All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'09.14 (Sun)

その7.(5)お手がる軟水器、完成!!

こんにちは。

ついに、届きました!!軟水づくりの必須アイテムである「イオン交換樹脂」が♪
見た目はまるで、“ぷっちんこっこ”そのもの(笑)。
ion1.jpg


さあ、軟水作りにとりかかろう!!

材料
・ペットボトル
・きり
・ろ過マット  ・・・ ホームセンターの「お魚飼育コーナー」なんかに売ってます。品揃えの多い100円ショップにもあるかも。
・イオン交換樹脂 ・・・ 私はアクアショップ レイで注文。



① ペットボトルの底に、きりで穴をたくさん開ける。

  これが、「軟水」が出てくる穴です。
 nansuim1.jpg




 ろ過マットを、ペットボトルの底より一回りぐらい大きいぐらいに、はさみで切り取る。

  底に入れるものと、上に乗せるものの、2枚用意。
  これが、イオン交換樹脂が直接ペットボトルの穴から流れないように、フィルターの役目をします。
  つまり、単なる「スポンジ」ね。




③ ②で切ったろ過マット1枚を、①のペットボトルの底に敷く。

  ペットボトルの口から入れづらい場合は、割り箸などで押し込みます。
  私の場合は、ペットボトルの口をはさみで切っちゃいました。
  

   

④ イオン交換樹脂をペットボトルに詰めていく。


   ion2.jpg

   


⑤ ④が終わったら、一番上に、またフィルターとして②で切ったろ過マットのもう1枚をかぶせる。


・・・・完成!!!!!
さて、軟水を作ってみよう♪

ペットボトルの上から、水道水を流し込みます。
イオン交換樹脂に水がしみこみ、色が、コーヒー色に変わっていきました。

私はペットボトルの口を切りましたが、ペットボトルの口を切ってない人は、
口にホースをつけて水道の蛇口につなげば、そのまま「シャワー」のようにして使うことができます。
たとえば、こんなふうに。
nansuit2.jpg



上のろ過マット→イオン交換樹脂→ろ過マット→ペットボトルの穴から下へ・・・こうして、下で洗面器が受けた軟水、これが本当に軟水か???? 
ion4.jpg


できた軟水と、何もしていない水道水、これで石鹸の泡立ち&石鹸カスの比較をしてみました。
じゃーーーーーーん!!!!!!!
ion3.jpg

左が水道水(硬度はおよそ75.0)、 右が、できたばかりの軟水(イオン交換樹脂で、硬度0のはず)。どうでしょう!!!! この結果♪つくった軟水は、みごとに透明で、石鹸カスができていません。あわ立ちもものすごいです。水道水のほうが、振ったらアワアワになっても、シュワ~っと泡が消えるのが軟水よりも早かったです。
もともとは、どっちも水道水ですよ・・・!!!それが、このペットボトル(イオン交換樹脂)を通っただけで軟水に早変わり
みごとな結果に、大満足でした♪ (≧▽≦)
これで、さっそく今晩、洗顔の工程をすべて軟水にしてみます!!!



石鹸シャンプーの「洗い流し」も軟水にするなら、やっぱりペットボトルの口を切らないでホースをつないで、「シャワー式」にできるほうが便利ですね。でも私の場合は、浴室の蛇口の太さや位置の関係で、やめてしまいましたが・・・これでも十分、満足です。

ふだんは、こうやって使う予定。バケツの上に、ざるを入れて、その上にペットボトル軟水器を置くだけ。上から水を入れれば、バケツの中にじゃんじゃん軟水が溜まります♪
ion5.jpg







さて、どうして「イオン交換樹脂」を通ると、軟水になるのでしょうか?

それというのは、イオン交換樹脂が、硬度成分(カルシウム、マグネシウム)をキャッチしてくれるから、だそうです。


もともと、イオン交換樹脂には「ナトリウム」が付着しています。そこに硬度成分をふくんだ水を通すと、イオン交換樹脂は、カルシウムとマグネシウムをキャッチし、かわりに、ナトリウムを手放します。

こうして軟水ができるのですが、何度も何度もこうやって軟水づくりをしていくと、イオン交換樹脂も、いつかは、キャッチしたカルシウムとマグネシウムで“いっぱい”になる時が来ます。

そうなると、これ以上、硬度成分をキャッチできなくなるので、軟水が作られなくなります。これが、イオン交換樹脂の寿命。

ですが!! イオン交換樹脂は再生させることができます
大量のナトリウムを含んでいる食塩水を流すと、吸着している硬度成分が追い出され、もとどおり、ナトリウムだけを抱きかかえたイオン交換樹脂として、生まれ変わります♪


ビバ、軟水生活♪ (o^-^o)

それでは、このへんで!!



【追記】 使いやすさから改良! 手作り軟水器、バージョンアップ

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコン「スキンケア」にポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位を見たい方も、クリックどうぞ^^
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

15:01  |  7.軟水  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

さっそく読んだよ!

軟水手作りなんてすごい!!!!

硬水生活になる私にとって、軟水手作りなんてすごすぎる!!

イオン交換樹脂、持参リストに追加だよ~v-218
Aniston | 2008年09月18日(木) 23:09 | URL | コメント編集

>Anistonさん
自分でもまさか手作りすることになるとは思ってもなかった、びっくりなこの展開(笑) 
(*´▽`*)
使いたい時に作れるって、便利だよ!
ぜひぜひ、イオン交換樹脂、持参してね♪
ノンノン | 2008年09月19日(金) 21:34 | URL | コメント編集

こんばんは!
最近こちらのブログを知り、楽しく拝見させていただいております♪
ノンケミカル生活をますます充実させたいと思っているところでしたので、大変勉強になりおおいに参考にさせていただいてます。

こちらの軟水器についての質問なのですが、お湯でも勿論使えますよね?
樹脂を復活させる方法もありましたが、フィルターの交換も必要でしょうか?
私も是非活用したいと考えております。
お忙しい中大変恐縮なのですが、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
フローレン | 2008年12月10日(水) 22:07 | URL | コメント編集

>フローレンさん

はじめまして。ご来訪、ありがとうございます!!こちらこそよろしくお願いします(^^)ノ

軟水器ですが、もちろん、お湯でも使えますよ~!前日に水を通した分がイオン交換樹脂にしみこんでいるので、熱いお湯を入れても、最初の1~2杯分は冷たい水が出ますが、それ以降は、熱いお湯を入れた分、熱めの軟水が出ます。

ただ、水よりもお湯で作ったほうが、樹脂を復活させるまでの期間が短くなるそうです。

フィルターの交換はいらないと思います。塩を入れることで、樹脂にくっついている硬度成分が剥がれ落ちて流れるしくみなので、フィルターはそのままでよいです。

あぁ、私は3ヶ月経ったので、そろそろ樹脂の交換しないとなぁ・・・年内に出来るかな?(少しめんどくさい・・・・・)(^^;) 交換する際は、やり方も含めて記事を更新しますね!
ノンノン | 2008年12月11日(木) 14:37 | URL | コメント編集

丁寧なご回答ありがとうございます^^
早速私も手作り軟水器にチャレンジしてみます!
市販のものも調べてみたら、かなりお高いですよね。
でも、お手軽で安価に作れるなんて素晴らしいです♪
ノンノンさんのブログに出会えてよかった~。

これからも色々勉強したいので、またコメントさせてくださいね^^
その前に、質の良い睡眠ですよね!
寝なくちゃ…
フローレン | 2008年12月12日(金) 00:18 | URL | コメント編集

>フローレンさん
手作りされるんですね!私の作ったショボイ軟水器でも参考になったのなら、嬉しいです(≧▽≦)

洗顔の時、そして髪の毛を洗う時、あわせてバケツ2~3杯は必要なので、あらかじめ軟水器で作っておくんですが、なるべく手間を省くために、使うペットボトルは大きいほうがラクです。

私が使ったのは2リットルのペットボトルですが、もっと大きなペットボトに変えようかな・・・焼酎のペットボトルとか?(笑)、何か無いかな~と思っています。

確かに買ってしまえば簡単だしラクですが、買ったものでも、定期的に(3~4ヶ月ごと)に樹脂を復活させる作業をしなければならないし、手間は似たようなもの。この程度なら、手作りでもかまわないですよね。
違う点はやっぱり、ペットボトルの上から水を何度も入れて作る、っていう手間で、まぁそれが大きいっていえば大きいですが(^^;)
なるべく「財布にも優しい」のがモットーの美容ブログなので!

コメント、ありがとうございました!軟水に共感してもらえて嬉しかったです(^^)
ノンノン | 2008年12月12日(金) 05:40 | URL | コメント編集

ノンノンさん。こんにちは。

ノンノンさんと同じショップでイオン交換樹脂買いました~。
本日やっと到着です☆長かった…。
さて、これから作りますよ。
私もやっと軟水生活です。
嬉しいな♪
フローレン | 2008年12月26日(金) 18:24 | URL | コメント編集

>フローレンさん

いよいよですね♪(o^-^o)
経験者の私からのアドバイスとしては、作るたびにめんどくさくならないように、「なるべく大きい入れ物」で作ったほうがよいです(笑)。1回に上から注ぐ水の量が多い・・・多く水を入れられる入れ物のほうが。

私は、2リットルのペットボトルを使いましたが、それより大きいのだと・・・なにがあるかな?来年は、もっと大きいもので作れないか、思案中です!
ノンノン | 2008年12月26日(金) 22:11 | URL | コメント編集

そう、思ったより水ハケがうまくいかず、上から溢れそう~!
旦那さんに早く焼酎のペットボトルをあけ渡すよう強く強く催促中です♪

でもね、効果は絶大だったんです。
お風呂上がりにスキンケアするの忘れちゃうくらい(笑)
水一つで随分違うものですよね。
アンチエイジング必要な年頃なんですけど、それより強い健康な肌を手に入れなくちゃ。

頑張ります^^
フローレン | 2008年12月27日(土) 16:56 | URL | コメント編集

>フローレンさん

おお~~効果絶大でしたか!それは良かったです(≧▽≦)♪
軟水効果、感動しますよねー!!

はい、なるべく大きい入れ物でやりたいですよね(^^;) 
焼酎のペットボトルかぁ~、なるほど!うちには無い上に買う予定もなさそうなので、どっかで見つけてきます!
ノンノン | 2008年12月27日(土) 18:15 | URL | コメント編集

ブリタ

ノンノン様

いつもブログ見させていただいてます。大変勉強になります。

さて、上の「石鹸の泡立ち&石鹸カスの比較」を見て、「素晴らしい!」と思い、私も早速「ブリタ浄水器」の水で試してみました。

しかし!!!
ただの水道水もブリタ浄水器後の水も白い濁り具合は全く変わりませんでした。住んでいるところがベルギーのブラッセルでかなりの硬水なためブリタであってもたいして軟水にはならない、ということでしょうか??

こちらも「イオン交換樹脂」を使っているはずなのですが。
ノンノン様、「ブリタ浄水器」を試された事はおありですか?

パリのご家庭にはたいていおいてある物で、皆に愛され、私も「これである程度は安心」と愛用しているのですが。
「水」として飲む分にはミネラルウォーター(なので軟水ではありませんが)ですが、お茶や料理にはブリタ水で満足していました。

硬水の度合いを調べる機械みたいなもの、どこかに売っているかしら?
なんだか不安になってきました。
Parisko | 2009年05月28日(木) 06:23 | URL | コメント編集

>Pariskoさん

はじめまして。
たくさんのコメント、ありがとうございます。なかなかレスできずすみません。順を追ってレスしますので、お待ちください。

さっそくブリタの件だけ、さくっとレスしようと思います。これはずばり、これの次の記事「軟水器と浄水器の違い」に書いてあります(笑)
読んでみてください。
ノンノン  | 2009年05月28日(木) 08:57 | URL | コメント編集

ノンノンさん、こんにちは。。
手作り軟水器、私はお風呂場の蛇口に繋いで、洗顔時に使いたいなと考えています。
1,500リットルがイオン交換樹脂の再生どきとの事ですが、それって見た目等で判断出来る物でしょうか??
ノンノンさんはどうやって判断されていますか??
カヲル | 2010年03月03日(水) 16:25 | URL | コメント編集

>カヲルさん

蛇口につなげたら一番いいですよね♪

イオン交換樹脂の再生時期は、見た目での判断は難しいです。水も見た目には「ただの透明な水」で変化ありませんし、イオン交換樹脂そのものにも変化は見られません。
水そのものを使った感覚で、「硬水ぎみになってきたかな・・・」という判断しかできないです(汗)。
硬水ぎみになってきたかどうかは、ブログに載せた実験と同じで、ペットボトルにその水と石鹸の粉を入れて振り、泡のできぐあい・水のにごりぐあいで判断できます。
ノンノン  | 2010年03月06日(土) 12:16 | URL | コメント編集

お忙しい中お返事有り難う御座居ます。

ノンノンさんのブログを拝見していると、やってみたい事がどんどん増えてきます。。。笑
あ、ぴのあのホホバオイル(オーガニックではないですが)と、生活の木のシアバター、購入してみたんです。なかなか好感触でリピ確実です。

それと白雪の詩も。。。
ガスールのダフネ石鹸はちょっと肌がカサついてしまったんですが、白雪は大丈夫みたいです。。。
乾燥が酷いので、しっとり感の高いダフネ石鹸買ったんですけどね。。
ダフネはオリーブオイルメインなんで…オイルが精製されていないのかなぁ。。。(ちなみに問い合わせ中ですw)

なんかつらつらとすみません。。。
嬉しくって思わず報告させて頂きました。

次はセリサイトとコーンスターチのパウダーを作ってみたいです。
カヲル | 2010年03月06日(土) 13:48 | URL | コメント編集

質問です。

初めまして。
男性です。
実は乾燥肌で困っているのでプログ拝見させていただきました。
きり、ペットボトル、ろ過マット等すべてそろいました。
が、ペットボトルの口と水道の蛇口をつなげられません。
画像を見たのですが小さくてなにを使っているのか分かりません。
工夫をしているのですが、やはりペットボトルが落ちてしまいます。
いい物がありましたらご指導お願いいたします。
トモダ | 2011年01月31日(月) 17:24 | URL | コメント編集

あっとこすめ から来ました。
あなた様のブログ、最高です。
読んでいて、武者震いが来ました。「ああ、頑張ろう・・!」と!

私はアトピー体質で、色素沈着と乾燥と小じわなどが年齢の割に多くて精神的にネックになっていました。

頑張ります!

本当にありがとうございます!
今日からさっそく、軟水生活に入ります!!
a-suzuran | 2011年07月10日(日) 07:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/45-8c9f096c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。