All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.13 (Fri)

その2.(16) 成分良好!ノンケミカルなメーカー一覧

~~またまた過去の記事を書き直しました。こればっかりですみません。~~

2015.3 書き変えました。
手作りはだいぶやらなくなり(^^;)最低限のものだけになりました。
ずばり、ホホバオイルとシアバターを湯煎(またはレンジでチン)して混ぜただけの、超簡単なクリーム、
これぐらいです。
これは、全身に使えます。
髪の毛のヘアクリームとしても、スキンケア(クリーム)としても。




★ノンケミカルなメーカー一覧 
自分が使っている・使っていない関係なく、次のとおり書き出してみます。

下記に書き出したメーカーは、どういう基準で選んだかというと、「ノンケミカル」であることを“前提”としている、選ぶ際に候補にあげてよいと思えるメーカーです。
たとえば、「無添加」と言っても合成ポリマーを使っているような、中途半端にノンケミカルっぽさをアピールしているメーカーは外しました(苦笑)。
→ よくある質問「成分編」Q2.「無添加」なら安心ですか?


しかしだからと言って、これらのメーカーのものなら“すべて”、合成界面活性剤・合成ポリマーを使用していない・・・というわけではありません。合成界面活性剤は、乳化の際にはどうしてもなにかしらの乳化剤として必要なこともあります。合成ポリマーなら、使わずに徹底しようと思えば出来ますが、それでも物によっては入っていることもあります。

もちろん中には、100%ノンケミカル!と言えるものもあります。
商品すべてが徹底されているメーカーもあれば、一部だけやむを得ず使っているメーカーもあります。

使うかを検討する際は、公式サイトなどで「全成分」をチェックしてみて、自分の納得のいくもの・許容範囲なものを選んでください。



ロゴナ
オーブリーオーガニクス
ヴェレダ
サンコート
ラヴェーラ
ドクターハウシュカ
ナチュリピュラファイ
リマナチュラル
ナティエラ
ゼノア化粧料
ミナエ化粧品
アンナトゥモール
パックスナチュロン
松山油脂
シャボン玉石鹸
地の塩
ねば塾
ブルガリアローズジャパン
ナイアード
ソンバーユ
アレッポ
黒ばら本舗
ナチュラグラッセ


※2015.3月
最近は、どんどんノンケミカルなメーカーも増えてきましたね。
これ以外にも、調べればいろいろありそうです。
知っている限りで、一番下に、ナチュラグラッセを付け足しておきました。

★手作りコスメのメーカー
このほかにもありますが、私は下記の上から4つばかり利用しています。


日本薬局方
ぴのあ
生活の木
PEACH-PIG
薬局グローバ
マンディムーン
いまじん
オレンジフラワー


※ぴのあさんは、2015.3月で閉店となってしまいました。
今は、ホホバオイルとシアバターさえあれば良い、ということで、
そんなにいろいろなお店は利用しなくなりました。
ぴのあが閉店したということで、引き続きPEACH-PIGの利用と、
ほかにお買い得でよさそうなお店を開拓しようと思います。





★私が使っているもの一覧
私が使っているものを知りたいという質問も時々いただくので、書いてみます。
私の場合は、「石鹸で落とせるメイク」をしたいので、合成ポリマーは不使用です。

●スキンケア
【石鹸洗顔】 白雪の詩
【化粧水】 基本的になし 
【美容液】 基本的になし 
【クリーム】 ヴェレダ アイリスデイクリーム、手作り(ホホバオイル、シアバターを湯煎して混ぜたもの)




●メイク用品
【日焼け止めクリーム】 ヴェレダ SPF20、
【フェイスパウダー・顔全体用】 手作り
【フェイスパウダー・目元用】 ロゴナ プレスドパウダー02、 手作り
【チーク】 ロゴナ ピーチ・アプリコット 、 オーブリーオーガニクス シルケンアース(ローズ)
【アイシャドウ】 ロゴナ シルバー&ゴールド(廃盤)、 ナチュラグラッセ、サンコート グリーン・イエロー
【アイライナー】 ロゴナ ブラウン・グリーン
【リップクリーム】 手作り
【グロス】 手作り

~~以下のみケミカル~~ 
以下のみ、合成ポリマーを含むものです。が、石鹸では落ちます。
【眉ペンシル】 レブロン ブラウン、 ? グレー
【眉マスカラ】 ブロウズ アップ チャマユ
【マスカラ】 ファイバーウィッグ ブラウン



●ヘアケア
【洗髪】 石鹸 白雪の詩、マヘンディヘナシャンプー
【リンス】 なし
【トリートメント】 オーブリーオーガニクス GPB、 
【ヘアオイル】 ホホバオイル




→ レシピ一覧はこちらから

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどちらかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位を見たい方も、クリックどうぞ^^
にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ

スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

17:50  |  2.成分  |  TB(0)  |  CM(46)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんちは!v-222

先日、友人宅に泊まったときに、
「主婦湿疹が治らなくて~」という話をしたら、バックスナチュロンのスポンジと、白雪の詩で食器洗いをしなさいと、両方もらったよ!

おまけに、彼女も石鹸シャンプーにオーブリーオーガニクスのヘアーコンディショナー使用。

借りてみたけど結構良いねv-22
私の大好きなローズマリーの香りがしました。
Aniston | 2008年10月21日(火) 22:59 | URL | コメント編集

>Anistonさん

こんにちは~。もう向こうにいるのかな?

お~~、パックスに石鹸シャンプーに、オーブリー!その人も、ノンケミカル思考なんだね?
石鹸シャンプー、いきなりやると、かなりキシキシしたのでは?そこにオーブリーのあれは潤うよね☆ クエン酸リンスもすればもっとツルツル効果あるよ~。

オーブリーのあの独特の甘い香り、あれはローズマリーだったのか~v-21
ノンノン | 2008年10月22日(水) 12:47 | URL | コメント編集

こんばんわ

毎度毎度質問ばかりですいません。

耳よこ辺りの頬のコメドが最近になり成長して5つほど大きくニキビになってしまいました。

ラップパックは私には7分程がしっとりな感じで続けています。コメドはちなみに右のみで左はありませんのでオレイン酸過剰とかではないと思うのですが…

あっ今まではなかった鼻や鼻横に白いニョキニョキが出て参りました(笑)取りたいのを我慢して自然になくななるのを楽しみにしてます(笑)

右のニキビは保湿不足でしょうか?右向きに寝てしまうので枕などに擦れて刺激になってしまってるのかなぁ…?

因みに私は鼻より頬に黒い毛穴づまりがあります。長期的にみて行けば長年のこの黒づまりもなくなっていくのでしょうか?なんども角質についての記事読んでいます…もう念仏のように絞らないように読んでいます(笑)

あと、てっきりノンケミだとおもいこんでいたファンデーションが実は合ポリや合成界面活性剤が許容量を越えていた事が判明!それでも一般的なファンデーションに比べ少ないですが…慌てて調べまくってドクターハウシュカのラインのファンデーションがかなり成分良好で値段も無難でしたので購入しました。これで漸くクレンジングを使わずねば塾のみの洗顔で済みそうです(ほっ)

正しく角質培養にまたいっぽ近づけた気でいます(笑)。

では支離滅裂な長文すいません。
悠月☆ | 2009年02月13日(金) 23:19 | URL | コメント編集

>悠月☆さん

乾燥肌とのことなので、乾燥しているうちは「オレイン酸過剰」にはならないと思います。
角質培養をした最初のうちは、ニキビが出てくることがあります。これは、「よくある質問 成分」の中に書いてあるので、読んでみてください。記事で言えば「角質とニキビ」ですね。

角栓、我慢してくださいね(^^) 今までは、頻繁に角栓を取っていましたか?

頬の黒い毛穴づまりがあるとしたら、頬をこすりやすいのではないでしょうか?たとえば、洗顔するときに頬をごしごししてしまっているとか・・・。目安として、毛穴がつまっている部分=角質を取り過ぎている部分、とみていいと思います。

ハウシュカのファンデは合成ポリマーなしでしたか、それが一番ですね。石鹸だけで洗えるのは、気持ちいいですよ(^^) 1日1日、1層1層、角質を育ててがんばりましょう!
ノンノン | 2009年02月14日(土) 00:11 | URL | コメント編集

Q&Aいっぱい~~!いつの間にw
参考になって復習になるよ~O(≧▽≦)O
先日の化粧水使ってないは驚いた!w
でも、なんか妙に納得したー。
Q&Aかなり、役に立ってます!!!
復習しまくってますよ!

シャンプー、実は前に無添加といわれるものを使っていたけど
高くてやめた経緯ありなのだ。
ちょっと見直そうかなって思いました。
だって、洗ったあと、すごい石鹸カス?が出てすごい気になるの。
なんじゃ、こりゃ!って毎回思うんだー。

Q&A、ホント、ありがたい♪
ありがと~~~~!!
りい | 2009年02月14日(土) 01:49 | URL | コメント編集

>りいさん

「スキンケア編」にまた3つ追加したよ~(笑)

化粧水の件、「化粧水なし、ホホバオイルのみ」の記事書いたのって、りいさんからの発言がきっかけだったのに(笑)。「化粧水つけないでホホバオイル付けたら、調子よくなった」って話。(付ける順番を間違えたんだったよね?笑)

手作り化粧水にしたら、市販のよりも成分は安心だけど、付けすぎには注意してねー。

石鹸シャンプーは、初期はいろいろとなれるまでが大変なんだよね。水道水の硬度による石鹸カス、あと、髪の傷みがあるとベッタリ重い仕上がりになることも。
実は、スキンケアよりも、ヘアケアでの悩みに答えるほうが難しいです。
今度、「軟水の美容室」のことを記事に書くね~。
ノンノン | 2009年02月14日(土) 10:23 | URL | コメント編集

追記

連投失礼!
あ、違うの、違うの。
朝の化粧水なしにびっくらこいたのでした。
夜はあの間違い(笑)から調子がよいので、化粧水なし、ホホバオイルのみだよー!
朝も今日から化粧水なしにしてみました♪
りい | 2009年02月14日(土) 12:30 | URL | コメント編集

こんにちわ♪

よくある質問読ませて頂きました★過去記事は一応全部読んだのですが、復習してよりしっかりと分かった気がします(・∀・)
またまた、勉強になりました!!有り難うございます!!

そこで質問です!!
お忙しいのにすいません;

私も角栓が気になり、取りすぎていた中の1人です↓↓
ノンノンさんの記事を読み、もう取りすぎない・角栓を見守ろうと思いました。

そこで気になったのですが、角栓がターンオーバーと共に自然に取れるのを待つのは、1回でいいんですか?
1回我慢すれば、次から角栓が気になる肌とさよならできるのでしょうか?
また、コメドも角栓同様、自然に落ちるのを我慢すればなくなりますか?

もちろん、他の事で角質を取りすぎる行為等をしないを前提の話です*

肌が正常に戻るまで、毎回角栓が育ち取れるのを待つのは苦痛です(´・ω・`)
そもそも、私の以前の行いが悪いせいだと言う事は、十二分に分かっているのですが↓↓落

一気に質問してしまってすいません(・A・`)
お手数ですが、お返事お待ちしてます♪
ゆか | 2009年02月14日(土) 17:34 | URL | コメント編集

ノンノンさんこんちには!お返事ありがとうございます!

やっとパソコンでミネラルファンデーションが載ってる記事を全文見ました!ブログに書いてある質問をいっぱいしててすみませんでしたm(_ _)m

ミネラルファンデーションは成分も少ないし、原料の値段も高くないはずなのにあんなに高い値段で売られてるとは…。それにしても成分の毒性がないと安心していましたが、毒性と負担は別物なんですね。シルクパウダーは毒性もなく負担にもならないようなので、これをフェイスパウダーがわりに使ってみようかと思います。フィブロイン100%の物で試してみます。

今はホホバオイルを塗って寝てるんですがホホバオイルを塗ると最近痒くなったり部分的にカピっとしてきました。多分つけすぎてたんだと思います。
クリームの方が今はいいかもと思い、今からノンノンさんのブログに載っていたフェイスクリームを手作りしてみます!シアバターは未精製しかないので、量を少な目にしとこうと思います。


酸化鉄の安全性や、シルクパウダーの成分の違いについてとか、自分では全くわからないことを教えていただいて本当にありがたいです。

これからも応援してます(^o^)/
もも | 2009年02月14日(土) 20:28 | URL | コメント編集

>りいさん

あー、そういうことだったのね!
朝も化粧水なし、調子はどう?洗顔後のつっぱり感はある?
ノンノン | 2009年02月14日(土) 21:23 | URL | コメント編集

>ゆかさん

こんにちは。記事も全部よんでいただいて、嬉しい限りです♪

角質培養をして角栓を取らないようにすれば、確実に次回からは出来なくなります。
ただし、「○日から角質培養を実行したから、来月の○日で終了。」という計算は、正確ではないと思います。

それは、ターンオーバーが28日で、まず真皮で作られ、上へ上へと育って押し上げられ、最後に角質層の一番上部で剥がれ落ちますね。その28日の流れをもっと詳しく言うと、真皮で作られてから表面にでてくるまで14日かかり、さらに「角質層」であるのが14日間です。

これは、つねにその日の肌の状態・行いが、14日後の肌の状態を作っている・・・と考えてよいと思います。
記事の「ターンオーバーの悪循環・好循環」の記事に関係があります。
真皮は、表皮の状態・情報を受け取って、細胞を作り出すんでしたね?もし表皮が乾燥していたら(角質の取りすぎなどで)、真皮が作る細胞も未熟なものしか作れないのです。そして、それが、私たちが「肌の調子が良い」とか「毛穴が目立つ」とか「角栓が~・・・」とか言って目に見ている肌の部分(角質層)になります。
普通は14日後にこうやってあらわれますが、乾燥肌の場合はターンオーバーが早められて出来上がっているので、14日よりも短いはずですね。

このように、「今、肌のためにやっていること」が、通常では14日後にあらわれ、その繰り返しで、毎日、一層一層、剥がれ落ち、生まれ変わっています。

なので、正確に日にちを数えるのは難しいです。ただ、正確な日にちは分からなくても、ざっくり1,2ヶ月、「ちゃんと角質培養できていれば」良い状態に生まれ変わるはずだ、ということはわかりますよね。

冬は、自分で角質培養しているつもりでも乾燥しやすい条件がそろってしまっているので、これもまた厄介なんですよね。でも、角質培養を心がければ、確実に変わります!がんばりましょう(o^-^o)
ノンノン | 2009年02月14日(土) 22:04 | URL | コメント編集

>ももさん

ファンデの記事、読めたんですね、よかったです。
そう、ミネラルファンデーション・・・確かに成分は良いのには違いないんですが、いったい、何をもって「ミネラル」なのか?って思うし(ノンケミカルなパウダーだって、ある意味「ミネラルファンデ」だし)、高いのひとこと!(笑) あれじゃあ自分でも作れるって思いますよね。
フィブロイン100%のシルクパウダーなら安全だと思います。
手作りもされるんですね♪ こちらこそ、あれこれ嬉しい反応をいただいて励みになります。(o^-^o)
ノンノン | 2009年02月14日(土) 22:22 | URL | コメント編集

なるほど~*

お返事有り難うございます!!
質問は2回目なのですが、解答もブログの記事も詳しく説明して頂いて、とても助かります(´・ω・`)

そうなんですか~★
ますます我慢のしがいがありますね!!笑)それと共に、角栓の取れ終わった肌が楽しみにもなりました(・∀・)
さっそく頑張りたいと思います!!

それと、ラップパックも是非やっていきたいです♪
この事とホホバオイルと不完全角化と細胞賦活作用の事は、特に勉強になりました。
ノンノンさんの記事は勉強になる事ばかりで、母親にも教えて強制的に取り入れさせています(゜∀。)笑

角質培養の妨げになるものを避けて、頑張っていきますね!!
有り難うございました★
ゆか | 2009年02月15日(日) 00:19 | URL | コメント編集

ご報告

朝、化粧水ナシ、初日だからか目の周りだけ
乾燥気味だったけど、化粧水ナシのが全然乾燥も少なかった~。
洗顔後のツッパリは夜のケアでだいぶなくなってたからか、
全く気にならず。
ますます節約かも!と今日にやにやして帰ってきましたよん♪
今日は人生初のネイルアートしてきたよ~~~
りい | 2009年02月15日(日) 00:33 | URL | コメント編集

おはようございます♪

最新の記事3件について興味がありつつも、「手作り」の方にはまっていて、そちらの記事ばかりにこの所アクセスしていました。

・・・こちらも読んでおけば良かったです。。。
まさに「スキンケアに良くない行為」をしていたからです。
この所、肌表面に角質が溜まっている「気」がし(ゴワゴワ・軽く硬い質感)、普段が放置している「ピーリングジェル」のサンプルを使用、その後(何かいい感じだ♪)と勘違いし、これまた遠ざかっていた「コットンパック」をしました。

・・・結果、乾燥し、しばらく見なかった「毛を刈りとられた羊の皮膚(それは言い過ぎですが^^;)」のように赤ら顔になってしまいました。

ノンノンさんの「冬の乾燥対策」を事前に読んでおけば、こんな事にはならなかったよねぇ~と、反省。

しかも、昨日はお風呂上がりに鼻にニョキ~と伸びてきた角栓を、指で押し出してしまいました。考えてみると、その場所は角栓が繰り返し出てくる箇所だったんですよね(鏡を見てはじめについ気になる箇所なので)。

押し出したあとに我に返り(笑)、「振り出しに逆戻りだよね~」。でも自業自得なんで、あまり気にせず、コツコツと角質培養に努めます。

所で、「シルクパウダーの使い分け」の所でお伝えした、手作りの件について、ノンノンさんからレスを頂いた事を娘に教えたら、かなり舞い上がって(!)『お手紙書きた~い♪v-238v-206v-238』と感激しまくっています^^;
昨日は「う~ん、今日はもう遅いからやめとき」と止めました。
子供からのコメントがあったらノンノンさんご迷惑ですよね?

所詮、まだローマ字も習ってないので彼女の「熱い想い」は拙い短いメセージにとどまると思いますが・・・

では、また☆
2332 | 2009年02月15日(日) 05:40 | URL | コメント編集

>ゆかさん

ラップパックは、冬こそ効果的です!どうぞ試してみてくださいね。
どんどん好循環の波にのって、角栓や毛穴とは無縁の肌になるよう、応援しています(^^)
ノンノン | 2009年02月16日(月) 11:31 | URL | コメント編集

>りいさん

ほんとに?やっぱ「化粧水なし」ってすごいねぇ~~☆
洗顔後のツッパリがなくなってきたのも、乾燥の度合いがなくなってる証だと思うよ!

ネイルアートいいね♪ 次に会ったときにみせて~(^^)
ノンノン | 2009年02月16日(月) 11:35 | URL | コメント編集

>2332さん

肌表面に角質が溜まっているようなゴワゴワ・軽く硬い質感・・・
コレコレ、今の時期、これが多いんですよ。「冬の乾燥」の特徴ですね。
「よくある質問 スキンケア編」に、「ガサガサ・ゴワゴワしてきました。角質が厚くなっている時は取るべき?」というのを追記しました。

「よくある質問」は随時追記していきます。カテゴリに「更新情報」というのを置いておきました。追記・更新されたかどうかは、ここでチェックできます。

お子さんからの「お手紙」欲しいです(笑)。コメント、大歓迎ですよ♪
お化粧・スキンケアに興味を持つなら、まず正しい知識を!と思ってます(^^) 性教育も同じですよね(笑)
ノンノン | 2009年02月16日(月) 11:47 | URL | コメント編集

お久しぶりです☆

ノンノンさんこんばんは、お久しぶりです(笑)

眉毛だけはあたし、KATE使って描いてます☆でもこれも石鹸で落ちてくれるよ♪
時々使う軟水のおかげか、今年の冬は乾燥知らずの肌です♪
はに | 2009年02月17日(火) 23:51 | URL | コメント編集

>はにさん

おひさしぶり~(笑) (^^;;)
はにさんも、眉毛はケミカルなんだね。やっぱ眉毛ぐらいはポリマー入ってないと困るよね。しかも、けっこう石鹸で落ちる程度のが多いしね!
はにさんも軟水洗顔やってるんだね♪ ツルツルでスッキリするよね(^^)

あ、今日は某イケメン君の誕生日だ(爆) ←ジャニつながりではなく(笑)
ノンノン | 2009年02月18日(水) 12:07 | URL | コメント編集

こんにちは♪

しばらくコメント無し閲覧のみ、でした。
ノンノンさんに『お手紙書きたい』うちの娘、いざとなると『なんて書くの?』とか、『このサクランボ可愛いね(「コメントを投稿する」の所を指さして)』等、案の定な様子でした。

こんなもんです。小2なんて(笑)

所で、ノンノンさんのコメントに「スキンケアの正しい知識~性教育もしかり」と書かれてありましたが、偶然ですが、この子の先日の参観日はこれの第一歩と思われる内容だったのでブッ飛びました。

でも、逆にこれくらいの時期の方が妙に意識しないで素直に受け入れるのでいいのかなぁと、子供達の様子を見ていて思いました。

明日は娘と口紅作りのリベンジです。

@の、ぴのあ「ホワイトパール(マット)」の所で「濃い色を【白】で薄めるには、どんな色材を使ったら良いかどなたか教えて下さい」みたいなクチコミをしたら『質問は美容~でして下さい』と削除されてました(笑)

セリサイトはルース化しますよね?
何か良い案があれば教えて下されば幸いにござります。
では、クリックして失礼します(^-^)/^
2332 | 2009年02月20日(金) 10:33 | URL | コメント編集

>2332さん

いつもクリックありがとうございます♪(^^)
小2の娘さん、ほほえましいです。その気持ちだけですごく嬉しいです!
一緒に口紅作り、楽しんでくださいね♪

マイカなどの濃さを薄めてピンクに近くする、ってことですね?
酸化チタンを入れると、白っぽくなるようです。
さすが酸化チタン、白浮きが強いだけあって、口紅ではそれが生かされるわけですね(笑)。
でも、酸化チタンは入れすぎると肌に負担になるのでほどほどにしたほうがいいかもしれません。

酸化チタン以外の方法なら、カラーマイカのもともと白っぽい(薄い色)のものを混ぜるのも手です。

セリサイトなどは、口紅・グロスの時は薄められませんね。
チークなど、粉状のままであれば「赤→ピンク系」というように色を薄められますが。口紅・グロスなど「オイル」を使う場合では不向きです。白い色を発揮できず、ただ透明に、オイルにしみこむだけになります。

小2で性教育のような授業があるんですかー。今はすごいですね。でもそれぐらいのほうがいいんだと思います。私らの時代ではまだ、性教育の授業、内容が薄かったなぁ・・・。

ではでは、娘さんによろしくです(^^) (笑)
ノンノン | 2009年02月20日(金) 11:56 | URL | コメント編集

おぉ!!

ここで酸化チタン☆情報有難うございました。手持ちのグローバさんのを使いました。おかげ様でいい感じになりました!

ピンク系を作ったあとが大変でした。レッド系・・・ベンガラ、気を付けていたつもりがやはり「入れ過ぎ」て(^^;)、もの凄く濃い発色になってしまいました。
(酸化チタンは入れ過ぎ注意だったよな;;;)と思いながらも、濃い色を薄める為に結構たくさん入れてしまいました。
ベンガラの赤はオレンジ寄りで私には似合わないので、また何か色材を購入する事に(* *)。
でも、台所であれこれ足したり混ぜたり、という作業は本当に楽しいですね♪娘に、ピンクパールマイカの粉少量を頬にトントンと乗せてやったら、うっとりと嬉しそうでした。
ぴのあさんも、ピーチさんみたいにもっと色のバラエティが有れば良いですよね。

お話は変わって、先日ラヴェーラのルースパウダーを入手しましたが、これなら手作りしてもいっかな~と思いました。私はときとして顔に赤味が出るタイプなので、ある程度カバー力が欲しいです。だから酸化鉄の黄色も購入しようと思ってます。そこで!やっぱり「乳鉢」って要りますかね?家庭用のすり鉢とは違うのでしょうね。
あと、「コーンスターチ」は、お菓子作り等(私は専らカスタードクリームを♪)、食品用のコーンスターチでもいいでしょうか?(出来れば何でも家にあるもので済ませたい私・・・^^;)

それと、ノンノンさんは、「手や顔が濡れているときのクレンジング」はどうなさっていますか?基本、石鹸洗顔なのでしょうけれども、例えばお風呂の中で済ませたいときや、温泉旅行等のときなど、「濡れた手OK」のものは必要になってきますよね。多少、落ちは悪くなってもオイルと乳化させてクルクルでしょうか?

あと、もうすでに知っていらっしゃるかもしれませんが、何かの弾みにこんなサイトが出てきたので、いつもお世話になっているノンノンさんにご紹介です(^-^)/ちなみに私は「じゅんの(※ってホントはあんま知らないのですが)」との相性が一番良かったです。

http://yan-cocktail.sakura.ne.jp/hp/uranai/kat-tun/



2332 | 2009年02月21日(土) 16:45 | URL | コメント編集

>2332さん

うまく行ったようでよかったです♪

色の調整、目分量であれこれやるので、大量に作っちゃったりして、そこが難しいですよね。
ピンクパールのマイカのチーク、それこそシンプルの極み、肌に安全でお子さんでもできるメイク♪やっぱり女の子ですから興味持つんですね(*´▽`*)

そう、だんだんそうなっていくんですよ、「これなら手作りでもいいかも」と(笑)。
色味で調整するとなると、酸化鉄だけではあまり変化がないことがあるので、 酸化チタンを加えるとカバー力がでます。酸化チタンは、日焼け止めの件でも「白浮き」のことを書きましたが、その白浮きってのはある意味、「カバー力」でもあります。(その加減が難しいのですが)

酸化鉄を入れるなら、乳鉢(またはその代わりになるもの)はあったほうがいいです!
そのまま粉モノにまぜてシェイクしたとしても、完全には混ざらず、いざ使う時に、スポンジでとって肌に乗せたら、肌の上に伸ばしたときに色がスーッと線を引いたように付くことがあります(とくに、赤い酸化鉄は目立つ)。

酸化鉄は、「つぶす」ことで色が出るので、作る際・混ぜる際に、よーくつぶしながら混ぜて、これ以上色が出ないぐらいやって、その加減で色を調整していく必要があります。

家庭用のすり鉢だと、「みぞ」がありますよね?なので、酸化鉄がみぞにハマって混ぜられないので使えないです。乳鉢はみぞがありません。

お菓子用のコーンスターチでも、成分的には問題ないです。が、化粧品用として売られているもののほうが、滑り具合・なめらかさがあるようですよ。

クレンジング、私は、めんどくさいとき・時間がないときは石鹸洗顔のみです。(基本的に、石鹸だけで落とせるのが分かっているからですが。)
それか、お風呂に入る直前の全裸の状態で、まだ手が乾いている段階でオイルでクルクルし、それからそのままお風呂に入っていく・・・というのが私流です(笑)。参考にならなくてすいません(^^;)
濡れた手でもいいからオイルを使う・・・というパターンは、私はやったことが無いです。仮にやったとすると・・・どうなんだろう。本来、オイルは水と混じりあわないので、やっぱりやりづらいですよね。

おもしろいサイト、ありがとうございます♪ 私は亀ちゃんでした~!
ノンノン | 2009年02月21日(土) 19:45 | URL | コメント編集

おや!?

昨日までと写真が変わりましたね。もしかしてノンノンさんの手書き?
そしてもしや自画像!?
今までの写真も好きでしたが、こちらもとても素敵です♪

レス、ありがとうございました。そうですよねぇ。やはり「乳鉢」は要りますよね。手作りをはじめたときには(まさか)と思っていたアイテムですが、今では「欲しいものリスト」候補ですv-154

「コーンスターチ」もおっしゃる通りですよね。食品グレードとは違うのでしょうね。※私は「クエン酸」は食品グレードを使用してしまってますが(笑)

濡れた手OK!の洗顔法も、とても丁寧なレスを有難うございました。
@でクチコミもしましたが、こないだラヴェーラのアイシャドウが石鹸では落ち切りませんでした。でもそのまんま放っておいて寝てしまいましたが・・・

「石鹸で丁寧に2度洗い」してみようかしら?

メイクがライトなものになるにつれ、クレンジングもそれに見合ったものを、と探し中です。
ヴェレダのも気になりましたが、「拭き取りによる摩擦」が私の中ではネックになっています。

それでは、また(^-^)/
2332 | 2009年02月22日(日) 07:35 | URL | コメント編集

>2332さん

こんにちは。

トップ画像、他の方からも質問がありレスしましたが・・・これ、「よくある質問」に入れたほうがよいのでしょうか・・・?(爆)
答えは、私の似顔絵です(似てませんが。汗)。私が描いたのでなく、とある友人の漫画家が描いてくれました。

オイルでのメイク落としですが、お風呂の中で手を濡らす前に、一番最初にオイルを使うのはどうですか?
それかやはり、お風呂に入る直前に洗面所でやってしまえば、もしべた付くようならティッシュオフすれば垂れることもないので大丈夫かと思います。上半身の服で脱ぐ時に顔につきそうなものは、あらかじめ脱いでおいたほうがいいかもしれません。

または、「マジックソープ」という液体石鹸があるんですが、メイク落としとしてよく使われて人気のようです。石鹸よりすこし洗浄力が高いとのこと。いろいろな香り別で種類がありますが、「ベビーマイルド」とかいう水色のパッケージのものが、低刺激で良さそうですね。お風呂でメイクを落としたいときだけコレにするとか。

石鹸での2度洗いはやめたほうがいいです!確実に、「洗いすぎ」になり、乾燥します。ケミカルなクレンジング・・・まではいかないにしても、それをせっかく使わない意味が半減してしまって、もったいないですよ。石鹸はせいぜい20秒程度でさっと洗うぐらいがちょうどいいので、「丁寧に」「メイクを落とそう」と意識して洗うようになると、やっぱり「角質のとりすぎ」に傾き勝ちになる気がします。

オイルを拭き取るときの摩擦が気になるなら、ホホバオイルでは向いていない(すぐサラサラするので)のかもしれません。椿油やアーモンドオイルなど、他のすべりのよいオイルにしてみてはどうでしょう?
ノンノン | 2009年02月22日(日) 08:16 | URL | コメント編集

ほぉ!!

似顔絵、『似ていない』との事ですが、ノンノンさん、お目々パッチリで小顔なんですね。
私も知り合いにプロの漫画家を目指した人がいますよ♪

「石鹸で2度洗い」、やはり×でしたか。セーフでした☆有難うございます。

ヴェレダのクレンジングはミルクタイプの事だったんですが、これをコットンに乗せて肌をクルクル、そのあと化粧水(ラインで使うなら同メーカーのフェイシャルローション※とっくにご承知でしょうね、すみません^^;)でさらにコットンで拭き取り、らしいので(どうなの?)なんです。

お風呂でのオイルクレンジング、親切に考えて下さり感謝してます!
本文はもとより、このようにご丁寧なレスがこのブログ(そしてノンノンさん)の素敵さだと思います(うふ)

「お風呂でのオイルクレンジング」については、私もノンノンさんのようにしています♪マジックソープ(ベビー)もリストにあがっていましたので、改めて前向きに考えようと思いました!

そう言えば以前、「洗顔時、もしくはすすぎの際にガーゼや他の繊維(これにあやかって商品化したメーカーもありました)を使うとツルツルになる」というのがありました。
興味がありやってみたら、確かにはじめはツルツルして嬉しかったのですが、続けていく内にヒリヒリの乾燥肌になりました。(今、考えれば愚かです。。。)

私は「摩擦」に弱い肌のようです。この点に気をつけながら今後もスキンケアしていきたいと思います。

2332 | 2009年02月22日(日) 08:55 | URL | コメント編集

>2332さん

いえいえ、目は大きいほうですが(というか、濃い・強いです。苦笑)、小顔では決してありません・・・(´口`;)

ヴェレダのクレンジングも人気はありますね。

【全成分】水、ホホバ種子油、ゴマ油、グリセリン、エタノール、ハマメリス水、香料、リノール酸グリセリル、ケイ酸(Al/Mg)、ミツロウ脂肪酸Na、ドイツアヤメ根エキス、キサンタンガム

成分的には、やはり「ミルク状」にするにあたって合成界面活性剤が必要になり、リノール酸グリセルが入ってしまっていますが(さらに言えば、ゴマ油のリノール酸も気になりますが)、ケミカルもののオイルクレンジングよりは肌の負担はないと思います。

メーカーで薦めている使い方は、化粧水で拭き取りのようですが、必ずしもそのやり方でなくてもいいかもしれませんよ。拭き取りってことは、そのまま洗顔しない、このクレンジングミルク一つで洗顔の工程が終了ってことですよね?
私がもしこれを使うなら、オイル単品を使うやり方と同様にします。これで浮かせたあと、ティッシュでかるく押さえて、石鹸洗顔。(ただし、実際に使ってみたことは無いので、これが正解となるかは分かりませんが・・・)

そうですね、ガーゼやめがねフロスで拭く(=こする)のも流行りましたね・・。一種のピーリングと同じで、角質を取って乾燥させるだけになってしまいます。
角質を取る=良いこと・・・という根強い思い込みの撲滅運動をしたいです(笑)。
ノンノン | 2009年02月22日(日) 18:11 | URL | コメント編集

初めまして。
とても内容が深くて初耳なものばかりです。
一つ疑問なんですが、オルビスの会社はどうなんでしょうか…??
オイルカットだし、肌に優しいのも売りだし…。
どうなんでしょう??
通りすがり | 2009年03月30日(月) 22:22 | URL | コメント編集

>通りすがりさん

はじめまして、こんにちは。

記事内で「中途半端に成分良好を売りにして、実際中身はそうではないものは載せなかった」ということを書きましたが、オルビスはそれに当たります・・・(^^;)
オルビスの成分の中身を見ると、オイルを使わない分、「合成ポリマー」(シリコン、ビニールのような素材)でフタをするからくりが目立ちます。また、合成界面活性剤もまったく使わないわけではなく、ちらほら使われているのが分かります。

ファンケルなども「無添加」が売りですが、何をもって無添加というかが問題であり、私は「無添加」という言葉があまり好きではありません。ファンケルの言う「無添加」の定義では、合成界面活性剤や着色料・保存料は使っていませんが、「合成ポリマー」は使っています。そこが「ひっかけ」です。
これは、「よくある質問」(カテゴリーにあります)の「成分編」の中の、「無添加なら安心ですか?」のQ&Aをご参照ください。

オルビスはどうかというと、「オイルカット」が売りですね。しかし、オイルが悪いものではありません。それどころか、スキンケアにもっとも必要なのは、皮脂・油脂だと私は思います。ヒトの肌は、「皮脂膜」で保護され、乾燥から肌を守るように出来ています。ベタベタ・ギトギトするほどの皮脂は、正常ではない過剰分泌の状態ですが(原因は、乾燥。乾燥から肌を守るために、肌が必死になって過剰分泌している状態)、理想的な状態をイメージするなら「赤ちゃんの肌」です。
赤ちゃんの肌を思い出してみると、ツルツル・サラサラ・しっとりで、ベタベタはしませんね。でもあのサラサラの状態が、「皮脂膜」に覆われた状態なのです。

皮脂膜は「肌バリア」を構成するもので、これがなくてきれいな肌は成り立ちません。

ヒトの皮脂は、「油」といってもギトギトの油とは種類が異なり、「ロウ」類です。
そのヒトの皮脂膜にもっとも近い成分・性質なのが「ホホバオイル」です。

オルビスがなぜオイルカットを売りにしているか。
昔、化粧品は「鉱物油(ミネラルオイル)」が主流でしたが、途中からそれが問題視されるブームにかわり、典型的なダメージのイメージは「オイル焼け」ですね。そういうところから、「オイルカット」が生まれたのでしょう。また、ニキビの出やすい人にとっては、オイル・油分は敵、オイルカットを使えばギトギトにならない・・・と思うのかもしれません。

鉱物油が嫌われるようになり、今では、オイルといえば植物性の油(ホホバオイル、アボカドオイル、アーモンドオイル・・・などなど)が主流になりました。これらのオイルすべてが悪いのではないし、すべてが「オイル焼け」するわけではありません。
ヒトの皮脂膜に近い「ホホバオイル」はオイル焼けどころか、ある程度の紫外線をカットする役割もあります。(ヒトの皮脂膜じたいが、ある程度の紫外線カットの作用をもっています。)
リノール酸を多く含み、酸化しやすいオイル(例:ローズヒップオイルなど)は、肌を傷めやすいので使わないほうがよい、と私は思っていますが、そのように、肌バリアを整えるのに良いオイルと悪いオイルはあると思います。

記事「角質とニキビ」に、オイルカットのケア用品がなぜ良くないのかを詳しく書いてあるので、参考にしてみてください。
カテゴリーにある「よくある質問」の「スキンケア編」に、「Q22.オイリー肌・混合肌の解消方法は?」があり、その回答にも、オイルカットのケア用品がなぜ良くないのかを載せてあります。こちらもご参照ください。

ノンノン | 2009年03月31日(火) 06:42 | URL | コメント編集

はじめまして!

こんにちは、はじめまして!
いつもいつもこちらのブログでガリ勉させていただいてます。

本当にお肌が汚く、どうしたらいいのか悩んでいたところ、
昨年末くらいに流れ流れてノンノンさんのブログを発見して以来、
ガリガリに読んでびっくり、実践してみてまたびっくりの連続です。
いままでの常識がくつがえりました!

長年の角質取りすぎの罪で、まだまだ目を見張るほどの肌改善はなされていませんが、現在石鹸洗顔・ホホバオイル・ローズ水・ケミ→ノンケミメイク移行中でがんばっているところです。

以前はまさに、オイルクレンジング(一時期はBAさんに進められるままに朝晩2回も!)、びちょびちょコットンパック、ピーリング、美白美容液に毛穴用美容液、米ぬか袋で顔をこすり、日焼け止めはSPF50・・・と大罪を犯しておりました・・・

そんな私ですが、ノンノンさん流を初めて2ヶ月くらいの今、
ご意見をお伺いしたくて、不躾ながらのカキコミでした。

仕事の関係上、メイクはそれなりにしているので、夜はオイルでクレンジングをしています。
(メイクは、ブログを参考にヴェレダデイクリームに酸化チタン配合をベースに、市販(ケミ)のルースパウダ・アイシャドウ・アイブロウ・チーク、たまにラヴェーラのリキッドファンデをつけます。)

オイルはホホバベースにグレープシードとローズヒップ(直接は悪いのかな?と思いつつ、口コミをみてどうしても使ってみたくなって・・)を混ぜたものです。

こちらでなじませ、ティッシュオフした後、普通にお風呂で石鹸洗顔しています。

が、オフ率が足りないのか、一度の石鹸洗顔では油膜感が残り、石鹸のキュッとした感触が出ません。
メイクが落ちていないのか?!と心配になり、どうしても2回洗ってしまいたくなります・・
また、朝も1度の洗顔ではキュキュッとまでなりません・・

しかしここはやっぱりガマンの子でしょうか??
上の方への、2回洗顔は危険!とのアドバイスに不安になり、質問させていただきました。

初めてのカキコミのくせに長々と申し訳ありません。
お忙しいとは存知ますが、お暇なときにでもご意見聞かせていただけるとうれしいです♪
よろしくお願いします!
べんぞう | 2009年03月31日(火) 12:45 | URL | コメント編集

>べんぞうさん

はじめまして、こんにちは。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます(^∇^)♪“ガリガリに読んで”もらえているのが嬉しいです!
この2ヶ月で、成果はどれぐらい出てきているでしょうか?

メイクを浮かせるオイルでローズヒップオイルは、たしかに、酸化しやすくリノール酸を含むので、細胞賦活作用があり、角質を剥がしやすくしてしまいますね。直後に洗い流すのなら、まだよいのかもしれませんが、調子はどうでしょうか?

石鹸洗顔で油膜感があるとのことですが、石鹸洗顔で必ずしも「キュキュッ」とするのが良い仕上がりとは限りません。キュキュッとする感覚を求めすぎると、それが角質を必要以上に奪った時の感覚でもあったりします。もしかしたら、それに慣れてしまっているので、必要以上に油膜感が気になってしまっているのかもしれません。

キュキュッとするのはさておき、石鹸洗顔の直後の「つっぱり感」なら、悪いものではないのです。ガリガリに読んでいただいているので、もうすでにご存知かと思いますが、石鹸洗顔後のつっぱり感の原因は、(1)乾燥している、(2)水の硬度成分 のどちらかorどちらも、ですね。
(詳細は「石鹸バンザイ」や「よくある質問 成分編」の「石鹸洗顔をするとつっぱり感があるのは~・・・」)

それが、軟水で石鹸洗顔すると、つっぱり感の膜が出来ず、洗顔直後にツルツル、すすぎの段階ではまだ石鹸が落ちきっていないかのようにヌルヌルした感覚になります。これは、石鹸の脂肪酸が即座に「皮脂膜」となって肌をおおってくれるからであり、即座に弱酸性にもしてくれます。化粧水はもともとさほど必要のないアイテムですが、軟水で石鹸洗顔すると、化粧水の唯一の意義の「弱酸性に導く」意義さえも必要なくなります。

もしかしたら、べんぞうさんのお住まいの地域の水道水が、軟水なのではないでしょうか?
朝の石鹸洗顔では、洗顔前にオイルを顔に付けることはないんですよね?あくまで石鹸洗顔のみで、それでも油膜感が残ると思うのであれば、それは軟水による脂肪酸コーティングの効果だと思います。

ためしに、お住まいの地域の硬度をチェックしてみてください。記事「日本全国、硬度ランキング」にランキングサイトのリンクを貼ってあります。
県別のランキングがありますが、さらにその県名をクリックすると、県の中での細かいランキングがあります。こっちのほうが重要です。県別のランキングはあまり重要ではないです(県の中でも硬度はさまざまなので、県別のランキングは、県の「平均」でしかないから。)

また、石鹸はなにをお使いですか?一口に「石鹸」と言っても、そのように石鹸の脂肪酸が肌にダイレクトに乗っかるのだと、何のオイルをもとに作った石鹸なのかが重要になってきます。
たとえば、オリーブオイルで作った石鹸だと、脂肪酸のメインは「オレイン酸」。オレイン酸の膜が、洗顔後の肌にのっかって皮脂膜となります。
乾燥している肌はオレイン酸が少ない状態なので、これが合うことが多いのですが、私の場合は、オレイン酸がメインのものよりも、パーム油による「パルミチン酸」などのほうが好みであり、肌にも合っています。
オリーブオイルの石鹸のほうが、「油膜感」のような感覚も強いと思います。
ノンノン | 2009年04月01日(水) 06:22 | URL | コメント編集

軟水は奥が深いですね。

ノンノンさん、ガリガリ(笑)ご丁寧にありがとうございます!

そうですね、キュキュッと感に関しては、ケミカル症候群に長年かかっていたので
まだ洗脳が解けていないようです(;=;)

硬度に関しては、県別平均では硬度ランキング8位の福岡ですが
浄水場別で調べると、平均硬度34の浄水場からの配水でした。
ということは、軟水寄りなのでキュキュらなかったのでしょうね。
すっかり、私のスーパーギトギト皮脂がこびりついてて・・ギャー!と心配してましたが
杞憂のようですねwwせっかくの角質を取りすぎる所でした。ご助言ありがとうございます!

そういえばたしかに、ガマンの子で石鹸洗顔1回で済ませた時はつっぱり感が少ないように思います。2度洗いしたときは、ご指摘の通りツルツルパリパリで・・
硬度の問題ではなさそうなので、乾燥か角質取りすぎだったのでしょうね。
その状態でニヤっとしたらパリッと行きそうでしたもの・・

あ、石鹸は白雪です!
口コミでイイ!とは知っていましたが、元は台所用だし・・と二の足を踏んでいたところ、ノンノンさんの記事・・vv速攻で買いに走った次第です。

とりあえず現在は、ビニールのようなツルツルペカペカでふんわり感のかけらもない肌(雰囲気伝わりますかね??)だったのが、若干シフォンベールのようなほわっと感がでてきて毛穴もたぶん小さくなったとは思います。
まあナニブン過去の過ちが大きかったのでまだまだ目立つ状態ではありますが。

では、また何かご報告することがあればカキコミさせて下さい♪
べんぞう | 2009年04月01日(水) 11:08 | URL | コメント編集

>べんぞうさん

べんぞうさんの文章、おもしろいですね(^m^) 
「ガリガリ」って言葉・表現、気に入りました。私の場合はそれに当たるのが「モリモリ」で、このブログのタイトルについてる「モリモリ!」も、「ガリガリ!」みたいな意味です(爆)


硬度34とは・・・かなり軟水ですね~~!!すばらしいです。50以下ならいいほうだと思いますよ。石鹸が泡立ちやすいし、なんていうか・・・水がやわらかい感じがします。
(私は、たしか記事内では自分の住まいが硬度75だと書きましたが、それにしてはよく泡立つなーと思ったら、どうやら見るところが間違っていたらしく(笑)、正しくは45ぐらいでした。)

そして、いくら軟水でも、2度目の洗顔でツルツルパリパリになる・・・というのは、それほど「取らなくてもよい角質まで取ってしまっている」という状態、ってことが想像できます。

シフォンベール状になってきたんですね☆ よかったです!このまま、正しいケアをコツコツ続けてみてください。
ノンノン | 2009年04月02日(木) 12:05 | URL | コメント編集

きょうしゅくです。

変な文章でお目汚し、すみません。。

というか、モリモリ笑。ガリガリ笑。
文字を打ってるだけで楽しくなりますね♪

洗顔は1回と肝に銘じておきます!
さすれば今は鼻のニョキニョキが気になってしかたないのですが笑
まあムーミン谷のニョロニョロだと思って愛いヤツよのーと愛でつつ
気持ちを落ち着かせようと思います^^

ではまだまだお聞きしたいこともありますが、
自分なりにもイロイロ考えつつ、ブログをモリッと参考にしながらがんばってみます^^

べんぞう | 2009年04月02日(木) 15:39 | URL | コメント編集

>べんぞうさん

ニョキニョキの角栓は、記事の「毛穴の黒ずみ(角栓)」を参考にしてみてください。
すでに、ガリガリに読んでいただいているかもしれませんが(笑)。

ニョキニョキは取ったり絞ったりしてしまいたくなりますが、ぐっとこらえて我慢し、自然にスルッととれてなくなるのを待ってみてください。そうしながらターンオーバーを1,2回繰り返すと、明らかに肌全体の印象じたいが違ってきますよ♪
毛穴も小さくなり、なんだか透明感が出て、角栓じたいも出来なくなります。できたとしても、針の先っちょで引っかいたかのような細いものしか出来なくなり、スルッと簡単に落ちやすくもなります。
ノンノン | 2009年04月02日(木) 16:55 | URL | コメント編集

ノンノンさんこんにちは!はじめまして!ここいちと申します。
成分というものに関心を持ち始めていた矢先に@コスメでノンノンさんのクチコミを拝見し、こちらに飛んでまいりました~

今までの間違いだらけのスキンケアに衝撃を受け、角質培養etc.が3日ほど頭から離れませんでした。。。

そして2週間ほどかけて、まだすべてではないですけど、基本的なことの記事を読みました!

角質はまだ成長中なのですが、石鹸洗顔→ホホバオイル→シアバター→ラップパックというお手入れでかなり肌の調子がいいことに感動してる今日この頃です!角質がなくなるのが楽しみです。

ノンノンさんにはホントに感謝です。

ここでひとつお聞きしたいのですが、マスカラについてです。
私もマスカラはケミカルなものを使っています。キャンメイクのお湯で落ちるタイプです。→http://www.canmake.com/eye/item_eye010.html

ですが、派手にしたいときはつけまつげを使うときもあります。
今使っているのはコージー本舗のこちらです。(接着剤)→http://www.koji-honpo.co.jp/shop/detail.php?id=1350

この接着剤はかんたんにぺろーっとはがれてくれるものです。
でも、成分が化粧品原料とかかれており?な感じです。

どちらを使うほうがお肌に負担が少ないでしょうか??
キャンメイクのほうは、お湯で落とせるものの、私の落とし方にも問題があるのでしょうが、少し目に入ってしまいます。
一方つけまつげだと、洗顔の前にぺりっとはがせばいい(肌に残らない)のでそちらのほうがお肌には優しいのか?でも接着剤の成分ってどうなんだろう?・・・
という感じで、どちらがいいのかわかりません(;´Д`)

ノンノンさんお忙しいようなので、返事はゆっくりでいいのでお答えいただけると幸いです!

長文・駄文で失礼しました!言葉足らずで意味不明な文章になってたらごめんなさい!

これからも更新頑張ってください^^★
ここいち | 2009年05月30日(土) 17:06 | URL | コメント編集

>ここいちさん

はじめまして、こんにちは。
たくさん読んでくださってありがとうございます!
これから肌がどんどんよくなっていくよう、応援しています。

それでひとつだけ・・・細かいことですが、説明させてくださいね。(単なる書き間違いだったらごめんなさい)

>角質がなくなるのが楽しみです。

角質はなくなりません(^^)ノ もしかしたら、「角栓」の書き間違いでしょうかね?
「角栓」は、乾燥が原因でできるもので、毛穴周辺の弾力が弱いため、皮脂がこびりつきやすくてたまってしまうものです。これは、肌バリアがすこやかな乾燥していない肌になれば、角栓のできない肌になります。

「角質」はなくなりません。これは、なくなっては困るものです。
角質が何層か積み重なっていて、その層をまとめて「角質層」といいます。角質層が「肌バリア」のひとつであり(もうひとつの肌バリアは「皮脂膜」)、これがあるからこそ、水分を内側にたっぷり保持でき、透明感のある肌になります。

「角質」というと、ガサガサ・ゴワゴワしたもの・目に見えるもの・・・という、足のかかとのようなものを想像するかもしれませんが、すこやかな角質層は、目に見えないものです。角質層はほんの0.数ミリです。それが、日々の洗顔で一層ずつ、するっと剥がれ落ちるべきものだけが剥がれ落ち、目に見えたり手ごたえは感じません。

垢のようにポロポロ取るのは、「角質の取りすぎ」になります。(垢=角質)

では、ゴワゴワ・ガサガサしているのはいったいどうしてか、というと、本来とっくに剥がれ落ちているはずの角質が、乾燥から身を守るためにしぶとくくっついている状態です。そのガサガサのすぐしたには、乾燥した肌があるのです。だから、むりにとってはいけません。とりあえずはホホバオイル→シアバター(&ラップパック)で落ち着かせておけば、そのうちにスムーズなターンオーバーになれば自然に剥がれていきます。

乾燥から身を守る方法は、このガサガサのほかに「皮脂の過剰分泌」という方法もあります。混合肌やオイリー肌はそれです。ガサガサタイプの場合は、皮脂分泌量が少ない(皮脂膜の形成がうまくいっていないことや、血行不良などが原因)ので、皮脂の過剰分泌の対策は取れないので、ガサガサと角質がくっつくほうの対策を取るしかない状態なのです。


マスカラの件ですが、合成ポリマーたっぷりのケミカルなマスカラですよね。ですが、マスカラに限っては、合成ポリマー無しだとすぐ色が目の周りについてしまって使い物にならないので(^^;)、私も、マスカラだけはケミカルです(ファイバーウィッグを使っています)。
お湯でするっと落とせるタイプなら、クレンジングもいらないのでいいと思います。
あとは、目に入らないように気をつけることですね。(できれば、目の周りの肌にも付けないようにすれば一番いいかと思います)

接着剤は、成分が「化粧品原料」・・・これだけでは分かりませんよね・・・(^^;) これは、メーカーに問い合わせて聞いてみるしかないでしょう。
ノンノン | 2009年06月01日(月) 05:46 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございました!

角栓の間違いでした(><;)
でも、多分きちんと理解できてなかったから間違えたんだと思います!
記事に書いてあるのに、私の間違いのせいで丁寧に説明してくださってありがとうございます!!

ほんとにノンノンさんの理論をまとめた本でも出れば良いのに~と思いながら読ませてもらってるんですよ^^

マスカラの件お答えいただいてありがとうございました!
接着剤はメーカーに問い合わせてみて、どちらを主に使っていくか検討しようと思います!

それでは、更新楽しみにしてます♪
ここいち | 2009年06月01日(月) 23:09 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年05月11日(火) 01:23 |  | コメント編集

>いちぃご さん

はじめまして、こんにちは。
アットコスメからきていただき、ありがとうございます!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!

ケミカルなものを使っている間は、乾燥状態をケミカルな成分で水面下に抑えて隠すことができますが、使うのをやめれば、水面下での乾燥の進行状態が目にみえてあらわになります(ケミカルな成分で隠さないため)。
アットコスメの「チエコ」でも、テカリの原因について私が回答していますが、テカリは、乾燥状態から身を守ろうとしての肌の防御反応のひとつです。

角質培養のケアを始めて乾燥がやわらいでくると、まず一番最初に実感するのが、必要以上のテカリ・皮脂の過剰分泌がおさまることです。
朝になっても、肌がテカテカすることなく、しっとり・さらっとした状態になっていきますよ。

挙式、おめでとうございます!楽しみですね(^^)♪
ただ、それまでに間に合うか?ということですが、角質培養の成果は、人それぞれ、今までのケアの「つけ」もありますので、なんともいえないところです。
ですが、最初の1ヶ月ぐらいの間となると、微妙なところです。
つけが多い場合ですぐに角栓ができやすい人の場合は、最初の1ヶ月ぐらいは、まず次々に飛び出てくる角栓を、抜くのを我慢して自然にポロッと落ちるのを待つ段階になります。

しかし、きたないのは角栓じたいで、それさえポロッと取れてしまえば、残る肌の状態が汚いわけではないので、とりあえず角質培養を続けてみてはいかがでしょうか。
そして、当日・前日にあまりにも角栓が飛び出ている場合には、(本当は自然に取れるまでまつべきですが)やむをえない処置として、このときだけは角栓を抜くか(う~ん・・・本当は、抜いたら振り出しに戻るのでやりたくないのですが・・・)、それか、とびでている角栓が長い場合は、なるべくきたなくならない状態に、表面上で「切る」か。

角質培養で、「乾燥がもっと進む」ということはありません。むしろ、乾燥を改善していくのが角質培養の行為ですので。
乾燥度合いが強くなったと感じるとしたら、ケミカルなもので水面下に隠していた状態が、ケミカルな成分を使わずにおさえつけないため、表面上に乾燥状態があわらになっただけです。
ホホバオイル→シアバターのケアでも間に合わないと感じるようでしたら、「クリーム」でしっかり保護してください。
(カテゴリーの「よくある質問」のスキンケア編 Q28をご参照ください。)
ノンノン  | 2010年05月11日(火) 07:57 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年05月11日(火) 14:00 |  | コメント編集

>いちぃごさん

こんにちは。
その後、調子はどうですか? 挙式までソワソワしますね。

>ラップパックでのかゆみ
ラップパック、その後もかゆみが出る状態ですか?
乾燥している状態でラップパックだと、ラップが刺激になってかゆみが出ることがあるかもしれません。本来は、ラップそのものが皮脂膜の一時的な代用(膜)となり、水分を一時的に角質層に閉じ込めるのですが・・・それじたいが刺激となってしまう場合は、クリームなど、皮脂膜の代用となるもので膜を作ってからやったほうがいいかもしれません。
(シアバターでもいいのですが、本当は、ホホバオイル→シアバターの2段階、またはホホバオイルのみほうが、初期のケアには適しています。)

>フェイスパウダー
フェイスパウダーの配合は、色無し(酸化鉄なし)なら、気にしなくてもよいです。1:1でも2:1でも、目分量でもかまいません。

>脱毛サロン
私の行っていた脱毛サロンは、回数無制限などお得はお得で良かったのですが、その代わり、ものすごく安い、というほどでもなく、今はもっとお得なところがあるかもしれません。
また、店舗によって多少、キャンペーンが違っていて、値段の設定も違うようです。
いちおうお店の名前をあげておくと、「ワンダーアップ 上野店」です。
ノンノン  | 2010年05月14日(金) 13:25 | URL | コメント編集

ありがとうごさいます(*^▽^*)

ノンノンさん、こんにちは☆
お返事、ありがとうございます!!とっても嬉しいです(o^U^o)

ラップパックはあれからお休みしてしまいました(焦)
ノンノンさんのご意見を伺ってから再挑戦しようと考えておりました。
やはりシアバターのみのケアでは、適していないんですよね(;△;)

あれから、ノンノンさんの記事でまだ読んでいなかった所&皆様のコメントを読みあさって(笑)
クリームとして『ワセリン』を塗ろうと思ったのですが、『ヴァセリン』しか見あたらず、塗ってから成分を見てみたら『BHT』という成分が発ガン作用があると、調べたら出てきたので(驚)ひぃ!!っと思い、今までの化粧品(捨てる予定)の入ってる袋に入れました・・・。代わりに『プロペト』があったので今は、夜の洗顔後に『プロペト』を塗っています。

朝は『アイリスデイクリーム』(旦那に内緒でフライングで買いました)と、化粧下地『ロクシタン イモーテルベリープレシューズフリュイド SPF40』だけつけています。こちらの成分が箱を捨ててしまったので分からないのですが、きっとケミカルなものが入ってる気がします。。。

配合率は目分量でもいいんですね(*^▽^*)
お給料日にぴのあでコーンスターチとセリサイトを注文しようと思います♪
あとですね、また質問で申し訳ないのですが、ノンノンさんは作ったフェイスパウダーなどは
どんなケースに入れていらっしゃいますか??
パウダーを付ける時はブラシですか??
もし、ブラシなどでオススメの物があったら教えていただきたいです(o><o)””

サロンも教えていただき、本当にありがとうごさいます(。・O・。)
店舗やキャンペーンによって違うかもしれないんですね。
ワンダーアップ 上野店も含めて、色々なお店で検討してみます♪

あと『白雪の詩』は赤ちゃんに使っても大丈夫ですよね??
今、市販の無添加の牛乳石鹸を使ってるのですが(『無添加』の本当の意味を知らず、
安心しきって買ってしまいました(涙))
きっと『白雪の詩』の方がお肌に優しいだろうなと思いつつ、ノンノンさんに聞いてからと思っております(。><。)
なんでも聞いてしまってすみません。。。

挙式まで本当、ソワソワして落ち着かないです(笑)
実は明日19日、ヘアメイクのリハーサルをやるのですが、今、角栓がたくさん育ってきているので
嬉しいような悲しいような・・・。
特にノンケミカルの美容室ではないのできっとケミカルなメイク用品ですよね(。uu。)
でも、地道に角質培養がんばっていきたいと思います!!!

またお話聞いていただけると嬉しいです(*^O^*)
長々と失礼いたしました~(ouuo)
いちぃご | 2010年05月18日(火) 16:23 | URL | コメント編集

>いちぃごさん

こんにちは。

>作ったフェイスパウダー
私の場合は、普通のパフではたいてつけています。フェイスブラシでもよいのですが、いい素材のものでないと、チクチクしますよね? しかし、質の良いフェイスブラシは高いので・・・(^^;)そういう理由で、私はパフです。
なので、フェイスブラシが使いやすければ、それでもかまわないと思います。

また、過去の記事にも書きましたが、パフ・ブラシは毎回「使うたびに」洗ってあるキレイなものを使うほうがいいです。たまに、ファンデのコンパクトの中に入れたパフが、すごく汚い人を目にしますが(^^;)、毎回キレイなものを使う習慣を身に着けると、ああいうのは我慢できなくなります(笑)。下着を毎日取り替えるのと同じ感覚です。
意外と、これだけでも肌のレベルは上がる・・・というか、肌トラブルがひとつ減りますよ♪
一度使ったパフ類は、雑菌が繁殖しています。
そう考えると、高いフェイスブラシの場合、毎回取り替えるとなると、何本も用意しなくてはならなくなります。なので、安く手に入る普通に肌触りのよいパフが手頃かもしれませんね。

作ったパウダーの入れ物も、これまた使いやすいものであれば何でもいいと思います。パフやブラシを突っ込みやすい入れ物であれば。
今まで使っていた、市販のパウダーの空きケースを利用してもいいでしょう。


>白雪の詩
私も、これから出産を迎えるので(予定日まで1週間となりました!)、赤ちゃん用として何を使うかはまだまだこれから勉強しなければなりませんが、基本的に成分が安全でよけいなものが入ってなければ大丈夫かと思っています。
白雪は「純石鹸」でよけいなものが一切入っていない、石鹸の基礎そのものなので大丈夫と思っていて、一応調べてみたところ、赤ちゃん用としても大人気だということが分かりました。
ケミカルな成分たっぷりのボディ洗浄剤で湿疹が出た場合でも、白雪に変えたとたん、治ったという例も少なくないようです。

「牛乳石鹸」はやめたほうがよいでしょう。
理由は、石鹸を作る際のもととなる油脂が牛脂という動物性であることや、「酸化チタン」(紫外線カットや、ファンデ類のカバー力を出すために使われる成分)が入っているのが良くないです。酸化チタンは、日焼け止めに必ずといっていいほど入っていて、このおかげで紫外線(UVB)をカットしますが、そのかわり肌に乗せている間は多かれ少なかれ、肌に負担をかけます。ですから、洗顔で落とさなければならない成分ですが、その石鹸じたいにこれが入っているとは・・・(^^;)
どうやら、石鹸を固くするために配合されているようですが、邪道ですよね。

ノンノン  | 2010年05月19日(水) 10:31 | URL | コメント編集

初めまして!

@コスメから飛んできました!
17歳の高校生です。

肌荒れで悩んでましたところ、ノンノンさんのブログを読んで感動しているところです!

前から無添加などには興味があり、化粧水などは無印の無添加化粧水にするなど若干気を遣ってはいましたが、完全に無添加という言葉に安心しきっていたことにノンノンさんのおかげで気づくことが出来ました!

手作りフェイスパウダーなどもやってみたいですが、さすがに全部はちょっと難しいので・・・(ちなみに今はチャコットさんのパウダーを使ってます。やっぱりやめた方がいいですか?)

できることから始めさせていただきたいと思います!

まず白雪の石けんは前に使ってたことがあるので、また使おうと思います♪

後、さっそくホホバオイルというものを、高校生のサイフでも手が届きそうな値段なので、一度買ってみたいのですが、やはりぴのあさんのホホバオイルがいいですか?

それとも東急ハンズなどにも売ってたりしますか?

前にも同じ質問があったらすみません!

お返事お願い致します★
あみ | 2010年06月12日(土) 00:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/54-10dc2025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。