All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.09 (Sat)

その3(36) 洗顔のしかた パート2 

こんにちは。

前回の記事、「洗顔のしかた」にて、『すすぎのしすぎは良くない!』とのことを書きました。

私はこれまで、『洗顔のしすぎはよくない』と書いてきて、その意味合いには、もちろん“すすぎ”のことも含めてだったのですが・・・ よくよく注意して話を聞いてみると、洗浄とすすぎを別モノととらえ、すすぎをたっぷりやりすぎているケースがかなり多いことに気づきました。それで書いたのが、前回の記事です。思いのほか反響がありました。やはり、すすぎのしすぎをしているケースは多かったようです。

さて、すすぎのしすぎを改めてみて、成果はどうでしょうか?



今回の記事は、前回のその内容に“追記”のような内容になります。

世間ではどうやら、『すすぎのしすぎは良くない』とは間逆の、『すすぎこそ重要である』という考えで、とにかくたくさんすすぎをする、100回すすぐ、という「100回すすぎ」なるものがあるようです。

向かうところは“美肌”で同じはずなのに、どうしてこうも意見が真っ二つになるのでしょうね。美容の世界とは不思議なものです。
そこで、どっちが正しいの?どうしてコレは良くてアレはダメなの?と混乱しないためにも、私の意見を書いてみることにします。






●ケミカルな洗顔料のしくみ
角質は自然にするっと取れるものであるのでそれをジャマししたり余計な手を加えず、成分の良いものを使い、“肌本来の力を発揮させる”・・・というのが、このブログでいう、ノンケミカルなケア。

一方、ピーリングなど角質を取ることが良いこと、という考えをベースとし、合成界面活性剤や合成ポリマーなどで“無理やり外側から、肌をどうにかしよう”・・・というのが、ケミカルなケア。

「100回すすぎ」のような、すすぎのしすぎは、ケミカルなケアにセットになってついて来るようなものです。理由はこれから書きます。



前回の記事では、すすぎのしすぎは、せっかく石鹸洗顔でできる皮脂膜(脂肪酸がコーティングしてくれてできるもの)を落としてしまってはもったいないし、そればかりか、取れるべきでない角質も取りかねない・・・ということを書きました。
しかし、ケミカルな洗顔料(つまり、石鹸ではない洗顔料・洗浄剤)では、脂肪酸のコーティングはありません。洗うだけで天然の脂肪酸コーティング作用をもつのは、石鹸だけの作用です。




ケミカルな洗顔料のしくみは・・・
(1)合成界面活性剤
合成界面活性剤で洗浄したり、ついでに保湿成分などを入れ込む。 → 汚れ・皮脂・まだ取れなくてもよい角質までもが取れ、成分浸透のために肌バリアが壊される。 → 洗顔後も合成界面活性剤は“その作用を持ったまま”肌に残り、じわじわと角質を傷める。しかし、感触上では「しっとり」しているので気づかない。

(2)合成ポリマー
(1)により「取り過ぎる」ので、肌バリアが壊れやすい、または、日々繰り返すことで壊れていっている。(特に、ケミカルなメイククレンジング使用のダブル洗顔では、なおさらのこと。)
そこで、合成ポリマーにより、ツルンとコーティングする。
→ 肌に密着し、水をはじく力が強く、皮脂膜の形成がされにくくなる。しかし、ツルンとした感触と見た目により気づかない。

これは、洗顔料に限らず、ケミカルなケア用品ではよく使われる王道のカラクリです。

(1)と(2)が剥がれ落ちたときに残る・あらわになるのは、肌バリアが壊されて乾燥したスカスカの肌。だから、ケミカルをやめたばかりの時は、ケミカルなものでごまかし、隠していた状態があらわになることがあります。ノンケミカルに切り替えたから悪くなったのではありません。




ところで、上記を読むと、(1)も(2)も肌には悪いもので、しかもそれが「肌に残り、密着している」ことがわかりますね。

だから、ケミカルな洗顔料を使った場合は、100回でも何回でも、念入りにすすいで、これら悪いものを少しでも落としたほうが、それらの肌へ悪影響を少しは小さくできるかもしれません(苦笑)。
100回すすぎで肌が良くなった、という人がいるのは、その理由は、おそらくそういうことなのでしょう。
つまり、ケミカルな洗顔料を使った場合では、すすぎをいっぱいやったほうがマシ、ということに(笑)。

でも、だったら最初っからそんな悪いものを使わなければいいのでは?・・・という話ですよね。『悪いものを使って、その後に念入りにそれを落とす』・・・というのは、ものすごく効率の悪いことです。
しかも肌へのリスクも残る行為です。いくら100回すすいでも、合成界面活性剤・合成ポリマーは完全には落としきれませんし、完全に落とそうとしたら、剥がれ落ちなくでもよい角質までも落としてしまいます。

最初から悪いものを使わない・・・つまり、石鹸洗顔をして、すすぎをしすぎなければ、肌にはちゃんと「良いもの」が残ってくれます☆
逆に、石鹸洗顔をせっかくやったのに、100回すすぎをやったとしたらどうなるでしょうか? これは、せっかくの脂肪酸による皮脂膜は残らず流されてしまい、それだけでなく、まだ剥がれなくてもよい角質層までも剥がされ、肌バリアがもろくなって乾燥してしまいます。

良いものを使うにも、やり方を間違えると逆効果です。






●それは、当たり前のこと

その他、100回すすぎを含む“念入りのすすぎ”によって『肌が良くなった♪』と言う意見に対して、私の考えを書いてみます。



●すすぎをいっぱいやった後の肌を見たら、肌に透明感がでて明るくなっていた。

→ 肌を水浸しにすれば透明感が出るのは“当たり前”のことであり、“一時的”です。
紙をぬらすと透けるのと同じく、すすぎのしすぎ・コットンパック・化粧水のつけすぎをすれば、透明感が出るのは当たり前です。しかし、それは“一時的”な状態。
“いつでも”透明感のある肌にするには、肌本来の保水力を高めてあげること。どうすればいいかと言えば、「角質層の保水力」のアップです。水分は、角質層の中でキャッチされていて、外側から与えられなくても体内から表皮へにじみ出る水分をキャッチしています。角質の取り過ぎ・角質層を必要以上に壊すことをしていては、水分を保持できない肌になってしまいます。





●すすぎをいっぱいやった後の肌を見たら、角栓がたくさん飛び出ていた。

→これも当たり前のことです。

洗顔では「取れるべき角質」は取れ、日々のターンオーバーとともに角栓も上へ押し上げられるもの。角栓が日々、伸びているように見えますが、実際は日々のターンオーバーに伴って上へ押し上げられている状態。そして、そのうちスルッと角質とともに取れる時がきます。
角栓は、洗顔によって飛び出てくるものではありません。毛穴の汚れ・角栓を取るには、通常の石鹸洗顔で“とれるべきもの”だけがスルッと取れるのであり、すすぎをたくさんやたからといって飛び出てはきません。

飛び出ているように見えるのは、洗顔後のぬれた状態では角栓が見えやすいのと、洗顔で角質が取れることで、角栓の根っこのほうだけはまだ埋まっていて、上層の角質(角栓のまわりに壁となって積まれている角質)だけがたくさん奪われたため、角栓が「長く伸びた」ように、まるで、すすぎによって「毛穴から飛び出てきた」ように見えてしまうのです。

通常のやさしい石鹸洗顔のみで、日々、伸びてくるように見えるのには問題ありません。それは、ターンオーバーとともに角質と一緒に角栓も押し上げられている上、洗顔で“取れるべき角質”だけが剥がれ落ちるので、日々、洗顔のたびに少しずつ伸びてくるように見えるのは、正常なことです。

しかし、必要以上にすすぎをやりすぎれば、角質層をふやかし、もろくし、まだ剥がれなくてもよい角質の剥がれ落ちる数も多くなるので、やればやるほど角栓が飛び出て見えます。
しかも、飛び出る長さが増えたところで、それが根っこごと取れるわけではないのです。そのあとは指やピンセットなどで引っ張って取るのでしょうか? これでは、角栓の根っこのほうにある角質(まだ剥がれ落ちなくてもよい角質)までも一緒に剥がされ、“皮脂のこびりつきやすい状態・角栓のたまりやすい状態”の繰り返し。角栓ができる肌質は改善しません。

余計なことはせず、通常のやさしい石鹸洗顔のみにとどめ、角栓の「伸び」は、ターンオーバーとともに上に押し上げられているのだ、と意識し、スルッと自然に落ちる日を楽しみに待つ気持ちでいましょう。
余計なことをしなければ、次回からは角栓そのものができない肌質になっていきます。





●すすぎをいっぱいやると、途中から顔につく水滴の玉が顔から落ちなくなる。

→ これも当たり前です。

顔にいくら水分がくっついていても、それは、水分保持力のある肌のことではありません。水分保持力とは、肌の表面に水分がくっついている状態のことではなく、角質層の中に水分を保持していることです。

肌バリアは、皮脂膜&角質層ですが、一番外側のバリアである「皮脂膜」は、水をある程度はじきます
(“ある程度”なのは、水分をある程度「吸収」もするし、皮脂と水分が混ざって「皮脂膜を形成」するためでもあります。)

よく、『若いコの肌は、シャワーの水をはじく』なんて言いますよね(明石家さんまさんとかが、よくテレビで言ってますね・・・笑)。それは、皮脂分泌がきちんとできていて皮脂膜が形成されているからです。歳をとって『シャワーの水をはじく』状態にならないというとしたら、それは、歳を取ると皮脂分泌量が減っていく(もちろん個人差はあります)傾向にあるからです。

皮脂分泌量は、単に「老化」の一言でなく、その裏には、突き詰めればいろいろあります。閉経後は女性ホルモンの影響をもろに受けるので、皮脂分泌量が影響するでしょうし、身体を動かす機会が減り血行が悪くなれば、皮脂分泌量は減ります。


話は戻りますが、水の玉をある程度はじくのは、皮脂膜あってこそのこと。はじかず顔に残るのは、すすぎのしすぎで皮脂膜がたくさん流れ落ちたため、その分、はじかなくなったのだと思います。

皮脂膜だけでなく、合成ポリマーも水をはじきます。合成ポリマーはビニールのようなもの。シリコンでも作られます。水をはじく力が強く、ケミカルなウォータープルーフ商品で多く使われます。ケミカルな洗顔料にも使われます。それは、先ほど書いたとおり、水をはじく力が強すぎるので皮脂膜の形成のジャマとなります。
ということは、合成ポリマーの水のはじき方は、皮脂膜による自然なはじき方ではなく、肌にとって「良いもの」でないのは、言うまでもありませんね。

100回すすぎで「水の玉がたくさん顔に残る」というのは、合成ポリマーを少しでも洗い流した、という意味でもあるでしょう。

まぁ、水をはじく・はじかないというのは、いわば打ち明け話であって、それを基準にして日々の肌をチェックする必要はありません。通常のやさしい石鹸洗顔をし、すすぎをしすぎなければそれで問題ないでしょう。
そして、合成ポリマーを落とす・落とさない以前に、そのようなケミカルなものを使わなければよいだけです。





新記事更新に限らず、過去の記事に追記したり、「よくある質問 成分編スキンケア編」に追記したりと、ちょこちょこ更新していますので、それらを一目でわかるようにした「更新情報」をチェックをしていただけるとうれしいです(^^)

いつも応援、ありがとうございます!!

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします。
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ

【More】

ランキングのクリックについて、質問を受けましたので、お答えします。ありがとうございます!

★Q1. 上記の2つのアイコン(スキンケア、ノンケミカル)、どちらをクリックしたほうがいいのか、どっちもしたほうがいいのか?
→  どちらをクリックしても、私自身のポイントとなり、それぞれのランキングに割り当てられますので、どちらをクリックしても同じで、「どちらか1つのみ」のクリックが有効になります。

★Q2. ランキングの一覧にある「IN」、「OUT」のポイントの意味は?
→ INは、このブログ内から・・・つまり、上記のアイコンをクリックした分のポイント。OUTは、ランキング一覧の画面上からクリックされてこのブログを閲覧した際のポイント。
・・・という違いになっております。INとOUTの合計のポイント数で、ランキングが決まるしくみです。

★Q3.このブログでINクリックしてランキング一覧にいき、再度OUTクリックしてここに戻ると、2回分のポイントになりますか?
→はい、その通り、2回分のポイントとなります。手間をかけていただき、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

18:45  |  3.角質培養  |  TB(0)  |  CM(109)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お久しぶりです

ご無沙汰してます(o^-^o)
昼間のレスが出来なくなるとのコメントみて、最近はコメントしませんでしたが、毎日見て、他の方へのレスも見て勉強してました♪
角質培養も3ヶ月経って、毛穴が引き締まり、最初は辛かったけどやって良かったな~と本気で思う毎日です(o^-^o)
が!!残念なことにまだまだ角栓があるんです~(>_<)もちろん最初より細く小さいけど、ずっとあるんです(>_<)これは、ずっと乾燥しつづけてるってことですよね…。
モコモコ泡で20秒(泡立てと最初のすすぎは精製水)、すすぎは約10回、ハンドプレスでホホバオイルと角栓部分に精製シアバター、ラップパックをしてますが、この他に出来るケアはありますか??
なかなか角栓が無くならず、やはり自分でも乾燥してるな~って感じで(>_<)良いターンオーバーをなかなか引き出せてない気がして(>_<)でも毛穴ってほんとに小さく小さくなるんだな~と嬉しい感じは実感してます(o^-^o)
シアバターはバージンの方が良いですか?

最近、石けんは洗浄力が強いからやめた方が良い。なんてのを見つけて、そんなことはないと思い、石けんについてかなり勉強しました。
結論、やはり石けんが一番良いと、より思うようになりました(o^-^o)ますます惚れました(o^-^o)石けんの歴史、石けんの特徴など知れば知るほど、洗浄力が強いからやめた方が良いと言う人の根拠はなんなんだろう?と不思議に思います。正しい知識は大事ですね♪
ひろ | 2009年05月09日(土) 20:20 | URL | コメント編集

こんばんは~。

ノンノンさんこんばんは。
私は元「洗顔のしすぎ」でしたが、ケミカル物使用の時と
ノンケミカルになりたての時はすすぎのしすぎだったかも
しれません。
ケミカルなオイルクレンジングなどだとキュッキュとならないと
気がすまなかったり、ノンケミカルになりたての頃もキュッキュと
ならないと気がすまなくてすすぎを多くした経験があります。

「洗顔のしすぎ」のところのコメントと重複しますが、
今ではノンノンさんに教えていただいて洗いすぎもなくなり、
適度な石鹸洗顔によるぬめり?にも慣れたので
洗顔に使った泡を洗い流す程度です。
結構他の方でもすすぎをたくさんやる方はいらっしゃるんですね~。
ケミカルなものだと「すすぎは多めに・・・・」という言葉を
よく効きますよね。たくさんすすぐことによる「肌がよい状態になった」
という錯覚はこわいです。
私も引き続き「洗いすぎ」と「すすぎすぎ」には気をつけたいです(^^)。

そういえばノンノンさんお勧めののりぴー帽子本当に役に立ちました。
GW中は実家に帰って子供たちとディズニーシーに行ったのですが、
曇りとはいえ(曇りがこわい)、ヴェレダの日焼け止めを塗って帽子をかぶり、
日焼け止めはトイレに行くたびに塗りなおしていたら、
半そでだったので手は赤くなりましたが、目で見る限り顔はまったく無傷?でした(^^)。
主人や子供たちは翌日顔も赤くなっていたので、ヴェレダの日焼け止めと
帽子の効果ありでした!子供にも日焼け止め塗ってあげればよかったのですが、
自分のことしか考えていませんでした(^^;)。

今まで帽子なんて暑いだけだと馬鹿にしていましたが、
のりぴーの帽子は前のツバだけが長いのがあるので、
後ろには風が通るのでそれほど暑くは感じませんでした。
ちょっと高いと思ったけど買ってよかったです。
これから運動会とかもあるので役に立ちそうです。
ノンノンさんありがとうございました(^^)。
まっちゃらて | 2009年05月09日(土) 20:29 | URL | コメント編集

>ひろさん

おひさしぶりです。毎日コメント欄ものぞいてくださって、ありがとうございます!!

石鹸の洗浄力が強い、という人がいるのは、石鹸洗顔後のつっぱり感のためでしょう。軟水で洗顔する人や、もともと水道水が軟水の地域の人では、つっぱりは感じませんが、
それでも、間違ったケアで肌が乾燥しているなら(メイククレンジングのあとに石鹸洗顔していたり、上の記事のようにすすぎをしすぎている・・・など)、せっかく軟水の石鹸洗顔でも乾燥するはずです。

そして、硬水ぎみの地域の人は、石鹸洗顔をすると、直後に違和感があります。だから、洗浄力が強い、というのでしょう。

でも、硬水が原因だとわかっていればあわてることなく、そして肌バリアがすこやかなら、10分もたてば皮脂分泌してしっとりするのですが、あわてて化粧水をつけまくったり、ケミカルなものにすがってあれこれ付けてしまうと・・・逆効果なんですよね。

石鹸のすばらしさ、ひろさんも分かってくれたようですが、軟水だと即座に皮脂膜が出来上がりますが(脂肪酸が即、皮脂膜になる)、硬水だと、洗顔で奪われる皮脂膜の「かわりの膜」がつっぱり感なのです。硬水によるつっぱり感が嫌がられて軟水が好まれるんですが、もともと悪いものではなく、皮脂が奪われた後に、皮脂分泌されるまでの間、保護してくれる膜であって、石鹸と肌のチームプレーです。

ケミカルな洗顔料には、そんなチームプレーの能力はありませんよね。石鹸ってすごいです!!

ケミカルな洗顔料は「単純」。水が軟水でも硬水でも、合成界面活性剤で洗浄するのだから、関係ない。そして、合成界面活性剤は、その強い作用を肌に長時間残すくせに、「しっとり」しているという、詐欺師みたいなもんです(苦笑)。
水に関係なくいつでもしっとり。だから、石鹸よりもケミカルなせん顔料が広まったんでしょうね。もともとは、硬水の地域が多い海外で作られ、広まったようです。

石鹸のすばらしさを知らず、ケアを間違えたり勘違いしたままだと、明らかに損ですよね!


ところでひろさんのお肌の状態ですが、成果が出てきているようで良かったです♪ でも、角栓・・・しぶといですね。けど、以前より小さく細くなってきていますよね。
ケアが間違っていなくても、季節・環境などでなかなか完璧にならないので、季節・環境によっては肌がよい状態になっても、「自分にしかわからない程度」の角栓ぐらいは、ぼちぼちできる・・・という感じかもしれません。

シアバターは精製でいいと思います。

「スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり」の記事も復習してみてください。ターンオーバーをよりよくするための、内側からのケアです。
ノンノン | 2009年05月09日(土) 20:43 | URL | コメント編集

勉強になります☆

更新楽しみにしてました!o(^-^o)(o^-^)o   すすぎを多めに、は美容の常識になってるので、私も昔はいつまでもやってましたf^_^;

いつも参考になる記事ありがとうございます☆

まだまだ角質が浮いていてザラザラですが、今までティーゾーンは1時間ごとに化粧直しをするぐらいテカる肌が、今は直さなくてもよくなり、少しずつ良い肌になっていると思います(^O^)

ヒリヒリもかなりなくなってきました(^_-)-☆

ノンノンさんのお陰ですよ!ありがとうございます☆

ところで、私は生まれて一度も顔には三角形のキメを見た事がないのですが、このままお手入れを続ければ顔にもはっきりできますか?

死ぬまでに一度はっきりしたキメ見てみたいです☆ある意味夢です(笑)ノンノンさんは三角形のキメが顔にありますか? (^O^)

それと、今もろい角質がこびりついているのを、いつか自然に取れる日を楽しみに待っている感じ o(^-^)oなのですが、、

ごわごわがましになるメイク法ってないですかね?

ゆっくりで良いのでまたお返事下さい☆
きらら | 2009年05月09日(土) 20:56 | URL | コメント編集

かゆい所に手が届きました(笑)

「すすぎのし過ぎ」について、「ケミカル」と「ノンケミカル」という角度から解説して下さり、スッキリした読後感があります。
『洗顔後も合成界面活性剤は“その作用を持ったまま”肌に残り、じわじわと角質を傷める。~~』 ── 改めて合界・合ポの怖さを知り、離れて良かった♪と、本当にそう思います。

【それは、当たり前のこと】に、ウンウンうなずきながら読めて、解り易くまとめて下さったノンノンさんブラボー☆です。そして、この記事を早くお書きになりたかったんだろうなぁ~と感じました(^^)

手作りで「クレンジング要らず」のメイクものにしてから、肌状態が安定しています。ケミによる、「悪のスパイラル」から離れられた結果が出ているのかなぁと、嬉しく思っています。また、少々のトラブルにも、(何とかしなきゃ)と、必要以上に「焦り」を感じなくなったのも精神衛生上 良いです。

今後 必要に迫られて「ケミもの」を使わざるを得ない場面もあるでしょうけれども、「日々の積み重ね」で、多少のダメージに負けない、「肌本来の力(・・・←貴ブログのテーマですね)」を整えておきたいです。

この記事とはズレますが、左欄のフラックスオイル、それ自体の風味もさる事ながら、これをかけた食材の美味しさを深~く味わってます。オイルが高価だって事もありますが(^^;)、美容や健康に効いてるんだ~と思って食べると、単なる納豆でさえ(←納豆に失礼)、凛とした気持ちで食材と向き合う事が出来、「食」の大切さを再認識しています。良いものを教えて下さって感謝しています。

毎日ではありませんが、何らかの形で家族で摂取しているので減りが早いです。夫が積極的なのにはちょっと驚いてます^^;
※ノンノンさん「オクラ」大好きで良かったです(^-^) 「野菜ジュース」もイケますよ♪

日付が変わりましたが昨日は子供達が「メロメロパーク」で遊びまくっていたので(オイオイ)、クリックのみで失礼しました(笑)

それではまた(^^)/
2332 | 2009年05月10日(日) 02:45 | URL | コメント編集

アイリスデイクリームは昼間だけ?

ノンノンさん、こんにちは!

前回もまた、丁寧で詳しいお答えをありがとうございました。
アルージェの化粧水のこと、ものすっごくよくわかりました。悪い成分が入っていないからと言っていいとは限らないということですね。確かに化粧水を付けた後はしっとりした肌になっていましたが、保湿成分がそれだけ入っていれば当然ですね。ケバ立ちも、今まで肌を甘やかせすぎた+こすりすぎていた結果が表れているんだなあと実感しています。ターンオーバーが正常に戻り、ケバが早くなくなるよう頑張ります!本当にありがとうございました。

他の質問も、全部に細かく答えていただいて感謝です。私も、体も手もホホバオイルでケアしてみようと思います。ホホバオイルってすごいな~。

もう一つ質問させて下さい。アイリスデイクリームを買おうと思っているのですが、夜は付けない方がいいのでしょうか?やさしい成分ばかりなので、寝る前に付けてもいいのかなと思ったりしています。

それでは、また楽しみにしています!!
えむ子 | 2009年05月10日(日) 18:15 | URL | コメント編集

ありがとうございます

やっぱりノンノンさんに返事がもらえると嬉しいし、安心します(o^-^o)
そうですね!あとは内側からのケアですね。
生理がまた嬉しいことに28日周期で来て、今日あたり排卵日なんですが、ここ数ヶ月徐々に排卵痛悪化で悩んでいて。やはり病院に行ってピルなど聞いてみます。二人目の授乳終わってからの生理は生理痛が和らいだのに、今度は排卵痛が分かるようになって、女性の体ってまた奥深いですね(^_^;)

石けん、軟水硬水も大きなポイントですよね♪石けんの歴史が紀元前3000年からあり8世紀には石けん業者もあって、5000年もの間、害もなく安全性を確立しているってことを知ってほんと安心です(o^-^o)それに比べて合成界面活性剤は19世紀に発明されて安全とは言い切れない(ほんと詐欺師ですよね~)のに、宣伝文句を疑いもせず信じてしまってました。ちゃんと知っていないと勿体無いですね。
シアバターは精製で大丈夫なんですね(o^-^o)
あ、そうそう私の角栓を白いヒゲ(笑)と勝手に名前をつけていたうちの旦那ですが、さっき聞いたら私の角栓が分からないと言ってます(o^-^o)もう自分レベルしか分からない角栓になったってことですね♪しかし今度は鼻がちょっとテカってるよと言われてます(>_<)やはり乾燥してるんですよね~(^_^;)
引き続き頑張ります♪
ひろ | 2009年05月10日(日) 18:34 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月11日(月) 08:29 |  | コメント編集

石鹸の脂肪酸と肌

石鹸の原材料について、
お返事ありがとうございましたv-237

そうですよね、ホホバ油はロウ類!
脂肪酸と固形石鹸について、納得しましたv-238

アボガドオイルも確かにオレイン酸が多いのですね
私も、特徴が似てるなら
より安価なオリーブ油原料のものでいいかな、と思いましたi-179

それで今度は、
オレイン酸「以外」の成分が気になって相談したいと思いましたv-22
いつも長くなりすいませんi-230


リノール酸についてなのです

リノール酸は細胞賦活作用があるので
少ない方が良いということですが
肌をケアしたりする以外に、
固形石鹸の成分も、
リノール酸が少ない方が良いでしょうかv-236

無添加石鹸を相変わらずいろいろ見ていて、
(いまも石鹸ホホバシアバターの角質培養、早寝はがんばってます!)
原材料は100%オーガニックのココナッツv-301
というのを見つけましたe-317
全成分:ヤシ油・水・水酸化Na(苛性ソーダ)
です

リシノール酸、リノール酸、オレイン酸、パルトミン酸の
ともにごく少量or入っていないのが
「ココナッツオイル」「パーム核油」
との事だったので。。

ココナッツの石鹸e-420見つけてしまったe-460i-184
という感じで少々うかれています

ただ 110g 1600円。。
これは高いですよねe-330

あわてて買ってしまう前に、
ヤシ(ココナッツ)油100%の石鹸 脂肪酸・細胞賦活作用と洗顔 高いけどメリットは?
について、
ノンノンさんに相談してみようと思った次第です。

(シンプルな石鹸であれば、そこまでこだわらなくて良いと思うのですが。。)

それから、
「敏感肌用!」らしいのですが、ある固形石鹸で
原材料は
大豆油、菜種油、パーム油
というのがありました

大豆油も菜種油も、リノール酸がかなり多いオイルですよねe-263
マイルドらしいのですが、脂肪酸についてはどうかしら?と思ったのです


またお時間ある時によろしくお願いいたしますe-266
長くてすいませんでしたe-330
aino | 2009年05月11日(月) 09:17 | URL | コメント編集

ノンタンおつかれ~!
私も、最近はほとんど、コメント欄を含めて「読むだけ」にしていますww
みなさまの、あっつ~~い気持ちがこもったコメントは、石鹸に慣れてきた自分にも、すごく刺激になるし、新たな勉強になるよ~~(*'ω'*)

今回の記事は、特にわかりやすかった気がします。
これはもう・・・本にするしか(;゚;∀;゚;)ハァハァ ww

ところで、私がついついガマン出来てないのが「角栓を引っ張っちゃう」くだり。。。(´;ω;`)
昔から、ニキビつぶしとか大好きな女なので(爆)、なかなかクセが抜けず(爆爆)
今日、大反省したので、今さらだが頑張ります(笑)
カフェ | 2009年05月11日(月) 10:36 | URL | コメント編集

ノンノンさん、大変興味深いデス(^o^)/

「洗顔の後、たくさん角柱が飛び出ていた」という項目ですが、
まさしくリアルに「このまま伸びていったらどうなるんだろう」と感じてた矢先だったので(^^ゞ解決して安心しました。

日々のタ-ンオ-バ-で押し上げられてるって事と(正しいケアをしてればムシロ喜ばしいって解釈でしょうか(笑))
そして洗顔時の濡れてる状態で、角柱が見えやすいって事なんですね・・・確かに洗顔時の角柱が一番酷くて悩みでした。

洗顔のしかた・・奥が深いデスネ~パ-ト2があったなんて~(*^_^*)
毎日勉強させて頂いてます。
なちゅみ | 2009年05月11日(月) 11:11 | URL | コメント編集

ノンノンさんへ

ノンノンさん、こんばんは
あれから、丁寧にクルクルとモコモコ泡で洗顔してみるのですが、やっぱり日焼け止めの白さが残ります(T_T)ちなみに日焼け止めはヴェレダ20です。私的には、丁寧にしてるつもりなんですが下手なんでしょうね
どうしたら良いてしょう?
使っていない椿油があるので、それで軽く落としたほうが良いのでしょうか?それとも白く残ったままにしとくべき…なのでしょうか?
いつもいつますみませんm(_ _)m
セイコ | 2009年05月11日(月) 20:21 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月11日(月) 21:07 |  | コメント編集

>まっちゃらてさん

いつもありがとうございます♪
あれから肌の調子もすっかり回復しているようで、本当にうれしく思います(^^)
のりピー帽子、いいですよね!私もすっかり毎日の必須アイテムです。顔に日陰を作ってくれるので安心感がありますね。
そう、曇りこそ怖い・・・(^^;) 曇りだとまぶしくないのでつい油断しがちですが、紫外線が出ていることには変わりないんですよね。5月、6月は1年で一番紫外線量が多くなってくる時期なので、引き続きのりピー帽子とともに乗り切りましょう!
ディズニーシー、いいですね~☆ お子さんも大喜びだったでしょうね!私はいまだに、「ランド」しか行った事がありません(^^;) 会社の福利厚生で無料で行ける日が1年に1度だけあるんですが、今年は「シー」のほうに行けるので、行ってみようかな~!
ノンノン | 2009年05月12日(火) 05:56 | URL | コメント編集

>きららさん

やっぱり、ケミカルではすすぎ多目が常識だったんですね・・・・・
テカリがおさまってきたのは、まず最初に出やすい成果です♪皮脂分泌量が正常になってきていると思います(^^)
肌バリアが整うということは、きめも整うので三角のきめもできると思います。
私は、よく肌チェックなどしてもらうと見える、肌を拡大した写真のようなもので、三角のきめは見たことがありますよ。
乾燥ぎみだときめも荒れるのが通常です。乾燥が諸悪の根源なので(「乾燥さえしなければ、肌はきれいになる」の記事どおり)、乾燥なし=きめも整う、ってことだと思います。

ごわつきはシアバターで回復しやすいのですが、成果はどうでしょうか?
下地の時点でクリームをしっかり塗ってからパウダーを重ねれば、ごわつきも収まりやすいと思います。
ノンノン | 2009年05月12日(火) 06:20 | URL | コメント編集

毎日の日課です

はじめまして、ノンノンさんm(__)m
5月始めに、このブログを見つけ、ノンノンさんのお肌に対する考え方に共感し、ノンケミカルを実践させて頂いてます。
ハマると、熱中してしまうたちなので、ノンノンさんの記事通りの化粧品を使い、軟水器を作りと、ほとんど信者のよう(笑)
でも、肌が生まれ変わるなら、こんな性格、むしろ良かったのかもです。

ところで、今回、読むだけの私が、コメントさせて頂いたのには、理由があります。
それは、ニョキニョキが出てこず、角質が培養されているのか不安なんです。
ここにコメントされてる方は、ほとんど、ニョキニョキを体感してますよね?
ニョキニョキが出ない場合もあるんでしょうか?

教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いしますm(__)m
やっち | 2009年05月13日(水) 06:38 | URL | コメント編集

回復してます☆

こんにちは☆(^O^)

今は馬油はやめて、ホホバオイルプラス、シアバターです☆

まだまだごわごわですが、ヒリヒリがなくなったので、私はすごく嬉しいです(^_-)-☆

いつもありがとうございます( ^^)Y☆Y(^^ )  それに、朝はアイリスデイクリームが使えるようになりました!!☆

古い角質のごわごわは頬がかなりひつこく、しっかりくっついています。 f^_^;

 このまま放置して自然に脱皮したら、もうごわごわは発生しないんですか?

今すごい角質の塊が頬を覆っているので、ターンオーバーで次の角層にはこのごわごわは出てきて欲しくないです(´~`;)
きらら | 2009年05月13日(水) 10:33 | URL | コメント編集

師匠!!

こんにちは
久しぶりの コメントです

ずっとクリックはしていたのですが 
なかなか 時間の余裕が取れず・・・
ノンノンさんの多忙さと比べたら まだまだ 
いつお邪魔して納得しています
タイトルとおり ノンノンさんは 私の師匠!!です

他の方も書かれてましたが ノンノンさんと 出会えてなかったら
お肌も生活も 今とは違っていましたし 意識の改革にも
つながりました

不全角化で悩んでいた肌も ホホバとシアバター 
アイリスデイクリームで改善がありましたし 皮脂過剰もスッキリです
なんといっても スッピンがきれい!!

ノンノンさんにはかないませんが 以前の肌とは・・
クレーターのあだ名を持つ私が やっと人並みに
近ずけた(●^o^●)
これからが スタートですね
ノンノンさん ついていきますね~~

洗顔 すすぎの仕方も目からうろこです
さっそく改善しました

日焼けも 勉強しましたよ~
旦那にも 外出前の野菜ジュース飲料の注意や
さっそく 野菜しぼりのストックが 冷蔵庫にできました

ずっと 気になっていた のりピー毎日帽子も注文しました
在庫切れで 20日前後の発送でした
きっと ノンノンさんの影響 間違いない!!(ちょっと古いかな)

次は軟水洗顔を考えています 軟水機取りつけか 
軟水の購入かで 迷っています 

それから お化粧に興味がなかったのですが
(クレーターだったし、見栄えもないから) 
最近目覚めました 
先日 ロフトにて3時間かかりで
基本のパフとかブラシとかの 小物やノンノンさんと同じ
チーク・アイシャドウ(ロ ナ)等を買い 帰り足は ルンルンでした
きっと 女性ホルモン 多量だったと(*^_^*) 
女性に戻れた

質問です まだ自分に会う色が分りません
ノンノンさんが取り入れている パーソナルカラーのこと 
教えて下さい どうしたら 
どこで 自分のパーソナルカラーがわかるのですか?

長々と内容がなく すいません ついつい 変わった自分が嬉しくて
興奮してしまいました
ワンワン | 2009年05月13日(水) 15:29 | URL | コメント編集

>2332さん

すっきり読んでいただいて、安心しました(^^)

ケミカルなくクレンジングを使わず、いや、クレンジングそのものがいらないメイクにすると、ぐんぐん肌が安定しますよね♪ すこやかな肌の成果を実感していただけてよかったです。

フラックスオイル、だんなさんが積極的とはすばらしいですね~☆ 家族みんなで上手においしく摂取して、減りが早いのが嬉しい悲鳴ですね(^0^;)
野菜ジュースにまぜるのは、私も時々やっています。あのこうばしい味を味わう瞬間、なんとなく心が落ち着く瞬間(?)です☆
オクラはまだ手に入っていませんが(安い時を見計らっています。笑)、じきにフラックスオイルとのコンビネーション、味わってみますね!
ノンノン | 2009年05月13日(水) 20:30 | URL | コメント編集

アボガドオイル

ノンノンさん、はじめまして。

りーなといいます。

今月に入って、たまったまノンノンさんのブログ見つけ、それはもう目からうろこでしたv-12
化粧水たっぷりの角質はがしまくりの日々でしたから・・・・・・

今年からノンケミに変えていろいろ試行錯誤していたところだったので、早速ホホバ実践中です!

今回の内容とはちょっと外れてしまうんですが、ちょっと教えていただきたいことがあるんです。

以前の記事で、セラミドのとこらへんだったと思うんですが、目の下のクマしわに良さげなのがアボガドオイル、と書かれてありましたが、ノンノンさんはそのアボガドオイルをどのように使ったんでしょうか??

実は、ホホバだけだとなんとなく物足りなさを感じたので、シアバター薄く試したんですが、あたしには合わなかったのか皮膚がぼこぼこしてきちゃったんです。
でも、目の周りのクマしわ乾燥気になるし、そのアボガド試してみようかなぁと思った次第です。でもビタミンAが含まれてるようですが、細胞賦活成分ですよね?そのへんもどうなのかなぁと思いまして・・・・・・

ホホバに少しだけアボガド混ぜて顔全体につけるのは、ノンノンさん的にはどう思いますか??

初めての登場なのにいろいろ質問しちゃってスミマセン!!!
りーな | 2009年05月13日(水) 20:36 | URL | コメント編集

>えむ子さん

アイリスのデイクリームは、成分良好ですから夜につけても問題ないですよ。
ではなぜ、メイク下地など日中用としてオススメしているかというと・・・

夜のケアでは、クリーム状のものを塗るよりも、ホホバオイルやシアバターなど単品で極力シンプルで、まだクリームになる前の段階のものをつけるほうが、肌が自分で皮脂膜(クリーム)を作る力を引き出せると思うからです。
ホホバオイルは皮脂膜にとっても近い成分であり、夜寝ている間にじっくり時間をかけて「皮脂膜」というクリームを作ってくれます。夜寝るときはすっぴん、そして、肌のターンオーバーがさかんになり、美肌が作られる時間です(特に、肌のゴールデンタイムの22~2時)。
せっかくだから、その時こそ、極力シンプルなもので、肌本来の力で皮脂膜を作らせたいと思いませんか。

もともとは皮脂膜がきちんと分泌・形成されていれば、「クリーム」というものをあえて肌につける必要はないのです。肌の天然のクリームである「皮脂膜」がきちんと形成されるように、ほんの少し手助けしてくれるのが、ホホバオイル。いくら肌の調子がよくてホホバオイルすらいらなくても、空気が乾燥していたり、寒い季節で皮脂分泌量が少ない時期もあり、そういった環境との兼ね合いもあって、「手助け」が必要なんですね。
もし、環境もバッチリで、皮脂分泌もすこやかなら、ホホバオイルすらいらないです。

そういうわけで、夜のケアでホホバオイルのみ(時には、シアバターを少量プラス)なのは、肌にとても優しく、もっともナチュラルなのです。

一方、日中はメイク下地としてデイクリームが合いますが、皮脂膜がきちんとあればクリームはいらないし、ホホバオイルのみでもかまわないのです。しかし、メイクをするとなると、パウダー類をつけるとパウダーが皮脂を吸います。なので、肌にのっている皮脂膜だけでは足りないので、クリームを補う必要があるので、下地クリームを塗ることになります。
また、洗顔→メイク という段階で、洗顔後にホホバオイルをつけても、それが「皮脂膜」となるまでには時間がかかりますね。ですから、メイクの直前では最初からクリーム状のものをさっとつけるのが効率もよいのです。

だから、日中でもすっぴんですごす場合は、デイクリームでなくても、ホホバオイルでも良いのです。夜と同じ状態です。
ただし、日中でも汗をかきやすいなら、あらかじめクリームを塗っておけば皮脂膜が流れるのを防げますし、空気の乾燥から肌を守ることもできます。

このように、夜と日中とで、すっぴんか、それとも、メイク下地として使うのか、空気の乾燥や汗のかき具合はどうか・・・など、いろんな状況・環境にあわせて使い分けます。
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:06 | URL | コメント編集

>ひろさん

私は最近、妊娠のことでいろんなことを考え、情報を得る日々なんですが、つくづく、女性の身体は奥深いな~と思います。産婦人科で、相談だけでもしてみるといいかもしれませんね。
排卵痛は、排卵そのものの時に卵巣からプチッと破れることでの痛みもそうですが、排卵前に卵巣が腫れるので痛む人もいますよね。
私は、激痛ではないですが、排卵時、かすかにチクチクとした痛みを感じる月もあります。

鼻のてかりは最後までしぶとかったりするので、あせらずもう少し様子をみてケアしていく必要がありますね。私も、鼻のてかりの解消は、後々のほうだった気がします。
鼻は汗をかきやすい部位でもあるので、メイク崩れもしやすい部位だし、女性ホルモンや睡眠、運動、寒さ、血行などの影響で皮脂分泌が多くなるとき、もっともわかりやすい部位ですからね。

角栓は、どんどん小さくなってきているんですね♪よかったです!
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:14 | URL | コメント編集

>ainoさん

ランキングの件、きにかけていただいて、ありがとうございます!
「受け付けました」などの表示がないのですが、クリックして画面が変わっている限り、反映されているはずですのでご安心ください。本当にありがとうございます!
なかなか更新もレスも遅れがちになってしまいましたが、本当に助かります☆
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:16 | URL | コメント編集

>ainoさん

リノール酸は、細胞賦活作用があるようですが、その作用は、細胞賦活作用のあるものの中では弱いほうなのかもしれません。
なので、白雪のような、パーム油の脂肪酸にもリノール酸が入っていますが、そう多くもないし、そこまでは気にしないことにしています。
というのは、ごま油もリノール酸をわりと多く含みますが、ごま油を多く含むヴェレダの日焼け止めではそう悪影響がないので、「許せる日焼け止め」としているからです。

そうですね、ココナッツ油なら完璧といえるかもしれませんね!
でも私は、白雪の安さとシンプルさと、「そこまで気にしない」の理由で、白雪です(^^;)
ココナッツの石鹸、1600円となると、さすがオーガニックが売りなのもあって高いですね・・・。

値段などはさておき、肌の効果の面でどうか?については、「ココナッツオイルの石鹸」についてもっと調べてみたいので、宿題にさせてください。すみません!


>大豆油、菜種油、パーム油
大豆そのものには、サポニンが入っており、リノール酸よりもそのほうが細胞賦活作用が肌に影響あるのが明らかです。
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:25 | URL | コメント編集

>カフェさん

いつもありがとう~!!
なかなかねえさんのブログに書き込みとかできなくなっちゃって。。ごめんね。
角栓を抜くのが楽しいのはよくわかるよ。私も、耳掃除とか、枝毛カットとか、そういう作業、好きだから(笑)。
でも、ぐっとこらえてやめてみると、角栓ができない肌になっていくよ~、みるみると!そうすると、テカリもなくなって、肌が安定します☆
最初は飛び出た角栓を取りたくてしょうがなくなるけど、日々押し上げられている角栓が旅立つのを楽しみに観察してみて!
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:30 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

角栓は、するっと抜け落ちます、ご安心を♪
そうやって自然にするっと落ちた時には、「てかりのない、毛穴の見えない」状態に近づいています。角栓についての詳細記事は「毛穴の黒ずみ(角栓)」をどうぞ。

>日々のタ-ンオ-バ-で押し上げられてるって事と(正しいケアをしてればムシロ喜ばしいって解釈でしょうか(笑))

ターンオーバーが「早い」ということはありますが(ピーリングや洗顔のしすぎなど、角質をたくさん取りすぎる行為によって)、ターンオーバーが「遅い」ということはありません。(詳細記事は、「冬の角質培養、ターンオーバーの早い、遅いとは?」)
ターンオーバーは日々行われており、角栓をほおっておけば、自然に押し上げられてきます。
ようは、「角質をりすぎる」行為をして、角栓ごと根こそぎごっそり取る、っていうことをしなければいいんですね。でも、ケミカルなケアをしていれば、それを取るのが当たり前・正しいケアと思いがちなので、「ほおっておく」ことが出来ない・・・。

いったんほおっておき、正しいケアの基本をしっかりつけてしまえば、もう角栓じたいが出来ない肌質になります♪角栓のできない肌は、毛穴そのものが見えないし、てからない、化粧がくずれないので、見た目が本当にキレイですよ(^^)
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:41 | URL | コメント編集

パーソナルカラーの件 すみません

早とちりしました

なんでも ワンワンさんに聞いてばかりで・・・

読み返してわかりました カテゴリーにきちんとありました

ごめんなさい




ワンワン | 2009年05月13日(水) 21:48 | URL | コメント編集

>セイコさん

石鹸で落とせませんか・・・・?ヴェレダ日焼け止めの「油膜が・・・」という人はたまにいますが(これは気にしすぎのことが多いですが)、「白さ」が落ちないのは不思議です・・・。
肌全体に白さが残りますか?
それとも、毛穴だけですか?毛穴に白く詰まったように残るのなら、それは日焼け止めでなく角栓だと思うのですが・・・毛穴か、全体にか、どちらでしょうか。

ノンノン | 2009年05月13日(水) 22:00 | URL | コメント編集

ノンノンさんへ

おはようございます(^O^)
お返事ありがとうございますm(_ _)m

白さが残るのは、主に顔の中心です眉の間、鼻の周り、頬の鼻側、口の周り、顎などです。
角栓なのでしょうか?もう自分では分からないので、ノンノンさんに直接みてもらいたい気持ちでいっぱいです(>_<)
ノンノンさん、お忙しいそうなのに、いつもありがとうございますm(_ _)m本当に感謝です
セイコ | 2009年05月14日(木) 08:22 | URL | コメント編集

こんにちは。

わかります!わたしもセイコさんと同じようになってます(>_<)
乾燥してる部分やかたくなっている角質?の所だけ(小鼻、眉間)わたしはミネラルファンデが落ちないんですよね~。
ミネラルファンデ自体せっけんで落ちるのでおかしいなーと思うのですが(’’;)
今まで(もうしてませんが)肌を特に触っていた部分がそうなってます。

2度洗いはしない方がいいですよね、だからわたしは落ちなかったらそのままにいして
自然に落ちる日(角質が自然に取れる日)を待っているのですが。これでいいんでしょうか(’’;)

あ、最近クレイではなくせっけんで洗顔するようにしました。乾燥も無く、
もこもこの泡で洗うのは気持ちがいいですね♪
せっけんで乾燥してしまったのはノンケミはじめてすぐだったのでノンノンさんの言う通り肌バリアが正常でなかったからのようですね。いろいろアドバイスありがとうございました(^∀^)


もも | 2009年05月14日(木) 09:38 | URL | コメント編集

ノンノンさん、お忙しいのにありがとうございます。

ノンノンさんのお言葉はくじけそうな心に本当にしみます。(・_・;)

角柱が角柱が酷いんです・・・(-_-;)今朝の洗顔の後、本当に心が折れそうになりましたぁ(~o~)前のどなたかのコメントでマスクをしたい位とありましたが、まさしくその心境デス(笑)・・・(/_;)
確かに誰も見てないつうか・・・見ても「あちゃ~」的な黙認止まりなんでしょうが・・・パッと見は角柱まで見えないけど、手鏡レベルまで近ずかれたたら・・・ヤバイです(/_;)!!自分も人と話すときって割りと見ちゃいますもんね~気にしてると特に・・・(^_^;)

でも嬉しい事もありますよ。うふふ♪もうすぐ生理なのに吹き出物が出来てないんです。意識的に甘いものも食べてないので、それもいいんでしょうか♪大豆製品もかなり増やしてマス。

ノンノンさんに嬉しい報告が一つでも出来てよかったテエ゙ス(^o^)/
なちゅみ | 2009年05月14日(木) 10:33 | URL | コメント編集

サポニン

お忙しいのにコメントありがとうございましたi-237

なるほど!リノール酸よりサポニンi-195
色々と細胞賦活作用のワナがありますねe-330

大豆製品は食べることにしますv-271
サポニンは食べると抗酸化作用があるんでしたよねv-238
内側と外側から、美肌をめざしますe-266
あわよくばダイエット効果も。。i-239

あれからココナッツの石鹸について調べてますが、
どうらや刺激を感じる方もいるようです
(あくまでも素人確認です)

aino | 2009年05月14日(木) 16:18 | URL | コメント編集

お久しぶりです♪

ノンノンさん、お仕事お疲れ様です(・∀・)!!
blog・私生活共に無理をなさらないようにして下さいね↑↑更新もゆっくり楽しみにしてます(?)w
洗顔のすすぎ、大変興味深かったです。私もすすぎ過ぎてました↓↓
それと、精製水で水道水の塩素は除去できないんですね(゜ロ゜ノ)ノというか、意味がないんですねー!!
また勉強になりました!ありがとうございました★

今、生薬やハーブが気になっていて、是非ノンノンさんのご意見を聞かせてほしい事があります↓↓

生薬やハーブから摘出した成分って素晴らしい効能を持っていて、手作り派には取り入れたいものなんですが、はたして効果があるんでしょうか?

ノンノンさんのblogを見てから、角質層までしか浸透?しないのに効果だけを謳う成分は注意するようになったのですが、生薬等も同じなのか、それとも精油の様に角質層の奥まで入り込むのかが分かりません。

生薬等が角質層止まりなら、何で精油は同じ植物から摘出したものなのに体内まで入り込むのかも、疑問なんです(・A・`)

お忙しい中、個人的な質問で申し訳ないんですが、ノンノンは、どう思われてるのか、聞かせて下さい!!
ゆか | 2009年05月14日(木) 20:08 | URL | コメント編集

日焼け止めについて

 アットコスメから飛んできて以来、過去の記事も熱心に読み込んでいっています。本当に勉強になることばかりで、、、このブログに救われたヒトはきっと大勢いると思います。わたしもその一人で、最近角質培養のおかげで、透明感がでてきている気がします。

 ところで、いま日焼け止めジプシーに陥っており、アドバイスいただけると嬉しいです。ノンノンさんのおっしゃるとおり、あまり日焼け止めに頼らないようになりたいとは思っているのですが、わたしは皮膚が薄く、焼けやすいようで、黒子も年と共に増えてきているようなので、できたら日に焼けないことを最優先したいです。

 そこで、普段使い(石鹸で落とせる用)に、オードヴィーブのサンスクリーンが候補に挙がったのですが、ナノ粒子と、酸化防止のコーティングの問題が気になってしまって、メーカーに問い合わせました。すると、

 酸化チタン、酸化亜鉛は、100ナノメートルから200ナノメートル(これは人間の細胞の40から60ナノメートル以上だからセーフですよね)
 で、メチコン(メチルハイドロジェンシロポキサン)でコーティングされているそうです。メチコンは、水溶性合成ポリマーなのですが、大丈夫なのでしょうか?
 (あと、ノンノンさんのブログにもあった、角質をとる作用のアロエとユビキノンも気になりますが、そこまでこだわると市販では本当にないですよね、、、泣)

 あと、ノンノンさんおすすめのアンナトゥモールやweledaも気になっているのですが、これらのナノ粒子と、酸化防止のコーティングについて、ノンノンさんのブログにありましたでしょうか?見当たらなくて、、もしご存知でしたら、教えていただきたいです。


 また、最終的には手作りも考えていて、二酸化チタンを使おうと思っているのですが、薬局グローバさんの低分子ベージュ色を考えています。粒子が30から50ナノメートルで、水酸化アルミニウムコーティングということですが、これは酸化防止作用はあるのでしょうか?ノンノンさんおすすめのぴのあの普通粒子型と迷っています。

 どの日焼け止めを使うにせよ、アイリスクリームとセリサイトとコーンスターチのパウダーを併用したいと思っています。あと、帽子と傘も!

 あと、日焼け止めとは関係ないのですが、アットコスメで大人気の、マルティナのローズミルク、ローズクレンジングミルクについて、どう思われますか?(ちなみにクレンジングの成分。。水、オリーブ油*、レシチン*、ダマスクバラエキス*、エンドウデンプン*、シア脂*、香料* 。。ミルクの成分。。水、アーモンド油*、カカオ脂*、シア脂*、ダマスクバラ花水*、ハイビスカスエキス*、エンドウデンプン*、レシチン*、香料*、セチルアルコール )以前のコメントなどであった、日焼け止めが落ちきらないという方にこのクレンジングはいいのではないかと思うのですが、角質培養の妨げになるのでしょうか?

 長々とごめんなさい。

 お返事はいつでもいいです。ノンノンさんのペースでがんばってくださいね。応援&楽しみにしています。

 p。s。ノンノンさんのこのすごい知識は、どういった媒体から得られているんでしょうか?わたしも勉強したいと思っています。
にゃんきっす | 2009年05月14日(木) 20:42 | URL | コメント編集

行って来ました

婦人科行って来ました(o^-^o)市の保健センターに聞いて、妊婦は診ない骨粗鬆症がメインの婦人科に行ってきました。
すごく良い先生で、よく話を聞いてくれ、内診も細かく教えてくれ、(過去、自分でも知らないうちに子宮内膜症で今は治ってることも知り)、やはり右の卵巣は取って無いので、毎回痛む左側は排卵による苦痛みたいでした。つらかったね~と優しい言葉をかけられると、ホロリときそうでした。で、結果、マーベロンという低用量ピルを処方されました。次回の生理からの服用ですが、不安反面、期待有りです☆
排卵止めたら、何か体に不都合はあるかと尋ねたところ、毎回卵巣破る方が色々負担だよ、や昔の生理の回数のことやら色々教えてもらいました(o^-^o)
これでホルモンバランス回復を願います。
ノンノンさんは最近妊娠について考えてらっしゃるんですね(^-^)ピルのことを色々調べていたら、女性の産婦人科医が書いている興味深いホームページを見つけました。色んな情報提供されていてかなり勉強になりました。
もしよろしければノンノンさんも見て下さい(^-^)
http://gxc.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fcolumn.marupoko.lolipop.jp%2F&hl=ja&mrestrict=xhtmlchtml&inlang=ja&client=ms-kddi-jp
携帯からアクセスなので、もしうまくページが見れなかったらすみません(>_<)
お鼻のテカりもありがとうございます♪でっぱりは厄介ですね~(^_^;)でも最近は毎日鏡を見るのが楽しみなほど、毛穴が良い感じです☆ちなみにニキビ跡が消えつつあります(驚)邪魔をしないターンオーバーがいかに大事かを実感中です☆
ひろ | 2009年05月15日(金) 00:00 | URL | コメント編集

すみません追記です

先ほどの、見れなかったらこちらで…
http://column.marupoko.lolipop.jp/
『まるぽこうさぎ』さん、のになります。
では失礼します(o^-^o)
ひろ | 2009年05月15日(金) 00:09 | URL | コメント編集

はじめまして

はじめまして。最近このサイトを知り、勉強させて頂いてます。

一つ質問なんですが、洗顔はびがんこを使っているのですが、泡と違って簡単にはすすげないのですが、これも石鹸と同様少しのすすぎでいいですか?

あとリキッドファンデーションはジェーン・アイルデールを使っていますが、こちらの使用はやめた方がいいですか?

お忙しいと思いますが、回答宜しくお願いします。
キョロ | 2009年05月15日(金) 18:35 | URL | コメント編集

>ナツさん

はじめまして、こんにちは。
いつも見ていただいているとのこと、しかも熱心に実践して参考にしていただき、ありがとうございます!
コメントが途中で切れてしまっていますが、ザラザラや脂漏性皮膚炎、うろこ状・・・などのキーワードから、私のアドバイスできる限りでコメントさせていただきます。

角質培養2ヶ月目とのことですが、やり方に間違いや「落とし穴」があり、それに気づかないと成果は2ヶ月目ではまだ分からないかもしれません。大きなケアの間違いがなくても、今までのツケがあったり、またはケアの「コツ」のような感覚をつかめないと、2ヶ月でも手ごたえをなかなか感じられないこともあると思います。

まず、ジョンソン&ジョンソンのSPF30の日焼け止めを使っているという点が気になりました。他のケアをどんなに肌にやさしい方法に切り替えても、ケミカルでしかもSPF30のものとなると、肌への負担は大きいだろうと想像できます。石鹸で落とせるとのことですが、成分を調べてみました。

【全成分】 シクロメチコン、ジメチコン、酸化チタン、セチルジメチコン、イソノナン酸イソトリデシル、パルミチン酸オクチル、水、(スチレン/DVB)コポリマー、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水酸化Al、BG、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、モモ葉エキス、PEG-9メチルエーテルジメチコン、スクワラン、ステアリン酸、酸化ジルコニウム

いきなり、トップから合成ポリマーが2つ並び、そして当然入っている酸化チタンの次は、またもや合成ポリマー。それ以外にも (スチレン/DVB)コポリマー、PEG-9メチルエーテルジメチコンも合成ポリマーです。名前に「~コン」とつくものや、そのまま「ポリマー」とつくものは、たいてい合成ポリマーです。
こんなに合成ポリマーがたっぷりだと、石鹸では完全に落とせないのでは?と思います。
また、後ろのほうに書かれているので量は少ないかもしれませんが「スクワラン」は、細胞賦活作用があると思われるので、角質培養の妨げになりそうです。
それ以外のカタカナの成分は・・・一つ一つ本で調べないと詳細は分かりませんが、ノンケミカルな商品ではあまり使われない・見かけないものもあり、好感度はそう高くない感じです。

この日焼け止めを使うかやめるかで、かなり肌の安定・成果は違ってくると思います。

ザラザラしているのは、「乾燥」している状態です。角質が取りすぎていたり皮脂膜の形成がうまくいっていなく(合成ポリマーがあればなおさらのこと)、肌バリアがすこやかでない状態です。
脂漏性皮膚炎・うろこ状のカサカサということは、なにか合わないオイル類の与えすぎに心当たりはないでしょうか?
ホホバオイルの場合は、脂肪酸構成の点からみてもそうなる原因にはならないと思います。ホホバオイル以前・・・ノンケミカルのケアを始める前まで、クリームやオイル類はどんなものを使っていましたか?
まずはジョンソン&ジョンソンの日焼け止めをやめて様子を見てみてください。日焼け止めはアウトドアや30分以上外にいるような時ぐらいにし、それ以外の時は、今は日焼け止めよりも「肌に負担をかけない、成分のよいクリーム(手作りか、ヴェレダのアイリスデイクリームがオススメ)でしっかり保護するほうがよいでしょう。
ノンノン | 2009年05月15日(金) 21:31 | URL | コメント編集

>やっちさん

はじめまして、こんにちは。
軟水器まで作られたんですね!!うれしいです(^^)ノ☆

ニョキニョキ、つまり「角栓」が出てこないんですね。

角栓は「乾燥している」という証のようなものなので、ケミカルからノンケミカルに切り替えたばかりの乾燥をこれから治して行く時期では、当然のように角栓ができやすい状態です。
しかも「洗顔しすぎ」や「ピーリング」、角栓を押し出す・・・というのをやめるので、今まで、角栓ができても初期の段階で、角質ごとごっそり落としてしまっていたのが、それをやらないことで、日々、角栓の長さと向き合うことになります。

ということは、角栓が出来ないということは、「乾燥していない」という喜ばしいことか、または、ケアのやり方が間違っていて、角質ごとごっそり角栓も落としているか・・・どちらかといえます。
しかし、このどちらかだけではなく、「乾燥はしているものの、何からの理由で角栓ができにくい」肌質もあるかと思います。
これについては私も勉強不足で、しくみを説明できませんが・・・
ブログ読者の方で、時々、同じように「乾燥している。でも角栓はできない」という方がいます。

角栓は、乾燥によって皮脂が毛穴周辺にこびりつきやすい、というのが原因・きっかけでできるものです。それができないということは、乾燥している肌でも、皮脂が毛穴周辺にこびりつきにくい、なにか理由があるのかもしれません。

しかし、角栓ができないと肌が回復しない・・・というわけではないので、むしろ、角栓の無い肌・角栓そのものが出来ない肌質にしたくてみんな必死なのですから、あまり角栓にこだわらなくてもよいかと思います。

乾燥の程度によっては、角栓ができても、すぐにやさしい洗顔程度でするっと取れるので、もしかしたら、角栓がまったく出来ないのでなく、気づいていない・たんに目立たないだけの可能性もあります。
乾燥肌がじょじょに改善されていけば、角栓が太くて長い人も、細くて短く、短期間ですぐにするっと取れる角栓になっていきます。
ノンノン | 2009年05月15日(金) 21:52 | URL | コメント編集

>きららさん

ゴワゴワと角質がくっついているのは、その下の肌が乾燥しているため、なんとか乾燥から肌を守ろうとしてのことです。冬に多い乾燥肌と同じ原理でしょう。
「乾燥さえしなければ、肌はキレイになる」の記事のとおり、乾燥肌の状態もいろいろあり、カサカサ・ゴワゴワの冬タイプだけでなく、皮脂分泌の過剰のベタベタ状態も乾燥です。
乾燥している肌を守るため、皮脂が過剰分泌しているのです。皮脂をいっぱい出して、肌を守ろうとしています。冬にこうならないでカサカサなのは、寒いので血行が悪くなり、皮脂分泌量が減ってしまうためです。

きららさんの場合も、なんらかの原因で皮脂分泌量が不足ぎみなのではないでしょうか。皮脂分泌が少なければ、「皮脂膜」ができにくくなるので、当然乾燥につながってしまい、時にそれがもっとすすめば外敵刺激に弱い敏感肌になります(ヒリヒリはそういうことでしょう)。それで、肌を守るとなると、角質がしぶとくくっつくというゴワゴワの策しかなくなるのです。

ターンオーバーでゴワゴワがいつか剥がれ落ちるのはそうなんですが、ゴワゴワしている時点で、本来は剥がれ落ちるタイミングはもう過ぎているということです。「なかなか剥がれ落ちない」のは、先ほどから書いているとおり、乾燥から肌を守ろうとして、必死でしぶとく、ぎりぎりまでしがみついているからです。
肌が乾燥していなければ、それか皮脂分泌がもっとあれば、角質は「剥がれ落ちるべきタイミング」「のとおりに剥がれ落ちるので、ゴワゴワになることはありません。

なかなか、ターンオーバーの波に乗れていないと思われます。
まず、ターンオーバーのサイクルをよい波に乗せてあげないと、ゴワゴワはいつのターンオーバーでも、つねにあることになります。

まず皮脂分泌を正常にすることですね。
ホホバオイル、シアバター、アイリスデイクリーム(またはそれ以外の肌に合うクリーム)、これらはスキンケアの面ではじゅうぶんですが、
スキンケアだけでなく、他の面からも考えて見ましょう。うでまわしや軽い運動(血行が良くなり、皮脂分泌が正常に)や、女性ホルモンの面(エストロゲン分泌で皮脂分泌が正常に)、睡眠(22~2時の質のよい眠りで、皮脂分泌が正常に)・・・などなど。

記事「ターンオーバーの悪循環・好循環」もご参照ください。
表皮の状態が良くない(=乾燥している)と、真皮が『大変だ!』と新しい肌を早く作ろうとするので、結局また、未熟な細胞が生まれてきてしまいます。この悪循環をたちきって、好循環の波に乗せてあげましょう。
好循環のターンオーバーは、肌の表皮の状態がよければ、真皮も安心して、成熟したよい肌細胞を生み出すことです。
悪循環・好循環、どちらも、「肌の表皮の状態が真皮に伝わる」ということ。

好循環は、ラップパックが有効です。ラップパックで角質層に水分を一時的に保持するため、真皮が安心し、好循環になっていくのですが、きららさんの場合は角質層を整えるだけでなく、もっとも重要なのが、先ほどにも書いた「皮脂分泌」のようです。
ノンノン | 2009年05月15日(金) 22:10 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月15日(金) 22:16 |  | コメント編集

ありがとうございました

お返事ありがとうございました。コメントが長すぎて切れてしまっていてすみませんでした。日焼け止めはヴェレダのSPF20のものかアンナトゥモールのものを買おうか悩んでいます。ただヴェレダはウォータープルーフで毎日使うのには不安があること、アンナトゥモールは石鹸で落ちるのかが不安ということで購入に至っていません。何か他にお薦めの日焼け止めありますか?手作りだと酸化チタンの量の調節がうまくいかないので…ジョンソン&ジョンソンの日焼け止めは石鹸で落とせると書いてあったのですが合成ポリマーだらけで落とせそうにないのですね…もっと成分について勉強します。また、ホホバの前はオリーブスクワランを愛用していました。長々と失礼しました。
ナツ | 2009年05月16日(土) 08:32 | URL | コメント編集

>ワンワンさん

こんにちは。おひさしぶりですね。いつもクリックしてくださって、ありがとうございます!
皮脂分泌過剰がおさまり、「すっぴんがキレイ!」との実感、それは確実に成果が出ているようですね☆ 良かったです!
肌バリアが少しずつすこやかな状態になって成果が出てくると、皮脂分泌の過剰がおさまってテカリが収まってくるのと、「なんとなく、肌に透明感が!」というのが実感してきます(^^)
こうなってくれば、ファンデ無しで「手作りのフェイスパウダー」の記事にある、「セリサイト、コーンスターチ」のみの白いパウダーのみでも、『けっこうイケる!!』と実感するかと思います。
毛穴を気にしていてまだまだ改善中、という方でも、仕上がりがキレイ、すっぴんっぽいのに、さりげなくキレイに仕上がってよい、と好評です。よかったら、ぜひお試しください(^^)

のりぴー帽子が在庫切れの状態とは、すごいですね!私のブログの効果だったらすごいですが(^^*)時期的に、紫外線対策で日傘などが売れ出す時期だからかもしれませんね。帽子はあると安心感があります。もう、これなしで外は歩けません(笑)。いや、ほんとに、帽子がないとまぶしくてまぶしくて。日傘はさせる限りさしていますが、させない時は帽子が頼りです。

パーソナルカラーの記事、見つけてくださいましたね。自分に合う色を知ると、洋服や小物選びが楽しくなるし、ものを選ぶときの「どっちにしようかな」とか、「これ、似合うかな?」という種類の迷いがなくなったり、マネキンに飾ってあるのはかわいいのに、自分にあてて鏡に映したら似あわない・・・という時の理由も明解、いろいろと便利で楽しいです。無駄遣いが減り(笑)、お気に入りには愛着が増します。ぜひ、パーソナルカラーを見つけてみてください。

ノンノン | 2009年05月16日(土) 11:02 | URL | コメント編集

>りーなさん

はじめまして、こんにちは。

私の場合も、シアバターは確かに乾燥によいのですが、目の下のちりめんじわの解消のために厚めに塗っても、あまり効果が得られなかったのが実感でした。また、シアバターは目の下に限らず、他の部位でも乾燥の際に「薄く」塗ることで効果を発揮してくれ、厚く与えれば与えるほど良くなるともいえず、やはり「ハンドプレスで薄く塗る」のが適しています。
さらに、シアバターの「未精製(バージン)」のものだと特に、たっぷりつけすぎればポコポコが発生しやすくなります。シアバターはオレイン酸を含むので、乾燥していてオレイン酸が少ない状態には補充となるのですが、肌のオレイン酸が多すぎるとポコポコが出たりして、逆に肌が荒れて乾燥することもあります。ですが、精製してあるものでは一応そうならないとのことで、私は精製のほうを使いつつ、「ハンドプレスで薄く」にしています。

目の下のちりめんじわには、ホホバオイルを他の部位よりも多めに塗ると効果的でした。ホホバオイルも薄くハンドプレスですが、目の下だけは多めでもよいです(たしか、「オイル、クリームの塗り方」の記事に書いてあったかもしれません)

アボカドオイルは、つけ方は薄く指にとって目の下にちょんちょんと伸ばす、ふつうのつけ方です。脂肪酸構成から、「擬似セラミド・細胞間脂質」の役割を果たしてくれると思ってのことですが、「毎日」は使うより「時々」のほうが効果があった気がします。(これは、セラミドの記事では書いていなかったですね、すみません) ですので、基本的には毎日のケアではホホバオイルを厚めに、をオススメします。

アボカドオイルの細胞賦活作用については私も調べたことがありますが、決定的なことがわからずじまいでした。確かに、ビタミンAもあるので、弱いながらも細胞賦活作用、あるのかないのか・・・。ただ、「精製」してあるアボカドオイルなら、ビタミンの量はほとんどなくなっていて、重視するのはほとんど「脂肪酸構成」のほうです。

ホホバオイルに混ぜてうすく・・・という方法ですが、アボカドオイルもオレイン酸を含むので、オレイン酸の補充の意味でも、シアバターのほうがいいかなと思います。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 11:15 | URL | コメント編集

>セイコさん

セイコさんの次の「もも」さんのコメントを読んで、どういう意味なのかイメージできてきました。白さが残るというのは、肌のガサガサしたところに入り込んで取れない、という意味でしょうか?
残っているのは、日焼け止めか、それともその上からはたいたパウダーでしょうか?

ガサガサの原因は、乾燥しているからです。
ガサガサについては、「冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは?」を参照ください。「よくある質問」のスキンケア編の中にも、ガサガサについて、それを取ってもいいのかどうか?というQ&Aがあるので読んでみてください。

ガサガサは、冬に多い乾燥と同じ状態で、「皮脂分泌が少ない」ことが関係しています。皮脂分泌量があれば、乾燥したときには肌を守ろうとして、「皮脂の過剰分泌」の状態になり、Tゾーンだけべたついたり、またはオイリー肌になったり、ギトギトっぽくなります。
しかし、冬は寒くて血行が悪くなるので皮脂分泌量が減りがちになるので、そのような症状にならず、かわりに、ターンオーバーでもうとっくに剥がれ落ちてるはずの角質が、しぶとくがんばってこびりついている状態です。そうやって、乾燥から守ろうとしているのです。

ですから、ガサガサのすぐ下には、乾燥して、「何か(皮脂か、角質か)」で守らないとやってられない状態の肌があるということです。
ガサガサの中に入り込んだものを取ろうとすると、ガサガサも一緒に取ってしまうことになりますよね?そうすると・・・乾燥肌がむき出しになり、また同じことの繰り返しです。
ですから、無理して取らないほうがいいですね。それが日焼け止めでなく通常のクリーム(成分のよいもの)なら、多少残ったとしてもそう心配いらないです。
パウダー類は何をつかっていますか?パウダー類も、酸化チタンなしなら・・・「コーンスターチ、セリサイト」のみなら、残っても心配いらないです。
完全に落とそうとして角質を無理に落とすほうが、肌に負担になります。

皮脂分泌を正常にするため、スキンケア以外での面からも整えてみることと(軽い運動、女性ホルモン、睡眠など)、パウダー類を重ねる前に、下地となるクリームでしっかり保護してください。
日焼け止めなど肌に負担になるものは、今は本当に必要なとき以外はなるべく使わないほうが、肌の改善のためによいです。

また、肌のターンオーバーをスムーズにし、質のよい肌細胞が生まれてくるように働きかけてあげる必要があると思うので、「スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり」の記事を参照してください。スキンケアの角質培養は「守り」ですが、その記事の内容は、内側からの積極的な角質培養で、「攻め」の方法です。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 11:31 | URL | コメント編集

>ももさん

ももさんのコメントで、「石鹸で落ちない」の意味がイメージできました。なるほど~。
セイコさんへのレスの内容を参考にして、検討してみてください。
ももさんの考えるとおり、ミネラルファンデなら石鹸で落ちないはずはないですよね。肌のつるんとした表面にくっついたミネラルファンデなら、石鹸で落ちるはずですし、それどころか、水(お湯)でも流れ落ちるといっていいぐらいです。
角質が固い部分、ガサガサした部分がそうなっているんですね。そういわれて、意味がようやくわかりました。

角質は確かに、自然に剥がれ落ちるときがきます。
しかし、角質=ガサガサしているもの、というわけではなく、正常な・すこやかな角質の状態は、「角質」であるということ自体に気づかないほど、表面がつるんとしたなめらかな状態のものです。
セイコさんへのレスと重複しますが、
ガサガサしているのは、本来はとっくに剥がれ落ちてもいい段階の角質が、しぶとくくっついている状態です。ですから、「そのままにしておけば、いつか治る」というよりも、なぜそういう状態になっているか・・・?を考えれば、皮脂分泌が少ないのが原因です。

「春の角質培養」の記事のとおり、冬は皮脂分泌が少なくてどうにもこうにもガサガサしやすかったのが、この時期、暖かくなってむしろ暑くなってくると、皮脂分泌量は多くなっていくのが通常です。冬に乾燥してガサガサ気味だった人は、急に皮脂分泌が増えることで今度はニキビができやすくなったり(皮脂がこびりつきやすい状態だから)と、「春の角質培養」の記事のようなトラブルがいろいろ出てきたりします。
ガサガサ気味だとしたら、なんらかの原因で皮脂分泌がうまくいっていないのかもしれません。
セイコさんへのレスと同様の内容ですので、そちらをごらんになり、検討してみてください。

また、ケミカルだちして間もないのなら、まだまだ「これから」かもしれませんね!

石鹸での洗顔、乾燥がなくなってきた手ごたえがあったようでよかったです☆
記事に書いた「すすぎのしすぎ」にも注意すれば、脂肪酸がコーティングしてくれるので、上のような皮脂分泌がうまくいかない状態にも、力になるはずです。肌がどんどん改善されるよう、応援しています!
ノンノン | 2009年05月16日(土) 11:45 | URL | コメント編集

ありがとうございます☆

詳しく回答して頂きありがとうございます(^O^)

表皮のダメージが真皮まで伝わるとは、今のケアと生活リズムが後々のお肌にも影響してくるんですね!w(゚o゚)w

前から睡眠時間は美容のために早めにしており、食事も主食は玄米で、バランス良く食べています。ヨガと筋トレを毎日20分位してます。
自転車はやめて毎日サンバリアの日傘さして1時間は歩いています。

結構努力してるので、これから少しずつ成果が出る事を期待してます(>_<)
顔の下部分の角質がまだこびりついてますが、頬は少しずつなくなってきました(^O^)

角質が自然に取れた後の肌なんですが、白くて綺麗ですが、毛穴の大きさは前と変わらない感じですf^_^;

毛穴はまだまだ時間がかかりますよね?

それから、美容のために資生堂のコラーゲンのドリンクをまめに取っていて、飲んだ次の日は明らかに肌がピチピチしている気がします。

コラーゲンの記事にもあるように、飲んだからと言って肌に栄養が届くはずはないのですが、@コスメでもすごい良い評価なので、これはどういう事なんですかね?

よく飲んでいてお金も結構かけているので、ノンノンさんのコラーゲンの記事を読むと、やっぱり意味がないのかなぁ、でもピチピチするし。。と迷っています。

もずくなどの海藻を食べても肌がピチピチしている感じが分かりません。

ノンノンさんはどう思われますか?o(^-^)o
きらら | 2009年05月16日(土) 11:48 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

生理前、いつもは吹き出物がでていたんですか?
それが出なくなってきたのなら、肌バリアが少しずつでも整ってきている証ですね!よかったです。
乾燥していると、毛穴周辺に弾力がなく、皮脂がこびりつきやすい状態なので、生理前の皮脂分泌が多くなる時期は、とたんに皮脂がこびりついてたまり、ニキビなどにつながりやすい。でも、そうならなくなったということは、皮脂分泌が増える時期に振り回されない、それに打ち勝てる状態になってきたということです。

皮脂がこびりつきにくくなってきている、ということは・・・今飛び出ている角栓たちが自然に落ちてから、次回からは、少しずつ、角栓も出来にくい肌になっていくはずです。今までのケアのつけなどから、一気にはなくならないとしても、今までより細く・短く・できたとしても短期間で落ちるものに。そして、いずれは角栓じたいが出来ない肌になります。

大豆製品などでの女性ホルモン分泌も、皮脂分泌を正常にしていく効果があります。肌バリアを整えるには効果ありです。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 11:52 | URL | コメント編集

>ainoさん

サポニンを含む大豆製品は、女性ホルモンのためにも有効な成分です♪ 女性ホルモンが整えば、皮脂分泌量も整うので肌バリアをすこやかにします。

サポニン以外でも、細胞賦活作用のある可能性のある成分一覧をながめると、「食べる・口から摂取する」ことでは効果があるのに、肌に塗ることでは余計なお世話になる・・・というものがすごく多いですよね。

そうそう!!牛脂の件で分かったことがありました。
昔は、石鹸といえば牛脂を入れるのが主流で、牛脂+ココナッツオイル、などが多かったそうです。牛脂の脂肪酸バランスは皮脂膜のそれと似ているとおり、バランスには問題ないのですが、ただ欠点は、
『牛脂のステアリン酸は、低温では溶けにくく、分解されにくい石鹸カスができやすい』ということだそうです。

肌に悪さをするわけではありませんが、水道水の硬度が高めの地域では向いていないかもしれませんね。
ココナッツやパームの場合は、低温でも解けやすく、石鹸カスはできにくいのだそうです。

ココナッツオイルで刺激がある人がいるのは、ココナッツオイルに含まれる「カプリル酸、カプリン酸」の影響かもしれません。量はごく少ないのですが、これらの脂肪酸は、肌に刺激のある脂肪酸です。

ノンノン | 2009年05月16日(土) 12:11 | URL | コメント編集

>ゆかさん

おひさしぶりです!
生薬・ハーブですか・・・難しいですね。一口に生薬といっても、いろ~~んな種類があると思うので、効果や作用の仕方はそれぞれだと思います。ですから、角質層までしか浸透しないものもあれば、それ以下に浸透するもの・・というような違い・差もあるかもしれませんし、
中には細胞賦活作用のあるものもあるかもしれません。傷を治すなどの効用があるものは、その可能性はありそうですね。

そして、角質層までにしか浸透しないからといって、肌に成果がないとも限りません(よくも悪くも)。たとえ角質層にまでしか浸透しないものでも、それが「角質層内で成果が発揮される成分」なのであれば、肌への成果はあると思います。

たとえば、生薬とは違う例ですが、ビタミンC。これは、分子が大きくてそのままでは浸透しないので、合成界面活性剤を添加して浸透しやすくしたものが「ビタミンC誘導体」です。それには「Na」と「Mg」の2種類があり、Naは水溶性で角質層まで、Mgは脂溶性で角質層より下部まで浸透できるものです。ビタミンCの場合、メラニン色素に働きかけてこそ効果を発揮するので、Mgのように角質層より下部へ入っていくものでなければ意味がないことになります。
しかし、ビタミンC誘導体じたいが合成界面活性剤の一種なので、下部まで入っていけるタイプのほうが、肌バリアにとっては負担が大きいものともいえます。

合成界面活性剤の力をかりなくとも、そのもの単品で角質層より下部へ浸透できるもの・・・たとえば精油のようなものなら安全ですね。

そして、馬油の場合だと、これは角質層内までにしか浸透しませんが、角質層内で擬似セラミドのような働きをし、プルプルに満たす効果があります(合う人と合わない人がいますが。理由はおそらく、脂肪酸の関係?)。角質層より下へ浸透しなくても効果があるのです。

このように、目的に応じて、角質層までか、それより下かで意味が違ってくるのでは?と思っています。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 13:40 | URL | コメント編集

>にゃんきっすさん

たくさん読んでくださっているとのこと、ありがとうございます!

ほくろですが、紫外線の影響をうけてできやすい「しみ」のようなものと同じく考えるとすると、肌バリアが整えば、しみじたいできにくくなりますよ。
日焼け止めもいいのですが、毎日使うとしたらかなり成分に気をつけて肌に負担のならないもの(いくら成分がよくても、ウォータープルーフを毎日・・・だと負担になります)にしないと、肌が安定しにくくなります。・・・といっても、ブログで書いているとおり、ウォータープルーフでないもので細胞賦活作用もないもの・・・と完璧なものは、見つかっていない状態です(涙)。

合成ポリマーで酸化チタンをコーティング・・・ それ以外に合成ポリマーを使っていないのなら、石鹸では一見落とせる・落としやすいかもしれませんが、石鹸では完全に落としきれないのでは・・?と思います。その日焼け止めはあっとコスメでも人気ですが、合成ポリマーで酸化チタンがコーティングされているとは知りませんでした~!全成分表示では記載されていませんよね?これを知ったら、使いたくなくなる人が続出するのでは・・・?(^^;;)

また、アロエやユキノビンの細胞賦活作用が気になるのにあわせ、「酸化亜鉛」がどれぐらい入っているかが気になります。全成分表示は、多く配合されている順番にかかれますが、どのへんに記載されていますか?
酸化亜鉛はUVAをカットするのでよいのですが、その代わり、乾燥させる傾向があります。少量で成分表示の後ろのほうにかかれていれば許容範囲です(ヴェレダのSPF20にも入っていますが、後ろのほうに記載されていて、使ってみても乾燥は実感しなかったので許せる範囲です。ヴェレダのこれにウォータープルーフでないものがあればよかったんですが・・・。でも、石鹸で落とせるのは魅力です。)

記事の「日焼け止め以外での紫外線対策」も参考にしてみてください。帽子、かさ、サングラス、ビタミンC(外出前・後)、睡眠などの生活習慣も、日焼けのしやすさに影響してきます。

とりあえずUVA対策は、私は「セリサイト」を使うことでしのいでいます。

それにしても、日焼け止め・・・ふだんづかいにちょうどいいのが出てほしいですね。。
ヴェレダの日焼け止めは、酸化チタンは油脂でコーティングしてあります。(「日焼け止め」の記事のヴェレダのところに書いてあります) 酸化チタンの粒子も問題ありません。
ヴェレダ・・・優秀ですよね!あとは、ウォータープルーフでないものがあれば完璧なんですが(^^;)

酸化チタンを手作りで取り入れるには、ぴのあはコーティング無しなのでセリサイトをセットで使う必要があります。薬局グローバのもの、水酸化アルミニウムでコーティングしているなら安心ですね。活性酸素発生を抑える効果、ありますよ。粒子が少し小さめですが、まあなんとかなるでしょうか(笑)。ぴのあよりも、コーティングされている分だけ安心かもしれません。そして、石鹸でも落とせますね。
記事に追記したいと思います。よい情報、ありがとうございました!


マルティナのクレンジングですが、使ったことがないのでなんともいえませんが、以前もこれについて、どなたかにレスしたことがありました。マルティナ側では、これひとつで洗顔終了できる、と言っているそうですが・・・ 成分を見る限り、洗浄剤となるものがなく、乳化されたミルクだけで洗顔を終えるとすると、せいぜい「レシチン」による力だけで、皮脂汚れなどを洗浄させる・・・ということになり、どうもしっくりきません。
そのせいか、「これだけではメイクが落ちない」という人もいるようですね。だからといって、石鹸との併用をして、どの程度「洗顔のしすぎ」になるかは・・・微妙なところです。

メイクが落ちにくい時にこのようなものを使って、一番避けたいのは「洗顔のしすぎ」の状態になってしまうことです。

さきほどレスしてありますのでそれも参考にしていただきたいのですが、合成ポリマーなしの日焼け止めや、ミネラルファンデなら石鹸で落ちるはずであり、落ちないとしたらメイク用品そのものの成分に原因はないのでは?と思っていたのですが、どうやら、肌のざらつきなどに埋まっている・・・などの問題かもしれません。

それとは違った意味で、メイクそのものが落ちずに残っているなら(アイライナーなど目のまわりは、洗顔の仕方によって残ることもあります)、マルティナのようなものを使わなくてもオイル単品(ホホバオイルや椿油など)で少しうかせ、ティッシュで押さえ(けっしてこすらず、やさしくおさえて皮脂をティッシュに吸わせる)、それから石鹸洗顔・・・という方法で十分な気がします。
マルティナのクレンジングにもオイルが入っており、メイクなど皮脂汚れを「浮かせる」のはオイル類の力です。ですから、シンプルにそれだけを使えばいいかな、と思います。

知識の量・・・いつのまにか、という感じです(笑)。ネットや本、雑誌など・・・自分の好きな分野だと、どんどん入ってくるもの・・・ですよね?
ノンノン | 2009年05月16日(土) 14:17 | URL | コメント編集

>キョロさん

はじめまして、こんにちは。
びがんこでの洗顔なら、石鹸洗顔の「泡を洗い流す」という方法とは違うとは思いますが、同様に「粘土を洗い流す」のさえできていれば、あとはすすぎを何十回もやったりする必要はないと思います。
洗浄剤(石鹸や粘土など)さえ落としていれば問題ないでしょう。

ジェーン・アイルデールは、使ったことがありませんし初耳ですが、成分を見てみました。

【全成分】 水、ポリメタクリル酸グリセリル、グリセリン、コンドルスクリスプエキス、窒化ホウ素、ヒアルロン酸、海藻、リン酸アスコルビルMg、スクワラン、フィトナジオン、ユビキノン、ステアリン酸、カミツレ花エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、トウキセンカエキス、バニラタヒテンシス果実エキス、アーモンドエキス、アロエベラ葉エキス、カンテン、マイカ、酸化鉄、酸化チタン

見る限りでは、合成ポリマーは使っていないし、乳化しているもの(合成界面活性剤)は「ポリメタクリル酸グリセル」ひとつなので、許容範囲ではないでしょうか。
ただ、厳密にいえば、細胞賦活作用の可能性のあるものはいくつかみられます。(スクワラン、ユビキノン、アロエ) 
ノンノン | 2009年05月16日(土) 16:10 | URL | コメント編集

>kahoさん

はじめまして、こんにちは。

忙しくなってしまい、なかなか更新の時間、レスの時間がとれず、楽しみにしていただいているのに申し訳ありません。

角質培養・ノンケミカル初の1~2ヶ月目は、今までの「つけ」があればあるほど、「角栓」との戦い・とってしまいたい葛藤があります。
「ずっとそのまま」ということはありえませんので、不安に思わなくて大丈夫ですよ。
記事の「毛穴の黒ずみ(角栓)」をご覧ください。また、「よくある質問」の「スキンケア編」にも、角栓にかかわるQ&Aがあったと思うので、読んでみてください。

ケミカルなケアをしていたときでは、鼻の周りはどんなケアをされていましたか?しぼったり、べりっと剥がすシートなどをつかっていましたか?そして、こすりすぎ、洗いすぎ・すすぎすぎ、ケミカルなものの乱用など、乾燥の原因となる行為をしてきたなら、その期間が長いほど、すぐには改善しません。

乾燥している状態では、「不全角化」といって(「よくある質問」にその意味のQ&Aがあります)、毛穴周辺の細胞の弾力がなく、皮脂がこびりつきやすい状態になっています。
通常のすこやかな状態では、石鹸洗顔をするだけでするっと皮脂よごれはとれ、溜まることがなにので、角栓はできません。
角栓ができるのは、乾燥していたからであり、それがどんどん伸びてきているように見えるには、日々のターンオーバーとともに、角質と一緒に上へ上へと上がってきているからです。そして、角栓のねっこの角質が一番上にくるとき、自然にするっと角栓も落ちるときが必ずきます。
人が生きている限り、日々、毎日一層一層、角質は新しいものが下から作られ、うえにあるものは押し上げられ、洗顔時にするっとおちています(目に見えないレベルです)。
ですから、角栓は必ず落ちる・取れるときがくるので、そのままということはないです。

そして、それがするっと取れたら、肌の乾燥が回復していれば理論上では、次回からは角栓はできません。しかし、次回から一気にできなくなるのでなく、今までのつけがあれば、『少しずつ』成果がでてきます。
次回も角栓はできるかと思いますが、今回よりも太さ・長さも改善して細く・短くなり、するっと落ちるまでの期間も短くなっていきます。そうして、順調に肌バリアが整えば、角栓じたいができない肌になります。毛穴に皮脂がこびりつきて溜まることがないからです。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 16:26 | URL | コメント編集

>ナツさん

アンナトゥモールもヴェレダも、石鹸で落とせますよ。
「合成ポリマー」を使っていなければ、基本的に石鹸で落とせます。

細胞賦活作用のあるものの種類・数でいえば、ヴェレダのほうが安心ではあります。
アンナ~は、使用感は膜をはったような感じがあり、べたつきは少ないですが、ヴェレダはつけたてはベタベタします。しかし、上からパウダーを重ねれば気になりませんし、時間とともにしっとりさらりとします。
ヴェレダを使ってもあとからベタベタするとしたら、それはそのヴェレダじたいが悪いというよりも肌の皮脂分泌が原因のことが多く、乾燥によって混合肌・オイリー気味だと、皮脂分泌が過剰になっていてベタベタしたり、化粧くずれしやすいのです。

ヴェレダはウォータープルーフなので毎日使えないのだけがネックです・・・。

ウォータープルーフでないもので、成分のよいもの・・・となると、私もまだ見つけていません。。
それで、「手作りの日焼け止めクリーム」の記事を書きました。

ですが、日焼け止めじたい、毎日使ってはいません。一日中、室内にいることが多いからです。それでも、窓から入ってくるUVAは気になりますが・・・その対策として、セリサイトを使っています。
ブログ左側にある「セリサイト」の説明文をご参照ください。

スクワランを使っていた時は、肌の状態はどうだったでしょうか?スクワランは、細胞賦活作用があると感じています。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 16:44 | URL | コメント編集

>きららさん

資生堂のコラーゲンドリンク、成分はどんなものが入っていますか?
それによると思います。

といっても、「コラーゲン」そのものは、記事に書いたとおりで、「たんぱく質」にすぎません。
ですから、肌に悪いわけではなく、いや、むしろ肌には良いと思いますが、「たんぱく質を摂っているから肌によい」というだけのことで、肌の中のコラーゲンが増えたかどうかはわかりません。

そして、そのコラーゲンドリンクの、コラーゲン以外にもいろいろ成分が入っているかと思いますが、それによる影響ということもあります。
どんな成分が入っているか見てみないとわかりませんが、たとえば、ビタミンCなら、コラーゲン生成の手助けをする成分ですので、それが効いているのかもしれませんし。
また、飲んですぐに次の日に・・・という成果があるとしたら、栄養的な成分が届いているのではなく、「水分補給」ということに意味があるのかもしれません。

もずくなどの海藻類は、コラーゲン生成を促す因子を持つ食材なので、ダイレクトです。ですが、夜に食べたからといって、朝にすぐ反映されてピチピチ・・・とはいかないのではないでしょうか。これは、他の食材にもいえることで、「肌によい、身体によい」と言われている食材をとって、目にみえてすぐに効果は出ませんよね。やはり日々の積み重ねであり、ある意味、自分にとって気休めかもしれないぐらい(笑)、何を食べたからいつ成果がでる、というような分かりやすさはありませんが、「食事」というものは、そういうものではないでしょうか。

私は、健康のためにも美容のためにも、毎日納豆をかかしませんが(もずくもですが)、毎日食べていることでの積み重ねは実感しています。
ノンノン | 2009年05月16日(土) 16:53 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます!!

アボガドオイルの件、ありがとうございました!

先日のコメントからラップパックも始めてみたら、ほんと調子よくなってきたみたいです。
とりあえず、あれこれ使わずにノンノンさんのアドバイス通りシンプルケアでやってみて、あせらず3ヶ月はお肌の調子見ていこうと思っています。
基本を知って、自分でコツがつかめるようになってきたら自分流を探してみようかなぁって感じです。

毎日たっくさんの方々からのコメントに対して一つ一つていねいにお返事くださるノンノンさんすばらしいと思います!!
これからも、教科書代わりにブログ参考にさせていただきます。
毎日お忙しいとは思いますが、日々の研究、活動?応援しています!!
りーな | 2009年05月16日(土) 18:24 | URL | コメント編集

コラーゲン☆

やっぱり気休めにすぎないですかf^_^;

毎日タンパク質は食事で意識して食べていますし。。(-.-;)  コラーゲンドリンクの成分は、コラーゲンペプチド、とちゅう葉、高麗人参エキス、こんにゃく芋抽出物、ローヤルゼリー、オルニチン、ハトムギエキス、アムラ果実エキス、GABA、クエン酸、ビタミンC、香料、甘味料、ヒアルロン酸です☆

私も毎日納豆とビタミンC、しそ油、亜鉛、トマトジュースは摂っています。

気休めに過ぎないなら、安いもずくに変更した方がいいですよね!

お金がもったいないし
(笑)(:_;)

コラーゲンドリンク止めて、ノンノンさんお勧めのマカを買おうかと思っています(^O^)

マカを飲んで何か効果は実感されましたか??
きらら | 2009年05月16日(土) 18:29 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月16日(土) 19:55 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月16日(土) 19:59 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月16日(土) 20:58 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月16日(土) 22:15 |  | コメント編集

衝撃でした!!

はじめまして、こんばんは。

アットコスメから飛んで着て、そして一気に全ページ読破しました。
とても勉強になります。もっと早くに出会いたかったブログです。
合成界面活性剤・合成ポリマーの存在が本当に恐ろしくなり、これまで愛用していたコスメは全部捨てました!!
とにかく素肌をキレイにしたいので、ノンケミカルを実践していこうと決意した今日この頃です。
ノンノンさんの記載通り、石鹸で洗顔後にホホバオイル・シアバターでお肌を整えています。
フェイスパウダーも手作りにしようと思い、ぴのあで注文しました♪
気合は十分なのですが、、肝心のお肌の状態が悲惨です><。

石鹸洗顔、ホホバ・シアバターのスキンケアにチェンジしてから一週間が経ちましが、肌のごわごわ・ガサガサ&つっぱり感・ヒリヒリ感にかゆみと赤み(特に頬の赤みがひどいです)、そして角質が剥がれている箇所があります。
泣きたくなる位お肌の状態が悪いのでコメントさせていただきました。
この状態は、乾燥からくるものなのでしょうか??それとも何かにかぶれたのでしょうか??どうしたらいいのでしょうか..ξ
お忙しいとは思いますが、教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いします。。。
るこ | 2009年05月16日(土) 23:12 | URL | コメント編集

初めまして

最近こちらのブログに廻り合い、角質培養を試みようと決意した者です。
化粧品の成分や素材自体は二年くらい前から気を付けているのですが、
角詮や角質については考えておらず、ハードなケアをしていました(^^;)

またこちらにたどり着く前に、モッサモサ生えていた顔の産毛をジョリジョリ剃り落としてしまって、、
今顔中に小さな赤いプツプツ痒みのある、にきびみたいなものが大発生しています。。

またシミ?のようなものまでひょっこり出現しています(T_T)

ノンノンさんは顔の産毛の処理はどのようにされていますか?

また産毛処理によって傷ついた肌のケア法?など何かアドバイスいただけると嬉しいです。すごく励みになります(;_;)


角質培養の前に有り得ないほど傷めつけてしまったお肌、時間をかければ回復しますでしょうか?

体毛が濃くて顔毛もモッサモサなので、
これからも剃り続けていくしかないのですが、
角質培養しても剃って皮膚を傷つけていたら、培養した意味がなくなってしまいそうな(´`)

一体どうしたらよいのでしょうか?

初めましてで、いきなり長文で質問までしてしまって申し訳ありませんm(__)m


お返事いつでも構いませんので、宜しくお願い致します。
玲 | 2009年05月17日(日) 01:02 | URL | コメント編集

ノンノンさんへ

おはようございます(^O^)

そうですね、ももさんのおっしゃる通り、ガサガサしてる所が落ちません分かりやすい説明ありがとうございました(*^_^*)
そして、落ちてないのは、日焼け止めだと思います。粉はコーンスターチ&セリサイトのみです。前も書いたのですが家の中でも紫外線が結構入ってくるんです家の中でも帽子被ってますが、それだけでは今の時期は特に不安で…
雨の日は塗らないようにしようと思います。
ところで、今はヴェレダの日焼け止めを使ってますが、ノンノンさんのおっしゃる通り、ウォータープルーフを毎日使うと、やはり肌に負担になるんですよね?少し前に出たジョンマスターオーガニックの日焼け止めはどう思われますか?
セイコ | 2009年05月17日(日) 06:25 | URL | コメント編集

☆ノンノンさんへ☆

いつもお返事ありがとうございます(^^)
すべてのコメントに丁寧にわかりやすくアドバイスしてくれているノンノンさんは
本当にステキだな~と思いました♪
ノンノンさんにアドバイスされると自信がでてくるし、角質培養前向きにがんばろうって思うもんね(^∀^)

わたしは合界合ポを使わなくなって4年ほどになるのですが
細胞賦活作用という言葉をこのブログではじめて知りました。
ノンケミだからと安心して細胞賦活作用のある成分を気にせず、市販のクリームや日焼け止めなどを使っていました。今はそういった成分も使わず極力肌を触らないでいるので(以前は角栓が気になって鼻とか触っていましたが)ちょっと肌がかさかさしてますが確実に肌が良くなっています。毛穴の角栓も細く短くなってます(^^)うれしいです♪これからもこちらで勉強させて頂きながらがんばります(^^)y
もも | 2009年05月17日(日) 11:18 | URL | コメント編集

>りーなさん

ラップパックも加えて効果が出てきたんですね!よかったです♪
あせらず様子をみていきましょう。
ケミカルなケアの主流なのは、「なんらかの成分を浸透させて、肌をどうにかする」という、外側からの無理やりなケアですね。合成ポリマーや合成界面活性剤を使うのは、そういう無理やりのケアだから使わざるをえなくなるのです。
でも、「肌本来の力」を発揮することを考えると、スキンケアもそれにともなってシンプルが当然になってきます。ホホバオイルやシアバター、ラップパックのみで、最初は「これだけでいいの?」と心配になるかもしれませんが、「なにかをつけたり、入れ込んで、肌をどうにか変える」のでなく、「肌本来の力をうながす、ひきだす」・・・そのための手助けが本当のスキンケアだと考えてみると、納得がいくと思います。
それが実感できれば、自分流のやり方・応用をしても、ケアを間違えることがなくなると思います(^-^)
アボカドオイルでの擬似セラミドの記事だけは、ちょっと外側からどうにかしよう・・という類のケアだったのですが、やっぱり「毎日」だと「?」になるということからも、肌本来の力を引き出す姿勢が一番いいのだと実感しました。

また、セラミドを増やすなら、「スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり」の記事を参考にしてみてください。
角質培養というスキンケア方法でも、角質層内のセラミドを守ることはできますが、言ってみれば「守り」のケアにすぎないので、積極的な「攻め」のケアとして有効だと思うのが、その記事の内容です。
ノンノン | 2009年05月17日(日) 18:48 | URL | コメント編集

>きららさん

コラーゲンドリンク、入っているものを見て、なるほど、こんな材料では高く売るだろうな・・・と思いました(^^;) 確かに、「良いもの」はたくさん入っているんです。(わりと高価?なものも)
一つ一つは、良いものです。栄養のあるももの、ふつうに「食事」としてや「サプリメント」的な存在として、良いものも入っています。
コラーゲンペプチドそのものも、「たんぱく質」であり、良いものです。
だから、このドリンク自体は「良いもの」ですが、言ってみれば「高い栄養ドリンク」なんだと思います。

だから、これを飲んで調子がよい人もいるでしょう。「良いもの」ですからね。でも、高いお金をだしてこの「栄養ドリンク」を買うか、それとも、栄養は他の食材から「安く・うまく」摂るか・・・は、購入する人の自由です。
そして、肌・身体には良いものの、本来の目的の「コラーゲンを増やす」ということには、直接的に・・・“ダイレクト”には結びつくわけではない、というのを認めたうえで、購入を決めたほうがよいでしょう。

マカは、まず女性ホルモンに効果があったのを実感しています。生活習慣や意識も、女性ホルモンに影響したのかもしれませんが。
ノンノン | 2009年05月17日(日) 18:58 | URL | コメント編集

>kahoさん

角栓が旅立つのを楽しみに待ちましょう♪
だんだん、角栓ができない肌になっていきますよ(^^)
1ヶ月、2ヶ月と、「透明感」も出てきて、まだまだ毛穴が完璧でなくても、「なんとなく肌がきれい!」という手ごたえも感じてくるはずです。角栓をいじらないことでの大きな効果、ぜひ実感してください。
ノンノン | 2009年05月17日(日) 19:38 | URL | コメント編集

パーソナルカラー 返事ありがとうございます

お返事ありがとうございます

ノンノンさんは ブロゴの内容は完璧だし、
その辺の専門家より信頼でき、頼りになり、
一人一人に合ったコメントを ノンノンさんの
言葉で発信してもらえるので とても嬉しいです

とはいえ その労力は想像以上に大変なのでは??
そのモチベーションを維持する力はどこから来るのでしょう?
ノンノンさんのご家族や、お友達、身近な方たちが 
うらやましいです 

大変なのを承知で とんでもない質問をして 貴重な労力を
頂いて申し訳なく 思いますが やはり ノンノンさんから 返事が
くると とっても嬉しいです 矛盾していますが こらからも
よろしくお願いします

今日は 報告までレスしました
パーソナルカラーはとても参考になりました
私もイエベのようです これからの買い物や生活にとても
いい情報を頂きました 自分に合ったものを知ることが
一番のおしゃれへの近道ですね 己を知ることが一番大事かも

それから 手作りファンでまでいきませんが スッピンが綺麗に
なったおかげか セリサイトのみが とても好きだす
コーンスターチはまだ試していませんが 他の化粧より
セリサイトがす・て・き!!

ひろさんとのレスも読ませて頂きました
私も ぐいぐい 引き込まれました
私も家族を増やしたいと思っていたので
知らなかったことばかりで 母になる前にとても
勉強になりました 










ワンワン | 2009年05月17日(日) 20:59 | URL | コメント編集

>ナツさん

外にいる時間も多いなら、日焼け止めには頼りたいですね、なるほどです。大学での移動時間なら、いちいち日傘もさせないでしょうし(さしづらいですよね・・・)、サングラスもあまりにも「あからさま」なデザインのものだったら取り入れづらかったり(透明なレンズのおしゃれメガネっぽいサングラスならいいかも)、せいぜい、帽子ぐらいでしょうか。
ただ、室内でのガラス越しに入ってくる紫外線については、UVAです。UVBはガラスを通して入ってきません。UVAとUVBについては、2~3つほど上の「ちーも」さんへのレスもご参照ください。

スクワランで細胞賦活作用の影響があったとしたら、それによる肌の不安定さ(乾燥しやすい)でのオイリーだったかもしれません。もちろん、ケミカルなものの使用やケア方法の間違いもあったかとは思いますが。
ホホバオイルにすると、まず皮脂の過剰分泌(オイリー、混合肌)がおさまってきます。
そして、ケミカルだち直後は、ケミカルもの使用で隠されていた乾燥があらわになるので、逆に乾燥したように感じることもあります。隠さなくなったからです。
まず夜のケアでは、ホホバオイルだけではまだ乾燥するかと思いますので、シアバターをオススメします。(「シアバター」、「オイル、クリームの塗り方」を参照)
ノンノン | 2009年05月17日(日) 21:38 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございます!

わざわざ、お忙しいのに、お返事下さってありがとうございますm(__)m

角栓がでないで悩んでいましたが、まだそんな段階じゃなかったみたいで(><)というのも、ただ今、洗顔後は必ず、痒み、赤み、吹き出モノが顔中に出だしましたΣ( ̄□ ̄;)

ケミカル時代は、ピーリング、オバジの無理矢理皮膚を剥く化粧品、などなど、かなりヤバいことしてたんです。
それのツケが、今来てるのか…

はたまた、石鹸、もしくはホホバオイルが合わないんでしょうか?

身体も石鹸で洗うようになったんですが、やっぱり、所々、痒み、赤みがでてるんです(><)

こうゆう場合、ノンノンさんは、どう判断されますか?
質問攻めで、ホントにごめんなさい!

どうぞ、よろしくお願いしますm(__)m
やっち | 2009年05月17日(日) 23:37 | URL | コメント編集

>るこさん

はじめまして、こんにちは。
一気に全部読んでくださったんですか?!ありがとうございました。

今まではケミカルなものを使っていたようですが、ケア方法はどうでしたか?洗顔のしすぎや、こすりすぎ、ピーリング系のものを使う・・・などです。
それらで乾燥していても、ケミカルなものを肌に乗せているうちは、ごまかして隠せることも多く、そのかわり、すっぴんではいられない・・・たとえば、洗顔後はすぐに何か(多くの場合が化粧水に頼っていると思います)をつけないとパリパリとつっぱってしょうがない・・・という状態ではなかったでしょうか?
ケミカルなものを肌にのせているうちは、合成ポリマーでつるんと覆い、合成界面活性剤で肌バリアを壊して保湿成分を一時的に閉じ込め、しかも合成界面活性剤の「しっとり感」(しかし、角質を剥がしやすくする作用が効いている)で、水面下で乾燥していることに気づかないことがあります。

ノンケミカルにすると、そういうものを使うのをやめたので、乾燥していた状態を隠さないので、あらわになって、まるで一気に乾燥したように思うことがあります。が、ノンケミカルのものによって乾燥したのではないのです。隠れていたものを隠すか、隠さないかの違いです。

こういうことに心当たりはないでしょうか?

ガサガサは、「冬の角質培養、肌のターンオーバーの早い・遅いとは」の記事、または、カテゴリーの「よくある質問」のスキンケア編の、たしかQ18あたりに、ガサガサについてのQ&Aがあったかと思います。そちらをご参照ください。
皮脂膜がうまく形成できていないため、剥がれ落ちる段階にある角質がしぶとくくっついてガサガサになります。乾燥している状態です。
乾燥しても、皮脂分泌量を過剰にして肌をうるおして守ろうとするのが、混合肌・オイリー肌のようなベタベタです。どちらも乾燥している症状です。
ガサガサは、皮脂分泌量がなんらかの理由で足りない場合のタイプです。皮脂で肌を守れないので、角質がしぶとくくっついて肌を守る策をとるのです。

ホホバオイルを心持ち多めにし(夜のケアで)、昼は、メイク下地となるクリームはしっかり塗って保護してください。皮脂膜を作る作用が弱っているため、肌バリアが弱く、外敵侵入に弱いので、紫外線や風にのって飛んでくる花粉やごみなどの刺激をうけやすく、ひりひり・かゆみが起こります。(「春の角質培養」の内容に関連します)
ノンノン | 2009年05月17日(日) 23:44 | URL | コメント編集

>玲 さん

はじめまして、こんにちは。

そうですね、成分にだけ気をつけていても、肝心のケアのしかたが間違っていれば、効果はなかなか発揮されないかと思います。角質を取りすぎるケア・・・洗顔のしすぎやピーリング系のものなどは、「ダイレクト」な行為ですからね。
成分での成果はある意味、おだやかですが、ケア方法での成果はダイレクトです。

うぶ毛の処理ですが、かみそりでジョリジョリだと、角質も一緒にかなり取ってしまっていると思います。角質は、洗顔でするっと落ちる(剥がれ落ちるべき段階のものだけが)、目に見えないレベルのものです。顔の角質はうすくて1ミリよりももっともっと薄いものなのです。かみそりを使うと、そんなに薄いものなら一緒に剥がれてしまうのは、想像できますよね。

顔の毛は、黒い毛なら角質をいためない方法で取りたいですが、白い毛は何もしなくてもいいと思います。
黒い毛(鼻の下、耳の下~えらにかけて、おでこの生え際、眉毛のまわり・・・など)は、安全ガードつきの危なくないタイプのかみそりで、極力肌をいためないようにそるしかありません。
それか、電池を入れて動くタイプの電動かみそりなら、刃先に指を当てても切れないぐらいのものなので、それでやさしく剃れば安全かと思います。(でも、いくら安全なものでも、ゴリゴリ押し当てないようにしてください。)
または、レーザーの永久脱毛という方法もあります。私は、永久脱毛しました。(顔も身体も)
この方法は、お金がかかるのであれですが・・・ いったんやっておけば、もう剃る必要がないので肌への負担もなくなります。

いままでどんなに肌を傷めてしまっていても、肌は毎日毎日、一層ずつ上へと押し上げられ、新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。ターンオーバーがない人はいません。無理やりあれこれやって角質を取りすぎれば、ターンオーバーをムダに早めてしまうので未熟な肌しか育ちませんが、それをしなければ、ターンオーバーは正常に働かせることができます。(ターンオーバーが遅い、ということはありません。←「冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは」の内容です。)
ですから、これから正しいケアに切り替えれば、必ず肌は改善しますよ!今までのつけがあれば、満足のいくレベルにまでいくには数ヶ月はかかるかもしれませんが、少しずつ、肌の透明感や皮脂分泌の正常さ、化粧くずれしにくい、など、実感していくと思います。そして、しみもできにくく、消えやすい肌質になっていきます(「しみをけすには」)。肌バリアが弱っていると、しみもできやすくなります。



ノンノン | 2009年05月17日(日) 23:58 | URL | コメント編集

>セイコさん

室内での紫外線については、UVAとUVBの話になります。上のコメント・レスで、別の方へ書いた内容がありますので、参考にしてください。
・・・といいながら少し書きますが、
室内で気にするべき紫外線は、ガラスを通して入ってくるUVAのほうですね。UVBは、ガラスを通して入ってこないのです。そして、酸化チタンはUVBはカットしますが、UVAは微量しかカットしません。
ということは、室内にいても日焼け止めを塗る・・・といっても、酸化チタンしか入っていない日焼け止めなら、あまり意味がないということになります。
UVAをカットするものの代表は、酸化亜鉛です。が、酸化亜鉛は肌を乾燥させる傾向があるので、私はセリサイトに頼っています。
上のコメント・レスをご参照ください。

ジョンマスターオーガニックのものは、SPF30で、酸化チタンも酸化亜鉛もたっぷり入っています。(全成分表示は、多い順番にかかれていて、酸化チタンと酸化亜鉛は、トップのほうに記載されています。)
SPF30もあるということは、超微粒子のものをたっぷりつかっているということなので、ナノ粒子の問題が気になるのと、酸化亜鉛の乾燥です。酸化チタンが多いことも、肌の負担になるのは確かです。
そして、これはウォータープルーフ効果はないので石鹸で落とせますが、肌への負担は、↑のことも考えると、負担があるのか少ないのか・・・なんともいえないところですね。あとは好みで、日焼け止めの何を重視するか、というところになるかもしれません。
ノンノン | 2009年05月18日(月) 00:06 | URL | コメント編集

>ももさん

肌回復の成果を感じているんですね、それなら良かったです!!角栓じたいができない肌にこれからどんどん変わっていくと思います。透明感やメイクのくずれにくさなども実感してきますよ(^^) こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
ノンノン | 2009年05月18日(月) 05:43 | URL | コメント編集

>ワンワンさん

気にかけていただき、ありがとうございます。
あいた時間に効率よく、うまくブログを運営していけるよう、いろいろ考えなくてはならない部分もあり・・・、これからもがんばりますので、こちらこそよろしくお願いします。

セリサイトのパウダー、またまた好評でうれしいです♪
使う前はたいていの人が、「それだけでは不安・・・」と言うんですが、使ってみるとその「想像以上」のキレイな仕上がりに驚くんですよね(^^)v☆
セリサイトは肌にやさしい紫外線対策になります。
ワンワンさんも家族計画があるんですね。お互い、がんばりましょう!
ノンノン | 2009年05月18日(月) 05:53 | URL | コメント編集

>やっちさん

ケミカル時代にかなり傷めていたのだとしたら、ケミカル時代、洗顔後はすぐに化粧水などをつけないといられない状態でしたか?
ケミカル使用中は、合成界面活性剤で保湿成分を一時的でもとりあえず入れ込んで、合成ポリマーに覆ってしまえば、ニセモノでも「まく」ががっちりとできるので、乾燥やひりひりなどの症状がいつでてもおかしくない状態だったと思います。
今は、それらをやめたので、隠していたものがおもてに出てきて、隠していない状態なので、肌アリアが弱まっているところに外敵侵入に弱く、かゆみがでてきたのかもしれません。
乾燥していればいつでも皮脂がこびりつきやすい状態なのですが、今まではピーリング系のものなので、角質ごとごっそり取り去っていて、皮脂がこびりつく間もないほどだったので、たまたまできなかっただけ・・・ということも。
よって、ケミカルだちするとまず、ニキビができやすい人もいます。(記事「角質とニキビ」参照)

でも、それだけでなく、石鹸の成分に原因があるでしょうか・・・?石鹸はどんなものを使っていますか?

ホホバオイルのあと、シアバターを使ってみてください。
日中、クリームを塗る際は、しっかりと塗って保護してください。

ノンノン | 2009年05月18日(月) 06:16 | URL | コメント編集

肌の途中経過 牛脂 永久脱毛について

途中経過報告です
角質培養を始めて、17日程です

角栓がなんだか減ってきましたe-460
(始めて2週間の頃は角栓がひどかったのに)

まだまだありますが、「あれ?減ってる。。なんで~!?」e-317
という感じです

角栓て、本当に勝手に取れていってくれるのですね
びっくりですe-415

今まで「角栓が詰まって毛穴が押し広げられる」ような
イメージしかありませんでした
手を加えないでいると、肌が育って
角栓が逃げていくのですねe-420

じつは、数日前、耐えきれず
3本角栓をつまみ出してしまいましたe-263
角栓を取った後は、やはり穴が残って、
その穴は未だに残っていますe-350

でも、放って置いている所は穴が無く、
飛び出ている角栓が3日前に比べて減っていて
(しかもいつ取れたのかわからない←これがミラクルi-233
肌になじんだ「角栓のような肌のような」感じになっていますe-460

ひきつづき角質培養がんばりますe-463

それから、牛脂について、コメントありがとうございましたv-22
牛脂は、ぬるま湯&軟水が良いようですね
(実はイギリスで思い切り泡立たなくて困ったことがありました)
日本では軟水の為、マイルドにする素材となり、
とても良い石鹸になるようですv-78
同じ原料でも、使い方次第でだいぶかわるのですねv-529

そして、ノンノンさんのコメントで、とても気になったのが。。。
永久脱毛v-237
もう、10代の頃から、ずっとずっとしたかったものですi-203

ノンノンさんはお顔も身体もされてるんですかi-198

エステサロンや皮膚科などで出来るみたいですが、
副作用に不安があったり、お金のこともありで、
未だにカミソリでがんばっていますe-330
(顔は剃っていません)

価格とか方法はどんなものだったか、
よろしければ、どこの施設でされたかとか(無理かなi-242i-195
教えていただけないでしょうかi-229

私が知っているのは、
毛根1本ずつに針を刺して焼ききるものと、
ジェルを塗って光(レーザー?)をあてるものです

レーザーの方は、1度に広範囲が施術可能で
しかも針より安全だとききました
あとは色の明暗に反応するので
「肌が白くて毛が濃い(黒)」人ほど効果が出やすいとかv-506v-508
皮膚科で施術してもらった方が安全とかv-100

ムダ毛は永遠のテーマなだけに、
永久脱毛は夢なのですv-353
aino | 2009年05月18日(月) 07:33 | URL | コメント編集

詳しく説明して頂きありがとうございます(・∀・)!!

そうですよね…角質層で効果を発揮してくれるものもありますよね!!

大体の生薬に美白効果があり、他にも抗しわ等嬉しい効果もあるみたいなんですが、効果だけを謳ってるだけで角質層より奥に浸透するのかは記載されてない事が多いので、浸透しないなら意味がないと思って質問させてもらったんです;
すいません、説明が足りませんでしたよね↓↓

抗酸化もあるみたいですが、これは浸透しなくても効果があるのかな?
傷を治す効果は注意ですね!気を付けます!!
奥が深い世界なので、もっとちゃんと勉強しようと思います(´・ω・`)

ノンノンさん、お仕事だけでなくblogも凄くお忙しそうで、こんな時に質問した私がいうのも何ですが、あまり負担にならないようマイペースにやって下さいね。

応援してます↑↑では★
ゆか | 2009年05月18日(月) 09:22 | URL | コメント編集

ノンノンさんへ

いつもありがとうございます。

ノンノンさん、今日は赤みと痒みについて伺いたいのですが、
(お陰様で小鼻にしぶとくこびりついていた角柱はごっそりとゎ行きませんでしたが(^^ゞ一部を残してとれました、我慢して本当によかったデス、ノンノンさんの励ましがなけれがいつも通りオイルでクルクルコ-スでした・・・本当に知らないうちにとれてるんですね(笑)本当にありがとうございます。これで角柱のスパイラルから抜け出せた感じです?)

話を戻しまして、
耳横(もみ上げ)と耳裏に赤みと痒みを伴うボツボツがあるんです。
洗顔後が特にひどく、痒みが強いデス。

やはり乾燥ですよね~?ホホバとシアは念入りにつけています。
今ケアで根気よく様子は見ていくつもりです。

自己判断ですが、白ニキビや角柱より痒みと赤みを伴う吹き出物の方が値が深い感じがします・・(+o+)

なちゅみ | 2009年05月18日(月) 11:31 | URL | コメント編集

お返事有難うございます!!

お忙しい中ご丁寧なコメント有難うございます!!
凄く嬉しかったです♪
ノンノンさんの人柄の良さが伝わってきます。

これまでのケアは・・・今考えると本当にひどいですね。。
洗顔のしすぎにピーリング、合成界面活性剤&合成ポリマーだらけのケアが中心でした。
洗顔後にはすぐに化粧水・美容液・乳液・クリームを塗っていたので水面下での肌の乾燥に気づいていなかったのですね。

>ノンケミカルのものによって乾燥したのではないのです。隠れていたものを隠すか、隠さないかの違いです。
なるほど、納得しました!!
今の肌の状態がどの位で改善されるのかは分かりませんが、ノンノンさんのコメント通り、ホホバオイルを心持ち多め&昼は、メイク下地となるクリームはしっかり塗って保護するよう頑張りたいと思います^^
またチョクチョク拝見させていただきます。
陰ながら応援しております★☆




るこ | 2009年05月18日(月) 11:49 | URL | コメント編集

はじめまして^^

んと。。。
あまりに皆さんのコメントが沢山あり、しかもノンノンさんがご丁寧にコメントに返して下さっていたのでコメントを残すかどうかすごく迷ったのですが、、、。
お礼を言いたくてコメントを残します^^

実は私も秋田出身で…しかもHNから名前まで同じではないかと、とても親近感を持ってしまいました(笑

昨日、ノンノンさんのブログに出会い、今全ての記事を読み終わりました。
すごく調べられていて分かりやすく、とても興味深い記事、お疲れ様でした&ありがとうございました!!><b

私もノンケミ目指して、まずは「化粧品毒性判定事典」を購入いたしました!
もちろん、ノンノンさんの記事を信頼をしてはいますが、自分なりに納得して先に進みたいのです^^
その理解の中で、きっとオリジナルの物が出来上がり、いつの日かきっとノンノンさんにお返しできることを夢見て。。。
届くのが楽しみです☆
時々近況報告しに来ます~v-221
のの姫☆ | 2009年05月18日(月) 16:39 | URL | コメント編集

ありがとうございました

本当に詳しい説明ありがとうございました。お忙しいのに長々とコメントをしてしまってすみませんでした。これからもノンノンさんのブログを参考にスキンケア頑張っていきたいと思います。ノンノンさんもお体に気をつけて頑張ってください。
本当にありがとうございました。このコメントにはお返事してくださらなくて大丈夫です♪
ナツ | 2009年05月18日(月) 19:16 | URL | コメント編集

お疲れ様です☆日焼け止めのお話をしたものです。

 とってもたくさんのコメント!ひとつひとつ丁寧なレスをくださるノンノンさんに、感謝しきれない思いです。
 オードヴィーブの日焼け止めですが、メーカーは、コーティングのメチコンは直接肌には触れないといっていますが、どうなのでしょうね、、石鹸でも落としきれていないのかもと思うと不安で、使用断念かもしれません。亜鉛も25個中9個めに入っており、少し乾燥もしているようです。
 ノンノンさんおすすめのヴェレダなんですが、メーカーサイトではSPF20のものが発売中止になっていてショックです。どうやら、EUの規定が変わったらしく、UVAカットが新規定値に満たないものは廃盤になったそうです。早くリニューアル販売してほしいものです。

 手作りUVクリーム、作ってみました!わたしの作り方が悪かったようで、固めにできてしまい、毎朝冷蔵庫から出してねりねりするのが少し面倒なのと、水分をかなり多くしたにも関わらず、石鹸で洗っても皮膚に油膜がはっている状態なので、落ちているのか不安ではあります。でも、成分は完璧なので、またつくり直してがんばって使いこなしたいと思っています。


 それとは別に、気になったのは、ナチュラル系日焼け止めに必ずといっていいほど含まれる、ステアリン酸グリセリル、水添レシチンは、どちらのほうが毒性が強いと思われますか?配合量にもよりそうですが、前者はマークスアンドウェブとMmark、後者はアンナトゥモール(ノンノンさんもおすすめされてましたよね!)に入っています。

 マルティナについても、返信ありがとうございました!ローズクレンジングミルクのくすみぬけがすごいのですが、角質培養中はイマイチ立ち位置が分からないので、お蔵入りかもしれません。笑

 ミネラルオイルかホホバオイルでポイントメイク落としをする方向で、やっていきたいとおもいます。

 お体に気をつけて、がんばってくださいね。わたしも不規則な生活を早く直したいと思います。納豆毎日食べてます!おやすみなさい。
にゃんきっす | 2009年05月19日(火) 02:07 | URL | コメント編集

いつもありがとうございますm(__)m

またまた、お忙しいにも関わらず、コメント頂いて、本当に感謝しています。ありがとうございます!
ノンノンさんは、私にとって『教祖様』のような存在なので(笑)、こうやって掲示板であってもお話しが出来ると、ホントに嬉しいです!

ところで、石鹸についてですが、私も、白雪で洗っています。ノンノンさんが使用されているものすべてを、真似してみることから始めているので。

ケミカル時代は、洗顔後は、すぐにでもお手入れしないとガビガビにつっぱるような状態でした(泣)

今は軟水洗顔なので、パジャマを着る余裕があるのが楽ですね、これ、ホントですよb(・∇・●

とりあえず、しばらく、ノンノンさんのアドバイスを実行してみます!

また、悩んでしまったら、コメントしてもいいですか?よろしくお願いします!
P.S 今週、ノンノンさんお勧めの美容院に行ってきます!報告のコメント、致しますね(^^)v
やっち | 2009年05月19日(火) 04:27 | URL | コメント編集

感謝です!

ノンノンさん、こんにちは。
アイリスデイクリームを夜使ってもいいか?という質問に、具体的でわかりやすいお答えをありがとうございました!
今まで、クリーム=肌を保護するもの、くらいの認識しかなかったのですが、言われてみると1つ1つが「なるほど~」と思えることばかりです。夜はホホバオイルのみで頑張っていきたいと思います、本当にありがとうございました。

それから、肌のケバケバですが、だんだん落ち着いてきました。あとはケバの出る場所が変わってきたり角栓が突然出てきたり、毎日いろんな変化が起きています。この先どうなるか楽しみです!

それでは、これからも頑張って下さいね、応援しています。
えむ子 | 2009年05月19日(火) 14:48 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月20日(水) 06:12 |  | コメント編集

>ainoさん

角質培養17日目にして、手ごたえを感じてきたとは・・・順調ですね!!すばらしいです(^^)☆
そうなんです、手を加えなえれば、角栓が勝手に逃げてくれるだけでなく、その毛穴じたいもきゅっとしまって小さくなるし、透明感もでて、化粧くずれもなくなる肌になるんですよ~♪

牛脂の件、ありがとうございました。軟水の国である日本向けだったんですね~。
それでも、日本は「平均」では軟水ですが、あくまで平均なので、中には硬水ぎみや思いっきり硬水の国もあるので、石鹸が合わないこともあるので・・・ 原因が水だってことを知っておくと得ですね。

脱毛ですが、私は、全身やりました(^0^;)
針で一本一本毛根を焼くのよりも、レーザーのほうが安全・確実で、主流になってきています。
脱毛にいずれ行きたいのなら、その前準備として、「毛を抜かない(毛抜きなどで)」ことです。剃るのはオッケーです。毛を抜き続けるほど、いざレーザー脱毛したときに、完璧になくなるまで時間がかかります。

レーザー脱毛はおっしゃるとおり「黒い色」に反応するので、肌に当てると奥にある黒い毛の毛根に反応し、毛根を焼くことができます。
なので、日焼けをしすぎている部分にはできませんが、普通の日本人の肌の色なら大丈夫です。

私が行ったところは、ワンダーアップ上野店で、あちこちに店舗はありますが、店舗によってキャンペーンの時期・内容が違うし、価格も微妙に違います(沖縄はなぜか安いです)。
価格表を見れば高い気がしますが、キャンペーンをしょっちゅうやっているので、たとえばワキなら3万ぐらいでできた気がします。
同じワキ3万ならほかの店でもあるかもしれませんが、どの店を選ぶにしても、ポイントは、「永久保障」のところがいいです。回数関係なく、何回でも、1本もなくなるまで(うぶ毛も)、満足するまでやっても、その金額以上を払うことがないので、安心してできます。
たまに、「●回まで3万円」とか、回数が決まっているような店もありますが、同じ値段なら回数が決まってないほうがいいですよね。
毛の周期に応じて脱毛するとなると、2ヶ月置きでないと意味がなく(うぶ毛レベルになったら、もっと間隔をあける)、それどころか、間隔をあけずに頻繁んにやりすぎると逆効果で、間隔をせばめてやるほど、なかなか脱毛が完了しない(なくならない)ことも。それなのに、そのことをちゃんと説明してくれず、頻繁に脱毛させるところもあるので、注意してください。
また、「●年間フリーパス」というところもあります。たいてい、1,2年が多いのですが、フリーパスでもお得ではありません。なぜかというと、さっきも書いたように「間隔をあけてやることで効果がある」ので、期限が決まっているのだと、自動的に、やる回数も制限されてしまうので・・・
たった1、2年だと、うぶ毛レベルまでは完了しないうちに終わり、結局また追加料金を払ってやることになりかねないです。

というわけで、「永久保障」で金額の追加無し、のところがいいです。
ノンノン | 2009年05月20日(水) 21:55 | URL | コメント編集

>ゆかさん

「美白効果」だとしたら、メラニンに働きかけないと美白にならないので、角質層よりも奥まで入らないと、その効果はでないのでは・・・?と思います。
でも私なら、美白・・・というか「しみを消す」ということに関しては、外側から成分を入れ込んで漂白するよりも、肌バリアを整えることでの根本的な方法をとります。
(記事「しみを消すには」の内容です)

くすみに関しても、ターンオーバーそのものが整えばなくなることですし、肌表面に角質がガサガサしてのくすみなら、ピーリングでそれを落とす方法でなく、「冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは」の記事のとおり、ガサガサの原因である「皮脂膜の形成」を見直して、解決させます。

黒くなって(日焼けして)しまった肌については、「紫外線を浴びた後のケア」の内容だったり、「スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり」のように、ターンオーバーをスムーズにすればいずれ解決します。


「しわ」なら、小じわは表皮の乾燥の問題なので角質培養で解決し、大じわは真皮のコラーゲンなどの問題なので、「コラーゲン」の記事の内容を実践します(新記事にある「リコピン」の件も、コラーゲンに関係あります☆)。

そういうわけで、生薬で美白・しわに効果あり、と一言で言っても、それが「どういうふうなしくみで」効果を発揮するのか、調べてから使ったほうがよさそうですね。

「抗酸化」なら、表皮でも真皮でも、どこでも起こることなので、かりに浸透せず皮脂膜の表面のみに乗っかったままだとしても、「皮脂の酸化」を防いだり、「日焼け止めの酸化チタンが光に当たったときに、少し出てしまうかもしれない活性酸素による、皮膚の酸化」を防ぐことはできるかもしれません。
ノンノン | 2009年05月20日(水) 22:24 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

耳のまわりの件は、原因が思い当たりません・・・もうしわけありません。
考えられることは、石鹸のすすぎ残しはありませんか?
すすぎのしすぎはよくないのですが、「すすぎのこし」があってもよくない・・・という難しい言い方になってしまいますが(^^;)
ようは、「目に見える白い泡」が残らないように生え際などのすすぎに注意することです、

あとは、「かゆみ」と言えば、ざっくりいって原因は、「肌バリアが乾燥で弱まっているところに、なんらかの外敵(花粉、ほこり、ちり、紫外線・・・など)が入り込み、アレルギーっぽくなったりしてかゆみを起こす」・・・ということです。「敏感肌」と似ています。
「乾燥さえしなければ、きれいになる」」の記事にあるように、乾燥にもいろいろありますし(ガサガサタイプ、オイリータイプ)、その種類のうち、「敏感肌」もまた乾燥の一種です。
「春の角質培養」の内容に、心当たりはありませんか?

ただし、耳のまわりのみ、という部位が限定されていることなので、今回はこれは原因でないかもしれません。
ノンノン | 2009年05月21日(木) 05:31 | URL | コメント編集

>るこさん

ありがとうござます(^^*)
ラップパックもやってみてくださいね。
これから少しずつ回復していくよう、応援しています!
ノンノン | 2009年05月21日(木) 05:38 | URL | コメント編集

>のの姫☆さん

@コスメのほうでもありがとうございました!!
秋田出身の方でなんだかうれしいです(^^)ノ

記事全部読んでくださったんですね、ありがとうございます!
このブログまるごと、本のようなつもりで残しているので、何度も過去の記事に戻って引用したり、リンクしたり、追記したりもしています。
その更新情報をカテゴリーの「更新情報」に載せてあるのでどうぞ(^^)

>自分なりに納得して先に進みたいのです^^
すばらしい心意気!!そういう人は、どんどん肌がきれいになると思います!
何でそうなるのか、理由やしくみなどを「理解」した上でやらないと、応用が効かなく、ケアを間違えたり勘違いしやすいですからね。

今後ともこちらこそ、よろしくお願いいたします。


ノンノン | 2009年05月21日(木) 05:51 | URL | コメント編集

>にゃんきっすさん

手作りクリームは、冷蔵庫で保管だと固くなりやすいです。
というのは、配合している材料が関係あります。
ホホバオイルは10度以下でみぞれ状に固化します。シアバターは常温で固めのバター状で、とくに冬はカチカチです。ミツロウは常温でもっとカチカチです。
ですから、これらで作ったクリームなので、これを冷蔵庫に保管すれば固くなるでしょう。
唯一、水を加えてあることがやわらかさを左右しますが、記事にもかいたとおり、乳化剤を入れていなく、材料そのものが持っている乳化力のみに頼ってのものなので、水を加えられる量には限度があります。
もし、冷蔵庫保管でもやわらかさを出したいなら、低温でも固まらないオイル(ホホバオイル以外のものはほとんどそうだと思います)を入れることです。しかし、他のオイルを入れれば、その脂肪酸構成や肌への影響を考慮しないといけないので、少しめんどくさくなりますね(^^;)


>ステアリン酸グリセリル、水添レシチン
どちらもどっちですね・・・。どっちも「合成界面活性剤」です。「レシチン」なら天然の界面活性剤ですが、水素を添加して威力をアップしてあるのが「水添レシチン」で、ここまでの威力となればもう、「合成界面活性剤」と同じであるし、水素を添加しているという点からも「合成」の部類に入るとされています。
ステアリン酸グリセリルは、最後に「(SE)」がついているのが「植物由来」のものです。
植物由来でも石油由来でも、合成界面活性剤の部類には変わりないのですが、「植物由来」というほうがイメージがよい気がするのを、メーカーが「利用」することもありますし、消費者もなんとなく安心したり・・・(^^;) ほとんど変わりないとは思いますが、どっちかといえば、植物由来のほうがマシですかね・・・。

ただし、合成界面活性剤の種類もそうですが「量」にもよります。全成分表示では配合量が多い順に記載されているので、それも注意してみてみるといいですよ。

ノンケミカルなメーカーでも、クリーム類では乳化のためにどうしても、1つぐらいは合成界面活性剤が使われますが、それでも、思いっきりケミカルな商品とは、使うものが違いますよね。
ステアリン酸グリセリル、水添レシチン、どちらもノンケミカルなものでは1つぐらいは使われることがあり、量なども考えて、許容範囲にしています。
ヴェレダにも入っていますよね。(SEですが)
ノンノン | 2009年05月21日(木) 06:16 | URL | コメント編集

>やっちさん

軟水の石鹸洗顔で、つるつるを実感されていますね♪よかったです。ケミカル時代の、洗顔直後の乾燥とは明らかに違うことと思います。ホホバオイル、シアバター、ラップパックで、もう少し続ければ肌バリアが整っていく成果を実感されると思います。

あの美容院、行かれるんですか!!報告、楽しみにしています。店長さんによろしく言っておいてください(笑)。
ノンノン | 2009年05月21日(木) 06:18 | URL | コメント編集

ありがとうございます。

ノンノンさん、いつも色んな方面から考えて頂いて本当にありがとうございます。

耳周り、もみ上げ付近の赤みと痒みが、今では顎下から首まで下がってきてしまったので(~o~)部分的な敏感肌(アレルギ-)ぽい感じになってるのかもしれません・・・(/_;)

すすぎ残しに注意しながら、いつも通りのケア(ホホバ→シア→ラップパック)をして紫外線・花粉なの外敵なものからのガ-ドにも注意しつつ様子を見て行きたいと思います。

PS:昨日あまりの気持ちよさにラップパックしたまま寝てしまい、2時間くらいして主人に「死ぬヨ!(笑)」と言われ起こされて^_^;とりました(爆)本当に心地よかったんです。
ラップパックLOVE☆
なちゅみ | 2009年05月21日(木) 11:14 | URL | コメント編集

>えむ子さん

ケバケバ、落ち着いてきたようでよかったです。
ケバケバは本来、「もう剥がれ落ちてもいい段階をすぎた角質だけど、乾燥を守るためにくっついている」ものなので、表皮が安定してくれば、少しずつ自然に剥がれて、落ち着いてくると思います。
角栓も我慢の時期ですが、「取らずにぐっとこらえていれば、必ずキレイになるときがくる!」というのを肝に銘じ(笑)、日々様子を見てみてください。
ノンノン | 2009年05月22日(金) 05:37 | URL | コメント編集

>きららさん

お気持ち、よく分かりました。
何事も極端に使えば悪い作用は出るし、適した使い方をする分には問題なく安全。そしてその安全性も時代とともに変わってくるであろうと思っています。
ご要望があった記事は削除させていただきましたので、それに関連したきららさんの書き込みも削除させていただきますね。いろいろ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
ノンノン | 2009年05月22日(金) 05:44 | URL | コメント編集

改善の見込みが・・・ありそうです。

ノンノンさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

先日のノンノンさんのご指摘で耳周りの赤み湿疹と痒みについて、色々考えてみました。「春の角質培養」の記事や「石鹸のすすぎ残し」のからの観点、そして自分なりに思いあらる点として、運動による皮脂膜の流れとお風呂での皮脂膜の流れです・・・。

私の場合「運動とお風呂での皮脂膜の流れ」が大半を占めてるように思いました。

運動においてですが、最近、有酸素運動を増やしたことによる汗が原因で皮脂膜の保護が完璧ではなかった点デス。
お風呂においてでも、細かい話ですが(^^ゞ湯船につかる→カラダを洗う→洗髪→最後に洗顔 にしてたんです。
こうなると浴びたくない水分が顔や首にかかってるのを放置状態で30~40分入浴してました。お風呂での洗う箇所の順番って大事ですね(^_^;)

いくら洗顔のすすぎに注意しても、お風呂中の皮脂膜の保護を軽視していたせいで、他の箇所を洗う時に浴びる「お湯のかかりすぎ」で「洗顔のしすぎ」と同じ事になって乾燥肌があらわになって敏感肌になってしまったんじゃないかと思いました。

今までは、お風呂上りや洗顔後などはしっとりしていたはずが、最近ではひどくなる一方の耳周りや首が痒く赤みがあるせいで、早くホホバ→ラップで落ち着かせたい衝動にかられてました(~o~)

それに気付いた一昨日あたりからですが、運動前後にはクリ-ムで皮脂膜をON、お風呂に入る前に洗顔をしてホホバとシアやクリ-ムで皮脂膜ON、これで汗や入浴であびるうっかり水分や洗髪からのかけ湯を保護してみたら、今日あたりから痒みと赤みが治まってきました♪

ノンノンさん、ありがとうございます。皆様のコメントのやり取りからも勉強させてもらいました。

依然から汗をかきたい為と血行をよくしたいとお風呂に長く漬かってたり、岩盤浴や足湯をしたり、そういう方面で代謝を上げようとしていましたが、ノンノンさんの運動での血行促進をもう一度考えて実行してみたら、かなり影響大のようで再確認しました。

腕まわしや僧帽筋の運動やウォ-キングを始めてから、あんなに悩んでいたクマが少し軽減されたように思うのです。自分レベルですし、人から言われた訳じゃないんですが、(^^ゞクスミもとれ、透明感も出てきたように思いマス。モチロン角質培養も好調なんだと実感します。
小鼻や顎の角柱も減り、額のザラツキは依然しぶといですが(/_;)気分はかなり上がってマス(^o^)/

完全なる角質培養を初めてから18日目ですが、人からもし「肌、綺麗だけど~何してるの?」って聞かれたら「(肌に悪いことは)何もしてないよ」って自信をもって答えられると思いマス♪

ノンノンさんと、ノンノンさんのブログに出会えて本当によかったです。

PS:ノンノンさん、「化粧品何使ってるの?」とか「何がおすすめ?」って聞かれた時に答えに困りませんか?(笑)使ってる物は、どれも聞いた相手が喜びそうな流行の先端を行くブランドではないし(爆)
基本アイテムの3種類を言ったとしたら説明が必要になりますよね?
・・・いいのかなぁ~?石鹸・ホホバオイルだけダヨって答えれば・・・(笑)

以上です。

週末のお忙しいときに長々と失礼致しました、目を通して頂いただけで嬉しいです。




なちゅみ | 2009年05月22日(金) 11:55 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

お風呂で洗う順番ですが、そう気にしなくてもいいかと思いますよ。
たとえば、私は一番最初に顔を洗いますが、洗ってから皮脂膜が形成されるまでの間、頭を洗ったり身体を洗ったり、なんだかんだとシャワーの水がはねて、洗顔後も水はかかっていると思います。
最後に湯船につかってよーくあったまりますが、その時点で汗がじわじわでるので、一番最後に顔にもう一度シャワーをかけています(汗をさっと流すために)。
このようにどの順番にしたとしても、なんだかんだと水はかかりかねません。

ダラダラ汗にかんしては、半身浴20分程度ぐらいなら気にしなくてもいいかと思っています。なので私は、熱心に半身浴はやらないので(血行促進をお風呂にこだわっていた時期もありましたが、温まる“だけ”に頼っていても、血行は良くならないことを実感したので。やはり運動が一番効きます。)、その程度のお風呂で多少汗をかく分には、ホホバオイルやクリームで「あらかじめ保護」まではやっていません。

ただし、熱心に半身浴をやる場合やサウナの場合は、保護しておいたほうがいいですね。
運動による汗も、じわじわ・じっとり汗をかくまでなら良いのですが、真夏に運動したときのような、滝のように流れる汗の場合は、あらかじめ保護したほうがよいです。滝のようなサウナ状態の汗をかいた後は、肌がふやけたようにもろい状態です。タオルで汗をふくときも、こすらないように気をつけてください。

なちゅみさんの今の「ひりひり」は、ひりひりしているうちは、とにかく「保護」が必要な状態ですので、ちょっとの汗においてもまめに保護したことで、改善してきたのかもしれませんね。

透明感を実感していただけて、よかったです!!
角質培養・ノンケミカルの成果が出てますね♪ 肌バリアが整ってきて、角質層が「自分の力で水分を保持している」、だからこその透明感です♪ 化粧水などを入れなくても透明感はでるってこと、実感していただけてうれしいです!

はい、化粧水を使ってないといえば「えーっ!!」と言われます (^^;)
ノンノン | 2009年05月23日(土) 21:23 | URL | コメント編集

お風呂での洗顔について

突然の書き込み質問すみません。角質培養についての洗顔方法について質問します。
ブログをお読みして、お風呂で角質がふやけた状態での洗顔は角質を落とすとあり、私はいつも半身浴しているのですが、メイク落とし(ぬるま湯で流すだけ)→半身浴→洗髪→最後に身体や洗顔をしているのですが、これはまずいでしょうか?
洗髪後に洗顔をしなければ、シャンプーやリンスの成分が肌に残りニキビになりそうで嫌なんです。
ならば洗髪をすぐに行えばいいかもしれませんが、それだと半身浴等をして頭皮の汚れが浮き出ず、皮脂などが十分に落ちない。また洗髪したのに、半身浴で汗をかいてしまう。という問題も起こるため、現在はメイク落とし→ティッシュオフ→洗顔→半身浴→洗髪→最後にぬるま湯で洗うだけにしています。
なにぶん角質のことについては初心者なため、正しいのか判りません。ベストな方法を教えて頂けたら嬉しいです。長文失礼いたしました。
RHYTHM | 2010年03月28日(日) 10:55 | URL | コメント編集

>RHYTHMさん

はじめまして、こんにちは。

そのやり方で、何も問題ないと思いますよ(^^)徹底されていてすばらしいです。
半身浴もやりすぎには注意ですが、汗をかくとわかっている時は、顔がもし洗顔後であればホホバオイルでかるくコーティングされているぐらいがちょうどいいです。
が、洗顔前だとしたらすでになんらかの油脂でカバーされていると思いますし(クレンジングはノンケミカルのものですよね?)、問題ないかと思います。

ちなみに、シャンプーはどんなものをお使いでしょうか?石鹸シャンプーですか?
もしそうであれば、万が一、顔に石鹸シャンプー(&それ用のリンス)がついたとしても、にきびに原因になるほどは気にしなくてもいいかもしれません。
その石鹸シャンプーに配合されている成分の種類にもよるかもしれませんが、たいてい油脂類・グリセリンなどで、しかも、そこまで大量に顔にくっつけるわけではないので・・・ですが、そのわずかなくっつきも気になるのであれば、今の流れでいいと思います。
ノンノン  | 2010年03月29日(月) 07:57 | URL | コメント編集

洗顔について

ノンノンさんありがとうございます。
ちなみにシャンプーはハーバーさんのスクワランシャンプーを使用しています。
そしてクレンジングはアテニアのジェントルリファイナーというものを使用しています。(手元に成分表がないため書けないのですが、必要であれば再度お載せします)
アテニアのクレンジングは、問い合わせをしてみた所、合成界面活性剤を使用しているとのことで、しかし厳選した成分しか使用していないとの返事でした。
しかし、合成界面活性剤は活性剤な気もと思い…。いくらかはマシということでしょうか…

一応ぴのあでカタログを請求して、クレンジングにホホバオイルを使用してみようかと思ってますが、やっぱりパッチテスト等はしてみたほうが良いですか?
実は私は以前に化粧品ジプシーをしていて、化粧水をコロコロ変えて、あげく肌に合わない化粧水を三ヶ月位使用し、肌が毛穴の黒ずみやブツブツが酷い肌になったんです。
それから別の化粧水に変えて改善はされたんですが、顔が赤くなったりすると「合わない」と思い変える→肌を休める→また試す。を一年くらいしていたら、化粧品カウンターで肌を拡大して見て貰ったら全くキメらしき ものがなく、「これでは水分を入れても出ていってしまう」と言われたほどになったんです。
お勧めされる敏感肌用のメーカーを色々使用しても、徐々に合わなくなってきて、
ようやく天使の美肌水+ハーバーのスクワランオイルを使用して肌が落ち着いてきました。
しかし、ノンノンさんのblogには細胞~作用があるとあって、このまま使用していて良いものかと思いました。最終的にはノンノンさんの言うような、グリセリン&精製水の化粧水+ホホバオイルにしたいと思ってますが、今はこのままでも良いでしょうか?
長文本当に申し訳ありません。ですが、お返事頂けたら嬉しいです。
RHYTHM | 2010年04月08日(木) 13:26 | URL | コメント編集

>RHYTHMさん

こんにちは。

クレンジングの成分については、やはり一覧を見てみないと、どの種類のものがどれぐらい入っているか、安心できないところですね。でも、「クレンジングで合成界面活性剤」となると、やはり肌への負担は大きくなるでしょう。(さらにいえば、アテニアですと、もしかしたら合成ポリマーも入っている可能性があります・・・。)

それよりもやはり、合成界面活性剤入りの強いクレンジングを使わなくてもよいように、メイク用品や日焼け止めの見直しをしたほうがいいかと思います。
どんなにクレンジングを成分のよいものや優しいものに変えたとしても、肝心のメイクや日焼け止めがケミカルで、合成ポリマーたっぷりであれば・・・それを「落としきれず残す」ことになってしまいます。

クレンジングにホホバオイル(またはその他のオイル単品)を使うとしたら、完全にメイクや日焼け止めは、合成ポリマーなしのものにする必要があります。

化粧水が合わなかったのは、化粧水の成分そのものにも問題があったかもしれませんが、つけすぎによる肌の水浸しで、皮脂膜が流され、角質層がふやけるという、肌バリアをよけいに弱くする行為になっていた可能性もあります。
また、その繰り返しで乾燥度がすすみ、敏感気味になっているため、何をつけても刺激となりやすい状態になっていたのでしょう。

当ブログでも書いているとおり、化粧水は本来必要なく、肌に入れられる水分の量には限度があり、化粧水を使わなければ保湿できないのではありません。化粧水をたっぷりつければ肌がふやけるので潤ったように感じますが一時的で当たり前のことですし、透明感も一時的に出ますが「一時的」です。紙がぬれてすけるのと同じことです。
ケミカルな化粧水の場合、効果が長続きするように感じますが、水面下では乾燥肌をすすませています。(しくみは、合成界面活性剤で肌バリアを壊して保湿・美白などの成分をいれこみ、合成ポリマーでフタをする。)

乾燥肌を化粧水でなんとかしようと思わず、「肌バリア(皮脂膜+角質層)を壊さずに、その成長を順調に促すように、そっとしておく。」という心がけでケアすることが大切です。

化粧水の意義は、石鹸洗顔のあと、弱アルカリ性に傾いたのを「弱酸性にみちびく」ことぐらいしかありません。ですから、よけいな成分のはいっていない、弱酸性の化粧水を“ほんの少しだけ、肌がぬれたと思う程度”だけつければ十分です。
(肌の状態が健やかであれば、自分の肌の力ですぐに弱酸性に戻るので、化粧水そのものが必要ありません。)
化粧水が弱酸性であるためには、極端にいえば「水+ほんの少しのクエン酸(耳掻き1杯程度)」で成り立ちます。さらにグリセリンを少しいれれば、一番シンプルな化粧水となります。このように、化粧水を使うとしたら、「弱酸性」であることがポイントです。

または、軟水(精製水または、超軟水のミネラルウォーター「白神山地の水」)で石鹸洗顔すれば、洗顔後のつっぱりがなく、即座に弱酸性の皮脂膜がコーティングしてくれます。アトピーや極度の敏感肌の人には軟水での石鹸洗顔が有効です。

乾燥度がひどい場合は、化粧水でどうにかするのではなく、「皮脂膜の代用」を補うことです。クリームでフタすることが一番重要であり、今必要なことです。
ホホバオイルはブログで書いているとおり「皮脂膜の代用」ですが、カテゴリーの「よくある質問」のスキンケア編Q28をご参照ください。乾燥度がすすんでいるときは、それだけでは「舞いあわない」可能性があります。今は、最初から「クリーム」であるものを使ったほうがいいかもしれません。


天使の美肌水、スクワラン、両方とも「細胞賦活作用」があると私は考えています。特に、「天使の美肌水」のほうは確実で、細胞賦活作用の代表ともいえます。それは「尿素」が入っているからです。確実に角質を取りやすくしますので、使い始めはツルンとしていい感じに思いますが、使い続けることで確実に乾燥肌になります。
毎日毎日、せっかく肌細胞が育って下から上へと押し上げられても、尿素によって、まだ必要な角質がはがされてしまうのです。よって、肌の奥(真皮)は大慌てで新しい肌細胞を作ろうとします。大慌てで作るため、未熟で保湿力のないスカスカの肌細胞しか生まれることができず、その繰り返しで、ターンオーバーをいくら繰り返しても質のよい肌細胞が生まれてこれないのです。

尿素入りのものだけは、使うのはやめたほうがよいです。

クリームで保護したあと、「ラップパック」を毎日やってみてください。ターンオーバーを、じょじょに好循環に切り替える働きがあります。
ノンノン  | 2010年04月09日(金) 08:38 | URL | コメント編集

ノンノンさん、お忙しいところお返事を下さり本当にありがとうございます。

やはりアテニアは使用を止めたほうが良いと思いました。
また化粧水も精製水+グリセリン+クエン酸のものにしたいと思います。日焼け止めは、メーカーに問い合わせしてみると石鹸で落ちるものだそうで、一応合成ポリマーが成分にあるかどうかも聞いてみました。(まだ返事は来てないですが)
今は一応、いきなり全てを変えるのではなく、化粧水を変えて一週間→次にスクワランからホホバオイルに変えて一週間、といったように徐々に試していったほうが良いかなと思いました。ラップパックはノンノンさんのblogを見てからやり始めています。すると、朝の脂浮きがかなりないと思いました。
RHYTHM | 2010年04月09日(金) 11:36 | URL | コメント編集

ノンノンさんこんにちは。また書き込みをしてすみません。
あれから、化粧水を変えただけで、(まだ三日とかですが)肌につけた時の感触がかなり違う!と思いました。
また質問なんですが、日常の脂浮きで、今まで油とり紙を使用していましたが、パフで押さえたほうが良いと聞いて、そうしています。それでそのパフについてなんですが、ファンデーションに使用するパフのようなもので良いんでしょうか?ウェレダにあるような、オーガニックコットンパフや、パウダー用替えパフ等のほうが良いでしょうか?
RHYTHM | 2010年04月12日(月) 09:31 | URL | コメント編集

>RHYTHM さん

こんにちは。
必ずしもパフでなくとも、ティッシュでもいいと思います。パフですと、つねに清潔なものを使い、あぶらとり専用に用意しなければなりませんよね。パフを使うなら、もちろん、ファンデを塗るときのようなパフでいいとは思いますが、ようは、ハンカチでもティッシュでもパフでも、清潔なもので適度に油分を吸い取れるものであればいいのです。

あぶらとり紙がなぜだめかというと、油分を取るもの専用ですから、油分の吸収力が強く、また、あぶらとり紙でおさえる場合、完全に油脂が紙につかなくなるまで取りますよね。
その行為がよくないのです。
肌がすこやかな状態であれば、1日中、あぶらとりの必要がなく適度な状態を保っています。皮脂の過剰分泌は、乾燥から肌を守ろうとしての防御反応です。ですから、取れば取るほど、その分また分泌されます。
ですから、本当は取らないで気にしないのがいいのですが、気になるほど出る・メイクがくずれる原因になる、というのであれば多少は取ってもよく、その際は、あぶらとり紙で取りすぎるのではなく、ティッシュやハンカチなどで抑える程度でよいです。

また、あぶらを取る際に強く押し付ける圧力もありすぎると肌に負担となります。軽くおさえるようにしましょう。
ノンノン  | 2010年04月12日(月) 14:11 | URL | コメント編集

ノンノンさんありがとうございます。
それではパフのまま継続したいと思います。
あと、まだアドバイス頂きたいのですが、私は身体にも日焼け止めをしているんですが、それもアテニアなので止めたいと思います。それでノンノンさんは身体の日焼け止めはどうされていますか?私は家にいる時も欠かさずUVカットはしているので、ノンノンさんのヴェレダのものを使用するか、日焼け止めクリームを手作りするべきか…と思います。
しかし、手作りだとSPFやPAとかが判らなく…(・_・;)どうすべきかと思いました。
それから、石鹸について質問があるのですが、今使用しているのはNOVのソープDという石鹸で、こちらも皮膚科で頂いたものです。成分にあまり良くないものが二種類くらいあるらしく(@コスメの口コミで)、出来れば石鹸も変えよう!と思っています。
ぴのあでも手作りの石鹸ということで材料が売られていますが、出来ればあまりローズヒップとかの精油?を入れないのにしたいのですが、それだと逆に成分がシンプル過ぎて良くないということはあるでしょうか?(blogでは石鹸の成分は少ないのが良いとありましたが…)

お忙しい所、何回もすみませんが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
RHYTHM | 2010年04月13日(火) 14:18 | URL | コメント編集

>RHYTHM さん

私は、身体の日焼け止めは顔と区別することなく、同じものを使っています。あえて別々にする必要がないと思うからです。
私はヴェレダですが(廃盤になる前に買いだめしたものがまだあるため)、それ以外で・・・となると、この質問がとても多く困っています(^^;)
あえていえば、アンナトゥモールか、ナチュリピュラファイか・・・(←後者のほうは、高めなので私自身使ったことはありません。)どちらもノンケミカルですが、「細胞賦活作用」のことまで言えば「完璧」ではありません。

また、家にいるときも日焼け止めを塗っているのでしょうか?それだと、室内ではUVBは窓ガラスを通しては入ってこないので、UVAに気をつければいいので、UVBカットの酸化チタンが配合されている分、肌に負担がかかり、もったいない気がします。
日焼け止めとスキンケアの兼ね合いについては、「よくある質問Q&A」スキンケア編の後半のほうにありますので、ご覧ください。


石鹸については、一概に「配合成分の数」だけのことを言っているのではありません。が、石鹸を作る際、なにかしらの油脂を使いますが、通常は1,2種類しか使わず、それで石鹸は成り立つのですが、それ以外にあれこれ何とか成分・・・などを入れても意味がなく、逆にあれこれ成分をいれてそれを売りにした石鹸ほど、細胞賦活作用があったり、角質を取るものだったり、よけいなお世話なことになるのが多いのです。

これはたとえば、化粧水も同じですよね。
化粧水は「弱酸性」であればよく、石鹸洗顔後の弱アルカリ性に傾いた状態を、弱酸性にみちびくことが唯一の目的です。ですから、極端にいえば水に少しのクエン酸が入っていれば事足ります。
それなのに、保湿や美白などの成分を入れ込むと、その成分を浸透させるためには「合成界面活性剤」がなくては意味がないし、そうすれば角質層を壊さなくてはならず、元も子もありません。合成界面活性剤なしで成分をいれこめば、その成分じたい配合してもほとんど意味がありませんし、あれこれ成分を入れすぎればその中には「細胞賦活作用」のあるものも入りかねません。
また、化粧水に重点をおいて念入りにやること自体が、乾燥肌の原因となります。

石鹸も同じです。
結果的にシンプルな石鹸でじゅうぶんであり、本来、石鹸は洗うこと&洗顔後に原料の油脂(脂肪酸)が肌にのっかってコーティングしてくれること、それだけが目的であればいいので、石鹸に配合された成分でどうにかしようと思わなくてもいいのです。
とくに、軟水で石鹸洗顔すれば、洗顔後、即座に石鹸の脂肪酸が「皮脂膜」となって肌をコーティングしてくれる、すばらしい機能をもっています♪
石鹸に配合されるプラスアルファの成分よりも、石鹸じたいをどう生かすかに目を向けましょう。
そう考えると、石鹸の「脂肪酸」選びのほうが重要です。脂肪酸が皮脂膜となって肌をコーティングしてくれるのですから。
石鹸の脂肪酸は、石鹸をつくる原料の油脂によって異なります。

化粧品・ケア用品すべて、その成分などで肌をどにかしよう、とするのではなく、肌本来の働きを最大限に発揮させるためにそっとしておく、ケア用品は、あくまでもその“手助け”的な存在にすぎません。

そして、手作りについてですが、石鹸の手作りまではやったことは私はありません。難しそうで(^^;)
ノンノン  | 2010年04月13日(火) 16:14 | URL | コメント編集

何回も質問にお答え頂きありがとうございます。
現在、ぴのあにホホバオイルを注文したり、またリップクリームのセットを注文して化粧品を作って使用したいと思ってますので、日焼け止めはまた今度ということで、ヴェレダを使用してみようと思います。

また石鹸ですが、ちょっと成分を載せてみましたが、いかがでしょうか?
オレイン酸Na、水、スクロース、ミリスチン酸、グリセリン、パルミチン酸Na、アルギニン、BG、エチドロン酸、EDTA-2Na、塩化Naです。
RHYTHM | 2010年04月14日(水) 17:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/114-c96fbd40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。