All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'09.01 (Mon)

その7.(3)【レポ】 実験! 石鹸と軟水

こんにちは。

ここ2回続いて、「水」について書いてきました。アルカリ性と酸性、さらに、軟水と硬水。
そして、「石鹸と軟水」の相性の良さのこと。→ アルカリ性と酸性、そして洗顔の水

日本の軟水ぐあいと、意外と硬水の地区もあるということ。→日本全国 水の硬度ランキング




今日は、またまた追記的な記事になりますが、“実験”をしてみました!!

 


まずは、おさらい。

●なぜ、軟水が石鹸と相性がいいか?軟水で石鹸洗顔するとどうなるか?
軟水であればあるほど、石鹸の泡がモコモコに泡立ちやすく、
「石鹸カス」が出来にくく、洗顔直後の肌につく膜「石鹸カルシウム」が出来にくい。


●理由:
軟水は、カルシウムやマグネシウムなどミネラル成分(硬度成分)が少ない水だから。


●メリット①:
石鹸の洗浄で奪われた皮脂が、新たに分泌されるまでもなく、即座に「脂肪酸」という、天然の皮脂膜と同じものが生成されるので、
とくに肌の建て直し中の人、肌バリアが弱っている人には、肌回復の近道となる。


★「脂肪酸」とは:

皮脂成分のひとつであり、さまざまな働きをしてくれる。それは・・・
 ・天然の皮脂クリームを作って肌バリアを作る。
 ・肌を弱酸性に保ってくれる。
 ・肌になくてはならない常在菌(善玉菌)のエサかつ分泌物
   (つまり、常在菌の輪廻転生!)
 ・常在菌が住みやすい肌は、肌に害をおよぼす菌(悪玉菌)がよりつかないように、やっつけてもくれる。(ニキビや出物を防ぐ)
 ・なんと、日焼け止めクリームを塗らなくとも、ある程度は、紫外線をカットもしてくれる!

そのうち、この「常在菌」についても書こうと思ってるので、お楽しみに♪



●メリット②:
軟水で泡立てた石鹸の泡で髪を洗うと、髪の仕上がりが良くなる。石鹸シャンプーの仕上がりがうまくいかないという人は、「石鹸カス」が髪に残っていて流しきれていないのが原因でもある。軟水であればあるほど、石鹸カスが出来ない。




これらは、実際に私がやってみて本当~~に実感しています!!いやー、これ、本当にすごいです・・・大げさじゃなく!!特に、「軟水での石鹸洗顔」はかなり嬉しい成果が出ています。肌が、正常な状態に保たれている、守られているというのを実感 (o^-^o) しっとりツルツル・ウルウルになるんですよ、これが!!私は、夏の大量の汗、そしてその後のケアのミスで鼻まわりの肌が乾燥ぎみ、角質がはがれ気味でしたが、今、まさに肌回復の近道となってくれています。肌バリアが整い、角質層が整えば、化粧崩れもなくなりますよ!(化粧崩れやノリの悪さは、肌バリアの弱さ・角質層の乱れが原因です。)





さてさて、さきほどいった「実験」ですが、水の硬度によって石鹸カスの出来ぐあい・泡立ちがどれだけ違うのか、の比較の実験です。ペットボトルに、軟水度の違う水をいれて、石鹸を投入。思いっきり振り、水の透明度(石鹸カスの出来ぐあい)と、泡立ちはどうか。石鹸は、固形のものだと完全に溶けるまで時間がかかるので、液体の石鹸を使用。もちろん液体石鹸はどれも同じ量(ペットボトルの底から8ミリまで)を入れ、水も同じ量(ペットボトルの真ん中の切り替え部分まで)を入れました。


1.jpg

左: 水道水。(私の住む地区は、およそ硬度75.0、弱アルカリ性。)
右: ミネラルウォーター「樵の分け前」。 (硬度4.0の超軟水。pH8.8の弱アルカリ性。)

泡立ちは、ちょっと分かりにくい画像になってしまいましたが、超軟水の左のほうが上の方まであわ立ちました。なにより顕著だったのは、泡の下にある水の色!!左のほうの、この濁りぐあいが、「石鹸カス」です。右のように、軟水であればあるほど、硬度成分が少ないので石鹸カスができなく、水の透明度があるのです。

今度、水道水よりももっと硬水・・・たとえば、コントレックスなんかのミネラルウォーターとも比較してみたいです。もっと硬水だと、どれだけ泡がたちにくくて、どれだけ水が濁るんだろう。




さらに、「樵のわけ前」よりももっともっと“超軟水”のミネラルウォーター「白神山地の水」とも比較。(画像右)これは、なんと硬度0.2しかない、超~軟水!!弱酸性。

2.jpg


水の濁り具合いは、写真では分かりにくく・・・でも実際、肉眼ではほとんど「樵のわけ前」と変わりない透明度ですが(じゃっかん、こちらのほうが透明度はありましたが)、なにより、泡がすごかった。ペットボトルの上の方まで、ちょっと振っただけで一気にもっこもこの泡が立ちました。さすが、硬度0.2の超~軟水です!!


 世界遺産「白神山地の水」 2リットル×6本

硬度0.2(超軟水) pH6.6(弱酸性)


この、超~軟水、石鹸を使わない朝の水洗顔(スプレーボトルでシュッシュッ)でも使用しましたが、
これは弱酸性のためなのか、物足りなさと、汚れが落ちていない感じがあったので、石鹸ある・なし関係なく「洗顔」に関しては、弱アルカリ性の軟水をオススメします。「洗う」ということに関しては、やっぱり弱アルカリ性!


こちらの弱酸性は、化粧水づくりの材料や、プレ化粧水、洗顔後のしあげ・・・など、弱酸性の肌のために「肌を整える目的」として向いていると思います。また、髪の毛も弱酸性なので、スプレーボトルに入れて、朝の寝癖直しにシュッシュしてもオッケー。手作りのヘアケア剤にもよし。


まとめ。
洗う目的には、弱アルカリ性の軟水。
肌・髪を整える目的には、弱酸性の軟水。





弱アルカリ性の軟水は、さきほどの「樵の分け前」を使っているのですが、私は、20リットルボックスを買いました。これだと、個別の2リットルのペットボトルをたくさん買うよりも、割安です。


(きこり)樵のわけ前 20リットルボックス

硬度4.0(超軟水)  pH8.8(弱アルカリ性)



家には、こんな風に設置しています。
3.jpg

蛇口のように、口の部分にあるのを引っ張ると水が出るしくみで、かなり便利!これを、スプレーボトルにつめて、洗面所や浴室に常備しています。となりにおいてあるのは、「白神山地の水」の2リットルペットボトルが入っている箱。ここのエリアを眺めているとうっとりです(*´▽`*) (笑)。


ランキングに参加しています。
よかったら、下の2つのアイコン「美容ブログ」「スキンケア」にポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位を見たい方も、クリックどうぞ^^
にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

11:41  |  7.軟水  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すげえよ!!夏の自由研究みたい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+ ←毎年これで疲れる私ww

もう、ノンタン、この道でまい進して、スペシャリストになって欲しいと思う。

ところで軟水の、弱酸性、弱アルカリ性の使い分けがもう一息理解出来てない私。

髪の寝癖なおしなんかには、「弱酸性」がいいってことなのかな?
あまり癖がある時は、朝水道水で、髪も濡らしちゃうけど、これだとそのまま乾かすと「弱アルカリ」のまま??
カフェ | 2008年09月05日(金) 09:39 | URL | コメント編集

>カフェさん
じゃあ、来年の自由研究は、このテーマ使う?(爆)

今、自分で軟水が作れるかどうか研究中(笑)。いろいろ調査がまとまったら書くね。
軟水づくりはちょっと難しいんだけど、水道水の塩素を取り除くのは簡単にできそうよ~。

まぁ「軟水器」買えばいいんだろうけど、なんでもかんでも金出して買えばいいってもんじゃないものね・・・。
「財布にも優しい」のもテーマだし!


寝癖直しには、弱酸性のほうがいいよ。
「洗う」以外の目的では弱酸性がなじみます。
髪の毛も肌と同じく弱酸性だから。
石鹸シャンプーのあと、クエン酸リンスで中和するのはそれが理由。
水道水は、だいたいが弱アルカリになってるはず。

でも、少しぬらすぐらいなら、弱アルカリと弱酸性、そこまで気にしなくてもいいのかな、とも思います。自然に弱酸性に戻るから・・・。
肌も、地肌・髪も、自分の力で、弱酸性に戻ろうとする力があるからね。


ただし、硬度によっては、髪の仕上がり(きしみとか、しなやかさとか?)に差は出そうな気もするなぁ。
軟水を髪につけるとしっとりまとまる、とかって話もあるからねぇ。



ところで、私もクセ毛で、朝起きたら空気を含んで膨らむタイプなんだけど、以前は、朝起きたら、髪をたくさんぬらさないとダメだったのね。

でも今は、「たんぱく質」を髪に与えることを重点的に考えるケアをしたら、だんだん朝の爆発がなくなったよ。髪のぱさつきも無くなった。
朝、多少膨らみがあっても、ブラシでとかせばするっと落ち着くようになったよ。

何でケアするかは、
アンナ~のトリートメントもいいけど、あれを毎日使うのはもったいないので(笑)、オーブリーオーガニクスのトリートメントも平行中。これもかなり良いです。アンナより安い(笑)。
(最近、@コスメにも書いた)

これらは、3日に1回の程度で使って、それ以外の日は、手作りのヘアトリートメントスプレーを使いました。
(材料:水、シルクパウダーがメイン。これに追加するなら、ホホバオイル、pcaソーダ)

ご参考までに~。
ノンノン | 2008年09月05日(金) 11:48 | URL | コメント編集

そか!!じゃあ、かなり軟水なうちの水道水でちょっと濡らすぐらいは、「自分で弱酸性になる」ということも考えると、そんなに髪に悪い行為ではなさそうだね!!
安心したなり(*^_^*)

そうなのよ・・・
まさに、オーブリーのトリートメントを、ネットで注文しようと思ってたとこです。
お財布に優しいのが、今一番嬉しいもんで(爆)
(これにはレスいらないよ~~!)
カフェ | 2008年09月05日(金) 13:01 | URL | コメント編集

はじめまして★
毎日ブログを参考にさせて頂いてます♪
私はとても肌が薄くほっぺたは表皮がほぼなく顔を洗う度、化粧水をつける度、なにもしなくても肌がひりひり真っ赤です。そこで軟水+石鹸(ねば塾)で洗顔してみたところ余計肌が薄くなる気がします(;_;)けど一回しか試してないのでこのまま実践した方がよいのでしょうか?すみませんがアドバイスよろしくお願いします。
りえ | 2008年12月04日(木) 00:16 | URL | コメント編集

>りえさん

毎日読みにきてくださってるとは、嬉しいです!ありがとうございます♪

皮膚が薄いのは、肌バリアの形成も弱いのかもしれません。角質層が薄く、皮脂膜の形成がじゅうぶんでないと思われるので、角質培養をすれば徐々によくなっていきますよ。そして、「皮脂膜」を守る・補うのがポイントです。

軟水を使って石鹸洗顔すると、即座に脂肪酸が皮脂膜となって肌をおおってくれるので、皮脂分泌が弱まっている人にも優しいはずですが・・・ ちなみに、軟水は何をお使いになったのでしょうか?硬度はどれぐらいでしたか?

あとは石鹸の相性の問題も考えられますが・・・ 白雪石鹸洗顔の前に、オイルで軽くマッサージのようにしてつけておき(落ちにくいアイメイクなどを浮かせるのにも好都合)、それからそのオイルを拭き取らずに、石鹸洗顔すると、より一層、脂肪酸による皮脂膜の“乗り”がアップして、しっとりします。

また、いくら石鹸の脂肪酸が皮脂膜になるとはいえ、極端に肌バリアが弱まっている時は、石鹸洗顔の洗浄力さえも刺激になることがあります。肌が回復するまでは、すっぴん時(朝など)は、石鹸は使わず水(ぬるま湯)のみの洗顔にするなど、調整して様子を見るのもいいかもしれません。

あとは、熱すぎるお湯は使わない(熱くても37度以下)ことと、ゴシゴシこすらない、モコモコの泡を顔に乗せておくのは20秒程度、・・・というのも角質を取り過ぎないコツです。


皮脂膜の補強・補充ケアは・・・
夜ならホホバオイルがオススメです。皮脂膜と同じ性質を持っていて、べたつかずサラッとしています。
日中もホホバオイルでも良いのですが、メイクの下地としてなら、最初からクリームになっているもののほうがなじみが良いので、ホホバオイル・ミツロウ・シアバターなどをメインとしたクリームが良いと思います。角質を取るような作用のある、よけいな成分が入っていないかもチェックしてください。
ノンノン | 2008年12月04日(木) 10:54 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございました\(^o^)/!
もう自分ではどうしたらいいかわからない状態だったのでたくさんのアドバイス本当に感激しています★

軟水は精製水を使用しました。白雪は以前使用していましたが、洗顔後つっぱるのでやめていました。その時はつっぱる程度で赤くなる事はなかったのですが、以前よりも断然肌が薄くなっている為、真っ赤になったのだと思います。だけどノンノンさんのコメントにあった、オイルの上から石鹸洗顔してみようと思います♪また何かの変化がありましたらまたコメント致しますね(^-^)♪

あと今手作り化粧水も使用中です★☆
今はまだ精製水+グリセリンだけですがクエン酸とヒアルロン酸原末とローズマリーエキスも加えてみようと思ってます♪出来上がるのがすごく楽しみです☆
その後に毎日ラップパックもしています。私も今までずっとコットンパックをしていたのですがノンノンさんのブログを見てからすごく納得してやめました。



私がこんなに肌が薄くなってしまったのは、美容皮膚科で行ったピーリングが原因ではないかと思っています。。。以前から大量のニキビに悩まされ、高額を払ってピーリングしてもらいました。看護婦さんに家でもピーリングをするよう勧められ家でも毎日ピーリング石鹸で顔を洗っていました。自分でもやってもきれいにはならないし、逆にかさついてきたなと思いましたが、病院側がそうしたらきれいになると言ってきていたので、ずっと信じてしていましたがはだが赤くなってきたためやめました。
今はニキビはできないのですがキメも整ってないしがさがさだし、毛穴は目立つし、肌は赤いしの状態で今までで一番最悪の状態です(;_;)
だけどノンノンさんのブログを拝見してへぇ~そおなんだと自分が今まで良かれと思ってしてきたことが実は間違っていたと気づき、毎日勉強しています!これからもずっと読み続けていきたいと思います(^-^)
ホホバオイル私も気になっていました!買って試してみようと思います。
本当にたくさんのアドバイスありがとうございました★☆
りえ | 2008年12月04日(木) 22:11 | URL | コメント編集

>りえさん

なるほど~、よく分かりました。
ピーリングの繰り返しで、肌バリアが薄くなっているんですね。

石鹸でつっぱる理由は大きく分けると2つで、(1)乾燥肌(肌バリアの弱まり)、(2)水の硬度成分 です。
(2)を、精製水を使うことでクリアしたにも関わらず、つっぱったりヒリヒリしたのなら、りえさんの推測どおり、ピーリングにより角質層が以前よりも薄くなって、肌バリアが弱まっているせいだと思われます。

ピーリング石鹸、毎日使っていたとは・・・乾燥肌がどんどんすすんで、さらに進むと、外敵侵入に弱い敏感肌になってしまいます。ピーリングの石鹸は、すぐに使用をやめましょう。足の裏専用にしてください(^^;) 

顔に関しては、ピーリングなど角質を“意識して取る”ことを辞めれば、少しずつ、必ず回復していくはずですよ!ターンオーバーにより、一日一日、一層ずつ角質層が育ち、下から上へと押し上げられています。いらない角質は、通常の石鹸洗顔でするっと落ちる、目に見えないレベルのものなので、意識して取らなくてもじゅうぶん。
それを毎日ピーリングしていたということは、必要以上に角質が取られ、まだ成熟していない肌細胞がどんどん上に押し上げられていたのだと思います。ニキビは解消したようですが、ニキビもまとめて角質層ごとごっそり取っていたのだから、ニキビに関しては、出来なくなるのも当然といえます。しかし、未熟な肌細胞は、水分保持力が弱いので乾燥ぎみで、弾力がないため皮脂がこびりつきやすく、また、ブログ内でも書きましたが「不全角化」のため、毛穴周辺がすり鉢状になるので、そこに皮脂がたまって、角栓となります。ゆくゆくは、結局、ニキビのできやすい肌になってしまいます。

そういうことで、ピーリング石鹸を辞めた直後、乾燥肌が回復しないうちは、もしかしたら、多少はニキビが出来る“かも”しれませんが、けっして焦らずに、コツコツ角質培養を続けてみてくださいね。

ターンオーバーで肌が生まれ変わるのが正常で28日ですから、少なくとも1ヶ月は、乾燥肌の時期があるかと思います。
それでなくとも、秋・冬は空気が乾燥しているので、日中はクリーム、夜はホホバオイルで、皮脂膜の補強をしてみてください。

洗顔後、白い角栓がプツプツ立っているのが見えても、抜かないでそのままにしてください。抜くと、育っている角質も取れてしまって、また元に戻ってしまうので、取りたくても我慢です。抜くのは楽しい作業なんですけどね(^^;) ピーリングと同じで、取った瞬間はツルツルしたりスッキリキレイに見えますが、その瞬間だけ良くて、あとで悪化してしまいます。角栓が日に日にニョキニョキ伸びてきて、そのままにしておくと、いつの間にか自然に取れてなくなっていますよ!そして、角栓の溜まらない毛穴になっていきます(^^)ノ

がんばりましょうね!
ノンノン | 2008年12月05日(金) 12:50 | URL | コメント編集

コメントのお返事ありがとうございます(^-^)

ノンノンさんのおっしゃる通り、化粧水を変えてから、ニキビのできやすそうなお肌になってきました。でも続けていけば良くなると信じて頑張ってみようと思います。
ピーリングをしてから顔に一本髪が当たるだけでもの凄くかゆくなり髪は下ろせない状態になってしまいました。今まではそんな事無かったのですが、仕事中に顔がぱりぱりにつっぱり、乾燥しているのがすごくわかりました。ピーリング石鹸は足の裏に使用すればいいのですね♪良いこと教えて頂きありがとうございました\(^o^)/
顔全体が今ざらざらしていて本当にちっちゃいぶつぶつが(触ってもわかりませんが、光に透かして見るとわかる程度です)できています。こちらも続けていれば改善されますでしょうか?
りえ | 2008年12月07日(日) 12:51 | URL | コメント編集

>りえさん
肌のザラザラ、光の加減でないと見えない小さなプツプツも、まさに、角質を取りすぎたときに出る状態です。これも一種の白ニキビ(コメド)で、皮脂がこびりつきやすい状態になっているためだと思います。
これも、角質培養を続けていけば必ず解消されます!!がんばりましょう(^^)ノ

スキンケア用品、メイク用品の成分(角質を剥がしやすくする成分があるかどうか)も注意してみてくださいね。
参照は、「細胞賦活作用」の記事です。
ノンノン | 2008年12月08日(月) 10:55 | URL | コメント編集

そうなんですか!これもコメドの一種なのですね。
はい(^-^)v!今はぶつぶつが気になりますが良くなると信じて頑張ってみます♪たくさんのアドバイスありがとうございました\(^-^)/
りえ | 2008年12月08日(月) 18:28 | URL | コメント編集

>りえさん
必ず治りますよ、がんばりましょう!日々の積み重ねとともに、角質を一層一層、育てましょう(^^)ノ
ノンノン | 2008年12月09日(火) 17:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/43-ed1c8a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。