじみ、気にならないでしょう。しかし、気になるのは「顔」に付ける場合ですね。

よって私は、顔に関しては“洗顔前”にやります。クレンジングとして、オイルやクリームで浮かせている人は、ついでにササッとリンパマッサージもしてみてはどうでしょうか。

洗顔前であれば、オイル・クリームをたっぷり付けても、どうせその後は石鹸洗顔で流してしまうので気になりません。また、冬や乾燥が気になる人は、洗顔前にクリーム・オイルを付けるほうが、洗顔後のしっとり感がちょうどよくなったりもします。
ただ、たっぷりオイルを付けてリンパマッサージをした後は、ティッシュで押さえ、ある程度の油分は取り除いたほうがよいとは思います。


顔以外の部位なら、洗顔にかかわらずいつでもよいでしょう。
デコルテ・鎖骨なら、仕事のお昼休みにでも出来ます。仕事中の休憩・気分転換にやるのもよいでしょう。脚などのボディは、服を脱がないと出来ないので職場ではなかなかやれませんが、デコルテ・鎖骨はいつでもできるのが嬉しいところです♪
そして、ホホバオイルでやれば、たっぷり付けてやっても時間とともにサラサラになるので、ベタツキを気にしたり拭き取る心配もありません。







●やり方
体中にはたくさんのリンパのポイント的な部位がありますが、とくに有効な部分のみ、ピックアップしました。


★ツボ
耳のまわりは老廃物がたまりやすい場所。
このツボは、それを解消するためのリンパマッサージに有効なツボなので、私は、電車の中でも仕事中でも、手の空いた時・休憩中などにしょっちゅう押しています。
「若さを保つツボ」とも言われます。

耳の軟骨のコリコリした部分のすぐ横(耳の前)と、耳の後ろ側の「耳たぶのすぐ後ろ」あたりです。
0.png 


ここもよく押しています。二重あご解消に有効なツボです。人差し指と親指であごを挟むようにして押さえるとやりやすいです。
1_20090311170051.png




★鎖骨
先ほど書いた、重要な部分「鎖骨」です。時間がない時でも、ここだけ(特に左側)だけはやっておくと効果的。とりあえずここから始めます。ここの流れを良くし、詰まりを取っておかないと、他の部分をいくら念入りにやっても、効果が半減してしまいます。
まずは鎖骨!!
sakotu_20090311163514.jpg
鎖骨の上側(くぼみ)に沿って、肩側から内側へ。
そして、内側ののどのところまできたら、鎖骨の下側に沿って折り返します。そのまま鎖骨の下側のラインに沿っていくと、腕の付け根のところに当たります。そこからワキへと流します。

これを左右どちらも、少なくとも10回ずつ。





★あご・デコルテ
1_20090312114149.jpg  2_20090312114022.jpg
あごの下から、フェイスラインの骨に沿ってグ~~ッと耳の下まで持って行きます。老廃物を流し込むのをイメージしながらやります。
次に、耳の下から「胸鎖乳突筋」に沿って、下へ流します。

胸鎖乳突筋は、横を向いたときに出るラインです。ここにも、リンパ節があります。
これも左右どちらも、少なくとも10回ずつ。




1_20090312114149.jpg  3_20090312114157.jpg
先ほどと前半は同じ。後半は、今度は胸鎖乳突筋でなく、首のラインに沿って肩のほうへ流します。
これも左右どちらも、少なくとも10回ずつ。





★目のまわり
ここが、先ほど書いた「洗顔前にやっている」という部位。
sin_20090311164259.jpg
力を入れすぎないために、薬指でやる感覚で。

1.目尻から下まぶたをとおり、目頭まできたら眉毛の生えている部分(骨の上)をなぞってこめかみの方へ流します。
2.こめかみから顔のラインに沿って下へ流し、耳の横を通って(耳の横のツボを通って)下へ流します。

左右どちらも、少なくとも10回ずつ。

※目のまわり(特に下まぶた)の時だけは、力を極力入れないこと!!デリケートで皮膚が薄い部分なので、力を入れすぎて良いことはありません。
 また、眉毛の生えている骨の部分を必ずなぞること。“上まぶた(眼球)”の部分は押さえてはいけません。ここもデリケートな部分。上まぶたは、強くこするとたるみの原因になります。眼球は、何度も強く押すと、眼輪筋の関係で下まぶたに影が出来やすくなってしまいます。極力、眼球は押さないようにするのが無難。あくまでも、「眉毛のある骨の部分」をなぞりましょう。




顔のマッサージは、「造顔マッサージ」と言って田中宥久子さんの方法が有名です。
参考は動画をどうぞ→ youtube 田中宥久子「造顔マッサージ」

田中宥久子の造顔マッサージ


目のまわりだけでなく、顔全体のいろいろなマッサージを紹介しています。が、アレもコレも・・・とめんどくさくなる人は、私が紹介したものだけでもいいかと思います。
いずれにしろ、顔をやる時は力を入れすぎないようにしましょう。

また、田中さんの場合は一応、指定のクリームがあるようですが、びっくりするほど高いです(^^;)
そのクリームでなければいけないとは私は思いません。肌に合う成分良好ですべりが良いものなら、何でも良いと思います。(第一、田中さんの奨めるそのクリームは、ケミカルです・・・(^^;))
私の場合は、やっぱり「ホホバオイル」です。




リンパマッサージでスッキリしよう!!

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

12:54  |  6.リンパマッサージ、骨盤体操  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。

こんにちは。
リンパマッサージの記事、楽しみにしていた記事のひとつです。

私は小学校の低学年の時、授業中に突然左首筋が痛くなり、
そのままリンパ腺が腫れて首が曲がらなくなることがよくありました。
そういう時はだいたい風邪をひいているのですが、学年があがるに連れて
少なくなりました。
でも左の首のコリコリはずっと残っていて、小さいのも入れると
3つくらいは常にコリコリしています。これがリンパ節なのでしょうか。
そして2人子供を産んだ後、体調が悪くなるっと首が寝違えたようになることが
よくあります。
少し前は子供を抱っこしたりするし、子供を気にしながら寝ているために
寝違えが多くなったのだと思っていましたが、もしかしたら血行が悪く、
老廃物がたまっているのかもしれません。

リンパマッサージをやってみようと思ったことはありますが、
どこをどうやったらいいのかわからないし、テレビで紹介していても
色々とあっていまいちよく分かりませんでした。
でもノンノンさんが「これだけは」とおっしゃる所は試してみようかなと
思います。すぐに効果が無いと駄目な性格ですが、分かりやすかったし、
まさに今左の首筋が痛いので・・・(T T)。
10回でもやると違うんですねぇ。リンパマッサージ馬鹿にできないですね。
まっちゃらて | 2009年03月13日(金) 15:33 | URL | コメント編集

面白い!

早速やってみた!
鎖骨触るとゾワゾワするんだけど、耐えて10回やったよぉ<笑

左のあご下だけやったら左の顔だけ小さくなっちゃった<笑

このマッサージは気持ちいいね~
Aniston | 2009年03月13日(金) 16:58 | URL | コメント編集

こんにちは。

私も早速やってみました!
目の周りはノンノンさんと同じく洗顔前に。
鎖骨付近や腕、脚は、シャワーを浴びた後のラップパック中に。
しばらくして鏡を見てみると肌がいつもより血色よくツヤツヤしてる!
鼻の毛穴も目立たない(気がしました)!

ちょっとしたことなのに全然違うんですね。鎖骨と目の周りだけでも毎日続けてみます♪
ちょうど生理が始まったところなので、出血量が増えてその分早めに落ち着いてくれないかな、と逆に期待もしています(^^;)

お風呂上りは既に血行がよくなっている状態だと思いますが、
リンパマッサージをして問題などはないんでしょうか?
なのはな | 2009年03月14日(土) 00:50 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

やっとリンパマッサージの記事がかけました。楽しみにしててくれたんですね、ありがとうございます♪

首はいったん痛めるとクセみたいのが残る気がします。私も心当たりがあるので・・・。でも、ヘタに揉んだりしていじると悪化しますよね(>д<)
肩こりも、揉んでも一時的だし、やっぱり肩甲骨まわりを動かす「腕まわし」が効きます。首に関してはリンパマッサージを習慣付けることがいいかなと思います。
まっちゃらてさんは、首に影響が出やすいんでしょうかね?

リンパマッサージ、いろんな本・サイトを見ると、基礎はみんな同じで、やっぱりまず「鎖骨」です。ですが、なでる・さする方向が逆に書いてあるものもあります・・・(苦笑)。ここが信用ならない点ですね(-_-;)
ノンノン | 2009年03月15日(日) 15:21 | URL | コメント編集

>Anistonさん

鎖骨が苦手なんだっけ?
「とにかく鎖骨!」といわれているので、少しずつ慣れてみて(笑)。

そんなに即効性あった?逆にスゴイよ~~~~!!!( ゚Д゚)ノ ☆
ノンノン | 2009年03月15日(日) 15:23 | URL | コメント編集

>なのはなさん

効果ありました?よかったです(^∇^)♪
朝も夜もやると、もっと効果が出るそうです。私も、朝と夜の洗顔前、時間がある限りはやるようにしています。「若さを保つツボ」押しや、あご、鎖骨などは仕事中に、ひまさえあればやってます。トイレでは腰回しをやり、廊下を歩きながら腕回し。。。(怪しすぎる。爆)

そうなんです、私も生理が早く終わればいいな、とか思ったりします(笑)。

お風呂上りのリンパマッサージは、オッケーです。やってもいいどころか、むしろ身体が温まっているその時にやるほうが効果がアップしますよ♪
ノンノン | 2009年03月15日(日) 15:28 | URL | コメント編集

こんにちは。

痛めていた首筋ですが、リンパマッサージをやっていたら
いつもは治るのにもう少しかかるのに、3日目にはよくなりました。
効果ありかもしれません。

20代後半から急に首を曲げたりすると、首が「ぴきっ」と痛くなって
しまうことがあり、血行の悪さと運動不足が原因だと思います。
やっぱり腕回し・腰回し・リンパマッサージかもしれません。

あとオイルについてお聞きしたいのですが、顔はオイルなしでは
駄目だと思いますが、顎・デコルテなどはオイルなしでも
平気でしょうか?
「この時に」っていうのがなかなか決められなくて、時間が
出来た時にしているのですが、やはりオイルはつけた方が
いでしょうか。もちろんホホバオイルですが(^^)。
まっちゃらて | 2009年03月16日(月) 10:33 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

そうでしたか、よかったですね~。いや~意外と即効性のある反応があちこちから返ってきて嬉しいです。自分で書いておきながら(笑)。

私も首が傷みやすいので、なんとなく症状・具合が分かる気がします。それでも、腕回しなどのおかげでかなりラクになり、あまり気にしなくなりました。やっぱり効果が出てるってことですよね☆

オイルは、顔の場合はもちろん、すべりがないとうまく行かないので必要です。が、それ以外の部位・・・あご、デコルテなどはオイルなしでもすべり良く出来ないことは無いので、何もつけなくてもオッケーですよ。私も、仕事の合間、何もつけないでやっていることもあります。
ただ、あごの下は、何もつけないでやりすぎて、こすれてカサカサになったことがあるので(^^;)、やりすぎには注意ですね(何事も・・・)。
ノンノン | 2009年03月16日(月) 14:26 | URL | コメント編集

こんにちは

昨日@コスメのメンバー登録でご挨拶がてらメールさせて頂いた雪華です。昨日はありがとうございました。
さて今日は質問がありまして。以前からリンパマッサージ、顔もたるみ予防を兼ねてマッサージをしていました。
私も専用クリームなどは使わず、ホホバオイルでやっていたので昨夜もやろうとしたところ...
角栓?!手にザラザラと...以前は取れると嬉しかった角栓ですが、角質培養実施中なので『えー!そんなボロボロとれないでよ~(泣)』って状態でした。
しかし、ケミカルなもので必死に毛穴ケアしてた以前は温めて毛穴広げ...クルクルしてないと取れなかったのに、ホホバオイルで撫でるだけでザラザラと出てくるんです。これは取れるべきものだったのでしょうか?

ノンノンさんが参考になさっているサッポー美肌塾のサイトをのぞき、角栓と皮脂詰まりの違いとか、一通り読んでみたのですが、剥がれ落ちるときがきたら目に見えないレベルで剥がれ落ちるのが角質だとあったし、やっぱり撫でるだけでボロボロ出てくるのは細胞活性の記事であったような成分が石鹸に入っているのか...
リンパマッサージや造顔マッサージをやめたみた方がいいのか...
分かる範囲で構いませんので何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。
雪華 | 2009年05月28日(木) 13:08 | URL | コメント編集

>雪華 さん

@コスメではありがとうございました(^^)
あちらのほうのお返事も遅れていまして、申し訳ありません。もう少々お待ちください。

角栓の件ですが、通常は、オイルでくるくるしても、それでもなかなか取れませんよね?それを、念いりにやりすぎることで、「取りすぎ」になり、角質・肌バリアを傷めてしまいます。
ですが、今回の場合、「やさしくクルクルしただけで」取れたんですよね?
ということは、すでに角栓がかなり飛び出ていて、もう何かのきっかけさえあれば取れる時期だったのかも?しれません。
取れる時期にある角栓なら、やさしく洗う通常の石鹸洗顔でも、泡をすべらせただけでするっと取れます。

ただし、角栓でなく「角質」のざらざらしているもの(皮のようなもの)を、ホホバオイルでクルクルして取るのはやめたほうがよいです。
これは、「よくある質問 スキンケア編」の「ざらざらしている角質は取ったほうが・・・・?」をご覧ください。また、同じくスキンケア編にあるQ27もご参照ください。


そういうわけで、やさしくなでただけで取れる「角栓」に関しては気にしなくていいのですが、今、肌バリアが弱まっている時期なら、あまりマッサージなどしないでおいたほうがいいかもしれません。とにかく、こすれるきっかけを極力少なくしたほうがいいかと思うので。
一番重要なのは「肌バリア」の強化です。石鹸洗顔(できれば軟水で)、ホホバオイル、シアバター、ラップパックをやってみてください。


細胞賦活作用に関しては、ピーリングとはちょっと意味が違うので、即座に角質や角栓がボロボロ取れるものではありません。じょじょにジワジワと取るような感じで、取れるというよりも、使い続けることで乾燥してきたりザラザラを感じたりします。もともとがザラザラ気味の場合は、いったんそれが早く取れるので、いったん肌の調子がよくなったようになり、その後使い続けることで悪化していきます。
ノンノン  | 2009年05月29日(金) 11:18 | URL | コメント編集

回答ありがとうございます

ラップパック朝晩実行しています♪

お肌の調子いいです^^

ひとつ疑問なのは、うまく説明できませんがラップは肌に密着(空気が入らないように密閉状態)にした方がいいんでしょうか?
完全に空気が入らないようにピターっとつけるのは顔は平面ではなく凹凸があるのでラップを切りながらやっても難しいのですが・・・・
特に鼻のあたりとか眉間とか・・・

今はなるべく密閉状態になるようにやってますがやっぱり眉間のあたりが難しいのでラップと肌が密着してくれなかったりしてますが、それでも調子良いです^^


角栓については、とろうと思ったわけもなく、ホント肌を撫でただけでザラザラと手に感触があったんです。

リンパマッサージのため、優しく一撫でするたび?ザラザラと。
今のようなスキンケアに変える前は、必死で角栓を取ろうとしていたので、まず毛穴を温めひろげて、気になるとこを力は入れないにしても念入りにクルクルしてとっていたので、撫でただけで取れるなんてかなりビックリでした。

リンパマッサージのためとはいえ、ホホバオイルでやったんですがホホバオイルが顔にこってり残したままはどうかと思い、マッサージ後に軽くふき取ったんです。
そしたらその後、前日より肌が乾燥?してるような感じでした。

そこで、その日の夜から石鹸も細胞賦活作用成分が入っていないものに変えたら、また落ち着きました^^

以前までのスキンケアのせいで肌バリア低下、毛穴もいい具合にガッツリすり鉢状、ましてや今のスキンケアに変えてから日も浅いので簡単にとれてしまったのかな?と思ったので顔のリンパマッサージは当分控え、デコルテや首のみにしようと思いました。

日が浅いとはいえ、ラップパックのおかげか毛穴が全然違います!
開きが目立たないし、弾力があるとはこいうことか!!!と感じています^^

あんなに必死で時間やお金をかけて角栓と戦っていたのに、何もしないほうがこんなに早くキレイになるなんて驚きです。

ノンケミに切り替えるのはすごく勇気がいったんです
界面活性剤や合成ポリマーの蓄積された肌、ノンケミに切り替えた直後の隠されていた肌の本当の姿にたえられるかと・・・・

自分の肌はきっとすごく最悪な状態であろうと思っていたし、外に出れないほど肌荒れするかもとか・・・・

でも、今は早く全てをノンケミにしたくなりました(笑)

私にとっては自分の肌と向き合い、状態を知るのが一番難しいです。
これは、良い反応なのか悪いのか・・・

唯一の判定基準は洗顔後の乾燥具合のみなので、何を排除してどこを手助けするか・・・・間違えればステップアップしてきた階段をまた一段下りてそこからやり直しだし。

今まではその繰り返しばかりしていつまでも最高の状態に近づけなかったんだなぁと思いました。

それでもお肌が回復していくのは毎日楽しいです。

まだ、色んな情報を一気に取り入れたばかりで頭が混乱してしまい、こうして度々質問することもあると思いますがどうかよろしくお願いします。

日々、肌と向き合い肌の様子を見ながら勉強することで、いずれはノンノンさんのように自分で判断したり見極められるようになれるのかなと思っています。

お忙しいところ丁寧にレスして頂き本当にありがとうございました。













雪華 | 2009年05月29日(金) 13:34 | URL | コメント編集

>雪華さん

>ラップパックの効果がでているようで、よかったです♪
ラップの貼り方ですが、鼻のところで浮いてしまうので、いっきにバッと貼るのでなく、おでこから顔の凸凹に沿って貼り付けるようにしたり、または、鼻から上・鼻より下で2つに分けて貼ってもよいです。なるべく密着させたほうがいいです。

リンパマッサージですが、原因が見えてきました・・・
もしかしたら、洗顔の後にやっていますか?
もしそうだとしたら、たとえやさしくなでるようにしただけでも、洗顔の後は肌がやわらかくなっていて、こするのは禁物・注意したいタイミングですし、
角栓は洗顔のあとに(洗顔するたびに)少しずつ飛び出てきます。(※正確には、角栓自身が飛び出てくるのではなく、角栓のまわりにある角質が、日々の洗顔で一層一層、剥がれ落ちるべき段階のものだけが剥がれ落ちていくので、角栓は、日に日にまわりにある角質がなくなるので飛び出ているように見えます。やがて、角栓のねっこにある角質もはがれるときに、一緒にぽろっと取れます。)

そういうわけで、洗顔後のデリケートに扱いたいときにマッサージしたため、たくさん取れたのかもしれません。 また、洗顔後は取れなくてもいい角質じたいも、やわらかくはなっています。
なので、マッサージは洗顔前のほうが適しています。

また、ホホバオイルの「つけすぎ」の心配が発生しますよね?
その件は、記事に書いたとおり、「洗顔の前」にやるのがよいのです。

洗顔前なら、たっぷりつけても逆にメイクを浮かせる効果にもなりますし、石鹸で皮脂のリセットができるので何も心配いりませんよ。
ノンノン  | 2009年05月29日(金) 14:14 | URL | コメント編集

またまた丁寧なレスありがとうございます。

リンパマッサージの件は、完全な初歩的なミスでした・・・・
申し訳ありません。

角栓も角質も柔らかくなってるんでした。

今までのクセで洗顔後のお手入れ時にやっていたからですね・・・



キレイになってきていた毛穴も昨日は子供の運動会でやむ得ずメイクしたら微妙に毛穴の皮脂詰まり復活してました(泣)

また少し後退した感じはありますが、頑張って続けます。


フェイスラインのあごにだけできていたニキビも治ってきたので^^
ラップパックは切りながら貼り付けてやってます^^

ありがとうございました。

雪華 | 2009年05月31日(日) 12:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/100-1093dd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。