All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.08 (Tue)

「太る」ことと、お肌との関係

こんにちは。
 
だいぶだいぶ・・・更新しておらず、本当に申し訳ないです。
皆様、お元気ですか?
 
「もう一つのブログ」では、あーだこーだ、
直接スキンケアには関係のないことも、
私の普段の、やりたい放題な日々をつづってはおります。
 
が、先日、そちらのブログにて、
ダイエットの話を書きました。
 
こちら→ 「ダイエットの基本中の基本
 
私は、去年の7月から、かなり自覚しているレベルで
ストレスを感じ出し・・・(^^;) 間食がものすごく増えました。
むっしゃむしゃ食べ、暴飲暴食、まさに口の中に暴れるようにほうり込んでた、っていう感じです・・・(笑)。
あっという間に、5キロぐらい簡単に増えてしまい、
自分史上で最大の体重(妊娠時期をのぞく)。
しかも、いったん太ってしまったら、なかなか戻らない・・・。
おかしい。なぜだ??
 
去年、私は40歳という大台に。
だから、代謝が落ちる年齢の影響だ、とも思っていたのですが、
さっきの「ダイエットの基本中の基本」にも書いたとおり、
ダイエットの基本的な考えが、間違っていたから。
それこそが、最大の原因でした。
 
本当に、間違っていた・・・・・・・・。
真実を知れば知るほど、自分は、なんて真逆のことをしていたんだろう、と。
 
そっちを読んでいない方は、できればまず、そちらを一読くださいませ。
そのほうが、下記のお話がしやすくなりますので、よろしければ。
 
こちらをどうぞ→ 「ダイエットの基本中の基本
 
 
 
自分のあやまちを、単純に年齢だけのせいにしてはいけない!それじゃあ損をする!
 
あ、それは、スキンケアでも同じですね。
間違った方法・・・合成界面活性剤・合成ポリマーまみれのケア。
これを正しいと思い込んで、成果が追い付かないのを
単純に年齢のせいにしては、損をする。
 
なにが正しいのか、なにが間違っているのかを知って、パッと目の前が明るくなりました。 
 
 
この一気に太った生活の中で、
肌の状態も、良い結果にはならないことも、身をもって実感しました。
 
不健康に太ること(内臓脂肪が増えたり、血液ドロドロ、糖の数値が高い・・・など)は、
やっぱり健康じゃないってことなんだから、お肌にも影響が出るのだ、と。
 
 
ここで、さらに掘り下げて、いろいろ考えてみて、分かったことがあります。
 
具体的に、「太る」ってことが、「肌の劣化」にどうつながるのか。
 
 
 
まず、太るっていうことは、
「血糖値が急激に上がるのを繰り返すこと」で起こります。
 
食べ物を口にすると、血糖値が上がります。
食べ物によって、血糖値がいっきに上がるものや、ゆるやかに上がるものがありますが、
一気に上がると、痩せにくくなる上に、太ってしまう。
 
血糖値が上がる時にインシュリンが分泌されます。
その時に起こることは、
「脂肪が燃焼されにくくなる」・・・つまり、痩せにくくなる。
そして、「脂肪を蓄えようとする」・・・つまり、太る! ということ・・・。
 
だから、血糖値が一気に上がらないようにする工夫が必要になってきます。
その工夫をざっと書いてみると・・・
 
●野菜から食べる。
●ゆっくり食べる。早食いは、一気に血糖値が上がってしまうので。
●食物繊維、大豆製品、乳製品(とくに、食物繊維)を一緒に摂る。
●炭水化物は最後に摂る。
●甘いもの・デザートは、食後ではなく、間食として、食後2時間ぐらいたってから摂る。
(14~16時は、食べても太りにくい時間帯♪)
●洋菓子より、和菓子。(洋菓子、おいしいんだけどね~!!(^^;))
●22~6時は、血糖値が上がりやすいので、食事しない。
●血糖値の上昇をゆるやかにするお茶もおススメ。
 
 
健茶王
 
このブログでも紹介済みですが、妊娠中にカフェインを取らないため、お休みしており、
それからすっかり飲むのを忘れておりました。
今回のことで、また再開しました♪
 
 
 
 
 
で、前置きが長くなりましたが・・・
『こうやって太ることが、どうして肌を衰えさせるのか』、の答え。
 
ずばり言うと、血糖値が急激に上がることで、老ける!!
 
血糖値が急激に上がるときに、「活性酸素」が発生します。
その活性酸素こそが、老化の最大の原因です。
コラーゲンをブチブチ切断し、たるんだ肌にしてしまいます。
 
だから。
むっしゃむしゃ何も考えずに食べ、甘いものを食後に摂り、
間食でも摂り、血糖値が急激に上がりまくりで、
太っただけでなく、肌も衰えた・・・・・・・・・。
 
 
老化の最大の原因は、活性酸素ですが、
老化を「予防する」最大の方法は、「ミトコンドリア」を増やしたり、活性化させること♪
 
ミトコンドリアって、こういうもの。
ミトコンドリア

学生時代、生物の時間に勉強したな~。ミトコンドリア。
あの時に、「ミトコンドリアとお肌、老化との関係」って授業だったら、
もっともっと、身を入れて勉強したのにーーー( 笑)。
ミトコンドリアの勉強で「若返り」とか「活性酸素」とか「活性化」とか「美肌」とか、
そんなこと、一言も出てこなかった。

 
ミトコンドリアを活性化したり、増やしたりする方法は、次のとおり。
 
●汗ばむ程度の、適度な有酸素運動。
●寒いところでの運動。
●姿勢を正しくする。
 
運動していると、最初はきつくてもだんだん身体が慣れてくる感覚、わかりますよね。
あれは、体内にミトコンドリアが増えている証拠です。
また、寒いところで運動して、だんだん身体がポカポカしてくるのもそう。
そして、姿勢を正しくする、これも重要!
これだけで基礎代謝もアップするんで、ダイエットの基本として、ずっと心がけてます。
(ま、それでも暴飲暴食したら、プラマイでマイナスで、太ってしまったわけですが・・・。)
 
先日は、テレビ番組で「ミトコンドリアを増やす食材」として、
ニラ、ニンニク、トマト、するめ、ブロッコリースプラウト
が紹介されたようです。
ブロッコリースプラウトは、基礎代謝をアップさせる(痩せやすい体質にする)食材として、
ここ数年で話題ですね。
スーパーでもたま~に見かけますが、なかなか、レタスやきゅうり並みには手に入らない場合は、
こちらを利用するのもありです。
私も飲んでいます。

ブロッコリースプラウト粉末
 
 
 


やっぱり、運動って大事ですね~~。
適度な運動をしている人は、50代でも60代でも、若々しい。
運動は、太らないだけじゃなくて、「若くなる」んです。

あと、太ると白髪が増えるっていう話も、ちらっと聞きました。
なんだかわかる気がします・・・
むだに太って活性酸素を出しまくることは、髪のメカニズムにも悪影響でしょうからね。



 そして、私の本にもちらっと書いていますが、
適度な運動で皮脂分泌がととのい、肌が潤います。
だから、冬こそ運動が重要。
そう、寒いときの運動でこそ、ミトコンドリアが増えるんだった♪
 
先日は、ランニングマシーンを30分やりました。
10分もやると汗がじっとり出てきました。
本当は、バンバン脂肪を燃やしたいからもっとやりたかったのですが、
とりあえずその日はそれぐらいで。
そのかわり、運動はほかにも続きました。
その後は、5歳の娘といっしょに鬼ごっこ(笑)。
延々と繰り返される、鬼ごっこです。
よーいどん!逃げる、追いかける・・・のくりかえし。
娘も大はしゃぎで始終、笑顔。
私も笑いが止まらず、顔の腹筋までも使いました。
こんなに走って、運動したってことを身体で感じたのは久しぶりでした。
なんだか、身体がスッキリ。肌もツルツルぴかぴか。
中学時代、テニス部だったときは、毎日毎日、こういう運動をやっていたんだなーと、
なつかしくもあり、そんな時代がまぶしくもあり、
そして、そりゃー太らないわけだ、と実感しますね・・・。
 
久々に運動した、その1日だけでも、見事にお肌に変化が出ました。
ピンッと張りが出たのです!!!
そして、翌日は、寝不足だったにもかかわらず、
お肌の調子が良かった。びっくりです。
眠かったんですがね。(息子に起こされて、寝付けなかった・・・)
 
うん、やっぱり運動ですよ。
スキンケアがいくら間違っていなくても、
いくら、身体・お肌によい食べ物を摂っていても、
摂り方を間違えて太っていたり、運動をしなければ、
その成果は、プラス・マイナスで、マイナスになることだってある。
 
運動なんてめんどくさい・・・って、
その気持ちもよーーくわかります(笑)。
ランニングなどずーっと走るのとか、よほど好きな人でない限り、
ツライことは続けづらい。
 
だから、ツラくないレベルでの運動で良し、です。
たっくさん効果を出したい人は、多少ツライ運動もがんばらないといけないでしょうが。
ライザップに行っちゃうとか・・・(笑)
ツラくないレベルの運動、たとえば、
ランニングマシーン、たった30分を週に1~2回でも、
やらないよりは効果が出てくるはずです。
家で、踏み台昇降をコツコツやるってのもあり。
 
踏み台昇降にベストな高さの台。
私も愛用中。愛用しすぎて、ボロボロになってます。
 
踏み台
 
 
そして、あとは、さっき書いたように、
血糖値を急激に上げないように、ちょっと工夫する。
真逆のことをやらないように、気を付ける。
 
 
さて、今度こそ、ですよ、今度こそ!!!!

あと、最後に。
ダイエットをして、体重の減りに一喜一憂しないこと。
運動して筋肉痛のうちは、体重は重めになるし、
生理前・生理中は、むくみで重めになります。
生理開始から5~6日目ごろからむくみがとれ、体重が減りはじめ、
そのときに運動すると、効果が出やすい(痩せやすい)です。

体重の微妙な増減はあるのですが、
折れ線グラフをつけていると、「実は減っている」っていうのが全体的にみてわかるので、
楽しくなりますよ♪

運動は、体重への目に見える成果はさておき、お肌には即効性があるので、
それを励みにがんばりましょう♪♪
運動すれば、若返り、肌もきれいになる!!!




2015年9月に本を出しました。
**********************************
 


ランキングに参加しています。クリックしてくださったら嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

12:00  |  8.老化防止  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

初めて読ませて頂きました。

大森さん。
初めて拝見させていただきました。
大森さんの本がきっかけです。とても肌の事が
わかりやすく書かれており勉強になり、これから
実践していこうとおもいます。
ブログもこれから読ませて頂きますね。

一つだけ質問があります。
実は僕、男なのですが髭剃りは
角質を傷つけないかと心配しています。
アドバイスや大森さんの視点で
信頼できる男性スキンケアのブログがありましたら
教えて頂きたいです。
よろしくお願いします🙇
キノッチ | 2016年03月10日(木) 16:15 | URL | コメント編集

ノンノンさんこんにちは。
私は現在25歳で、もう7年ほど水洗いのみ+ホホバオイルとシアバターのケアをしています。
化粧はコーンスターチをはたくのみです。
これですごく調子が良いのですが、こちらのブログを拝見し、石鹸洗顔を始めました。
しかし、石鹸を毎日使うと、毛穴がどんどん開いていき、ニキビもでき始めました。
石鹸は本当に必要なのか調べている最中なのですが、皮脂や細胞間脂質が酸化してできる過酸化脂質は、水溶性なので人肌温度のぬるま湯で落とせる、と書かれている記事を見つけました。
もしかすると軟水機を使えば平気なのかもしれませんが、なかなか手が出せません。
皮脂と酸化の記事も読ませていただいたのですが、過酸化脂質が石鹸でないと落とせない理由をもう少し詳しく教えていただけないでしょうか、
麻友 | 2016年03月20日(日) 12:36 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年04月10日(日) 19:14 |  | コメント編集

アドバイスお願いします

ノンノンさん、初めまして。ニキビに悩み4、5年前にこちらのブログに出会い、角質培養を始めてから、ニキビは出来にくくなり(生理前に一つできるくらい)肌が落ち着きました!ありがとうございます!
ノンノンさんに一つご意見を聞きたいことがあります。
今はニキビが出来にくくなりましたが、高校生の時にニキビが頬に広がり、それを皮膚科で潰したところ、30歳の今でもニキビ痕のアイスピック状の凹みが頬に残っています。目立つもので片頬に五つづつくらいで、ミネラルファンデを塗ればあまり目立ちませんが、近くで見るとわかります。
とても悩んでおり、美容皮膚科も行きましたが、レーザー治療の効果は個人差があり、かなり高額なので悩んでおります。
このままニキビ痕を受け入れるしかないのかなぁと思っております。。
ノンノンさんならどのように考えますでしょうか。ノンノンさんにはニキビ痕はないのかもしれませんが、アドバイス頂けると助かります。
ひろ | 2016年08月04日(木) 12:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。