All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.30 (Fri)

その3.(2) 毛穴の黒ずみ(角栓)

~~過去の記事を書き直し、分かりやすくまとめました。おさらいがてら、どうぞ。~~



こんにちは。

今日は、角質培養のメインともいえる、「毛穴、その黒ずみ、角栓」の話です。これらは、角質培養の話をするにあたって、必ず出てくるキーワードです。



●もともとは、毛穴は「見えないもの」
赤ちゃんや子供の肌を思い出してください。鼻の頭はつるつるしていて、毛穴は見えません。ベリッとはがすシートなんか使わなくても、汚れもたまらなく、角栓もできません。
それが、歳をとるごとに汚れていきがちなのは、どうしてでしょうか?「加齢」「老化」だなんていう単純な理由ではないのです。知らないうちに、自分自身が、その原因を作っています。年を重ね、いろいろなスキンケアグッズに手を出すのは、悪いこととは言いませんが、間違ったものを使い、間違ったケアをすればするほど、悪循環を招いていることは少なくありません。

ですから、スキンケアに間違いがなければ、年齢に関係なく、たとえ年配であっても、毛穴も見えず角栓のできない人はたくさんいます。赤ちゃん肌は夢ではありません。




●毛穴が目立ってしまう原因
では、何が原因で毛穴が目立つようになるのでしょうか?
それはずばり、「角質を無理やり取る」行為が原因です。

その行為には、洗顔のしすぎ・熱湯での洗顔・こすりすぎ、化粧水のつけすぎ・コットンパック・スチーマーの当たり過ぎなどの肌の水浸し、合成界面活性剤・合成ポリマーなどの乱用・・・そして、「ピーリング」や、鼻の頭に貼ってベリッと剥がすシートなども。
詳細はこちら → 乾燥さえしなければ、肌はきれいになる

毛穴の黒ずみ・角栓が目立つ場所は、鼻の頭が多いと思います。たとえ、ピーリングやベリッとはがすシート等を使っていなくても、鼻というのは、顔の真ん中にあり飛び出ていることから、外部からの圧力がかかりやすい場所です。
洗顔時に強くこすったり、タオルでふき取るときにも強くこすったり、鼻をかむときに小鼻に力が入ったり、鼻がむずむずしたら強くこすったり、汗や皮脂が出やすいTゾーンですから、ハンカチやあぶらとり紙でこすられたり。。。

鼻の頭どころか、その鼻のわきの頬、さらには頬の真ん中あたりまで毛穴が目立つようでは、かなりの「角質の取りすぎ」があると思われます。心当たりのある行為があったら、すぐにやめるようにしましょう。もう一度、自分のケアに間違いがないか、思い込みがないか、見直してみましょう。





●不全角化
角質を取りすぎ、無理やり角質が剥がされるとどうなるのでしょうか。
まだ剥がれ落ちる段階ではなかった角質層が剥がされると、その下部でまだ“成長途中”である幼い角質たちが、大慌てで上層へ出る準備にかかります。新しい細胞をすぐに用意しなくてはならなくなるのです。そうやって大急ぎで、即席で作られた細胞は、未熟な角質層しか作れません・・・。

未熟な角質層は、水分保持力も弱くスカスカの状態です。これが、乾燥肌です。

大慌てで作られる細胞は、毛穴のすぐ横に作られるため、毛穴がすり鉢状に開いてしまいます。毛穴が開きっぱなしの状態です。このような状態を「不全角化」といいます。
これが、光の反射で「毛穴の目立つ肌」となります。
  r_04_05_b.gif

まとめると、角質を無理やり取ることによる「早すぎるターンオーバー」では、未熟な細胞しか育たず、毛穴の目立つ肌になる、ということです。






●角栓、黒ずみ
しかも、不全角化で毛穴が目立つだけでは済みません。
このような不全角化した毛穴周辺は、弾力がなく固いので、皮脂がこびりつきやすい状態です。しかも、すり鉢状になっているのだから、余計に皮脂は溜まりやすい。溜まりやすくこびりつきやすい・・・こうして、「角栓」ができてしまいます。悪化すると、時にはこれがニキビの原因にもなります。

そして、その「角栓」となった皮脂が空気に触れて酸化して、色が茶色っぽくなり、もっと進むと黒ずんでしまいます。こうして「毛穴の黒ずみ」が出来てしまいます。






●弾力のある毛穴
正常なすこやかに育った角質層であれば、毛穴周辺の細胞も弾力のある状態ですから、ここに、皮脂汚れは、こびりつくことがありません。弾力のある健康な角質層の毛穴は、黒ずみができません。赤ちゃんや子どもの、角栓や黒ずみのない、毛穴じたいが見えない肌をイメージしてみましょう。

考えてみてください。本来、「不全角化」のような毛穴が「すり鉢状」に開いているほうが、汚れは出入りしやすいと思いませんか?しかし、いったん汚れが入ると(くっつくと)どんどん溜まりやすく、角栓になってしまう・・・。

むしろ、キュッと入り口の閉まった毛穴のほうが、いったん汚れが詰まったら、なかなか出てこれず、溜まりそうな気がしますよね?しかし、通常の洗顔で、スルッと落ちるのです。
それというのも「弾力」の差なのです。弾力のある細胞をもつ毛穴周辺には、皮脂はこびりつきません。通常のやさしい洗顔で、スルッと落ちます。

このように、洗顔に必要以上の気合いを入れなくてもよいことが分かりますね。やさしい洗顔のほうが、落ちるべき角質はスルッと落ちるし、毛穴の汚れもスルッと落ちます。どちらも、目に見えないレベルのものです。

何度も洗顔したり、ゴシゴシこすったりで角質を取ったり、毛穴を爪で押して角栓を絞ったり、シートを貼って剥がすなどで角栓を取り出したり・・・という、目に見え、手ごたえの感じるケアは、悪循環しかまねきません。





●一度できた角栓(毛穴の黒ずみ)はどうする?
ずばり言えば、放置が一番よいです。

日々、一層一層育って剥がれ落ちている(目に見えないレベルのもの)角質層・・・その育ちとともに、角栓も放置しておくと、日々少しずつ、ニョキニョキと頭を出してきます。お風呂上りや洗顔後、角栓を観察してみると分かりやすいでしょう。白く、ニョキニョキと立っているのが分かります。

これを、抜いたり爪でグリグリ押し出して取り除いたりしてはいけません。角質と同じく、取れる時がきたら、自分からスルッと落ちていきます。
角栓の根もとは、剥がれ落ちる段階ではない、今育っている途中の角質とくっついています。ですから、角栓を意識して取ると、角質までもが剥がされてしまい・・・また大慌てで新しい角質層を・・・という、「不全角化」が繰り返されてしまいます。振り出しに戻るだけです・・・。角栓も、角質の一部と考えて、角栓の“自分の意思”で旅立つのを見守りましょう。

もし、角栓を取り除いても、きれいになったと思うのは「一時的」、いや「一瞬」と言ってもいいかもしれません。肌そのものは、ダメージを受けて、また不全角化するはめになります。不全角化を繰り返せば繰り返すほど、どんどん毛穴の目立つ肌になっていってしまいます。


角栓は、ターンオーバーとともに、スルッと落ちる時期が必ず来ます。ターンオーバーは28日周期ですから、ニョキニョキ伸びた角栓は、意外とあっという間に、いつの間にか落ちてなくなっています。これ、本当!目立つ、気になる、かなり飛び出ている・・・と思うのは、28日のうちの、ほんの数日間だけです。

抜くのは楽しそうな作業ですから(笑)、抜きたいのも分かります。が、グッとこらえて我慢しましょう。その時我慢さえすれば、次回からはもう、皮脂がこびりつかない弾力のある毛穴となり、角栓じたいができなくなるのですから!
角栓を取るのをやめると、いままで必死で取っていたのが嘘みたいに、すんなり毛穴が目立たなくなっていきます!

肌のターンオーバーは、28日周期。だから、最低でも1ヶ月でだいぶ回復します。もし、今までの「つけ」があれば、自分の納得のいく肌の状態まで持っていくには、3ヶ月~半年かかる場合もあります。つまり、「月単位」での時間がかかります。
この1ヶ月、1ヶ月を重ねるごとに、スキンケアのやり方を間違えなければ、確実に肌の状態はよくなっていき、毛穴も目立たなくなっていきます。これを乗り越えれば、もう、黒ずむことのない肌になります。
「しみ」が消えるのは「年単位」の時間がかかるのだから、毛穴の回復のほうは、それに比べたらなんてことないです(笑)。







●例外:たるみ毛穴
しかし、”角質培養でもたちうちできなく目立つ毛穴”もあることはあります。それは、表皮の問題ではなく、もっと奥の「真皮」の問題です。
 cora5.gif

真皮にあるコラーゲン、エラスチンなどが衰え、肌そのものの弾力が落ちるため、肌がたるみ、毛穴が縦長に伸びてしまって目立つものです。これが「たるみ毛穴」です。毛穴が丸くなく、縦長、または涙型であるのが特徴です。
顔の部位では、「ほうれい線」あたりに出来やすいでしょう。

これは、真皮の問題なので、表皮の角質培養をしてもたちうちできません。コラーゲンを増やす対策を考えましょう。
参照記事 → コラーゲン



コラーゲンのブームにより、若い人でも、やたらコラーゲンを気にすることがありますが、若くても毛穴の目立つ人は、ほとんどが、まだ真皮のコラーゲンの問題ではなく、表皮の角質ケアが原因でしょう。

それだと、毛穴の目立つ原因を知らずに、ただ高いコラーゲンドリンクを飲んでいても、まったく効き目がないことになりますね。
(しかも、「コラーゲン」の記事にも書いてありますが、そもそも、コラーゲンドリンク自体で、真皮のコラーゲンは増やせるとは限りません・・・) 


【追記】 
↑数行前に、「真皮のコラーゲンの問題は、表皮の角質培養でもたちうちできない問題。」と書きましたが・・・ 今、過去に書いた「コラーゲン」の記事を読み直して、ハッとしました。
ちょっとは関係があったんでした・・・!(自分で書いていて忘れてました。汗。すみません!)

コラーゲンを作るもととなる「線維芽細胞」が育てば、コラーゲンの生成が促されるのですが、その線維芽細胞は、『表皮の角質層が乾燥してかさ付いていると、活発がにぶくなる』のでした!
・・・つまり、角質培養してちゃんと表皮がすこやかな状態であれば(=乾燥していなければ)、線維芽細胞が活発になり、コラーゲンがきちんと生成される・・・ということですね。

まずは角質培養で、「不全角化」による毛穴をなくし、それがちゃんと出来ていれば・・・「たるみ毛穴」防止にも、ゆくゆくは繋がっていく・・・ということでしょう。

ただし、そうは言っても、コラーゲンが減っていく要因はとても多い・・・。(詳細は、コラーゲンの記事をどうぞ。) なんだかんだで、コラーゲンを増やすチャンスよりも、減るチャンスのほうが多いのかもしれません。だから難しいんでしょうね。
でも、角質の取りすぎであれば何も始まりませんし、きれいな肌の“スタートライン”にも立てません。確実に出来ることは確実にやっていきましょう。






角栓を気にする人ほど、それを取ろうとして、結果的に角質を取りすぎるケアに力を入れてしまっています。まさに、悪循環です。
「角質を取る」のは、良いことではない!
毛穴の見えない、角栓なんか溜まらない肌をめざして、日々、角質を取り過ぎないケアをしましょう。





ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

16:35  |  3.角質培養  |  CM(39)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

今日も更新されていますね~。

毛穴については興味深い内容で、とても勉強になりました。
以前の私がまさにそうで、ノンノンさんに教えていただいた様に、
私の毛穴の目立ちは「洗いすぎ」→「不全角化」でした。

今は色々教えていただいたので、毛穴も少ししまったように
思えますが、ケミカルコスメを使っていた時は、
オイルクレンジング、洗顔フォーム、美白化粧水、美容液、乳液、クリーム・・・なんて
フルで使って、美容液には毛穴引き締め用などを使って、
頬の毛穴の開きは一向に良くならなかったのに、今の方が状態が
いいなんて、あの頃の私に教えてあげたいです。

「角栓」はとった方がいいと考える方もいるかもしれないけど、
肌の自然なターンオーバーについては自分の子供たちの肌を見れば
一目瞭然です。子供たちは洗顔だってしないし、クリームもつけていないのに
毛穴なんて見えません。ホントうらやましい・・・。
自然なターンオーバーってすごいですよね。
私は前の「つけ」があるので、本当に肌状態が良くなるには
まだだかかりそうです。

ところで、せっかく洗いすぎによる乾燥や毛穴の目立ちだ治まっているのに、
春・夏になってきて汗をかくようになると、朝も石鹸洗顔した方がいいんだろうけど、
せっかく整いかけてきたリズムが崩れてしまいそうで、まだ2月になっていないけど
今から心配です・・・。朝の洗顔も洗い過ぎないようにすればいいんですよね?

あと、来週あたりにクリームの材料たちが届く予定です。
アイリスクリームはまだ残っているけど、作る方が楽しみで頼んでしまいました・・・。

まっちゃらて | 2009年01月30日(金) 18:48 | URL | コメント編集

ちょうど今、小鼻の脇の角栓たちがニョキニョキ育ってきていて
ものすごく目立つのでブルーに過ごしていたところでした。

毛穴パックしたい気持ちに駆られていたのですが、
ノンノンさんの記事を読んで思いとどまりました。笑
今日もためになる記事をありがとうございます!

ターンオーバーで自然にとれてくれるその日まで、マスクでもして隠しておこうかな・・・。
なのはな | 2009年01月30日(金) 22:19 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

こんにちは。今回もコメントありがとうございます(o^-^o)

ケミカルの時は、オイルクレンジングからクリームまでの一連、フルで使っていたんですね。それぞれの合成界面活性剤、合成ポリマーの量・種類を想像すると・・・肌の負担が、今ならよく分かりますよね(^^;)
ケミカルなケアだと、まず最初のオイルクレンジングでいっきに角質を取ってしまうので、そのひとつを使うだけでも乾燥肌の原因になります。乾燥の原因をひとつ作ると、それを補うために、保湿成分やらなにやら・・・そう、「毛穴をひきしめる」系の美容液もあったりしますよね・・・なにからなにまで、一つも省略できなくなってしまうんですよね。


さて、春・夏の朝洗顔の件ですが・・・
暑くなってきての心配は、「汗」よりもむしろ、「皮脂」のほうかと思います。

水洗顔で落とせる汚れは、「汗・落ちるべき角質の“一部”」で、「皮脂」まではあまり落とせません。
石鹸洗顔で落とせる汚れは、「汗・落ちるべき角質・皮脂」です。

なので、暑い時期になって「汗」の量が増えることを気にしたとしても、水洗顔でも「汗」は落とせるのです。


それで、「皮脂」のほうですが・・・
気温が高くなるとともに皮脂分泌は、秋・冬の寒い時期よりも多くはなります。(といっても、健やかな肌の状態になれば、“過剰分泌”はしなくなりますが。)

ブログの記事で「酸化と洗顔」という記事を参照してみてください。
皮脂はたえず酸化していて、その酸化を止めることはできません。酸化は、雪だるま式にどんどん大きくなり、まわりの細胞へも伝染していきます。これは、「角質」を傷めることになります。

なので、1日2回の洗顔で、皮脂を洗い流し、リセットするのが有効なのです。酸化がたえず行われているからと言っても、何度も洗顔しすぎると、角質を取りすぎて乾燥肌になってしまいますよね。だから、たえず酸化しているのは承知の上で、肌に負担をかけない程度が「1日2回」の石鹸洗顔です。


朝洗顔は「水洗顔」か「石鹸洗顔」か?という議論が時々あります。たしかに、朝はすっぴんでの洗顔なので、水洗顔でもよいし、石鹸洗顔よりは角質をとらずにすみます。が、「皮脂の酸化」のことを考えると、石鹸洗顔して皮脂をリセットするのが“理想”です。

朝が水洗顔の場合、“寝ている間に酸化した皮脂を残したまま1日を過ごし、夜になってから、やっとリセットできる”・・・ということですね。そうすると、時間が経過して雪だるま式に酸化が大きくなっていることで、朝の水洗顔で角質をあまり取らずにすんだのに、結果的には酸化によって角質を傷めてしまうのです。

朝の石鹸洗顔で角質を取るとしても、合成界面活性剤のような強い洗浄力ではないので心配はいりません。「洗顔のしすぎ、こすりすぎ」をしなければ。モコモコにあわ立てて、肌を手・指でこすらず、泡を滑らせるようにして、顔に泡を乗せているのは20秒ぐらい。熱湯でなく、ぬるま湯ですすぐ。・・・これで、洗いすぎになることはありません。角質は「落ちるべき角質」だけがスルッと落ちるので、取りすぎになる心配はありません。

ただし、肌が極端に乾燥していたり、敏感肌・アトピーなどの場合は、無理して朝も石鹸洗顔しなくても、様子をみて、肌の調子がよくなってからでいいと思います。
あくまでも、朝の石鹸洗顔は“理想”なので。

まっちゃらてさんは、洗顔のしすぎでピリピリと石鹸洗顔で刺激があったんでしたよね?ですから今は、朝の水洗顔で様子をみる段階でいいと思いますよ。春・夏になる頃には、今よりも肌が回復して調子がよくなっていることと思います。その時に、様子をみて朝も石鹸洗顔にしてみてはどうでしょうか?

長くなってしまいました・・・すみません。




ノンノン | 2009年01月31日(土) 21:24 | URL | コメント編集

>なのはなさん

こんにちは~。
角栓を取らずにすんで、間に合ってよかったです。
グッと今はこらえてくださいね。そのうち、角栓の“伸び具合い”、飛び出ている長さのチェックが快感になるかもしれません(笑)。
日に日に、ターンオーバーにしたがって角栓も伸びてきます。もうすぐ取れる・・・と、楽しみに待つことにしましょう。

取らないようにすると、本当に角栓のできない肌になっていきますよ~。取って一喜一憂するよりも、肌がみるみるキレイに近づきます!
ノンノン | 2009年01月31日(土) 21:33 | URL | コメント編集

おはようございます♪

毎日のクリックが日課となっております☆
ノンノンさんのブログは記事は勿論、コメント欄も、共感あり発見あり、もの凄く勉強になります♪他の読者さんもみなさんそう思っていやっしゃる事と思います。

さて私事ですが、とうとう「尊馬油」を購入してみました。その内@にもクチコミするとは思うのですが、こちらを数日使うと、【肌のキメが大きくなった気がした】んです!オーソドックスな無香料のやつです。
私は「ケミ漬け」の頃の最悪なときは、カウンターで『キメ自体が無いですよ;』と言われたので、それに比べたらいいのでしょうけれど(笑)、【肌のキメが大きい】という自分の肌はこれまで見た事が無いし、何だかとても疲れた、というかババ臭い(←ババ様に失礼)肌になった感じで凹みました。

ノンノンさんに是非教えて頂きたいのは、これはやはり「オレイン酸の遊離~の過剰」でしょうか?

尊馬油「NO.7」では【肌キメ巨大化】はありませんでした。でも、朝夜ではなく、夜のみの使用に控えています。

「無香料」今はボディに使っています。

また、使用法は数あるクチコミを参考に洗顔後まずチャッチャと簡単に化粧水をつけ、そのあと「NO.7」、その後また今度はハンドプレスしながら化粧水、これで終わりでもいいのでしょうけれど、私は最後に「フタアミンhi」を薄くつけています。私には「フタアミンhi」が合っているようで、つけると安心っていうのもあります。

↑このような使い方でとりあえず今の所、肌状態は良いのですが、ノンノンさん何かお気付きの点ありましたら是非お知らせ下さい!

P.S今のテンプレートも好きです!!
2332 | 2009年02月01日(日) 06:50 | URL | コメント編集

ノンノンさん初めまして!!

調べものをしていたら偶然こちらにたどり着き、とても学べる事や同感できる事があり、これからのケアを見直さないと!と、思わせてもらいました。
有り難うございます(ノ∀`)

前の記事に書かれていた、ホホバオイルについて、気になる事があったので質問をさせてください!!

私は洗顔後、馬油を塗ってから化粧水をつけています。(某口コミサイトを参考にしたので)
ノンノンさんの記事を読み、そんな良いオイル使わなきゃ損だ!と、ホホバオイルに切り替えてみようと思うのですが、ホホバオイルも馬油と同様に化粧水の前でも問題無いのでしょうか(´・ω・`)?

一番効果のある、オイルのタイミングを教えて頂けたら嬉しいです★
宜しくお願い致します!!

これからも無理しない程度に頑張って下さい↑↑
応援させて頂きます(・∀・)
ゆか | 2009年02月02日(月) 09:11 | URL | コメント編集

ノンノンさん、お返事ありがとうございます。

今回もお返事ありがとうございます。

「酸化と洗顔」を改めて読みました。
酸化しにくいホホバオイルを使っているとはいえ、
自分の皮脂の酸化もあるので、理想は石鹸洗顔ですよね。

冬である今は勇気がなくて石鹸洗顔はしていませんが、
水洗顔で調子はいいみたいです。

でもまだ肌状態はベストではなく、朝にクリームとパウダーを
つけた日の夜に洗顔するとなんとなくダメージを感じる日が
あります。
乾燥もあるのかもしれませんが、パウダーによる皮脂の吸収
もあるのでしょうか・・・。

この調子で行くと春・夏も少し様子を見た方がよさそうですよね。
上で書いたようにダメージを感じた翌朝は水にするとか、
感じなかった日は石鹸洗顔にするとか・・・。

洗うにしても、モコモコの泡でやさしく、洗っているのは20秒くらい
ですよね(^^)。

いつも色々なことを聞いてしまいますが、すべては「洗顔」に
ありますね。前にもノンノンさんがおっしゃってましたが、
「たかが洗顔されど洗顔」です。洗顔は奥が深いですね。

ところでクリーム作りですが、もともとシアバターとホホバオイルを
混ぜて使っていたところに、ミツロウとカカオバターを溶かして
精製水を混ぜたら、出来上がりがシアバターのようになってしまいまいた。
もともとシアバターとホホバオイルの割合が適当なところに、
適当に残りを加えたからなのでしょうか・・・。
ミツロウガ多すぎたかな・・・。
ここにホホバオイルとかを加えて調整してみようかと思います。

今度はノンノンさんのブログの割合も参考に作って見ます(^^;)。

長くなりすみません。
まっちゃらて | 2009年02月02日(月) 10:07 | URL | コメント編集

>2332さん

こんにちは。コメント欄まで見ていただけると、本当に嬉しいです!いつもクリック、ありがとうございます!助かってます(笑)

ソンバーユの「馬油」ですね。
2332さんの今の肌の状態はどうでしょうか?今も、以前メールをくださった時と同じく、洗顔後のつっぱりもなくなって調子がよいままですか? もしそうであれば、馬油は必要ないの“かも”しれません。

【肌のキメが大きくなった】という症状、なんとなくどういう感じか想像できます。肌の表面がパリッとしているような、少しザラッとごわついているような感じで、微妙に赤っぽい感じではないでしょうか?
もしそうなら、おそらく「オレイン酸過剰」の状態ではないかと思います。

馬油は、合う人と合わない人に大きく分かれますが、その分かれ道は「オレイン酸過剰」になるか・ならないかだと思います。

つまり、オレイン酸が少ない人は、馬油で補充されるので過剰にはならず、足りないものが補われて調子が良くなるんですよね。
逆に、オレイン酸の量がすでにちょうど良い状態の人は、「過剰」になって荒れてしまいます。この荒れ方、実は「不全角化」なんだそうですよ・・・!ちょうどこの記事に書いた状態と同じです。合わないのであれば、すぐにやめましょう(^^;)

オレイン酸が少ない人は、乾燥ぎみの場合です。乾燥肌であれば、オレイン酸が少なくなっている傾向にあります。
しかし、普通肌でオレイン酸バランスがすでに整っているのであれば、補充すれば過剰になってしまいます。


IKKOさんをはじめ、馬油は大人気のようですが、そもそもケミカルな化粧品を使う人たちに多く合うのも納得です。ケミカルなケアをしていれば、ほとんどの人が、どちらかと言えば乾燥肌になっていると思うからです。
オイルクレンジングでごっそり角質を取り、洗顔料(石鹸でなく)を使い、美白化粧水や美容液でバリアを壊して浸透させ、合成ポリマーたっぷりのクリーム、落ちないメイク用品・・・これだと、乾燥ぎみになるのも当たり前で、オレイン酸が少なくなるはずです。ここに馬油が救世主のようになるのも、納得ですよね。
ノンノン | 2009年02月02日(月) 10:27 | URL | コメント編集

>2332さん(追記)

すみません。追記です。
「フタアミン」クリームの件ですが・・・これも人気があるようですが、「ホホバオイル」が主体とのことで、それならきっと良い商品なんだろうなと思います。
しかし、ノンケミカル派は「全成分」をチェックするのが当たり前!(笑)
そこで、そのクリームの全成分を見てみようと思ったのですが・・・
「医薬部外品」であったので、全成分を知ることが出来ませんでした・・・。
公表しているのは「指定成分」のみです。
<指定成分> 酢酸トコフェロール、パラベン、ミリスチン酸イソプロピル、トリエタノールアミン


医薬部外品は、聞こえはいいのですが、カラクリがあるので注意が必要です。必ずしも「医薬部外品=よいもの、安全なもの」とは限りません。
医薬部外品に申請してオッケーが出れば、そのように販売することができ、しかも「全成分」を公表しなくても済むのです・・・!これって、ごまかされていると思いませんか?(^^;)

ですので、フタアミンクリームに、もしかしたら合成ポリマーや合成界面活性剤がが入っている“かも”しれませんし、いくら追求しても、公表じたいがされていないので知ることができません。

私の推測としては、それらは入っていると思っています・・・。もし入っていないなら、むしろ、それをアピールして売り出すはずです。入っていないことを隠す必要はありませんから。
同じフタアミンシリーズでも、化粧水は全成分が公表されていますが、クリームは公表していませんね・・・。


フタアミンクリームと同じようなものが欲しければ、やっぱり私は、ホホバオイルをオススメします。


テンプレ、誉めていただいて嬉しいです(^^)
ノンノン | 2009年02月02日(月) 10:39 | URL | コメント編集

>ゆかさん

はじめまして、こんにちは!
共感していただき嬉しいです。

ホホバオイルですが・・・う~ん、ホホバオイルの場合は、「化粧水→ホホバオイル」、のほうがよいと思います。

私の場合は、過去の記事で「化粧水なし、ホホバオイルのみ」というのを書いてありますが(カテゴリの「目次」で見ていただけると探しやすいです)、化粧水じたいに重点を置いていないのです。

馬油は浸透力がものすごく、おそらく、角質層にある脂質「セラミド」の働きをしてくれるんだと思っています。だから、その後に化粧水を付けると、セラミドとなった脂質が水分を抱きかかえる・・・というしくみなんでしょうね!

上のほうで「2332さん」へ馬油についてのレスをしたので、それも参考にしていただけるとよいのですが、馬油は、乾燥ぎみの人が合うと思っています。
肌のオレイン酸が少ないので、馬油が補充の役目を果たしているのが理由です。そしてもう1つ、「セラミド」の点から考えても、乾燥肌ということは角質層が水分を保持できない状態にあることなので、つまりはセラミドの形成じたいもうまくいっていないということです。だから、馬油でセラミドの役割が補充されるんですね。

ホホバオイルは、馬油とは少し役割が違うので、化粧水の前に付けるよりは、後に付けた方がいいかと思います。

ホホバオイルの魅力の第一は「皮脂膜」と同じ性質・成分をもつことです。馬油の場合は「セラミド」で、角質層の内部で役割が発揮されますが、ホホバオイルは表皮の一番外側にある「皮脂膜」の役割を果たしてくれるものです。

ホホバオイルの後に化粧水を付けると、付けすぎによっては「皮脂が流されてしまう 」ので、効果が半減するのでは・・・と思うので、化粧水も使うなら、ホホバオイルはその後のほうがよいかと思います。

どちらにしろ、化粧水は付けすぎには注意してくださいね。この記事内にもありますが、肌バリアをこわし角質を取りすぎる行為の1つが「化粧水の付けすぎ」です。「コットンパック」はその最たるものです。
詳細は、「コットンパックをやめた理由」を参照してください。

今後とも、こちらこそよろしくお願いします!(^^)
ノンノン | 2009年02月02日(月) 11:01 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

こんにちは。

う~ん、何が原因でしょうね?パウダーを付けた日に限って、ということなら、そこに原因がありそうです。

パウダーはどんなものを使っていますか?合成ポリマーが入っていたとしても、パウダーなら刺激は少ないと思いますが・・・ それか、乾燥の原因となる何か・・・たとえば細胞賦活作用のあるものがあるとか?もしそうであれば、それが乾燥の一因となります。

たしかに、パウダーを付けると付けないとでは、付けたほうが皮脂は吸収されます。日中のメイク直しでパウダーを付け直す時は、下地としてクリームを塗ってからにしたほうがよいです。


手作りクリームですが、
シアバターとカカオバターは、感触・見た目・固さなどすべてが同じようなものなので、これらの配合率が多すぎると、まさに“シアバター単品”の時と同じようになると思います。

ミツロウも、配合率が多ければ多いほど、仕上がりは固くなります。

これを柔らかくするのは、「ホホバオイル」しか無いので、ホホバオイルを多めにするとよいと思います。再度湯煎にかけて、ホホバオイルを追加してみてください。
ノンノン | 2009年02月02日(月) 11:15 | URL | コメント編集

再度ですが・・・

パウダーは以前はラヴェーラのパウダーを使っていましたが、
今はロゴナのルースパウダーです。
ラヴェーラにはシルクが入ってますが、シルクには細胞賦活作用があったんですよね?
あ、でもロゴナに入ってるアロエベラも細胞賦活作用があったと
以前に書いてあったような気がしましたが、違っていたら
ごめんなさい。

朝、メイクをする時にアイリスのクリームはつけていますが、
化粧直しをする時はパウダーだけでした!
状態が良くなるまで、あまりパウダーもつけないほうが
いいのでしょうか。
あとはやはり洗顔の仕方ですよね~。

クリーム作り、再度挑戦しました!
湯銭にかけてホホバオイルで調節しました。
そしたらクリームになりましたよ~!!
出てきた水分は捨てていいんですよね?
やわらかいクリームになりこれから使いやすそうです。

いつも何回も長くてすみません。
まっちゃらて | 2009年02月02日(月) 12:37 | URL | コメント編集

ありがたや~

ノンノンさん、こんにちは。
私の疑問について答えて頂きまして有難うございます!しかも「かゆい所に手が届く」ご回答でした☆

「尊馬油」・・・もしかして合わないタイプかな?と思っていたら、ノンノンさんのご指摘に思い当たるフシがかなりあり、納得しました。
私の今の肌状態は顔はおかげ様でバランスのいい状態なのですが、体が乾燥してます。皮膚科に行ったら「皮脂欠乏症の様な症状」と言われました。←手持ちの「家庭の医学」で調べたら、ご老人に多い症状、との事で笑ってしまいました。
それに加え、季節のせいもあってか、家族みんなが体を痒がるので、乾燥対策に、と購入を目論んんだのです。

あれから、「無香料」は体用にしましたが、いまいち肌表面がバリバリ、というかショボショボ(笑)何故かシワっぽくなるんですよね。「老け肌」になるというか。
懲りずに昨日は「お風呂で馬油パック(顔に塗って放置して風呂上がりに流す)」をしてみましたが、肌からポーッ!!と水蒸気が上がってくるような赤ら顔になりました。(※その後少し経つとその赤味は消えましたが。)
やはり私には馬油は強すぎるのかもしれません。

そして、ノンノンさんの早速の馬油の@クチコミ拝見しました。(ストーカーみたいですね^^;←違いますからご安心を)

それから、いよいよ化粧品も手作りにチャレンジしてみようかな?という気持ちがみなぎってきています♪
はじめはリップクリームからかな?と思っています。

所で、ノンノンさん、海外モノの有名ブランドのアイシャドウなんかはやっぱり成分グレー●ですよね?勿論、海外でもオーガニックブランドなんかは優しい成分を使っているでしょうけれども。
最近、色味の好みから、某外資ブランドのものを購入したのです。
アイシャドウについては、(スキンケアやベースメイクをノンケミに近い、軽いものにしておけば、その上に乗せる色モノについてはあんまり気にしなくて良いかな?)と思ったのです。
が、「瞼は皮膚が薄いからこそ成分によるダメージを受けやすい」と聞き、やはりノンケミのものの方が?と。
ですがノンケミのものは、調べるとあまり私が求めているカラー展開が無く、(妥協するしかないのかな?)と思っていたのです。

けれども、いっその事、気に食わないならこの際、手作りしてまえ!
と大胆な考えが。
失敗しても作るのは自分だし、失敗から何かを得るかも♪と思ったのです。
自分の知っているお店は「ぴの○」、「ピーチピッ○」、「薬局グロー○」です。この中で利用した事があるのは3番目だけです。
「ピーチピッ○」は色の見本が見やすく、イメージしやすい。
「薬局グロー○」は↑が無くて不安。
「ぴの○」は商品ページの画像が瓶に入った形なので見ずらいけれど品揃えはある。

だったら今「送料無料」の「ぴ」さんで、と考え中です。

「送料無料」が2月いっぱいなので、足りなかったもの、あとから気付いたもの、も買い足せばいっかぁ~なんて楽観的(脳天気)に考えておりますが。

私は以前も申しましたように唇がノンノンさんのようにセクシーな形と厚みが無いので、グロスだけではボヤけるんですよね。なので、「口紅」か「リップライナーとグロス」みたいな感じにしたいんです。

@のメンバメでご相談する事もあるかもしれません。そのときはアドバイスを入れて頂けると「ありがたや~」です!

そうそう、「フタアミン」です。私はとにかくこれのお陰で健やかな肌状態を実感しているので、信者みたいなもんで、常備しています。でも、ノンノンさんが書いて下さったように、私もどなたかお若い方が『全成分を公表してない』という事をクチコミされていて、ハッとしました。

でも(合ってるんだし手放せないよなぁ)と思って常備しています。

気付かぬ内に肌を傷めていたとしたらがっかりなので、またまたノンノンさんの記事を参考に、クリームも手作りしようかしら?♪
 
長くなりました。ではまた(^v^)/^
2332 | 2009年02月02日(月) 13:27 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

ロゴナのパウダーでしたかー。確かに、アロエは少し細胞賦活作用があるものだと思っています。

シルクはその作用が大きいですが、シルクはシルクでも「フィブロイン100%」なら問題ありません。「セリシン」が入っていると、細胞賦活作用があり、ニオイもあります。(動物園のようなにおい・・・。(^^;;))

ロゴナの場合は、アロエが入っていますが、アロエ自体、その作用があるとは言え弱い気がしますし、ロゴナのパウダーの「全成分」表示でも後ろのほうに書かれていて、配合量は少ない気がします。

でも、少なくてもそれがどの程度作用するかは、人それぞれかもしれませんが・・・。

まっちゃらてさんは、ロゴナのそのパウダーは、別の白いお粉で薄めて使っていますか?色が濃い目なので、私は薄めて使っていました。薄めれば、アロエの作用があるとしても、薄まって弱まるとは思います。

状態が良くなるまでパウダーはつけない・・・かどうか。うーん、難しい判断ですが、たしかに、皮脂を吸うものは付けないに越したことはないかもしれませんが・・・。ファンデーションと違って、パウダーをほんのりのせる程度なら、成分にさえ気をつければ大丈夫だと思っています。


クリーム作り、うまくいったようで良かったです。乳化しきれずに出てきた水分は、捨ててオッケーですよ!

長くても全然かまいません。また何かあったらご気軽にコメントしてください(^^)
ノンノン | 2009年02月02日(月) 13:50 | URL | コメント編集

>2332さん

顔の肌はバランスのいい状態のようですね、良かったです!

身体の乾燥は、冬によくあるようですね。やはり、空気の乾燥なんでしょうね(外気&エアコン等)。あと、以前もブログ記事で書きましたが、寒いと皮脂分泌の量も減ってしまいます。おそらくそれも原因でしょうね。
軽く運動して体を動かすと、皮脂分泌のためにも良いですよ。

身体に塗るものは、ホホバオイルやシアバター、それか、それらで作ったクリームを塗ってみてはどうでしょうか?
シアバターは、痒みを一時的に抑える効果もありますよ。もちろん、乾燥対策にも良いです。
馬油も、顔には使わないにしろ、ボディ用になら良いと思います。乾燥しているのであれば、馬油の役割も果たしそうですからね。

そう、馬油での肌表面がパリパリ、しょぼしょぼの老け肌・・・分かります!やっぱりそれは「オレイン酸過剰」っぽいですね。
@コスメの馬油のクチコミ、早速読んでくださったんですね(爆)。ありがとうございます。思い立ったので書き直しをしました。
こうやって、日々コメントをくださるみなさんのおかげで、それがヒントになって、クチコミやブログ記事が完成しているんで・・・これからもよろしくお願いします(笑)。


アイシャドウは・・・私はロゴナの「ブラウン&シルバー」を使っていますが、3223さんのはどんな色ですか?

カラフルな色味だと、「サンコート」という海外のノンケミカルなブランドのものがあります。安いです。成分も実にシンプル。逆に、シンプルすぎて自分でもこれを参考にすれば作れそう・・・と思っています。
なので、それを気に入っているものの、自分で作ろうかと思って、リピは考えていない状態だったりします(笑)。

問題は、材料集めですよねー。カラフルなカラーマイカですが・・・
ぴのあ、PEACH~はイメージしやすいですね。薬局グローバは人気があるのですが、写真がないなんて・・・カラー基材なのに(^^;;)クチコミに頼るしかないんでしょうかね(汗)。

セクシーな厚み・・・(^^;)もうここ10年ぐらい、唇の厚いほうがブームになってますよね。私は小さい時は、たらこっぽくて嫌でしたが。

口紅は、「手作りのリップグロス」のところで書きました(追記しました)が、色の基材の量を多めに入れれば、口紅のように濃く付くようになります。薄ければグロスです。

それと、先日、手作りのグロスの新色を4つ、追記してあるので、参考にしてみてください。
ノンノン | 2009年02月02日(月) 14:09 | URL | コメント編集

有り難うございます♪

ノンノンさん、詳しい説明有り難うございます!!
とても分かりやすく解説して頂いて、助かりました★

なるほどー!ホホバオイルと馬油は同じオイルなのに、役割が違ってくるのですね(・∀・)

確かに、馬油を使っても(本当に少量ですが)肌表面には、そんなに油膜感が残る感じがしませんでした。

ホホバオイルは、ノンノンさんのご意見を参考にして、化粧水の後に使ってみます♪

洗顔後はオイルのみでも大丈夫になるように、毎日しっかりとケアを行いたいと思います(`・ω・´)
もちろん、化粧水もつけすぎに注意します↑↑

他の方へのお返事と過去の記事も、読ませて頂きました!!
思いあたる事もあったし、また新たに学べる事が出来たので、感謝です★

本当に、有り難うございました(ノ∀`)
こういったコメントというのは、ほとんどと言うかたぶん初めてなので勇気がいりましたが(笑)思い切って聞いてみて良かったです↑↑嬉

これからも宜しくお願い致します!!
ゆか | 2009年02月02日(月) 15:34 | URL | コメント編集

>ゆかさん

いえいえ、こちらこそコメントしていただきありがとうございました!

ホホバオイル、皮脂膜の役割を果たしますが、正確に言えば、角質層への浸透もあり、角質層内で水分を保持する役割もやってくれます(^^) 角質層内のほうは、馬油ほどの浸透力は無いのかもしれませんが。
優秀なホホバオイル、ぜひケアに取り入れてみてください。

全然ベタベタせず、サラッとなじみますよ。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。いつでも何かありましたらコメントしてくださいね。分かる範囲でお答えします。
ノンノン | 2009年02月03日(火) 12:02 | URL | コメント編集

3週間経ちました^^

こんばんは。なんとか21日目になりました。
長~いニョキニョキたち(鼻の横の頬?目の下辺りの目立つ毛穴)は、寝た状態を数日経て
気が付けば(寝ていたので分かりにくかったのですが、)
旅立っていました!!ほんとに!(^^)
主人にも「なんかキレイになってるよ!マジで!」と^^
が!!!旅立ちの後にはちいちゃ~な毛穴たちが残ってました!!
でも以前よりかなりキュッとなってます。
またこの毛穴からニョキニョキ~と角栓が日に日に出てくるんですよね??
で、伸びて旅立てばもっと締まるんでしょうか?
また同じくらい長い角栓が出ますか?
今度はもうちょっと小さめな角栓ならいいなぁ~なんて(^^;図々しいですね;

この3週間、見る見るうちに見た目悪化ばかりで凹み気味でしたが、
旅立ち始めると嬉しいですね^^
でもまだ毛穴があるので、まだかかりそうです。
あと、鼻の頭なんですが、全然角栓が出てきません?
他はガンガン伸びて行ったのに、頭だけ、出てきてるような気がしないのは、角質が取られちゃってるのでしょうか?鼻かんでるし。。。?
どちらにしろ、今のケアを続けていれば、解決しますよね?^^
頑張ります!
いつもありがとうございます^^
ひろ | 2009年03月03日(火) 22:23 | URL | コメント編集

>ひろさん

旦那さんに誉められたのが嬉しいですね!!他人からそういわれたってことは、確実に成果が出ているんだと思います♪
ほんと、角質培養して、角栓をいじらずに取れるのを待つ、これを乗り切ると、まず肌に透明感が出てきたように、きれいになってきたのが分かります!
あと2週間ぐらいすれば、もっとキレイになるのを実感すると思います。

毛穴は、今までのつけもあればいっきには解消しません。コツコツやることでどんどん良くなっていきますよ!

これから角栓ができるか?ですが、乾燥さえしていなければ出来にくくなるはずです。

鼻の頭は・・・うーん、どうなんでしょう。一番触りやすい部分なので、取れているのかな。あと、洗顔でも鼻の頭は、こすりはしなくとも、泡が乗っかりやすい部分なので、「自然にするっと」取れやすいのでは? 角栓は、圧力をかけてゴシゴシするほどしぶとくくっついていますが、力をいれず泡をのせて小鳥をなでるように滑らすほうが、するっと取れるべき時に取れます。

鼻の頭の毛穴はどうですか?もし黒ずんでいるようであれば、うすーくシアバターを、ホホバオイルの後に付けるといいかもしれません。今のケアを続けていれば、解消すると思います!
ノンノン | 2009年03月04日(水) 17:19 | URL | コメント編集

とっても勉強になりました!

毛穴で悩んでいる30代OLです。
初めてコメントさせていただきます!

鼻の毛穴の角栓に悩み続けていましたが、
今までパックやらエステやらのやりすぎで、
赤く炎症を起こしてしまい、
どうしてよいのかわからなくなっていたところ、
このページに辿りつきました。

うぅ、、反省です。。。(涙)
お肌にごめんなさいをしたくなりました(笑)

角質培養にも興味があっていろいろ調べていますが、
まずは刺激の強いお手入れはお休みしようと思います。
ありがとうございます!

Rankingぽちっとしておきました!
これからもちょこちょこ勉強しに来ますので、
更新よろしくお願いします♪
こずえ | 2009年03月17日(火) 08:19 | URL | コメント編集

>こずえさん

こんにちは、はじめまして!
コメントありがとうございます♪
こずえさんのブログも拝見させていただきました。なるほどなるほど。

ぜひぜひ、このブログを参考にしてみてください。毛穴・角栓に悩む方はたくさんいますが、実践してみると、角栓が完全にはまだ解消していなくても1ヶ月、角質培養を続けると、透明感が出てきて肌がなんだかキレイになってきた・・・と実感する人が多いです。

2chでも角質培養のことは書かれていますが、じゃっかん「とらえ方・解釈」が私とは違う部分もあったりします。

このブログでは、「よくある質問 スキンケア編」は、角質培養に関する疑問・質問の答えを載せているので、ぜひ参考にしてみてください。
また、記事の「乾燥さえしなければ、肌はきれいになる」は、角質培養するにあたってどんなことが肌に良くないのか、を分かりやすくまとめてあるので、こちらもどうぞ。

ランキングのクリックもありがとうございます(^▽^)ノ
これからもこちらこそ、よろしくお願い致します。



> 毛穴で悩んでいる30代OLです。
> 初めてコメントさせていただきます!
>
> 鼻の毛穴の角栓に悩み続けていましたが、
> 今までパックやらエステやらのやりすぎで、
> 赤く炎症を起こしてしまい、
> どうしてよいのかわからなくなっていたところ、
> このページに辿りつきました。
>
> うぅ、、反省です。。。(涙)
> お肌にごめんなさいをしたくなりました(笑)
>
> 角質培養にも興味があっていろいろ調べていますが、
> まずは刺激の強いお手入れはお休みしようと思います。
> ありがとうございます!
>
> Rankingぽちっとしておきました!
> これからもちょこちょこ勉強しに来ますので、
> 更新よろしくお願いします♪
ノンノン | 2009年03月17日(火) 10:52 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます!

お返事ありがとうございます!

たくさん「目からウロコ」な記事があって、
今まで私が信じてきたことや、お金をかけてきたことって、
何だったんだろうと思ってしまいました。。

これからスキンケアを見直していくプロセスを、ブログに書いていけたらなと思っています。

また、勝手ながら私のサイトの「日々毛穴の勉強でお世話になっているサイト」で紹介させていただいております。。

http://keananobaka.blog123.fc2.com/blog-entry-24.html

事後報告で恐縮ですが、もしNGでしたらすぐに削除しますので、ご連絡くださいませ。

これからも素敵な記事を期待しています!
こずえ | 2009年03月18日(水) 00:00 | URL | コメント編集

>こずえさん

紹介してくださったんですね、もちろんオッケーですよ!!すごく嬉しいです♪ありがとうございます!!!(^^)ノ
これから、日々の積み重ね・ターンオーバーとともに、どんどん肌が改善していくよう、応援しています。何か分からないことがあったら、分かる範囲でお答えしますので何でも書き込みしてくださいね。
ノンノン | 2009年03月18日(水) 10:42 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009年07月29日(水) 20:44 |  | コメント編集

初めまして!

私はもうすぐ15歳なんですが、
頬の毛穴も開いて目立っいて、
小鼻の黒ずみもひどいです(><)
人目が気になって、
今日も毛穴パックをしようとしていたんですが、
やっぱり我慢したほうが良いのでしょうか?
我慢した場合では何日くらいで効果が見られるか
良ければ教えて下さい!
ぽぽちゃん | 2010年02月07日(日) 10:56 | URL | コメント編集

>ぽぽちゃんさん

はじめまして、こんにちは。

毛穴の黒ずみは、この記事に書いてあるとおり、「角栓」というものです。角栓のできるしくみは、記事の内容で理解していただけましたか?

効果は、その肌の状態によるので人それぞれです。今までのつけがあれば、そのぶん、回復まで時間がかかります。
毛穴パックはやればやるほど、毛穴の黒ずみができやすい肌質になり、やっている限りなおることはありません。やればやるほど、後で「毛穴パックはやめて、キレイな肌をめざそう」と思った時に、キレイな肌になるまで時間がかかります。

カテゴリーにある「よくある質問Q&A」の「スキンケア編」の、Q31もご参照ください。
ノンノン  | 2010年02月07日(日) 16:34 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年05月08日(土) 10:21 |  | コメント編集

>リンさん

はじめまして、こんにちは。

鼻の毛穴は、今までのケア方法のつけがあるのかもしれません。心あたりはあるでしょうか?絞ったり、べりっと角栓をひっこぬくシートなど、今まで繰り返し使ってきましたか?

>今使っている商品やケア方法についてのアドバイス

そのBBクリームと、ハーバーのクレンジングの成分が分からないので(←成分を載せていただけると、成分上のアドバイスがしやすいです)なんとも言えませんが、その2点がひっかかります。ケミカルなモノであろうと思いますが・・・やはり、ケミカルなものをケミカルなクレンジングで落とす、この行為は肌にダイレクトなダメージになります。

鼻の頭は皮脂分泌が多い部位なので(さらに、暑くなってきたので皮脂分泌も多めになってくる時期)、クリーム類は必要ないように思うかもしれませんが、黒ずみや毛穴がなかなか解消しないのは、おおもとは乾燥が原因であり、それを補うために皮脂分泌も過剰になったりします。
肌の表皮(表面)が乾燥していると、なかなかターンオーバーの好循環の波に乗れません。肌の真皮(奥)があわてて新しい肌細胞を作ろうとあせるので、良質な肌細胞を作れず、未熟な肌細胞ができ、それは乾燥ぎみのすかすかの状態・・・その繰り返しで、いくらターンオーバーを繰り返しても、良質な肌細胞が表面に出てこないのです。
夜のケアで、鼻の頭だけでも、ホホバオイルにプラスして、シアバターを薄く塗ってみてください。それでも足りない場合はクリームで保護が必要です。
カテゴリーの「よくある質問」のQ28もご参照ください。

それ以外では、ブログ内容のとおりですが、

・化粧水をつけるとしてもつけすぎない。肌がぬれたと思う程度でよい。
・化粧水の成分は、「弱酸性」でさえあればよい(極端にいえば水+クエン酸で成り立つ)。

・室内でほぼ一日過ごすなら、日焼け止めは毎日は必要なく、しいて室内でも紫外線が気になるとしたら、窓ガラスを通して入ってくるUVA。この場合、パックスの日焼け止めではUVAをあまり防げないので意味が半減してしまう。(よくある質問のスキンケア編のQ30参照)

・朝の石鹸洗顔をおそれなくてもよい。
(よくある質問のスキンケア編のQ12参照)
ノンノン  | 2010年05月08日(土) 15:24 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます

早速のお返事ありがとうございます!

鼻のパックシート、ピーリングは何度かやったことがあり、つけが大分たまっているのは自覚しています(>_<)


現在使っているBBクリームとクレンジングの成分です↓
BBクリーム(avid)
水、ジメチコン、酸化チタン、ジメチコンコポリオール、タルク、DPG、シリカ、シクロヘキサシロキサン、グリセリン、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ケイ酸(Al/Mg)、ヒアルロン酸Na、ビオサッカリドガム-1、サラミド3、バラエキス、アロエベラエキス-2、レシチン、マカデミアナッツ油、ジステリアルジモニウムクロリド、セスキオレイン酸ソルビタン、酸化鉄、クロルフェネシン、パンテノール、アラントイン、酢酸トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

クレンジング(HABA)
エチルヘキサン酸セチル/スクワラン/パルミチン酸エチルヘキシル/トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル/ペンタイソステアリン酸ポリグリセリル-10/イソステアリン酸ポリグリセリル-6/(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン/トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル/ムラサキ根エキス/ハイビスカス花エキス/BG/水


乾燥には要注意ですね!夜のケアにシアバターも早速取り入れたいと思います!薄く塗る程度で大丈夫ですか?

「よくある質問」Q28にあったようにクリームを塗るのも効果的ということですが、夜のケアで「アイリスデイクリーム」を塗っても問題はないでしょうか?
アイリスのクリームに夜用の「ナイトクリーム」もありますが、夜に使用するならやはり「ナイトクリーム」のほうがよいのでしょうか。

質問ばかりですみません。よろしくお願い致します!!
リン | 2010年05月16日(日) 08:31 | URL | コメント編集

>リンさん

こんんちは。

化粧品の全成分表示は、配合量の多い順番に記載されるのが通常で、BBクリームはまず、「ジメチコン」が2番目に来ているのでも分かるように、合成ポリマーたっぷりだということがわかります。ただ、以外にもこれは合成界面活性剤が思いっきりつかわれていなく、レシチンで乳化している?ようです。
ハーバーのクレンジングは、やはり合成界面活性剤が使われていますね。

シアバターの塗り方は、「ハンドプレス式」でじゅうぶんです。目元やその他の乾燥が気になる部位には心持ち、多めにつけてもいいと思います。
Q28にある、クリームにする場合は、クリームの「理想」は、ヴェレダのアイリスデイクリームです。理由は、ブログ左側にある紹介文をご参照ください。
ヴェレダには他にもいろいろなクリームがあり、同じアイリスシリーズもあるのですが、合成界面活性剤を使わないのは、このアイリスデイクリームだけなので「理想的」なのです。
ですが、ヴェレダを含め、他のノンケミカルを重視したメーカーの場合、クリームを作るために乳化剤(合成界面活性剤)がどうしても必要な時、アイリスデイクリームのようにレシチンだけで済めば一番いいのですが、材料によってはレシチンだけではどうしても乳化しきれず(乳化力が弱いため)、1つぐらいは合成界面活性剤が必要になってしまうこともあります。
それでも、肌に極力やさしい妥協できる合成界面活性剤(さらに植物由来)を使用していて、ケミカルな商品のそれとは、種類も量もまったく異なります。
たいてい、「ステアリン酸グリセル(SE)」がよく使われます。

ヴェレダのアイリスのナイトクリームも、レシチンだけでは乳化しきれないためか、そのような合成界面活性剤は入っています。その分、ナイト用というだけあって、デイクリームよりもたっぷり「乳化」され、こってり感があり、肌をコーティングする「クリーム」としての役割は強いです。
アイリスデイクリームでも、物足りない、と思う場合に使えばよいと思います。
もちろん、アイリスデイクリームを夜に使ってもまったく問題はありません。
ノンノン  | 2010年05月17日(月) 06:00 | URL | コメント編集

ノンノンさん、早速のお返事ありがとうございます。それにしてもこんなに朝早くくださるとは驚きです。ちなみにこちらは今夜中なんですが(笑)

もうひとつ聞きたいことがありました。
ベレダの商品で面白いものを見つけたんですよ。カレンドラベビーバーム、そう赤ちゃんのおむつかぶれ用クリームです。
ご存知かもしれませんが、これ主成分の中に酸化亜鉛が入ってるんですよね。。家の中の日焼け止め代わりに使えないかと目をつけたのですが(お尻用ですけど…笑)いまいち成分の中でよくわからないものがあるので見ていただけますか?

  水、アーモンド油、ごま油、酸化亜鉛、ミツロウ、ラノリン、リノール酸グリセリル、ヘクトライト、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、香料

  です。ラノリン以降なんだか怪しいですよね。。
  セリサイトが手に入るまでは、何か他のもので代用しないといけないので・・
  今はアイリスデイクリームに酸化チタン、亜鉛、ステアリン酸マグネシウムを混ぜたものを使っているのですが、これは少々コストがよろしくないんです。日焼け止めは結構消費するので、アイリスデイクリームがじゃんじゃん減っていく。
  ほんと日焼け止めは悩みの種です。
  ベレダに頑張ってほしいですね。
ベベ | 2010年05月17日(月) 06:58 | URL | コメント編集

>べべさん

こんにちは。いや、こんばんは(笑)。
私は、5時におきて(習慣になっているので)朝ご飯も食べましたが、またこれから一眠りするかもしれません(^^;)

そういえば、酸化亜鉛はおむつかぶれに使われているんでしたね~。
おむつかぶれ用クリームか・・・
でもさすがノンケミカルな商品なだけあって、成分に問題はないと思いますよ。
リノール酸グリセリルは合成界面活性剤ではありますが、ノンケミカル商品でもやむをえず使う(レシチンの弱い乳化力だけでは間に合わない場合)、比較的安全で妥協できる範囲の合成界面活性剤です。
ヴェレダでは、「ステアリン酸グリセル(SE)」がつかわれることが多いですが。(SEとは、植物由来のことだそうです)

あとはヘクトライトは粘土類ですし、それ以降はエキス類なので、問題ないと思います。
ノンノン  | 2010年05月17日(月) 07:17 | URL | コメント編集

ありがとうございます

またまた迅速なお返事ありがとうございます。
問題ないということで安心しました。実はもう買ってしまっているのですが(気が早いので)、塗り心地は悪くありません。が、やはり酸化亜鉛が多いのか、乾燥を感じるような気がします。アイリスデイクリームと混ぜて使ってみることにします。

すみません、寝ぼけて、全然違うタイトルのコーナーに投稿してしまいました。
これからはよく見るようにします。

まだまだ伺いたいことがたくさんありますのでこれからも宜しくお願いいたします。
ベベ | 2010年05月17日(月) 07:30 | URL | コメント編集

ありがとうございます

お返事ありがとうございます!

BBクリームもクレンジングも相当肌に負担がかかっているということですね。早速見直します。

ヴェレダのクリームの件に関しても詳しいご説明ありがとうございます!

ついでにもう一つ質問なのですが、セリサイトを使用する場合、単品で使っても問題ないですか?今は化粧した後にセリサイトをおしろい替わりにつけているのですが。
リン | 2010年05月21日(金) 11:17 | URL | コメント編集

>リンさん

こんにちは。

フェイスパウダーにはセリサイトのみでもかまいませんが、できればコーンスターチもブレンドしたほうが、コーンスターチの良い面を取り入れられるのでいいと思います。
ノンノン  | 2010年05月22日(土) 09:00 | URL | コメント編集

パウダーについて

こんばんわ!

セリサイト単品よりコーンスターチを混ぜるとよいとのことで、早速「手作りのフェイスパウダー」の記事を拝見しました。
セリサイトとコーンスターチでパウダー作りに挑戦しようと思うのですが、配合は1:1の割合で、シェーカー(例えばぴのあの商品)で混ぜ合わせればオッケーでしょうか。
酸化鉄など混ぜない場合は乳鉢を使う必要はないですよね?

違う記事の質問になってしまってすみません。
よろしくお願いします!!

あ、ちなみに今、鼻の角栓がニョキニョキと育ってきました。
リン | 2010年05月24日(月) 18:48 | URL | コメント編集

ノンノンさん、こんにちは!

以前にもコメントさせてもらったのですが、気になることがあってまたまた質問です。
気になるものとは、セラミドです。
肌の細胞と細胞の間隙をうめる役割をし、外敵から肌を守るといわれるセラミドですが、お使いになったことはありますか?
サプリメントを飲んでみようかなと考え中です。

角質培養始めて10ヶ月程たちますが、鼻の皮膚がなかなか再生しません↓↓
ウロコのようになってしまって、少しでも触るとはがれそうな状態がずっと続いています。
ほんと今までのツケ分、時間がかかりますね・・・

お暇な時にでもお返事いただけると嬉しいです^^
いぬ | 2010年05月25日(火) 10:24 | URL | コメント編集

これも取り過ぎ?

ノンノンさん、はじめまして!

私もお肌のことで悩んでいて色々調べていたらこのページに出会えました。どれだけ自分が間違ったケアをしていたか思い知らされ、反省でいっぱいですT。T

洗顔は純石鹸に変え、ホホバオイルだけでもそんなに気にならないのでこのまま続けようと思っているのですが、1つノンノンさんに教えていただきたいことがあるんです。

夜の洗顔前にホホバオイルでクレンジングするのですが、頬などは指当たりも柔らかなんですが、鼻とその周辺そしてあご周りはザラツキを感じるんです。

この時このごわつきを決して力を入れてこするわけではないんですが、多少時間をかけてゆ~っくりホホバオイルとなじませるようにクルクルしてやるとポロポロと角栓が取れるんですが、これもやっぱり角質の取り過ぎになるのでしょうか。

それともあくまでも表面のメイクをサラッと取るだけの感じで手早く済ませる方がいいのでしょうか。

実際、ゆっくりなじませてやる方がその後の肌も柔らかくなり手触り的にはずいぶんいいんですが、ただ鼻の角栓がなかなかきれいにならないので(無くなったと思ってもまたすぐできるの繰り返しT。T)

これも角質を取り過ぎて肌を痛めているからなのでしょうか。

メイクも一応せっけんで落ちる合ポリ成分を含まないファンデーションを使ってるんですが、どうも二度洗いしても鼻周りとかこびりついてファンデが取れないんです。それでホホバでクレンジングしているんですが…。

長ったらしくなってすみません。
ノンノンさんぜひ教えてください。
さりぃ | 2010年06月20日(日) 01:32 | URL | コメント編集

こんにちは。 いかがお過ごしでしょうか?

このブログに出会って、角質培養はじめて約4ケ月です♪
(サッポーのサイトはなんか雰囲気が嫌いで見てませんv-356

始める前はとにかくオイリーで冬間でもテッカテカに悩んでましたが、2ケ月過ぎたころからそれはなくなりました♪ むしろ乾燥に悩まされるように。。 まあそれまでも乾燥してたんでしょうが、ポリマーの力でごまかされてたんでしょうね。

今は、おそらくデイクリームじゃ事足りないんで、ナイトクリームを朝晩つかってます。 いい感じですが、どうも部分によったら植物アレルギーがあるみたいで痒みの出る部分と出ない部分があります。

ところで一番の悩みだった角栓ですが、鼻の小脇の角栓は一番ひどかったじきを過ぎ、いまは少々ましになってるものの、ぼちぼち伸びていってます。 まだここは、ターンオーバーしってってるんだなあという感じなんですが、問題は鼻筋の角栓たちなんです。 全然埋まったまま出てきてくれないんです。 本当にターンオーバーしてるのかな?という感じなんです。 イメージとしては、出てきては、また少しずつ出てきてちょっとずつ小さくなっていくはずなんだけどなぁ、と思うんですが、ちっとも出てきてくれないんです。 毛穴に埋まったまんまなんです。 こういう角栓たちは一体何なんだろう・・ そのうち出てきてくれるのかな・・ と心配なんですが、 どう思われますでしょうか?? 

忙しいでしょうから、全然後でいいんですが、返信もらえれば幸いです♪
chii | 2010年10月23日(土) 12:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。