All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.06 (Mon)

その3(31)&その8(11) 紫外線を浴びた後のケア

こんにちは。

先日は、上野動物園へ行ってきました。上野公園のお花見の人だかりもすごかったです。桜も満開で、あっちこっちにピンクの花びらが舞っていました。動物園でも、桜の花びらが舞い降りる水の中を、ペンギンたちが泳いでいる状態(^^)

そんなわけで、ほぼ1日中、外で過ごした日でしたが、もちろん、紫外線対策が気になるところですね。私がやった対策はというと・・・
日焼け前の対策は、ずばり言えば、過去の記事「日焼け止め」と、「日焼け止めクリーム“以外”の紫外線対策」の実践。



【予防 ~紫外線にあたる前の対策~】
●ヴェレダの日焼け止めSPF20&手作りのフェイスクリームを混ぜたものを下地に塗り、いつものフェイスパウダー(セリサイト&コーンスターチ&少量のマイカ)。
●サンバリアの紫外線カット100%の、360度つば広の帽子。
●サングラス。
●前日の睡眠をしっかり。メラニンを増やさない。
●外出直前に、トマトジュースorローズヒップティでリコピン&ビタミンC補給。
●野菜ジュースにはレモンが入っていたため、ソラニンを避けて、飲まず。
●休憩の時、ヴェレダの日焼け止めSPF20を塗り直し、フェイスパウダーをはたく。

どうしてこれらをやったかは、「日焼け止め」と、「日焼け止めクリーム“以外”の紫外線対策」を読んでください。

こんな方法で、ヒリヒリ赤くなったり黒くなったりもせずにすみ、紫外線対策はうまくいったようでした。ほっ・・・☆ ですが、アフターケアも怠りません。
これが今回の本題、紫外線をあびただろうな・・・という日のアフターケアについてです。
紫外線対策がうまくいって、黒くなったり赤くなったりしなかった場合でも、多かれ少なかれ、紫外線は浴びてしまっているはず。瞳からも紫外線は入り込み、脳に指令がでて、メラニンが作られたりもします。
長い時間、紫外線の下にいた場合は、アフターケアをやっておいて損はなし!です。






【アフターケア ~紫外線に当たった後の対策~】
●ホホバオイル→シアバター入りのフェイスクリームで、皮脂膜ケアをしっかり。
●洗顔後のラップパック。いつもやっていることだが、紫外線に当たったと思う日は必須。
●保冷剤で顔を冷やす。洗顔後(入浴後)、すべてのスキンケアが終わってから。ラップパックしている時に、ラップの上から当ててもよし。
●トマトジュースorローズヒップティで、ビタミンC&リコピン補給。
●野菜ジュース、黒酢を少し入れてごくごく。ビタミンAも補給。ソラニンが入っていても、帰宅後ならもう安心♪ 
●水分補給。ミネラルウォーターをごくごく!
●コラーゲン対策。もずく酢を食べる。マカを飲む。
●フラックスオイルを摂る。傷ついた細胞を回復し、女性ホルモンにも良く、ターンオーバーを順調に。
●栄養バランスのよい食事。
●早めに就寝。睡眠はしっかり。しみを残さず、順調なターンオーバーに。コラーゲンも生成させる。



それでは、解説していきます。





【スキンケアによるアフターケア】

●角質層の水分保持
紫外線を浴びてしまった時は、多かれ少なかれ、水分が逃げやすい状態にあります。角質を傷めて剥がれやすくしてしまうからです。うっかり紫外線対策が足りなかった場合は、カサカサになります。

よって、肌バリアを整えるケア。(・・・まぁこれはふだんやっていることですが)
角質層に水分を保持させるにはどうすればよいか?化粧水などビシャビシャつけるのはやってはいけません。
詳細記事 → コットンパックをやめた理由、  化粧水なし、ホホバオイルのみ

肌の水分保持力をアップさせるには、外側から水分を入れ込むのではなく、「内側から蒸発していく水分をなるべく抑える」ことです。
これが、ラップパックという裏技。
詳細記事 → ラップパック~角質培養の波に乗るケア~
これは、いつものスキンケアで当たり前のように取り入れていることが理想ですが、紫外線を浴びてしまったと思う日~数日間こそ、やっておきたいもの。

それプラス、角質層をよい状態に保っていれば、角質層じたいが身体の内側から表皮へとにじみ出てくる水分をうまくキャッチし、プルプルに満たしてくれます。
角質層をよい状態に保つこととは・・・ずばり、「角質培養」そのものです。角質の取りすぎにあたる行為はやめましょう。
参照記事 → 乾燥さえしなければ、肌はキレイになる


そして、水分が逃げないようにフタするのが、「皮脂膜」です。
皮脂膜を作る元となるホホバオイル、そして、乾燥してしまったならシアバターをプラスします。

また、体内の水分を与えるには、やはり口から補給すること。ミネラルウォーターやその他の水分をしっかり補給しましょう。





●冷やす
・・・ホホバオイル、シアバター、ラップパック。水を飲む。ここまでは、いつものケアと同じことです。紫外線を浴びる・浴びない関係なく、基本のケアですね。
しかし、紫外線を浴びてしまった日は、もう1つの有効なケアがあります。それは「冷やす」こと。

日に当たることによって角質が剥がれ、肌細胞に強い刺激を与えることで炎症を起こします。これは、「やけど」と同じ状態なのです。やけどした時、すぐに冷たい水で冷やしたり、保冷剤をあてますよね。
紫外線に当たってヒリヒリ、赤くなる、ほてる・・・などの症状が出た場合は、保冷剤などを顔に当てて冷やします。保冷剤が冷たすぎるなら、布にまいたものを顔に当てるとよいです。ラップパックをやりながら、ラップの上から冷やしてもよいでしょう。





●しみ
日焼けしたのでは・・・?しみが出来るのでは・・・?と焦るかもしれませんが、「美白系」のものを使う必要はまったくありません。
参照記事 → しみを消すには
肌バリアを整えるケアそのものが、ある意味、美白ケアでもあります。しみを作らない・作りにくくする・できたしみを根本から治すからです。 肌バリアが整い、ターンオーバーが順調に進んでいけば、メラニン色素はターンオーバーとともに剥がれ落ちたり、または途中で分解されて毛細血管を通って排出されます。残ることはなく、「しみ」になることは無いのです。
ですから、紫外線に当たってしまって肌バリアが傷ついたからこそ、このようなケアで早く回復させてあげれば、「しみ」が出てくることはありません。






●睡眠
先ほど書いた「しみ」が出来ないようにするために、ターンオーバーをスムーズに進めるためにも、「睡眠」は重要。
睡眠不足だとメラニンが増え、紫外線の影響を受けやすくなるので、「予防」の段階でじゅうぶんに睡眠をとっておくことは大事なのですが、アフターケアにとっても睡眠は重要なのです。
ターンオーバーは寝ている時にもっとも活発になり、コラーゲンも生成されます。(後で書きますが、コラーゲンは、紫外線に当たると切断されます。) 特に肌のゴールデンタイム 22~2時には熟睡していることがポイントです。



ターンオーバーを乱さないためには、詳細はこちら → セラミドたっぷり!ターンオーバーをスムーズに




【食べ物によるアフターケア】

●リコピン、ビタミンC
予防・アフターケアで、どっちにも登場した「トマトジュース」と「ローズヒップティ」。
これは、「日焼け止めクリーム“以外”での紫外線対策」にも登場した、リコピン&ビタミンCが目的です。
これは、紫外線に当たる前でも後でも、効果があります。詳細は、そちらの記事を読んで復習してみてください。






●αリノレン酸
αリノレン酸系の油(エゴマ油、亜麻仁油、魚油など)は、炎症を抑える働きがあり、紫外線で傷ついた細胞を修復してくれます。
ターンオーバーを行う際でも重要な成分です。これがターンオーバーの時に生かされ、スムーズにいけば、角質層のセラミドを増やすことにもつながります。
また、良質な女性ホルモンを作るにもかかせない成分です!


オススメはフラックスオイルという亜麻仁油。
フラックスオイル 1,890円

酸化しやすいオイルなので冷蔵庫で保存します。
加熱はしないでそのままで摂取することで効果があります。私は毎日スプーン1杯ぐらいを生で飲んだり、納豆にかけたりしています。ドレッシングに使うのもよいそうです。パンにつけても美味しいです。こうばしい味の油で、私は好きな味です。

↑これを販売しているサイトでは、送料が1万円以上じゃないと無料にならないのがネックですが・・・
超軟水の「白神山地の水」や、「オーブリーGPB」なども売っているので、一緒に買ってなんとか1万円以上にしたり、またはまとめ買いをします・・・(^^;)






●その他
大豆製品。ビタミンA、カロチン。ビタミンE、たんぱく質。
結局のところ、「傷ついた細胞の修復にはバランスのよい栄養が必要」ということですね。

冒頭の「アフターケア」の一覧の箇条書きで、
『野菜ジュース、黒酢を少し入れてごくごく。ビタミンAも補給。ソラニンが入っていても、帰宅後ならもう安心♪』・・・と書きましたね。
この意味は、ニンジンなどのビタミンAを補給した、という意味です。紫外線にあたると、ビタミンAが失われているので、補給。肌を回復させるビタミンです。

黒酢を入れた理由は、アミノ酸をたっぷり含むから。コラーゲン生成に効果があります。

ソラニンとは、「、「日焼け止めクリーム“以外”の紫外線対策」でも書きましたが、メラニンを活発にし、紫外線を吸収しやすくしてしまうもの。なので、外出前には摂らないようにしていました。レモン、パセリ、きゅうり、しそ・・・などに入っており、野菜ジュースだとたいていレモンが入っているので、外出前・紫外線に当たる前は避けましょう。





●コラーゲン
紫外線に2分当たると、コラーゲンが切断されてしまうそうです。おそろしいですね・・・。
ですから、一度紫外線を浴びてしまったと思ったら、またせっせとコラーゲン生成されるよう、促がしてあげましょう。

コラーゲンは、スキンケアでなく「食べ物」で!
スキンケアで、肌からどんなにコラーゲンを入れようとしても、効果がないどころか、逆効果になることもあります。それは、「コラーゲン」の記事でかいたとおり、コラーゲンは分子が大きいので肌から浸透しないからです。せいぜい、角質層内をある程度満たし、保湿する程度。しかし、コラーゲンそのものは肌のどこに存在するか?というと、角質層よりももっと奥の「真皮」です。
もし、合成界面活性剤などで肌バリアを壊し、無理やり真皮まで浸透させたとしても・・・真皮まで浸透させるほど肌バリアを壊すことじたいが、おそろしいことですよね。肌が乾燥してしまいます。何のためのコラーゲンかわからなく、元も子もなくなってしまいますね。

唯一、「コラーゲンを作るスキンケア」と言えば、先ほども出てきたとおり、「睡眠をしっかり取り、特に肌のゴールデンタイム 22~2時に熟睡する」ということです。この時間に睡眠をとることで、コラーゲン生成が促進されます。
また、先ほど「スキンケアによるアフターケア」に書いたとおり、肌バリアそのものを整えることで、真皮が安心して、コラーゲン生成を行ってくれます。

その他、適度な運動、活性酸素を溜めないことも、コラーゲン生成を促がす効果があります。


【コラーゲンを作る食べ物】
コラーゲンを増やすために、コラーゲンを飲んでいる人が多くいますね。しかし、コラーゲンそのものを摂取しても、「それがそのままコラーゲンになるかどうかは・・・???」という、不確かなものなのです。コラーゲンそのものが体内でストレートにコラーゲンに生まれ変わるとは限りません。コラーゲンは、「たんぱく質の一種」なので、普通に肉・魚などのたんぱく質を摂るのと同じく、体内で何に生まれ変わる・作られるかは分からないのです。
ですから、コラーゲンを増やしたい時にコラーゲンそのものをせっせと摂るよりも、『コラーゲンの生成に有効』なものを摂ったほうが確実☆ 考えてみれば、当たり前のことですよね。

コラーゲン生成に有効な食べ物は、「コラーゲン」の記事の「まとめ」をそのまま引用すると、下記のとおり。
・たんぱく質
・ビタミンA
・野菜ジュース+酢(黒酢)
・黒酢
・ビタミンC
・フコイダン(もずく、めかぶ、こんぶなど)
・抗酸化の食べ物
・マカ


特に、フコイダンは、コラーゲン生成を促がす線維芽細胞を刺激してくれる唯一の食べ物です。


そして、今回はマカに注目しました!!
【送料無料】ヤマノ お徳用マカ(オーガニック認定) 5,040円

マカはペルーのアブラナ科の植物です。アミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていて、そのバランスの素晴らしさから「完全食」ともいわれています。

女性ホルモンを整える働きがあり、生理の周期が整ったり(予定日どおりになる)、生理痛・更年期障害の緩和、いざ妊娠にいどむ際にもふさわしい身体づくりをしてくれます。基礎体温の乱れもなくなります。
血行も促進するので、美容・健康のあらゆることによい影響があります。私は、すべての美容・健康のあらゆることの基本は、「血行促進」だと思っています。
男性が摂ることでも効果があり、「天然のバイアグラ」(笑)と言われるほどです。

そして今回のネタ、「コラーゲン」の生成にも効果があるのです!女性ホルモンの分泌が結果的に、コラーゲンやエラスチンの生成を促がしてくれるとのこと。
参照記事 → 女性ホルモン

また、ミネラルの「亜鉛」が入っているので、ターンオーバーをスムーズにするため、角質培養にとっても良い効果があります。良質な肌細胞をつくりあげ、セラミドたっぷりの角質層ができあがります。いわば、「内側からの角質培養」といえます。
詳細記事 → スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり

マカを植物のまま摂るには、日本にいる限り難しいものがあります。スーパーでも売っていませんよね。しかし、このようにマカをパウダーにしたものや、油を少し使って固めて粒状にしたものなら売られています。
もちろん、農薬などを使わないオーガニックであることと、余計なものを加えないマカ100%であることにはこだわりたいです。よって、このヤマノのマカを選びました。パウダー状と、粒状の2種類があり、金額は同じです。
20090404111405.jpg  20090404111507.jpg


私は、基本的に、サプリメントは摂りません。やはり、自然な形でビタミン・ミネラルなどの栄養を摂取したいし、そのほうが吸収率も断然違います。たいてい、サプリメントになると吸収率がぐっと減ってしまうので、成分表示にかかれているのと同じ量の成分はなかなか摂取できないのです。また、添加物なども気になります。ビタミン・ミネラルの組み合わせによっては、逆効果になるものもあるし、過剰摂取にもなりかねません。そんなことをいちいち考えるぐらいなら、自然な食事で摂るほうが健全に思えるのです。

ですから、このマカを検討する際も、最初は、サプリメントと同じくくりだと考えていたので興味がありませんでした。しかし、よくよく見れば「マカ100%」の粉末なのです。先ほども紹介した、フラックスオイルと同じことで、その“原料そのもの”。
粒状のものは、油脂のみを加えて固めてあるようで、これは添加物ではないので安全ではあるのですが、私はとことん「まじりっけ無しの100%マカ」にこだわり、パウダー状のほうを選びました。

味は・・・ハッキリ言って、美味しいものではありません・・・(^^;;) 苦みがあり、パブロン(風邪薬)のような味がします(爆)。味が苦手でパウダー状のものを飲むのは無理!という人は、オブラートにくるんで飲むか(笑)、または粒状のほうがよいでしょう。
私は、飲み物(りんごジュース、野菜ジュースなど)に溶かして、えいっと飲んでいます(笑)。
商品説明には、料理のアクセントとして使ってもよいと記載されており、私は、旦那の精力にどんな効果があるだろう?(爆)と、「肉じゃが」に少~~~しだけ混ぜてみました(笑)。少しだったので、味は変わらなかったように思います。

小さなプラスチックのスプーンが付いてきます。そのスプーン3杯分が、1日分です。朝・昼・晩に分けて飲むといいでしょう。





このように、コラーゲンといったら「女性ホルモン」であり、「女性ホルモン」といえばコラーゲンであり。睡眠といえばコラーゲンであり、女性ホルモンであり、ターンオーバーであり、血行促進であり・・・。
スキンケア、睡眠、女性ホルモン、コラーゲン・・・と、すべてがつながっていて結局のところ、いつも言うことは似たような話になってしまうのですが、「大事だ」と言ったことは、一つのことだけに効果があるのではなく、いろんなことにつながって、無限の効果が期待されるものなんだ・・・ということを実感します。

だから、いつも結論は「食事、睡眠、運動」。これに尽きます(笑)。



日焼けしちゃってもまたバンバン回復させれば問題なし!予防にしろ、アフターケアにしろ、ポイントは、ちょっとしたコツ・心がけ(^^)☆





いつも応援・クリックありがとうございます!
質問をお受けしましたので、下記の【Read More】にてお答えします。気にかけていただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ

【More】

★Q1. 上記の2つのアイコン(スキンケア、ノンケミカル)、どちらをクリックしたほうがいいのか、どっちもしたほうがいいのか?
→  どちらをクリックしても、私自身のポイントとなり、それぞれのランキングに割り当てられますので、どちらをクリックしても同じで、「どちらか1つのみ」のクリックが有効になります。

★Q2. ランキングの一覧にある「IN」、「OUT」のポイントの意味は?
→ INは、このブログ内から・・・つまり、上記のアイコンをクリックした分のポイント。OUTは、ランキング一覧の画面上からクリックされてこのブログを閲覧した際のポイント。
・・・という違いになっております。INとOUTの合計のポイント数で、ランキングが決まるしくみです。

★Q3.このブログでINクリックしてランキング一覧にいき、再度OUTクリックしてここに戻ると、2回分のポイントになりますか?
→はい、その通り、2回分のポイントとなります。手間をかけていただき、本当にありがとうございます。


わざわざ気にかけていただき、本当にありがとうございます!!
応援に答えられるよう、これからも良いブログを作っていきます(^^)ノ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

12:42  |  3.&8.  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年04月06日(月) 17:32 |  | コメント編集

>すいかさん

それから、例のあれ、拝見しました♪
ありがとうございます!!!嬉しかったです。今度、すいかさんのをじっくり読ませていただきますね(^^)

質問の答えは・・・知り合って8年目、戸籍が変わったのはもうすぐ、まる2年です。(^^)
ノンノン | 2009年04月06日(月) 18:05 | URL | コメント編集


見てくださったんですか!?
あんなクダラナイものを…… ありがとうございます(;_;)
リンクしたくてウズウズしてたんです!こちらこそありがとうございます。

そうだったんですね!!!おめでとうございます(>o<)v-257
出会ってから6年で。。。なんかドラマみたいですねv-256!!!素敵です。

あの、もしお返事をしてくださるならいつもの記事の方にまとめて頂けたらなって…わがままで本当申し訳ありません。

末永くお幸せに…(^^)

すいか | 2009年04月06日(月) 21:52 | URL | コメント編集

こんばんは~☆

とても興味のある記事を有難うございます!日頃、日付が変わる前に熟睡している私も、新学期が始まると大量の提出物に追われ(それだけでなく実は最近DSにハマっているのですが・・・笑)紫外線だけでなくお肌に良くない生活サイクルを送っています。。。

そういえば、ローズヒップティーは、「生活の木」のものがお勧めですよ~。種類も多いですが、殆どのハーブティにローズヒップが配合されています♪しかも、ものによっては酸味が殆ど感じられないものもあります☆
専らコーヒー党だった私も今では気分に合わせて数種のハーブティを頂いています^^飽きが来ないので続いてます。お勧めです(^▽^)

それから早速の【Read More】も有難うございます!
こういう形で、多くの方に告知出来たのは良かったですねi-262
更新される度にコピペされても良いし、その方が解りやすいと思いま~すi-234
それでは、今日は「IN*OUT」だけして、記事の方はまたゆっくり読みに来ますね~
2332 | 2009年04月07日(火) 01:07 | URL | コメント編集

先日はコメントが切れてしまいすみません(汗)

ちなみに先日の続きは

他の皆さんと同じく^^ノンノンさんの本が出たらいいのになぁ…とか、ノンノンさんプロデュースの日傘とかスキンケア用品が出たら、間違いなく即買いするのに!とか勝手な妄想(笑)を綴ってたんです。

角質培養から半年、ノンノンさんに習いゆるノンケミ生活を始めて約4ヵ月。シリコン系下地を何種類も使い分けファンデを塗りたくっていた私が、今やUVクリームにお粉のみ!メイク時間も半減したし、お財布にも優しいし!←ここ重要ですよね(笑)
何度も繰り返しますが、本っ当にノンノンさん様々ですよー(/_;)

…ちなみに、本のタイトルはこのブロタイと同じにします^^?
すみませんっ調子乗りすぎました(笑)

まっすーの件、紛らわしい書き方のせいで誤解させてしまいましたね(><;)2人がプラベで仲良しだから、という意味です!すみません↓

使い方の件もご丁寧なアドバイスありがとうございましたo(^-^)o
りん | 2009年04月07日(火) 18:06 | URL | コメント編集

助かりました。ワンワンです

先日は 長ーい 文章で(毛穴のこと) 質問をしてしまいましたが
親切丁寧な返答をして頂き ありがとうございます
す~~~っごく 助かりました

あまりにも 毛穴が恥ずかしいので もうケミ断ちを諦めて ケミカルに戻ろうかと思っていました 

ノンノンさんに出会っていなければ ランキングで上位のファンデーションを買っていました

早速ホホバオイルとアイリスデイクリームを
注文しちゃいました(●^o^●)
生憎 クリームは2週間待ちのようで ちょっとがっかりですが
オイルは明日にも届くようなので 楽しみです
早く来い来い・・・・・

しばらくは 自分の肌を信じて 見守ろうかと

洗顔も結構ガッチリ、ゴシゴシしてたので 改めますが
化粧の(プレスト)も オイルで落とせますか?

パックスの日焼け止めも 教えて頂いたレスを読み使用をやめました そして アルカリ性の化粧水も 自分の無知に笑っちゃいました

無知って怖いですね 
ノンノンさんに教えて頂きました これからも もっともっと勉強させて
頂きますね

毎日楽しみにしています 帰宅後の日課は 今日は??
と 覗いています

私も 本を買いますよ~~~~

PS のりピー帽子のコメントを見て 疑問に思っていたのですが
見つけちゃいました 私も欲しいから・・・・・

シアバター注文忘れてました 注文しに行ってきま~す




ワンワン | 2009年04月07日(火) 19:55 | URL | コメント編集

>2332さん

こんにちは。
新学期の準備もひと段落できたでしょうか?
DSにハマッてるのですね~。私は時々DSの脳トレを寝る前にやっていますが、(本当に時々ですが)ゲームって、ついついハマってしまいますよね。それよりも早く寝たほうが脳にいいのでは・・・と、自問自答(笑)。

のりピー帽子の反響が、何気に大きくなってます!改めて、きっかけをくださった2332さん、ありがとうございます。ただ唯一の弱点を見つけました。。。帽子の“跡”がおでこについてしまい、会社についてから1時間ぐらい、跡が消えません(爆)。・・・いや、これは帽子ではなく弾力の問題か・・・(-_-;)

生活の木、そういえばいろんな紅茶がありますよね~。お店にいくと、無料でお茶を出してくれたりしますが、いつもすごく美味しい♪ 今度選びに行ってみます。

【Read More】の件も、質問してくださってありがとうございました!!いつも応援、本当に感謝しております(^∇^)ノ
ノンノン | 2009年04月08日(水) 05:38 | URL | コメント編集

>りんさん

こちらでも本の応援・・・(*´▽`*)ありがとうございます!日傘(←これイイ!)や化粧品プロデュースかぁ・・・夢が広がりますね♪♪ 本のタイトル・・・どうしましょう。
いろんなことを妄想しつつ、「いつか」、実現できるようにがんばります!
まっすーの件、そうだったんですね、すみません、勝手に妄想が暴走してました!!(^∇^;)

ノンケミカル半年経過、お肌の調子はどうですか?本当に必要なケアのみだと、ケアにかける時間もお金も少なくすんで、ラクチンになりますよね~。肩の力も抜けて、スキンケアじたいを楽しむ余裕が出てきますよね♪



ノンノン | 2009年04月08日(水) 06:05 | URL | コメント編集

>ワンワンさん

いえいえどういたしまして!そう言っていただけて、良かったです。
ロゴナのプレスドパウダーも、「オイル単品→石鹸洗顔」で落とせますよ。

シアバターは、記事「シアバター」も参考にしてみてくださいね。ぼそぼそして塗りづらかったら、ホホバオイルとまぜて湯煎で溶かしておくと、柔らかい使いやすい状態になります。

洗顔を改め、角質を摂り過ぎないケアに切り替えるだけで、肌の調子はかなり違ってくるはずです。これからどんどん回復していけるよう、応援しています(^∇^)ノ

のりピー帽子、可愛いし機能もよいので、これからの季節には活躍します!オススメです☆ しかも安いのがいいですよね!
ノンノン | 2009年04月08日(水) 06:12 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年04月08日(水) 14:03 |  | コメント編集

o(^o^)oドキドキ・・・
なんだか、本の話が一人で歩き出すねえwwwウキキキ!!

ところで、日焼けあとは、私は最近めっきり手抜きです。
これ読んで反省したあ~~(´;ω;`)
だってせいぜい、冷やして、水飲むぐらいだもんなあ。

最近は、万事が手抜きなことに、おおいに反省しました(爆)
だって、手作りリップ、とうとう作ってないしww

紫外線が一番強くなる時期が到来。
これ以上シミが増えまくらないように気を付けるよ。
いつの日かノンタンに会った時に「ねーさん老けた~!」と言われないようにww
カフェ | 2009年04月08日(水) 15:37 | URL | コメント編集

ぴりぴり肌

はじめまして☆
いつもブログを見て参考にさせてもらっております。(#^.^#)去年から角質培養を始め、かなり敏感な肌のため、朝はお湯洗顔、ヴェレダのデイクリームにMMUでメイク、夜はマルティナでクレンジングか石鹸洗顔です。夜はホホバオイルを薄くのばし、ラップパックもしていました。 しかし、この春から花粉と乾燥のせいか、肌がぴりぴりし、少し赤いですo(><)o 日焼け止めは付けず、ホホバオイルにMMUのメイクにし、夜もマルティナでクレンジングだけにし、保護のためにマルティナのクリームをたっぷりつけてますが、ぴりぴりはずっと続いてます。毛穴もまだ目立ち、Tゾーンはテカる肌なのでやっぱり石鹸洗顔した方がいいのですかね?肌のバリアがかなり崩壊された状態なので洗顔レベルを落としてクリームで保湿していますが、ずっとヒリヒリしてます。これから娘の幼稚園の送り向かいで紫外線ダメージも怖いです。早くヒリヒリを治すにはどうしたらよいでしょうか? お忙しいところ申し訳ありませんが、お返事よろしくお願いします。
きらら | 2009年04月08日(水) 16:31 | URL | コメント編集

>せいこさん

はじめまして、こんにちは。
ご来訪ありがとうございます!

ワセリンですが、石油から取った成分なので、それだけでイメージが悪くなっている面もあります。が、実際は身体に“害”そのものは無いとのことです。身体に害はないものの、欠点は衣服に付いたら落ちにくいことや、水になじまないことがあげられます。
私はワセリンを使ったことはないので、使用感などはあくまでも調べた範囲でしかお答えできませんが、ワセリンの特徴から、肌にとってどんなメリット・デメリットがあるか、考えてみました。

先ほど、欠点は「水になじまないこと」と書きました。
通常のオイルも、水とはなじまずはじいてしまいますが、ホホバオイルの場合は「オイル」と呼び名には付いていても、実際は液状のロウ類で、ヒトの皮脂と同様、弱い乳化力があるので少量の水と混じることができます。まさに、実際に皮脂膜に存在するエステルロウの成分と同じものです。ですから、皮脂膜に近い状態を作ることができ、皮脂膜の形成を妨げません。

ワセリンの場合は、ホホバオイル以外のたいていのオイルと同様、水となじまないので、肌には悪くないにしろ、単純に皮膚表面をおおって、常に蒸発している水分(目に見えない汗)をおさえる作用のみで、その水分と“混じりあって皮脂膜の代用となる”という作用はありません。
肌に悪くはないのだと思いますが、皮脂膜により近い状態をつくるなら、ホホバオイルのほうがよいと思います。

そういえば、ノンケミカル・成分良好をアピールしたメーカーでは、ワセリンをあまり使うことが無い気がします。やはり、石油由来のものは使わないほうが消費者も安心するだろう・・・ということでしょうか。。


石鹸で落とせるメイク用品かどうかは、基本的に、「合成ポリマー」が入っているかどうかで決まります。なので、まずは成分チェックです。
これは、カテゴリーにある「よくある質問Q&A」の「スキンケア編」の、『クレンジングを使わずに済むには?』をご参照ください。

インシストのファンデーション、検索して成分をみてみました。
【全成分】
ジメチコン、パルミチン酸オクチル、イソステアリン酸ソルビタン、オクタン酸セチル、コハク酸ジオクチル、ヒドロキシステアリン酸オクチル、紅藻エキス、ローズマリーエキス、褐藻エキス、緑藻エキス、ヒアルロン酸Na、シルク、トコフェロール、甘草フラボノイド、レシチン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒマワリ油、水、BG、バーフルオロポリメチルイソプロピル、(+/-)合成雲母、アルミナ、酸化チタン、タルク、窒化ホウ素、ポリメタクリル酸メチル、ステアリン酸Mg、酸化鉄、メチコン、HDI/トリメチロールヘキシルラクトンクロスポリマー、酸化亜鉛、バーフルオロアルキルリン酸DEA、シリカ、(酸化鉄/酸化チタン)焼結物

残念ながら、思いっきり、ケミカル商品でした(^^;) 成分一覧とは、配合している量の多いものから順番に記載されています。この商品の成分のトップは「ジメチコン」。これは、合成ポリマーです。「~コン」と付くものや、「ポリマー」という言葉がそのまま使ってあるものは、合成ポリマーだと考えてよいです。、「PEG」と付くものは、合成ポリマーか合成界面活性剤のいずれかです。上の成分一覧をみると、ほかには「メチコン」、「~・・クロスポリマー」も合成ポリマーですね。

合成ポリマーがどうして肌に良くないのかは、これも「よくある質問Q&A」の「成分編」の『合成ポリマーはどうして良くないのですか?』を読んで見てください。

マルセイユの石鹸は、オリーブオイルで出来た石鹸ですよね。ノンケミカル派にも大人気の、よい石鹸だと思います。
石鹸は、なんのオイルで作られているかで、肌に合う・合わないのタイプが分かれます。オイルの脂肪酸が関わってくるからです。
私個人の好み・タイプでは、オレイン酸の多いオリーブオイル由来のものよりも、パーム油由来のパルミチン酸などの多い石鹸のほうが、肌には合います。
オリーブオイル系か、パーム油系か、でだいたい分かれますが、この特徴の違いは、記事「石鹸バンザイ」を読んでみてください。

今後とも、こちらこそよろしくお願い致します(^^)
ノンノン | 2009年04月08日(水) 16:53 | URL | コメント編集

>カフェさん

このまま、“いつのまにか”本が出来てたらいいのに・・・(爆) (^∇^;)
ねえさんは、察するところ肌バリアはすこやかだと思う。だから紫外線に対抗する力もあって、あんまりカサカサしなそう。ねえさんのケアの秘訣は、「よけいなこと」をしないから、それが良い結果を生んでいるんだと思うよ。
あとはせっかくの色白だから、しみは出ないように気をつけたいところだよね。トマトジュース飲むのなら簡単だからすぐ出来る☆
手作りリップ・・・ほんとに簡単だよ~。4種類のオイルをマグカップに入れて、湯銭して(なんなら、電子レンジでも・・・w)、てきとーなケースに流し込むだけ。ぜひお試しを♪
ノンノン | 2009年04月08日(水) 21:02 | URL | コメント編集

>きららさん

はじめまして、こんにちは(^∇^) 
いつも読んでくださっているんですね、ありがとうございます!

この時期になってから急に肌の調子が悪くなってきたんですね?「春の角質培養」の記事は読んでいただけたでしょうか?その内容で、心当たりのあることはありましたか?

スキンケア・洗顔などを変える前に、ピリピリが始まったんですよね??
新しいものを使ってのピリピリや、ケア方法を変えたときのピリピリであれば、肌に合わないもの・角質を取り過ぎる成分が入っている・角質を取り過ぎるやり方をしている・・・などが考えられます。

ですが、そういうったことがなく、ピリピリが始まったのであれば・・・「春の角質培養」に書いた内容のどれかだとは思いますが・・・どうでしょうか?肌がかゆかったりピリピリするのは、乾燥・敏感な状態であり、肌バリアがすこやかでない(=おおもとが乾燥)から、外敵刺激物の侵入に弱くなっている状態です。

肌バリアがすこやかでない・乾燥している原因はなにか、教えてくださったスキンケアから考えてみました。

>日焼け止めは付けず、ホホバオイルにMMUのメイクにし、夜もマルティナでクレンジングだけにし、保護のためにマルティナのクリームをたっぷりつけてます

まず、MMUの下地にするなら、アイリスデイクリームなど、最初から「クリーム」状になっているもののほうが適しています。ホホバオイルを下地にしてすぐに粉モノをつけるとなると、粉モノが皮脂を吸うので、ホホバオイルが「皮脂膜」として形成されてクリームになるまで時間がなく、間に合わないからです。
ホホバオイルをつけてしばらくしてから、あらたにクリームを塗って、MMUを塗る・・・というのならよいです。つまり、MMUを付ける直前に塗るものは最初からクリーム状のものがよいということです。

夜の洗顔はマルティナ、これでメイク落としになるのなら良いのですが、問題は、このマルティナは「これのみ」で洗顔の工程が終わりだということですね。レシチンで乳化し、合成界面活性剤は使っていないので、角質を取り過ぎる心配はありませんが、気になるのが皮脂の件です。
これだけだと、皮脂のリセットが完全に出来ないような気がします。ミルク状になったオイル成分(オリーブオイル)でメイクを浮かせるところまでは良いとしても、果たして皮脂汚れが顔に残らずに落ちるのかどうか、というところです。使い心地はどうでしょうか?

どっちみち、油分でメイクを浮かせるのであれば、私としては、オイル単品で浮かせ、とにかくその段階では「浮かせる」という目的だけに徹し、次に石鹸洗顔で皮脂よごれを落とします。そうすれば、酸化した皮脂を残すことなく、リセットできます。軟水で石鹸洗顔すれば、敏感肌の人がすぐにほしいであろう「皮脂膜」によるツルツルのコーティングも、洗顔の直後に得られます。

朝は水洗顔のみですね。夜がマルティナのクレンジングだとすると、夜も朝も、皮脂のリセットが無いので、酸化した皮脂が少し残った状態が続いてしまいますね。
皮脂の酸化については、記事「酸化と洗顔」をご参照ください。酸化した皮脂を残したままにしておくと、酸化は時間とともにどんどん大きくなり、角質をいためてしまいます。洗浄力を極力弱いものにしたつもりでも、朝か夜のどちらも、皮脂のリセットのタイミングが無いとなると、逆に、皮脂の酸化が角質をいためてしまうのです。

確かに、肌が極端に弱まっている時は、ノーメイクである朝ぐらいは水洗顔にして調整することも良いでしょう。となると、夜は石鹸洗顔のほうがよいかな、と思います。石鹸は何を使っていますか?

そして気になるのが、夜のマルティナのクリームをたっぷりつけている点。その夜の間に、クリームに入っている油分によって、いくらかは酸化が進みます。朝起きた時は、肌の状態はどうですか?
朝に水洗顔のみでもいいのは確かですが(肌バリアの状態が極端に弱まっていなければ、朝も石鹸洗顔が理想)、それでも、夜にクリームがたっぷりだと、逆に石鹸洗顔して皮脂のリセットをしたほうがいい場合もあります。
クリームがどんな油分を使っているかによっても、また違ってきます。

夜は寝ている間にじっくり時間をかけて皮脂膜を形成する一番よい時間なので、皮脂膜になるべく近い成分であり、皮脂膜の形成をジャマしない成分でなければなりません。もっとも、皮脂に近い成分で、皮脂膜の形成をジャマしないのは、やはりホホバオイルです。
ですから、夜はホホバオイル、乾燥しているときはそれでは足りないはずなので、シアバターをハンドプレス式で重ねます。(両手でこすり合わせて薄くのばしたものを、顔をはさむように・置くように付けること)
ホホバオイルとシアバターをメインとした、シンプルなクリームでも良いのですが、夜ぐらいは自分の力で皮脂膜を作らせるために、あえての「ホホバオイル→シアバター」という単品づかいも効果的です。

こってりしているクリームだからこそ乾燥が治る、とも限らないのです。油分によっては、皮脂膜の形成のジャマとなるものもあります。水をはじく力が強すぎる油分だと、そうなります。また、どんなに皮脂膜の形成をジャマしない油分であっても、こってり付けすぎればジャマになってしまいます。
夜など、メイクをしない時に塗るクリームは、こってりでなく「これが皮脂膜の代わりになる」ということを意識して薄く塗るほうがよいです。いったん塗ってみて、ベタベタになるほど付けすぎたと思ったら、ティッシュで軽く押さえて(※けっしてこすらない)調整してもよいです。

これに対して、先ほどのMMUを付ける前の下地としては、先ほど書いたとおり、最初から「クリーム」であるほうがよいし、MMUなどのパウダーが皮脂を吸うことを前提にして塗るので、夜に塗るよりも多めに・・・というか日焼け止めを均一に塗るのと同じような感じで塗るとよいのです。


それから、マルティナのクリームはどのタイプを使っていますか?
マルティナのサイトを見たところ、ローズでは「ローズヒップ油」が、ジンセナでは「プロポリスワックス」、「オタネニンジンエキス」などが細胞賦活作用があることに気づきました。この作用があるものは、常用するには向いていないかな、と思います。


今の敏感な状態ですと、紫外線の刺激も受けやすくなってしまいますね。紫外線カットのつばの広めの帽子or日傘、サングラスなら、外にいる時間が30分以内ならなんとかなるかと思います。お子さんがいらしゃるのなら、おそらく日傘は差しづらいかと思いますので、つばが広めの帽子がいいですね。日傘の下にいるのと似たようなかんじで、顔が日陰になります。
食べ物などでも対策できますので、「日焼け止めクリーム“以外”での紫外線対策」の記事も参考にしてみてください。
ノンノン | 2009年04月08日(水) 21:51 | URL | コメント編集

>きららさん(追記です)

長文、すみません。追記がありました。

マルティナのローズのクリームに入っている「ローズヒップ油」は、なぜ細胞賦活作用があるかといえば、リノール酸を多く含むからです。
リノール酸を多く含むオイルはほかにもいろいろありますが、「酸化しやすい」のが特徴です。

・・・となると、夜にそのような酸化しやすいオイル、しかも細胞賦活作用のあるものをたっぷり塗り、朝は水洗顔だけだから油分を落とさず、一日経過し・・・夜も完全に落としきらない・・・となると・・・
肌に負担かかかるのも、イメージできますよね。

一方、ホホバオイルは、酸化しにくいオイルです。ヒトの皮脂じたいも、酸化しにくくできているのだから、そういう点までもがすごく似ているんですね。朝の水洗顔にこだわるほど、夜のオイルの酸化しやすさ・しにくさの考慮も、必要かもしれません。

また、夜に塗るものがホホバオイルやシアバター単品ではなく、クリーム状のものを使いたい場合は、ホホバオイル、シアバターが配合されたクリームがオススメです。やはり肌の皮脂膜になるべく近いものがよいと思うので。また、酸化しにくいですしね。(シアバターも酸化しにくいです。)
夜にクリーム状のものを塗る場合は、ハンドプレス式でうすく付けるのがよいです。
ノンノン | 2009年04月08日(水) 23:47 | URL | コメント編集

v-207角質培養頑張っています。。。v-238が先週、
シアバター(精製)を生活の木で購入してつけて以来がっさがさになってしましました。量はハンドプレス程度で少なめです。ちなみに乾燥肌の子供にもつけていたら、子供もがっさがさになりましたv-12何がいけなかったのかがわかりませんv-42そのまま塗ったから駄目なのでしょうか??ちょっとサイト内を見てもわからないので質問しましたv-12お忙しいのに申し訳ないですがお暇なとき教えてください
あちこん | 2010年04月29日(木) 21:55 | URL | コメント編集

>あちこんさん

こんにちは。
お肌の調子、その後はどうですか?
シアバターの何かが合わなかったのでしょうか?オレイン酸が過剰になれば、荒れることはあります。シアバターはオレイン酸がたっぷりですので、その可能性も考えられますが、カサカサと乾燥している場合はオレイン酸が少なくなっているので、むしろ補ったほうが良くなるのですが・・・

ノンノン  | 2010年05月08日(土) 10:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/108-390a8d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。