All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.03 (Fri)

その3.(30) 春の角質培養

こんにちは。

すっかり春っぽい気候ですね~。桜も咲いています。でもそんな陽気につい惑わされていますが・・・実は、まだ寒い日もあるし、何気に風も冷たい。春らしいお天気には薄着したくなりますが、実際、まだ少し寒かったりもしますね。三寒四温といい、寒いのとあったかいのを何度か繰り返すのが、この時期の気候です。

2月は1年でもっとも気温が低いピークの時期であり、3月になると、だんだん暖かい日もちらほら増えてきます。3月は季節の変わり目。実は、この3~4月は肌が荒れやすい時期なのです。実際、読者の方からの質問メール・コメントでも、『毎年この時期になると乾燥する』『ニキビが発生する』などの声が多いです。



今まで、「角質培養」に関しては、「夏の角質培養」・「冬の角質培養」と、それぞれの季節に応じたケアの注意を書いてきました。

夏は・・・ダラダラ汗で肌バリアが壊れやすくなる、日焼け止めを使う頻度の増加、紫外線などによる乾燥。→皮脂分泌が過剰。時にはニキビ。
冬は・・・空気の乾燥で身体から出て行く水分量が増える上に、寒さにより皮脂分泌量が減る(=フタがうまく出来ない)という、ダブルパンチでの乾燥。→ガサガサ・ゴワゴワ。

どちらも「乾燥」ですが、気温などの環境・季節の違いによって、何が引き金になるかも違えば、乾燥の症状も違うのです。

では「春」はどうでしょうか。






●紫外線と日焼け止め
陽気により、つい外出が増えることと思います。お花見などもあります。庭に新しいお花や野菜を植える人もいるでしょう。そうやって、紫外線に当たる機会が増える時期です。そんなことをしないとしても、紫外線はいつのまにか、3月ごろからジワジワと増えています

紫外線に当たると、水分がたくさん奪われる(水分の蒸発量が増える)ので乾燥しやすくなり、カサカサになります。紫外線に当たったな・・・と思う日こそ、ラップパックをやりましょう。また、口から水分補給することも大切です。
詳細記事→ ラップパック~角質培養の波にのるケア~


紫外線と言ったら「日焼け止め」!・・・なのですが、だからと言って必要のない時まで使ってしまわないよう、注意しましょう。日焼け止めクリームは、“必要悪”のアイテム。肌にダメージがあるのを承知の上で、でも、“紫外線にガンガン当たるダメージよりはマシだから”やむをえず使うアイテムです。

先ほど書いたお花見や庭仕事など、長時間外にいる時・アウトドア時こそ日焼け止めクリームを利用するべきですが、必要のない時まで・・・たとえば、1日の大半を室内で過ごすなら、SPF30以上のウォータープルーフ(まだダラダラ汗はかきませんよね)は必要ないでしょう。肌に負担をかけ、ダメージを与えるだけです。本当の夏がくれば(ちなみに、1年でもっとも紫外線が強いのは5月です。)、嫌でも日焼け止めのお世話になる日が増えるのですから、せめて春のうちは、「必要か、必要でないか」をしっかり見極め、肌のダメージを必要以上に与えないことも大切です。
紫外線に当たっても乾燥しますが、必要以上に日焼け止めクリームに頼ってもまた、肌がダメージを受けて乾燥するのです。
詳細記事 → 日焼け止め

日焼け止めクリームばかりに頼ってもいられません。それ以外の方法もいろいろあります。
帽子や日傘、サングラスなどのアイテムの効果もバカにできないものがありますし、食べ物による対策もあります。紫外線が強くなってくる今から9月までは、私は、ローズヒップティとトマトジュースには、かなりお世話になりそうです。
詳細記事 → 日焼け止め“以外”の紫外線対策

また、肌バリアが整っていれば、ある程度は紫外線を跳ね返す力が付いてきます。紫外線によるダメージを受けやすいかどうかも、日々の角質培養でどれだけ肌バリアのレベルを良いものに出来ているか、その成果です。

紫外線をあびてしまった時は、ダメージが残る前にアフターケアをしましょう。
詳細記事 → 紫外線を浴びた後のケア





●皮脂分泌量が多くなる
冒頭で書いたとおり、2月までは冬特有の「ダブルパンチ」な乾燥で、ガサガサ・ゴワゴワ系の乾燥肌になりがちです。乾燥している肌というのは、毛穴周辺の細胞に「弾力」が無いので、皮脂がこびりつきやすい状態

しかしたまたま、冬は「皮脂分泌量が少なくなる」時期なので、こびりついて溜まるほどの皮脂が出来にくい。ニキビの元になる皮脂のこびりつき・角栓がたまたま出来ないだけであって、本来は「いつニキビが出来てもおかしくない状態」なのです。
例えば、「屋根に穴が開いていて、いつでも雨漏りしてもおかしくない状態だけど、たまたま雨が降らないだけ。」ということ。

ところが、3月になってだんだん暖かくなってくると、皮脂分泌量も増えてきます。そうすると・・・もともと皮脂がこびりつきやすい状態だったならば、すぐにこびりつき出し、角栓、時にはニキビへと悪化してしまいます。

しかし、皮脂分泌が多い時、その結果できてしまうニキビなどは「仕方の無いこと」ではありません。どんなに皮脂分泌が多くなる季節が来ようとも、もともとの肌バリアが整ってさえいれば、いつもより多少皮脂がベタつく、という自分にしか分からない程度で済むし、ニキビなどにつながることもないのです。たとえ皮脂分泌が多めになっても、肌バリアが整っていれば、その皮脂が毛穴にこびりついたり溜まることがなく、通常の洗顔でスルッと落ちます。

季節に限らず、角栓が出来るということは、「角栓が出来たその数日前に、肌が乾燥していたから」なのです。
なんらかの原因 → 乾燥 → 皮脂がこびりつきやすくなる → 皮脂分泌多め → 皮脂がこびりつく → 角栓 → (ニキビ)

詳細記事 → 毛穴の黒ずみ(角栓







●ホルモンバランス
先ほど、3月は三寒四温で、寒さとあったかいのを繰り返すと書きました。この、寒くなったり暖かくなったり・・・の気温の変化が激しいことは、女性ホルモンを乱れやすくしてしまいます。

また、3~4月は、異動・転勤・卒業と入学など、新しいことが始まる季節であり、時にはそれが不安・ストレスになると、女性ホルモンを乱してしまいます。
「ストレス」そのものが、健康・美容のあらゆることに悪影響です。それは、ストレスにより「活性酸素」が発生されるからです。
参照記事 → 活性酸素と抗酸化

歓送迎会など飲み会も多くなり、睡眠不足になることもあるでしょう。睡眠不足が肌に良くないのは、言うまでもありませんね。もちろん、女性ホルモンも乱しますし、コラーゲンの生成にも悪影響です。また、睡眠不足の状態では、メラニンが増え、紫外線の影響をうけやすい状態になります。睡眠不足でよいことは、ほどんどないと言ってよいでしょう・・・。


女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つが、どちらかが優勢になるべきタイミングが決まっていて、生理周期に応じて分泌されています。「女性ホルモンの乱れ」とは、この決まっているはずのタイミングが崩れ、バラバラ気味になることです。女性ホルモンが崩れたり乱れたりすると、肌の調子も悪くなります。

エストロゲンの作用は、きめこまかい美肌を作る、美しい髪の毛を作る、自律神経・感情のコントロールなどです。ですから、エストロゲン優勢になるべき時期に優勢にならず、乱れがちになると・・・これらの作用がなかなか発揮されません。生理前以外でも、皮脂分泌が過剰になってニキビが出やすくなったりします。
参照記事 → 女性ホルモン

女性ホルモンによる皮脂分泌の件も、1つ上の「皮脂分泌が多くなる」の項で書いたとおり、いくら皮脂分泌が多めになったとしても、肌バリアさえ整っていれば、皮脂が毛穴にこびりついて溜まることがありません。






●風に舞う埃、チリ、花粉
春特有の強い風には、ホコリやチリ、花粉が多く含まれて居ます。暖かくなると、先ほど書いたとおり、皮脂の分泌が多くなってくるので、風にのったそれらの「刺激物質」が肌に吸着しやすくなります。乾燥して肌バリアが弱っていると、このような「刺激物質」の侵入にも弱くなってしまい、かゆみを起こすこともあります。外敵侵入に弱いということは、ちょっとした刺激にも敏感になっている状態なのです。





このように、春に肌が荒れてしまうのは、冬にうっかり乾燥していたことの“ツケ”だったり、または春になってからの「角質培養の敵」の進出に“油断”していたのでしょう。

春・夏・秋冬・・・1年中、肌への敵が潜んでおり、「乾燥」の仕方・原因は違いますが、どれも「乾燥」であることには違いないのです。乾燥しないためにどうすればいいかの基本は、日々の角質培養です。
これまで、季節別の注意点を書いてきましたが、これらをふまえてケアするのはもちろん、基本は日々の角質培養にあります。ケアに見落とし・間違い・勘違いがないかおさらいしたい方は、「乾燥さえしなければ、肌はキレイになる」を読んでみてください。


根本的な肌バリアの基礎が整っていれば、季節による肌トラブルを恐れることはありません。それは、「大きな肌トラブルを引き起こさない」からです。
角栓ができたとしても、針の先っぽで引っかいたような、ミクロの糸のような細い角栓しか出来なくなりますし、何日もへばりつくことなく、数日でスルッと取れるようになります。

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

12:30  |  3.角質培養  |  TB(0)  |  CM(53)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

頑張ります

勉強になりました(o^-^o)
やはり肌バリアを整えるですね。
シアバターのこともありがとうございました。精製ならオレイン酸過多にならないということで安心しました。
これからも角質培養続けます。
ヴェレダのは残念ですが、そうですよね、新しいのがきっと出ますよね?楽しみに待ちたいと思います。ヴェレダの日焼け止めは、アイリスデイクリームより白めでコントロールカラー的な働きがありますよね?
肌がキレイになりますが、やはりその分肌に負担になっているのでしょうか(>_<)
でも毎日公園に行くとなるとそろそろ日焼け止め使用かな…と思うところですが、見極めてなるべくアイリスデイクリームにしたいと思います。

あ、昨日今日あたり、若干頭がかゆい感じです(>_<)まだ石鹸シャンプーにして1ヶ月経っていないのでまだまだこれからですよね?ノンノンさんは石鹸シャンプーにしてトラブルが出なくなった時期はどのくらい過ぎてからですか?
痒いのは頭皮も乾燥してるのでしょうか?洗い流し足りないとかでしょうか?
ひろ | 2009年04月03日(金) 17:30 | URL | コメント編集

お久しぶりです!

私も先月から蚊に刺されたような赤いポチポチに悩まされていたんですが、シアバターで保湿&ラップパックの成果なのかだいぶ治まってきたようです。
おそらく花粉や黄砂の影響もあったのかも(^^ゞ

UVクリームもノンノンさんのレシピで早速作らせて頂いたんですが、お陰様ですっごく調子いいです!!!

悩みである頬の赤みも自然にカバー出来るし、バター入りだから乾燥しない!ローズマリーの香りも癖になりそうです^^

パウダーは相変わらずロゴナ+セリサイトなんですが、リタッチ用にセリサイト+買ったものの、いまだ開封してないコーンスターチで作ってみようかと思案中です♪

パフもノンノンさんを見習って毎日換えてます(笑)

いよいよ苦手な夏がやってくるんで、今のうちにせっせとラップパックに励まないと^^

またお邪魔させて貰いますね~(*^ー^)ノ
りん | 2009年04月03日(金) 18:01 | URL | コメント編集

こんにちは。

昨日まさに友達の家で徹夜してしまったところでした^^;
朝、乾燥するな~と思ったら、額と鼻の皮が剥けてしまってて・・・長時間の暖房も恐らく原因の一つですが、睡眠不足の恐ろしさを実感しました。
しばらくはラップパックが欠かせなさそうです。

睡眠の他にも、この季節気を付けるべきことが分かりやすくまとまっていてとても勉強になります。
ニキビこそできないものの、引き続き注意深くケアしていこうと気分が引き締まりました。
タイムリーな記事、ありがとうございます!

これから一週間ぐらいのうちに(春休みのうちに!)、軟水器・デオドラントスプレー・洗い流すトリートメント・リップグロスを手作りする予定です♪
フラックスオイルも明日届きます。どきどき。
日焼け止めクリームも手作り済みですし、かなりノンノンさん色に染まってきてますよ(^ー^*)
なのはな | 2009年04月03日(金) 20:17 | URL | コメント編集

はじめまして

ノンノンさん
はじめまして。いつもこちらのブログを拝見しています。
とても参考にさせていただいています。
角質培養のことは本当に納得しています。
悩みがあるのですが、、。
肌が薄いので、クレンジングを使うとすぐひりひりするんですが、
肌に優しいといわれているマルティナ製品(ドイツのオーガニック/レシチン乳化です。ご存知かもしれませんが)を使っています。
ただ、それもなんだか最近ひりひりする様になってしまいます。
以前こちらのブログでも拝見しましたが、オイルのみのクレンジング
(そのあとは石けん洗顔?)の方がやっぱり肌やさしいと思いますか?その場合はホホバオイルはどう思われますか?
マルティナ製品のレシチン乳化でもやはり肌には負担があると思いますか?質問ばかりですいません。
まさみ | 2009年04月04日(土) 00:57 | URL | コメント編集

>りんさん

おひさしぶりです~。
5月は東京ドームに行かれるのでしょうか?(笑)
手作りの日焼け止めクリーム、気に入っていただけてよかったです!!
まず、酸化チタンを入れないクリームじたいが好評なので、嬉しい限りです♪
パウダーは、コーンスターチ&セリサイト(&マイカ少々)、これ、キレイに肌に乗りますよ。ぜひ試してみてください。コーンスターチは機能も優秀ですが、手触りのツルツル・サラサラ感がすごくよいです。
やってみてもし、「やっぱり“色”がほしいな・・・」と思ったら、混ぜてしまったそれは、そのまままるごとロゴナに足しても使えますしね。
いろいろ検討してみてください(^∇^)
ノンノン | 2009年04月04日(土) 08:17 | URL | コメント編集

>ひろさん

ヴェレダの日焼け止め、コントロールカラー的な役割は、酸化チタンによる「白さ」ですね。アイリスデイクリームなど通常のクリームだと、のばせば透明になりますが、酸化チタンが入っているクリームは白い色が残ります。それが「酸化チタンは白浮きする」という意味です。
でも、ヴェレダのそれはさすがにちょうど良い加減でしたよね。昔(今も売っているかも?)、その酸化チタンの白浮きを逆に利用して、「塗るだけで色白になる」というクリームもありましたよ(笑)。
肌に負担があるかどうかは、そのまま「酸化チタンは肌に負担があるか」という質問の置き換わります。それは、「日焼け止め」の記事で書いたとおりで、酸化チタンは肌にまったく負担をかけないものではないですね。でも、紫外線に当たるような場所では、紫外線に当たるほうのダメージが大きいので、酸化チタンに頼るしかありません。肌への負担を比較すれば、「紫外線にガンガン当たる>日焼け止め(酸化チタンが入っているもの)」。
日焼け止めが“必要悪”なのは、酸化チタンが“必要悪”ということです。

あと、ウォータープルーフなので、その分、ずっと使い続けるには肌に負担はかかります。水をはじく力が強いものを肌に乗せ続けていると、皮脂が水分と交じり合って皮脂膜を作る作業がスムーズに出来にくくなるからです。
でも、ヴェレダのウォータープルーフは、ケミカルのような合成ポリマーやシリコンによる水のはじき方ではなく、油分や、酸化チタンのコーティングが油脂、という工夫がされていての水のはじき方なので、ケミカルのものよりは肌にだんぜん優しいはず。
油脂は石鹸でも落とせますしね♪

日焼け止めはアイリスデイクリームに酸化チタンを少量まぜて、即席の日焼け止めにする(手作りのクリームがあればそれに入れてもよい)なら、ウォータープルーフ効果もなく、SPFもそこまで高くなく、肌に負担の少ない日焼け止めが出来ます。

私の場合は、外に出ている時間は毎朝の10分程度で、そのために肌に一日中日焼け止めを乗せておくのは今の時期は避けたいので、アイリスデイクリームにし、のりピー帽子orサンバリアの日傘にして防いでいます。
でも、仕事の予定上、それ以外にも外出などの予定があると分かっている場合は、朝から日焼け止めを塗っていきます。まだダラダラ汗の季節ではないので、手作りクリームに酸化チタンを入れてあらかじめ作っておいた「手作りの日焼け止め」を使っています。

紫外線は季節で強い・弱いがありますが、時間帯でも変化して、10~14時までの間が強くなる時間帯です。おそらく、公園に行かれる時間はこの時間帯が多いのでは?公園で過ごす時間が30分や1時間ぐらいなら、今の時期に一番いいのは「ウォータープルーフなし(激しく動いて汗をダラダラかくならウォータープルーフあり)で、SPFすくなめ」のが適しているかも。


頭皮のかゆみ・・・う~ん何が原因でしょうか?
石鹸シャンプーで一番悩みが多いのが、キシキシ・ギシギシ感で、その解消法としてオイルをクエン酸リンスに混ぜる方法が主流です。
ひろさんの場合、最初からあまりキシキシしなかったとのことでしたが、水が軟水ぎみだったそうなので納得です。軟水で石鹸シャンプーを使うと、洗顔の件と同じく、モコモコの泡・石鹸カスが出来にくい・キシキシしなくて済む、クエン酸リンスがいらない(硬度ゼロの場合)・・・というメリットがあります。
軟水ぎみでも「硬度ゼロ」というわけではないのでクエン酸リンスは必要ですが。

ちなみに、石鹸シャンプーとクエン酸リンスは、何を使っているんでしたっけ?

石鹸で洗うときに、あまりゴシゴシやりすぎだと、頭皮が乾燥してかゆくなったりふけが出やすくなります。洗顔の件と同じく、いくら石鹸でもやりすぎると乾燥する、というのと同じことです。が、普通に洗っていれば、洗いすぎではないですよね。洗いすぎ(洗浄のしすぎ)はよくないのですが、すすぎはしっかりやったほうがいいです。
あとは、皮脂汚れが残っていてもかゆくなることがあります。

乾燥が原因の場合は、シャンプーの前にホホバオイルで頭皮のマッサージをするのが良いです。でも、ひろさんの場合、かゆみの原因が「乾燥」かどうかは、まだちょっと判断がつかない感じです。髪の毛はベタベタ感などはありますか?
ノンノン | 2009年04月04日(土) 08:24 | URL | コメント編集

>なのはなさん

こんにちは。
徹夜、ある意味若さの証拠かもしれませんね(^^;) 私はもう出来無そうです、つらくて(笑)。
そうですね、長時間暖房をつけたまま徹夜・・・ってなると、乾燥するでしょうね。
ホホバオイル、シアバター(シアバター入りのクリーム)、ラップパックを中心にケアしてみてください。
かなり手作りも進んできてますね~♪楽しんでいただけて、嬉しいです!ノンノン色・・・(笑)(*´▽`*)
グロスはいろんな色にしてみたくなるし、デオドラントスプレーも、いろんな香りのを作ってみたくなりますよ(^^)
ノンノン | 2009年04月04日(土) 08:28 | URL | コメント編集

>まさみさん

はじめまして、こんにちは。いつも読んでくださっているんですね、ありがとうございます!!

肌が薄いということは、肌バリアがじょうぶになっていなく、敏感な状態にあるようですね。角質培養は、始めてからどれぐらいたちますか?

クレンジングは一般的に、「メイクを落とすもの」なので洗浄力(合成界面活性剤)が強めにできています。ケミカルなクレンジングは強力すぎて、角質ごとごっそり取っていまうので、乾燥肌などになるのはもちろんですよね。
一方、ノンケミカルのクレンジングは、ケミカルとは違って洗浄力が穏やかに作られています。というのも、合成界面活性剤を使わないからですね。ただし、クレンジングじたいの乳化のために、なんらかの合成界面活性剤を1つぐらいは使っていたりもするでしょうが、ケミカルに比べて、配合量がダンゼン少なく、結果的に、洗浄力が穏やかになります。

ですが、合成界面活性剤を使わなければならないのは、メイクそのものが落としにくいからです。合成ポリマー配合のメイク用品は、汗・皮脂に強くて落ちにくいので、石鹸だけでも落ちないし、オイルで浮かせても完全に落ちない。合成界面活性剤を使わないと、落とせなくなってしまうのです。

しかし、メイク用品を合成ポリマーなしにそろえれば、「オイル」単品で浮かせるか、または石鹸洗顔ひとつで落とすことができます。クレンジングで何をつかうかは、どんなメイク用品を使っているかにかかっています。
まさみさんは、メイク用品はどんなものを使っていますか?合成ポリマーなしが基本でしょうか?
(ただし、眉毛ペンシルぐらいは合成ポリマー配合でも、オイルか石鹸洗顔で落とせます。)

マルティナのクレンジングは人気がありますよね。成分良好派で人気なので名前は知っていますが、私は使ったことはありません。使わない理由は、高いから(笑)と、結局は「オイル」単品で落としているのと変わらないからです。

マルティナのクレンジングの成分を見てみました。
水、オリーブ油*、レシチン*、ダマスクバラエキス*、エンドウデンプン*、シア脂*、香料*

このように、オリーブ油で落としているのと同じことです。水やエキスなどの水分も入っているので、油と水をまぜて乳液状orクリーム状にするために「レシチン」で乳化されています。
乳化するために合成界面活性剤が使われることが多い中、ノンケミカルなものだと、このように天然の界面活性剤であるレシチンを使うので、安心ですね。

成分良好なクレンジングですが、でも私は、わざわざ高いお金を出してオイルが乳化されて乳液状になったものを使わなくても、オイル単品で落としても「メイクを落とす」という行為は同じかな、と思います。

マルティナのこのクレンジングは成分良好ですが、それでも、オイル単品で落とすことと比較すれば、いくらかは肌の負担はあるかもしれません。
というのは、オイル単品だとオイルしかないので、悪いところの文句の付けようがないのですが、こっちはあれこれ入っているので、文句をつけるとすると・・・
レシチンも穏やかとはいえ界面活性作用があるわけだし、その後で石鹸洗顔をしたら、ある意味、界面活性作用のあるものを2度に分けて使うことになりますよね。
また、ローズ(ダマスクバラエキス)も、肌に悪いものではないのですが、殺菌作用があるので毎日使い続ける必要はありません(殺菌は、やりすぎても良くないです)。でも、ローズの殺菌作用は弱そうですし、化粧水として毎日使う人がいっきに乾燥肌になるわけでもないので、そこまで心配しなくてもいいのですが。
このように、オイル単品とこの商品を比較した場合、“何か悪い部分があるか”のいちゃもんを付ける(笑)としたら、そういうところが挙げられます。


私の場合は、ホホバオイルで浮かせて石鹸洗顔、または、石鹸洗顔のみでも落とせるメイクにしています。記事「スキンケアの手順」を参考にしてみてください。
肌に負担にならないオイルならどんなオイルでもいいのですが、私はホホバオイルの優秀さにほれ込んでいるので、クレンジングもホホバオイルを好んでいます。
オイルで浮かせてからティッシュを貼り付けて、余分な油分をティッシュに吸わせるようにし(※けっしてこすったり拭き取ったりしない)、それから石鹸洗顔です。

軟水で石鹸洗顔するのも、肌バリアのすこやかな形成を促してくれますよ☆
ノンノン | 2009年04月04日(土) 09:21 | URL | コメント編集

ノンノンさん、丁寧に教えていただきありがとうございます!!
こちらのホームページでロゴナの記事を見て(前から知ってはいたのですが)、メイク用品一式すべてロゴナを使う事にしました。(ファンデはプレストタイプです)
マルティナは基本的にクレンジング乳液1つのみでメイクを落とすと書いてありますが、なかなか落ちません。その場合はクレンジング乳液のみでダブル洗顔をする、との事でしたがそうすると
ひりひりしてしまいます。やっぱり石けんの方がいいかもしれませんね。
私のメイクは石けん一つで落とせるとは思うのですが、乾燥が気になる場合はあえてホホバオイルを石けん洗顔の前に組み込んだ方がいいのでしょうか?
角質培養は初めて半年くらいたちますが、トラブルは激減したものの乾燥肌はなかなかなおりません。(年のせい!?)
かさかさ、というよりはるっぱる感じです。油分より水分が足りていないのかな?ほかの人からの見た目にはわからないのですが。
セリサイトとコーンスターチのパウダーにも挑戦したいのですが、乾燥はどうでしょうか?もう少し角質培養をしてからの挑戦した方がいいですよね?
こちらのブログは偶然見つけたのですが、更新されるのいつもとても楽しみにしています!!
まさみ | 2009年04月04日(土) 14:20 | URL | コメント編集

>まさみさん

メイク用品はすべてロゴナなんですね!それなら、完全に合成ポリマーなしなので、石鹸のみでも落とせますね!!
ただ、目元や眉毛などは、ちょっと念入りにやった日だと、石鹸だけで基本は落とせるのですが、「顔に泡を載せているのが20秒程度」という、サッと洗う行為の中、ついつい目元のアイラインがぼんやり残っていたり・・・ということも、私はあったりします。
なので、目元などポイントメイクはオイルで浮かせて置いたほうが、落とし残しがないと思います。

マルティナですが、ロゴナでも落ちないんですね・・・?う~~ん、なぜでしょうね・・・。マルティナ、使ってみたことがないので分かりませんが、成分一覧をみて、オリーブ油が入っているので落ちるはずなんですよねぇ。水が一番先に書かれているので(配合量の多い順番にかかれます)、油分が足りないのかどうなのか・・・。
となるとやはり、オイル単品を使って確実にメイクを浮かせたほうがよさそうですね。

マルティナのクレンジングは、「クレンジング」なので、主役はオリーブ油であり、他の成分は、いわば“オプション”です。そして、そのオプションを入れたがために、乳化しなければならず、レシチンを入れることになります。しかも高い・・・(^^;) ローズ水じたいも安いものではないですしね。

また、マルティナの推奨する使い方は、このクレンジングだけで「洗顔」の工程は終わり、ということでしょうか?その後、石鹸かマルティナ商品の洗顔料のようなものを使う工程はないのですね?
う~ん。私の考えでは、「洗顔」とは、弱アルカリ性の界面活性作用(もっとも良いのは、やはり「石鹸」です)によって皮脂などの汚れを洗い流さないと、意味がないように思います。

オイルで浮かせて石鹸洗顔、という流れがオススメです。ぜひ、検討してみてください。

乾燥が気になる場合のケアについてですが、洗顔後は、どのようなケアをされていますか?
角質培養で半年で、乾燥がなかなか改善されないとしたら、マルティナのダブル洗顔などで、洗顔しすぎの状態になっているかもしれません。つっぱるのも、おそらくそれが原因でしょう。

乾燥対策にホホバオイルは有効ですが、洗顔前よりも、洗顔後に取り込むほうが重要で、ホホバオイルの力が発揮されると思います。
もちろん、洗顔前に塗ってもよいのですが、それはメイクを浮かせる意味もかねてやるといいと思います。

洗顔後は、ホホバオイル、ラップパックが基本ですが、乾燥が気になるうちは、シアバターもオススメです。

セリサイトとコーンスターチのパウダーは、乾燥肌であっても下地にクリームを塗ってさえすれば問題ないですよ。コーンスターチは水分調整もしてくれますし。

乾燥肌だから出来ない、というよりも、乾燥肌であるからこそ、肌に負担のある成分はなるべくカットして、シンプルなものを付けるほうがよいです。それが、肌のためでもあります。
たとえば、ロゴナは合成ポリマーも入っていないし成分良好なのは確かですが、セリサイト&コーンスターチのみと比べて違うのは、酸化鉄(色をベージュ系にするため)や、酸化チタン(紫外線カットの成分。パウダー類ではカバー力のために入っている)、その他のエキスなどがあります。ケミカルな成分ではないにしても、これらを含まないもののほうが、より一層、すっぴんに近い状態でいられます。

マルティナが成分良好でも、あれこれ入っているということは、結局はオイル単品のシンプルさにはかないませんよね。主役はオイルであり、目的がオイルでメイクを浮かせることで、同じなのですから。それなら、シンプルなほうが肌にやさしいし、分かりやすいのです。

メイク用品も、それと似たようなところがあります。
パウダーの場合も、本当に何が必要か、という最低限必要なもののことを考えると、残るのがコーンスターチやセリサイトという、白いパウダーの部分です。
どの商品も本当はそこが基本となっていて、ただ、それだけでは商品らしくならない・高く売れないので、あれこれ香料やエキスを加えて、オリジナリティを出している・・・というわけです。

私がブログで手作りしているものは、既製品の成分をみて、最低限必要なもののみを使っています。肌を良くしたいと思うなら、なおさら、シンプルなものに限りますよ(^^)
ノンノン | 2009年04月04日(土) 18:20 | URL | コメント編集

ノンオンさんへ

ノンノンさん

マルティナですが洗顔料という商品はなく、マルティナのクレンジングミルクのみでの洗顔を推奨しているみたいです。
その後に石けん洗顔やフォームでの洗顔は余分な皮脂を取りすぎるとの事で一切不要との事です。
でもやっぱりミルク洗顔だけの後はかなりべたつくしくチークなどはどうしてもうっすらと残ってしまいます。
いえば成分のレシチンで洗浄しているという事でしょうか、、、?。
だからこちらで教えていただいた様にオイルでメイクをうかす+石けん洗顔にしてみようと思います。その方が安上がりですしね(笑)
ちなみに手作りパウダーですが、混ぜるときはどうのようにしていますか?私は結構ずぼらなので、適当に容器に入れてしゃかしゃか振るっていうのはやっぱりだめでしょうか?(汗)

こちらのブログは本当に勉強になります。
お願いです、いつか本出してください!!(結構本気で言ってます)
まさみ | 2009年04月04日(土) 19:53 | URL | コメント編集

初めまして。助けてください。不全角化のようで オオバオイルはじめようかと・・

初めまして。こちらのブログをもっと早くに知っていればと
後悔している 34歳のワンワンといいます

ブログや@コスメをずっと熟読しました 
ノンノンさんの情熱や知識の豊富さにとても感銘しました 
憧れています

いくつか アドバイスを頂けたらと思い 投稿させていただきました

実はお肌のことで 悩んでいます
ブログで知ったのですが 不全角化=毛穴の目立つ状態になっています 

半年前位から ケミ断ちを知り 素敵な素肌をめざし頑張って
来ましたが 一向に改善されず 逆に悪化傾向になってきている状態です 

自分なり調べて ケミカルから変えました
洗顔を固形石鹸に変え(太陽油脂) 化粧水を成分重視に変え(さくら湯・地の塩社) メイク下地をロゴナのディクリームとパックスのUVクリームのミックスにし、その上にプレストパウダーをしています
ここ1週間にファンデを上記パウダーからアシーノ(CAC)にノンオイルとあったので変えました これも良くないのかと?

仕事(室内)がら化粧は はずせませんが 素肌に自信が無いので 化粧しても見栄えが無いと思い 身だしなみ程度の薄化粧です
眉書いて 口紅(ロゴナ)して終わりです (アイメイクの仕方も分かりません)笑

ですが 毛穴が目立ち恥ずかしいのです 
もともと 思春期のニキビをつぶした跡が残っており(学生のあだなはクレーターでした 笑) 気になるかな?と思う程度でしたが、ケミカル物でカバーできました が ケミ断ちしてからは 日に日に目立ちはじめ 最近では人に見られるのが恥ずかしくなっています

ニキビは卒業したようで大人になってからは出ませんが 化粧崩れが激しく いつも てかっています 白く粉吹いたりはしないので 乾燥肌では無いだろうと思っていましたが それが 間違いだったのですね インナードライなのだと こちらで知りました 

オオバオイルを試してみようかと 思いますが
他にも 見直しが必要なものを 教えて頂けないでしょうか?
この際メイク用品も変えてみたいのですが・・・

メイク関係の使用品は 上記以外には
メイク落としに アンナ トゥモールです(ここ1週間からで その前は日本薬局方のオリブ油) たまに 馬湯7です
洗顔はW洗顔で 後は化粧水のみが基本です 2月に1回くらい ガストールパックをしています 
ヘアケアはパックスのみで 食生活は規則正しい方で 祖母が作る 玄米を好んでいます 

運動が週4日くらい ランニング30分で汗ビッシリです 大量の汗ですが お肌の予防は何もしていません これも良くないのですね

長々と記入してしまい 申し訳ありませんが どうぞ よろしくお願いします











ワンワン | 2009年04月04日(土) 23:13 | URL | コメント編集

こんばんは~☆

改めて「角質培養」の基本の基♪が大切だなぁと思わせてくれる記事でした。有難うございます。いつもタイムリーでためになります!

所で、@でどなたか40代後半の方のクチコミに、『年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなるのを実感しているので、ある程度のゴマージュは必要』みたいなのを見掛けましたが、ノンノンさんはこれについてどうお考えですか?
極論を言えば、正しいお手入れで「老化」に耐えられる肌☆を維持できるのでしょうけれど、何しろ未だ未知の世界だし(ノンノンさんもしかりでしょうけれど)、そのゴマージュが果たして肌にどう作用するのか知りたいんですよね。

時間のあるときにでもお返事下されば幸いです。

≪P.S≫「のりピー帽子」、愛用されているようですね。そうですね、あれはデザインが可愛いので敢えてデコらない方がむしろ良いかもですね。
『通勤電車の中で被っている』とは、さすが美容への対策に余念がありませんね、素晴らしいです!洗い替えも必要になってくるかもしれませんね。
「サンバリア」が配送されてきたときの三角柱の段ボール、すごくなかったですか?!うちは私があれを利用して「ジョイマン」の真似をして遊び、子供達も「かかしごっこ(?)」にたいな事をして盛り上がってました。
最後は自分が火付け役だったくせに、「危ないからやめぃ!!」で終了~でした。
雑談すみません、ではまた☆
2332 | 2009年04月05日(日) 00:29 | URL | コメント編集

な、なるほど☆

このコントロールカラー的な白さが、酸化チタンの白さなんですね☆
とても勉強になります。
いつもほんとに丁寧にありがとうございます。
そうですよね、今ならまだ酸化チタンを混ぜる即席の日焼け止めの方が良さそうですね(o^-^o)多分5月にはダラダラ汗をかくようになるので、せめて4月のうちは…ですよね。
公園は9時~10時過ぎが一番多いパターンなので、微妙です。でもその後もやはり買い物~とかで外に出たりしちゃい、そろそろ天気が良い日も多くなってるので、即席日焼け止めにしたいです(o^-^o)

シャンプーとリンスは、パックスナチュロンです。
で、ノンノンさんの言う通り、シャンプーしていて、ふと、あ、洗いすぎかも?と思いました。そうですよね、頭皮も肌と同じですよね。ちょっとゴシゴシし過ぎたかな?と思ったので、しばらくは優しく洗って様子をみたいです。
ちなみに髪の毛はベトつかず、サラサラトゥルンとしてます♪昨日、旦那に『肌、キレイになってるよ、でもニキビ跡が気になる』と言われました。
毛穴たちの角栓ニョキニョキも前みたいな長~いのは減ってきましたが、まだもう一息という感じでありますが、自分でも肌がキレイになりつつある感じを実感するようになってきて嬉しく思います。(でもまだまだですが(^_^;))
ニキビ跡は赤みのあるやつですが、これも角質培養していたら、いずれキレイになるのでしょうか…。でもシミみたいに時間がかかるものですよね?気長に頑張ります(o^-^o)
ひろ | 2009年04月05日(日) 09:53 | URL | コメント編集

いろんなところに神出鬼没

ですいません。いそ崎です。

前回の石けんシャンプーの件、了解です。
思えば石けんシャンプーに変えた今でも髪の毛は元気ですし、毛先はさすがにかさかさですが、これからノンノンさんのレシピで洗い流すトリートメントを使います!
あと、行きつけの美容院に石けんを持参しようか・・・なんて考えています。んで、切って貰うだけでセットとかしないように・・・(ケミのスタイリング剤とかで)。
多分美容師さんはアミノ酸系をいろんな意味で押してくれるんでしょうが、石けんマニアとしては今合っているものを使いたいですしね。

あと、いつだかに角質培養を始めた今でもただれるようになった、というのを相談しましたが、それとなく考えてみたところ、
わたし、「金属アレルギー」なんです。
賦活作用ももちろんあったでしょうし、
そしてもしかしたらこれが一番の原因だったんでは、と。
まだ皮膚科でどれほどのアレルギー度なのか調べていないのでわかりませんが、
まだアレルギーを甘く見ていたとき、イヤーフックを付けたら、6時間でぶわっとただれたんです。
その時と同じような感じで肌がただれたので、もしかしたら・・・と。
そう考えたら、金属アレルギーの人は金属系を使ったものは使えなくなるような気がしたんです。
またいつものごとく質問になっちゃうんですが、なにかご存じでしたら教えてください~~。
(@コスメにてコミュニティに入ったら、そこではコバルトやニッケルが微量残っていたらそれが汗で溶けて色素沈着につながると聞きました)
いそ崎まりお | 2009年04月05日(日) 15:25 | URL | コメント編集

>まさみさん

マルティナ、洗顔料がないのですか・・・う~ん、それでは、まさみさんの推測どおり、皮脂汚れなどを洗浄する役割を果たす成分は、界面活性作用をもつ「レシチン」しかありませんよね・・・。レシチンは、「乳化」目的に使われることが多く、しかも天然の乳化剤(界面活性剤)であり、とても弱い作用です。洗浄目的としては弱く、これだけでは汚れが落ちないだろうと思います。

手作りパウダーですが、私も結構ずぼらにやっています(^^;;)
酸化鉄(色を付けるもの)や、酸化チタン(紫外線をカットする・カバー力を出す)が入っていれば、乳鉢でゴリゴリしてつぶし、他のパウダー類となじませたほうがよいのですが、
セリサイト、コーンスターチ、(さらに少量のマイカを足してもよし)だけならば、箱に入れてシェイカーのように振って混ぜる・・・みたいな混ぜ方でも問題ないですよ(^^)
もともと化粧用としての材料なので、それなりに粒子も細かくやわらかいものですので。
(コーンスターチは料理用のものもありますが、化粧用と区別されているのは、そういった粒子や肌へのなじみやすさの違いです。)

本、出したいですね~・・・!!(私も、本気!(^0^*))
出せるようにがんばっていきます。応援、本当に嬉しいです(涙)。ありがとうございます!!
ノンノン | 2009年04月05日(日) 21:52 | URL | コメント編集

賛同☆

上の方の、『本を出して』とのご要望、私も考えていた所ですi-185
ノンノンさんも『本気』との事ですので、是非行っちゃって下さ~いi-199i-179
私にとって、このブログは「バイブル」的ですからねぇ。うふ♪
そしてその本のリンクをこのブログに貼ってねi-175

それでは今日も「IN * OUT」2段式で応援~e-241
(※OUTについてですが、どこまでクリックしたら有効でしょうか?昨日は1位i-189をクリック後、このブログに戻ってくるまで、念を押しましたが)

ではまたv-415
2332 | 2009年04月06日(月) 00:34 | URL | コメント編集

【追記】

写真じゃなくて、ブログタイトルをクリックしたらすぐ戻ってこれるみたいですね
2332 | 2009年04月06日(月) 00:38 | URL | コメント編集

>ワンワンさん

こんにちは、はじめまして。

熟読していただき、ありがとうございます!正しいケアさえすれば、必ず良い結果もともなってきます!がんばりましょう。

ケミカルからノンケミカルに変えると、基本的には、大部分の「肌に悪い成分」をカットすることになるので、肌には良い影響が生まれてくるはずです。
しかし、なかなか成果が出ない場合の理由は、おもに次のことが考えられます。

・いくら肌に付ける成分がよくなったとしても、ケア方法で間違いがあれば「肌バリア」が壊されてしまい、良い状態にならない。
・「ノンケミカル」であっても、「細胞賦活作用」をもつ成分もあり、そのものによって・使い方によっては、角質培養の成果をジャマしてしまっている。
・今までケミカル商品により肌バリアが壊れ乾燥していたが、合成ポリマーでコーティングし、ごまかしてきたため、粗が“隠れていた”部分があった。しかし、ノンケミカルにし、合成ポリマーが剥がれ落ちてしまうと、粗が表に目に見えて出てきて、肌本来の状態がむき出しになった。よって、ノンケミカルにしたことで肌が悪化したように見えている。


化粧水ですが、私の考えでは、化粧水はさほど重要なアイテムではありません。
記事「コットンパックをやめた理由」、「化粧水なし、ホホバオイルのみ」を読んでみてください。
化粧水を熱心にやりすぎると、逆に肌バリアが壊れて乾燥してしまいます。肌に水分を保持させるには、化粧水など外側から水分を入れ込むことではなく、「内側からつねに蒸発している水分を、なるべく押さえること」です。
そして、「肌バリア(角質層+皮脂膜)」を整えること。←これさえ出来ていれば、自然に角質層に水分はたっぷり保持されるし、皮脂膜は蒸発を抑えつつ水分と交じり合い、皮脂膜を形成し続けてくれます。
この肌バリアさえ整えば、なにもかも上手くいくようになってきます。しみも消えだし、また、バリアが強くなるので今後のしみが出来にくくもなります。毛穴・角栓・黒ずみがなくなり、化粧崩れもなくなります。透明感が出ます。

まずは、化粧水への洗脳をいったん捨ててみてください化粧水で乾燥を治すことはできなく、使い方によっては「乾燥をさらに助長させる」というリスクを負ってしまいます。
化粧水よりも、ホホバオイルによる「皮脂膜の形成の手助け」が重要です。「化粧水なし、ホホバオイルのみ」に書いたとおり、洗顔後、ホホバオイルのみ。
ただ、乾燥している場合では、ホホバオイルのあと、シアバターをプラスすると良いです。
「よくある質問Q&A」(カテゴリーにあります)の、スキンケア編の中に『ホホバオイルだけで乾燥する場合は~・・・』の質問・レスがあるので、こちらも参考にしてみてください。

さらに「さくら湯化粧水」は、温泉水は弱アルカリ性でしたね。

化粧水は必要なアイテムではない、と書きましたが、「唯一の化粧水の意義」は、「石鹸洗顔で弱アルカリ性に傾いた肌を、弱酸性に導く」というものです。ですから、世の中の化粧水はほとんどが弱酸性に作られています。私のブログでも化粧水の作り方は載せてありますが、クエン酸を入れることで弱酸性にしてあります。
ただし肌は、自分の力で弱酸性に戻る力を持っています。よって、化粧水はそこまで必要ではないのです。水をバシャバシャつけることで、先ほど書いたとおり「リスク」がありますしね。

それで、さくら湯化粧水の場合、弱アルカリ性だから・・・唯一の化粧水の意義さえもありません・・・。たしかに、弱アルカリ性はツルツルになる感じがあります。しかしそれは、「角質をとっている」ことによるツルツルなのです。作用は穏やかで安全でしょうし、温泉もよいものだとは尾も増すが、化粧水として常用するには、「角質を取る」という作用がある以上、やめたほうがいいかと思います。

また、温泉水オンリーでなく、結局、他のいろいろな保湿成分がたくさん入っていて、それによる保湿効果なんだということも、「全成分」を見ると分かります。これらの保湿成分は、いわば「一時的」な効果しかないのです。肌本来、角質層本来が、保水力を持てるようには働きかけていないからです。肌本来の力を高めるには・・・「角質を石鹸洗顔以外で必要以上に取るのはやめ、肌を水浸し状態にしない」という方法がベストです。

この化粧水は、もったいないですが使用はやめ、足の裏のゴワゴワ対策で消費しましょう(^^;)

日焼け止めに関しては、冒頭でかいた「落とし穴3点」の中の「細胞賦活作用」に当たります。記事「日焼け止め」をごらんください。パックスの日焼け止めの残念な点について書いてあります。


角質を必要以上に取るのをやめなければならない、今の状態であれば、ガスールはしばらく必要ないですね。
私もガスールはもっていますが、出番がなくてもてあましている状態です(^^;)
ガスールは角質は取らないのが良い点ですが、ガスールだけでは「皮脂」のリセットが出来ないので、石鹸洗顔の変わりにならないからです・・・。
やはり洗顔に一番いいのは石鹸です。

洗顔のダブル洗顔も、角質を必要以上にとってしまうのでやめたほうがよいです。
メイクはオイル単品(私は、ホホバオイル)で浮かし、ティッシュでおさえて油分を吸わせ、石鹸洗顔です。クレンジングの時点で洗い流して、さらに石鹸洗顔、または石鹸洗顔を2度やる、という、2段階の洗顔になると、どうしても角質のとりすぎになり、さらにガスールもとなると・・・明らかに角質のとりすぎになってしまいます。

いろいろなメイク用品・ケア用品の成分考慮も重要ですが、一番の基礎は、洗顔にあります。この時点で、洗顔しすぎてしまうと、角質をいっきに奪ってしまうので、元も子もなくなってしまうのです。

まずはこのような「角質をとりすぎる」行為をやめると、それだけでも毛穴の目立ちが解消されていきますよ。

ランニングで汗びっしょにになるならば、ランニング前にクリーム(おすすめは、アイリスデイクリームなど)を塗っておくと、皮脂膜が汗で流されたり、角質層が汗でふやけてもろくなるのを、防いでくれます。
ランニングが日中であれば、紫外線も気になりますので、アイリスデイクリームでなく、ヴェレダの日焼け止めでもいいかもしれません。これはシリコン・合成ポリマーではないウォータープルーフ効果があるので、アイリスデイクリームよりも、皮脂膜が流されるのをふせいでくれます。
ノンノン | 2009年04月06日(月) 07:14 | URL | コメント編集

>2332さん

こんにちは。
「ターンオーバーが遅くなる」ということは、私は無いと思っています。
これはずばり、記事「冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは?」に書いてありますので、読んでみてください。

ターンオーバーが早くなる、ということはあります。それはこれまで何度も書いてきた「角質の取りすぎ」によって、大慌てでターンオーバーすることでしたね。そのため、未熟な角質層しかできず、乾燥肌になってしまいます。

よく、肌表面がガサガサ・ゴワゴワしていると、「角質がゴワゴワくっついている」ということでターンオーバーが遅いのだと思われてしまいますが、実はそういうわけではないのです。
ターンオーバーまでは正常ですが、最後の角質が剥がれ落ちる段階で、しぶとくくっついている状態。それは、乾燥しているので肌を守ろうとしているのです。
これが、「冬」に多いパターンです。冬は、ガサガサしやすいですよね?

冬になぜ多いかと言えば、「春の角質培養」でも触れましたが、皮脂分泌量が冬は減ってしまうため、「皮脂の過剰分泌によって肌を守ろうとする」という方法が取れないからです。皮脂が思うように出ない冬は、せめて角質がしぶとくくっついて肌を守るしかなくなってしまうんですね。

でも、だからといって、これらをピーリングやゴマージュで削り取ってしまっては、元も子もありません。乾燥しているのだから角質がゴワゴワとしぶとくくっついているのですから、それを削り取った後に残るのは、乾燥肌が剥き出しになった状態だけです。
シアバター配合のクリームか、シアバター単品を、いつものホホバオイルケアの後にプラスしていれば、やがて乾燥もおさまり、ゴワゴワも自然に取れます。

これと同じことで、たまに「角質培養しているとゴワゴワ角質がたまっていき、それでも角質を取らないのが良いことだと思って我慢していたが・・・やっぱり時々は取ったほうがいいのでは?」などと悩む方もいますが、ゴワゴワしているということは乾燥しているのであり、角質培養がうまくいっていないことなのです。
角質培養は、角質を溜めることではなく、角質が自分の力で剥がれ落ちるのをジャマしないことです。なので私は、角質培養が別名「垢ため」といわれますが、その言い方はあまり好きではありません(笑)。「ためる」という表現が適していないと思うので・・・。

ノンノン | 2009年04月06日(月) 10:03 | URL | コメント編集

>ひろさん

そうなんですよ~、「白浮き」の件。これで、「手作りの日焼け止め」のところもさらに納得していただけると思います。
即席の日焼け止めでは、酸化チタンを入れすぎると真っ白になってしまうので、注意してくださいね。もちろん、白浮きという見栄えの問題だけでなく、酸化チタンが多すぎれば肌に負担がかかりますので。ではどれぐらいにすれば・・???と悩むところですが、激しく白浮きしない程度・自分で許せる程度だと思うぐらいの量が、SPF的にもふだん使いの日焼け止めとして適量(SPF10前後)になります。
毎度即席のを作るのがめんどうであれば、手作りの日焼け止めを作ってしまうのもいいと思います。
ウォータープルーフ無しの既製品でコレ!!というのが無いのが残念ですよね・・・(^^;)

あとは帽子・サングラスなど小物をプラスしたりするといいですね。つばの広めの紫外線カットの帽子は、顔が影になるので日傘をさしているのと似たような効果になりますし。

そうですね、ニキビ跡はある意味、しみのようなものでしょうかね。くぼんではいなく、赤みがあるだけなら、ターンオーバーを繰り返すことでじょじょに消えるのは間違いないです。
角栓は、減ってきたり長さも目立たなくなってきているようですね☆ コツコツ繰り返していくことで、さらに透明感も出るようになって、肌の印象もどんどん良くなっていくと思います(^^)
ノンノン | 2009年04月06日(月) 10:23 | URL | コメント編集

>いそ崎まりおさん

石鹸を美容院に持ち込むんですね、ドキドキしますね(^^;)(笑)
私も、ケミなものでケアされたり合成シャンプーされるのがいやで、カットだけしてくれる1000円カットに行ったこともあります・・・(苦笑)。一番いいのは、石鹸シャンプーしてくれる美容院に行くことなんですけどね。
私が以前紹介させていただいた、千葉の「hair gene」のほかにも、石鹸シャンプーしてくれるところ、意外と探せばあるようですよ。(軟水も使うところは、hair gene以外なさそうですが)
渋谷にも石鹸シャンプーのお店があるようです。でも、「石鹸シャンプー持ち込みオッケー」のお店もあるし、電話など問合せしてオッケーしてもらえたなら、それも良いですよね。

ヘアセットは、自分でホホバオイルなどを持っていき、美容院の帰りにトイレでつけてセットするとか・・・(^^;) 手作りのフェイスクリームですが、あれはヘアクリームとしても使えますよ。(というか、全身に使えますね。成分良好なので) ただ髪の分け目・てっぺんのツンツンを押さえる・・・など向きですが。おろしている部分にはつけすぎるとベタベタしやすいので、そっちはホホバオイル単品がよいです。


金属アレルギーですか・・・う~ん、それは盲点でしたね。金属由来の成分となると、あれこれありますよね。刺激がごくわずかかもしれませんが・・・。そうなると、酸化チタン、酸化鉄も、もし合わないようならば、日焼け止めが使えないし、色つきのメイク用品も使えませんよね?
私にはまだ知識がないので、詳しいことはお答えできず・・・ほんとうに申し訳ありません!!

いそ崎まりおさんはいつも、深いところまで追求されてすばらしいです!その探究心、共感しますし、励みになります。
金属アレルギーにとっても安全な成分がどれか、早く知りたいですね。そして、安心してスキンケア・メイクに取り組めるようになりたいですね。
ノンノン | 2009年04月06日(月) 10:46 | URL | コメント編集

>2332さん

本、作りたいですね~。売れるぐらいの力が付くまで、これからもバンバン頑張ります!いつも応援ありがとうございます。サイン会やっちゃおうか!?、とか妄想しました(爆)。(すいません・・・ちょっと妄想してみただけです・・・)

クリックも、本当にありがたいです。IN&OUT、どちらもやっていただけるなんて(涙)。

そうそう、別の記事でくれたコメントのレスですが、
ノリピー帽子、電車の中ではちょうどいいですね♪ 電車の中でも日差しがまぶしいことがあるので、でも電車内では日傘がさせないので(笑)大助かりです。サンバリアの帽子でもいいのですが、360度つばが広いものよりも、電車内ではノリピー帽子がちょうどよい♪
洗い替えも検討しなくては・・・って感じですかね(^^)
サンバリアの日傘の筒・・・たしかに、びっくりでした(爆)。お子さんたちにはよい玩具になりましたね(^m^) 2332さんちの雰囲気が伝わってきて、ほほえましかったです♪
ノンノン | 2009年04月06日(月) 11:06 | URL | コメント編集

既製品

ノンケミカル物も意外と、ウォータープルーフ無しや全成分良好と言うのは少ない(無い?)もんなんですね~(-_-;)
だから気付いた人は、手作りにいくんでしょうか?
やはり、他の方のコメントにもありましたが、ノンノンさんブランドが出たら良いですね~(o^-^o)あ、私も本が出たら良いなと本気で思っている一人です(●´艸`)ヾ応援してます☆

赤みのニキビ跡はターンオーバーを重ねるごとで消えていくんですね♪良かったです。でも凹んだ跡も少しあります(-_-;)これは無理でしょうか?凹みから角栓が出てきてるんです。少しは小さくなるかも?でしょうか?

頭皮の痒みのことですが、オーブリーのGPBが合わないという人はいたりしますか?でも成分良好なんですよね…?
GPBを続けて使ったら痒くなったような気がして、やめてみたら痒くないんですΣ(・ω・`|||)あのサラサラぐあいとGPBの香りが何気にすごく好きなので、もし合わないとなるとショックで(>_<)毎日使ったのがダメだったのでしょうか?
ひろ | 2009年04月07日(火) 12:09 | URL | コメント編集

>ひろさん

ノンケミカルの日焼け止め、確かにブログのとおり、探せばあるのですが、さらに「細胞賦活作用も無いもの」となると、これがなかなか無い・・・・・(>д<)  いろんなエキスや成分が、「余計なもの」なんですよね・・・。そうやって、あれもこれもいらない、とカットしていくと、残る必要なものをみれば、手作りできてしまうシンプルさ。そういうわけで、手作りに行き着いてしまいます。

ヴェレダの日焼け止めはウォータープルーフありで、せっかくSPF20と15の二種類があるのだから、SPF15のほうは、ウォータープルーフなしにしてほしかったです・・・(笑)。
まぁそれでも、ヴェレダのウォータープルーフのしくみは、合成ポリマーやシリコンによる水のはじき方ではなく油脂ではじくものなので、石鹸でも落とせるし、毎日使うんでなければ肌に負担がかかりにくいと思っています。
廃盤になってしまったので、新しいものが出るのを期待していますが・・・今のうちに、ウォータープルーフなしのものをリクエストしておこうかな?(笑)

ニキビ跡の凹みについては、まだ私のほうでも勉強・調査不足ですが、そこから角栓・・・なるほど、ということは、理論的には、解消する!と思います。もう少し詳細を調べてからまたお返事させてください。すみません。

GPB、今のところ、これが原因でかゆみが出た、という話はありません。ですがもしこれが原因だとしたら・・・考えられるのは、GPBの中にサポニンを含むものがありますよね。スギナエキスなどです。「手作りのヘアトリートメント(洗い流すタイプ)」のところで書いたとおりです。このサポニンは乳化のためなのですが、細胞賦活作用もあります。
細胞賦活作用のあるものは、髪の毛に使う分には問題ないのですが、地肌にもたくさんついてしまうと、人によっては地肌の角質が多く取れてしまって、乾燥するのかもしれません・・・。
地肌にはあまりすりこまないように、髪の毛だけにつけるようにしてみてはどうでしょう?難しいですが・・・。
トリートメントは、髪全体にまんべんなく伸ばすのがよいのはもちろんですが、トリートメントの目的を考えると・・・
・髪の毛が傷んでスカスカしているところにたんぱく質を入れること。
・たんぱく質は、カットしてある毛先から少しずつ逃げていくので、毛先を中心にコーティングすること。
・・・なので、傷んでいるところ&毛先にさえつけられればオッケーということです。
地肌に近い部分の髪の毛は、新しい健康な髪が生えてきているので、あまり重点的にトリートメントをつけなくてもよいですよね。
このやり方でやってみてください。もしそれでもうまく行かなかったら・・・ショックですが・・・(>д<)  うまくいきますように!
ノンノン | 2009年04月08日(水) 05:57 | URL | コメント編集

再度…

一通り何度か読んでましたが、まだまだ身に付いていなかったので、手作りヘアトリートメント、シルクパウダー、細胞賦活作用の記事をまた読み直しました。
ほんとに盲点というか、かなり重要なんですね…細胞賦活作用って。奥深いですねこの作用を持つもの。
GPBは毛先だけでやってみます(^-^)

ニキビの凹みについてもありがとうございます。角質培養でどこまで良くなるか楽しみです。自分で傷つけて(つぶして)しまった結果ですが、もう化粧品には頼らず、本来の力で蘇らせていきたいです。
明後日で、角質培養始めて丸2ヶ月になります。私が始めて、友達も始めましたが、友達は生理前ニキビが出来なくなったと言ってました(^-^)私も昔みたいな赤く跡になるニキビが出来なくなりました。角質培養始めて1ヶ月半くらいは見栄えの悪さに気落ちしてましたが、最近は良くなる兆しを感じるようになり、かなり前向きです♪
ほんとに出会えて良かったです☆
ひろ | 2009年04月08日(水) 17:16 | URL | コメント編集

>ひろさん

細胞賦活作用を持つもの・・・あなどれないですよね。
これが、「ノンケミカル」なメーカーでも使われえているのだから、安心できないんですよね・・・(^^;)

角質培養の成果を感じていただけて、良かったです!!ニキビの出具合にも変化が出ているんですね。お友達の成果も、まさに「肌バリアが整ってきて、皮脂がこびりつきにくくなって、ニキビにつながらない」という状況でしょう☆ 
これから肌がどうなるか分からない状況よりも、良くなる兆しを感じるほうが、ケアの手ごたえもありますよね。これからもコツコツがんばって、もっと成果を出していきましょう!まだまだ成果は出てくるはずですよ。
ノンノン | 2009年04月09日(木) 12:41 | URL | コメント編集

ご相談です・・・

他の方からもたくさんコメントが来ていて
忙しいと思いますので、お時間があるときに返事を
いただけたら幸いです^^

あの、日焼け止めの件なんですが、
たまたま目に留まったのがあるんです。
「ジョンマスターオーガニック」のなんですが、
口コミをみると良さそうなんですが、
成分を見ると、アロエベラ液汁があり、
これは細胞賦活作用のアロエと考えていいですよね?
と思い、手作りリップクリームの記事の方も見てみましたが、
リノール酸がどのくらいかは見てみましたが、載ってなく
自分でも調べてみましたが、よく分かりませんでした@
難しいですね(^_^;)
アロエのリノール酸はどのくらいだと思われますか?

日焼け止めの成分は下記になります。

水、酸化チタン、酸化亜鉛、アロエベラ液汁、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアリン酸グリセリル、グリセリン、セタノール、ホホバ油、シア脂、パンテノール、酢酸トコフェロール、アラントイン、PCA-Na、チャエキス、ケイ酸(Al/Mg)、ヒアルロン酸Na、トウキンセンカエキス、オクトキシグリセリン、ベヘニルアルコール

これの使用はどう思われますか?
やはり毎日1~2時間の外出、ひどければ6時間ぐらい
外に子供といるなぁ・・・と思うとこれからの季節
日焼け止めが気になります(^_^;)
でもSPF30なので、ナノ粒子の酸化チタンなんですよね@
しかし、ほんと子育てしてると日焼けしちゃうんです。
もとは夏に日焼けしても、色白なので冬には元通り
真っ白になってたのですが、この冬は今までの真っ白まで
戻っていなくて・・・。やっぱり沢山日を浴びてるんですよね。
お時間あるときに、この日焼け止めのご意見聞かせてください^^

今日で角質培養2ヶ月経ちました^^
私的には、ずうずうしいくもっと角栓はなくなると
思っていたので、まだまだ出続けていてる状態に
むず痒い感じですが、でも明らかに、テカらなくなり、
ひどいニキビも出来なくなりました。
しかし旦那には最近私の角栓が気になるみたいで
「顔を洗えば?化粧しなよ」と言われる始末(^_^;)
でも!!これからも角質培養して成果を出します!!
ひろ | 2009年04月10日(金) 23:21 | URL | コメント編集

>ひろさん

ジョンマスターオーガニック、初めて聞きました。
いや~探せば「ノンケミカル」なメーカーもたくさんある(増えてきた?)んですね。こうやって、ノンケミカルが当たり前なぐらいに浸透して、ケミカルの勢いを抑える日がくればいいのにな~と思います(o^-^o)

成分を見たところ、合成ポリマーはなさそうだし、クリームなので乳化のために1つだけ合成界面活性剤が入っているのは「ステアリン酸グリセリル」で、これはヴェレダの日焼け止めでも使われているもの。許容範囲としていいでしょう。

さて、問題は細胞賦活作用ですね。
アロエもそうですね。「アロエベラ液汁」は、アロエエキスと同じだと考えてよいと思います。
あとは、「チャエキス」もそうだったはず。

あと、細胞賦活作用ではありませんが、ケイ酸(Al/Mg)(これは別名「シリカ」のこと)は、被膜効果のようなもので毛穴をカバーして目立たない仕上がりにしますが、つけすぎると乾燥させる傾向があります。でも配合順を見ると、そう多くは入っていないのでまだいいかもしれません。

アロエの「リノール酸」については、
「アロエオイル」という記載になっているなら、なんらかの脂肪酸が入っていると想像してよいです。が、「アロエベラ液汁」や「アロエエキス」など、抽出したエキスであれば、脂肪酸のことは考えなくてよいと思います。
ちなみに「アロエオイル」の場合の脂肪酸を調べてみましたが、アロエオイルというものじたいがメジャーではないからか、イマイチ分かりませんでした。でも、アロエオイルだとしても、同じアロエから抽出されるものなだけあって、傷を治すためにターンオーバーを早める細胞賦活作用はあるようでした。

1~2時間、多ければ6時間・・・それだと、ほとんど「アウトドア」と同じなので、これからの季節は特に、日焼け止めは塗ったほうが良さそうですね!!ヴェレダのSPF20を塗り、もしも出来るなら「6時間」の場合はささっと塗りなおしできたら一番安心ではありますね。

こっちのジョンマスターオーガニック、SPF30だし「酸化チタン、酸化亜鉛」がトップに来ているので、たくさん入っている&微粒子・・・というのは想像できます。なんといてもSPF30ですから。それなのに「白浮きしない」というクチコミ。「たくさん入れてSPFが高め、なのに白浮きしない」とくれば、やはり「微粒子だから」でしょうね。

ちょっと乾燥しやすい、という意見もありました。それは、アロエ、チャエキスの細胞賦活作用、酸化亜鉛、シリカでの乾燥傾向、酸化チタンが多めなことによる負担・・・という原因かもしれません。しっとり感が物足りないようなので、コレを塗るなら、先にアイリスデイクリームか手作りのフェイスクリームを塗ってガード(?)してから、コレを塗るほうがよいかもしれません。

使用感は、アンナトゥモールに似ているそうです。ヴェレダは塗りたてはベタベタした感じですが、アンナ~は、半透明の膜を張ったような感じでベタベタはあまりありません。(ですが私は、アンナ~と比べれば、なんとなくヴェレダのほうが好みです。パウダーを重ねればベタベタはなくなりますし、ちょうど良いしっとり感があるからかな?)

ウォータープルーフ効果はなし。
金額は高め?

これらを総合して、ヴェレダなどと比較して使うか。または使い分けるか。あれこれ悩みながら考えてみてください(笑)。

紫外線にあたる時間が多いと、単純に色が黒くなるだけでなく、ターンオーバーそのものにも影響あるでしょうし、もちろん、紫外線だけでなくターンオーバーは別の要因でもスムーズにいかなくなるのですが・・・ ターンオーバーを乱さないようにすれば、たとえ日焼けしてしまっても戻りは早くなると思います。

なかなか難しいですが、「紫外線を浴びた後のケア」の記事も参考にしてみてください。
ポイントは一言でいえば「ターンオーバー」です。これさえスムーズなら問題なし。
その方法について、その記事では「睡眠22~2時」と「αーリノレン酸(フラックスオイル)」について軽く書きましたが、実は次の記事のネタで、もっと詳しく書く予定です。楽しみにしていてください。
もちろん、日々の角質培養も正しければ、ターンオーバーを乱す(ムダに早める)ことなく、スムーズに進ませるはずです。今年の夏は、そういう意味でも去年とは違うと思いたいですね!

角栓、まだ出てきますか・・・ 最初と同じような感じですか?まだ乾燥があるということですよね。いろんな点を見直して、ひとつひとつ頑張っていきましょう!!
ノンノン | 2009年04月11日(土) 08:37 | URL | コメント編集

ありがとうございます

お返事とても嬉しかったです☆やっぱりノンノンさんすごいですね(●´艸`)ヾ
とても参考になりました。
お返事いただいてから、色々悩みましたが、ヴェレダでいくことにしました(o^-^o)
細胞賦活作用や微粒子など負担があってターンオーバーがうまくいかない方が嫌だなと思い。それに入手しにくいので…ヴェレダなら近くに2店舗知っていて♪
ポイントはターンオーバーなんですね。好循環の波にもしっかり乗りたいです。やはりまだまだ乾燥してるんですよね…(-_-;)角栓はまだ出てますが、確実に細く短くなってます。最近、マスクをしなくなり(じわじわ汗をかいてしまうので)その上、近頃天気が良いので日に当たると角栓が目立ちよく分かるらしく、旦那は私に接近すると気になるみたいでの発言でして(-_-;)でもニキビも出来なくなったし(嬉しい)、良いターンオーバーが出来るように頑張ります。
そういえば、最初やたら気になっていたのですが、私よりも若い芸能人(男女問わず)って笑うと目尻にたくさんシワが出来るんですよね。あれは乾燥でなっているんでしょうか?それとも顔が痩せてるから?でしょうか(笑)
私は目尻にシワが出来ないので、自分より何歳も若い芸能人たちのシワの原因がちょっと気になりました。
ほんと、ノンケミがケミカルと同じくらい巷に溢れるようになると良いですよね(o^-^o)化粧品って肌をキレイにする…っていうより、ほんとに商売・産業って感じですよね。お金もうけ?ですね(._.)は~たくさん使ったな~って感じです(-_-;)
ひろ | 2009年04月12日(日) 10:03 | URL | コメント編集

>ひろさん

ポイントはターンオーバーをスムーズにし、ジャマしないのが一番ですね。
内側からだと最新記事にとおり、栄養・睡眠・運動などがあるんですが、
外側からだと角質培養というスキンケア。ここで角質を取り過ぎたりすると、いくら内側からやってもダイレクトにバリアが壊されてしまいますからね~。

スキンケアというのは、ダイレクトで成果が分かりやすい。
間違った情報や良くないケア用品にあふれている中、外側からのスキンケアの間違いを改めると、肌の成果が目に見えて分かりやすいので、そこにばかり注意がいってしまいがちです。
外側からのやり方(角質培養)を覚えたら、今度は内側からのほうに視点を移すと、もっともっと良くなっていくと思います(^^)

ひろさんの角栓の状態も、以前より小さく細くなっているのなら、今後もこの調子で少しずつよくなっていくと思いますよ!ニキビが出来なくなったのは、皮脂がこびりつきにくくなっている何よりの証拠です♪ たしかに、日の加減・明かりによっては角栓が目立って見えることがありますよね・・そういう時に旦那さんから言われてしまうのでしょう。でも、良いほうに向かっているのは間違いないので、これからもっと成果を出して、肌キレイになったといわせたいですね☆

芸能人の目じりのしわか~・・・気づきませんでした(笑)。今度注意して見てみます。
CMやPV、写真などの画像処理できるものは、肌がキレイに見えるように修正していることは多いと思いますね。あと、メイクも、プロがやるとさすがにすごいですよね。多少、肌に「あら」があっても隠せてしまいます。
メイクの技ももちろんすごいとは思いますが、隠すことでなく根本からキレイにして、隠さなくても済むケアを目指したいですね。




ノンノン | 2009年04月13日(月) 10:45 | URL | コメント編集

はじめまして(^-^)

最近こちらのブログを見つけて実践しはじめました(о^∇^о)大変勉強になることばかりですよろしくお願いします(●^ー^●)
界面活性剤のことはなんとなく悪いとは聞いてはいましたが、肌が弱い人が気をつければいいのかなー位に感じていました(^o^;
が、最近乾燥・たるみが気になり高価なケミカル製品に移行しつつありました。でもカウンターのお姉さんがあんまりお肌きれいじゃなかったり(ゴメンナサイ)色々塗りたくるのに不自然さを感じていました(ノд<。)゜。
そんなとき、こちらのブログを読んですっきり納得!(●^ー^●)全身石鹸とホホバオイルを初めて2週間たちます。まだ乾燥とくすみ、たるみが気になりますが長い目でみてお肌を元気にしていきたいです(о^∇^о)

昨日、不要になったシャンプー、リンス、界面活性剤入りの基礎化粧品、ボディシャンプー等を全部なげたら膨大な量に(ノд<。)゜。地球に悪くて、袋に新聞紙いれて中身を出していたら気持ち悪くなりました(苦笑)こんなに環境や肌に悪いものにお金をかけていたんだな~と改めて実感しました(●^ー^●)心も軽くなりますね!
これからは色んな情報に踊らされずに、賢くエコ・シンプルな生活を目指しま~す(о^∇^о)その分の時間、お金で何をしようかな~(^-^)
きっかけを下さったノンノンさんに感謝です(*^_^*)ありがとうございます☆彡
ノンケミカル初心者なので、こちらのブログを見てもわからないことあれば相談させていただくかもしれませんがよろしくお願いします(*^_^*)ノンノンさんの誠実さが伝わる素敵なブログ、これからも頑張ってくださいネ!
さくら | 2009年05月05日(火) 09:09 | URL | コメント編集

>さくらさん

はじめまして、こんにちは。

うれしいご感想、ありがとうございます!!!!(涙) こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
ノンケミカル、気持ちもスッキリしますよね♪ シンプルで「肌本来の力」を引き出すほうが、ぐんぐん成果が出てきますよ!
使う成分はもちろん、ケア方法にもケミカル式の勘違いがないか、見直してみてくださいね。わからないことがあれば、どしどし質問してください。
また、カテゴリーにある「よくある質問」も眺めてみてください(^^)☆
これから、どんどん成果が出ることを応援しています!
ノンノン | 2009年05月06日(水) 15:25 | URL | コメント編集

頑張ります

お返事ありがとうございます(*^_^*)

石鹸やホホバオイル、デイクリームを使いながら洗顔方法など気を付けていますが、まだノンノンさんが聞いたら( ̄□ ̄;)!!となりそうなんですけど紹介されてる粉たちが注文してまだこないので、ファンデーションはケミカルのものを使ってるんです(^o^;それをホホバオイルで浮かせているので、きっと落ちきってないですよね(´Д`)でもクレンジングを使うほうが嫌で
早く来ないかな~と待ってます(_´Д`)ノ~~

あと、髪の毛は石鹸・オーブリーのトリートメントを使ってますが、みなさんのようにギシギシより、ペッタリの状態で困ってます(^o^;トリートメントは毎日は多いのかなーと思って、クエン酸リンスを試してみようかと考えてます(*^_^*)ノンノンさんがおっしゃるように難しいですね~でも健康な髪が生えるために試行錯誤します(о^∇^о)

夜勤をしているので夜ずっと起きていることがよくあるから、他の日にしっかり寝たり食事にも気をつけなきゃですね(●^ー^●)こう考えると、肌ひとつにも、その人の生活が現われるものですね~☆彡
さくら | 2009年05月10日(日) 04:37 | URL | コメント編集

>さくらさん

注文されたお粉たちは到着したでしょうか?そして、付け心地はどうでしたか?
ファンデーション、ケミカルなものだと、間違いなく合成ポリマーは入っていることと思います。特に、「春夏用」などとアピールされているものなら、皮脂・汗のくずれに強いのが売りなので、合成ポリマーは入っているはずです。となると、ホホバオイルや石鹸洗顔だけでは落としきれないはずですね。

石鹸シャンプーですが、ケミカルだちをしたての頃は、ケミカルな成分が髪に残っていたり、髪が傷んでいる場合は、石鹸シャンプー&クエン酸リンスをしても、キシキシして扱いにくいことがあります。これは、ケミカル使用時から乾燥しやすい(傷みが原因)人がそうなりやすいと思います。この場合、GPBのトリートメントを使うと解消しますが(洗ってからのタオルドライ・ドライヤー後なら、ホホバオイルも良いです♪)、
ただし、「ベタベタする」という場合だと、原因がまた違うことがあります。
ベタベタの原因は、石鹸カスです。クエン酸リンスは髪の毛に残る石鹸カスを中和してくれますが、すべて中和しきれるわけではなく、石鹸をじゅうぶんに落とさないうちにクエン酸リンスしてしまえば、すべてが脂肪酸にかわってベタベタになることも。
そして、そのうまくいかない原因のひとつには、『水の硬度』があります。

石鹸シャンプーを繰り返していると、石鹸の脂肪酸が髪の毛をコーティングしています。それが地肌から出る皮脂とも混じりあい、さらに汗や汚れなどもくっつき、夜になったらシャンプーするわけですが、それらの油分などの汚れが、硬度の高い水とくっつくと、石鹸を使う前に髪をぬらしただけで、すべて石鹸カスに変わってしまい、髪に指が通らないぐらいぎしぎし・ゴワゴワになることも。そして、ベタベタの手触りになります。
それらを石鹸で洗い流そうにも、石鹸で泡立てても、水が硬度ならすぐに石鹸カスになってしまい、髪に泡をつけてもつけても、石鹸カスが増えるだけになってしまいます。

さくらさんのお住まいの地域の水道水は、硬度はどれぐらいでしょうか?
「日本全国 水の硬度ランキング」の記事にリンクがありますので、確認してみてください。県別のランキングでなく、さらにその県名をクリックし、地域別のランキングで確認してみてください。

そして、硬度が高めでしたら、固形石鹸よりも液体石鹸シャンプーのほうがまだやりやすいので、液体からチャレンジしてみてください。
できれば軟水を使えれば最高なんですが・・・

これらのことは、GW中に「硬水の温泉」にいって実感したので、じきに新記事に更新する予定です。なかなか更新できませんが(土曜日ぐらいになるかな?)、楽しみにお待ちください。
ノンノン | 2009年05月13日(水) 20:45 | URL | コメント編集

ありがとうございます!

ご丁寧なお返事ありがとうございます!
きちんとブログの中で言っていた事なのに、消化しきれていなくて申し訳ありません(汗)石鹸シャンプーとクエン酸リンスはセットなんですね(軟水でなければ)
私の町は硬度25でした~これは軟水と言えますよね?・・でも測定回数も少ないのであまりあてにならないのかな?
とりあえず、クエン酸リンスを使ってみて、それでも難しければ液体シャンプーにしてみようかと考えてます。
「アンティアン」って会社のリンスや石鹸もよさそうでしたので今後試してみたくなりました(^-^)

あれから、粉は届いて、コーンスターチとセリサイトを混ぜて使っていますv-238自然な感じですが、すっぴんではない、という不思議な使用感ですね(^^ 夕方のくすみが少ないのがいいなぁと感じています。
ケミ断ちをして約3週間ですが、ヤスリみたいな肌の乾燥がなくなりました(笑)寝る前でも肌がもちもちしているのに感動してますi-237あんなに化粧水を入れ込んでも夜はカサカサしていたのに・・・角質が育ってきたってことですよね!(^^)手作りリップも使って、安いし安全でうれしいです☆以前使ってたワセリンは酸化するって聞きましたしi-230
これからは、食事と睡眠・運動でくすみの改善をめざしま~すi-86

ところで、私は汗をあまりかかず、冷え性なので岩盤浴に通うのを考えてるんです。代謝にもいいし、岩盤浴後の汗は皮脂とまざり天然のクリームになるとありました。
ノンノンさんは経験ありますか?よかったらご意見いただきたくて(^^

長文ですみませんi-201
たくさんお返事しているようなのでi-201無理しすぎないでお返事いただけたら嬉しいです(^-^)ではi-265
さくら | 2009年05月15日(金) 09:22 | URL | コメント編集

>さくらさん

硬度25だったら、かなり軟水ですよね♪ 軟水だったらうれしいですねー(^^)
石鹸シャンプー初期は、まずは液体石鹸シャンプーがやりやすいかもしれませんね。
タオルドライの後、ホホバオイルを少しつける(両手にこすりあわせたものを、髪になすりつけるような感じでつけます)と、ほどよくしっとりでいいですよ。
特に、髪が長い場合は、毛先のほうに。根元に近い部分は、頭皮から分泌される皮脂で、時間とともにしっとりしますし、ブラッシングでそれがじょじょに毛先のほうへと伝わりますが、髪が長いと先のほうまではなかなか伝わりにくいので、ホホバオイルで手助けしてあげるとよいです。

コーンスターチとセリサイト、試されたんですね!気に入ってもらえてよかったです!最初はみんな、「それだけじゃ不安」というので、「想像以上」によいのをぜひ実感してもらいたくて・・・。
乾燥が回復してきているようでよかったです。カサカサがもちもちになってきたのなら、皮脂膜の形成がうまくできているということです!

岩盤浴は、数回経験ありますが、今はいっていません。
岩盤浴で出る汗のしくみ、理論上では分かるのですが、人によっては失敗するかもしれませんし、私もまだよく分かっていません。
理論上では、岩盤浴で出る汗はベタベタの汗とは違ってサラサラしていて、皮脂と混ざることで天然の皮脂クリームとなり、洗い流さなくてもよい汗だ、といいますよね?
たしかにそれならいいのですが、そういう汗をかけなかった場合(?)は、大量の汗をただかいただけで、皮脂膜が流されてしまい、乾燥につながるのでは・・・と思うからです。
お風呂での半身浴も、ダラダラ汗をかきますね。20分程度までならなんとかなりますが、1時間などたくさん入る人なら、あらかじめホホバオイルかクリームを薄くつけるなど、皮脂膜が流されすぎないように保護しておきたいものです。
20分程度の半身浴なら保護しなくてもなんとかなりますが、ただ、大量に汗をかいている時は、「水分が蒸発しやすい」状態です。それは、湿度が関係しています。湿度が低くて空気が乾燥していれば、身体から蒸発する水分は多くなります(だから冬は乾燥しやすい)。
しかも、ダラダラ汗をかいて皮脂膜が流れやすい状態(&角質層がもろくなっているかも)なら、なおさらのことですよね。
しかし!お風呂の中、湯船があるので、湿度は100%です。だから、皮脂膜や角質層がそういう状態であっても、とりあえずは水分の蒸発はまぬがれます。
ですが、お風呂からあがったとたん、湿度が変わるので、どんどん蒸発が始まります。

長湯して汗をたくさんかいたときは、お風呂から上がったらすぐにホホバオイルをつけたほうがよいです。ラップパックもしたほうがいいですね。

一方、岩盤浴は、湿度はどれぐらいでしょうか。60%?70%? お風呂のような100ではないのは確かですよね。
汗のかき方と、その兼ね合いもあります。

以前、岩盤浴にいったら全身が湿疹になり、皮膚科にいったらひどい乾燥だといわれた人がいたそうです(友人の友人の話)。皮膚科の医者いわく、岩盤浴は乾燥するのでやめたほうがよい、と・・・。
しかし、理論上の「皮脂膜となる汗」をかくなら、乾燥はしないはずです。
その人は、そういうサラサラの汗をかけず、たんにダラダラの汗をかいて乾燥させただけだったのでしょうね。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 14:57 | URL | コメント編集

なるほど(^^)

あれから、パックスオリーリンスを使い始めて、しばらく髪洗ってません!って感じのベタベタはなくなりました(笑)
こんなに違うものなんですねi-189

岩盤浴について、またご丁寧にありがとうございました。
なるほど、そういう方もいたんですね~まずは基本的な生活から改善をすることを考えようと思います。(^^)

入浴後、汗をかいてスキンケアしようと思うとき、洗面所で洗顔したときよりも乾燥してるな~っていうのは感じていました。お湯の温度がたかかったかな?と思って気をつけてはいたんですが、汗をかいたからっていうのもあるんですね(^^
入浴時にはホホバオイルで保護しようと思いますi-264
温泉でも露天風呂では、濡れた顔で外気に触れることもあるので同様のケアをしていこうっと。

また色々と知識が深まりました~お返事どうもありがとうございました(*^-^*)
さくら | 2009年05月18日(月) 09:42 | URL | コメント編集

>さくらさん

液体石鹸シャンプーでうまくいったようですね、よかったです。
入浴時の汗たっぷりと乾燥の関係も、心当たりがあったんですね。猛暑はダラダラと汗をかきやすいですので、運動するときなども、あらかじめクリームを塗っておくと、皮脂膜の保護になります。(「ダラダラ汗とクリームの関係」の内容です)

血行促進のため、ついついお風呂やサウナなどに頼りがちですが(私も以前はそうでした)、「ちょっとした運動」を「なるべく毎日、少しでもいいから」続けることで、けっこう違いが出ますよ。
うで回し(「肩甲骨、僧帽筋」の記事)や、リンパマッサージ(←この記事もあり)もオススメです。
ノンノン | 2009年05月20日(水) 22:34 | URL | コメント編集

ゴワゴワしています(+o+)

ノンノンさん、体調などのお変わりなどありませんか?

最近、私の方は醜い角柱の方もだいぶ気にならなくなり、これといったトラブルなく過ごしています。ただ依然・・・額とコメカミがゴワゴワのガサガサなんです(/_;)
これって乾燥だと思うのですが、ホホバとシアの重ねつけを他の箇所より多目にしてるんですが、OKですか?もしや量が多すぎて皮脂形成のジャマをしていたらと思うと・・・(-_-;)ゾゾゾ・・・(~_~)

なんかこの2箇所だけが角質培養の波にのれてないように思うのです。
ただクセでボコボコザラついてる「この2箇所」をいじってしまってるのは確かなんです^_^;
この行為がタ-ンオ-バ-を早めて?未熟な角質しか出来てないのか・・・

何とかこの悪循環から抜け出したいです(・_;)

ラップパックは毎日しています、多目にするならシアよりロウであるホホバの方がベストですか?

いつも愚痴的な内容のコメントですみません・・・お時間のある時にでもど指導の程宜しくお願い致します。

なちゅみ | 2009年06月03日(水) 11:44 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

こんにちは。
おでこ・こめかみのガサガサ・ゴワゴワ、いったいどうしたんでしょうね・・・。以前はかゆみがあったんですよね? 原因は「乾燥」なんだとは思いますが、かゆみは乾燥の一歩進んだ、肌バリアが弱まることで外敵刺激に弱い敏感ぎみな状態だったと思うので、とりあえずはかゆみがおさまったら、第一段階はクリア。そういうスタートなので、今の乾燥状態を完全に治すのは、そう一気に・・・とはいかないかもしれません。あせらず、少しずつ治していきましょう。

それから、気になるのはよくわかりますが、やはり、ガサガサの部分をいじって剥がしてしまう行為は、改善への道の遠回りにしてしまいます。
乾燥で起こる状態は2パターンでしたね。ひとつは、皮脂の過剰分泌で乾燥から守ろうとする防御反応。もうひとつは、皮脂の過剰分泌の策が取れない場合(皮脂分泌力が弱まっている場合)は、もう剥がれ落ちている段階の角質が、しぶとくゴワゴワとくっついて乾燥から守ろうとする、防御反応です。
なので、皮脂の過剰分泌をあぶらとり紙でとっても、取れば取るほど分泌されるし、ガサガサ・ゴワゴワをいじって取っても、取れば取るほど、また同じようになります。
ぐっとこらえてやめてみてください。

シアバターは、多く付ければ付けるほどいい・・・というわけでもないです。
ガサガサ・ゴワゴワがひどいなら、夜もクリームにしてみてはどうでしょうか。
クリームは日中のメイク下地の場合をオススメしていますが、夜でもかまいません。ただ、夜は自分の力で皮脂膜を形成させたり、そのために極力シンプルで余分なものを付けなくてすむのがメリットですが、肌バリアが弱まっているなら、夜もクリームにして様子をみて、よくなってきたらまたホホバオイル・シアバターの単品に戻すといいと思います。
ラップパックは継続したほうがよいです。

スキンケア以外の面(運動、食事、それによる女性ホルモン、血行促進、睡眠時間・・・などなど)でも、皮脂膜形成に影響がありますので、肌バリアの強さも違ってきます。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 12:10 | URL | コメント編集

ありがとうございます。

ノンノンさん、お忙しいところご指導ありがとうございます。

ちょっと前までは痒みもかなり伴ってましたので、そこから比べれば少しつつでもよくなってるのですね。
先週まではゴワツキ+赤みがあったのですが、赤みの方は落ち着いてきました。
いやぁ~(~o~)かなりしぶとそうですが^_^;焦らずにケアして行きマス。
それと夜ケア・・・今日からクリ-ムにしてみます♪ノンノンさん、ありがとうございます<(_ _)>何か打開策が見えてきて嬉しいデス。

細かい話ですが、額とコメカミ以外の夜ケアは通常のホホバのシンプルケアを続けててよいですか?

それと軽視しやすいスキンケア以外の面も心して生活していきマス。ノンノンさんはいつも冷静で全体を見渡して考えて頂いて本当に力強いデス。


なちゅみ | 2009年06月08日(月) 13:41 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

夜、クリームにしてみて調子はどうでしょうか?

>細かい話ですが、額とコメカミ以外の夜ケアは通常のホホバのシンプルケアを続けててよいですか?
もちろんです。問題ない部分はそのままでいいと思いますよ~。本来は、夜はホホバオイルのみ(&シアバター)が理想ですので。
ノンノン | 2009年06月10日(水) 06:42 | URL | コメント編集

ノンノンさん、いつもありがとうございます。

夜クリ-ム☆よい感じです。しぶといので^^;まだ完治とはいかないにしてもゴワツキが軽減しているようです。こんな感じでしばらく夜はクリ-ムでケアしてみます。

角柱の件ですが、やはり生理10日前あたりくらいから小鼻の脇や口角の淵あたりに目立つようになってます。まだまだ見直さなければならない点多数デスネ(+o+)
(ノンケミ1ケ月くらいですが、角柱の量は前の月に比べたら激減したものの、やはりまだまだしぶとそうです)
しかしながら、気まずい吹き出物はめっきり出来なくなりましたよヽ(^o^)丿

周りからは何の反応もないですが"^_^"クスミなし・透明感アリ肌を目指して焦らず頑張って行きます。

ノンノンさん、いつも励ましのお言葉ありがとうございます。

PS:今日ぴのあさんから手作りに使う品々が届きましたヨ♪
今回は一気にリップクリ-ム・グロス・UVAメインの日焼け止めクリ-ム・フェイスパウダ-を作ってみようと思いマス。
又、質問など増えてしまいそうです^_^;その時は宜しくお願い致します<m(__)m>
なちゅみ | 2009年06月11日(木) 15:03 | URL | コメント編集

かなりいい感じデス♪

ノンノンさん、こんにちは。

先週末、コ-ンスタ-チ:セリサイトのフェイスパウダ-とホホバ・ミツロウ・キャンデリラロウのリップクリ-ム・グロス作ってみました。
フェイスパウダ-なんて何十年かぶりに使いましたが^_^;このパウダ-は物凄くいいですね。とにかくすっぴんを邪魔しない。肌がより綺麗に見えて♪マットでツヤ感が出ます。周りの人からも「なんか違う~」的な羨望な眼差しコメントをもらうようになりましたよ^_^;

そしてリップクリ-ムですが、グロス並みにツヤツヤがキ-プ出来ますね♪
今まで市販のヴェレダのものを使ってましたが、満足度が数段の差デス~☆
素晴らしいデス・・・ノンノンさん、本当にいい物を教えて頂いてありがとうございました。

これからもノンケミ街道をノンノンさんやここにいらしてる皆様と一緒に葛藤しながら(笑)真っ直ぐ進んで行きます。

なちゅみ | 2009年06月18日(木) 09:27 | URL | コメント編集

初めまして!

こんにちは!シミに効果がある方法で検索していたらノンノンさんのブログに出会い、とても衝撃的でした!!今まで合成界面活性剤やポリマーという言葉は聞いたことはあっても何も気にせず使っていました。ブログを読んでから自分の使っている化粧品を調べたら怖いくらいたくさん使われてて、すぐネットでノンノンさんの使ってる石鹸やホホバオイルなど注文して今まで使ってたものはファンデ以外(まとめ買いしてたものなど)封印しました。

角質培養を始めてまだ20日・・最初のころは薄皮がめくれぶつぶつもできはじめ泣きそうになりました><でもようやくおさまって今までとても乾燥してた肌も落ち着いてきました。本当にノンノンさんのブログに出会えたことに感謝♪
私の肌は首から下は白いのですが、顔だけは欧米人みたいに赤ら顔です。よく化粧品店の人に肌を見てもらうと皮が薄いですね~といわれるのですが・・この赤ら顔は角質培養を続けることで解消できるのかな?と思いアドバイスを頂きたくてメールしました(^v^)
この赤ら顔とシミがあるためにカバー力のあるファンデをしてきましたが、合成ものをはずすものを選ぶとなるとカバー力がなくて外を歩くには、やはり合成ものが入っているファンデをしてしまいます。
ミネラルファンデも最初のころはよれるし、粉ふいたみたいになるし、カバー力にかけるし・・と思っていたのですが、今日つけてみたら あれっ??同じもの?というぐらい化粧ののりもよく赤ら顔もまだまだだけど、最初のころに比べると治まってきてる気がします!!これも角質培養の効果ですよね!!
私の願いは首や体と同じ色になって、ファンデをはずすことです☆
昔はこの赤ら顔が嫌でホットタオルと冷たいタオルを交互にあててみたり、スチーマーにあててみたりとしてましたが、間違っていたと言う事を教えて頂いて本当に良かったです。
角質培養でこの赤ら顔は治まりますか?あと何かいい方法をご存知なら教えてください(*^_^*)
忙しいとは思いますが返信できるときでかまいません。よろしくお願いします♪
まりん | 2009年06月23日(火) 15:35 | URL | コメント編集

ニキビが・・

ノンノンさん、こんにちは!
昔、色々ご質問させていただいた、べんぞうと申します。
ノンノンさんのブログに出会ってから現在まで2年弱くらい?です。
その節はありがとうございました!

おかげさまで、こちらのブログでガリガリ(笑)に勉強させていただいたので以前のビニール肌からは脱却し、ふんわりシフォンのような肌にゆっくりですが、なってきつつありました・・・

そう、ありました・・・なのです(;;)

今回はどうにも自分で解決できない問題がありご相談です。


昔よりはテカテカのビニール肌も改善され、あとはニキビと角栓を
搾り出していた過去がある、広がった毛穴を治していけばOKだ!と
がんばっていましたが、去年の夏ころからおでこ一面とあごの辺りにもポツポツとニキビが出来始め、アレ?と思っていたらあっという間にニキビだらけになっていまして・・・

乾燥かな?と思っては、ラップパック・シアバター・クリームで蓋もし、
女性ホルモンの関係かな?と思っては、豆乳をのみ、ビタミンを取り・・・
されども一向に改善されません・・

他に何か要因って考えられるでしょうか??

ちなみにニキビは膿を持った感じではないですが
ぼつぼつぼつ・・とオデコ・こめかみいっぱいできています。
頬なんかは無事なんですが・・(毛穴はあいかわらず開いています)

一日のスキンケアは

・熱くないお湯で白雪石鹸の洗顔
・ホホバ、シアバター、ヴェレダ等でスキンケア
・メイクは上記クリーム類とセリサイト&コーンスターチ、チークはロゴナ
・夜は朝と同じ要領で石鹸洗顔・スキンケア・ラップパック

という感じです。

なぜでしょうね・・
もしノンノンさんがアレ?と思うところがあればご指摘いただければと思い、ちょっと質問でした。

長々と申し訳ありません。

どうぞよろしくお願い致します!

べんぞう | 2010年03月15日(月) 18:16 | URL | コメント編集

>べんぞうさん

おひさしぶりです。こんにちは!

いろいろ考えてみたのですが、スキンケアにも問題があるようには思えなかったので、これだ!というような原因が思い当たらず・・・申し訳ありません。
ニキビ、話をうかがった限りでは、なんとなく乾燥とは別の要因のような気もしますが(ホルモン、ストレスなど)、どうなのでしょうか・・・。
もしくは、夏なので皮脂分泌が盛んになる時期であるため、完璧に乾燥が治っていない、まだまだ皮脂がこびりつきやすい状態のところに、皮脂分泌量が増えたためにできたニキビ、ということも考えられます。
ノンノン | 2010年03月18日(木) 10:28 | URL | コメント編集

ありがとうございます♪

お忙しいのに、早速お返事いただきまして、ありがとうございます!

ですよね・・にきびはやはり、スキンケア以外のところが大きいようですね・・なるべく運動したりのびのびとした気持ちで過ごせるよう気をつけて生活して行こうと思います♪

あと、もう一つお伺いしたいことが・・

毛穴のことなのですが、
頬いっぱいに、俗に言う、たるみ毛穴のような感じで
広がっているのですが、どうにも小さくならないですし
なんだか最近さらにスカスカというかボソボソというか・・
ふっくら感がまったくないのです・・

コラーゲン等は外から化粧品で補うことができないと
学んだので特に何かつけたりはしていません。

ノンノンさんはお写真を拝見する限り、パンッとハリのあるお肌なので
あまりこのようなお悩みは無いとは思うのですが・・

ラップパックもして、なるべく水分を逃がさないようにはしています。
あと、無調整豆乳もなるべく飲むようにしています。

う~んこうやって悩んでばっかりいるからニキビもできちゃのでしょうかね・・( ^^;)
べんぞう | 2010年03月18日(木) 16:40 | URL | コメント編集

>べんぞうさん

毛穴が「縦長」だったり、指で少しひっぱると毛穴の形が変わるようでしたら、「たるみ毛穴」です。
たるみ毛穴は、乾燥が原因での「不全角化」で目立ってしまう毛穴とは原因そのものが違うので、単純に乾燥対策だけをやっていても、改善には限度があると思います。
もちろん、水分保持力のあるプルプルなすこやかな肌を保つことで、ある程度の改善はある(見た目がよくなる)とは思いますが。

おっしゃるとおり、コラーゲンの減少が原因ですが、肌からコラーゲンを浸透させられないし、無理に浸透させるとなると合成界面活性剤の強い作用がなければならないので、元も子もない。
しかも、コラーゲンそのものが存在する部分は、肌の表皮よりももっと奥の真皮なので、肌から入れ込もうとすることがナンセンスなんですね。
コラーゲンを肌につけることでの効果は、「肌表面の“保湿”」程度です。

では、肌内部のコラーゲンを増やすにはどうすればよいか?
コラーゲンドリンクなどを飲めばよいか?も、記事にかいたとおり、「たんぱく質」を補給したにすぎないので、必ずしも体内でコラーゲンがコラーゲンとして再生されるとは限りません。

過去のコラーゲンの記事で、「増やす方法」として、効果のある食べ物をいくつか挙げていますので、ご参照ください。http://nonnonspring.blog98.fc2.com/blog-entry-62.html
ノンノン | 2010年03月19日(金) 10:38 | URL | コメント編集

はじめまして!

ノンノンさんこんにちは!私は約5週間程前にこのブログに出会い角質培養を始めました。

もともと肌が弱く荒れやすかったので、2年程前からなるべく無添加のスキンケアをしていました。(手作り化粧水や無添加系の化粧品を購入)
しかし半年位前から急に乾燥肌になってしまい(おそらく顔剃りや洗顔のし過ぎが原因だったと思います)、皮膚科に通ったりスキンケアを変えたり試行錯誤を続けましたが乾燥は良くなりませんでした。そんな時にこちらのブログを偶然見つけて、間違っていた今までのケアにも気付きました!


角質培養を始めてからちょうど一ヶ月までで状態が良くなり、ゴワゴワしていた肌もだんだん柔らかくなってきたのを感じていました(^^)♪


しかし、一週間前に日焼け止めクリーム(酸化チタンとセリサイト入りのブログのレシピと同じように作ったものです)を塗ったところ、やはりまだガサガサの肌だったのでとても塗りづらく、そして夜スイートアーモンドオイルを馴染ませてティッシュでオフ→石鹸で洗顔しましたがガサガサの部分にたくさん日焼け止めが白く残っていました。(>_<)
似たコメントを読み、無理に残った日焼け止めを落とす方が良くないと思い、そのままスキンケアをしてきました。一週間過ごしてみたのですが、柔らかくなってきたガサガサ部分が固く、鼻の角栓も増えて、おでこもカサカサが気になってきました。日中の乾燥感や赤みも増したような気がします。
これは日焼け止めクリームを落としきれなかったことが原因だと思われますか?

今のスキンケアは、

朝・精製水のスプレーを軽くした後にぬるま湯で洗顔→ホホバオイル→シアバター→手作りクリーム(→日によってコーンスターチとセリサイトのパウダー)

夜・アレッポの石鹸で洗顔→ホホバオイル→シアバター→薄めにワセリン

という感じです。ラップパックも沢山するようにしています。
今は家にいることが多いので、これからパウダーにチタンを加えてみたいと思っています!


そこで、試しにもう一度スイートアーモンドオイルでクレンジングをしてみようと思ったのですが、クルクル触ったらざらざらが取れてしまうのではないかと思い、考え中です。(実際日焼け止めを落とす際も多少取れてしまいました。)


それともこのまましばらくケアを続けて行った方が良いでしょうか?良くなって来ていただけに戸惑ってしまいました。


長文になってしまい申し訳ありません(>_<)
お時間のあるときで結構ですのでアドバイス頂けたら嬉しいです。
奈央 | 2010年04月16日(金) 19:30 | URL | コメント編集

>奈央さん

はじめまして、こんにちは。

日焼け止めは合成ポリマーさえ入っていなければ、簡単に石鹸で落ちます。が、肌そのものがガサガサしている状態であれば、どうしても残ってしまうんですね・・・。
そういう場合、それを残したままのほうがいいかどうか・・・と言っても、やはり酸化チタンは肌に残すのは良くありませんし、かと言ってガサガサごと落としてしまっては、角質培養の意味がなくなってしまいますね。
そうなると、日焼け止めを使って紫外線対策した意味もなくなってしまいます。日焼け止めが落としきれないなら、「今は日焼け止めを使える段階ではない」ということになります・・・。

酸化チタンを使用し、それを落としきれなかったあたりから肌が悪化してきたんですよね?
角質をむりに取ることじたいが良くない、と思い、ガサガサごと取らずにいても、結局は酸化チタンをそのままにしておくことで、角質層をじわじわ傷めてしまいます。
今の時期は着になるでしょうが、酸化チタンをクリームに混ぜるのはやめておきたほうがよいでしょう。

また、日中外にいる時間がそう長くないのであれば(家にいることが多いそうですね)、そこまで「酸化チタン」にこだわる必要もありません。パウダーに酸化チタンをいれる必要もありません。室内にいればガラスを通してUVBは入ってこないので、酸化チタンなしで済みます。
ちょっとだけの外出なら、紫外線100%カットの帽子やサングラス、日傘でしのぐこともできます。
スキンケアと日焼け止めとの兼ね合いについては、「よくある質問」のスキンケア編のおわりのほうに書いてありますので、ご参照ください。
ノンノン  | 2010年04月19日(月) 11:10 | URL | コメント編集

ノンノンさん、アドバイスありがとうございます!そして返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

肌のガサガサは少しずつ良くなって来ているみたいなので、日焼け止めクリームは我慢して、しばらく様子を見てみます。

ブログも改めてしっかり読んで勉強します♪ありがとうございました(^^)
奈央 | 2010年04月22日(木) 18:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/107-245627e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。