All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.05 (Fri)

その3.(20)角質とニキビ

こんにちは。

今日は、「ニキビ」について書きます。
そういえば、都内の某所に「にびき」というフグ屋さんがあります。「びきに」でも「にきび」でもなく、「にびき」。どういう意味なんだろう?といつも思ってます(笑)。・・・って、どうでもいいですね (^∇^;)





●ニキビの原因
①過剰な皮脂 (※10代・思春期は、ほとんどはコレが原因)
ストレス
睡眠不足便秘ホルモンのバランスの乱れ
乾燥肌、肌バリアの弱まり
⑤脂っぽいもの、甘い物、アルコールなど糖分の多い食事、辛い物など刺激の多い食事。
⑥鉱物油や刺激性の強い成分を含む化粧品
⑦洗顔に使う水道水の塩素
⑧運動不足・筋力の低下による、血行不良・新陳代謝の悪さ。
⑨婦人病(多嚢胞性卵巣など)


これらのうち今回は、④について書きます。これは、「角質」と関係あります。今日のタイトルの「角質とニキビ」と言うと、角質が溜まってニキビになる、というイメージを持ったでしょうか?実はこれがその反対!
角質を取りすぎる、いわゆる角質培養と真逆の行為をすると、ニキビが出来やすくなります。それは、角質を取り過ぎると「乾燥肌」になり、水分保持力が弱く、弾力がなく、皮脂のこびりつきやすい肌になるからです。
また、美肌になろうとして角質培養をしたのに、なぜか角質培養を始めたとたんにニキビが出来る人もいるようです。それはどういうことか???

では、これらについて詳しく説明しましょう。


~~その前に~~
ちなみに、⑦の水道水の塩素の件の対策を書いておきましょう。「アスコルビン酸(ビタミンC)」の粉末を溶かすと、塩素が還元されます。私も、その方法で塩素除去対策をしています。洗面器などに水道水をため、そこにアスコルビン酸の粉を少し入れて、かき混ぜて溶かしてから使います。薬局でも売っています。

ビタミンC「アルコルビン酸原末」200g 1,480円








●「角質を取りすぎる」とは (おさらい)
角質は1日1日、1層ずつ育っていて、下から上へと押し上げられています。角質は、取れるべき時がきたら、自分で取れていきます。通常の石鹸洗顔でするっと落ちる、目に見えないレベルのもの。意識してあえて取る行為は、必要ありません。

これを無理やり、意識して取るとどうなるか。
まだ取れる予定でなかった上部の角質層が剥がされると、下部は、まだ十分に成熟した細胞でない、上部へ出る準備が出来ていないので、大慌てで「準備」をします。しかし、即席で出来上がった角質層は、水分保持力も弱く、スカスカの乾燥肌にしかなれません。
   セラミド1 



また、即席で作られたため、急きょ、毛穴の斜めの部分に細胞が作られるため、すり鉢状になり、毛穴の目立つ肌になります(=「不全角化」)。また、弾力がないため皮脂がこびりつきやすく、すり鉢状の毛穴のまわりに皮脂が溜まり、角栓となり、これが悪化するとニキビになります。
   r_04_05_b.gif







●オイリー肌・・・実は乾燥肌?
ニキビの理由①にあるよう、ニキビというとオイリー肌の人の典型のように思いますが、実は④のように乾燥肌で弾力がないからこそ、皮脂がこびりつきやすい場合もあるのです。
10代のニキビは、ほとんどが①の皮脂の過剰分泌ですが、一般的に、皮脂分泌の量は年齢とともに減っていきます。
また、だんだんとメイクをするようになってクレンジングに手を出したり、洗顔の回数が増えたり、あぶらとり紙を使うようになったり、いろいろなケア用品を使い、それらの成分に原因があったり・・・など、角質をあえて取る行為・角質をいつのまにか取り過ぎになっていることが増え、それらが乾燥肌の原因です。

そして、乾燥肌は、混合肌と隣り合わせ。乾燥するのに、Tゾーンだけはテカテカする人も多いでしょう。それは、肌バリアが弱まっているために起こる「皮脂の異常分泌」です。乾燥している肌を、皮脂がなんとか潤そうとして必死で分泌しています。しかも、皮脂膜の形成がうまくいっていないと、皮脂が留まるところがなく、どんどん出てしまうのです。


このように考えると、オイリー肌だと思っている人も、実は、皮脂の過剰分泌は、乾燥が原因かもしれません。さきほど言ったように、一般的には、年齢とともに、皮脂分泌の量は減っていくので、いつまでも10代・思春期のニキビと同じような、「皮脂の過剰」というシンプルな原因とは限りません。乾燥肌をまねく行為、思い当たることはないでしょうか。


オイリー肌向けにオイル成分をまったく含まない化粧品もありますが、オイルを使わない化粧品が、すぐれた化粧品とは限りません。
肌には皮脂膜が形成されなければすこやかな状態は保てない・育たないし、その“補強”や“保護”として、オイルがケア用品に取り入れられるのは自然な流れです。私は、化粧水は無くてもよいものですが、皮脂膜の代用となるもの(オイル、クリーム)こそ、一番必要なアイテムだと思っています。

そういうわけで、オイリー肌も実は乾燥肌が原因の過剰分泌の可能性もあるのですが、もしそうだとしたら乾燥しないようなケアが必要です。しかし、それに気づかず、オイルを使わない化粧品ばかり使うとどうなるでしょうか。オイリー肌だから油分はいらない、と思い込んで皮脂を取ることばかり意識すると、いつまでも乾燥は防げず、過剰分泌は続きます。「さっぱりタイプ」でキュッキュッとなるほどの洗顔料や、とにかくさっぱり系ばかりのケア用品、そして、過剰分泌してベタベタした肌を何度も洗うこと・・・。これらは、角質までもムダにとってしまい、乾燥へまっしぐらです。

確かに、オイリー肌の人がオイルを使わない化粧品を使っているうちは、ニキビは出なくなるかもしれません。が、それは、「皮脂がこびりつきやすい肌」なところに、その皮脂の元となるオイルを付けないから出来ないのであって、もっともなことなのです。しかし、根本的な解決にはならないでしょう。根本的なところから改善するなら、「皮脂がこびりつきやすい肌」自体を治すべきです。


「皮脂膜」の話となると、やっぱり出てくるのはホホバオイル
皮脂膜の成分ととてもよく似ています。化粧品の「クリーム」というのは皮脂膜の代用として使うものですが、皮脂膜になるべく近い性質を求めるため、ホホバオイルがよく使われます。
ホホバオイルは、「オイル」という名称はつくものの、実際はロウで、液体ワックスとも言われ、ベタベタせず、時間がたつとしっとり&サラッとなじみます。人の皮脂膜は、「オイルが分泌された」とはいえ、ベタベタしませんよね?過剰分泌をのぞけば、の話です。分かりやすいイメージなら、肌の状態がすこやかな理想的な例として、赤ちゃんの肌。皮脂分泌が正常で、皮脂膜に守られています。その皮脂膜はベタベタしませんよね?ホホバオイルも、まさにそのような状態を作ってくれる、ベタベタしないオイルです。
だから、ホホバオイルは「過剰分泌を防ぐ」という効果も持っています。肌に付けると、皮脂分泌が正常に働いているのと同じ状態にしてくれるからです。
(詳細記事 → ホホバオイル~皮脂膜と同じ成分~

ホホバオイル(50g入り) 1,071円




よって、すこやかな肌というのは、角質層が無理やり剥がされることがなく、成熟していて、水分をたっぷり保持できる肌。そして、皮脂分泌が正常で、天然の皮脂クリーム(皮脂膜)がある肌です。
角質層と皮脂膜、この2つがセットで、「肌バリア」になります。
水分保持

肌バリアの形成は、角質を意識して取らないこと(=角質培養)に尽きますが、裏技として、「ラップパック」をすると、順調に角質培養がすすむ、好循環が続きます。
(詳細記事 → ラップパック~角質培養の“波”に乗るケア~







●角質を取ると出来るニキビ
角質を無理やり取るケア用品で、典型的なのがピーリング石鹸の多用です。鼻の頭にはりつけてびりっと剥がす、角栓を取るシートもあります。あれは「角栓」を取るのが目的ですが、結果的に、角質も一緒にごっそり取っています。

角質層は、先ほどまでに出てきた図で見るとおり、何層も重なっているものですが、その層は実際のところ、ほんの0.2ミリほどしかない薄さです。そこにシートなどを貼り付けて剥がしてしまうと、ごっそり角質が取れてしまいます。また、シートタイプでなく角栓を溶かすタイプならよいか?と言えば、なかなかそう上手くいくものが無いのが現状であり、角栓のまわりにはこれから育つべき角質もくっついているので、一緒に取ってしまいかねません。角栓は、取ることを意識するよりも、放置しておくほうが、後々キレイになくなります。ターンオーバーを繰り返せば、自然に取れるものです。

角質を取り過ぎる行為は、洗顔のしすぎや、ゴシゴシこすりすぎ、熱湯での洗顔、合成界面活性剤、・・・などが挙げられます。


しかし、角質を取るつもりはないのに、角質が取れやすい成分を含んだものを、知らずに使ってしまうこともあります。合成界面活性剤や合成ポリマーなしの、いわゆるノンケミカルのケア用品でも、です。私の場合、最近では「シルクパウダー」がそうでした。シルクパウダーにも成分によって2種類ありますが、「セリシン」を含んだシルクパウダーは、角質を取ってしまいます。(詳細記事 → シルクパウダーの使い分け

これを調べたところ、細胞賦活作用とのこと。まだまだこれについては調査中ですが、思い当たるふしがいっぱいで、しかも身近な商品、話題の商品の成分を見ると、ノンケミカルのものでも、「良い成分」としてたくさん配合されていることに気づきました。なるべく、このような成分を使わないものを選ぶと、角質を守ることにつながると思います。
(詳細記事 → 細胞賦活作用


角質を取り過ぎるとニキビができるのは、ずばりこういうことです。
角質を無理やり取る → 乾燥肌になる → 不全角化したすり鉢状の毛穴 → 弾力がないので皮脂がこびりつきやすくなる →溜まって角栓ができる → 悪化してニキビが出来る。








●角質が溜まって厚くなるのがニキビの原因・・・という説
「角質が毛穴周辺に溜まる、つまり、角質が厚くなるからニキビが出来る、だから角質は取ったほうがよい」・・・との説もあり、「ピーリング」が広まりました。しかし、私はその説は要注意だと思っています。たしかにその理論も分かりますが、今は、角質が厚くなる状況よりも、角質が取れやすい状況のほうが圧倒的に多いと思うのです。

昔に比べて、角質を取るもの・いつのまにか取ってしまう成分を含んだものが多く、まわりにあふれるようになりました。ケミカルな化粧品が圧倒的に主流で、合成界面活性剤をたっぷり使って肌バリアを壊す「美白剤」もメジャーな存在になりました・・・。ケミカルな化粧品は、合成ポリマーたっぷりで、それらでメイクしたら、落とすには強力な洗浄剤が必要になり、石鹸洗顔だけでは不可能になってしまいます。それで、「オイルクレンジング」や「ダブル洗顔」も浸透してしまいました。そして、化粧水こそが保湿してくれるもの・・・という間違い。さらには、コットンパックも広まりました・・。

オイルクレンジング」、あれは合成界面活性剤のかたまりとも言えるもので(その配合率は、食器洗剤とほとんど変わらない!)、たんぱく質を溶かしてメイクを落とすという、ごっそり角質を取る典型的なものです。しかも、あれを使って角質を取った上に、ダブル洗顔として、もう一度洗顔するんでしたっけ?洗顔は、安全な石鹸にしろそうでないにしろ、回数が多ければ多いほど、角質を1層、1層と取ることになります。ダブル洗顔じたいも、洗顔のしすぎに入ります。

合成ポリマーを使わないメイク用品にすれば、1回の石鹸洗顔でメイクも落とせます。もしも、目元のしっかりメイクの落ち具合が不安なら、「オイル」(オイルクレンジング、でなく)そのものでクルクルとメイクを浮かせ、拭き取ったりせず、その後、そのまま石鹸洗顔します。朝のすっぴん時は水洗顔のみでもオッケーですが、皮脂・油脂の「酸化」のことを考えれば、石鹸洗顔しておくのが理想。(詳細記事 → 酸化と洗顔) このように、1日の洗顔は朝・夜の2回まで。やむをえないなら3回までがギリギリでしょう。

ある意味、コットンパックも洗顔のしすぎの一種と言えます。角質層を水びたしにすることは、角質層をふやかし、皮脂膜を流してしまうので、肌バリアをこわすきっかけになります。
(参照記事 → コットンパックをやめた理由
保湿したいなら、コットンパックよりも、ラップパックがおすすめです。


このように今は、角質を取り過ぎる要素にあふれているので、角質が溜まって厚くなるほうの心配は、あまりしなくてもいいかと思います。それよりもやはり、「角質の取り過ぎで乾燥肌になり、皮脂がこびりつきやすい肌になる」ことの危険に注意するべきです。

本来は、「角質培養」じたいが意識してやることでもなく、“当たり前”の行為のはずでした。昔は、それほど強い洗浄力を持つものの無かったのだと思います。だからこそ昔は今と違って、角質がたまりやすく、時々それを取ってあげるケアをするぐらいがちょうどよかったのでしょう。生活の知恵で、「うぐいすのふん」で角質を取ったり、米ぬか、あずきの粉・・・などで洗ったりする民間美容法があったようです。今でもそれらを使ったスキンケアグッズは売られていますが、今ではピーリング石鹸と同じく、「角質の取り過ぎ」を助長するだけのものになってしまいました・・・。もし使うなら、足のかかと対策に使いましょう。

今では、意識的に角質培養しよう!と注意しておかないと(注意してケア用品を選ばないと)、角質を取るつもりが無くても取りすぎになりかねません。ケア用品の選び方と、ケアのやり方に注意して、角質を取り過ぎないようにしましょう。








●角質培養を始めたとたんに、ニキビが出来るケース
美肌になるために、と思って角質培養を始めたのに、なぜかニキビが発生する場合があるようです。これも理由を考えてみましたが、結局、同じことです。

角質培養を始めたとたんにニキビが発生するタイプは、先ほどの「皮脂がこびりつきやすい」状態にすでになっていて、いつでもニキビが出来やすい状態にあるのです。つまり、いつでもニキビの準備はオッケー、という状態。

しかし、角質を取ることを日常的にやっているので、ニキビが出来る寸前に根こそぎ角質ごと取っている・・・。 しかし、これは肌にとって良い行為ではないのは、言うまでもありませんね。いくらニキビが出来る前にその芽を摘み取るとはいえ、角質層ごと取ってしまっては、元も子もありません。どんどん乾燥肌が進み、ニキビは表面上は出来ないものの、実は出来やすい肌・いつ出来てもおかしくない肌が着々と作られていて、「意識して、角質を取る」のを辞めた瞬間に、待ってましたとばかりにニキビが出来てしまうのです。角質培養が悪い結果をまねいたのではありません。



角質を取らないことは、角質を溜め込むこととはちょっと違います。(ですから、角質培養は、別名「垢ため」とも言われていますが、私はそのいい方はなんとなく好きではありません。笑) “溜めこむ”という言い方だと、どうしても角質が厚くなるイメージがありますよね? だから、そこでニキビが出来てしまうと、肌が悪化したと思って辞めてしまう人もいるのです。

角質は、「溜まる」というよりも、一層一層、育っているのです。だから、通常の石鹸洗顔で、取れるときがきたら、自分でスルッと取れてくれます。



さて、「ニキビの準備オッケー、いつでもカモン!」で、角質培養と同時にニキビが発生した人は、出たニキビをどうすればよいのか。白ニキビ(コメド)程度なら、角質培養に切り替えた初期段階は、辛抱するしかありません。その時期が過ぎるのを待ちましょう。


白ニキビまでで抑えられればいいのですが、万が一悪化して赤ニキビになってしまった場合はそれ以上、悪化させないようにすることが必要。

赤ニキビとは、毛穴の中でアクネ菌が増殖し炎症をおこした状態です。毛穴に貯まった皮脂を栄養にしてアクネ菌が繁殖して、毛穴の内部の皮脂が腫れあがり赤くなった状態のものです。
出来はじめは痛かったり、かゆかったりします。ひどくなると膿をもつようになり、見た目もかなり大きくなってしまいます。いったん化膿(炎症)が起きてしまうと、白血球がにきび菌を攻撃し、この時、周囲組織が傷害され、にきび跡(凹凸・赤み・色素沈着・嚢腫・硬結など)につながってしまいます。

赤ニキビがひどいようなら、病院などで専門の薬をつけたほうがいいかもしれません。しかし、美容皮膚科に行くとピーリングをすすめられる可能性もありますので、間違ってもピーリングなど「角質を取る」ことはしないようにしましょう!

白ニキビまでで抑えるには、保湿が重要ですが、基本的に、角質培養と同じようなケアをしていれば良いでしょう。保湿といっても、先ほど言ったように、化粧水のつけすぎ・コットンパックは逆効果になります。それより、ラップパックのほうが効果的です。角質培養を順調にすすめ、正しいターンオーバーを進めやすくして、好循環が続きます。
(詳細記事 → ラップパック~角質培養の“波”に乗るケア~


ターンオーバーは28日周期ですから、少なくとも1ヶ月は我慢です。が、今までのツケがあれば、1ヶ月だけでは、満足のいく肌の状態にはならないかもしれません。
しかし、1ヶ月目、2ヶ月目・・・と日を追うごとに、良くなっていくことは確かです!じょじょに、ニキビのできない(=皮脂がこびりつきにくい=角栓ができない)肌になっていきます。放置しておいた角栓も、ターンオーバーを繰り返すことで、いつの間にかなくなります♪



角質培養で、角栓ゼロでニキビと無縁の、プルプル肌をめざしましょう!!



ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位を見たい方も、クリックどうぞ^^
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

22:13  |  3.角質培養  |  TB(1)  |  CM(69)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして、ノンノンさん。
@コスメをみてこちらに来ました。
私はノンケミコスメを秋から始めたのですが、はじめの2週間くらいすごく調子よかったのですが(このときはハウシュカを使っていました)、それからかゆみが出てニキビだらけになってしまいました。
もう1ヶ月半くらいニキビだらけなんです。
まさに角質培養で、ニキビ、の典型だと思います。
赤ニキビもひどくなってきているんですが、このまま角質培養していけば治ってきますかね・・・?
今はヒアルロン酸を入れた手作り化粧水にホホバ油のみ、を実践しているんですが、日中は乾燥しているのにおでこが油うきしているようで(テカってはいませんが)、おでこにも顎にもニキビ大量なんです。デイクリーム等使用した方がいいのでしょうか?パックスナチュロンの日焼け止めだけつけているんですが・・・日中のニキビ出現はまったく治まらないんです。
長くなってしまってすいません・・・
なにかアドバイスがありましたら、お願いします。
ちょう | 2008年12月09日(火) 18:14 | URL | コメント編集

>ちょうさん
はじめまして。こんにちは~!
@コスメからのご来訪、ありがとうございます(^^)

ノンケミカルに切り替える前は、どのようなケアをなさっていましたか?もしその時、角質を取るようなケアをしていたとしたら、その影響も考えられます。まさに、ブログに書いたとおり、水面下の乾燥でニキビがいつできてもおかしくない状況だった、という意味です。

・・・が、最初の2週間は調子よかったんですよね?う~む。。。
ということは、最初良くて後で悪くなるパターンだと、「細胞賦活作用」かもしれません。
細胞賦活作用の記事→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/blog-entry-66.html

この作用をもつ成分は、ケミカルな成分としては捉えられていないので、ノンケミカルの商品にもたくさん入っています。世間では、「肌に良くないもの」という認識はまだ無いようです。ですが私は、「角質を取る」作用があるなら、毎日、常に使い続けるには肌に良いものではないと思っています。
肌が荒れている時は良い成果を出してくれますが、その後が問題。せっかく肌が良い状態になったのに使い続けると、逆効果になってしまいます。また、最初から肌が良い状態なら、“余計なお世話”になってしまいます。

使っていたのは、ドクターハウシュカのどの商品でしょうか?


それから、これからのケアですが、ニキビ発生は、乾燥によって皮脂がこびりつきやすい状態になってのものだと思うので、保湿ケアが重要になってきます。乾燥しているのにおでこがテカるのも、混合肌の表れでしょう。

保湿ケアの仕方は、化粧水はつけ過ぎに注意してください。化粧水で保湿効果は多くは望めませんし、つけ過ぎると逆に肌バリアがもろくなり、乾燥しやすくなります。化粧水は、必死になってつけなくても大丈夫、むしろ、しなくてもかまわないぐらいのアイテムです。

ホホバオイルは問題なしです!

あと、日中のクリームですが、ホホバオイルをメインとしたクリームが理想です。今の時期は空気が乾燥しているので、日中は皮脂膜を補強する意味でもクリームを塗ったほうがよいです。

ノンケミカルなメーカーのクリームは色々ありますが、さらに「細胞賦活作用」も無いものを厳選すると・・・ヴェレダのアイリスシリーズが安心です。中でも、成分てきに優秀なのは、デイクリームです。

パックスの日焼け止めのみ、とのことですが、クリームの役割もかねていれば問題ないのですが・・・なんと、これはノンケミカルですが、細胞賦活作用を含む「スクワラン」「ヒノキチオール」が入っているので、乾燥していると思われる今は付けないほうが無難かもしれません。

・・・となると、どの日焼け止めがいいの?!ってことになってしまいますが、幸い、今の時期は、外でお仕事されていないならば日焼け止めが無くても大丈夫ですよ。私も今は日焼け止めを塗っていません。

それでも、外に出たときの紫外線が気になるなら、手作りしかなくなってしまいますが・・・。一から手作りしないのなら、「酸化チタン」の粉末を湯煎したクリームに混ぜる方法もありますが、ヴェレダのクリームにそれをやるのは、少しもったいないですけどね(^^;) 私は、余っていたヴェレダのアイリスモイスチャークリームで作りましたが・・・。

クリーム以外では、紫外線カットできる「酸化チタン」入りのパウダーを付ける方法があります。コーンスターチorセリサイトの白いパウダー(基材)に酸化チタンを少し混ぜます。酸化チタンを多く入れすぎると白浮きするので、少量にしてください。また、これはSPFを高くは望めません。(白浮きとの兼ね合いで。)

ふだんメイクをされないのであれば、クリームを塗った上に、このお粉を薄くはたいてもオッケーだと思いますよ。私は、ふだんは、酸化チタン無しのパウダー(コーンスターチ&セリサイト&マイカ)ですが、時々、天気の良い日は、酸化チタン入りのものを付けることもありますし、さきほどの、酸化チタン入りのクリームを塗ることもあります。

それから、保湿しつつ正しいターンオーバーで乾燥を根本から治していくには「ラップパック」がオススメです!ブログ内でも、「ラップパック~角質培養の“波”に乗るケア~」というタイトルで書いたので、参考にしてみてください。特に、お風呂上りの乾燥しやすいタイミングでやるといいですよ。ラップパックは、お風呂上りに髪を乾かす時にやっておいたり、歯みがきをしながらやっておけたりと、“ながら”で出来るし、簡単です。好循環が続いて、どんどん回復していくと思います。


・・・長々と書いてしまいましたが、分かりにくいところがありましたら、何でもおっしゃってくださいね(^^)ノ 治せない乾燥肌は無いはずです!焦らず、がんばりましょうね。
ノンノン | 2008年12月10日(水) 10:48 | URL | コメント編集

ノンノンさん、アドバイスありがとうございます~!!
アイリスデイクリームですね、チェックしてみます!!
それと、ラップパックを毎日やるようにしたいと思います。

ハウシュカを使う以前は、オルビスを使っていました。
ノンオイルのものだったので、やっぱり仰るとおり、ニキビいつでも来い!状態になっちゃっていたと思います・・・
ハウシュカはフェイスウォッシュクリームとフェイスコンディショナー、そしてリバイタイルパッククリームをデイクリーム代わりに使っていました。2週間くらいでおでこがすごくかゆくなってしまって。そこからは坂を下るように・・・ー_-

最近はほんと、顔中プツプツで、ニキビの悪化が怖くてメイクはしていません。幸い、外での仕事ではないので、パックスの日焼け止めはストップしようと思います。パウダーの手作りも、メイクができるくらいお肌が回復してきたら、やってみようと思います^^

治らない乾燥肌はないんですねT_T
今は生活習慣もできるだけ見直して頑張るつもりです。(余談ですがケミカルコスメを使っていたときはチョコレートをたくさん食べてもあまりニキビが出来なかったんですよ・・・でもインナードライは進行していました・・・)
ケミカルコスメに戻した方がいいんだろうか?!って思っていたんですが、やっぱケミコスメは怖いですね。
本当に健やかな角質になれるようにがんばります!
ちょう | 2008年12月10日(水) 12:54 | URL | コメント編集

>ちょうさん

あとでレスしますね。とりあえず下記はメモです。

●フェイスウォッシュクリーム
水、アーモンド、アンチリスブルネラリア花エキス、トウキンセンカエキス、エタノール、ピーナッツ油、コムギ胚芽油、カミツレエキス、セイヨウオトギリソウエキス、ハマメリスエキス、アーモンド油、アルギン酸Na、アセロラエキス、キサンタンガム、ダマスクバラ花油

●フェイスコンディショナー
水、アンチリスブルネラリア花エキス、エタノール、ハマメリスエキス、香料

●リバイタイルパッククリーム
水、クインスシードエキス、エタノール、グリセリン、コムギ胚芽油、アンチリスブルネラリア花エキス、ルリジサエキス、セテアリルアルコール、キョウニン油、ピーナッツ油、カミツレエキス、ホホバ油、ベントナイト、カロットエキス、キサンタンガム、レシチン、香料、プロポリスワックス、銅クロロフィリンNa
ノンノン | 2008年12月10日(水) 14:16 | URL | コメント編集

>ちょうさん

ドクターハウシュカで使っていたという上の3点で、成分から「細胞賦活作用」のあるものが無いか、チェックしてみました。その作用がある成分を下記の通り、抜粋します。「・・・」の右に表示したのは、細胞賦活作用を実際に行う成分です。

・トウセンカエキス ・・・サポニン
・ピーナッツ油 ・・・リノール酸
・コムギ胚芽油 ・・・リノール酸
・セイヨウオトギリソウエキス
・アルギン酸Na ・・・ムコ多糖類
・キョウニン油(杏仁油) ・・・リノール酸
・カロットエキス ・・・ビタミンA
・プロポリスワックス ・・・フラボノイド(ユーカリなどが由来)


・・・というわけで、フェイスウォッシュクリームと、リバイタルクリーム、いずれも5個ずつこれらが入っていました。おそらく、これが、「最初は調子良かったのに、後からどんどんニキビが出来始めた」現象の原因かもしれません。

次のように、流れを推測してみました。

オルビスを使っていたとなると、オイル成分無しなので、たとえ乾燥していてニキビがいつ出来てもおかしくないのにオイルをまったく与えないので、ニキビが出来る「もと」を与えなかったんですね。
しかし、オイル無しということは、水分を入れ込んで合成ポリマーでフタしているので、潤っているようでも実は表面だけで、インナードライになっていても気づかないことが多いです。

そこへ、合成ポリマーを含まず、そしてオイルでのケアが入ってきたのですが(ハウシュカで)、細胞賦活作用により最初は良くもなったものの、使い続けることでまた角質が無駄に取れたのでしょう。さらに、ケミカル使用時期のインナードライがあらわになって、ダブルで、乾燥肌=皮脂がこびりつきやすい状態になった。

・・・というわけです。

ニキビは、白ニキビ(コメド)で、色の無いものでしょうか?そのまま、赤ニキビへと進行しないよう、保湿ケア(ラップパック、ホホバオイル、クリームで保護)で様子を見てください。
がんばりましょう!
ノンノン | 2008年12月10日(水) 16:02 | URL | コメント編集

ノンノンさんの推測どおりだと思います・・・!!
夏頃、インナードライが酷くなっていることに気づいて、それからノンケミコスメを使い始めたんです。
ではやっぱり、ハウシュカの洗顔料とパックは、もうあまり使用しないほうがよさそうですね。(もう使ってないですが^^;)
今は細胞賦活作用のあるこれらを使ってみてもニキビが治らないので、やはり保湿を続けていくのが一番なのでしょうね。ラップパックやります!!
ニキビは、はじめのうちは白ニキビがたくさんできて、最近は痛がゆい赤ニキビもできています><
乾燥肌でニキビができているなんて、今まで思いもしませんでした・・・間違った知識が世に流れていて、自分もそうだと思いこんでいたんですね。
乾燥肌を治してツルピカ肌☆を手に入れられるよう頑張りますね。
ありがとうございます!
ちょう | 2008年12月10日(水) 18:21 | URL | コメント編集

>ちょうさん

ハウシュカ、高いのでもったいないですよね・・・。オークションに売るか(笑)、足の裏の固い角質取り対策に使ってみてください。

赤ニキビですか・・・(>д<)
もし白ニキビが赤ニキビになっていく数が増えるようであれば・・・殺菌作用のある、ローズ水を洗顔後に少しつけると効くかもしれません。
すでに赤ニキビになってしまったものは、治るのを待つしかありませんが、白ニキビが赤ニキビになる前の予防として。

でも、付けすぎ(水びたし状態)にならないように注意してくださいね。
(それに、肌には良い菌もあるので、殺菌もやればいいってものでもないので・・・。肌が正常な場合は、常在菌という良い菌がすこやかな肌の状態を保っています。)

でもこれは、保湿対策をして様子をみて、それから考えましょう!
ノンノン | 2008年12月10日(水) 21:10 | URL | コメント編集

ローズ水!!!
そうなんですかぁ~~!
ぜひ、試してみます!

リップクリーム作りも楽しそうですね!
正月はいつもヒマなので、トライしてみます^^
ちょう | 2008年12月11日(木) 15:47 | URL | コメント編集

>ちょうさん
ローズ水、使ってみるんですね(^^)
ローズ水100%で余計なものが入ってないのが良いです。
ナイヤードのや、ブルガリアローズジャパンのものなどがあります。
過去の記事「バラとくすみの関係」では、バラ水について書きましたので、ご参照ください。
ノンノン | 2008年12月12日(金) 05:44 | URL | コメント編集

こんにちは。  

ノンノンさんにまたまた相談があって来ました(+_+)
すごくショックなお知らせなのですが、最近すごく調子の良かった肌がみるみるうちにニキビがでてきてしまいました。しかも顔の中心ばかりにできて目立つので本当に気分が下がります。まず顎に多発して次に眉間に多発、おでこに多発、小鼻の周りにでき、鼻のすぐ横の目の下あたりにできました。はじめはすぐ治るだろうと思っていたんですが、全く良くなる気配がありません。なぜでしょう。。。でも去年も冬はよかったのですが、このくらいの次期になったら多発して悩んでた記憶があります。やっぱり時期的なものなのでしょうか。。これ以上どういうケアをしていいか分かりません(*_*)顎なんてほんとに汚くて真っ赤です。いつも相談ばかりですみません。
りえ | 2009年03月29日(日) 15:04 | URL | コメント編集

>りえさん

こんにちは。

ニキビですが、「角質とニキビ」の記事が関連していますが、乾燥が原因でのニキビかもしれません。

最近暖かくなってきたので、皮脂分泌量が増えてくる頃です。そうすると、乾燥している肌にとっては、ニキビのもととなる皮脂の量が増えるので、ニキビが出やすくなります。それでもニキビの出ない人がいますね。そのニキビの出る・出ないの差は、「肌が乾燥しているか・すこやかか」の違いです。肌がすこやかで乾燥していなければ、皮脂分泌がいくら多めの時期になっても、毛穴周辺の細胞に「弾力」があるので、皮脂がこびりつくことがなく、溜まらず、ニキビになることがありません。しかし、乾燥していると弾力がないので皮脂がこびりつき、溜まりやすく、ニキビの原因になります。

乾燥に対する対策はやってきたつもりかもしれませんが、100%完璧・・・とはなかなかうまくいかず、また、ずっと同じことをしていても、環境の変化によってうっかり乾燥してしまうことは、多かれ少なかれ、程度の大小はあれど、よくあることです。私でもあります。
3月からは紫外線量も増えてくる時期なので、それによる乾燥もあるかもしれません。

そういうわけで、肌の乾燥がおおもとの原因ですが、皮脂分泌量が増えることの原因は、「暖かくなってきたから」のほかにも、次のとおり考えられることがあります。

・ホルモンのバランスの乱れ。
この季節は、気温の変化が激しいのでホルモンのバランスが乱れやすい。エストロゲンとプロゲステロンの波のバランスが問題ですね。(詳細は、「女性ホルモン」の記事)
2つのホルモンのどっちかが優勢になるべき時期があるのですが、乱れると、その「なるべき時期」にかかわらず優勢になったりして、ホルモンの優勢の波がバラバラになったりします。基礎体温をつけていると、分かりやすいです。(低体温時はエストロゲン優勢、高体温時はプロゲステロン優勢。生理の周期に応じて、どっちかが優勢になるべき時期が決まっている。)

・ストレス
ホルモンの乱れにもつながりますし、血行不良にもなります。酸化力も弱まるので、紫外線などの影響も受けやすくなります。ありとあらゆる面で影響があります。
4月から異動や新しい環境・生活が始まることで、それに対する緊張・不安などがストレスになることも。

「女性ホルモン」のところで、ホルモンの乱れに対する対策を考えるのと、ストレスをなるべくためない、ニキビを気にしない(といっても、気にしている気持ちはよくわかりますが)、紫外線対策は「日焼け止め」はうまく使いつつ(使えばいいってものではありませんね)、「日焼け止め以外での紫外線対策」の記事を参考にして対策を考え、あとはやはり、「乾燥」しないためのいつものケアをコツコツやってみてください。

皮脂分泌が過剰になりがちである今の状態が落ち着くまでは、皮脂分泌を過剰にしやすい食べ物なども気をつけてください(甘いもの、脂っこいもの)。←我慢しすぎるとストレスになるので、ほどほどに。
ノンノン | 2009年03月30日(月) 10:13 | URL | コメント編集

お返事遅くなって申し訳ありません(*_*)

ノンノンさんの言う通り乾燥が原因とわかりました。肌がすごくつっぱる感じがします。けど、私は毎年この時期になるとニキビと戦わないといけないのでしょうか・・・(;_;)いっこうによくなる気配のない肌に(逆に悪化しています。)すごく鏡を見る度辛くなります。特に眉間と顎がひどく、眉間はどうしても目を見て話すので目立ってしょがないです。この前、先輩の付き合いでどうしてもケミカルのエステに行かないといけなくて、すっぴんになった時「このぶつぶつとニキビ痕の赤みが気になるよねー。しっかり化粧水、乳液して保湿しないとだめだよ。目の下あたりや首はすごくきれいだから元々はきめの細かいお肌なのにもったいない。」と言われました。外からのケアより内側のケアの問題なのでしょうか・・・もう一度規則正しい生活を心がけてみようと思います。
りえ | 2009年04月08日(水) 10:17 | URL | コメント編集

>りえさん

ちょうど、最新から2つ目に、「春の角質培養」という記事を書きました。こちらを読んでみてください。これが、「角質とニキビ」の内容ともかぶりますが、冬に乾燥していて、しかし冬は皮脂分泌が少なかったのでニキビに至らなかったのが、春になって皮脂分泌が多くなり、また、それ以外のいろいろな条件が重なって乾燥し、ニキビになったのだと思います。

もちろん、「内側」のケアという視点からみれば、女性ホルモンや睡眠、食事内容もかかわってきます。
食べ物についてですが、たとえば、ニキビの出やすい状態にある時にあぶらっこいもの、甘いものはニキビにつながります。また、紫外線も肌を乾燥させる敵ですが、食べ物によっても紫外線の影響をうけやすくするもの・しないもの・紫外線から守ってくれるものがあります。紫外線だけでなく、ストレスや電磁波でも活性酸素は発生し、それによって「酸化」しますが、「抗酸化」の食べ物もあります(「活性酸素と抗酸化」の記事をご参照)。
女性ホルモンを整えるのに有効な食べ物もあります。(「女性ホルモン」の記事参照)
このように、食べ物でもいろいろな対策がとれます。

ニキビの原因は乾燥で、代表が、季節による乾燥。ですがひとつに関わらず、紫外線、女性ホルモン、活性酸素、ストレス・・・などいろいろなことも原因として考えられるのです。
これを、「春の角質培養」に書きましたので、読んで見てください。

また、紫外線そのものの対策については「日焼け止めクリーム“以外”の紫外線対策」につづいて、「紫外線をあびた後のケア」(最新記事)もごらんください。


毎年この時期はニキビを我慢しなければならないのか?ということですが、これについても、「春の角質培養」で触れていますが、たとえ、肌の敵となるものが増えてくる時期になっても、それに打ち勝つ肌であれば、ニキビが出る結果には至りません。
つまり、肌バリアが整い、乾燥してなければ、皮脂分泌がいつもより多めの時期になっても、「多少、冬よりもべた付くな」と感じる程度で済んだり、ニキビが出来たとしても、誰も気づかないような小さなニキビ程度で済んだり・・・と、ダメージを最小限におさえられます。
肌の敵となるものが増える時期(季節の変わり目)に肌にトラブルが出るのは、それ以前の肌の状態の“つけ”(冬の乾燥など)か、または季節の変わり目でどっと増える敵にたいしての“油断”(紫外線など)かもしれません。

ニキビが悪化して白ニキビから赤ニキビになったり、それが痛んだりするようであれば、それ以上悪化しないように、洗顔後にローズ水をつけてみてください。ローズ水は殺菌効果があります。通常は、常在菌(良い菌)が肌の調子を整えてくれるので殺菌はあえてしないほうがよいのですが、ニキビの悪化は、皮脂をえさにしてアクネ菌(これも常在菌のひとつ)が異常繁殖してしまった状態です。そういう場合は、殺菌効果のあるローズ水。
ただし、ローズ水も化粧水みたいなもので、付けすぎ・水びたし状態になると肌バリアがもろくなって悪循環になってしまうので、ほんのひと吹きだけにするなど、少しだけにしてみてください。
ノンノン | 2009年04月08日(水) 10:55 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございますッ!!
生活習慣を見直してみたら結構ひっかかるものがありました(*_*)一年前から甘いものやスナック菓子を食べる量がが増え、4キロ太りました。最近バレーの練習が夜遅くまであり、夜更かししてしまう事も多いです。あとパウダーをシルクとパールとサンゴパウダーを混ぜたものを使っていたので余計乾燥してしまったかもしれません。もう一度乾燥しないように気をつけてみますね!あとローズ水も使ってみたいと思います!ありがとうございました!
りえ | 2009年04月08日(水) 17:09 | URL | コメント編集

>りえさん

そうだったんですね~
甘いものは「砂糖の摂り過ぎに注意」の記事も参考にしてみてください。
活性酸素が発生しやすくなってしまい、コラーゲンにも良くないです。
パウダーの「シルク」は、「フィブロイン100%」ですよね?「セリシン」が入っているものだと、細胞賦活作用があり、角質が取れやすく乾燥してしまいます。
いろんなことが原因かもしれないですが、ひとつひとつ、見直して改善してみてください。肌が回復するよう、応援しています!!
ノンノン | 2009年04月09日(木) 12:37 | URL | コメント編集

ノンノンさん初コメになります、なちゅみと申します。
斬新なブログ内容に本当に驚くばかりで、全ての内容を熟読してから質問させて頂こうと思ってましたが、色々教えて頂きたくコメントさせて頂きますが、過去に書かれた内容や皆様のコメントとのやり取りなどで重複してしまう内容があるかと思いますが、宜しくお願い致します。

私は20代後半~自然派・オ-ガニックに興味を持って10年以上経ちます、その前は所謂、高級化粧品にドップリ埋もれていましたので、シンプルな基礎化粧に替えた時は慣れるまで、本当に大変でした。(その時の化粧品はアロマセラピ-アソシエイツです。)アロアソを数年使い、周りからは肌が綺麗と言われて本当に満足してましたが、高額なので、結婚後はパティカに替えてもトラブルなく現状維持してましたが、維持は出来るにしても、それ以上が得られない為、同じシンプルな物ならと思い、少しでも定額な物と自己流判断で精製水→椿油のみのかなり直なケアのみに思い切って替えてみたのです。その辺りから額に細かいブツブツが出来、ざらつきが一掃してしまったのです。椿油でクレンジングしてそのザラツキを取るために蒸しタオルなどを使ったり、さらにオイルマッサ-ジでザラツキを深くとってたのですが、一向に治らず、保湿が足りないのだと思い、ヴェレダに替えたのですが、効き目が柔らかで物足りず(クレンジングミルクもゆるいテクスチャでザラツキを一掃するには物足りなかったんです)
結局ヴェレダは様子を見ながら一年くらい使っては見たものの、ハウシュカのシンプルケアにも惹かれ、3ケ月間は使ったのですが、ひどくなる一方でした(@_@)

ノンノンさんの項目にもあるように、ニキビの要因である慢性的な睡眠不足や、甘いものの過剰摂取、ストレス、女性ホルモンの低下、運動不足による血行不良など・・・本当に当てはまります。

先日、月経前症候群の悩みで何十年かぶりに婦人科に行ったトコロ、
(女性ホルモンつながりで)額の吹き出物を見てもらいましたら、ノエビアから出てるドクタ-ズコスメの「セルニュ-」を一式サンプルで頂き、成分をチャックして、すぐにいけないと思いながらも(確実にケミカル・・・)使用してしまったら本当に調子がよくて、額のザラツキはもちろん肌が本当にツルツルになったんです。
正直、神をもすがる思いの毎日だったので、飛びついてしまいました。
自分でも何がいいのか正直今はわかりません。
「セルニュ-」に替えてしまってからノンノンさんのブログに出会いケミカルの恐ろしさを再認識してる今日この頃ですが、やはりこのまま使用してれば乾燥肌・ボロボロ肌への負のスパイラルへと導かれてしまいますよね・・・(-_-;)

きっとこのまま使用して乾燥してきたら、その上のものを紹介されて購入して・・・を繰り返していくのですよね・・・。

取りとめのない内容ですみません。
ノンノンさんにガツンと言って頂きたくて長文になってしまいました。
申し訳ありません。
なちゅみ | 2009年04月13日(月) 18:12 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

はじめまして、こんにちは。

成分良好なものを使うというのは良かったのでしょうが、「精製水→椿油」に切り替えたことで肌が悪化したんですね。
まず、アルアソ、パティカについては、私はどんな商品があるかが分からず、使ってみたことが無いのでわかりませんが、「精製水→椿油」で肌が悪化したことについてはピンときました。

どんなに成分良好なアイテムでも、肌のしくみを知り何をどう使えば肌が良くなるのか、を知っていないと、逆効果になってしまいます。精製水も椿油も、悪いものは一切入っていない、成分の悪いアイテムではありません。ですが、使い方が間違えていたようです。

精製水を化粧水がわりにしたようですが、そもそも化粧水は何のためにつけるのか、肌にどう影響があるのかを知る必要があります。
「ビックリ!化粧水は駄菓子なみに安い」に化粧水のカラクリが書いてありますので読んでみてください。
また、肌の構造から考えるスキンケアでは、化粧水というアイテムはさほど重要ではありません。これについては、「コットンパックをやめた理由」、「化粧水なし、ホホバオイルのみ」を読んでみてください。

精製水はどれぐらい、どんな感じでつけていましたか?精製水はただの水ですから、洗顔の時間を増やしたのと同じことになります。たとえただの水でも、肌を濡らす時間が多ければ多くなるほど、肌はふやけて角質がはがれやすくなり、バリアはもろくなってしまいます。しかも、洗浄剤を使った洗顔の後にこれをやるとすると、よけいにもろくなるでしょう。
精製水でなく「化粧水」だとしても同じです。つけすぎは肌をもろくし、乾燥の原因になります。
肌に水分を入れよう、保湿させようと思ってのことでしょうが、化粧水では保湿もできませんし、肌(角質層)に浸透できる水分の量は限られています。
化粧水を使わなくても、肌の水分は誰もが保持していますよね?それは、体内の内側からにじみでる水分を、肌の表皮がキャッチしているからです。
肌に水分をたっぷり保持させたいなら、外側から入れ込むのではなく、内側の水分を増やし(口から水分を摂る)、肌からつねに蒸発している水分を「なるべく蒸発しないように」するほうが有効です。

この、なるべく水分を蒸発させないようにガードしている「フタ」の役割が、ヒトの肌に分泌される「皮脂」からできる天然のクリーム、「皮脂膜」です。
これについては、記事「オイル・クリームの塗り方」をごらんください。
これを読んでいただくと分かるかと思いますが、肌の皮脂膜の形成をもっとも妨げない、適したオイルは「ホホバオイル」です。
椿油は悪いものではありませんが、塗りすぎると皮脂膜の形成のジャマとなるでしょう。

そういうことで、精製水→椿油のケアでは、
(1)角質層がはがれやすくなり乾燥。(2)皮脂膜という「フタ」がうまく形成さrなくなり乾燥。
・・・ということだと思います。(1)の角質層も、(2)の皮脂膜も、どちらもなくては乾燥していまいます。この2つがあってこそ、「肌バリア」となるのです。

肌がザラザラしたのも、乾燥によるものでしょう。乾燥にはザラザラだけでなく、皮脂の過剰分泌(混合肌、オイリー肌)や、肌バリアがこわれることで外敵侵入に弱くなっての敏感肌、かゆみ、ピリピリ感・・・など、症状が違っても、おおもとの原因は乾燥です。
詳細記事は、「乾燥さえしなければ、肌はキレイになる」をどうぞ。
同じ乾燥でも症状が異なるのは、季節による空気の乾燥など、環境によって身体も変化するからです。たとえば、冬は寒いので血行が悪くなりがちで、皮脂分泌量が減る時期です。秋・冬以外の暖かい時期では皮脂分泌量が増えてくるので、「皮脂の過剰分泌」という方法で乾燥から肌を守ろうとします。
冬のガサガサは、乾燥から肌を守るための手段として、皮脂分泌の過剰の方法が使えないので、剥がれ落ちるべき段階の角質が、しぶとくこびりついている状態です。
詳細記事は、「冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは」をどうぞ。

蒸しタオルは角質をとりやすくするので、オススメできません。そもそも、ザラザラの正体である「しぶとくくっついている角質」は、乾燥しているのだからくっついているのです。無理にとると、その下にある乾燥肌があらわになり、また同じことの繰り返しです。
冬のようなザラザラタイプの乾燥時は、ホホバオイルの後にシアバターを補充し、ラップパックをします。じっくりこれをやれば、いずれザラザラは改善します。
これ以外でももちろん、食べ物や睡眠、運動によって血行をあげ、皮脂分泌がよくなるようにすることも重要です。加湿器や観葉植物をおいたりして空気の乾燥をやわらげるなど、環境にひと工夫することも重要です。「冬だからザラザラでも仕方ない」ではないのです。

セルニュ-は確実にケミカルなんですね?
よく、「ケミカルだろうがノンケミカルだろうが、使ってみて良ければそれでいいじゃん。」という人がいますが、私が思うのは、ケミカルの場合、使っていてもその直後は良いと思うので、何がどうダメージを与えているかに気づかないでしまうと思うのです。後になってから肌が悪化したとしても、“使った直後に良くなった、と思った”そのケア用品のせいだとは思わないのでしょう。
合成界面活性剤はしっとり感がありますし、合成ポリマーは、つるんとコーティングするので、手触りもよく、それを塗っている限りでは乾燥を感じないからです。しかし、使い続けることで、合成界面活性剤は角質を取りやすくし、合成ポリマーは落とすために強い洗浄剤を使い、合成界面活性剤をつかわざるをえなくなり、・・・そうやって乾燥するからまた合成ポリマーでフタをします。そうすると、皮脂膜を作りにくくなるので、・・・どんどん肌バリアが弱くなってしまいます。
こうなると、洗顔後のすっぴん時はパリパリに乾燥してしまうでしょう。ですが、そこで化粧水に飛びつくのがまた間違いなのです。
ノンノン | 2009年04月14日(火) 11:52 | URL | コメント編集

こんにちは
ノンノンさん、早速ありがとうございます。感激でずっと読み続けていました、ノンノンさんが提示して下さった6つの項目も勉強させて頂いてたトコロです。

精製水はどれぐらい、どんな感じでつけていましたか
>>水道水の塩素除去目的+次につける化粧水の浸透をよくする目的で、精製水をシ-トマスクにビッショリに含ませて貼り付けてました、乾いきたらアヴェンヌで水分を足してました(-_-;)・・・今は自分のしてた事の恐ろしさに愕然となってます(@_@)精製水シ-トマスクと称した事を朝/晩やってました・・・しかも蒸しタオルでキッチリ毛穴を開かせたつもりの後に・・・精製水シ-トマスクですからぁ~(・_;)本当に自殺行為でしたね(~o~)

額のザラツキはしぶとくくっついてる角質・・・元は肌バリアが壊れ乾燥・・・とっても解りやすかったです(^_^;)

椿油も使い方によっては皮脂膜の形成のジャマになってたのですね・・・美肌に興味あるくせに美肌を構成する仕組みが全く解ってなかったんですね・・・。広告や口コミに惑わされ自分の肌の悲鳴を根底から調べようとしていませんでした・・・(+o+)

肌に悪いことにしかなってなかったんですね。

昨日の内容にもありましたが、自然派/オ-ガニック商品を長く使って安心していただけで、ケア内容は決して肌によかったように思えません。

ここで一掃してみます。

今さらですが、私はファンデは使ってないので、クレンジングなどなしでいきなり石鹸洗顔でOKですよね?(今まではファンデも使用してないのね、ミルクレやオイクレなど使ってましたし、その割りにW洗顔ナシで蒸しタオルでふき取って水洗顔のみってケアをずっとしてました(~o~)←これにも問題ありそうです・・)

話は戻り(笑)
ファンデはつけてませんがポイントメイクを落とした後は石鹸洗顔→ホホバオイルって流れでよいという事になりそうですね。

あと、確認事項なのですが、
私はクマに悩んでましてクマにも色んな種類があるとは思うのですが、私のクマは血行不良が原因のような気がして日々血行促進に励んでるんです、バケツにお湯を張って足浴をしたり最近では岩盤浴や家ではお風呂のフタをギリギリまでかぶせて顔だけ出すようにして汗出しを心がけて代謝をよくするようにしてるのですが、ノンノンさんのダラダラ汗の項目を読んで、私が試みてる事がいけないような気がしてます。

岩盤や半身浴で汗を出す場合、皮脂膜と同じオイルではなくあらかじめ(セサミオイル)などを塗って入る分にはOKでしょうか?

質問が増えてしまってすみません。
これからもじっくり読ませて頂きますね(^_-)
ノンノンさんのブログに出会えてよかったデス。





なちゅみ | 2009年04月14日(火) 17:20 | URL | コメント編集

追加です(^_^;)

「Cellnew」についてです。
<クレンジングリキッド>
オクタン酸セチル、PEG-7グリセリルココエ-ト、イソステアリン酸PEG-5グリセリル、パルミチル酸エチルヘキシル、スクワラン、水、ラウリン酸ポリグリセル-10、・・・
<ソ-プ>
ココイルグリシンK、マイクロクリスタリンワックス、クエン酸、水、サリチル酸、ラウロイルグルタミン酸、酸化チタン
<ロ-ション>
水、グリコ-ル酸、エタノ-ル、水酸化K、リン酸k、ヒドロキシエチルセルロ-ス、ポリクオタニウム-51、メチルパラベン
<エッセンス>
水、BG、トリオクタノイン、リン酸アスコルビンMG、ジステアリン酸ポリグリセリル、クエン酸、水酸化NA、セラミド、・・

ざっと書き並べてみましたが、(すみません)ケミカルのオンパレ-ドですよね(^_^;)皮膚科で勧められたものですから当然ですよね(^_^;)赤い本は持ってませんが、書き出してみたものは通常はざっくりなワ-ドで認識して敬遠してましたが、「今の私の肌に有効成分なのだから」と半ば言い聞かせて使ってみて一週間が経ってます。

やはり、クレンジングの後はヌルッとして洗顔した後が乾燥でパリパリな状態です。(洗顔後のパリパリは正直久しぶりです。)

参考までに書かせて頂いたものです。お手間になりましたら申し訳ないです。
なちゅみ | 2009年04月14日(火) 17:49 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

ファンデを使っていないなら、石鹸洗顔のみでオッケーですね。私も、ファンデ無し派で、ホホバオイルでポイントメイク(眉・目のまわり)を浮かせることもありますが、気が向いたら・・・という感じで、石鹸洗顔ひとつで済ませることがほとんどです。リンパマッサージなどやりたい、時間・心の余裕(笑)がある時は、ポイントメイクを浮かせるのもかねてホホバオイルを使うこともあります。
「基本的に石鹸ひとつで洗顔できる」というのは、忙しい時や眠い時の洗顔ではラクチンでよいですよ♪
洗顔後もラクチンです。めんどくさいコットンパックやら、何の次は何を使って浸透させて・・・などのようなこともいりません。洗顔後、ホホバオイルのみ。乾燥していたらシアバター。
その後、せいぜいやっているのは、「ラップパック」です。これをやりながら髪にドライヤーをかけているので、時間をとることはなく、「ながら」で出来るのでよいです。

洗顔とは汚れを落とすためのものですが、石鹸以外の洗顔料だと、「合成界面活性剤」と「合成ポリマー」があるので、肌が良い状態に育つのをジャマしてしまいます。ミルクレやオイルクレも、角質を取り過ぎたり皮脂膜の形成をジャマするものがたくさん入っています。

石鹸の場合は、石鹸が脂肪酸で出来ているので洗顔時にこの脂肪酸が肌に乗っかってくれ、皮脂膜という天然の「フタ」になります。(だから、肌本来の力だけならクリームはいらないのが基本。しかし、いくらケアが正しくとも、環境・季節などで乾燥しやすくする敵も多いため、その補助などの“手助け”が、ホホバオイルやクリームの役割。)
洗顔ではなくてはならない皮脂を奪ってしまいますが、その後にちゃんと皮脂膜の「フォロー」があるのが石鹸の素晴らしいところです☆
特に、軟水で石鹸洗顔すると、そくざにツルツルの皮脂膜が出来ます。これは、「石鹸バンザイ」や、「アルカリ性と酸性、そして洗顔の水」をご参照ください。


>岩盤や半身浴で汗を出す場合、皮脂膜と同じオイルではなくあらかじめ(セサミオイル)などを塗って入る分にはOKでしょうか?

そうですね。それがいいと思います。
ただし、岩盤浴の場合は、出てくる汗の種類が違うんでしたっけ?サラサラの汗で、その後洗い流さなくてもよいとかなんとか?その汗が皮脂膜の形成につながる何かがあるのならよいのですが、ちょっとよく分からないので、岩盤浴でのことに関してはなんともいえない状態です。。すみません。
しかし、基本的に「ダラダラ汗」の観点からすれば、やたらに汗をかきすぎるのはよくないですね。岩盤浴が「ダラダラ汗」と同じだとすれば、確実に乾燥するでしょう。汗のかき方の違いなのか、岩盤浴でたっぷり汗をかいたら全身が乾燥して湿疹が出た人がいました。皮膚科では、「岩盤浴は乾燥する」といわれたそうです。
皮脂膜が汗で洗い流されてしまえば、当然そうなると思います。お風呂で汗をかくのも悪いことではありませんが、かきすぎれば皮脂膜が流れ、角質層がもろくなります。しかし、お風呂は湯船があるので湿度がほぼ100%の環境。ですから、そこにいる間に限っては、肌バリアがもろくなっても、身体の水分がどんどん蒸発はしません。しかし、お風呂からあがって浴室を出て、湿度が下がる場所にいったとたん、どんどん乾燥し始めます。
お風呂上りは急速に乾燥する、といわれるのはこのためです。冬に肌が乾燥するのも同じで、空気の湿度が低いから、かつ、皮脂分泌量が減って「フタ」が出来にくくなるから、でしたね。だから身体から出て行く水分量が増えるのです。
というわけで、お風呂でたっぷり汗をかいた時は、その後のケア(ホホバオイル、シアバター、ラップパック、口からの水分補給)をすぐやったほうがよいです。

血行促進は、やはり軽い運動をコツコツ、毎日少しずつでも続けることですね。肩こりはありますか?記事「肩甲骨、僧帽筋 とりあえずコレ!」を読んで見てください。血行促進の「ツボ」的な運動です。
あとは、リンパマッサージも良いですよ。記事「リンパマッサージ」を読んでみてください。


ノンノン | 2009年04月15日(水) 13:09 | URL | コメント編集

ありがとうございます。
早速(ホホバオイル、石鹸)を購入してノンケミ美人になりたいです。

ご紹介頂いた肩甲骨、僧帽筋/リンパマッサ-ジの記事も本当に興味深いです。実は昨日から肩まわし・・・始めてます^_^;
肩こりはないのですが、乳酸が溜まりやすいのでノンノンさんの肩まわし・肩甲骨を寄せる運動は地味だけど、かなり効きますね。素晴らしいです。

私のクマはかなり手ごわいです。長年の冷え性の放置がいけなかったんです。甘いものの過剰摂取も体を冷やしますもんね・・・これから暑くなって、アイスが美味しくなる季節がやってきますので、冷やさないように暖かいものを摂るように心がけて行きたいと思います。





なちゅみ | 2009年04月15日(水) 14:44 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

コピペ、ありがとうございます。
なるほど~なんとなく、ドクターズコスメっぽい感じですね。リン酸アスコルビンMGやセラミドなど・・・。
リン酸アスコルビンMGは、美白目的のアイテムに入れられる、油性のビタミンCで、浸透性が高いです。しかし、浸透性ばかりを重視するものは、肌バリアによくありません。

洗顔後のパリパリした乾燥ぐあいは、ホホバオイル、シアバターでやわらぎますか?
ノンノン | 2009年04月15日(水) 14:45 | URL | コメント編集

ノンノンさん、お返事ありがとうございます★

>洗顔後のパリパリした乾燥ぐあいは、ホホバオイル、シアバターでやわらぎますか

問題ないようと思います。←ホホバ購入がこれからなのですが、使用感の推測はつきそうです。(^^ゞさらにシアを重ねつけすれば最強ですね。シアバタ-は以前よりロクシタンのものをアイケア・リップクリ-ム・ヘアケアとして使ってましたので、買い足しなく使えます♪

何よりラップパックが楽しみですぅ♪

なちゅみ | 2009年04月15日(水) 17:14 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

ホホバオイル、シアバター、ラップパック、使用感はどうでしたか?
ぐんぐん肌が回復していくよう、応援しています。

肩甲骨、僧帽筋、地味だけど効きますよね♪実感していただけて嬉しいです。まず、肩こりのある場合は一番効き目が分かりやすいのですが、みるみる治ります!
血行って大事ですよね。私も記事にあっちこっちで書いていますが、結局のところ、肌のために何をすればよいか?の頂点に当たるものは、一言でいえば「血行促進」だと思っています。
血行さえ良くなれば、美容どころかあらゆる健康のトラブルも減るし、防ぐことができます。
血行の良し悪しですべてが始まる・・・と言っても過言ではないでしょう。
そして、血行促進の方法が、結局のところ「食事、睡眠、運動」、これに尽きるんですよね。スキンケアよりもまずそれが基本で、スキンケアは後からやる補助的なもの・・・手助け的な存在なんだと思っています。

私もクマは出やすいです。血行にかかわらず顔の造作にもよるのでしょうが、目の下の皮膚を指で伸ばすと、血管が透けてみえたりします・・・(--;)
以前はコンシラーにこだわっていましたが、今はコンシラーは無しです。コンシラーがわりに、目の下にだけロゴナのプレスドパウダー02(色の濃いほう)をつけています。「マイカ」入りのものはハイライトにもなるし、目の下の▼部分につけると明るさができてクマが目立ちません。(私は、ロゴナのものを使っています。参照は、「成分良好!ノンケミカルなメーカー一覧」にて)

食事や運動、女性ホルモンなどのみなおし・改善でかなり良くなったように思います。
甘いものの取り過ぎは冷えのもとにもなりますし、活性酸素が発生してコラーゲンを切断したり、血糖値に影響してしまいますよね。甘いものを辞めるには「梅エキス」がよいそうです。
(「砂糖の摂り過ぎに注意」の記事にあります。私も買ってみました。ぼちぼち効いている気がします。笑)
ノンノン | 2009年04月16日(木) 10:11 | URL | コメント編集

ノンノンさん、おはようございます。

なるほどぉ~・・・です。幅広い知識をお持ちのノンノンさんについつい甘えて頼ってしまってる次第ですが、ノンノンさん!限りある時間を上手く利用して生き生きと毎日過ごされているのが、感じられて本当に眩しい存在です。私もこちらで培っていくであろう体験を少しでも私に興味を持ってくれた人にお話できるような人になりたいって思いました。

>ホホバオイル、シアバター、ラップパック、使用感はどうでしたか?

ラップを取った顔がしっとりするかと思いきや・・・(笑)割りとのさらっな仕上がりでした。(爆)過剰な期待はいけませんね・・・これから先長い道のりですもんね。
でも吸収してるんだろうな~って感じでしたが、翌朝の顔は「全ての物がひいちゃった」って感じでした。乾燥とは違う感じだから大丈夫です。
多分いつも濡れタオルをベットふちにかけて寝るので、昨日はそれを忘れてしまったので、部屋が乾燥してたんだと思います。(マスクはしてまぁす★)

>結局のところ、肌のために何をすればよいか?の頂点に当たるものは、一言でいえば「血行促進」だと思っています。

ノンノンさんが言うと本当に深いです。
私はかなり長期に渡り、冷えや血行って事に対して軽視してました。
今年に入って真剣に月経前症候群と向き合って、婦人科を受診して漢方と出会い毎月本当に苦痛だった月/三週間に及ぶ頭痛に開放された喜びを感じてます。
ノンノンさんのブログと出会い、血行促進の大切も知ることが出来、きっと長年冷えきってた私の体もあちこちに支障がきているんじゃないかって痛感します。肌の底上げも叙所に改善されるといいなぁ~って思ってます。

ノンノンさんが言うように、食事・睡眠・運動 本当に昔から言われてる事なんですが、そこに尽きるんですね。よく美肌のタレントさんや女優さんのインタビュ-記事で「美しさの秘訣は?」的な質問に対して「よく食べ、よく寝て、適度に運動する事です」的な答えにうんざりしてましたが(笑)今なら笑いなしで納得です。

ノンノンさんも(タレントさんやモデルさんのように)ご自身で規則正しい生活をされてるので、はっきりとそれが言えるんですよね。実感されているんだなぁ~って納得します。
私も早く実感出来るように改善していきたいって思います。・・・→中でも睡眠がネックです・・・でも言い訳にしかならないので、頑張ります(^_-)

>コンシラーがわりに、目の下にだけロゴナのプレスドパウダー02(色の濃いほう)をつけています。

情報ありがとうございます。すっごく嬉しい!!
私もコンシ-ラ-はつけてないのですが、(放置しちゃってるから目立つ(+o+))
たまに出かける時やあまりにクマがひどい時は練りハイライトみたいのをあえてクマを外した目尻と目を囲むCゾ-ンと呼ばれてる箇所にさっと入れてたんですが、クマの緩和には全くなってなく(^_^;)ムシロ最近になってかなり目立つようになってきて・・・
そっか色を濃くなんですね・・・根本的にセレクトも間違えてましたぁ。

どうしてもト-ンが暗い箇所をより明るくしようと言う気持ちが働いて自分の肌以上に明るくしがちでした。ハイライトなんて肌より明るい始末ですよね・・・。
色番まで教えて頂いてありがとうございます、コンシ-ラはヨレやシワが余計気になって抵抗があったのですが、ブレストパウダ-でしたら、いい感じに仕上がりそうです(*^_^*)
早速試してみますヽ(^o^)丿

>甘いものを辞めるには「梅エキス」がよいそうです
昨日、おしゃぶり昆布を買ってきました。会社のおやつタイムを緩和する為です。「梅エキス」 いいんですね♪唾液も出そうだし口内環境にも良さそうですね、チェックしてみます。

肌って言っても本当に色んな箇所から要因があるんですね~本当に深いです。

いつ見ても肌が綺麗な人は本当に何をやってるんだろうって思いますが、肌に悪いことだけやってないんですね、究極な答えでこれに尽きます。

僧帽筋と肩甲骨・・本当に効きますね、ちょっとした筋肉痛です(^^ゞ
意外にジムでのマシントレよりも効くんじゃないかと思いますよ。マシンやダンベルなどでは稼動範囲の問題や補助筋がつかわれてしまって中々効かせたいとこが逃げてしまう傾向になるので、そこの箇所だけにポイントを置いたこのトレは自重でやるし効かせたい箇所に狙えてかなりベストです。

なちゅみ | 2009年04月16日(木) 11:33 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

ラップパックは、つけた成分を浸透させるのが目的ではないので、サラッとしていてもいいんですよ。多少のしっとり感があることは多いのですが、それは「お風呂上りのスキンケア時にラップパック」というパターンが多いため、身体が温かいのでしっとりしやすいのです。
ラップパックは、成分の浸透目的ではなく、真逆で「角質層の中にある水分が出て行くのを一時的におさえる」というものです。だから、スキンケアの時にやらなくても、メイクしている状態でも、いつでもやっていいのです。ですが、肌に貼り付けやすいタイミングや、「ながら」ケア、スッキリした時にやりたいという気分の問題・・・などで、スキンケアの時にやる人が多いのです。
だから、たとえば同じスキンケア時にやるのでも、洗顔の後すぐにやってもいいし、ホホバオイルの後にやってもいいし、いつやってもいいのです。ですが、なんとなく「貼り付けやすさ」から、ホホバオイル・シアバターの後にやる人が多いです。

中には、会社のお昼休み中に一部分にだけラップを貼り付けている、という方もいますよ。私も、人の目さえ気にしなければ、空気の乾燥しやすい社内ではいつでもやりたいです(笑)。
空気が乾燥していると、体内の水分が逃げやすくなります。(特に冬はそうですね。)
その水分の蒸発をなるべくおさえるのが「皮脂膜」という天然のフタですが、その形成がうまくいっていない乾燥肌の場合はフタがうまくできていない状態なのです。

ラップパックは、皮脂膜とは違って完全なる水を通さないビニールですよね。だから、皮脂膜の“なるべく”蒸発を抑える・・・どころか、ビニールで完全におさえてくれるのです。もちろん、ずっとやっているわけではないので(やったとしたら、皮脂膜の形成のジャマになりますしね)、その効果は一時的ですが、その一時でもビニールで密封して逃げないようにすることで・・・
水分が角質層内にたっぷりとじこめられるので、表皮が安定・安心します。すると、その情報が真皮に伝わり、真皮も安心して質の良い細胞を作ろうとしてくれるし、コラーゲン生成の働きかけにもなります。表皮が良い状態だと、後から生まれてくる細胞も良いものに・・・という好循環です。

逆に、いつまでたっても乾燥したままの慢性化状態だと、真皮も安心していられないので、早く新しい細胞を作ろうとし、結果、未熟な細胞しか作れない・・・という悪循環に。

だから、ターンオーバーでは「好循環」の波に乗せてあげることがポイントです。よって、ラップパックで一時的に角質層に水分をため、安心させ、好循環の波に乗れるようにします。




クマを隠す色は、肌よりも白い色でなく、逆に濃い目の色のほうが自然に隠れますよ。
ベースをそれで作ってから、ハイライトのような明るさで調整します。私は「マイカ」を使っています(ロゴナのアイカラー?のゴールド&シルバーの、シルバーのほうを使います)。目の下の▼のゾーンに薄くぬると、マイカのキラキラ加減も手伝って、明るさが出ます。


肌にしても健康にしても、全部つながってますよね。
血行促進のことひとつでも、あらゆることにつながっていて、女性ホルモンにも影響し、それがまたターンオーバーにも関係し、肌をキレイにもしますしね!(エストロゲンは肌をキレイにするホルモンですし)


>いつ見ても肌が綺麗な人は本当に何をやってるんだろうって思いますが、肌に悪いことだけやってないんですね、究極な答えでこれに尽きます。

そうなんです。「何もやってません」とかいう女優さんもよくいますが、努力を何もしていないんじゃなく、「肌に悪いことを何もしていない」んだと思います。
だから、男性で石鹸で洗顔するだけの人のほうが、ケミカルな化粧品にお金を使ってばかりの女性よりも肌がキレイだったりします。
ケミカルな化粧品は、美白だ保湿だ、浸透だなんだ・・・と大変なケアが多いですが(^^;)化粧品だけで肌はキレイにならないと思ってます。肌の上にものをのせるだけでどうにか変えようとしたって、肌バリアを壊すだけなので、元も子もなくなります。化粧品やスキンケアはあくまでも「手助け」の存在。
最新記事のセラミドの件も同じく、外側からセラミド美容液を入れ込むことよりも、内側から働きかけるほうが、セラミドたっぷりの肌になれる、ということを書きたかったんです(^^)

やはり基本は、食事・睡眠・運動で、それによって血行促進して、あとは「肌に悪いこと、よけいなこと」をせず、正しいケアの知識をきちんと把握していること。これですね☆
ノンノン | 2009年04月16日(木) 12:34 | URL | コメント編集

ノンノンさん、お返事ありがとうございます。

ラップパック 素晴らしい原理ですね★すみません(・_・;)真逆な解釈してました。・・今時点の水分保持をする事によって乾燥を防ぎ、矛盾なタ-ンオ-バ-を早める事なく安定・安心させる事が可能という事ですね。

元をたどれば、ラップ自体、食品の水分保持や一時的な酸化・乾燥を防ぐ目的で日常使ってますが、ラップパックは商品原理を上手に利用された活用術ですネ。

世の中には、その目的以外にも発想転換するとこんなものにも使えるって事がたくさんありますよね、ムシロ発想転換して爆発的ヒット商品になった物も多数ありますよね。

↑すみません、余談でした^_^;

>やはり基本は、食事・睡眠・運動で、それによって血行促進して、あとは「肌に悪いこと、よけいなこと」をせず、正しいケアの知識をきちんと把握していること。これですね☆

名言です。
自身もそうなんですが、現在抱えてる肌悩みがあると、解っていてもこの言葉が素直に受け入れられない事があるんですよね、酷い状態からとにかく抜け出したくて、でも何から手をつけていいのか・・・。

そんな事にならないためにも血行促進を念頭に「食事・睡眠・運動」の柱を崩さず、これからもノンノンさんとお付き合いさせて頂きたいです。

PS:
一昨日から市販のものですが、朝にトマトジュ-スを夜に野菜ジュ-スを飲んでます。
朝のトマトジュ-スに黒酢をたらして飲んだら、その後いつも以上に喉が渇いてしまったのですが、黒酢の塩分ですかね?
お酢も気をつけないと塩分過多になり得ますよね?

(今までは朝に人参・リンゴをミキサ-でジュ-スにして飲んでたのですが、少量なりともレモンも垂らしてたのですが、ノンノンさんよりレモンの事は知りまして朝にレモンの使用をやめました。本当にありがとうございました。)









なちゅみ | 2009年04月17日(金) 10:53 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

>自身もそうなんですが、現在抱えてる肌悩みがあると、解っていてもこの言葉が素直に受け入れられない事があるんですよね、酷い状態からとにかく抜け出したくて、でも何から手をつけていいのか・・・。

それで何をすればいいかが、スキンケアでは「肌バリアを守る」ことですね。
詳しく言えば、角質培養&皮脂膜の形成をジャマしないことで、
さらにその詳細が「乾燥さえしなければ、肌はキレイになる」の内容です。

肌をどうにかしようとして、ピーリングしてみたり、何かの栄養や成分を入れようとしてみるという、その思いつきが「余計なお世話」となってしまうので、そういったことはいっさいせず、ただひたすら、「角質を取り過ぎない」ことです。

成分の良いものを使い、こすらずやさしい石鹸洗顔(「洗顔のしすぎに注意」の記事参考)、そしていつもの「ホホバオイル、シアバター、ラップパック」。
地味ですがこれだけをじっとやっていれば、少しずつ回復していきますよ。

どうにかしたい!という「何か手をかける方法」となると、積極的に“攻め”て成果を出せる方法は、内側からの働きかけです。
それが、「スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり」の内容のとおりです。

まず日々やることを整理してみるといいですね。
私の場合、日課は、

●睡眠22~5時半(これで90分の倍数である7時間半に☆)
肌のゴールデンタイムにはしっかり寝ます。

●外出前・外出後にはトマトジュースかローズヒップティを飲む。
日中は、ミネラルウォーターなど水分を意識して摂る。お風呂などで汗をかいたら水分補給。

●朝起きてから軽く運動する。
踏み台昇降(時間があれば)、腰回し(コアリズムの動き)、腕回し、ストレッチ各種、腹筋(ビリーの動きから良いものを選び抜いています)
これを日々続けると、基礎代謝があがり血行も良くなります。

●日中も、トイレなどに行った時はついでに腰回し。

●寝る前の運動も、朝と同じ↑。

●毎日積極的に摂っている食べ物。
納豆、豆乳、もずく酢、野菜ジュース、黒酢、トマトジュース、ローズヒップティ、プルーン、くるみ・アーモンド(生理中)、フラックスオイル、マカ。

黒酢でのどが渇くのは私は実感がなかったですが、私の場合はおならが臭くなることが・・・・(爆)。黒酢はアミノ酸がたっぷりで、いわばたんぱく質。たんぱく質を多く摂り過ぎるとおならが臭くなります・・・。ほどほどにしましょう。

●いつでも姿勢を正しく。歩くときは太ももの内側に力をいれ、足の親指側に重心をかけるように。

姿勢を正しくするだけでも、血行促進につながったり、基礎代謝アップにもなります。

●リンパマッサージ。
ノンノン | 2009年04月17日(金) 16:15 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます。
とっても解りやすかったです、好循環の摂理も解ってきました。

肌状態が悪いと、どうしても悪い状態をゼロ・スタ-トと考えてしまいがちなんですよね、そこを原点としてしまうのでピ-リングや目に見える汚れや手に触れるザラツキなどをオイルクレンジングなどで擦ったりしてしまう(~o~)結果、乾燥肌を仕上げてしまうのですね。

忘れてならないのは、スタ-トは肌は何もしなければ綺麗だという事なんですよね。だからそこに戻ればいいんですよね。

>どうにかしたい!という「何か手をかける方法」となると、積極的に“攻め”て成果を出せる方法は、内側からの働きかけです。

このくだりの”攻め”というワ-ドは・・・響きましたぁ(笑)
攻めは内側からのケア・・・なんか~ノンノンさんかっこいいですね~♪

ノンノンさんの日課・・・勉強させてもらえて嬉しいです。
ドライフル-ツやア-モンドは生理中に積極的に摂るといいのでしたよね★
ノンノンさんはサプリは服用されてないとコメントされてましたので、私もサプリなどからでなく、食べ物からも見直して行きたいと思いました。
(もずく酢・プル-ン・くるみ・マカ)毎日は摂取してないので、刺激になりそうです。
フラックスオイルに関しては、3年くらい前から飲んでますが、サプリなのでノンノンさんが摂取されてるオイルの方に変えてみます♪

ノンノンさん、プロフィ-ル見させて頂きました。おでこもつるつるの美しい方ですネ★憧れます(*^_^*)

PS:舌の位置・・・一昨日から初めてマス。(舌の位置ON/OFF)鏡を見ると一目瞭然ですね(・_・;)舌を奥位置であんなに横顔が変わるとゎゎゎ・・・それ鼻呼吸もかなり意識しています、運動中も(有酸素)鼻呼吸でいいんですよね?(笑)細かくてすみません。

ノンノンさん、今週もお疲れ様でした。素敵な週末をお迎え下さい。

なちゅみ | 2009年04月17日(金) 17:36 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

舌の位置の記事に反応してもらえて嬉しいです(^∇^)☆
最初は意識的にやるようにしていましたが、だんだん自然にそこに舌がいくようになってきました。

鼻呼吸は、基本はそうなんですが、運動時では口呼吸のほうがいいこともあります。
たとえば、運動の場合の基本は、「鼻ですって、口ではく」が多い感じですね。ストレッチもそうで、その部位を“のばしたり、力が入ったりするタイミング”で、フーッと息を吐きます。
ストレッチは、この「息をはく」のがポイントですよ☆
ノンノン | 2009年04月18日(土) 15:01 | URL | コメント編集

ノンノンさん、おはようございます。

吹き出物の出来る位置についてでお聞きしたいのですが、
ノンノンさんの中で、吹き出物の出来る場所についてどのような見解をお持ちでしょうか?
ここ2~3日なのですが、鼻の下に赤いふくらみのある吹き出物が出来てしまいました。コメカミやもみ上げ付近にも赤いニキビが多発しています。
額のザラツキは軽減されたものの痒みがあります。




なちゅみ | 2009年04月20日(月) 09:14 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

吹き出物の出る位置ですか・・・ある程度はホルモンなどに関係しているのですが、偶然ということもありますし、髪の毛が当たる・洗い方のクセがある・・・という場合もあるので、判断が難しいところです。

鼻・口周りは意外と乾燥しやすい部分で、ということは、皮脂がこびりつきやすい部分であり、角栓も出来やすい部分です。

一応、調べてみたところ、部位別では下記のとおり判断できるようです。ただし、上に書いたとおり、「これだけ」がすべてではないと思っています。かゆみなどはバリア機能が低下している(乾燥)ところに、なにか外敵が侵入したことだと思いますし。

おでこ:ストレス、睡眠不足、慢性疲労、自律神経系のトラブル
頬:乱れた食生活、食べ過ぎ
頬、あご:冷え性、ストレス、過食(栄養価の高い食事の食べ過ぎ)
首:冷え性、女性ホルモンの乱れ

洗顔後にタオルで水分を吸わせるときにゴシゴシこすったりはしていないですよね?強い圧力やこすれに気をつけてください。
ノンノン | 2009年04月21日(火) 05:58 | URL | コメント編集

ノンノンさん、お忙しい所いつもありがとうございます。

乾燥・・・本当に怖いです・・オイリ-よりなので、どこかでがかなりケアの観点を違えてるのかもしれません。

洗顔時のすすぎ方も場合によっては水浸しになってるかもしれません。
それと・・・うすうす自分でもわかっていましたが、睡眠不足・疲労(+o+)デス・・・肌の調子がよかったので、甘えてました(~o~)

(吹き出物が出る位置がいつも同じなんですよね~)

生活改善と乾燥を見直さないといけないですネ。
いつも的確なアドバイスありがとうございます。
なちゅみ | 2009年04月21日(火) 10:22 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

オイリーよりなのも、乾燥による皮脂の過剰分泌が原因だと思うので、なにか乾燥する原因があると思います。なにか見落としがないか、考えてみてください。
ホホバオイルを使うようになると、まずは皮脂分泌の過剰がおさまってきます。これから少しずつ成果が出てくると思うので、慌てず焦らず、そして見落としがないよう確実に・・・ですね。
睡眠不足も影響あるのかもしれませんね。睡眠不足だと、皮脂分泌のバランスも崩れるので、過剰分泌することがあります。
ノンノン | 2009年04月22日(水) 06:20 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます。

昨日から生理になったので、そのせいかもしれません。
生理2~3日前が一番酷いんですよね~若い時はそんなに酷くなかったのに(・_;)

ノンノンさんのブログを伺うようになってから睡眠に気をつけるようになりました。生理期+睡眠不足では皮脂バランスの建て直しになりませんもんね・・・反省です。

ブログランキング・・・凄いですねヽ(^o^)丿毎日何度も遊びにきていまぁ~す♪
なちゅみ | 2009年04月22日(水) 17:59 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

生理の周期にしたがって、女性ホルモンの2種類のどっちかが強くなるんですが、生理前だとプロゲステロンが強くなり、皮脂分泌が多くなるんですよね。これは誰にでもみられる、ホルモン分泌のバランスが整っていれば当然のことなんですが、それでもニキビにならない方法は、やはり、肌バリアが日頃から整っていること☆ そうすれば、いくら皮脂分泌が多い時期になっても、その皮脂が毛穴周辺にこびりついてニキビになることがありません。
角質培養で、「生理前のニキビが出来なくなった♪」という人も多いですよ。これからじょじょに肌バリアを整えていきましょう!

ブログランキング・・・いつもありがとうございます。ここ最近忙しくて更新もレスもゆっくりできず、すみません。実は、今日が「平日の昼間にブログに書き込みができる」最後の日です(涙)。
(職場の環境が変わるため)
ノンノン | 2009年04月24日(金) 13:00 | URL | コメント編集

ノンノンさん・・・そうでしたか・・・(+o+) なんだか急に寂しくなってしまいますね・・・。私はこのところ会社が超~ヒマなもんで^_^;ノンノンさんのブログは常に立ち上げて本当に何度もしつこく読んでます。大事な言葉はメモって頭にたたきこんでます(笑)

ノンノンさんのブログは過去記事をさかのぼっても常に前後関係がひっぱりだせるようにして頂いてるので、本当に食いつくように勉強しています。皆さんのコメントも半端ない量ですよね~読みごたえあります(笑)

私も手作りクリ-ムやパウダ-などの挑戦してノンノンさんに皆さんのようなマニアな質問をして見たいです(*^_^*)まだまだそんなレベルまで肌も追いついてませんが(~o~)

生理前の吹き出物の多発についてですが・・・
そうですかぁ~生理前だからと当然のように諦めてましたが、やはり日ごろから肌バリアが整ってるのでれば、生理前のホルモンバランスを考慮しても皮脂のこびりつきはないのですね~(@_@)

あ~ぁぁかなり落ちますねぇ~。

まだまだ時間を要するようです・・・。

余談ですが、芸能人は(タレント)なんであんなに肌が綺麗なんでしょうか?そんな事ないのかぁ?
無残に肌が汚い人(笑)って見た事ないですよね~。

くだらない話・・・失礼しました。

来週も楽しみにしています。新しい環境でもお仕事頑張って下さいねヽ(^o^)丿
なちゅみ | 2009年04月24日(金) 15:51 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

私もネットいっぱいできる、ゆるーい環境だったんですが(^∇^;)、ガチガチに管理された「私用のネット禁止」な環境に変わることになってしまって・・・。(転職ではないんですけどね。うちの部署がたまたま今まで、本社ビルとは違うビル内にあったのでゆるくやっていたんですが、本社ビルへ移ることになったのです・・・)
もしかしたら・・・“もしかしたら”ですが、昼休みぐらいは出来る“かも”しれませんが、それでも、今でのような「いつでもし放題(笑)」には行きません。今思えば、今までが夢のようだった・・・(^∇^;)
そしてさらにいうと、希望していた部署へ異動が決まったので、まったく知らない人たちの中に入っていくというこの緊張感、まるで転職みたいなもんですわ・・・(^^;) ま、そういうことなら、管理がガチガチでないとしても、「いつでもネットしまくり」な気分にはならないでしょうけどね(笑)。

でも、時間を有効に使って、ブログの進行をがんばっていかねば!!と思っています。

タレントさんたちは、メイクさんがやってくれるからってのもあると思いますよ。やっぱプロのメイクの技はすごいです。あと、スタジオのライトなどでのテレビ映り・顔映りも。
なんかのサイトで、芸能人のすっぴん画像を集めたもの(笑)がありました。「へえ~、この人、こんなにしみ・そばかす多かったのかー」とか、「やっぱ年齢が年齢だな、納得」と思う人もいて、すっぴんを見るとまた印象も違ったものが少なくなかったです。
特にCMや雑誌、本だと、いくらでも修正できるので、かなり「アラ」は修正していることも多いのではないかな・・・と思います(笑)。

けど、ヤマピーはコンサートの時に近くで見てもツルツルの美肌でした(笑)。ヤマピーは洗顔料を使ったことがないんだそうです。やはり、「何もしない」(=何も悪いことをしない、余計なことをしない)のがいいんでしょうね。
ノンノン | 2009年04月24日(金) 21:53 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます。

ノンノンさんと肌の事以外?のお話が出来てなんか嬉しいデス(^_^;)・・・(以外ではないですね(笑)肌繋がりですね♪)

ヤマピ-綺麗ですよね~肌も顔立ちも。ヤマピ-見るとかなり上がりマス。でも主人の手前ジャニ-ズ全般の話は無関心を通してますが・・・(爆)
なんで男性はジャニ-ズ全般を否定するんでしょうかね~あんな美しい集まり他に居ないのに(^_^)昨日の堂本兄弟のトウマ君カッコいかった・・・彼は急激に男らしくなりましたよね~手足が長くて色気もあって中々の逸材デスネ。

スミマセン・・・

今日は、小鼻の横のザラツキについて伺いたかったんですがぁ、
かなり溜まってきてしまったんです(育ってしまった・・)結論から言うとあまりのザラツキにオイルでクルクルとやってしまったのですが、この行為はアリなのでしょうか?

希望の部署の移動おめでとうございます!ノンノンさんの事ですから、お仕事でも繊細で探究心溢れる粘り強い精神で完璧にこなして行くのでしょうネ。

これからもブログ楽しみにしています。
なちゅみ | 2009年04月27日(月) 09:31 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

あはは、そうですか(*´▽`*)

私の場合は、旦那公認です(笑)。家庭内にジャニを浸透させて、旦那もジャニに詳しくなってきましたよ。なので、旦那はジャニを否定はしません、自分も入りたかったというぐらいです(爆)。
でも、確かに、世間ではジャニをしたに見る男子は多いですよね・・・
女子が安っぽい“同性には嫌われそうな”(苦笑)女子のアイドルを悪く思うのと同じでしょうか・・・(゚~゚;)

トウマくんは確かにかっこよくなりましたね!ヤマピーと仲良しですよね~(*´▽`*)

オイルでクルクルしたら角栓はとれましたか?完全には取れないと思いますし、もしそれで簡単に取れたものがあれば、それは、近々いずれ取れる予定だったものなので、そこまで問題ではありませんが・・・ すべての角栓を取ろうとしてがんばってクルクルしすぎるのは、角質をとり過ぎる行為につながります。たくさん角栓をとり続けてきた人、洗顔をしすぎてきた人、乾燥が激しい人は、最初の2ヶ月目ぐらいまでは角栓がどんどん伸びて、しかも毛穴が皮脂がこびりつきやすいままなので、伸びた角栓の旅立ちもなかなかスルッといかずしぶといはずです。
しかし、角栓は放置しておけば必ず取れるし、そこで無理にとってしまうと、せっかく日々努力してケアしても振り出しにもどってしまいます。
角栓が日々伸びていくことを楽しみにするぐらいになりましょう(笑)。

するっと自然に取れたとき、「あれ?なんとなく透明感がある!」「毛穴はまだ目立つけど、なんとなくキレイ」と思うはずですよ。他の読者の方も、角栓を我慢して自然なターンオーバーで取れるようにしたら、2ヶ月目で旦那さんから「なんだか肌キレイになってきてない?」といわれたそうです。

また、「自然に取れるべき角栓」がするっと取れる洗顔は、泡をモコモコにたててその泡を顔にすべらせ、小鳥をなでるよ




ノンノン | 2009年04月28日(火) 06:44 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

つづきです。

なでるようにし、けっして力を入れないことです。
指の圧力がかかると、「取れるはずのものも取れない」からです。
ノンノン | 2009年04月28日(火) 06:45 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます。

確かにクルクルしても、まだ残ってます(+o+)
考えてみれば、オイルでクルクルも今に始まったコトじゃないので、クルクルしても、また気になって1ケ月後くらいにはオイルマッサ-ジと称してザラツキを取ってました。その時はツルツルでキモチいいのですが、まやかしだったんですね・・・。

あと、洗顔のすすぎ方なのですが、
つい最近まで、すすぎ残しがないように、顔を三箇所に分けて(一箇所50回以上かけてすすぐ→計150回)かなりしつこくすすいでました。ノンノンさんの項目の「洗顔のすすぎすぎ」を読ませて頂いて、すすぎ残しを懸念してのすすぎ過ぎも注意するようになりました。

本当に何から何までだったんだなぁ~って肌が可哀相な状態でした。
今もまだまだ元気がない状態です。早くツヤも取り戻したいデス。
なちゅみ | 2009年04月28日(火) 13:06 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

すすぎのしすぎだったんですね。やめてみてどうですか?
それだけでもだいぶ、変わってくると思いますよ!
意外と、洗顔のしすぎ・・・とくに「すすぎ」のしすぎの人が多いんだな、と最近実感しています。次の記事のネタはそれにしよう(笑)。
会社で更新できたらいいのにな・・・レスも・・・(;゜∇゜)
ノンノン | 2009年04月29日(水) 14:15 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます。
早速「洗顔のしかた」 読ませて頂きました。

先日から「すすぎ」について意識して止めるようになってから、確かにツヤが出てきたように思いマス。「しすぎ」てた時なんて頬の皮膚が透けて天然の赤みさえ感じてました(-_-;)
まだまだ合格点ではないにしても少しでも改善されてくると嬉しいものですね(*^_^*)

依然、口の周りの白ニキビや鼻に近い頬の赤ニキビ移行しない程度の皮膚の盛り上がりが確認出来ます・・・。
食生活の乱れと乾燥からの両面からですね・・・。

ノンノンさんのご指導のお陰で原因の察しがつくようになったので、慌てないように肌基盤を作らないといけませんね。

朝の貴重な時間に
いつも本当にありがとうございます。
なちゅみ | 2009年04月30日(木) 11:29 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

肌に赤み・・・まさに、洗顔のしすぎ、すすぎのしすぎの状態だったと思います。
すすぎのしすぎをやめれば、ちゃんと石鹸の脂肪酸のコーティングもあり、角質が守られるのもあり・・・で、肌バリアがととのい、つやも透明感も出てきます☆
それは乾燥を治すことなので、皮脂が毛穴にこびりつくことがない、すこやかな肌バリアになります。・・・ということは、これをもっと続けていけば、にきびやコメドも改善していくはずですよ。
もちろん、睡眠や食事などの生活習慣の影響もありますが。
洗顔は「ダイレクト」に成果に表れるので、改めることで成果がどんどん出てくると思います!
ノンノン | 2009年05月01日(金) 21:31 | URL | コメント編集

ノンノンさん、ありがとうございます。

洗顔の「すすぎ」を意識してみてから、だんだん潤いを感じてきました。
洗顔後も頬の赤みもなく肌全体の色ムラがなくなりました。

GW中、家では常にラップパックをしていました、このラップパックが本当にいいですネェ~ヽ(^o^)丿素晴らしい効能だと実感しています。

初めて味わう「しっとり感」→「浸透力感」ですね~浸透してるって本当に目で見て解り、ハンドプレスでも解りました。ラップパック後はハンドプレスの必要のないくらいですぅ~☆☆

そして今さらながらですが、ホホバオイルとシアが最強だって事・・★

今までオイルは好きで使ってましたが、それとは違う浸透力感ですよね。
これはひとえに皮脂膜に近い・皮脂膜形成をジャマしないオイルだからって事なんですね~(^。^)

部分的に口角の淵に白いカサツキがありますが、シアを重ねつけして対応してます。
あとはヤハリ小鼻の脇と顎の白いニョキニョキが凄いデス(-_-;)
こびりつきがひどいデス(+o+)

今までならオイルでクルクルコ-スでしたが^_^;ノンノンさんのご指導を受け、洗顔時のモコモコの泡で圧をかけない優しい洗顔の作用で何とか自然にこびりつきがとれてくれるのを待ちたいと思いマス。

見た目がかなりひどいので、ちょいちょいシアでたたくように埋めてるんですが(目立たなくするため→その場しのぎなんですが(笑))
その行為はいかがなものでしょうか?過剰なシアの重ねつけは白ニョキのえさになってしまいますか?

乾燥においては今だその2箇所の(小鼻脇・顎)皮脂のこびりつきはあるものの、今時点のこびりつきはケミカル時のものであって、今ケアの乾燥から来てるものじゃないように思いマス。
(何となくラップパック好調の波にのれてるような手ごたえが感じられます。)


なちゅみ | 2009年05月08日(金) 11:02 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

赤み、全体の色むらがなくなり、潤いが出てきたんですね☆ それはよかったです!
すすぎ、影響大だったようですね! 今まで、すすぎのしすぎで皮脂膜と角質層のいくつかを洗い流してしまっていんたんだと思います。

白いニョキニョキ(角栓)は、シアバターによって増えたり太くなったり、できやすくなったりすることはないですよ。
問題は、角栓ができる「毛穴」の状態になります。
乾燥していれば、その毛穴周辺の弾力が弱いので、皮脂のこびりつきが強いので、いったん溜まるとこびりつき、たまり、栓のようになり、時にはその皮脂がアクネ菌のえさになってにきびになることもあります。

しかし、正しいケアをして乾燥していなければ、生まれてくる肌細胞はすこやかなので、毛穴周辺の細胞は弾力があります。なので、皮脂がこびりつきにくく、皮脂がたまることがなく、毎日のふつうの石鹸洗顔でするっと落ちます。よって、角栓になることがありません。

角栓ができている、ということは、今まで(少なくとも数日前)に、乾燥させるような行為・環境があったためにできてしまったということです。ですから、早くその乾燥をとめてあげるためにシアバターをつけると効果が出ます。
角栓がある部位=乾燥している部位、というように、角栓は乾燥しているかどうかの目安のひとつです。

ただ、シアバターは乾燥を治すために効果はありますが、やはり、なんでもつけすぎれば皮脂膜形成の邪魔になったり、また、乾燥してしまっている部位がまだ改善の波に乗る前の段階だったら、過剰に皮脂を与えられてニキビにつながりやすくなるかもしれないので、つけ過ぎには注意したほうがよいと思います。

でも、今のなちゅみさんの様子だと、「今のケアの手ごたえ」を感じているようですので安心しました(^^) すすぎを改めたことでも、もっと成果が出てくるかもしれませんね。
毛穴や角栓が完全に改善しなくても、ケアに間違いがなければ最初の1~2ヶ月で成果は感じられてくるでしょうし、「なんとなく透明感が・・・?♪」という感覚が出てきますよ。
ノンノン | 2009年05月09日(土) 14:23 | URL | コメント編集

ノンノンさん、いつもいありがとうございます。

>問題は、角栓ができる「毛穴」の状態になります。

テカるって事は乾燥してるって事ですよね・・・確かに観察してみるとテカってる箇所に角柱が多発しているように思いマス。
鼻・顎・額・コメカミ・この箇所が乾燥地帯って事になるんですね(~o~)


>乾燥していれば、その毛穴周辺の弾力が弱いので、皮脂のこびりつきが強いので、いったん溜まるとこびりつき、たまり、栓のようになり、時にはその皮脂がアクネ菌のえさになってにきびになることもあります

毛穴の状態も額・コメカミにおいては、ひっつれてるようなシワが確認出来き、常にザラツイてます。

・・・そういう事なんですね~シワっぽい感じは前々から気になってたんですが、それよりもその箇所の吹き出物の方が気になってたんで、(前ケアでは)過剰なすすぎや、ムシロその箇所のケアはオイルやクリ-ムなどつけずに、化粧水のみで終わりにしてました。~今、振り返って見ると恐ろしい~(ー_ー)!!

長年のツケはしぶとそうデスネ(・_・;)

正しい知識と認識で「正しいケア」で肌弾力をつけたいです。

ノンノンさん、いつもありがとうございます。スキンケアってこういう事なんですねヽ(^o^)丿
「洗顔のしかた2」もかなり興味深い掘り下げ方をされていらっしゃるのでワクワクします。
なちゅみ | 2009年05月11日(月) 10:45 | URL | コメント編集

>なちゅみさん

ぐっとこらえて、角栓じたいができない肌になっていく「成果」を楽しみにしてケアしてみてくださいね☆
テカリもなくなるし、毛穴も見えなく・・・まるで毛穴なんかなくなったみたいになりますよ。
角栓がある部分には、ホホバオイル→シアバター でケアしてみてください。
ノンノン | 2009年05月13日(水) 21:33 | URL | コメント編集

ノンノンさんはじめまして、@コスメからお邪魔しました。
ここ数年、肌の調子が悪く、赤い、かゆい、痛いで化粧品ジプシーをしていました。
そこで1ヶ月ほど前からはネオナチュラルさんの石鹸+ノンケミシリーズを使い始め現在に至るんですが
顔に白ニキビが増え始め、これもダメなのかなぁ・・・・って
どうしたらいいのかなぁって悩み、こちらにたどり着きました。
そして!
まさに今の自分の肌の状態が書かれていることに驚き、黙々と記事を読ませて頂いてます。
あのまま、ノンノンさんのブログを知らずにいたら
また同じことの繰り返しをしてしまうところでした・・・・本当に感謝です!
今の状態からツルスベになるまでは まだまだ時間が必要ですが(^^;
ノンノンさんの記事を見てしっかり勉強しつつ頑張る気になりました。
1人でじゃ不安で絶対頑張れなかったのですごくうれしいです。
(勝手に仲間になったつもりですみません;;;)

早速、ヴェレダのクリームとホホバオイルを注文したので
届くのが楽しみです♪
これからも勉強しに伺わせていただきたいのでどうぞよろしくお願いします(*^^*)

モコ | 2009年06月05日(金) 17:09 | URL | コメント編集

>モコさん

はじめまして、こんにちは。
ご来訪ありがとうございます!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
正しいケアさえすれば、乾燥は改善するので、かゆみが出るような敏感ぎみな状態もおさまりますよ!
たくさん記事があって読みきれないと思いますが、「よくある質問」(カテゴリーの)からざっと目を通していただけると、知りたいものが見つかりやすいかと思いますので、ぜひご活用ください(^^)
ノンノン | 2009年06月06日(土) 13:11 | URL | コメント編集

ノンノンさん、はじめまして。

実は半年前にノンノンさんのこのブログにめぐりあい、その頃から石けんと手作り化粧水、ホホバオイルのスキンケアとファンデはMMUに変えました。

顎のニキビに悩んでいたのですが、いまではほとんど炎症を起こしません。まだ奥のほうに残っている白ニキビはありますが、表面にはできなくなってきました!!
本当にうれしいです!!!

いままでニキビケアには角質を取ること!と思い、ピーリング石けん、ふき取り化粧水、ケミカルピーリングなどを繰り返してきましたが、改善せず・・・。高価な化粧品が良いと思い使っていた時期もあります。
そして、ノンノンさんのブログで角質培養を知ったのです。
ほんとうに転機になりました!
はじめた頃は、やはり炎症ニキビが何個もできました。でも、今はガマンと思い続けたところ、だんだんと改善してきましたよ。

よい結果が出たら報告しようと密かに思っており、やっと伝えることができます。ありがとうございます!
これからもブログ楽しみにしております。
まき | 2009年06月06日(土) 22:37 | URL | コメント編集

>まきさん

はじめまして、こんにちは。
うれしい報告、ありがとうございました!!!!(*^▽^*)!!!
成果が出て肌が回復してきたとのこと、本当によかったです。
これからも、肌に悪いことをしないケアで、ぐんぐん肌が良くなっていくと思いますよ!
乾燥しない段階まで改善すれば、もうニキビなどできなくなります。
毛穴や角栓とも無縁になりますし、透明感が出て、化粧崩れもなくなります♪
また何かありましたら、成果報告でも質問でもよいので、ご気軽にコメントしてくださいね。
ありがとうございました! こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
ノンノン | 2009年06月09日(火) 05:56 | URL | コメント編集

@コスメからノンノンさんのこのブログにたどり着き5月頃から石けん洗顔、ホホバオイルでのスキンケアを行ってきました。
いろんなことを読ませていただき、ただ②感心するばかりです。
いま、はじめて2ヶ月くらいになりますが、おでこの湿疹みたいなのが増えてきて1ヶ月くらいになります。
始めたばかりの頃はシャンプーはケミ物を使っていたのでそれが原因かと石けんシャンプーに変えました。石けんシャンプーに変えて2週間くらいですが一向に湿疹は消えず・・・(泣)。
かゆみはないです。たまにあごにはあか~い大きなにきびが・・・(泣)。
時間が解決してくれるのを待ったほうがいいのか、それとも私のケアの仕方が間違っているのでしょうか?
石けんは「白雪」をつかっています。あとはファンデは使わず、ポイントメイクのみです。ポイントメイクはホホバオイルで浮かしています。
どうかアドバイスお願いいたします。
ふんふん | 2009年07月13日(月) 23:45 | URL | コメント編集

はじめまして♪ボクはもうすぐ二十歳になる男ですが、いつまでも治らない肌荒れ(毛穴、ニキビ跡の赤み、湿疹)&オイリー肌に嫌気が差し一ヶ月前から角質培養を始めました。
しかし、最近になってスキンケアに使っているものにノンノンさんがブログに書かれていらっしゃる細胞賦活作用(でしたっけ!?)の成分が入っているのがわかり、角質培養一ヶ月目にして朝と夜に
石鹸→ホホバオイル→(シアバター)→ラップパック
のケアに変えました♪今日でこのケアにしてから3日目です。
ここでちょっと気になることが…^^;
何か最近石鹸洗顔後に痒みを伴う赤み(大きさは一円玉より少し小さいくらい)が場所はランダムで4、5ヶ所発生するんですよ……(;_;)
サッポー美肌塾でも「炎症は肌の育ちを妨げる」みたいなことが書いてあり、このままのケアでやっていいか不安です……(T-T)

このままのケアをしていけば、肌は良くなっていきますか?

駄文、乱文失礼しましたm(__)m
ヤマ | 2010年01月22日(金) 17:37 | URL | コメント編集

>ヤマさん

はじめまして、こんにちは。

赤みと湿疹があるということは、乾燥→敏感の度合いがすこし進んでいる状態かと思います。そういう場合の対策としては・・・

カテゴリーの「よくある質問Q&A」の「スキンケア編」の、『ホホバオイル(→シアバター)のステップのみでは・・・』をご参考ください。

↑これに追加して・・・
男性ですので、朝のケア後、メイクはしないでしょうが、その後に外出もすることでしょうから、外気や暖房のきいたところ(空気の乾燥したところ)に長時間いることになると思いますので、朝のステップでも「クリーム」で保護するほうがいいかと思います。

春ならば多少問題ないとしても、今は冬。
(1)空気が乾燥していて、肌からの水分の蒸発量が増える。
(2)寒くて血行が悪くなりがちで、皮脂膜ができにくくなる。
この2つのダブルパンチで、ただでさえ(普通肌の人でさえ)、冬は乾燥しやすいです。

(2)の対策として、血行促進になるよう、スキンケアだけでなく運動や食事でも見直してみると、より効果がでると思います。

ラップパックも、もちろん冬には効果ですよ♪
クリームで保護した後にやるとよりよいと思います。




ノンノン  | 2010年01月23日(土) 10:46 | URL | コメント編集

アドバイスいただきありがとうございます☆

なるほど…………やはり乾燥ですか^^;
乾燥って想像してたよりもずっと恐ろしいんですね……

ではではご助言通り洗顔後のスキンケアをクリームにしてみたいと思います(もちろんラップパックも続けます)♪
ちなみにクリームは赤みのある敏感肌ですと即効性の関係で、ホホバ主体のアイリスデイクリームよりローズデイクリームの方が良いですか?

再び質問になってしまって申し訳ございませんm(__)m
ヤマ | 2010年01月25日(月) 19:00 | URL | コメント編集

>ヤマさん

肌バリアの力がどの程度か、によりますが、アイリスデイクリームでも即効性が出た方もいますし、それで物足りないなら、ローズデイクリームでもいいと思います。

クリームだけをとって、どちらが「フタ」として即効性があるか、を考えれば、ローズデイクリームです。

あとは、クリーム以外にも人それぞれ環境ややり方が違うので(湿度によって乾燥の度合いも違ってくる。ラップパックはやったほうがいい。食生活の違い。水道水の硬度によって、石鹸洗顔の相性が違う。運動量による血行のよさの違い。)、どちらのクリームを使うかの差は、そういういろいろな違いからも生まれてくるかもしれません。

お風呂上りは、浴室の内外の湿度の差により、どんどん乾燥しやすいタイミングです。お風呂上りこそ、なるべく早くクリームでケアをし、ラップパックをすると効果的です。
ノンノン | 2010年01月26日(火) 15:30 | URL | コメント編集

はじめまして、こんにちは

@コスメより参りました^^
角質培養参考にさせていただいてます(*´∀`*)ゞ

炎症ニキビのことでごそうだんがあります
既出でしたら申し訳ありません

私のニキビは痒みをもったニキビで無意識のうちに掻いて、クレーターになってしまいます

角質培養を初めてまだ日が浅いのでなおさらです;


ローズ水で殺菌効果を高めようと使っているのですが全くかわらず増えていく一方なのでどうしたらいいかわかりません;

塗り薬など使っても大丈夫でしょうか?(角質培養によくない成分とかが入ってたりするものもあるので)


又、既にできてしまったクレーターや赤みには、自然に治るのを待つしか手立てはないのですか?


ご回答よろしくお願いいたします。
紅 | 2010年02月15日(月) 15:01 | URL | コメント編集

>紅さん

はじめまして、こんにちは。

ニキビそのものがかゆみを出しているというよりも、かゆみの原因は「乾燥」ではないかと思います。乾燥により、肌バリアが弱まるためです。
そして、ニキビはこの記事でもわかるとおり、乾燥によって皮脂が過剰分泌し、また、乾燥している時の細胞は皮脂がこびりつきやすいため、ニキビができやすくなります。

たしかにローズ水には殺菌効果はあるのですが、あまり殺菌、殺菌・・・と力を入れすぎるべきではありません。肌には常在菌という「良い菌」があるからこそ、弱酸性ですこやかな状態を保っていられます。
また、殺菌に力を入れすぎてローズ水を必要以上に与えると、化粧水のつけすぎ・水びたし状態になるので、これまた乾燥肌の原因となります。心当たりはあるでしょうか?

カテゴリーの「よくある質問Q&A」スキンケア編のQ28も参考にしていただき、しっかりフタとなるクリームを塗って、ひとまずかゆみをおさえてみてください。

かゆさにより掻いてしまった部位のクレーターは、ターンオーバーのくりかえしで良くはなりますが、時間がかかります。基底層のほうまで傷ついてしまっている場合は、年単位で時間がかかることもあります。
ノンノン | 2010年02月15日(月) 15:27 | URL | コメント編集

早速のお返事ありがとうございます

乾燥ですか、、、確かにそうです;

こちらのブログを読ませていただいて、ホホバやシアバターでは間に合わず、ミツロウも苦手なのでワセリンを使って保湿をしてます

ローズ水もワンプッシュでph?を整える程度にとどめてるのですが、今までのツケで白ニキビ→痒み→掻く→炎症ニキビという悪循環にハマってます;



やはり何も塗らないで自然に治るのを待つのが一番いいということですか?(゚ω゚;A)

クレーターの方は今は放置して様子を見ることにします|ω;`)



上記にまったく関係ないことなのですが、アイシャドウについて教えてください
私は黒が好きなのですが、中々真っ黒で良成分の物に出合えません

茶色などではなく真っ黒なアイシャドウを作るには何を入れたらよいのでしょうか?

又、そういうシャドウを取り扱っているメーカーをご存じであれば教えてください
よろしくお願いします





紅 | 2010年02月15日(月) 20:22 | URL | コメント編集

はじめまして

成分について調べていたら、こちらのブログを見つけて、今いろいろ拝見させていただいてます(*^_^*)
知識が豊富でいらして、とても勉強になります♪

ところで、リンクにあったセラミド美容液についての記事が見れないのですが、削除されたのでしょうか?
今ちょうど、「保湿にはセラミドがいい」と勧められてセラミド美容液を使用しているので気になってしまって。

はる | 2010年03月08日(月) 03:27 | URL | コメント編集

>はるさん

はじめまして、こんにちは。

その記事は、思うことがあって現在削除中です。もうしわけありません。
削除したその記事の内容も、セラミド美容液を紹介した記事ではなく、むしろセラミド美容液にたいしての“疑問”を書いたような内容でした・・・。

このブログを読んでいくうちに分かるかもしれませんが、私は基本的に「肌になにかを浸透させよう」という美容液は使わない方針です。
たしかに、肌にはセラミドは必要な存在ではありますが、それは他の成分・組織も同じことで、必要な成分・組織だからといって、それと同じものを肌に塗ったところで、最初から肌にあったものと同じように働いてくれるとは限りません。
「細胞賦活作用」の記事にもあるとおり、いくらもともとの肌にあるものでも、時には「余計なお世話」となって肌を荒らす可能性のものもあります。

セラミドはただの「油脂」の一種なので、肌にぬっても害はないのですが、たんに「皮脂膜」のひとつとして肌に塗られるだけで、角質層にしみこんでセラミドとなるかどうか・・・は疑問です。
セラミド美容液は、ケミカルなものは特に、しみこみやすいように「合成界面活性剤」が配合されており、それであれば角質層をこわしてしまうので、元もこもなくなってしまいます。
しかし、成分良好をうたった、セラミドそのものしか入っていないもの・セラミド原液だけだとしても、今度は、分子が大きいので角質層内にもあまり浸透しないようです。

保湿力のある肌を作るには、セラミドそのものを保持した状態を保つ、「角質培養」のケアそのものが一番で、外側から働きかけて何かを入れ込もうとするよりも、結果的にそのほうが近道になります。
また、肌のターンオーバーの段階でセラミドたっぷりの肌を作るには、目次の「老化防止」の項目の最後のほうに「スムーズなターンオーバーでセラミドたっぷり」がありますので、ご参照ください。
ノンノン  | 2010年03月08日(月) 05:48 | URL | コメント編集

はじめまして

はじめまして。
私は長年、脂漏性皮膚炎に悩まされています。

今までは必要以上に化粧水をつけ保湿をしていましたが一向に良くなりませんでした。

でもノンノンさんのスキンケアのしかたを拝見させて頂きやっぱりなって感じでした。
今日からホホバオイルのみのスキンケアをしてみようと思っていますが脂漏性皮膚炎にも効果があるのかやっぱり心配です(汗)

あとホホバオイルに何かアロマの精油を混ぜるのってどうですか?



yuu | 2010年05月28日(金) 15:54 | URL | コメント編集

はじめまして

ノンノンさんのブログを参考にさせていただき、2週間ほど前からノンケミでの角質培養を始めました、22歳あんこと申します。
始めて間もないのに質問してしまってごめんなさい。

はじめの1週間ほどはホホバオイル、シアバター、ラップパックで乾燥が抑えられなかったのでワセリンだけを塗ってラップパックで過ごしていました。

その後は少し落ち着いた、でもホホバオイル、シアバター、ラップパックだけではまだ無理そうなので、朝晩ともにジュジュのヒアルロン酸美容液、アイリスデイクリーム、ラップパックをしています。

その後者のケアを始めて3,4日たった頃から肌触りがブツブツザラザラしてきて今では顔全体(とくにおでこ)に細かい白ニキビがいっぱい出来てしまいました。
しかし記事の中で長年してきたケミカルケアのツケで出来るということでしたのであまり気にしないようにはしていましたが、もしかして化粧品かぶれだったら…とも思ってしまったのですが、見分け方やケアのアドバイスなどありましたら是非教えてくださると非常に心強いです。
一応ですが、生活習慣などには気を付けているつもりです。

お忙しいのにお願いしてしまって申し訳ありません。
あんこ | 2010年05月28日(金) 21:47 | URL | コメント編集

角質培養2か月後のニキビ大発生

ノンノンさん、読者の皆様こんにちは。まずはノンノンさん、ご出産おめでとうございます。

4月より角質培養を順調に進めて2か月経った6月より、突如小さなニキビが顔面中に大発生しており困っています。本日皮膚科で診断してもらうとホホバオイルで毛穴詰まりを起こしているのではと言われました。もともとニキビ肌なのですが、顎と小鼻に大きな白ニキビができるだけで、今回のような、通常できない部分、形状のニキビは初めてです。

普段のケアは松山油脂の石鹸で朝晩洗顔(原料:石鹸素地、トコフェロール)、ホホバオイルとシアバターで手作りしたクリーム、ノンノンさんレシピのフェイスパウダー。夜は石鹸洗顔、ホホバオイルのみです。ホホバオイルと手作りクリームには香りづけでローズオットーを1滴入れています。

便秘もなく、パフや洗顔後のふき取りタオルの清潔さ、シャンプーリンス(オーブリーオーガニクス製で10年程愛用)も気を遣っているので何が悪いのかさっぱりわかりません。好転反応だとしても2か月も経った今頃では遅すぎるので違うのではと思います。

どなたか経験談、アドバイスありましたら是非くださいますようよろしくお願いします。

kumi | 2010年07月03日(土) 00:15 | URL | コメント編集

保湿のし過ぎで白ニキビ増殖?

ノンノンさんこんにちは。

毛穴に悩む22歳です。
昨年夏ごろから毛穴の開きが気になり始め、早くに予防として毛穴対策用の化粧水・乳液・毛穴パック・ビタミンC導入剤・保湿を行っています。
前に、私の肌は皮膚が薄く超敏感肌のため保湿はかなりした方が良いと言われたことがあり、それから草花木果というクチコミで人気の毛穴対策用の化粧水とビタミン導入剤を使ってみたのですが、毛穴の開きの進行は変わらずむしろ保湿のしすぎか何かで今までできたことのない白ニキビが口周りと鼻にポツポツと出来始め、治ったらまた新しい白ニキビが出来るといったサイクルができてしまったんです。。。涙
乾燥肌ということもあって顔がベタつくほど保湿を行い気持ち悪いことも多々あります。日中にはこの暑さもあり顔がテカテカしてしまいます。
これも白ニキビを作る原因になっているのかもと思い始めています。
でもこのブログを拝見させて頂いて今までの考えとは全く違う方法で対策することを聞いて目からウロコでした。
最近では毛穴が鼻周りから頬まで広がってきてしまい、どうしたら良いのかわかりません。
ホホバオイルで毛穴や白ニキビの改善につながるでしょうか?
長々と申し訳ありません。
宜しくお願いします。
シミー | 2010年07月08日(木) 17:32 | URL | コメント編集

ノンノンさん、読者のみなさんこんにちは。久々にノンノンさんの更新記事を楽しませていただきました。どうぞ育児、無理なさらず楽しく頑張ってくださいね。応援しています。

先日投稿した質問コメントの件です。本日漢方を取扱う内科にてニキビの相談に行ってまいりました。以前診察を受けた皮膚科で、ホホバオイルがニキビの原因と断定され、ディフェリンという角質をめくる薬を勧められるので、他の納得のいく説明、治療が欲しかったのです。

漢方内科では皮膚科と違って患者の声、皮膚、爪、舌、の状態、体の動きなどから瞬時に先生が患者の体調を把握され、多方面から患部を診察されます。ニキビの原因はホホバオイルではなく、冷え、ストレス、血流の悪さだろうと指摘されました。治療は漢方薬で行います。特筆すべきことは、ヨクイニン(はとむぎ)が吹き出物治療に良く効くと処方されました。

皮膚科の診察後もホホバオイルとシアバターを継続して使用していましたが、今回の診断後、安心して使用継続できます。もし角質培養をノンノンさんの方法と同じように、しかも長期間しているのにニキビが悪化したという方がいらっしゃれば、このような原因もあるかもと気に留めていただければと思い、コメントいたしました。
kumi | 2010年07月15日(木) 23:19 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年07月25日(日) 00:14 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/71-1d13e071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ニキビ・メゾット2008

[PR] 脂肪吸引あなたはニキビ面の人を見て、どう思いますか?あなたの顔は周りの人たちの目には、どう映っていますか?ニキビメゾットとは・・・人間の治癒能力にまかせて、ニキビをなくす方法です。塗り薬や飲み薬などに頼らずに、人間に基からそなわっている機能を最大
2008/12/21(日) 13:42:25 | これいかが

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。