All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.14 (Sat)

その8(14) 血糖値をゆるやかに~コラーゲン、肥満との関係~

こんにちは。
書き溜めている文章が、波にのっており、できるうちにバンバン更新しておこうと思います。


2~3月中は、私は個人的によくない月だった気がします。
というのは、自分にストレスが溜まっているのが自分でもわかるくらいの状態だったからです。
なにでわかるかといえば、わかりやすいのが「異常食欲」・・・。
おなかがすいてないのに、何か口にしないと落ち着かなかったり、
しかも、そういう時に口にしたいのは、
しっかりバランスの良い、栄養価の高いものではなく、ジャンキーなもの、お菓子類、甘いもの・・・。

しかも、食べても満たされて終わりならいいのですが、
いつまでたってもその繰り返し、満たされない、終わりがない。

身体に悪い食べ物だとわかっていても、食べたくなる。


私の父の家系は、糖尿病の人が多いのですが、
糖尿病は遺伝の要素も大きいと聞きます。
なので、私もいちおうは油断できません。
遺伝的に、そういう要素を持っている可能性はあるのです。

そこで、糖尿病、血糖値、糖分・・・
イメージではわかっていても、きちんと自分の口で説明はできないことでしたが、
調べてみることにしました。


これが、糖尿病という健康だけでなく、脂肪をためないコツや、
食べ方のコツ、そして、美容にも(コラーゲンにも)かかわっていることがわかりました。
よく、「チョコの食べすぎは、顔がたるむ」なんて言いますが、その理由も分かりました。




●血糖値とは
血糖値とはなんでしょう。

よく、血糖値が高いとか、ブドウ糖の摂りすぎがうんぬん・・・で、
なんとなく聞いたことがあったり、良くないもののイメージはあります。
詳しく調べてみると・・・

まず、血糖値とは、血液中のブドウ糖の量のこと。


ブドウ糖は栄養分で、細胞が必要とする栄養分です。
ブドウ糖そのものは、悪いものではなく、むしろ、“必要なもの”。
食べ物から取り込まれた血液中のブドウ糖が、最終的には細胞に取り込まれます。

「それなら血液中に栄養分がたくさん流れていたほうがいいのでは?」と思いますね。
しかし、血液中にブドウ糖がたくさんあっても、
すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンがなければ、細胞に取り込まれません。

インスリンの働きは、血液にあるブドウ糖を、せっせと細胞へと送り込むこと。
ということは、ぐんぐんインスリンが分泌されれば、
血液の中のブドウ糖の量もぐんぐん減っていく(細胞の方へ移動する)ので
「血糖値が低くなる」=血液の中のブドウ糖の量が減る、ということです。

インスリンは、結果的に、
血糖値をコントロールして下げてくれるのです。

これが通常の場合です。



では、普通じゃない状態とはどういうものか。

食後30分前後をピークに、ぐんぐん血糖値が上昇します。
健康な人でも、食事をすれば血糖値は上がります。
問題は、インスリンがきちんと分泌されて、血糖が下がってくれるかどうか。

毎日食べすぎていたり、運動不足の場合、
いくらすい臓が頑張ってインスリンを出しても、間に合わなくなります。
その結果、細胞にブドウ糖が取り込まれず、血液中にブドウ糖が溢れてしまいます。

慢性的にこの状態が続くと、疲れてすい臓はインスリンを出さなくなります。
これが「糖尿病」・・・。

血液中に糖分が多いと、血液がドロドロになるので、動脈硬化になってしまいます。

たくさんのおしっこが出て、体内の水不足が起きて、のどが渇くようになります。

細胞にブドウ糖が届かない状態なので、
仕方ないから、筋肉などから脂肪やたんぱく質を取り込もうとします。
だから、糖尿病が進んでくると、太っていたのに痩せてきます。
ただし、健康的なやせ方ではないので、喜んでる場合じゃありません。

ブドウ糖は多すぎると、血管や毛細血管を傷つけてしまいます。
網膜の血管が傷つけて失明することも。
腎臓の血管を傷つけて、尿がでなくなって体の中に貯まってしまうことも。





●ジェットコースター状態
ということで、上がった血糖値を下げるのが大事、ってことはわかりましたね。
でも、血糖値の下がり方にも問題はあるようです。

急激に下がる」のも良くない、と。

お菓子などに含まれる砂糖は、もっとも吸収されやすい形の糖であるため、
食べると、いっきに腸に吸収されます。

これがどういうことかというと、
一瞬、血糖値はいっきに上がるのですが、
すぐにすい臓がインスリンを大量に分泌します。
その結果、すぐに細胞の中にブドウ糖が取り込まれ、
血液中にはブドウ糖はなくなります。

血液中にいっきに増えたブドウ糖が、あっという間に細胞へと移動。
血糖値は、いっきに上がったと思ったら、すぐに、いっきに下がるのです。

この急激な上がったり下がったりの、ジェットコースター状態が良くない。


疲れていると、甘いものがほしくなりますね。
脳がブドウ糖をほしがるからです。
(脳はブドウ糖しか取り込めません。)

その時、甘いお菓子で満たそうとして、、上記のジェットコースター状態になると、どうなるか。

脳は、ブドウ糖がほしくて期待して待っていたのに、
血液中のブドウ糖は、一瞬のうちに細胞へと移動してしまっていて、
脳へと運ばれてこなくて、がっかりしてしまうのです。

これが、「精神の不安定」な状態へとつながるようです。
イライラや、キレやすい状態ともいえます。

ブドウ糖、もっとよこせ!!

ここで甘いものを摂る際に、さっきと同じくお菓子で満たそうとしたら・・・
同じことの繰り返し。

甘いものの依存症や、甘いものがやめられないプチ過食症、
食べてもイマイチ満たされない、イライラが収まらない・・・。

思い当たります・・・。
こういうメカニズムだったんですね。


やっぱり、「お菓子」(※上白糖など、血糖値の上がりやすい糖分を使ったもの)は良くないんですね。

逆に言えば、ストレスがなくて心がおだやかだと、お菓子が一切いらなくなる。
これも思い当たります。


そして!スキンケア上でも重大な問題が起こります・・・。
ジェットコースター状態を繰り返すことで、「活性酸素」が発生し、
これにより、コラーゲンのブチブチと切断されてしまう
よって、はりのない肌になってしまいます・・・恐ろしい!
「チョコの食べすぎは顔がたるむ」は、ここからきているんでしょうね。

(過去の記事を参照 → ミネラルウォーターでコラーゲン対策 、コラーゲン





●インスリンの過剰分泌は、太る!
また、たくさんお菓子を食べ過ぎたり、暴飲暴食をするとき、
つまり、ジェットコースター状態を繰り返す行為は、
「太る」とわかっていてもストレスいっぱいの時は、ついやってしまいます。
そして、結果、やっぱり太ってしまう。

なぜ太るか、「しくみ」で理解してメカニズムを把握しておきましょう。
私自身、これがわかったら、なぜだか、スーッと異常食欲も落ち着いてきました。
「目が覚めた」のかもしれません・・・(笑)。



インスリンが血糖値を下げるのはいいのですが、
“いっきに・過剰に”分泌するのが問題です。

インスリンは、いっきに血糖値があがると、
血液ドロドロ状態を先になんとかしないといけない、と思い、
体脂肪よりも、血液の中の糖を優先的にエネルギーに変えてしまいます。

血液ドロドロがまぬがれるのは良いのですが、
これによって、脂肪が溜まりやすく・・・つまり、太りやすくなります。

食べた炭水化物や糖を優先してエネルギーにし(体内に溜まっている脂肪は燃やさずに)、
消費されなかった分の炭水化物や糖までも、体内の脂肪細胞に取り込んで蓄えようようと促します。
結果的に脂肪の燃焼は抑制され、体脂肪が増えることになり・・・太ってしまいます。

太りにくくするには、インスリンを、“いっきに・過剰に”分泌させないようにすること
それには、血糖値の上昇をゆるやかにすることです
インスリンが過剰分泌しなければ、脂肪が蓄積されにくくなります。





●GI値
そこで目安となるのが「GI値」です。
GI値とは、血糖値が上昇するスピードを計ったもの。
このGI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇が遅い。
ゆっくり・おだやかで、過剰なインシュリンの分泌を抑えられる、という意味です。


GI値の高いもの=血糖値の上がりやすい糖分
・ショートニング
・上白糖
・グラニュー糖

上記よりは、GI値の低めのもの
・オリゴ糖
・黒砂糖
・三温糖
・メープルシロップ
・パルスイート
・アガベ・シロップ(すごく低め!!)

GI値が低く血糖値を上げにくい!天然甘味料オーガニックシロップ(甘味料)プレミアム・ロー・...

アガベ・シロップ
価格:2,281円(税込、送料別)


これは私も買いました。父の日のプレゼントとして(笑)。
母は、父のためにパルスイートを使って料理していますが、
アガベ・シロップのほうがもっとGI値が低いのです。
少し、金額は高めですけどね。(オーガニック食品だから、というのも金額が高い理由)

ムダに血糖値を上げたり下げたりしないよう、
食べるものには気をつけましょう。






●食べる順番
ジェットコースター状態を防ぎ、ブドウ糖を「おだやかに吸収」するコツは、
食べる順番にあります。

つまり、「おんなじものを食べるとしても、順番しだいで、太りやすいか否かが分かれる!」ことです。

食物繊維の多いものから先に食べると、ブドウ糖の吸収がおだやかになります。

食物繊維は、胃壁とブドウ糖の間でバリケードを築いてくれるのです。
それで、ブドウ糖が一気に体内に取り込まれると言うことが出来なくなります。

食物繊維の多いもの、野菜から先に食べましょう。





●血糖値を下げるための飲み物
食物繊維で血糖値の上昇をゆるやかにする方法として、こんな飲み物があります。

ただし、効果を出すなら、“食事と同時に”摂取すること。
すでに体内に取り込んでしまった糖分には、効果を出すことはできません。

私は、食べ物を口にする前に最初にこれを飲み、さらに食べながらも飲みます。
食べる時にうっかり飲み忘れたとしたら、食後、少なくとも15~30分以内には飲みましょう。
(食後30分には、血糖値の上昇がピークになるので、それまでに飲んでおいたほうがよい。)


【ケース販売】健茶王 すっきり烏龍茶 2L*6本/健茶王/血糖値が気になる方へ/送料無料【ケース販...

健茶王 すっきり烏龍茶 2L*6本/送料無料
価格:3,057円(税込、送料込)



【ケース販売】健茶王 香ばし緑茶 2L*6本/健茶王/血糖値が気になる方へ/送料無料【ケース販売】...

健茶王 香ばし緑茶 2L*6本/送料無料
価格:3,280円(税込、送料込)




「健茶王」は、食後の血糖値が気になる方向けの特定保健用食品(消費者庁許可)。
関与成分である食物繊維『難消化性デキストリン』には、糖(炭水化物)の吸収を穏やかにする作用があるので、
血糖値の急激な上昇を抑えることができます。
(『難消化性デキストリン』は、とうもろこし由来の食物繊維。)




お茶にはタンニンが含まれるので、食事のときに一緒に摂ると、
鉄分の吸収が悪くなる・・・という話を聞いたことがあります。

もしそうなら、せっかく糖の吸収をおだやかにしたい、これを食事のときに飲みたいのに、躊躇してしまいますね。

いろいろ調べたのですが・・・
タンニンと鉄分の件は、机上の空論、という人もいるようです。
試験管の中では、タンニンと鉄分は結びついてしまうのですが、
体内では、胃の酸に出会うとそれらは離れてしまうから、問題ない、という説です。

私は、それを信じることにしました(笑)。


ただし、食事以外の時、のどが渇いた時などの「常飲」としてガンガン飲むとしたら、
飲みすぎは身体に悪いようです。
タンニンは酸化しやすく、酸化した後にたんぱく質を凝固させ、胃粘液を荒らすとのこと。
お茶のカテキンも、それ自体は抗酸化作用はありますが、いくつか結合するとタンニンに変わってしまうそうです。
特に、空腹の時にがぶ飲みするのはやめたほうがよいようです。

緑茶・ウーロン茶は、常飲ではなく「食事のおとも」として飲みましょう。



常飲としてなら、タンニン・カテキン無しの「麦茶」がベスト。
ちなみに、麦茶は、カフェインもゼロです♪
血液サラサラ効果もあります。・


または、ミネラルウォーターも、常飲にはいいですね。
どうせなら、シリカたっぷりがお勧め
コラーゲンを増やしてくれます♪
シリカたっぷりのミネラルウォーターはこちらをご参照→ ミネラルウォーターでコラーゲン対策


【参考データ】
玉 露: カフェイン 0.16% / タンニン 0.23%
煎 茶: カフェイン 0.02% / タンニン 0.07%
ほうじ茶: カフェイン 0.02% / タンニン 0.04%
番 茶: カフェイン 0.01% / タンニン 0.03%
玄 米 茶: カフェイン 0.01% / タンニン 0.01%
紅 茶: カフェイン 0.05% / タンニン 0.10%
コーヒー: カフェイン 0.04% / タンニン 0.06%
麦 茶: カフェイン 0.00% / タンニン 0.00%
ウーロン茶: カフェイン 0.02% / タンニン 0.03%


※カフェイン
摂取は、1日に200~300mgまでなら何ら体に有害な影響を及ぼしません。
妊婦さんの場合は、カフェインはなるべく控えたほうがよいのですが、
それでも、1日にカップ1杯程度なら大丈夫だそうです。




●運動との関係
ちなみに、運動する前に炭水化物・糖分を摂りすぎると、
せっかくの運動の効果が出ません。
運動しているのに、脂肪が燃えないという、もったいないことになります。

というのは、どういうことかというと・・・

運動すると、血糖値が下がります。
(私の父も、血糖値を下げるためにジョギングが日課です。)

その時、脂肪細胞からエネルギーを取り出して血糖値を安定させるために、グルカゴンというホルモンが分泌されます。
このグルカゴンのおかげで、脂肪細胞はバンバン燃え始めます。

ところが、運動前に炭水化物・糖分を摂りすぎていると、
血液中に糖がいっぱいになっているので、血液ドロドロ。
ということは、先ほどのインスリンの話と同じです。
脂肪細胞よりもその糖を優先的に燃やすので、脂肪細胞は燃えてくれないのです。

というわけで、運動前に炭水化物・糖分の摂りすぎは控えましょう。
・・・かといって、おなかペコペコすぎても危険なので注意です。
(餓死状態でも、身体が危険信号を出して、栄養を必要以上に溜め込んでしまいます。脂肪は燃えにくくなります。)

理想的なのは、「やや高たんぱく質でバランスのとれた食事の3~4時間後に運動を行うこと」とのことです。
そういわれても難しいのですが、ようは、「炭水化物の摂り過ぎには注意」ということですね。

「じゃあ、炭水化物抜きがいいのでは?」
・・・たしかに、炭水化物をぬけば、スルスルっと痩せることはあります。
ですが、やっぱりエネルギー不足か力が出ませんし、
一生、炭水化物抜きができるわけではありませんね。

その“一生続けられない”ところに、怖い落とし穴があります。
炭水化物をまったく抜いてしまうと、身体が省エネモードになり、
ちょっとでも炭水化物が復活したら、いっきに吸収するようになります。
つまり「太りやすい」体質になってしまう、ということ。

また、筋肉からエネルギーを消費しようとするので、筋肉が痩せ細り、
体重そのものは減ったとしても、健康的な痩せ方ではなくなります。
炭水化物をまったく摂らないのも、危険なのです。
やっぱり、身体には必要な栄養です。



●まとめ
・GI値の高い糖分に注意しよう。
・炭水化物の“摂り過ぎ”に注意しましょう。
・食べる順番を考えよう(食物繊維、野菜から食べる。「健茶王」を飲む。)
・ジェットコースター状態になったら、どこかでいったん立ち止まろう。
ここを読み直して(笑)、気持ちをいましめましょう!





更新により、ランキング上がりました。
クリック、本当にありがとうございます!!!
ランキングの上位(ノンケミカルのほう)、感謝です♪

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト
05:36  |  8.老化防止  |  TB(1)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ノンノンさんの文章 分かりやすくて大好きです。
これからも 応援します♪ 
茶子 | 2012年04月16日(月) 01:55 | URL | コメント編集

おかえりなさい

こんにちは

ノンノンさんと出逢い早3年

私も家族を増やしたかったのですが・・・・

当時はノンノンさんとがんばっていた事を思い出しました

子育て がんばってくださいね
ノンノンさんなら 大丈夫かと思いますが

私も ノンノンさんにあやかりたいのですが
なかなか 授けてもらえません
もう半分あきらめていますが・・(37歳)

今日は嬉しく送信しました

もう戻られないのかと思っていました
覗いてみたら 更新あったので

さすが ノンノンさん 充電期間だったのですね
パワーアップです

これからも 楽しみに愛読させていただきます

スキンケア(ホホバオイルもセリサイト・デイクリーム・石鹸等)も
ヘアーもドライアーも野菜ジュースも○○ピー帽子も
愛用しています

ノンノンさんとの出会いは宝だと思っています
モモママ | 2012年04月18日(水) 08:49 | URL | コメント編集

おかえりなさい^^

子育て大変だと思いますが、更新楽しみにしてます。
私もちょうど連休前、激務が続いたためか暴食に走ってしまっていたので、ノンノンさんの記事がまさにタイムリー!ブレーキをかけて下さって本当に感謝です^^:
最近またケミカルに戻り気味にもなっていたので、再度ノンノンさんの過去記事を参考にさせていただき、タルんできた自分のほっぺや気持ちに活!!を入れたいと思います( ̄^ ̄)
りん | 2012年05月02日(水) 20:49 | URL | コメント編集

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。

ところで・・・
宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」という本はご存知ですか?

こちらで紹介されているスキンケアとほとんど一緒なのですが・・・
ホホバオイルの弊害について書かれています。
(本ではワセリンを推奨しています)

ぜひ一度読んでみてください。
natu | 2012年05月10日(木) 15:42 | URL | コメント編集

更新~嬉しいです。

お友達にノンノンさんのブログを紹介させていただこうと思って
久しぶりにお邪魔したら~更新されていて感激中です。

私も去年の8月からアメブロでブログを始めて
ノンノンさんのブログの紹介記事も書かせていただきました。

ノンノンさんが更新されている内容は
まさに私が勉強をし始めたことばかり。
またノンノンさんのブログで知識を広げさせていただきます♡

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
ゆみまる。 | 2012年05月21日(月) 23:10 | URL | コメント編集

おかえりなさい☆

はじめまして!
角質培養についてや、美容に関する色々な知識が豊富でとっても頼りにしているブログなので、再開とても嬉しいです。
まだまだお忙しいとは思いますが、更新楽しみに待ってますので頑張ってくださいね☆

ところでセリサイトの紫外線・電磁波カット効果ってどうなんでしょうか?
自分で調べてみた所、特に効果があるという情報がみつからなかったので気になってます。
初コメントでこんなこと書いてすいません(><)
お時間があればセリサイトについて書いていただけると嬉しいです。
PA・TO | 2012年06月24日(日) 14:35 | URL | コメント編集

はじめまして。

はじめまして。
いつも楽しくお勉強させていただいてます<(_ _)>
ラップパック、フラックスオイル、ホホバオイル等々たくさんやらせてもらってます♪
とくに日焼け止めが肌に良くないなんて全然知りませんでした!!
でも角栓とりが癖になっていてなかなか良くなりません(-_-;)
爪でカリカリやってしまいます…。

ところで、私のブログにノンノンさんのブログをリンクさせてもらってもよろしいでしょうか?

りんご | 2012年06月25日(月) 00:05 | URL | コメント編集

角質培養

いきなりすいません
角質培養を始めて3週間ほどたちます
化粧水はコンフィアンイオンローション
洗顔は皮膚科のコラージュ石鹸を使っています
化粧水が終わったあとは
ラップパックをしています
2週間くらい肌にかさぶたができています
かさぶたは頬の下当たりに全体的です

とれる気配がないのです
肌もずっとザラザラしています
どうしたらぃいのでしょうか
これを機にホホバオイルにしようか
迷っています
洗顔の際はシャワーで10秒冷水→温水を3回繰りかえして洗い流しています
これも洗い流しのしすぎなのでしょうか
とあるサイトで、これをやるとニキビが治ると書いてあったので実践しているのですが.,.
ぴーぃ | 2012年07月11日(水) 14:10 | URL | コメント編集

お帰りなさい

初めまして\(^o^)/
ころころここあと申します。
子育て頑張って下さい!

私は一度ノンノン様のブログを見て
角質培養を実践していました。
しかし皮脂の塊のようなもので
頬や鼻が黄色く覆われてしまい
挫折してしまいました(;_;)
白雪の詩→ホホバオイルでケアをしていたのですが
何が悪かったのでしょうかね(汗)
石鹸をちゃんと流していなかったのか
ホホバオイルのつけすぎだったのか…
でも、子育てに頑張ってらっしゃるノンノン様を見習って
私ももう一度頑張ってみようと思います。
今日からまた頑張るぞー!
ころころここあ | 2012年07月17日(火) 18:35 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2012年08月09日(木) 02:42 |  | コメント編集

たまたま検索していてブログを拝見させていただきました(^.^)

自然の力や食品の成分による働きにものすごく興味があり、一頁読んだ瞬間こんなに知識の詰まった内容感動しました♪

全て読みつくしたいと思います(@_@)

もしよければ教えて欲しいのですが
私は黒豆茶を飲んでいます。ノンカフェインですがタンニンも含まれているんでしょうか?

飲み始めたきっかけは、飲み続けると生えている白髪が黒くなるという情報を得たからです!
まだ実践中で結果はこれからですが、大豆イソフラボン効果も期待でき、お茶の中では一番優れているような気がしたのですが、
タンニンが多く含まれているのなら少し残念です(>_<)
ミンミ | 2012年09月24日(月) 22:47 | URL | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2012年10月04日(木) 18:00 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2012年10月12日(金) 13:20 |  | コメント編集

初めまして

はじめまして。ノンノンさんのHPを知りあまりの情報量の多さ、丁寧な文章に感心し、さっそく「ぴのあ」にホホバオイルや手作りパウダーの材料を注文したくらいです。そして今日、ヴェレダのアイリスクリームも購入するつもりでいたのですが、あるサイトで、アイリスデイクリームがリユーアルされ成分が変わり合成界面活性剤が二種加わり、ミツロウの配合が無くなったと紹介されていたのを見つけ、購入するのを辞めようと思っています。その代わりに何がいいのか迷っています。ノンノンさんなら何を選ばれるのでしょうか・・・。そして、私もnatuさんのコメントと同じく、宇津木先生の著書を読んで(実際にノンノンさんのサイトを拝見するまで実践していました)気持ちは揺らいでいます。
参考までに→水、ホホバ種子油、エタノール、グリセリン、カカオ脂、シア脂、ハマメリス水、ミツロウ、クエン酸ステアリン酸グリセリル、タピオカデンプン、セテアリルアルコール、リゾレシチン、ドイツアヤメ根エキス、ヘクトライト、キサンタンガム、ステアリン酸グリセリル、香料
ぽんすけ | 2012年10月19日(金) 10:13 | URL | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2013年07月23日(火) 22:19 |  | コメント編集

はじめまして☆

はじめてブログ拝見させていただきました^^
すごく専門的でいてわかりやすくてとてもためになります♪

健茶王、今までただ食後に飲めば良いと思っていました。。
食事と一緒に飲む方が効果的なんですね!読んでよかったです♪

私もダイエットブログを初めて今「健康」に関して研究中です!
ぜひ参考にさせてください!

また立ち寄らせてください♪
アヤゴン | 2014年02月12日(水) 14:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/124-2c6a0866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめ【その8(14) 血糖値を】

こんにちは。書き溜めている文章が、波にのっており、できるうちにバンバン更新しておこうと思います。2
2012/11/01(木) 08:37:54 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。