All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.06 (Sat)

スペシャルケアには、プラセンタ

こんにちは。
 
先日は、雑誌に載ってしまいましたが(前回の記事参照)
読まれた方はいるでしょうか?
お世話になっている、軟水と石鹸の美容室hear geneの
兼子さんとともに、軟水をテーマに、
熱く語らせていただきました(≧▽≦)

さて、書籍の出版のほうはというと、
今の段階では、9月出版という計画で進んでいます。
今、いっぱい原稿を書かなくてはならない時期です!(^^;)
もっと話が固まりましたら、詳細はこちらでお知らせしますので、お待ちください


暑くなってきましたね。
日焼け止めを探す人が増える季節です。
今年は、ヴェレダ、アンナトゥモール、ナチュラグラッセのはかに、
また紹介したいノンケミカルな日焼け止めがあります!
次回、紹介します。

今回じゃなくて申し訳ありません!!
まだ書き上げていないのです(*_*)


今日は、めずらしく、美容液の話です。

私のブログでは、スキンケアの必要アイテムについて、今まで何度も、
次のように述べてきました。
 
①化粧水は必ずしも必要ない。
②浸透系の美容液はまったく必要ない。
③天然の皮脂クリーム(皮脂膜)を補うために、クリーム(またはホホバオイル単品)を使う。
 
今日の話題は美容液なので、
②の「浸透系の美容液はまったく必要ない。」について話しましょう。
 
今まで、美容液はいらないとさんざん言ってきましたが、
その理由は・・・
 
美容液とは、何か成分を肌に浸透させることが目的のアイテムです。
美白・保湿などが目的の成分を肌に浸透させるためには、合成界面活性剤を加えなければならなくなります。
合成界面活性剤の作用で、肌バリアを壊して浸透させるのです。
 
肌によい成分をむりやり入れ込むために、肌バリアを壊しては
元も子もない。
そんなことをしなくても、肌バリアを守ることで肌本来の力がぐんぐん発揮させられ、
肌は良い状態に向かっていく。
 
だから、美容液は必要ない。
 

 
 
それなら、肌に浸透しない美容液は?
つまり、合成界面活性剤が入っていない美容液、ということになります。
ただの成分のみ。
それなら肌バリアを壊すことにはならなそうですよね。
でも、肌に浸透しないでうわべに塗るだけで、「意味」がなければただの時間の無駄・お金の無駄になってしまいます。
 
それよりもやっかいなのは、浸透しないのに肌表面に塗るだけで「よけいなお世話」となる成分もある、ということです。
 
代表的なものは尿素、シルク(セリシンという部分のみ)。
これは、肌の表面を柔らかくし、新しい肌を再生させようとするのですが、
「無駄にターンオーバーを早める」ので、使い続けると悪化します。
使い始める段階ですでに悪化している状態の場合は、リセットの意味で
一度、良い状態に再生されますが、そこで使用をやめるべき。
やめないで使い続けると、無駄にターンオーバーを早めることの連続で、
粗悪・未熟な細胞しか生まれず、乾燥しやすく見た目も美しくなく、
皮脂のこびりつきやすい肌質にしかなれません。
 
他の成分・エキスでもそのような作用があるかどうか、
現在ははっきりしたことは分かりません。
が、肌によさそうだからといって、なんでもかんでも、
肌に浸透させよう!乗せよう!塗ろう!
とは思わないほうが無難だと思っています。
 
そういうわけで、今まで、
美容液というアイテムには見向きもしなかった私です。
 
・・・が、先日、「プラセンタ原液」についていろいろ調べる機会があり、
使ってみる価値あり!!!という結論に達しました!!
そして、これをゲット!!
1433536555316.jpg
まずこれは、
合成界面活性剤が入っていません(もちろん合成ポリマーも)。

アブンダンティ  セラム 100%プラセンタ原液美容液
通常価格(税込): 10,800 円

 
【全成分表示】
水、プラセンタエキス、フェノキシエタノール

※サイトには全成分表示の記載がありませんが、
商品に同封されている用紙には記載があります。
 
100%プラセンタ原液に、上記の他の成分が配合。
そして、アミノ酸・胎盤由来のヒアルロン酸も配合。
 
分子を小さくしているため、合成界面活性剤なしでも肌に浸透できる。
 
 
では次に、「よけいなお世話」となる成分は入っていないか。
プラセンタそのものが、「よけいなお世話」となる成分ではないかどうか。
 
これからいろいろとプラセンタについて話しますが、
先に結論を言うと・・・プラセンタはよけいなお世話にはならない、と判断しました!
 
 
●プラセンタの効能
・メラニンを作らせない(メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素を抑制する)
・皮膚の炎症による赤みを鎮める
・皮脂と水分のバランスを整える。
・細胞分裂を促進する。成長ホルモンの働きを持つ。
 
 
●プラセンタとは
胎盤は、細胞分裂を起こす「成長成分」「成長促進剤」を作り、栄養を送り出す働きをするところで、
そこから取り出したエキスがプラセンタです。
これが動物性のプラセンタ。
 
植物性のプラセンタは、植物には胎盤がありませんが、胎盤のような働きをする杯座からつくられます。
ただし、植物性のプラセンタのほうには、成長促進剤のような働きはなく、
上記の効能の上3つの効能のみをもちます。
 
 
●胎盤由来のヒアルロン酸配合
 胎盤(動物性プラセンタの)には、臍帯(いわゆる、へその緒のこと)がホースのようについています。
そのホースを栄養素が通っていくのですが、そのホースにはヒアルロン酸が多く含まれていて、
これは「天然のヒアルロン酸」と言われています。
 
天然由来のヒアルロン酸は、通常、鶏のトサカから精製されますが、
量がとても少なく高価なため、バイオテクノロジーで精製されたヒアルロン酸が主流となり、
いろいろな化粧品に使われています。
ですから、そんなに高くない、ヒアルロン酸原液などがたくさんあるんですね。
 
その胎盤についたホース(臍帯)のヒアルロン酸は、
生体内と同じ状態のまま抽出しているため、
バイオで精製されたものとは異なり、体内にとてもなじみやすく潤いを保ちます。
(そのかわり、これも高価ですが)
 
この商品の「胎盤由来のヒアルロン酸配合」とは、
この臍帯のヒアルロン酸のことでしょう。
 

ちなみに・・・
 そういえば、市販でお手頃価格で売られている「ヒアルロン酸原液」も、
全成分は水とヒアルロン酸の粉のみ(つまり、ヒアルロン酸の粉を水に溶かしただけ)で、
「合成界面活性剤・合成ポリマーの入っていない美容液」ということになりますね。
そしてヒアルロン酸じたいに「よけいなお世話」となる作用はなさそうです。
それならこれも有効な美容液か!?と思うでしょう。
確かに悪くはありません。
ですが、肌表面に乗っかって、一時的に潤っているだけなので、
あまりそこにこだわりすぎると、皮脂膜の形成の邪魔になるし、
角質層に入り込む水分には限度があり、かえって角質層をもろくしかねません。
また、ヒアルロン酸の粉を水に溶かしたものであるため、
保湿している間はよいのですが、水分が蒸発した後に乾燥しやすい可能性もあります。

そういうことで
「肌表面(浸透しても角質層まで)に乗っかるだけのヒアルロン酸には、
そこまでこだわる必要はない」
という結論に達しました。
ヒアルロン酸原液の美容液をお使いの方は、そのアイテムだけで肌を潤そう!と
こだわりすぎないようにしましょう。


●プラセンタは「よけいなお世話」とならない理由
 はい、ここが気になるところですね。
プラセンタは「細胞分裂を促進する」・・・?!
それって、ターンオーバーを無駄に促進する、ということにはならないのか?
私も最初は、そうじゃないのかと思いました。
しかし、よくよく考えてみると、意味が違うことが分かりました。
 
まず、プラセンタの場合は、表皮の角質を剥がそう、取ろうという、
尿素のようは働きはもちません。
そして、表皮よりももっと下部の真皮にて、
ターンオーバーを促進しますが、それは「成長ホルモンを促進する」という意味であるので
「無駄にターンオーバーを早める」ということとは違うと考えられます。
 
子供は成長ホルモンがたっぷりあります。(17歳ぐらいを境に、成長ホルモンは減少)
新しい細胞をどんどん作ろうという命令がしっかり出ていますが、
だからといって、無駄にターンオーバーを早めて粗悪・未熟な細胞ばかり再生されているわけではありませんよね。
 
角質培養は肌の表皮の部分を刺激しないことで、自然なターンオーバを促しますが、
その前に、おおもとの成長ホルモンの指令があってこそのターンオーバーなのです。
 
 肌は、表皮(肌の一番表面側)の状態が良ければ、その情報が真皮(表皮よりもっと下部)に伝わり、
真皮は安心して、質の良い肌細胞をじっくり作り出します。

それとは逆に、表皮をいじめる(=まだ剥がれる段階ではない角質も剥がしてしまう)と、
真皮は急いで肌細胞を作ろうと、あわてます。
そして、粗悪・未熟な肌細胞でもしょうがないからと、いそいで作ります。
過去記事 ターンオーバーの悪循環と好循環参照


プラセンタは、尿素のような角質を剥がす作用がないだけでなく、
表皮の皮脂と水分のバランスを整えます。
ですから、表皮の状態が良好となります。
これは、真皮を安心させることになります♪
そしてさらに、真皮に「成長ホルモン」的な働きかけもするのです。
 


●角質培養をじゃましない美容液=サプリメントのような存在
 つまり、この、角質培養をじゃましない美容液は、
ちょっぴり贅沢なスペシャルケアで、
たとえるならサプリメントのような存在になると思います。
商品のサイトにも「もっとキレイを目指す人に!欲張りエイジングケア!!」と記載がありました。
確かにそのとおり、欲張りです(笑)。
今までの私の「美容液は必要ない」という考えのケアのままでももちろんよいのですが、
財布にちょっと余裕ができた時のスペシャルとして、よいと思います。
 
ブログテーマの「財布にもやさしい」にしては高価なものの紹介となりますが、
ただ高価なだけで実は合成界面活性剤・合成ポリマーてんこもり・・・というものとは違って、
高価でもしょうがない、それだけの価値があるもの、ということで紹介します。
 
 
この美容液を開発された工藤亜記さん 
サイトで美容液とともに出ているきれいな女性、この方が
この美容液を開発された工藤亜記さんです。
本業は、パーソナルカラーアナリスト。
私が以前に書いた記事「似合う色を知ろう」でふれた「パーソナルカラー」のスペシャリストです。
カラーのお仕事をされているだけあって、
洋服の色使いも本当に素敵。
 
 
ブログで見る亜記さんが着ているワンピースは、
いつも私の好みのものばかり(*^▽^*) 
いつも、洋服を見るのが楽しみです(笑)。
私が、亜記さんと同じパーソナルカラー(イエローベースの春)だから、ということもあるのでしょうが、
ファッションがとても参考になっています。
 
私は去年、スキンケアアドバイザーの資格を取りましたが、
今は、カラーの方面にも興味があり、ゆるゆるですが勉強を始めています。
カラーの勉強がスキンケアとどう結びついていくかは、今の段階ではわかりませんが、
なにか生かしていけたら、この興味が役に立てたら、と思っています。
ちなみに、亜記さんは、
カラーのお仕事を、化粧品のカラー(ファンデーションの色)でも発揮されています。
ファンデーションのカラーにものすごくこだわり、それが7月ぐらいに発売されるようです。 

私は今は、興味がカラーに向いているのは
それは、洋服のことに関係しているかもしれません。
ここ2~3か月、自分のクローゼットの中を整理したのですが、
というか、畳んで収納していたワンピースやスカートを、ハンガーでつるして収納する方法に変えただけですが、(笑)
洋服が選びやすくなり、なんだかスッキリ。
しかも、うっとり(о´∀`о)
自分のパーソナルカラーに合った色合いの服ばかりなのだから、
眺めているだけでうっとりしてしまう・・・♪

それと、実はダイエットがうまくいっていて(1月から4キロほど痩せました)
洋服を着るのが楽しくなったのもあります(笑)。

そうして、今まで以上に洋服の組み合わせを考えるようになったり、
最近は、ネックレスを自分で作ったりしています。
 
といっても、かんたんなもので、ネックレスの鎖の部分と、とマルカンという部品と、チャーム(飾り)の3つを
アクセサリーの材料屋さんで買って、組み合わせて作るだけです。
市販のものより安く作れるし、自分好みのものがバンバン出来るので、楽しいです♪
娘も楽しいようで、一緒に作っています。

こういう作業もまた、洋服と合わせるときの色合いを考えます。
そういうことで、ここ最近は特に、ファッション・色のことを考えることが多くなりました。
 
パーソナルカラー、知ると本当に便利ですよ!!
私は、洋服の無駄遣いがまったくなくなりました。
「買ったものの、イマイチ似合わない」とか、実は似合わないのに着ているという自信の無さ、とか、
そういったものから解放されました♪

似合う色というのは、ピンクが似合うとか、青が似合う、という単純なことだけでなく、
もっと奥が深い。
ピンクはピンクでも、黄味がまじった黄色(サーモンピンク)と、青みが買った黄色(コスモスの色のような)
というように、ピンクの種類によって、似合うピンクと似合わないピンクがあるのです。
そういう微妙な色のトーンでも、自分に似合うピンクを身につけたほうが、
自分の顔が明るく見えるのです。
パッと明るく、若々しく、輝いて見えます。
これを体感した時は、本当にびっくりしました。

数年前、私は、パーソナルカラーを知った直後のダンシャリでは、
「ときめくもの」と「ときめかないもの」の区別(収納の達人、近藤まりえさん方式)で分けるのではなく、
「自分に似合う色」か、「そうでないか」で区別しました。
そして、自分に似合う色のものは、結果的に、「ときめくもの」になるんです。
自分に似合わない色のものには、ときめかない。
だから、区別が簡単にできました。
買い物にいっても、ほしいものの選び方が簡単です。
すぐにコレ!とぴんときます。
ちょっと迷っても、自分の色(パーソナルカラー)かどうかを考えれば、決断は早い。
 
亜記さんはパーソナルカラーの診断のお仕事をされています。
肌の色、瞳の色などから、パーソナルカラーを診断してくださり、
似合うメイク用品の色や、洋服、小物、アクセサリーのアドバイスもあるそうです。
こんなにトータル的にみてくださるとは、ワクワクしますね。
色の力って、本当に不思議だし、影響力が大きいものだと実感しています。



それでは、次回は日焼け止めクリームの話を書こうと思います。 
 
ランキングに参加しています。クリックしてくださったら嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

06:22  |  2.成分  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ノンノンさんこんにちは^^
最近、ホホバオイルのみでは乾燥してきたのですが、
どうやら私はシアバターで痒くなってしまうようで、
色々と探した結果、以下の二点のクリームで迷っているのですが、
ノンノンさんはどちらが良いと思われますか?

使うタイミングは夜または朝、ホホバオイルのあと乾燥を感じたときです。
(ちなみに化粧はほとんどしないので、化粧下地に使うわけではありません)

アイリスのデイクリームも考えたのですが、
新処方のほうは成分が少し気になり・・・



●ビーズワックス(アトピーラボのDr.Itsuko)
<全成分>ミツロウ・ごま油・カッコンエキス・シソエキス・ジオウエキス・ハチミツ

●モイスチャークリーム(スウィーツソーパー)
<全成分>ホホバ種子油、ダマスクバラ花水、ミツロウ、ローズマリー葉エキス、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、スクワラン(オリーブ由来)、ミツロウ脂肪酸ナトリウム、ニオイテンジクアオイ油、ローズウッド木油、ティーツリー葉油、トコフェロール(ビタミンE)

かな | 2015年06月06日(土) 22:04 | URL | コメント編集

追記です。申し訳ありません・・!

スウィーツソーパーのモイスチャークリームのほうは、
ダマスクバラ水をミツロウで乳化しているようで、
きちんとクリーム状になっているようです。
かな | 2015年06月06日(土) 22:07 | URL | コメント編集

プラセンタの美容液!

初めまして!
プラセンタの美容液、気になります!
使用感や、こんな効果があったなどの記事を書いて頂けたら嬉しいです(^^)
プラセンタは豚由来か馬由来かどちらなのでしょ。。(>_<)
m☆ | 2015年06月08日(月) 12:23 | URL | コメント編集

いつも、拝見させていただいております。ノンノンさんの理論が説得力ありすぎて、安心してスキンケアを真似しています(笑)現在は、石鹸洗顔後、何もせずで落ち着いています。(乾燥してる時だけ、ホホバ使用中) ですが今回のプラセンタの記事を読んで私も使いたいのですが、洗顔後、このプラセンタだけでいいのでしょうか?上からクリームなどで重ねたほうかわいいのでしょうか?是非アドレスを宜しくお願いいたします。
ゆん | 2015年06月27日(土) 00:55 | URL | コメント編集

誤字すいません。
アドバイスを宜しくお願いいたします。

です。
ゆん | 2015年06月27日(土) 00:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/135-746c8eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。