All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.26 (Tue)

その7.(10) 硬水での苦労

こんにちは。

日にちが経ってしまいましたが、コメントのレスにてひっそり予告していた記事、やっと更新できました。

GW中に旅行で、とある温泉に入りました。
ところが、この温泉、めちゃめちゃ硬水だったのです!(笑)
温泉といえば、肌がつるつるになるような、お湯がヌルヌルしているのが主流ですし、イメージがあるかと思います。それは、「軟水」の温泉なのです。
硬水だと、お湯に浸かっている時に肌をこすると、すべりが悪くギュギュッという感触がします。

ケミカルな洗顔料やシャンプーなら、軟水でも硬水でも変わりなく、使用感に問題はありません。
しかし、石鹸の場合だと、使用感がまったく違います。使用感だけでなく、肌に対しての「皮脂膜」形成へのかかわり方・しくみも、まったく違います。
ただ同じなのは、石鹸は、「最終的には、肌に皮脂膜を与えてくれる」ということです。(そこが石鹸のすばらしさ♪)





●石鹸と硬水・軟水の関係 【おさらい】
おさらいしますが、硬水・軟水と石鹸の関係とはどんなものか?

硬水とは、カルシウムやマグネシウムを多く含んだ水のことです。逆に、軟水とは、それらのミネラル成分が少ない(またはまったくゼロ)の水のこと。

石鹸と水が混ざると、水の中のカルシウムが石鹸の脂肪酸と結びつき、「石鹸カルシウム」や石鹸カスを作ります。石鹸で洗顔した後に「つっぱり感」があるとしたら、そのせいであり、水道水の硬度が高いかも?という目安になります。
(洗顔後のつっぱりの原因は、水の硬度成分か、または肌の乾燥です。)

けれど、石鹸は悪さをしているわけではありません。

石鹸洗顔すると、肌の皮脂が奪われますが、その間に乾燥しないように、石鹸カルシウムという膜を作って、乾燥から身を守ってくれているのです。石鹸と肌のチームプレーです!ケミカルな洗顔料では、こんなことはできません。
つっぱり感(石鹸カルシウムの膜)は、肌の皮脂が分泌されれば中和され、もとに戻り、しっとり感がよみがえります。
ただし、肌が極端に弱っている人にとっては、皮脂分泌力が弱く、そのつっぱり感さえも刺激になることがあります。


軟水と石鹸の相性の良さ♪
・石鹸カスが出来ない。
・キシキシ・つっぱり感が無い。
・モコモコの泡が立つ。(←石鹸の脂肪酸の種類によって泡立ちの程度は異なる)
・石鹸の脂肪酸がそのまま皮脂膜となってコーティングされる。洗髪の場合は、キューティクルをコーティングしてくれる。
・脂肪酸は弱酸性なので、洗髪の場合はクエン酸リンスなしOK。洗顔の場合は、弱酸性にするための化粧水がいらない


なぜこうなるかと言うと・・・そのしくみは、

硬度ゼロの軟水を使うと、水には「カルシウム」がゼロ。よって石鹸カスができないため、石鹸洗顔・洗髪の後の「つっぱり感」「ギシギシ感」(カルシウム石鹸という膜)ができず、石鹸の脂肪酸がうすーく肌・髪にのっかり、即座にコーティングしてくれる。

肌の場合は、乾燥肌(→それによる混合肌・オイリー肌・敏感肌)、アトピー肌を治すのに有効であるし、普通肌の人でも、肌バリアがさらに整うので、化粧崩れもしなく、肌の透明感も増します

髪の場合は、ヘアドライ・ブロー時に、ツルツルの手触りを実感できます。乾燥してパサパサして広がるにはもってこいです♪

このように軟水は、肌にも髪にもやさしいケアができるのです。
(詳細記事 → アルカリ性と酸性、そして洗顔の水







●硬水な温泉
話は戻りますが、硬水の温泉でどうだったかというと、まず、頭にシャワーをかけた瞬間、髪の毛に手ぐしが通らないほどギシギシ・ゴワゴワになりました。
泡立てても、すぐにボソボソした石鹸カスに変わり、泡が消えてしまいました。どうにか泡が残っているうちに、その泡を髪の毛に乗せて洗おうとしましたが、泡を髪につければつけるほど、ギシギシ・ゴワゴワになり、いつもの要領で洗えません。
しょうがないので、とりあえず泡だけを流してしまおうと思いましたが、やはりシャワーの水に触れただけで、髪はゴワゴワするので、手ぐしが通らず、「かたまり」のようになり・・・

洗髪はあきらめ(苦笑)、洗顔をしてみました。
泡をいつものようにすべらせ、いざ洗い流すと・・・洗い流した直後の肌は、ギュギュッとした手触り。しかし、10分ほどたつと、肌本来の力による皮脂分泌で中和され、いつもの肌の状態に戻りました。

温泉に浸かると、軟水の温泉のようなヌルヌル感や肌のツルツル感はなく、ギュギュッとした感触でした。

途中であきらめてかろうじて目に見える泡だけは洗い流した髪の毛は、バスタオルで押すようにして水をふき取り(手ぐしが通らず、かたまりのようになっている・・・)、くしでとかすと、くしの目にベタベタの石鹸カスがどんどん溜まりました(汗)。髪の毛はベタベタ!!乾いてもベタベタで触れません・・・。



これが硬水なんだ・・・・!!と、初めて体験しました。

まず、泡をつける前にシャワーの水を髪に当てただけでギシギシ・ゴワゴワした理由は、毎日の石鹸シャンプーによって、髪が脂肪酸に覆われて(コーティングされて)いたからです。これが、水道水の硬度成分と結びついて、カルシウム石鹸となってしまったのでしょう。
(これに対し、ケミカルな洗髪をしている場合は、合成ポリマーによってコーティングされているので、水の影響は受けません。)

・・・ということは、朝起きたときの「寝癖直し」にも、硬度すぎる水道水だとギシギシになってしまう、ってわけですよね。これをふまえ、「寝癖直し」も軟水であればあるほどいいんだ、ということに気づかされ、今では、精製水(硬度ゼロ!のまったくの軟水)で寝癖直しをしています。
(まぁほぼ軟水ぎみの水道水での寝癖直しには問題ないのですが、欲を言えば・・・の話です。)


肌の場合は、上記のように皮脂分泌で簡単に元に戻ることができるので、硬水でも「なんとかなる」のですが(肌バリアが弱まっていて、皮脂分泌力の弱い人には刺激になることもあります。)・・・
髪の毛の場合は・・・赤ちゃんほどの薄い髪でない限り、頭皮の皮脂分泌が髪全体にいきわたる・・・ましてや、石鹸カスを中和するほど分泌させるのは、難しいことです。クエン酸リンスは、石鹸カスを中和するためのアイテムですが、ここまで硬水だとなかなか難しいでしょう。
硬水の場合、洗顔よりも洗髪のほうが難しいのです。

硬水の地域にお住まいの方で、石鹸シャンプーしたい方の苦労を、身をもって実感しました。
水道水が硬水ぎみの時は、固形石鹸でなく「液体石鹸」のほうがまだやりやすいようです。固形石鹸で苦労されている方は、液体石鹸でチャレンジしてみてください。

また、かなり硬度の高い水を使わなければならない場合は、私の温泉の件と同じく、石鹸での洗髪はかなり困難ですので、軟水を使うことを考えたほうがよさそうです。軟水器は、硬水の人こそ使いたいものですね!
Otwo(オーツー)シャワー軟水器 33500円



洗顔用なら、超軟水のミネラルウォーターを使うのも良いと思います。「白神山地の水」は、硬度がわずか0.2しかない超軟水です。わずか0.2の硬度成分は、ほとんど無いに等しいといってもよいぐらいです。これで洗顔すると、まさに軟水の感触。すすぎは水がやわらかくヌルヌル(良い意味で)するほどで、仕上がりもツルツルです。石鹸の泡立ちもモコモコです。

 世界遺産「白神山地の水」 2リットル×6本

硬度0.2(超軟水) pH6.6(弱酸性)








●液体石鹸
お気に入りの石鹸シャンプー・リンス
↑ ここで紹介している液体シャンプーをご参照ください。

また、マジックソープもあります。
マジックソープ ベビーマイルド944ml 1,575円


※これは、「メイクも落とせる」といわれていますが、液体の石鹸ですので、さすがにケミカルな(合成ポリマー配合の)メイクまでは落としきれないと思います(普通に考えたら、落とせるわけがないですよね。笑)。宣伝文句の「毛穴の汚れを溶かしだす」というのは、かなり誇大な言い方かな、、、と思います。逆に、それが真実なら、そんな驚異的な洗浄力のものは怖くて使えません(笑)。

通常の石鹸・液体石鹸は、「ふつうに」良いものです。使い方を間違えない限り、毛穴の汚れはするっと落ちるものです。落ちない場合は、石鹸が悪いのではなく、毛穴周辺の弾力が弱く皮脂のこびりつきが強いからであって、石鹸を用いてやさしいケアをすることで、肌バリアを改善していけばいいのです。
せっかく良いものなのに、誇大アピールが逆効果になっているのが残念です(^^;)

マジックソープは、サクサクした泡が立ちやすいのですが、泡のきめ細かいクリーミーさ・濃厚さには、固形の「白雪の詩」ほどではありません。それは「劣っている」という意味ではなく、個人の好みによるものです。原料のオイルの脂肪酸の違いで、泡のサクサク・クリーミー・濃厚さなどの違いがでます。
(詳細 → 石鹸バンザイ)
ヘアドライ後はサラサラになりました!







●旅行用に最適な、簡易軟水器
持ち運びに便利な、きんちゃく型の簡易軟水器があります!
私も購入しました!5000円です。
20090526053725.jpg

下の絵のとおり、きんちゃくを水道の蛇口(シャワーでもよい)に結びつけると、きんちゃくの中のイオン交換樹脂を通った水が、軟水となって袋の下から出てくる・・・というしくみ!
nankichi-bura_10.gif

ふくろの中には、イオン交換樹脂がずっしり入っています。
20090526053942.jpg

手作りの軟水器も、簡単にいえばこういうしくみで、外側の入れ物がきんちゃくか、箱か・・・の違いです。

精製水は硬度ゼロのまったくの軟水なので、精製水を1本持っていくのもよいのですが、ジャンジャン使いたい!という人や、水道水が硬度過ぎて石鹸の洗髪で苦労することが予想される場合は・・・こっちの簡易軟水器が便利です♪




髪の毛の話になったついでですが、最近、すごく良いドライヤーを見つけました!今度、その話を書こうと思います。
石鹸シャンプーで脂肪酸のツルツルコーティング、寝癖直しは精製水、そしてそのドライヤー、ヘアケア剤はホホバオイル!・・・これで髪は元気になります。





なかなか更新できなくなってしまい、申し訳ありません。
新記事更新に限らず、過去の記事に追記したり、「よくある質問 成分編スキンケア編」に追記したりと、ちょこちょこ更新していますので、それらを一目でわかるようにした「更新情報」をチェックをしていただけるとうれしいです(^^)



いつも応援、ありがとうございます!!

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします。
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ

【More】

ランキングのクリックについて、質問を受けましたので、お答えします。ありがとうございます!

★Q1. 上記の2つのアイコン(スキンケア、ノンケミカル)、どちらをクリックしたほうがいいのか、どっちもしたほうがいいのか?
→  どちらをクリックしても、私自身のポイントとなり、それぞれのランキングに割り当てられますので、どちらをクリックしても同じで、「どちらか1つのみ」のクリックが有効になります。

★Q2. ランキングの一覧にある「IN」、「OUT」のポイントの意味は?
→ INは、このブログ内から・・・つまり、上記のアイコンをクリックした分のポイント。OUTは、ランキング一覧の画面上からクリックされてこのブログを閲覧した際のポイント。
・・・という違いになっております。INとOUTの合計のポイント数で、ランキングが決まるしくみです。

★Q3.このブログでINクリックしてランキング一覧にいき、再度OUTクリックしてここに戻ると、2回分のポイントになりますか?
→はい、その通り、2回分のポイントとなります。手間をかけていただき、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

06:00  |  7.軟水  |  TB(0)  |  CM(95)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年05月26日(火) 11:26 |  | コメント編集

>ニノさん

はじめまして、こんにちは。

ハーブ粉はよくわからないのですが、ガスールで洗うのも、角質の取りすぎにはならないと思いますよ。でも!石鹸は「脂肪酸がコーティング」してくれるし、ガスールだけでは皮脂のリセットが完全でないので、石鹸のほうが理想的な洗浄ではあります。
石鹸洗顔は1日2回までが限度ですが、それを超えて洗顔しなければならない場合などは、ガスールなどの粘土系を使うといいかもしれません。(それでも、やりすぎは洗顔のしすぎになりますが)

角質培養の言葉を知らなくても当然ですよ~(^^)
だって、医学用語でもないし、広辞苑などに載っているような言葉でもありません。いわば流行語みたいなもので、なんとなく広まっただけの言葉です。
それに、あえて角質培養しよう!と思わなくても、「余計なことをしない」人は、自然にそれが角質培養になっています。たとえば、赤ちゃんや子供、男性の一部は、ケミカルな化粧品・ケア用品を使わず、石鹸洗顔だけだったりしますよね。それは、自然に角質培養になっています。
本来、「当たり前」のことなんだと思います。それが当たり前なのに、女性の多くが「肌をきれいにしよう」と意気込むと、「余計なお世話」になるケア用品や情報が多いのでしょう・・・(^^;)

リンク、もちろんオッケーですよ♪ 読ませていただきました。ありがとうございます!今後ともこちらこそよろしくお願いします!
ノンノン  | 2009年05月26日(火) 13:05 | URL | コメント編集

レスありがとうございます(^^)

早速のレス、ありがとうございます\(^o^)/
リンク貼らせていただきますね~~♪
私のブログも読んでいただいたみたいで・・嬉しいです★

今週中にホホバ油が届くので楽しみです!
これからは安い材料で手作りパウダーなども作ってみたいです♪
今まで一つ数千円もファンデーションやお粉にお金をかけていたので
節約も出来そうで嬉しい限りです!
ただ、UV対策に悩む今日この頃でした・・・
私は子供が野球をやっているので、グラウンドに1日中いる事もあるので(月に2~3回試合があります)
SPF15位のものだと鼻やおでこが真っ赤になって皮がむけちゃうのです(T_T)
そんな時、こちらのブログで「ヴェレダ」のSPF20を発見♪ウォータープルーフだし、アウトドアにも良さそうですね♪
ホントに役立つ素晴らしいブログだと思います!コメントにも親切で丁寧な対応をされてるノンノンさんも素敵♪

これからも色々教えて下さいね♪よろしくお願いいたします(^^)
ニノ | 2009年05月26日(火) 13:44 | URL | コメント編集

こんにちは。

ノンノンさんこんにちは。

温泉行かれたんですねぇ~。とはいえ硬度の温泉とは・・・。
最近は温泉に行く機会もなかなk無いのですが、
私も普段石鹸シャンプー使用で旅行で温泉に行ったりすると、
私にもあり得る話だと言うことですよね・・・。
せっかく温泉に行ってさぁ髪を洗おうとしたらゴワゴワに
なってしまったなんて、硬水の温泉残念です(T T)。

軟水と石鹸の相性の良さを改めて実感します。
簡易軟水機すごいですね~。
そういえば、仙台の近くのスーパーでは白神山地の水が
ないいんです。
なので精製水が切れてしまって、最近は水道水で普通に
ゆすいでいますが、なるべく軟水のものなら白神山地の水で
なくても代わりになるのでしょうか・・・。

それから最近すっかり化粧水を作るのが面倒になってしまい、
洗顔後はホホバオイルのみ、または状態によってシアバターのみ
になってしまいました。化粧水は気持ちがいいからつけるだけで、
つけないからと言ってしわが出来るとかっていうことは
ないんでしたよね~?
だったらホホバオイルのみが絶対に楽だと言うことに
なってしまいました(^^)。なんかその方が洗顔後のホホバオイルの
なじみもいい気がして、すっと入ります。

そしてパウダーも色調節が面倒と言うことで、私もコーンスターチと
セリサイトのみを試しましたよ。これ思っていたよりいいです!!
どうせ普段は子供といるか買い物のみなので、なるべく
負担はかけたくないし、酸化鉄が入っていると色や汚くなってきた
時も気になるし・・・。ほんとすばらしいです(^^)。
白くなるのでは?と思いましたが、気になりませんでした(^^)。

今週末に、ヘナをやってくれる美容室2回目に行ってきます。
カットとヘナの予定ですが、ケミカルでないパーマというのも
かけてみたいのです。時間がかかるのが少し大変ですが・・・。

まっちゃらて | 2009年05月26日(火) 14:58 | URL | コメント編集

ノンノンさん、こんにちは。

なるほどぉ~簡易軟水器と硬水の温泉との繋がりはこういう記事になるのですね~。マタマタ興味深いお話でした。

今までケミカルだったせいもあり温泉に行っても備え付けのボデイ-シャンプ-とシャンプ-を使用してたので(~o~)そのような苦労は体験なかったのですが^_^;今はノンケミカルなので、無論、今後は遭遇する事態ですよね(^^ゞ

前はSPAや岩盤浴など行ってましたが、そんな事を考えて見たりすると最近ではパッタリ行かなくなりました(笑)

そして運動・・・腕回しと肩甲骨動かし・・・かなり効果大ですよ。かなり代謝が上がったようです。血行もよくなってきた感じです。
やはり運動ですねヽ(^o^)丿
なちゅみ | 2009年05月26日(火) 16:56 | URL | コメント編集

お久しぶりです。

ノンノンさんこんばんは。

角質培養4ヶ月目に入りました。
最近は紫外線の影響だと思うのですが、対処の方法が適切でない時は顔にブツブツや角栓ができます。
過剰にUVクリームを塗っても出るし、やらなさすぎの時もでてくるので、毎朝一日のシュミレーションをしっかりしないとダメですね。
でも、大きなトラブルもなく過ごせています。
肌が丈夫になったと実感しています。

簡易軟水器、気になっていました。
自分でも作れそうなので買うのを迷っていたのですが、使い心地はどうですか?
私は会社に泊まることが多いので、そのつど精製水を買うんですが、ちょっと勿体なくて。。。
迷ってる時間を考えると買ったほうがいいかなという気がしてきました。

ノンノンさん、blogが益々人気になってますね。
肌荒れがひどい友達に教えてあげようかと思うのですが、こっそり自分だけ綺麗になっていたいような複雑な女心と戦っています。
ちなみに化粧品代が激減して、代わりにサングラスや帽子、日傘に充てられて楽しんでいます。
のりぴー帽とサンバリア、まわりにも好評です。

yucco | 2009年05月27日(水) 01:10 | URL | コメント編集

石けんシャンプー

ノンノン様

初めまして。
最近ひょんなことからノンノン様のサイトに出会い、ただいま端からくまなく勉強させていただいている最中です。
非常にすばらしい内容で感銘を受けてます。

私、1999年からフランス在住、ここ1年程はベルギーのブラッセルに住んでおります。こちらは乾燥がとにかくひどく(なので死人が出る程の猛暑でも「さらっ、からっ」とした暑さで汗がかきにくいです)、紫外線も強く(夏は夜の10時頃まで日本の昼のように明るく日差しも強いです)、水の硬度も強く、台所など全て水滴を拭き取らないと何分か後には石灰水のせいで真っ白になってしまいます。

ノンノンさんの様に、硬水でのシャンプーは「ばりばり」してしまいますよね。
ケミカルのものを使ってもパサパサになり痛みまくってしまい、黒髪が赤茶けてきてしまいます。

そういえば「石けんシャンプー」というのを売っているのをみたことないです。
そもそもフランス人はあまりお風呂に入らないし(体臭が好きなようです)、お化粧も拭き取りですませているので「石けん」を使う機会は日本人程はない気がします。

しかし私もノンケミで行きたいため、昨年12月に日本で30種類程の「石けんシャンプー」を購入し試してみました。
日本(神奈川県です)でさえ「ばりばり、べたべた、ぎとぎと」でほとんど「私に石けんシャンプーは無理!!」と言う感じだったのですが、「エスケー石けん しっとりせっけんシャンプー」だけは素晴らしくさらさらしっとりしました。
次には「クレセントムーン なちゅっ シャンプー」「ソンバーユ 馬油シャンプー」でした。

ベルギーの硬水(シャワーヘッドには軟水器を一応は取り付けてはおりますが)でも、日本と同様調子がいいです。パリで買いやすいというのもあり、今は「ロゴナ」のシャンプーも使用しています。調子はいいのですが、こちらは石けんシャンプーでなく界面活性剤が入っているのですよね。「天然由来だから危険はない」とのことですが、少々不安になりながら使用しています。

さて、こちらは日本では脂肌だったり、肌トラブルには一度も苦労した事ないという日本人でさえもたいていは乾燥肌になり、粉が吹きだし苦しむようなところです。
(日本にたまに帰ると成田空港に着いた時からいきなり体中がしっとりし肌のきめが細かくなり美肌になります)

私もパリに着いてすぐに乾燥がひどくなり皮膚科に行ったところ「軽いアトピーね」と言われびっくりして声が出ませんでした。(日本ではもちろんそんなことなかったです)

もちろん、そんな肌に厳しい環境なのでフランス人女性の肌は一般にきめが粗くがさがさしています。紫外線のせいか、中年以降の女性の肩、鎖骨、背中などは、びっくりする程のシミだらけです。
肩がシミだらけでない中年婦人には日常レベルではまだ出会った事がありません(女優さんやモデルさんなどはきっと違うのだとは思うのですが)。

こちらは「乾燥がひどいのですが。。。」と薬局に相談しても「クリームを塗りなさい」と言われるだけであまり参考にはならない感じです。

肌をしっとりさせる目的の化粧水は存在しません。
さっぱりさせる拭き取り化粧水のみ存在します。
エステをなさっている日本人女性にその疑問を聞いたところ「あー、こっちは乾燥してるから化粧水をつけてもすぐ乾いちゃって結果もっと乾燥してしまうんですよ」とおっしゃってました。

ノンケミカルでなるべく肌本来の力で美しくなりたいため、サイトその他で情報を収集しつつ暗中模索しています。

このような環境にいる者ですが、日常的な疑問を今後質問させていただいてもよろしいでしょうか?

最近ホホバオイルを始めました。
超乾燥肌なので「オリーブオイルより素晴らしいのだから」とフィトサンアロームのアルガンオイルや日本創健の馬油を顔中に塗りたくっていたのですが、おでこにニキビが年中できて困っていました。
アルガンオイルをやめホホバにしてからすぐにニキビが小さくなりびっくりしています。今考えると、オレイン酸過剰になっていたのでしょうか?(基本的に乾燥肌なのですが。。。)

自分の話ばかり長くなってしまいすみませんでした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Parisko | 2009年05月27日(水) 02:49 | URL | コメント編集

こんにちは☆

ノンノンさん、はじめまして(^_^)/~
いつも楽しく拝見させて頂いております。
ノンノンさんの知識の豊富さにはひたすら脱帽するばかりです。
ものすご~く勉強になります( ..)φメモメモ

実は洗顔についてお聞きしたいことがあります。
マルティナのクレンジングミルクって
成分良好で洗顔として使えるそうですが、実際はどうでしょうか?
やっぱり石鹸にはかなわないですよね?(^^ゞ
【成分】(シーアクレンジングミルク )
水、オリーブ油、ダマスクバラ花水、エンドウデンプン、レシチン、シア脂、
セチルアルコール(ココナッツ油由来の乳化安定剤)

ノンノンさんのご意見を是非聞かせてもらえますか?
いつでもいいですので、宜しくお願い致します。
お手数おかけします。。。m(__)m
タマ | 2009年05月27日(水) 16:02 | URL | コメント編集

ノンノンさんこんにちは。お気軽に、と言っていただけたので、お言葉に甘えて気軽にコメントしちゃいます♪

ドライヤー!! ちょうど今持っているドライヤーを買い換えようかと思っていたところなので、タイムリー。すごく気になります!
楽しみにしてますね~^^

寝癖直しに軟水、盲点でした。
明日から早速実践してみます。開封してしばらく放置してしまってスキンケアに使うのには躊躇われる精製水があったのですが、もってこいの使い道ですね。笑
なのはな | 2009年05月27日(水) 20:02 | URL | コメント編集

硬質の温泉。。。(;゜〇゜)
それはまた、大変な体験・・・・
いや、裏を返せばいい体験をしたねえww

うちは軟水な地域で、本当に良かったと、心から思う今日この頃です(笑)

最近はパックスのシャンプーを使っているんだけど、なんだかこのマジックソープ気になった~~。
若干高い気もするけど、使ってみようかな~~??

でも、最近はお風呂にせっけんシャンプーしか置いてないんで、旦那も子供も一緒に使うのよね。
旦那に、高いのを使わせるのは若干・・・・もったいないな(爆)

石鹸嗜好のみんなって、旦那とかには同じ物を使わせているんだろうか??
ちょっと素朴な疑問やわ( *´艸`)プププ
カフェ | 2009年05月27日(水) 23:34 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

白神山地の水、こちらでもコンビニには無いです・・・ マニアックなものを取り揃えたスーパーならあるかもしれませんが、なかなか、簡単に見つかる商品じゃないようですね。
私の地元の秋田では、イオン(田舎では大人気。笑)で1本100円で売っています。もともとが青森の水なので、東北メインなのかも?しれません。実家では、うちの犬もこの水を飲んでいます(笑)。

でも、通販で買うにしろ、他のミネラルウォーターに比べると安いのがいいですよね♪ 硬度は、完全なる「ゼロ」ではありませんが、0.2はほとんど無いに等しいぐらいの微量なので、これを精製水のかわりにしても、まったく問題ないと思いますよ(^^)
それに、精製水は500mlで100円前後ですが、白神山地の水ならこの量で150円かそこらなので、お得ですよね。


化粧水は、気持ちがいいからつける程度なのと、あとは、「肌を弱酸性に戻す」役割ですね。これは、硬水で洗顔して、でもその後の皮脂分泌が弱い人には意味があると思います。
でも、まっちゃらてさんの場合、洗顔後の状態も良いようですし(つっぱりがなく、あわてることがない)、日々のケアで、石鹸の脂肪酸がコーティングしてくれているので、化粧水を使わなくてもよさそうですね。
洗顔後、ホホバオイルのみでいいのは楽でいいですよ♪(笑)
あとは乾燥していると思ったら、シアバターをハンドプレスする程度です。

セリサイトとコーンスターチのパウダーも気に入っていただけて、よかったです♪ 
ノンノン  | 2009年05月28日(木) 12:30 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

硬水の温泉では、そこの温泉で発売している石鹸もありました。
でも、硬水と石鹸の相性は悪いので、普通の石鹸ではないだろうな、と思って成分を見たところ・・・やはり、合成界面活性剤を使っていました(^^;) それじゃあ石鹸ではない!
温泉に備え付けのシャンプー・リンス・ボディソープもそうですが、硬水だと、ケミカルにならざるを得ないですよね。。。万人受けもありますし。
自分を守るのは自分だけだ!と思ったのでした(笑)

うでまわしの効果、感じてもらえてうれしいです♪ 肩こりとは無縁になりますよ!
ノンノン  | 2009年05月28日(木) 12:35 | URL | コメント編集

>yucco さん

冬は冬の、夏は夏の、そして春は春で、乾燥の敵はいるので、なかなか難しいですよね。どんなにケアが正しくとも、季節や環境に100%うまく応じるのは難しいです。自分にしか分からない程度の角栓が、小鼻の横に出来るぐらいなら、許容範囲ですよ。
日々のケアで肌バリアの基礎を整えておけば、季節や環境によるトラブルに対抗できる、強い肌になります(皮脂がこびりつきにくくなるので)。←これは実感していただけているようで、よかったです(^^)

簡易軟水器、私も、自分で作ろうか迷いました。きんちゃくですものね(笑)。
でも、手間がめんどうになって、5000円出して買ってみました。
中身は写真のとおりですが、イオン交換樹脂の入っているビニール袋、底の部分だけ、ちゃんと水が漏れるように、かつ、イオン交換樹脂が流されないように、メッシュになっているんです。
この袋は、なかなか自分では調達できないですよね。(無理やり、作ろうと思えば作れますが。笑)

会社にとまる機会が多いのなら、かなり役立つのでは? 私なら買うと思います(笑)←誘惑?
それか、精製水よりは、記事に載せた「白神山地の水」のほうがコスパがいいと思いますよ。完全なる硬度ゼロではありませんが、0.2ほどの微量なら、ゼロと同じようなものです。

ノンケミカルにすると、本当に化粧品代がかかりませんよね~。ケミカル時代が遠く感じます。
のりピー帽子とサンバリア、好評なんですか!私もその輪の中に混じりたいです(笑)
お友達にも、気が向いたら?ぜひ当ブログを教えてあげてください(笑)
ノンノン  | 2009年05月28日(木) 12:55 | URL | コメント編集

>タマさん

はじめまして、こんにちは。
マルティナのクレンジングについてですが、やはり石鹸にはかなわないと思います。
石鹸は、「ちょうどよい洗浄力」で「落とすべき角質のみ」と「酸化した皮脂」を落とし、「新鮮な皮脂」を補うこともできます♪

しかしマルティナのそれだと、メイクを浮かせることはできても「洗浄力」は唯一「レシチン」でしょうか。
レシチンは、天然の界面活性剤で乳化剤として、クリームやミルクなどの「油と水を混ぜる」ために使われます。この場合も、乳液タイプなので乳化のために使われたのだと思います。
ですが、これのみの洗顔では、洗浄力が中途半端で、酸化した皮脂を落としきれず、少し残してしまうと思います。酸化した皮脂が溜まれば溜まるほど、角質をいためます。

「メイクを浮かせる」というのは、「オイル」の力であり、簡単にいえば、オイル単品さえあれば浮かせられるので、このような乳化されたものをわざわざ使わなくても、オイル単品で浮かせ→石鹸洗顔、というほうが、ムダがありません。
マルティナのこれで浮かせ→石鹸洗顔 という2段階を取ったとすると、今度は「やりすぎ」になる可能性もあります(ケミカルなクレンジングを使うよりはましですが)。

そして、これはクレンジングといっても、ケミカルなメイクでは落としきれないでしょうから、結局はノンケミカルで合成ポリマーを含まないメイク用のクレンジングでしょうし、それだったら、石鹸ひとつ(または、石鹸洗顔の前にオイル単品で浮かせる)で落とせます。
ノンノン | 2009年05月29日(金) 05:51 | URL | コメント編集

こんにちゎ(^-^)

ヌルヌル、ツルツルの温泉は軟水だからなんですね!近所にある温泉はまさにそのそんな感じ♪
もしかして…と思い自分の住んでる地域を硬度ランキングで調べたらなんと!硬度16でした~☆そのおかげか、今年から石鹸シャンプー始めたのですがあまり苦は無くスムーズに慣れましたね(^o^)v
しかし顔だけは相変わらず乾燥、ゴワゴワ…皮脂も出ない。運動不足が原因だと思うので、最近ウォーキング始めました! 夕方、肌寒い時(青森です(笑)ウォーキングしてるのですが、体はポカポカでも顔はひんやり…触るとしっとりした感じです。これってお肌にはどうなんでしょうか?ちなみに田んぼの周り歩いてます。←あまり関係ないか(笑)
はるるん | 2009年05月29日(金) 09:48 | URL | コメント編集

ノンノンさん
お忙しいなか、早速ご返答頂きまして、
誠にありがとうございます!

とても分かりやすい説明で、大変納得できました☆
これで迷いなく石鹸一筋でいきます(笑)
本当に石鹸バンザイですね(^o^)丿

実はずっと大人ニキビに悩まされていたのですが、
結局余計なことのし過ぎで、角質が常に未熟だったのが原因だとようやく気付きました。
角質培養を始めて、ニキビは確実に減ってきましたし、肌理も整ってきました。
改めて肌が育つケアの大切さを痛感しました。
ノンノンさんの教えに従って、“手助けのケア”を心がけていきたいと思います!
タマ | 2009年05月29日(金) 10:16 | URL | コメント編集

>なのはなさん

ドライヤーでこんなに差があるとは思いませんでした(笑)。なるべく近いうちに書きたいと思っています!
軟水で寝癖直し、よい消費の仕方でしょう?(^^)☆
ノンノン | 2009年05月29日(金) 21:15 | URL | コメント編集

>カフェさん

硬水の温泉・・・実は、大学時代にも友達といった温泉がそうだったよ・・・今にして思えば、ね。
「ふつう、温泉ってツルツルになるのに、ガサガサするね・・・・(^^;)」と言って、友達も不思議がってた。あの頃は、硬水や軟水が関係してるなんて考えもしなかったし、シャンプーもケミカルだったから、その点では「苦労」はなかった(笑)。

ねえさんのとこは、かなりの軟水っぽいよね~、うらやましい!私んとこは、47ぐらいのようです。
パックスナチュロン、どう?飽きてきたの?(笑)
マジックソープは、別の過去の記事のコメント欄で「マジックソープは安全か?洗浄力が強くないのか?」という疑惑が持ち上がって・・・(^^;) 今回の記事に書いたとおり、「宣伝文句が過剰すぎる」のも原因だよね、毛穴の汚れを溶かす、ってやつ。
で、成分一覧みてあれこれ理屈だけで考えてても分からないから、使ってみよう!と思って、使って見ました。そしたら、けっこうシャンプーとしては使用感に好感度ありだったよ。サラサラ感があるし。

私んちは、旦那も石鹸派だけど、旦那は白雪は使わず、3個で100円の花王のなんとか・・・っていうやつを使ってる。それでいいんだって(笑)。
シャンプーも、旦那はケミカルなのを使ってるし(スーパーの独自ブランドの安いやつw)、歯磨き粉も別々だし、全部、「それぞれ」で使ってるよ(笑)。

ねえさんちは、みんなが石鹸シャンプーに満足してるんだ?それが理想的だよね~。いいなあ。
ノンノン | 2009年05月29日(金) 21:25 | URL | コメント編集

>はるるんさん

おおお~~~~硬度16とは、うらやましい!!
軟水器、いらないですね。

たしか、はるるんさんの地域で、白神山地の水がくめるんですよね♪

う~ん、顔の肌のゴワゴワ・・・寒いから血行が悪くて皮脂分泌が少ないってのもあるかもしれませんが、さすがに青森でも、日中はもう暖かいですよね(桜の季節もすぎましたし)。運動や食べ物、睡眠などにも気をつけてみてくださいね。
運動は、「うでまわし」もいいですよ☆ 血行促進のツボ的な運動であり、肩甲骨・僧帽筋をうごかして鍛えると、顔のたるみ防止にもなります。
(「肩甲骨・僧帽筋、とりあえずコレ!」の記事をどうぞ)

田んぼのまわりを歩くことは、空気がきれいなところを歩く、ってことで、お肌には効果あると思いますよ!緑の多い環境だと、「湿度」がちょうどよくなるので、お肌のしっとり効果が出ます。
空気の乾燥した室内に観葉植物を置くのは、そういう意味でも効果的です。

日中は、クリームでしっかり保護してくださいね。
ノンノン | 2009年05月29日(金) 21:33 | URL | コメント編集

>タマさん

肌の調子がよくなってきたとのこと、本当によかったです!
今後もどんどん肌バリアがよくなって、そうすれば、ニキビも角栓も出来にくい肌になりますよ♪
ノンノン | 2009年05月29日(金) 21:35 | URL | コメント編集

硬水での石けんシャンプー

ノンノン様

ノンノンさんの様に、硬水でのシャンプーは「ばりばり」してしまいますよね。
ケミカルのものを使ってもパサパサになり痛みまくってしまい、黒髪が赤茶けてきてしまいます。

そういえば「石けんシャンプー」というのを売っているのをみたことないです。

しかし私もノンケミで行きたいため、昨年12月に日本で30種類程の「石けんシャンプー」を購入し試してみました。
今までロレアルのシャンプー&コンディショナーべったり生活だったためか、すんなり石けんシャンプーに入れませんでした。

日本(神奈川県です)でさえ「ばりばり、べたべた、ぎとぎと」でほとんど「私に石けんシャンプーは無理!!」と言う感じだったのですが、「エスケー石けん しっとりせっけんシャンプー」だけは素晴らしくさらさらしっとりしました。
次には「クレセントムーン なちゅっ シャンプー」「ソンバーユ 馬油シャンプー」でした。

ベルギーの硬水(シャワーヘッドには軟水器を一応は取り付けてはおりますが、効果の程は??です)でも、日本と同様この石けんシャンプーでも調子がいいです。

パリで買いやすいというのもあり、今は「ロゴナ」のシャンプーも使用しています。調子はいいのですが、こちらは石けんシャンプーでなく界面活性剤が入っているのですよね。「天然由来だから危険はない」とのことですが、少々不安になりながら使用しています。

天然由来でも界面活性剤は(レシチンなど以外)はやはりなるべく避けた方がいいのですよね?
Parisko | 2009年05月29日(金) 21:49 | URL | コメント編集

>Pariskoさん

パリは硬水なので、石鹸シャンプーが売っていないんでしょうね。売っていたとしても、バリバリ・ゴワゴワになるのは目に見えているので、硬水の国ではなかなか受け入れられないでしょうし、いくら石鹸の安全性・優秀さを唱えても、ゴワゴワの原因が「水の硬度」だということを言わなければ、わかってもらえないでしょう。そして、ゴワゴワや肌のつっぱり感に対して「石鹸は刺激がつよい、洗浄力がつよい」・・・という判断になってしまうのです・・・。これは、日本でも同じことが言えますけどね。
水がさほど硬度でないとしても、ケミカルを使い続けて乾燥していれば、石鹸を使った時のつっぱり感に驚き、石鹸が悪者にされてしまう始末。ケミカルのしっとり感はまやかしなのにね・・・。

軟水器を取り付けていらっしゃるんですね、それならよかったです。
クレセントムーン なちゅっ シャンプー、エスケー石けん しっとりせっけんシャンプーの成分を見てみましたが、どれも実にシンプルですね~。うまくいかなかったときは、どんなものを使っていましたか?石鹸シャンプー初期では苦労される方が多いのですが、それでも、固形より液体を使うとうまくいく傾向があります。

ロゴナ、石鹸ではないシャンプーなら、合成界面活性剤が必要になってきますね。

合成界面活性剤の「自然由来」というのは、消費者がそのほうが安心して買うからわざとアピールしているメーカーもあり、一概に自然由来だからまるっきり安全・・・とも言い切れません。自然由来でも石油由来でも、界面活性の力はあまり違いないようですが、自然由来のほうがいくらかマシではあります。

ただ、ノンケミカルなメーカーが好んで使う合成界面活性剤は、ケミカルな商品でのそれとは、種類も使う数もまるっきり違うので、「商品」としてノンケミカルとケミカルを比較すれば、ロゴナのそれは安全といっていいとは思います。

つまり、簡単にいえば、「ケミカルなものよりは断然ましだけど、自然由来だからといって完全に安心というわけではない」ということです。

石鹸シャンプーと比較すれば、石鹸シャンプーのほうがいいでしょうね。水の硬度に悩むかたは、ロゴナのようなものを使う方法もいいと思いますが。
ノンノン | 2009年05月30日(土) 08:31 | URL | コメント編集

セリサイト

永久脱毛のこと、詳しく詳しく教えて頂いてありがとうございましたi-233

なんだか本当に良さそうですねえe-266
私もいつかしたときは報告しますe-463
(いらないか。。)
ノンノンさんご紹介割引があればいいのに。。i-239

セリサイトとコーンスターチのパウダー作ってみました☆
キレイになりますねe-266
ツヤッとなりますe-420
好きな感じでした~

作ってすぐ試して、その時クリーム塗らなかったので
その後小さなニキビが出来てしまいましたi-195やっちゃったe-330
きっと乾燥によるものですよねi-229
今度からは保湿に気をつけようと思います

それから、そのセリサイトについて、質問なのですが、
記事で微妙に使われている言葉が違うなと思いまして

~「セリサイト」はUVAによるダメージを抑える働きがあります。
また、UVBカット作用も、酸化チタンほどではありませんが持っています。~

というのは、
ダメージをおさえる=UVAカットではない という事でいいんでしょうかv-236

すごく照り照りにさらされる場合とかは、
セリサイトの 「ダメージをおさえる」 
という働きだけに頼るのでは少々不安かも。。i-230と思ったのです
aino | 2009年05月30日(土) 15:32 | URL | コメント編集

>ainoさん

セリサイトは、「紫外線・電磁波をカットする」と言われています。
私は、さらにUVA、UVBそれぞれのカットはどうかを知りたかったので調べたところ、UVBははっきりと「カット」とありましたが、UVAについては「ダメージを抑える」でした。でも、そこに「カット」の意味合いも多少あるかもしれませんし、そのカット力の強さまでは、はっきりとは分かりません。
酸化亜鉛に代わる強力なものがあればいいんですけどね・・・。

UVAを跳ね返す強い肌にするには、記事に書いたとおり、リコピン&カロテンの摂取です。トマトは、リコピンもカロテンも多く含むので最適ですよ♪ ついでにビタミンCもたっぷり。
ノンノン | 2009年05月30日(土) 20:19 | URL | コメント編集

紫外線・軟水器つくりました

お返事ありがとうございましたv-238

ノンノンさんのブログを拝見するようになってから、
トマトジュースをぐびっと飲んでますv-221

生のにんじんは、ビタミンCを破壊するらしいです。
生ジュースにはむいてないようですね。
市販の野菜ジュースは、にんじんには火を通してありますと
表記してあるものもあるので、これなら安心ですねv-22

軟水器、忙しくてなかなか作れなかったのですが
やっと完成しましたv-237v-237
ノンノンさんの軟水器を、
焼酎の大容量ペットボトルで、少し自己流にアレンジして
作ってみましたi-179
さっそく今日の夜から使ってみますi-184
aino | 2009年05月31日(日) 13:59 | URL | コメント編集

こんばんは☆
ノンノンさんのブログチェックが日課になりました^^

脱ケミしてから3週間が過ぎて、初期段階の赤みやかゆみ・ひりひり感はなくなりました♪
が、未だに乾燥は続いていますξ

ロゴナのルースパウダーを使う際にはシアバターをハンドプレスして、
更にヴェレダのアイリスデイクリームを塗っているのですが
それでも艶感ゼロの超マット肌で粉がふいてしまいます><。
何かがいけないのでしょうか???
それともやはりこれまでのお手入れのつけですかねぇ...
この状態から抜け出せるには時間を要するのでしょうか?

それから光の加減にもよるのですが、肌のでこぼこがすごーく気になります。。
この凸凹も脱ケミしたことで改善してツルンとしたお肌にいずれはなりますか??

お手すきの時にアドバイス頂けると幸いです☆★
るこ | 2009年05月31日(日) 21:42 | URL | コメント編集

>るこさん

はじめまして、こんにちは。
あれから、肌の調子はどうですか?

角質培養・ノンケミカルを始めて3週間でしたら、これからですよ!正しいケアさえ出てきてれば、必ずつるんとした肌になります。なれない、ってことはありません。がんばりましょうね(^^)ノ

3週間前まではかゆみ・ひりひりがあったということは、乾燥の度合いも大きいのが想像されますので、そう一気には改善はされません。まずはかゆみ・ひりひりが無くなっただけでも成果です!焦らずじっくり、出来ることを確実にやっていきましょう。

粉をふいたような乾燥だとすると、ガサガサしている状態ですか?ガサガサは、皮脂分泌力がきちんと出ていない状態(冬に多い乾燥と同じ)かと思います。「よくある質問 スキンケア編」の中に、ガサガサについての記載がありますので、参考にしてください。
また、Q27もご覧ください。

夜のケアでは、ホホバオイル、シアバター、ラップパックをどうぞ。

ノンノン  | 2009年06月02日(火) 12:33 | URL | コメント編集

>ainoさん

生のにんじん、ビタミンCを壊しますが、その酵素は酢に弱いです。私は、野菜ジュースに黒酢を入れて飲んでいます。黒酢は、結果的にはコラーゲン生成にも良い成果をもたらします♪

手作り軟水器、作られたんですね!すばらしい☆ 使い心地はどうでしたか?
ノンノン  | 2009年06月02日(火) 12:36 | URL | コメント編集

軟水器使いました お酢

軟水器良いですe-460
すごいですっv-237
とぅるんとぅるんですっe-266
こんなに!?とビックリしました
ノンノンさんありがとう~!i-237

軟水で身体洗った後に、湯船に浸からずあがりました
私はバスタブのお湯は軟水器をとおしてないので、。。
みなさんどうされてるんでしょう・・v-78

にんじんの酵素の件ありがとうございました☆
野菜ジュースにお酢、試してみます~
うちには米酢しか無くて、、
こ、米酢でもいいかな。。。。i-229
aino | 2009年06月03日(水) 07:12 | URL | コメント編集

こんばんは★お返事嬉しいです><。

今は肌の状態が本当最悪ですね。。。
鼻部分には太くて大きい角栓がてんこ盛り、乾燥&肌の凸凹が目立つので、
友達にも肌荒れ凄いねって言われて・・心が折れそうでした.. 
正直ケミカル物に戻ってしまいそうでした(T_T;)
でも、ノンノンさんからのレスのおかげでめげずに頑張ろうと思います♪
毎日毎日物凄い至近距離で鏡とにらめっこしてちゃダメですよね。
今の肌の状態だとかなりのストレスです(笑)
肌の状態は月単位で考えていこうと思います!!
まだ脱ケミカルを始めて3週間ですもんね。これからですよねっ!!

乾燥の状態ですが、
始めの頃はホホバオイル・シアバターを塗りラップパックをしても
数時間経つと肌の乾きが感じられましたが、今はしっかり潤っています。
ただお粉をつけると粉がふいてしまいます。(ガサガサやごわごわ感はないです)
お粉をつけなければ乾燥は感じません。
そして白雪の詩での洗顔後の肌は全体的に薄皮がむけてます。

この状態は、脱ケミカルしたばかりの時はやはりしょうがないですか??
日々のスキンケアでホホバオイル、シアバター、ラップパックを継続して行えば肌の状態は変わってきますか??

るこ | 2009年06月03日(水) 22:39 | URL | コメント編集

こんにちは>^_^<
今日はちょっと質問があってきました。
最近、増殖中のニキビが気になりいろいろと調べていたら角質培養の方法でこんな方法を見つけました


(乾燥を防ぐ方法として)
朝は石鹸を使わず、ホットタオルだけで済ませる方法です。

まず、熱い湯にタオルを浸し「ゆるく」絞ってください。これを、手でさわれる程度まで冷まします。後は、このタオルで顔を軽く拭くだけです。

逆に、混合肌(乾燥するけれど、時間が経つと皮脂が出るタイプ)の人は、肌が乾いた状態がサッパリするまで繰り返します。※最高でも3回まで。



という方法なのですがノンノンさんはこれについてどう思われますか?


回答はお忙しいと思うので手があいた時でよろしいですよよろしくお願い致します
りえ | 2009年06月05日(金) 14:35 | URL | コメント編集

お尋ね

こんばんは
こちらのblogに出会ってから、私もノンケミカルに目覚めました
ノンノンさんが実行されているケアを全部購入して揃えてみました^^
そこでいくつか教えていただきたいのですが、、

まず、ノンノンさんは脱ケミカルしてから今の肌の状態になるまで
どの位の時間がかかりましたか??

私は皮膚が薄く、毛穴が目立つインナードライの敏感肌です
まだまだスッピンに自信がないんです
毛穴の開きも皮脂の固まりも黒毛穴も色ムラもあるので
アイリスデイクリームとセリサイト・コンスターチのパウダーだけでは
正直しんどいのです 泣。。
ロゴナのルースパウダーとプレストパウダーも使っていますが、肌のアラが隠せません
このような状態の肌でも、改善されていくものですか?

ロゴナのカラーデイクリームを使ってみようと思うのですが
ノンノンさんはどう思われますか?

水/ダイズ油/パーム油/パルミチン酸/ステアリン酸/グリセリン/シア脂/セテアリルアルコール(■指)/セタノール/ガラクトアラビナン/ホホバ種子油/トウキンセンカエキス/香料(■指または△)/ベントナイト/ケイ酸(AI/Mg)/加水分解シルク(■合ポ)/キサンタンガム/トコフェロール/水酸化Na/酸化チタン/酸化鉄

合成ポリマー(■×1)+その他(■×2)=2または3個 なので
毎日使うにはよくないのでしょうか?


最後に石鹸についてです!
白雪の詩は脱脂力が強すぎることはないのでしょうか?!
白雪で洗うと必ず皮剥けします
アレッポの石鹸で洗ってみると大丈夫です
私は顔の皮膚が薄くて毛細血管が浮き出ているのですが
毎日石鹸で顔を洗っても問題ないのでしょうか?

石鹸はアルカリ度が強い為皮膚を薄くしてしまう傾向にあるという話を友人から聞いたもので・・・
普通肌の人には問題ないみたいですが、皮膚の薄い人には刺激が強いのかなぁと心配しているのですが、どう思われますか?


質問ばかりですみません。。。
お時間ある時で構いませんので教えていただけますか
よろしくお願いします★
えりな | 2009年06月05日(金) 22:25 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年06月05日(金) 23:45 |  | コメント編集

>ainoさん

軟水でのとぅるんとぅるん(笑)を実感していただけて、うれしいです。
お風呂のお湯も、軟水だったらすごいんでしょうね~。水が「やわらかく」感じると思います。
水の硬度がそう高くない地域なら、お風呂のお湯まで軟水にしなくても問題ないのですが、硬度が高めだとしたら・・・私が硬水の温泉で感じたような「肌のすべりが悪い」感じになるでしょうね。
ただ、肌の場合は、時間がたてば皮脂や汗の分泌で中和され、もとに戻るので、極端に肌が弱まっている場合以外は、そう問題ではないと思います。まあ、石鹸を使う限り、軟水にこしたことはないんでしょうけどね(^^;)

米酢はどうだろう・・・ 黒酢のほうが、アミノ酸が多いのかな。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 11:46 | URL | コメント編集

>るこさん

最初は我慢の時期ですね・・・(>-<)
今さえのりこえれば・・・必ず、角栓ができない肌になり、「あれ?なんか・・・透明感があるかも!!」という変化がでてきますよ☆ がんばりましょう。
ルースパウダーで粉がふくのは、粉モノは皮脂を吸うからです。(「クリーム・オイルの塗り方」の記事を参照) 乾燥していて皮脂膜の形成がうまくできていないならなおさら、下地としてクリームをしっかり塗ったほうがよいです。
ホホバオイル・シアバターは夜のケアですが、日中は、メイク(パウダーのみでも)をする前は、パウダー類の下地として「クリーム」のほうがよいです。パウダーのつきぐあいもよくなりますよ。

ノンケミカルにする前は、洗顔料は何を使っていましたか?
ノンノン | 2009年06月06日(土) 12:22 | URL | コメント編集

>りえさん

ホットタオルのみで洗顔するのは、いわば「水洗顔」と同じことですよね。
石鹸を使わず、水のみで肌の汚れを取るので。

そして、水洗顔よりも、使う水の量が少なくすむので、記事「洗顔のしかた」で書いたとおり、間違ってすすぎをたくさんしすぎる・・・というリスクも無いのでしょう。(ただしそれは、すすぎのしすぎが良くないのだ、と理解していれば、ふつうのすすぎで気をつければいいことですが。)
しかし、注意したい点は、タオルで拭き取るので、顔をこすってしまう可能性があることです。なので、ふつうに水道水でさっと水洗顔(ぬるま湯洗顔)するのと、どちらが肌をこすらずに洗えるか・・・といったら、水道水のほうがいいですね。「すすぎのしすぎ」をしないで、さっとやればリスクはありません。

そして、これが角質培養にとって良いか悪いか?となると、「石鹸洗顔と水洗顔、どちらがいいのか?」というのと同じことになります。「よくある質問 スキンケア編」に、このQ&Aがあるので、読んでみてください。


混合肌については、さっぱりするまで・・・というのは、ちょっと疑問かな・・・と思いました。
混合肌の原因は、おおもとは「乾燥」であり、乾燥から身を守ろうとしての肌の防御反応です。皮脂を過剰分泌させて、なんとかうるおわせようとしています。
だから、これを解消するためには「乾燥を治せばよい」→「肌バリアを整えればよい」→「角質を取りすぎなければい」→「洗顔方法、使うものの成分などに気をつける」・・・・という、いつもの話になりますね。
そして夜はホホバオイルです。
これらでまず一番最初に変化が出るのは、「皮脂の過剰分泌がなくなる」ということ。皮脂分泌が正常になってきます。

混合肌・オイリー肌の人は、皮脂分泌が多いのを気にしてあぶらとり紙をしょっちゅう使いますが、皮脂は乾燥への防御反応という意味があって出てきているので、とってもとっても、どんどん出てきます。
ですから、ホットタオルで出てくるあぶらを「さっぱりするまで」取るのも、あぶらとり紙を使うのと同じく、い結果にはならないかと思います。

石鹸を使うことでのメリットは、「酸化した皮脂、汗・メイクなど、“剥がれ落ちるべき段階の角質”」を落とし、落とすだけでなく、皮脂を「リセット」して補充してくれるところです。

石鹸洗顔ではするっと“剥がれ落ちるべき段階”の角質は落ち、水洗顔でも落ちるかもしれませんが「落ちたか、剥がれそうなものが残っているか」ぐらいの違いです。
角質培養とは、たしかに「角質を取り過ぎない」ことですが、「落ちるべき段階の角質」は落ちても良いものなので、水洗顔と石鹸洗顔の使い分けで「角質」を気にするのだとしたら、そこまで気にする必要はありません。

水洗顔・ホットタオルだと、酸化した皮脂がいくらか残るデメリットがあります。極端に肌バリアが弱まっているアトピーのような状態なら、とりあえずは水洗顔でしのぐ方法も効果があるかもしれませんが、基本的に、肌のためを考えれば、酸化した皮脂を残したままにせず、せめて1日1回は石鹸洗顔で皮脂のリセットをしたほうがよいです。
酸化した皮脂が残っていると、時間とともにその酸化ぐあいは大きく広がっていき、角質を傷めてしまうので、逆に角質培養の遠回りになります。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 13:08 | URL | コメント編集

>えりなさん

はじめまして、こんにちは。

私は・・・ケミカル時代でもさいわい、オイルクレンジングを使わなかったり、あとで振り返ると肌に悪いものをあまりやってこなかったので、そこまで大きな肌ダメージはありませんでした。
ですが、鼻の頭の毛穴の黒ずみ(角栓)を取るパック、使えば使うほど悪化する気がするのはなぜだろう?というところから始まり、毛穴関連のグッズを使ってみて、使いすぎでいったん「不全角化」を経験し、それは1ヶ月で治しました(今までのつけがなかった分、1ヶ月でなんとかなりました)

そこからスタートして、「角質を取りすぎることがよくない」こと、角質は自然にするっと落ちる目に見えないレベルのものであること、成分を考慮すれば肌本来の力でキレイになれること・・・などに気づき、今に至ります。

えりなさんのお肌の状態、乾燥レベル、どのぐらいかが伝わってきました。大丈夫ですよ、正しいケアさえすれば必ず改善します。生まれながらにしてそういう状態だったのではないはずです。色々なものを使い、ケア方法の間違いなどの積み重ねが今の状態でしょうが、何をどうすればいいかを知った今なら、あとは改善していくだけです!がんばりましょう。

肌のあらを隠したい・・・とのことですが、「カバー力のあるメイクをしたい」ということになると、カバー力は「酸化チタン」の力なのです。ノンケミカル系のメイク用品だと、なかなかカバー力に期待するのは難しいかもしれません。
カラーデイクリームでもそこまでのカバー力は無いかと思いますが、成分の面では、許容範囲だと思います。唯一気になるのが、合成ポリマー。これがあれば石鹸では落ちないで残ってしまいますので。
ですが、合成ポリマーは合成ポリマーですが・・・ケミカルで言う合成ポリマーとは意味が違うので、大丈夫かと思います。

ただし!問題は「シルク」です。シルクの「セリシン」を使っている場合だと、角質をはがしやすくするので、使わないほうがよいです。「フィブロイン」ならオッケーなんですが・・・
これは、メーカーに問い合わせてみないと、どちらなのかは分からないところですね。


石鹸については、「よくある質問 成分編」に石鹸の洗浄力は強いのか?という内容のQ&Aがありますので、そちらも参考にしてください。

石鹸洗顔で角質がどんどん取れて薄くなる・・・といことはありえません。正しい洗顔さえしてれいば、角質は「落ちるべき段階の角質」だけがするっと剥がれ落ち、目に見えないレベルのものです。
逆に、石鹸であろうとケミカルなせん顔料であろうと、何を使っても「洗いすぎ」になれば、角質は取れすぎになり、未熟な角質が大慌てで肌上部へ上がってきて(ターンオーバーがムダに早められるから)、乾燥し、毛穴の目立つ、角栓のできやすい肌になってしまいます。

石鹸のアルカリ度は、「弱アルカリ性」ですので強いものではなく、また、その界面活性力(洗浄力)は、すすぎの段階で泡が薄まると同時に、なくなります。肌へ残ることがなく、皮脂や汗の分泌でも中和されます。
これに対し、ケミカルな洗顔料だと合成界面活性剤の洗浄力は強く、洗顔後もずっと肌に残ったままで、その間、じわじわと角質が傷んでしまいます。それなのに、合成界面活性剤は「しっとり」しているので気づきません。

石鹸洗顔後、つっぱり感を感じることが多いため、洗浄力が強いと誤解されることもあります。しかし、つっぱりの原因は(1)肌の乾燥、(2)水の硬度 です。
(2)の場合は、肌に悪いというわけではありません。詳細は記事の「石鹸バンザイ」をどうぞ。
これに対し、ケミカルな洗顔料の場合は、合成界面~のしっとり感と、合成ポリマーのつるんとしたコーティングにより、つっぱりがないので、肌がよくなったように感じます。しかし、水面下では合成ポリマーが張り付いていることで、皮脂膜が形成されにくくなっています。
ケミカルな洗顔料では水の硬度に左右されません。

そして、「脱脂力」についてですが、
石鹸は肌の皮脂を洗い流しますが、流しっぱなしではなく、補うこともします。石鹸に含まれる脂肪酸(油)がコーティングし、皮脂を補うので、酸化した皮脂をいったんおとして新鮮な菱を補う・・・という「リセット」ができます。補われた皮脂は「皮脂膜」として生かされます。
一方、ケミカルな洗顔料では、皮脂を洗い流した後、脂肪酸コーティングはありません。洗顔料そのものにオイルが配合されていればそれがコーティングすることはありますが。それよりも、合成界面~で落としやすくした角質での乾燥の問題があるため、合成ポリマーを使ってフタしてしまうので、「皮脂膜」の形成がされにくくなります。

えりなさんのお肌の状態ですと、肌バリアが弱く、敏感ぎみになっているようですので、「角質層」に働きかけて落ち着かせる、オリーブオイル由来のアレッポのほうが合っているのかもしれません。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 13:45 | URL | コメント編集

こんにちは

水の硬度、私の住んでる群馬県も高い方で石鹸シャンプーは大変です(´・ω・`)
先日、石鹸に使われる原料油について興味深い記事を見たので、ご報告します★

ココナツ油やパーム核油に多く含まれるラウリン酸は、石鹸カスになりにくい(水道水の硬度成分とくっつきにい)耐硬水性があるそうです!!
ラウリン酸は洗浄力(刺激性も?)が強く肌を乾燥させてしまう欠点がありますが、硬度が高いと石鹸カスのせいでやや洗浄力が落ちるそうなので、硬度が高い地域は低配合であれば上記のいずれかが原料油に使われてる石鹸を選んだ方がいいとの事です↑↑また、牛脂は耐硬水性が低いそうです。

逆に硬度が低い地域は、原料油が良くも悪くも肌にダイレクトに効果を発揮するので、上記のいずれかがかなり低配合か避けた方がいいとの事です(◎・3・)ノ

硬度の高い地域は、石鹸に耐硬水性も考慮したものを使った方がいいですね!!
なので、私も新しい石鹸を探し中です(ノ∀`)

既にご存知でしたら、すいません(・A・`)!!
ノンノンさんのblogにこの話が出てなかったので、一応ご報告させて頂きました。
ゆか | 2009年06月06日(土) 16:08 | URL | コメント編集

クリーム・オイルの塗り方の記事じっくり読みました!!

お返事有難うございます♪♪

我慢我慢ですね。
鼻の角栓も我慢ですね。
物凄い角栓が育っているので取りたくてうずうずしちゃいます。。
いじらないでいるとこんな角栓になるんですねー。
毛穴を押し上げてニョキッと大きいのがいくつもあります!!
ついつい癖でいじりたくなってしまうのでお家にいる時は、布手袋をすることにしました!!
本当はマスクがいいんでしょうけど、息苦しくてどうも苦手なので。

ノンノンさんの励ましは実践した上でのお言葉なのでとっても心強いです。
本当に有難うございます。
角栓ができない肌になるよう頑張ります!!!!!!変化が楽しみですね♪

ノンノンさんが愛用しているローズ水を真似して買ってみたので
水が入ったクリームを今から作ってみようと思います^^
ちなみに精製水ではなくてローズ水でも、冷蔵庫保管の一週間以内で使いきった方がいいですか?
ふと疑問に思ったのが、期限切れといいますかかなりの日数が経過したオイル等を使うと
肌への影響はどんなものなんですかね?
オイルの酸化がよくないのはなんとなく分かるんですけど、、酸化による影響がどのような物なのかがよく分からず。。


ルースパウダーを塗る前のお手入れですが、
ホホバオイルとミツロウとシアバターのクリーム(水なし)をハンドプッシュした後に
アイリスのデイクリームを結構たっぷり塗ってますがそれでもダメなんです><。
粉っぽいんですよぉ。。。粉を塗らない方が艶があってキレイに見えます。
何でですかねぇ。。。
もしかしてお粉を塗りすぎなのかなぁ?!?!
ブラシではなくてパフでつけているのがいけないのでしょうか。
悩みます(*o *)


ノンケミカルにする前の洗顔料は何個かの石鹸を使いわけしていました。

・朝は、アレッポの石鹸OR手作り石鹸
手作り石鹸成分:オリーブオイル、パームオイル、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツオイル、
エッセンシャルオイル(ローズマリー、レモン)、苛性ソーダ、水

・夜は、百香草の石鹸
石ケン素地(パーム/ココナッツ油)・マイカ(麦飯石)・木酢液
甘草エキス・スクワラン・キョウニンエキス・オタネニンジンエキス
アロエベラエキス・オウバクエキス・シャクヤクエキス・トウニン
エキス・オリーブ油・グリセリン・ビャクダン油・カワラヨモギ
ウヤク・ウイキョウ・オウレン・サンシシ・センキュウ・サンザシ
紫根・葛根・水(精製水)

更に、Tゾーンと顎部分には、セルニューソープを。
ココイルグリシンK、マイクロクリスタリンワックス、クエン酸、水
サリチル酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、
ポリクオタニウム-7、酸化チタン

だいたいこの石鹸でお手入れしてました。
今考えるとゾッとしますね、はい。。

アットコスメで気になるものがあるのでちょっとお聞ききします!!
薬局グローバのオイルで凄く評判がいいものがあるので
ケアにプラスしてみたいと思っているのですが。。。

アルガンオイル、ボラジオイル、大豆イソフラボン、ポリグルタミン酸です。
大豆イソフラボン、ポリグルタミン酸のこの2つは、美白や毛穴・保湿効果があるようなんですが・・・
あまり余計なものは使わない方がいいですか??
るこ | 2009年06月06日(土) 17:16 | URL | コメント編集

>ゆかさん

そうですね、石鹸選び=どの脂肪酸でできているか、ってことなんですよね~。

軟水だと石鹸カスができなく、脂肪酸がダイレクトに肌にのっかり、コーティングしてくれます。

「石鹸バンザイ」で書いた内容がそれで、乾燥した肌の場合はオレイン酸が少なくなっているので、オレイン酸多めの石鹸がちょうどよくなったりしますが、普通肌の健康状態になると、オレイン酸が過剰になることもあるので注意が必要です。

牛脂は、ステアリン酸が多く、ステアリン酸はカルシウムと結びついて分解されにくい・・・つまり、石鹸カスが発生しやすいので、硬水であればあるほど、相性が悪くなってしまいます。
ゆかさんのお住まいの地域が硬水なら、ステアリン酸少なめの石鹸がいいですね。
ステアリン酸を含むのはほかに、シアバター、ココアバターなどです。ですが、だいたいがパーム油かオリーブ油がメジャーなので、あまりそのような石鹸は注目されていませんが・・・。

逆に、ラウリン酸が「硬水に強い(=石鹸カスができにくい)」のは知りませんでした。よい情報をありがとうございます!
ラウリン酸の洗浄力・・・吸着性が強いという意味でしょうかね。
ただし、ラウリン酸は、選択洗浄性(いらない皮脂は落とし、肌のうるおい成分であるNMFを残す作用)は高いのがよい点です。

選択洗浄性の高い脂肪酸は、ほかには、パルミチン酸も高いです。(パルミチン酸の代表は、パームオイル)

石鹸選びも奥が深いですよね~。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 20:52 | URL | コメント編集

ノンノンさま☆

お忙しい中ご丁寧なお返事有難うござます
それにしても凄い知識ですね
角質培養初心者の私にも大変分かりやすいです
本も出せそうな勢いですよね(^. ^

これまでの間違ったケアの積み重ねが今の状態なんですよね
元の肌はもっと健康的なはずですもんね
腕の内側はキメも細かくとても白いので、目指せ同じ肌質です!!

石鹸についても詳しく教えて頂き有難うございます
すごく勉強になります
コメント欄も参考になりそうなので時間のある時に全部読みたいですね
しばらくはアレッポで毎日洗顔してみます
正しいケアをすることで敏感肌から普通肌になるといいのですが・・・
肌バリアを強くするためにも、馬油を使ってみようかとも思います
お肌が回復してきたら、馬油を止めてホホバオイルとシアバターの
お手入れに切り替えるというのはどう思われますか??


ノンケミカル系だと肌のあらを隠すのはやはり難しいですか・・
肌が早くキレイになるといいのですが、、、時間がかかりそうですね
合成ポリマーは、オリブ油と石鹸で落ちるのでしょうか?

まだまだスッピンには自信がないので、肌に優しくて合成ポリマーが入っていない補正できる下地を
探してみようと思います!!
また、ケミカル物のファンデの変わりも探しているのですが、
ミネラルファンデーションは使っても大丈夫ですか?
成分が良さそうなのがあります
石鹸でも落ちるようです☆


・mimc ミネラルファンデーション
成分は、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、グンジョウ、マイカ、カオリン ※2
※2 マイカは雲母から、酸化チタンはイルメナイト鉱石からできています。

またまた質問ばかりでごめんなさい(+_+;;
よろしくお願いします★

えりな | 2009年06月06日(土) 21:25 | URL | コメント編集

>るこさん

手作りのものの消費期限、「だいたい」なので、自分が気にしなければ(匂いなどに変化がなければ。(^^;))、もう少し長く使っても大丈夫だと思いますよ。

オイルの酸化がどう肌に悪いかというと、まず酸化した油はにおいに変化があります。絵の具のようなにおいというか・・・。
そして、肌への影響は、「角質を傷める」ことです。
肌に何もつけなくても、自然に分泌される皮脂でつねに皮脂が乗っかっていますが(皮脂が無いと、肌バリアがすこやかな状態でなく、乾燥してしまい、皮脂分泌の少ないガサガサタイプの乾燥肌になります)、人の皮脂も時間とともに多かれ少なかれ酸化します。
時間とともに、少しずつ酸化しています。

「朝の洗顔は水洗顔がよいか、石鹸洗顔がよいか?」は、酸化の問題に関係しています。(「よくある質問 スキンケア編」のQ&Aをご参照)

皮脂の酸化をほおっておくと、酸化は雪だるま式に時間とともにどんどん大きくなり、伝染していき、角質をいため、剥がれやすくしてしまいます。角質培養をスムーズにするには、重要な点ですよね。

ホホバオイルはきわめて酸化しにくいオイルです。人の皮脂も、酸化しにくいオイルです。そういうところまでが似ています♪ (ただし、酸化しにくいだけで、酸化しないわけではありません。)

セリサイトのパウダーですが、セリサイトは酸化を防ぐ作用もあるので、そういう意味でも優秀です♪

クリームの塗り方には問題なさそうなので、パウダーの塗り方がうまくいっていないのでしょうか・・・。私もパフでつけていますよ。
クリームがきちんと塗られている部分にのせたパウダーは、しっかりとのっかり、粉っぽくならないはずですが・・・それが粉っぽくなるのだとしたら、パウダーの量が多いのかも??しれません。


今までの石鹸洗顔、朝のアレッポはいいとしても、夜の石鹸は細胞賦活作用のあるものが多くて、さらにTゾーン用に・・・となると、洗いすぎになっていましたね(^^;) 
今、乾燥の度合いが大きいようでしたら(薄皮が向けている状態から察しても、そのように感じます)、白雪でなくアレッポにしてみてはどうでしょう?
乾燥しているときはオレイン酸が少ないので、アレッポのようなオリーブオイルの石鹸でちょうどよくなったりします。肌が改善されてきたら、白雪でもいいと思います。
(肌がすこやかな状態・普通肌の状態だと、オレイン酸が多すぎると逆にあれてしまうので、肌が改善されてきたら様子をみて白雪に戻したほうがいいかもしれません。)


大豆イソフラボンは、サポニンを含み、細胞賦活作用があります。
ポリグルタミン酸は、角質層内の保水力を高める効果があるので、良いかもしれません。ただ、それをどう使うのでしょうか?粉状のものを溶かして化粧水のようにし、つけるのでしょうか?
もしそうだとしたら、保水のために水びたしにすると、今度は肌バリアをもろくする(皮脂膜を流す&角質層をふやかす)リスクもあるので、肌がぬれたと思う程度にとどめたほうがいです。

「美白」はあまり期待しないほうがよいです。美白は、メラニンに働きかけない限り効果がなく、しみを消すために一時的にそこを漂白しても、肌バリアが壊れるのでまたしみができやすくなってしまいます。
(「しみを消すには」を参照)
角質層の保水力を高めると、美白されるというよりも「透明感」が出るので、それが美白という言い方として広まってしまったのかもしれませんね。

透明感は、肌が水分をどれだけキャッチしているか、で出てくるものです。肌の水分は、角質層の中でキャッチされています。
ですから、角質を取りすぎる(洗顔しすぎ、よくない成分を使う、それによる乾燥など)と、水分保持力が弱まるので、透明感も出なくなってしまいます。
角質培養の成功・・・つまり、乾燥肌の克服は、自動的に「透明感を得る」ことにもなります☆ 角質培養で最初に成果を感じるのは、透明感です。
そうすれば、グルタミン酸などを使わなくても、「いつでも」透明感のある肌を維持できますよ(^^)ノ

ボラジオイルは、γリノレン酸を含むので飲むことでは効果がありますが、肌につけるのはどうだろう・・・。似たようなものでは亜麻仁油がありますが、これは酸化しやすいので肌に付けるのに適したオイルではありません。

アルガンオイルも使ったことがないのですが、脂肪酸をみたところ、オレイン酸が多いのですね。悪いものではないのですが、付けるとしても少量をハンドプレスになるし、そうするとシアバターと役割がかぶりますね。洗顔前のリンパマッサージ(メイクおとしもかねて)に使うにはいいかもしれません。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 21:34 | URL | コメント編集

>えりなさん

>馬油
う~ん、これは合う・合わないがあるのでなんともいえませんが、肌にオレイン酸が少ない状態、角質層がもろい状態には効き目がありますので、試してみる価値はあると思います。ただし、合わない場合もあるので、注意して使ってくださいね。
あと、つけすぎは禁物です(私は、馬油が合わない・オレイン酸がすでにある状態だった上に、たっぷりと塗りすぎて・・・大変なことになりました。笑)

ちなみに、アレッポもオレイン酸が多いので、馬油と併用するかどうか検討してください。オレイン酸配合のアレッポで洗う時点でも、角質層に働きかけるので、馬油と似たようなものを2つ使うことになりますので。


>合成ポリマー
石鹸やオイル単品でも落とし切れません。クレンジングを使わないなら、合成ポリマーなしのメイク用品を・・・ということになります。


>ミネラルファンデ
基本的に「ミネラルファンデ」と世間で言われているものは、シンプルなつくりなので、合成ポリマーが入っていないものがほとんどです。ということは、石鹸でも落とせるということですよ。
それと、市販のミネラルファンデは、“肌への刺激は二の次で”カバー力優先で作ってあるので(よくも悪くも)、酸化チタンが入っています。
先ほどのレスでも書いたとおり、また、一つ前の記事「UVA・UVB、セリサイト」の記事にも書いたとおり、酸化チタンは「カバー力」を出すものであり、単品そのものだけだと、「白浮き」するパウダーです。
顔が真っ白になっては困りますが、そこに「酸化鉄」でベージュの色をつけると、「ベージュの色でカバーする」ので、カバー力になるのです。
酸化チタンは、紫外線カット作用があるので日焼け止めに使われたり、パウダーでも時々「SPF10」などと記載され、SPFが高ければ(=それほど、酸化チタンが多く配合されているということ)ほしがる人も増えるのですが・・・

ところが、酸化チタンには、単純に「紫外線カットしてくれてカバー力のあるもの」だけでなく、デメリットもあるのです。
酸化チタンについての詳細は、「手作りの日焼け止めクリーム」をどうぞ。酸化チタンは、ジレンマだらけです(^^;)


また、ミネラルファンデについては、「手作りのフェイスパウダー」や「フェイスパウダー、ファンデーション」を読んでいただけると、どんなものでできているのか、「しくみ」が見えてきますので、ごらんください。

ミネラルファンデは、たとえば「マイカ、酸化チタン、酸化鉄」この3つだけでできているものもあります。これだけだと、もう自分でも作れます(笑)。また、どんな組み合わせのものを選ぶかも自分しだいですが、「しくみ」を知っておくと、成分を見れば買う前から「予想」できるので、買ってからの失敗もなくなります。
たとえば、「マイカ、酸化チタン、酸化鉄」のミネラルファンデは実在しますが、これだと、テカテカしすぎるパウダーだと想像できます。マイカはキラキラ度の高い白いパウダーで、酸化チタンでカバー力を出し、それだけでは真っ白に白浮きするので、酸化鉄で色をつけます。

そもそも、『ルースパウダー』と『ファンデーション』の違いとは何でしょう?どちらもパウダー状ですが、カバー力があるか無いかの違いだとしたら、酸化チタンが入っているかどうかですよね?

そういうわけで私は、肌への負担を考えて、手作りのパウダー(ふだん常に使うもの)では、酸化チタンを入れないことにしてあります。
が、えりなさんの場合、「カバー力がほしいためのパウダー」なので、酸化チタンは必須、ということになりますよね。

それならそれで、酸化チタンのジレンマについて読んでいただき、既製品を選ぶときの目安にしていただければ・・・と思います。
実は、酸化チタンを選ぶのは、けっこう大変です(^^;)

それから、「酸化亜鉛」についてもデメリットがあります・・・。「UVA・UVB、セリサイト」の記事をごらんください。

最後に、「全成分表示」は、配合量の多い順番にかかれています。ということは、酸化亜鉛、酸化チタンが多いミネラルファンデ、ということになります。
ノンノン | 2009年06月06日(土) 22:31 | URL | コメント編集

コメント有難うございます♪♪

オイルの酸化がどう悪いかがよく分かりました!!
実は開封して1年以上経つホホバをbodyに使っていたので処分しますね。
セリサイトは酸化を防ぐ作用もあるんですね!
ホホバもセリサイトもすこぶる優秀ですね☆

私はクリームを塗ってから、セリサイトとコンスターチのパウダーをはたいた後に、
更にロゴナのパウダーをパフではたいていました。
元々乾燥してしている肌の上に乗せるお粉が多いのかもしれないですね。
ブラシでさっとつけてみようと思います^^

石鹸もアレッポonlyにして肌の様子をしばらく伺ってみます。

オイルの件、丁寧なご回答有難うございます!!!
一つ一つの質問にいつも丁寧にコメントくださるので
本当に感激しております><。

ポリグルタミン酸だけは角質培養の邪魔にならず、角質層内の保水力を高める効果があるんですね!!
こちらは粉ではなくオイルみたいです。
私の肌はおそらく肌バリアが低下中のようなので、角質培養成功の近道(?)として、
ホホバと一緒に混ぜて使ってみようかなぁと思ってます。

昨日、手作りクリームを作ってみましたが失敗しましたー!!!
ノンノンさんがお作りした時の画像のようなクリームにはならなかったです。。
どうやらローズ水を入れすぎたようです。
余ったお水は捨てましたがクリーム状には程遠いような・・・
一応柔らかくはなっているのですが、手に取ると蜜蝋(?)と思われる小さな固まりがあります。
手で馴染ませるとすぐに溶けますが・・。
んー。納得がいかないので使いきったらまた作ってみます^^
るこ | 2009年06月07日(日) 10:17 | URL | コメント編集

ノンノンさま☆

馬油はいつも髪や体に塗っていたので顔には使っていなかったんですよ
今朝試しに馬油を塗ったところ、かゆみと赤みが・・
これは合わないんでしょうかね
怖いのですぐに洗い流しました
オレイン酸配合のアレッポで洗う時点で、角質層に働きかけるものなんですね
素晴らしい!!それでしたら馬油と併用する必要はないですね

合成ポリマーは石鹸やオイル単品でも落とし切れないとは・・
アイメイクやチークは合成ポリマーが入っているものを使っています
今までオリーブオイルで落としていたのですが、落ちていないということですね
そうするとポリマーが残ったままお手入れをしている・・
恐いですね
アイメイクもチークもポリーマなしのものに揃えないとですね!!

ミネラルファンデ について詳しく教えて頂き有難うございます
とても勉強になります(^^*
配合されているものを見ると自分でも作れそうですね
問題は色ですね
私には難関に感じます
ノンノンさんのblogをもっとしっかり読み、
肌のアラを隠せような良品を探してみようと思います!!

またご質問させていただくかと思いますが
その際にはよろしくお願いします★
えりな | 2009年06月07日(日) 11:54 | URL | コメント編集

お返事有り難う御座います

ステアリン酸が多く含まれてるから牛脂は耐硬水性が低いんですかー(・∀・)!!
私が今使っているシャボン玉石けんの石鹸には、ほぼ牛脂が使われていて、母親が愛用してる石鹸もシアバターを保湿効果で配合してありました↓↓落
教えて頂いて、ありがとうございました♪

石鹸に使われる原料油ってほとんどオリーブオイルとパーム油をベースにしてますが、例えばホホバ等のキャリアオイルをベースにしてる石鹸は何故無いんでしょうか?
私はオリーブ油ベースも(乾燥肌ではないので)パーム油ベースも(以前愛用してた白雪の詩で洗浄力がありすぎたのか、全身カサついて痒みがでてきたので)避けているので、他ベースになっているのを探しているのですが(パーム油はミリスチン酸がいいと教えて下さったので、ベースでなく配合されてるもので探してます)中々無いです↓↓

それと、ノンノンさんは手作り石鹸をどう思われますか?
苛性ソーダが上手く混ざってないで残ってしまったら危ないですよね?

質問が重なってしまってすいません(´・ω・`)
ゆか | 2009年06月07日(日) 23:57 | URL | コメント編集

こんにちは。いつもとても勉強させていただいてます。
またまた質問ですが、今セリサイトとコンスターチンのパウダーを使用してますが、使用期限はどのくらいなのでしょうか?
ぴのあの袋には、開封後早めに使いきって下さい。と書いてあるので…
ただ使い切るまで相当時間がかかりそうです(>_<)
お忙しいと思いますが、回答宜しくお願いします。
キキ | 2009年06月09日(火) 08:53 | URL | コメント編集

>えりなさん

あれこれ長々と書いてしまい、すみません・・・

結論をいえば、合成ポリマーなしのカバー力のあるもの、ということで、ミネラルファンデ(酸化チタン入り)ならオッケー、ということです。
ただし、酸化チタンがいくらカバー力があるといっても、また、ミネラルファンデだからすべてが肌に優しいわけではない・・・など、しくみを知ってもらいたく、つい長々と書いてしまいました(^^;)
ぜひ、ご参考にし、検討してみてください。
ノンノン  | 2009年06月09日(火) 13:03 | URL | コメント編集

日焼け止め

ノンノンさんこんにちは。
この間、ホホバオイル他いろいろ(笑)が届き
ウキウキ脱ケミカル生活を始めました。
早速セリサイト+コーンスターチのパウダーにも挑戦してみましたが
この真っ白い粉をはたいたら、バカ殿になるのでは・・・?
などと思ったのとは裏腹に、とってもいい感じで☆
元々薄化粧だったので、これで十分だし何より肌がラクです。
いいものを教えていただいて本当にありがたいです!
今はオリプレのオリーブソープ→ネオナチュラルのヒーリングローション→ホホバオイル→ラップパック
このお手入れでお肌が安らいでます。
でも今までの乾燥がひどかったぶん、角栓もすごいことになってますけど
日々ニョキニョキ生えてくる角栓を眺めつつ、お肌が育ってるんだ!!ってニヤニヤしてます(笑)

ところで・・・
今、一番悩んでるのが日焼け止めです。
デスクワークなので、今のところヴェレダのデイクリーム→手作りパウダーで過ごしてますが
どうしてもずっと外に出なくちゃいけないこともあり
そうゆう時はいったい何がいいのか・・・。
「石鹸で落とせます」とうたってる日焼け止めもありますが(赤ちゃん用とか敏感肌用とか)
ほんとに大丈夫だろうか、と考えてしまいます。
そうなると妥協してクレンジングが必要かな?とも思いますが
今まで使ってたネオナチュラルのモイストクレンジングオイル

スクワラン、ローズヒップ油、ホホバ油、チャ実油、コメヌカ油、水、水添(大豆)レシチン、ローズマリーエキス、ゲットウ(月桃)、葉油、ローズ油、ニュウコウジュ(フランキンセンス)油、イタリアイトスギ(サイプレス)油、オレンジ油、トコフェロール(ビタミンE)、ソウハクヒエキス、カッコンエキス、アロエベラエキス、クロレラエキス、レモンエキス
(キャリーオーバー成分もすべて表示しています)

これはどうでしょう・・・・・
石鹸のみにする前はこれを使っていたのですが
角栓が成長(?)し始めたのは これを使わなくなってからです。
植物のみのオイルと言っても、角栓をとかしちゃってるのかな?
なーんて思ったりして・・・。

日焼け止めはなかなか難しいですね
北国(秋田です♪)でも、紫外線はしっかり降り注ぎますから(涙)
使わないで済むならそれに越したことはないのでしょうけど
これだったら大丈夫かも・・・?というものがありましたら
ぜひご教授いただきたいです(><)
長々とすみませんでした;;;
モコ | 2009年06月09日(火) 17:06 | URL | コメント編集

>ゆかさん

ホホバオイルがベースの石鹸ですが、おそらく、脂肪酸構成がホホバオイルは特殊なので、石鹸の材料にするには難しいのだと思います。そもそも、ホホバオイルはオイルでなく「ロウ」ですしね。
脂肪酸によって、石鹸の固さを出すために必要なものだったり、あわ立ちが良いものだったり、いろいろ特徴が生まれますが、ホホバオイルの脂肪酸構成はオレイン酸・ミスチリン酸が微量のほかは、他のオイルでは聞いたこともないような脂肪酸ばかりです。

ホホバオイルを「配合」している石鹸はあるかもしれませんが、ベースは別のオイルになっているはずです。

オリーブオイルもパーム油も避けるとなると、石鹸選び、なかなか難しいですね。う~ん。オリーブオイルの石鹸だと、不都合が出ましたか?乾燥肌でないとなると、オリーブオイルだとオレイン酸が多すぎれば「過剰」状態になってしまいますね・・・。
白雪は私はちょうどいいのですが、・・・石鹸の脂肪酸について、もっと勉強しなおします!

手作りは好きですが、石鹸はやっていないです。作る工程が怖そうなので(^^;) いざやってみれば、意外と簡単なのかもしれませんが。私がやっている手作りは、目分量でもできる、「手抜き手作り」ばかりです。
ノンノン  | 2009年06月09日(火) 17:42 | URL | コメント編集

>るこさん

>私はクリームを塗ってから、セリサイトとコンスターチのパウダーをはたいた後に、
更にロゴナのパウダーをパフではたいていました

なるほど!これで原因が分かりました(^^)
パウダーを2段階で付けていたからですね・・・!!それなら粉っぽくなると思います。
下地にしっかりクリームを塗っても、2度のパウダーの重ねづけだと難しいです。2度のパウダーのトータルの量を減らすなど、調整してみてください。

クリーム作り・・・失敗してしまいましたか・・。う~む。。。
クリーム状になるか、ならないかは、水分の量はあまり関係ないかと思います。余分な水分は乳化しきれず分離しますし。
固さの問題は、材料の比率の差です。
ホホバオイルが多ければゆるゆるに、ミツロウが多ければ固めになります。
仕上がりのものに塊があるとsちあら、湯煎の時に溶けきっていなかったのでしょうか?
クリームは、もう一度湯煎にかけて、材料追加で調整すれば、何度でもやり直しできますよ(^^)
ノンノン | 2009年06月10日(水) 07:32 | URL | コメント編集

>キキさん

こんにちは。
パウダー類はとくに気にしていなかったです・・・(^^;)
日の当たらないところに保管しておけば、なにか湿気をすったりして状態が変わらなければ、大丈夫かと思います。
ノンノン | 2009年06月10日(水) 07:35 | URL | コメント編集

>モコさん

こんにちは。

そうですよ~、パウダーでバカ殿になるのは、「酸化チタン」の白浮きのせいなのです。同じ白いパウダーでも、すーっとなじむものと、酸化チタンのような白浮きのものがあるんですね。
日焼け止めクリームで白浮きしやすいものが多いのは、紫外線カットのために酸化チタンが入っているからです。(SPFが高くても白浮きしにくいタイプのは、ナノ粒子を使っているから・・・。だから、どっちつかず・・・というジレンマ。 )
市販のファンデなどカバー力あってこその商品も、酸化チタンを入れて、白浮きを利用しています。白浮きのままではバカ殿になるので、酸化鉄を入れてベージュ系の色を付けます。すると、白浮きがベージュの色になるので、その色でカバーすることになります。

モコさんも、もともと薄化粧とのことなので、ますます「コーンスターチ&セリサイト」のみが気に入っていただけたようで、うれしいです(^^)♪


>「石鹸で落とせます」とうたってる日焼け止めもありますが(赤ちゃん用とか敏感肌用とか)
石鹸で落とせるかどうかは、「合成ポリマー」が入っているかどうかが基準です。また、「赤ちゃん用」や「敏感肌用」といううたい文句はあまり当てにならないことがあり(^^;;)、ただ単に「紫外線吸収剤」を使っていないっていうだけの理由で、そういっているものもあるのです・・・。だから、赤ちゃん用でも敏感用でも、合成ポリマーたっぷり・・・というのもよくあるパターンなのが、ケミカル商品です。気をつけましょう。

日焼け止めをつけるなら、「合成ポリマーなし」で石鹸で落とせるものにすれば、クレンジングなしで石鹸ひとつで落とせます。
私は外出が多い日は、「ヴェレダ」のSPF20を使います。(廃盤になってしまいましたが、記事「UVA・UVB、セリサイト」の記事のリンクサイトからは、まだ購入できるようです。私も、廃盤前に買っとこう!と思って買い足しました。)


>ネオナチュラルのモイストクレンジングオイル
成分を見たところ、ノンケミカル商品なので合成ポリマーなどはありませんが、「細胞賦活作用」のありそうなものがいっぱい・・・・。(スクワラン、米ぬか、アロエベラエキス、クロレラエキス)
「レモンエキス」もソラニンが気になります(果実の部分のみのレモンエキスなら、大丈夫かもしれませんが・・・)
あと、ローズヒップオイルは酸化しやすいです。

角栓はオイルで完全に溶かすことはできません。もし溶かせるなら逆にその手を使って角栓を取ったほうがいいぐらいです(笑) (それなら、角質をいためずにとりあえずは角栓のみを除去できるので)
ですがそれは不可能で、それよりも、上に書いたとおりの細胞賦活作用、ソラニン、オイルの酸化が気になります。これらは、ターンオーバーをむだに早めたり、メラニンを増やしてしまったり、角質を傷めやすくします。

秋田は日本で一番紫外線が少ないんですよね♪
雨や雪の日が多くて湿気が多いのがつらいですが(冬は、吹雪の中、学校に通いました・・・笑)、よくいえば「日照時間が少ない」ということにもなりますし(笑)、いや、それだけじゃなく、実際に紫外線が秋田は少ないそうですよ~。
それでも、外を歩けば紫外線に当たるのは確かですので、日傘・帽子・サングラス・良い日焼け止め、そして、トマトジュースで乗り切りましょう!
ノンノン | 2009年06月10日(水) 07:58 | URL | コメント編集

お返事有り難う御座います★

なるほどー!!ホホバオイルは、石鹸のベースにするには不向きなんですね。
この際、石鹸の固さや洗浄力、泡の起泡性・持続性などはパーム油とパーム核油に任せて、ベースには肌に安心なホホバオイルを使った石鹸を作ろうと考えていたのですが、甘かったですね(^^;)

オリーブオイルをベースにした石鹸は、確実にオレイン酸過剰になってしまうと思います↓↓
白雪の詩は私も好きでしたが、使用を中止したらカサカサかゆかゆ肌が治ったので、使わなくなってしまったんです(´・ω・`)
でも、もう1回再挑戦してみようかと思います!!

手作り石鹸調べていましたが、作る工程本当に怖そうですね(苦笑)
劇物である苛性ソーダが石鹸に残留してないのか等の安全性が確認できたら、いつか作ってみたいと思っています(・∀・)

いつも丁寧に教えて頂き、ありがとうございます♪
次の更新も楽しみにしてますが、ノンノンさんのペースで頑張って下さい↑↑
ゆか | 2009年06月10日(水) 08:11 | URL | コメント編集

こんにちは。
私は、超インナードライ肌で悩んでいる32歳。表面的には脂が浮いている感じなので乾燥とは無縁な感じですが、ちょっと乾燥しだすと、毛穴が広がったり、細かい縦ジワが表れて、老け顔になってしまいます。そんな時こちらのサイトで角質培養を知り、洗顔後、ホホバオイル、Drハウシュカのロースクリームを塗った後ラップを10分間しています。
只今5日目ですが、んーなかなか効果が表れてこないのですが、何日間位で結果が表れてくるのでしょうか?
ノンケミカルの精神や、お肌を育てる考え方、とっても良いと思い、自分も出来れば続けていけたらと考えていますが、他に何か問題点があれば、教えて頂きたいのです。お忙しいところすみません><。
因みに、クレンジング、洗顔はDrハウシュカのミルクとフェイスウォッシュクリームを使用しています。
sayaka | 2009年06月10日(水) 11:25 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございます☆

うわー、お忙しいのに早速のお返事ありがとうございます(*^^*)
日焼け止めはなるほど・・・・・
紫外線吸収剤が入ってません!ていうのはたくさんありますけど
合成ポリマーが入ってません!なんていうのは
お手頃な市販品には書いてませんからね。。。
そこの部分、しっかり確認したいと思います!
ヴェレダは廃盤になったと聞いていたのでもうないのかと思ってましたが
まだあるのならば確保してみます、ありがとうございました♪

オイルも、悪くはないけどなんとなく乾燥するかも・・・・と思ったのは
細胞賦活作用の影響もあったんでしょうかね。
やっぱりクレンジングを使わずに済むもので頑張りたいと思います!

秋田の冬はキビシイですが(^^;
(私も吹雪の中、学校に通いましたよー!)
最近は夏も前より暑い気がするので・・・・(ーー;)
今日は会社帰りにトマトジュース、買って帰りますw
モコ | 2009年06月10日(水) 13:09 | URL | コメント編集

>sayakaさん

はじめまして、こんにちは。

一見オイリーor混合肌で乾燥とは無縁でも、おおもとの原因は乾燥だと思われます。(詳細は、「乾燥さえしなければ、肌はキレイになる」をどうぞ)

5日目ではまだまだ成果は感じられない時期です。焦らずじっくりがんばりましょう。
肌は、約1ヶ月が一通りのサイクルです。毎日、一層一層、肌の下部で新しい肌細胞が育ち、上へ上へと押し上げられ、成熟したすこやかな細胞となって表面へあがってきます。
表面にある数層の肌細胞(角質層)も、下から新しい細胞が押し上げられてくるのに伴い、古いものから一層ずつ自然に剥がれ落ちています。
これは、ブログを読んでくださってご存知かと思いますが、「目に見えないレベルのもの」で、自然にするっと剥がれ落ちるものなので、ピーリングや垢すりなど余計なことをしてあえて取ることをすると、まだ成熟途中の細胞が大慌てで準備しなくてはならなくなるので、未熟な細胞しか育たず、乾燥肌になってしまうのです。
こうやって、毎日一層一層育って剥がれ落ちて・・・を繰り返していて、約1ヶ月(28日)で一周・・・つまり生まれ変わります。下部で生まれた細胞が、上部まできて剥がれ落ちるまでが28日、という意味です。
ですから、5日間だけでは目に見える変化を期待するのは難しいかと思います。

また、「ターンオーバーの悪循環・好循環」を読んでみてください。
表皮が乾燥していると、その情報が真皮に伝わり、大慌てで新しい細胞を作ろうと、焦らせてしまいます。すると、未熟な細胞しか生まれてこれません。
今が悪循環のうちは、どこかでこのサイクルを「好循環」に切り替えて、波に乗せてあげないといけないのです。

こういった期間も含まれるので、ノンケミカルに切り替えた初日から数えてきっかり○日目に成果が出る、と数えられるものでもないのです。今までのつけがあれば、その分、時間がかかることもあります。
つけがなければ最初の1ヶ月でなんとか元に戻せますが、つけがあれば・・・自分なりに変化・手ごたえを感じるのは、だいたい、少なくとも2ヶ月ぐらいはかかるかと思います。
それでも「完璧」のレベルにいくには、もっと時間がかかりますが、「透明感」や「皮脂の過剰分泌がなくなる」などの手ごたえを感じてくるのは2ヶ月ぐらいたってからが多いようです。

まずは、間違ったケアをやめ、正しいことをこつこつをやってみましょう。
メイク用品は、合成ポリマー無しでしょうか?ドクターハウシュカのクレンジング、全成分は覚えていませんが、ケミカルなメイク用品までは落としきれなかったかと思います。
また、合成ポリマーなしのメイク用品なら、石鹸ひとつで洗顔できるので、そのほうが肌の負担もより少なく、乾燥せずにすみますよ。
ノンノン | 2009年06月10日(水) 17:55 | URL | コメント編集

>モコさん

真冬、横殴りの吹雪の中、親の送り迎えもなしで学校に通う、たくましい東北の子供たち・・・(笑)。
それが当たり前でしたが、今、こちらで生活してみて、また時代も変わって・・・
つくづく、たくましかったな~と思います(笑)。
きっと、モコさんも我慢強いでしょうね、なんとなく分かります!(・・・って、勝手に仲間意識ですみません)

温暖化で、秋田もだんだん暑くなって来ているんでしょうかね~。冬の雪の量も減りましたし・・・。
オゾン層の破壊も進んでいるだろうと思うので、昔よりは紫外線量も増えていそうですね(涙)。
トマトジュースで、UVAに強い肌を作りましょう!
ノンノン | 2009年06月10日(水) 18:22 | URL | コメント編集

またまた質問です!!

ノンノンさん、こんにちは^^
また質問させてくださーい。

先日作った手作りクリームを足にも使っています♪
とっても潤うので気に入っているのですが、
これを使うとボディに赤い小さなプツプツの湿疹(かゆみもあります)が出てくるんです。
ちなみに顔は平気です。。。
使用を控えると湿疹は治まってくるのですが・・・。
顔は平気なのに何故ボディは・・><。

ホホバオイルとシアバターでかぶれることはまずないですよね?!
そうすると蜜蝋が合わないということもあるんですか?
精製された蜜蝋を使っています。
すっごく気に入ってるので愛用したいのに(T_T;

ボディにもノンケミカル物を使いたいので色々ネットで調べてたら
すっごく気になる物が出てきました!!
若返りのハーブと言われているローズマリー軟膏です!!!
美白・老化防止・抗シワ・抗炎症・抗アレルギーと優秀なようです。
ローズマリーを無水エタノールに漬けた物をワセリンと混ぜるようです。
これを作ってみようと思うのですが、ワセリンってどうなんでしょうか??
顔にも使ってみたいのですが、角質培養の妨げにはならないですか??
るこ | 2009年06月12日(金) 09:40 | URL | コメント編集

はじめまして☆

ノンノンさん、はじめまして!
アットコスメのホホバオイルの口コミを見て偶然こちらのページにたどり着きました!以前からサッポーで角質培養という方法があることは知っていたのですが、何故か実行する気にはなれませんでした。でも、こちらのブログは初心者にもとってもわかりやすく説明してあって、やってみよう!という気が起こります。早速お気に入りに追加して毎日勉強させてもらってます♪

私は鼻の黒ずみに悩んでいて、ホホバでのオイルクレンジングでのマッサージや吸引機を長年やってきたのですが、何で黒ずみが無くならないのか疑問でした。これから角質培養して様子みてみようと思います!ところで、鼻をつまむとにゅーっと出てくるあのラードのようなものは皮脂が固まったものなのでしょうか??サッポーがいう角栓と皮脂詰まりの違いがよくわからなかったのですが、この柔らかい皮脂は放っておくと角栓になって自然に取れるのでしょうか??

あと、化粧水はグリセリン+水の手作り化粧水を使用していますが、やはり化粧水は無いほうが良いですか?化粧水なしで試したのですがやはり乾燥が気になって…(>_<)グリセリン+水のは、グリセリン効果なのか時間が経ってもしっとりとしています。保湿剤入りの化粧水(グリセリンとかベタインとかヒアルロン酸)は角質培養の助けにはならないのかどうか知りたいです。

まだまだ始めたばかりでわからないことがいっぱいです。ノンノンさん、とってもお忙しそうなのに、沢山質問してしまってすみません。。お返事もらえると助かります。
PIG | 2009年06月12日(金) 15:21 | URL | コメント編集

ノンノンさん、こんにちは★

この前、質問した時には、丁寧にお返事していただいて、ありがとうございます(^-^)

また②質問いいでしょうか??

最近自分の地域が硬水だということがやっと分かって(←遅すぎる^^;)
固形石鹸から液体石鹸でのシャンプーに変えました。
するとケミカルシャンプー以上に艶が出て、サラサラになったのですが、次の日髪を洗う時(石鹸をつける前です)、お湯で流していると、石鹸カスがたくさん流れてきます。。。
これは、硬水の地域、石鹸シャンプーをやめない限りは、しょうがないことなのでしょうか??
石鹸シャンプー使っているうちに、なくなるということは、ないでしょうか?(>_<)

お時間ある時にでも、よろしくお願いしますm(_ _)m

ひまわり | 2009年06月15日(月) 23:17 | URL | コメント編集

はじめまして。@コスメからきました。

私は去年まで某有名メーカーの美容部員を8年ほどしてました。
出産の為退職しまたが。

退職して、いままでより薄いメイクや、すっぴんでいることが多くなり自分の素肌をまじまじ見る機会が増えました。

そして気がついたのが、毛穴がこんなに目立ってたのかと・・・
鼻の角栓もすごいし、頬まで毛穴がぱっくり!!

今までは店頭に立っていたので、ファンデーションがっつり塗ってたのでそんなに気がつかなかったんですね・・・

ただ、ずっと疑問に思っていたのが自社の勉強会などで他の美容部員の素肌をみるとあまりキレイな人がいないな~とずっと思ってました。
美容部員って厚化粧の人がほとんどなので、メイクしてるときは分からないんですよね(笑)

8年間ずっと高い化粧品で、お手入れしててその結果がこれか・・・と最近ちょっと残念に思ってました。

ちなみに、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、マッサージ、マスク、乳液、収れん化粧水、クリーム、アイクリームです。プラス美容健康食品。

どれも角層を育てて、真皮からハリを作り出すものだったのに。
なんだったんでしょう。

今の私は、角層も乱れ、ターンオーバーも早くなり、バリア機能が衰えてます。その結果、敏感肌→毛穴目立つ、変なテカリ、ニキビ、赤みなど。


このブログをみて、やりすぎだったのかもと思いました。

これからは、シンプルに優しいものを使って回復できたらいいなと思います。

まず、白雪の石鹸を買いました。安すぎてびっくりしましたが、使い心地はよかったです。
ヴィレダのデイクリームやホホバオイルもそろえていきます。












だんだん混合肌から敏感肌になってしまいました。

このブログを読んで、やりすぎだったんだ。と思いました。

美容部員といえども、化粧品の成分に関しての勉強はほとんどありませんでした。

これからは、角質培養。シンプルでやさしいものを使うようにして肌が回復してくれるのを待ちます。

とりあえず、白雪の石鹸を買ってみました。こんなに安いのにとてもよかったです。ヴィレダのデイクリーム、ホホバオイルも今度、買ってみます。


またきます。失礼しました。
ちゅちゅりんこ | 2009年06月17日(水) 15:39 | URL | コメント編集

はじめまして^^

手作り化粧品に興味を持ち始め探索してたところこちらのブログを知りました。
とても楽しく拝見しております!

あの…お聞きしたいことがありまして。

レビューが多いのはぴのあよりマンディムーンのようなんですが、ご利用になってないのは何か理由があるのでしょうか?

キャリアオイル、シアバターなどほとんどの材料を安値のマンディムーンで購入しようと検討しているのですが、お安い分質が下がるとかなのでしょうか。

よろしくお願いします。
shino★ | 2009年06月20日(土) 01:53 | URL | コメント編集

こんにちわ。
やっぱり硬水だとごわごわになってしまうんですね(汗)

脱ケミ前はニベアのジェルタイプの日焼け止めを使ってました、今はハウシュカのサンスクリーンですけど、やっぱりまだ、小鼻の周りと額に皮脂がどわっとでます。その上にセリサイトをはたくとすごく乾燥してしまってどうしようと思っていました。
もしかして、と思ってこの間、ホホバ入りのクリームとセリサイトを混ぜて顔に塗ったら使用感すごくよい!と思っていた矢先にこれを読んで思わず!!!でした(笑)
今はそれにハウシュカのサンスクリーンを混ぜて使ってますけど、夏はそれだけで大丈夫なのか心配です・・・
室内は、この間WEBで見かけた紫外線カットの透明なシートを貼るとか、効果ありそうな予感です♪
まる | 2009年06月20日(土) 17:54 | URL | コメント編集

こんにちは♪

ノンノンさん、こんにちは♪
最近、ブログ更新がなく心配してます(><)お元気ですか?

お忙しいのでしょうか、コメントのお返事も大変かと思います。
わたしもいろいろ質問してしまいましたが、心強いアドバイスをしてくれて
とってもうれしかったです(^^)

角質培養して、2ヶ月ちょっとになります。
まだ完璧とはいえませんが、毛穴の角栓があとちょっとでなくなりそうです♪
肌にこべり付いていた角質?が日に日に取れているんです!
石鹸洗顔、ホホバ、シアバターのみのケアなのにすごいですね(^^)
効果が見えてくるのに時間が掛かるので根気がいりますが
今は楽しみの方が大きいです♪
ノンノンさんに報告したくてコメントしました(>∀<)


また更新される日を楽しみにしてますね(^^)b


もも | 2009年06月21日(日) 17:51 | URL | コメント編集

お元気ですか?

ノンノンさん ちょっと心配…。
大丈夫ですか?
すごくおいそがしいのかな。
ひめ | 2009年06月26日(金) 21:42 | URL | コメント編集

私も心配です(;_;)
毎日更新されているか見るのですがここまで更新がないのは初めてなので体調でも崩されてるんぢゃないかと心配です。。
更新されるのを楽しみに待っていますのであまりご無理をなさらないで下さいね。
りえ | 2009年06月27日(土) 10:24 | URL | コメント編集

こんにちは。
最初はお忙しいのかな??なんて考えていましたが
ここまで更新がないのはちょっと心配です(・_・;)_・)
私もコメント欄で相談に乗ってもらっていましたが
ノンノンさんに頼りすぎていたのでは、と反省です・・・。

ノンノンさんは優しく1人1人に丁寧に答えてくれるので
疲れてしまったのでしょうか・・・・・。本当にごめんなさい<(_ _)>
あまり無理をしないで下さい☆
aiko | 2009年06月27日(土) 15:05 | URL | コメント編集

ノンノンさん、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

皆様が言うように私も毎日除いているのですが、とても心配デス(・_;)
疲れが出てしまったのでしょうか?

いつも応援してますので、ゆっくりされて下さいネ。

なちゅみ | 2009年06月29日(月) 09:46 | URL | コメント編集

ノンノンさんへ

ノンノンさん、皆さんがおっしゃるように私も心配です…
御身体、大丈夫でしょうか?それとも忙しいのかな?

無理せずゆっくり休んでくださいね。
セイコ | 2009年06月30日(火) 15:21 | URL | コメント編集

ご相談

ノンノンさんへ

肌のヒリヒリと赤みが慢性化しつつあり、ネットでいろいろ情報を調べていたところ、こちらのブログに行き当たりました。
へ~というような感動的な情報から、知ってことだけど、すごいわかりやすく書いてある!といちいち感動しています。

最近ブログの更新がなく、みなさまが心配されている中、個人的な質問、相談をさせていただき、申し訳ないですが、お時間のあるときにお返事いただければ幸いです。

スチーマーの使いすぎ、クリームファンデーションをしっかり落とすため3度のクレンジング、加速するインナードライの放置などなど、今思えばもう少し早く手を打っておけば・・・というようなことをしていたせいで、顔がヒリヒリ、赤黒く、全体的に超オイリーな状態になってしまいました。
こんなときは石鹸洗顔も止めた方がいいのかな?とも思ったりしましたが、他に合うミルクレやクリームクレンジングもないので、ガミラシークレットで朝晩の洗顔はして、クリームのみを塗っています。
夜だけホホバオイルにしてみようかなとも考え中です。

角質を育てなきゃってわかっていても、今の状態はまだまだそのスタートラインにも立てない状態のような気がします。
とにかく肌のひりつきをなくしていくには、どのようなことを最優先に行なえばよいか、教えていただけれたらと思います。


ブログ、これからも楽しみにしています。




















エッフェル | 2009年07月07日(火) 22:02 | URL | コメント編集

ノンノンさん

こんにちは。
ノンノンさんお元気ですか??
皆さん同様、私もなかなか更新がないので気になっておりました。。

ノンノンさんに一言謝りたくて・・・><。
ノンノンさんがいつも親身になってくださるので
質問たくさんしてしまったことを申し訳なく思っています。
もし、それが負担になってしまっていたのなら本当にごめんなさい。
反省しております。

とてもお忙しいのか、体調を崩されてしまっているのか、
ブログを更新するモチベーションがなくなってしまったのか・・・
更新できずにいるのは何か事情がおありなのかと思います。
こちらには状況が分からないので、とても心配ではありますが
ご無理をなさらずに、ゆっくりされてください。

今後も応援させてくださいね。

るこ | 2009年07月09日(木) 12:15 | URL | コメント編集

お久しぶりです。。

私も…
他の皆様と同じく、ノンノンさんがどうしてらっしゃるのか気になる一人です。

ごく個人的な悩み事を図々しくもたくさん質問させて頂いたにも関わらず、お仕事やお家のことなどでお忙しいなか、ひとつひとつ丁寧にお返事下さったノンノンさん…。

私、角質培養を始めて9ヶ月が経ちますが、ノンノンさんの的確なご指導のおかげで!この汚肌、ずいぶん回復してきたんですよ~
ノンノンさんと角質培養に出逢っていなければ、今頃どうなってたのか考えるだけでゾッとします。

でもそれだけ、ノンノンさんに頼ってしまって…甘えすぎですよね。
ごめんなさい(;_;)(;_;)


もしお時間ができたら…
近況だけでも報告して下さると嬉しいです。

ノンノン担★りんでした
(^O^)/
りん | 2009年07月24日(金) 00:00 | URL | コメント編集

初めまして

 こんにちは^^初めてまして

 日焼け止めで悩み、こちらに漂流してまいりました。
他の記事も大変勉強になるので、今日も過去記事を読みつぶしております。
頑張って角質育成しなくちゃ・・・と思いながら、
こんなに勉強になるブログ主様にご挨拶してないゎと、
最新記事に飛んできました。

 ブログ更新されず、皆様ご心配のご様子。
何ごともなく、元気で過ごされていますように・・・


 さて、石鹸シャンプー・・・。
私も考えたのですが、シャンプー・・・やめました。

 私の場合、最初は重曹シャンプーを試し
(湯洗いのあと、洗面器に重曹少々いれて、頭を突っ込みザブザブ洗ってからすすぐ)、洗い上がりサッパリで
気に入ってはいたのですが、研磨剤ですし、キューティクルが傷むんじゃないかと気になりだし、2回ほど試して中止。

 次に、ふのりシャンプー・・・
これは高校生の時(はるか昔)70過ぎのおばあちゃんがやっていたのですが
その髪がツヤツヤ黒々だったのを思い出し、
調べましたら、それ専用のモノは、あまりにお高いので断念。

 染色用のふのりは、真っ白だし、検索しても出てこなかったしで・・・
そういえば、このおばあちゃんは、たまご酢なるものも飲んでました。
どっちが白髪に効いたんでしょう???
髪を染めるのが好きではないので、気になるは気になるんですが、
日用品ですし・・・値段には勝てません。

 そしてたどり着いたのが小麦シャンプー。
(水に10%の小麦を煮溶かしたものを使います)
すすぎに酢リンスをしていたのですが、石鹸シャンプーでもないし
指通りが悪いので、あらかたすすぎ終わってから、
毛先にだけツバキ油を1~2滴つけ、洗い流す・・・に落ち着きました。

 なんだかフカフカの髪の毛になるんですよ・・・
縮毛矯正してる髪なのに、フカフカって変ですけど、
重曹の時は、このフカフカ感は無かったんですよね。
(合成ポリマーが抜けるまで、すすぎは やはり、ツライものがありますが・・・)

 火を通す前のグルテンの粘りならわかるんですが、
火を通したあとの小麦にも、こんなに汚れを落とすチカラがあったとは・・・

 この洗い方にしてから、洗髪が2日に1度になりました。
一度お試しくださいませ^^
chic | 2009年09月03日(木) 20:52 | URL | コメント編集

お久しぶりです

ノンノンさん、こんにちは★
まだまだ残暑が厳しいですが、体調などは崩されてないですか?

今日は、半年前にまとめ買いしたホホバオイルがそろそろ底をつきてきたので再度購入しようと楽天を眺めていたんですが、
今いちどノンノンさんのところでホホバについて復習しよう!とお邪魔しました(^-^)

また来まーす♪
りん | 2009年09月06日(日) 13:24 | URL | コメント編集

こんなにコメントがきているのに、更新が無いのはおかしいです。。もしかしたら何かノンノンさんに起こったのではないかと心配です。
 | 2009年09月08日(火) 13:12 | URL | コメント編集

ノンノンさま*

お久しぶりですo(_ _*)o
@コスメでお世話になったゆんです!
あんなにお世話になっておきながら・・・・
音沙汰なしにごめんなさいです(T_T)
もしかしてあたしの事忘れてらっしゃるかもしれませんが
ノンノンさんには本当に感謝しています。

ずっと影ながらここを読ませて頂いてました(*^_^*)
ノンノンさんお元気でしょうか?(>_<)
とってもとっても心配です・・・・(;_;)

ただノンノンさんの重荷になっているのなら・・・
とても寂しいですが無理はしないで下さい!(ノ_・。)
皆さんもあたしもノンノンさんが元気でいてくれるのが一番です!*

あたしはノンノンさんに影響を受け、角質培養を始めて・・
半年ほどが過ぎました。
その間もくじけそうな時も肌断食に流れてしまった時もありました。
それでもやっぱりこの角質培養でノンノンさんに教わったこのやり方で結果を出してからノンノンさんに報告したい!と思う気持ちがありました。
中途半端な出来ではまだダメだ!と言う思いもあり・・・今更ながらこんなにも遅くなってしまいました。m(_ _)m

今の結果として・・・・
お恥ずかしながらまだゴールはしていません。
黒ずみもあるし毛穴も・・・
違うやり方に途中流れて
ゆん. | 2009年09月15日(火) 12:29 | URL | コメント編集

途中で切れちゃいました(;_;)

途中文が切れてしまいましたm(_ _)m続きです!


違うやり方に途中流れてしまった事もあるし、熱が入りすぎてしまった事もありました。
でもやっぱりここなんだ!ノンノンさんに教わった事があたしの原点だという事がやっと今分かりました。
今また1からここを勉強して再出発している途中です!

考えてみたら・・・・始める前のあたしは毛穴が気になって人の目を見て話すのが嫌で嫌で・・・

それが今じゃ毛穴あんま気にならないかも?なんて思える様になって
この間なんてすっぴんにパウダーのみで出掛けていってしまいました( ̄□ ̄;)!!
これも何もかもノンノンさんのおかげなんです。
あたしノンノンさんに出逢えて本当に本当に良かったって思ってます。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが本当にそう思っています(*^o^*)


ノンノンさんの人柄.前向きでひたむきで明るくて優しくて・・・・・☆彡
皆さんもあたしもノンノンさんが大好きです!
どうかどうかお忙しいと思いますが元気なノンノンさんでありますように・・・・*
そしてここがずっとこれからもあり続けますように☆彡

また絶対報告に来させて下さい!
ノンノンさん大好きです(*^_^*)
長くなってしまいごめんな
ゆん. | 2009年09月15日(火) 12:43 | URL | コメント編集

石鹸洗顔の後

顔がまだらに白くなるのですが
これはすすぎが足らないのでしょうか‥

ちなみに石鹸は白雪の詩使ってます*


特に鼻と顎がひどく
頬の辺りもウロコ?固くなったお餅?のように見えます(x_x)
ルリ | 2009年09月27日(日) 09:01 | URL | コメント編集

秋ですね☆

ノンノンさん、もうブログの更新は無いのでしょうか?
なんかとっても寂しいです(´・ω・`)
はるるん | 2009年09月27日(日) 20:37 | URL | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2009年10月18日(日) 19:42 |  | コメント編集

>ルリさん

まだらに白くなるというのは、メイクが残っている状態ですか?
メイク用品が合成ポリマー配合でしたら、白雪の石鹸のみではなかなか落ちないです。
合成ポリマー無しのメイクなら、通常の石鹸洗顔をふつうにやれば、基本的にするっと落とすことができます。ただし中には、メイク用品の成分によっては、いくら合成ポリマーなしでも、落としにくいものもあります。そういう場合は、オイル類を「メイクおとし」として使い、メイクを浮かせてからティッシュで油分をおさえて取り(※こすらない)、それから石鹸洗顔するとよいです。
ノンノン | 2010年01月14日(木) 12:45 | URL | コメント編集

>ゆんさん

ありがとうございます!お返事も更新も遅れてしまい、申し訳ありません。
その後、お肌の調子はどうですか?
冬なので乾燥しやすく、なかなか思うようにいかない時期かもしれませんが、原因を知っているからあわてる必要はありません(^^) がんばりましょうね!
ノンノン | 2010年01月15日(金) 11:40 | URL | コメント編集

>りんさん

お返事遅れてすみません。ドライヤーの記事のコメント欄で、「前のハンドルネーム、忘れちゃった・・・」とお互い書きましたが(笑)、やっぱり「りん」さんでしたね!ほんとはうっすら覚えてたんですが自信がなかったんです(^^;)いつもありがとうございます。
ノンノン | 2010年01月15日(金) 11:42 | URL | コメント編集

>chicさん

はじめまして。お返事、遅くなってしまってすみません。
いろんな洗髪方法があるんですね~!!びっくりしました。参考にしたいと思います。情報、ありがとうございます!
私の家は幸い、軟水気味なようで、水道水での洗髪でも大丈夫なことがわかり(欲を出して手作りの軟水器を使ったりもしましたが)、今は石鹸シャンプーを楽しく続けています。
記事に書いた温泉のような、バリバリ硬水に住む方は、かなり苦労するかと思います・・・。そういう場合、思い切って軟水器にするか、または石鹸シャンプーじたいをあきらめて・・・でもケミカルにしたくないとなると、小麦シャンプーなどもいいかもしれませんね。
小麦のフカフカ、気になります!
ノンノン | 2010年01月15日(金) 11:47 | URL | コメント編集

>エッフェルさん

はじめまして。お返事、かなり遅くなってしまい、申し訳ありません。
たくさん読んでくださって、ありがとうございます。
膨大な量で大変かと思いますが、カテゴリーの「よくある質問Q&A」に目を通していただければ、要点がつかみやすいし、読みたい記事も見つけやすいかと思います。

その後、お肌の調子はどうですか?

>角質を育てなきゃってわかっていても、今の状態はまだまだそのスタートラインにも立てない状態

いえいえ、すべては、角質を育てることから始まるのですよ。肌によいケアを開始しよう、と思ったら、それは自動的に角質を育てるケアのスタートです。

クレンジングを3度、それは明らかにやりすぎで、乾燥度がひどくなることでしょう・・・。まずはそれをやめるだけでも、まず一歩、角質を育てるケアに近づきます。
スチーマーの使いすぎも、やめてみましょう。

肌に優しい石鹸洗顔の方法は、「軟水」で石鹸洗顔することです。そうすれば、即座に皮脂膜が補われます。これも、「よくある質問~」の「スキンケア編」に『軟水で石鹸洗顔すれば、乾燥肌が改善されますか?』がありますので、ご覧ください。

とりあえずのおすすめは、軟水での石鹸洗顔、成分良好のクリーム(朝・晩とも)、ラップパックです。



ノンノン | 2010年01月26日(火) 17:49 | URL | コメント編集

>まるさん

こんにちは。お返事、ものすごく遅くなってしまって申し訳ありません。

>今はそれにハウシュカのサンスクリーンを混ぜて使ってますけど、夏はそれだけで大丈夫なのか心配です・・・

ハウシュカのサンスクリーン単品を塗るだけで、もう十分だと思いますよ。

むしろ、夏だから毎日塗る、というよりも、「アウトドアだから」「外出時間が多いから」という理由で使ったほうがよいです。
室内にいる時間が長いとなると、室内にいるかぎり、UVBは窓ガラスを通して入ってきません。なので、日焼け止めに含まれる「酸化チタン」は、UVBをカットしますが、その意味がなくなり、1日中肌に負担をかけるだけになってしまいます。
いつ、どれぐらい使うかが難しいところですね。

セリサイトはその点、UVA対策にぴったりですし肌への負担も軽いので、1年中思う存分使っていいと思います。
パソコンに貼るシートも、ぜひ使いましょう♪ 卓上の加湿器もいいですよ。電磁波をやわらげ、空気の乾燥を防ぎます。
ノンノン | 2010年01月26日(火) 18:02 | URL | コメント編集

>るこさん

お返事遅くなってすみません。

顔には平気でもボディにはプツプツ・・・ 原因はなんでしょうか?ちょっと分からないです。すみません。その後、どうでしたか?
顔は乾燥していなくとも(通常のケアで回復できる程度)、身体がやけに乾燥することもあります。ホルモンの関係もありますし、お風呂のシャワーや浴槽にためたお湯の温度が熱すぎるのも、乾燥の原因となります。

ローズマリー軟膏は、ローズマリーから抽出したエキスを使うのでしょうか?ローズマリーエキスは、手作り材料に少量取り入れています。保存料の代わりになるからです。
抗炎症・抗アレルギーの意味もこめて使うのもいいかもしれませんね。

ですが、「美白」はどうでしょうか・・・。私の考えでは、「なにかを肌に入れ込んで、肌を白くする」というものは取り入れない考えです。「肌を白くする」の意味ですが、「透明感」という意味なら、角質培養で成果がでますし、「しみを消す」のも、成分を入れ込むなら「角質層を壊してそれより奥まで」でないと意味がないので、結果的に乾燥します。
(詳細記事は、「しみを消すには」)
しみを消すには時間はかかりますが、透明感なら成果が出やすいです。

ワセリンについては・・・
「よくある質問」のスキンケア編のQ28をご参照ください。
「フタ」としては即効性があります。ですが、皮脂膜とは違うものですので、肌が弱まっていてフタがほしい緊急の時だけにし、あとは皮脂膜に近いホホバオイルをメインとしたクリームを使うのが理想です。
ノンノン | 2010年01月27日(水) 10:37 | URL | コメント編集

>PIGさん

はじめまして、こんにちは。お返事、遅くなってしまって申し訳ありません。

その後、お肌の調子はどうですか?

>鼻をつまむとにゅーっと出てくるあのラードのようなものは皮脂が固まったものなのでしょうか??サッポーがいう角栓と皮脂詰まりの違いがよくわからなかったのですが、この柔らかい皮脂は放っておくと角栓になって自然に取れるのでしょうか??

それが角栓のもとです。記事に書いたとおり、にゅ~っと絞ってはいけませんよ~。
毛穴が目立たない人でも、「毛穴がない」わけではないので、誰でも絞れば多少は脂がにゅ~っと出てきます。角栓や、毛穴が黒ずんでいる場合も、もちろん、むにゅ~っと出てきます。
でも、こうやって絞る行為は悪化させるだけなのでやめましょう。
角栓は、放置しておいて、正しいケアをコツコツ続けていれば、自然にぽろっと、肌のターンオーバーとともに取れます。そして、角質培養で乾燥のない肌になれば、角栓(それによる毛穴の黒ずみ)じたい、できなくなります。


グリセリン+水だけの化粧水でしっとりするのは、「グリセリン」の効果です。グリセリンそのものが、ねっとり・しっとりする液体だからです。なので、肌がしっとりしても、グリセリンを塗っているから当たり前のことで、肌本来の力ではありません。乾燥そのものを治すためには、「グリセリン+水」の化粧水では、あまり効果はないかと思います。

カテゴリーの「よくある質問」のスキンケア編をごらんください。化粧水について書いてありますが、化粧水の唯一の意義は、「石鹸洗顔後の肌を“弱酸性”に導くこと」です。化粧水がなくても肌はしぜんに弱酸性に戻る力をもっていますが、乾燥してその力が弱まっているときには、弱酸性の化粧水を“少しだけ、顔がぬれたと思う程度に”つけて、弱酸性にみちびいてあげるのです。

ですから、「グリセリン+水+クエン酸」の化粧水のほうが、意味があります。私の手作り化粧水にクエン酸を入れる意味はそれです。

洗顔後の肌がつっぱるのは、乾燥が原因でもありますが、水が硬水ぎみなのも原因だったりします。水が硬水だと、石鹸洗顔すると、つっぱり感があります。クエン酸による弱酸性のものをつければ、それが緩和されるので、グリセリンの力に頼らなくてもよいです。

もっと言えば、石鹸洗顔でつかう水を「軟水」にすれば、即座に皮脂膜が補われる&即座に弱酸性になるので、つっぱり感がありません。よって、化粧水がいらなくなります。
これも、「よくある質問」の「スキンケア編」に記載してあるのでご覧ください。
ノンノン | 2010年01月27日(水) 10:53 | URL | コメント編集

>ひまわりさん

こんにちは。お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。

石鹸シャンプーが固形でも液体でも、「石鹸」には変わりないので・・・硬水であれば、石鹸カスは発生するでしょうね。

>固形石鹸から液体石鹸でのシャンプーに変えました。 するとケミカルシャンプー以上に艶が出て、サラサラになったのですが

液体シャンプーを硬水で洗う際は、ボソボソした泡になったり、髪に手ぐしがとおらないぐらいゴワゴワになったりはしなかったのでしょうか? もしそうなのであれば、あまり問題ないかもしれませんね。サラサラの仕上がりになったのであれば、途中の過程は問題ないでしょう(笑)。
ノンノン | 2010年01月27日(水) 11:00 | URL | コメント編集

>ちゅちゅりんこさん

はじめまして。お返事、遅くなってしまい、申し訳ありません。
美容部員さんだったんですね。当ブログの内容は、ケミカルなケアとはまったく真逆のケア方法なので、いろんな意味で新鮮だったかと思います(^^;)
その後、お肌の調子はどうでしょうか? 今後ともよろしくお願いします。
ノンノン | 2010年01月27日(水) 11:08 | URL | コメント編集

>shino★さん

はじめまして。お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。
マンディムーンでも問題ないと思いますよ。あとは、HPを見て自分がピンとくるか、信頼できる感じか、スタッフの対応などにもよるかと思います。ぴのあ、PEACH-PIGは、対応がよいのでお世話になっています。
基本的に、オーガニックで精製のものがあれば使いやすいかと思います。
安ければ安いほど質が悪いかどうかは、一概に言えません。たとえば、洋服なら、ユニクロは安いですが質はいいといわれていますね(笑)。ただし、あまりにも極端に安ければ、それなりに理由があるかもしれませんし・・・メーカーの裏事情までは、こちら側では判断のつかないところです。気になるならば、安値の理由をメーカーに問い合わせてみて、その対応で考えてもいいかと思います。
ノンノン | 2010年01月27日(水) 11:09 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年01月28日(木) 09:44 |  | コメント編集

>ちょびさん

はじめまして、こんにちは。

角質培養でニキビがでる場合、その理由については、
カテゴリーの「よくある質問Q&A」の「スキンケア編」をご覧ください。『角質培養を始めたらニキビが・・・』という質問のQ&Aを載せてあります。

また、同じく「スキンケア編」のQ28もごらんください。

今までニキビあとができなかったのは、水面下で乾燥肌となっていても、ニキビになりやすい状態であったのに(乾燥している細胞は皮脂がこびりつきやすいため)、その元となる皮脂のこびりついた細胞ごと、角質の取りすぎでごっそり取っていたため、たまたま表面化していなかったのです。または、ニキビができても、毎日の「角質をとりすぎるケア」のくりかえしにより、すぐにニキビごと、角質層をごっそり取っていたため、ニキビ→ニキビ痕、という段階にならなかったのだと思います。
たとえニキビ痕の段階にならないとはいえ、角質層をとりすぎて乾燥したままでは、いつまでたっても「ニキビのできやすい肌質」はそのままで悪循環です。その結果が、角栓や毛穴の目立ちとなります。

また、合成ポリマーで覆っていたため、それが肌に悪くも、なんとか「フタ」となっていたのでしょう。

「もともとニキビはできやすい」「角栓が頬・あごにもある」というところからも、今までのケアによる乾燥具合いがうかがえます。

乾燥が進んだ状態では、Q28にもあるとおり、洗顔とホホバオイルのみでは「フタ」としては「間に合わない」状態です。クリームが必要です。ましてや、今は冬ですからね・・・。
クリームを取り入れたケアで様子を見てください。
ホホバオイル→シアバター というステップでもいいのですが、「クリーム」のほうが即効性はあります。

軟水での石鹸洗顔、ラップパックも有効です。
軟水での石鹸洗顔、すすぎのしすぎ(ぬるぬるを落としすぎ)はありませんか?ラップパックでは、汗をかいたりして逆効果となっていませんか?

乾燥の度合いからみて、肌質の改善には少し時間がかかるかと思いますが、正しいケアさえ日々積み重ねていけば、必ずきれいになりますよ!
ノンノン | 2010年01月28日(木) 10:48 | URL | コメント編集

ノンノンさん

お詳しいご説明&励ましをどうもありがとうございます!!
改めて前向きになれました>∇<
これからもブログを拝見させていただきます♪
がんばってみます!!
ちょび | 2010年01月29日(金) 21:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/116-2f6f0bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。