All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.07 (Wed)

その3.(24) 冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは?

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。



すっかり年が明けて数日たってしまいました。
今年は暖冬(?)のせいか、例年に比べて雪が少ないようですね。それでもやっぱり、寒いもんは寒い!!さて、この寒い季節、お肌の調子はどうでしょうか?
私は・・・というと、実は今、カサカサして調子が悪いです(--;)。ずばり、乾燥しています。角質が取れ気味です!(>д<)
スキンケアで、今までと特に変えたところは無いつもりですが、やっぱり、「冬」という季節・環境による影響かな・・・と思い、原因・対策を考えて、身のまわりを見直しています。

その結果、やはり、暖かい季節に比べて、「冬」という環境はいつもより気をつけないといけない点がありました。

冬に肌が乾燥しやすい理由」、それは何でしょうか? 先に答えを言ってしまいます。それは・・・




●冬に肌が乾燥しやすい理由
(1)空気の乾燥(外気、室内の暖房)により、「目に見えない汗」(肌の水分)の蒸発量が増える。
(2)寒いと身体の血流が悪くなり、皮脂の分泌量が少なくなる。


ざっくり言えば、この2つです。どうでしょう? 水分がたくさん出やすく、しかもそれをなるべく抑えてガードしてくれる皮脂膜も形成されにくくなるのなら、肌が乾燥しやすいのも納得ですよね。
 


この乾燥をそのままにしておくと、すこやかな角質層を保つことが出来ないので、肌のターンオーバーは通常(28日)よりも早められてしまいます。結果、早められて出来た角質層もまた、乾燥ぎみの肌になります。
そう・・・「冬」という環境では、いつもと同じことをしていても、「乾いた空気&低い気温」により、「角質を取りすぎる行為」と同じ結果(=乾燥肌)になってしまうのっです・・・。いつものケアにプラスした、さらなる心がけが必要です。この対策については、後で書きます。





●ターンオーバーの早い・遅い
まず、ターンオーバーとは、図のようなものです。周期28日が正常で、日々、1層1層作られた細胞が、表皮へと押し上げられていて、28日で垢となって剥がれ落ちます。
 turn-over.gif

その垢は、目に見えないレベルのもの・手ごたえを感じないもので、通常の洗顔でスルッ落ちるのが自然です。無理やり垢すりやピーリングをすると、垢(角質)の取り過ぎになってしまいます。

角質を取りすぎると、肌は大慌てで新しい肌を用意しなければならないので、ターンオーバーが通常よりもぐっと早められてしまい、その結果、未熟な細胞しかできません。未熟な細胞は、水分保持力の弱い、スカスカの乾燥肌で、毛穴の目立つ肌、弾力がなく皮脂がこびりつきやすいので角栓のできやすい肌になってしまいます。
さらに、その乾燥した表皮の情報が、下部の真皮へと伝わり・・・ 真皮は「こんな肌じゃ危ない!」と、またもや“急いで”新しい肌を作ろうとするので、またもや早いターンオーバーが・・・と、悪循環が続いてしまうのです。
 jojoba-kame.gif
(関連記事 → ターンオーバーの悪循環・好循環


このような、「早すぎるターンオーバー」が良くないことは今までに何度も書いてきました。しかし私は、「遅すぎるターンオーバー」については、ほとんど書いたことがありません。
遅すぎるターンオーバーとは、早すぎるターンオーバーの真逆のことを意味し、角質が溜まりすぎる状態。ターンオーバーが滞り、角質がゴワゴワと溜まる状態として言われています。だから、そこを売り文句にして、角質を取り除くピーリング系のケア用品がたくさん売られています。

しかし、このように角質が溜まる状態は、今はほとんど少ないと言っていいと思うのです。角質を取る行為に目を向けるよりも、角質をいかに取り過ぎないようにするか、こちらに注意するほうが重要です。今は、注意しないと角質を取りすぎるケア用品であふれていますし、そのようなものを使わないと徹底したとしても、スキンケアの要領・方法ひとつで、角質の取り過ぎの行為になりかねません。へたに角質を取るほうに目を向けると、失敗してしまいます。だから私は、「遅すぎるターンオーバー」についてはあまり語ってこなかったのでした。



ここでふと考えてみたのですが、肌トラブルの原因のほとんどが「角質の取り過ぎ」に当たるとしても、数は少ないながらも、「角質が溜まる」例も、まったく無いわけでは無い、ということですよね。「ターンオーバーが遅すぎる」状態がどういうものなのか、自分も、そのような状態になっていることがあるのかどうか、知りたくなりました。自分の肌が、ターンオーバーが早いのか遅いのか、それとも正常なのか、実際の肌の状態と照らし合わせて、それを判断したいものです。
そこで、角質が溜まり過ぎる・ターンオーバーが遅すぎる状態とは、どんな状態なのか?その症状を調べてみました。すると・・・

「ターンオーバーが滞り通常より遅くなると、角質が硬く溜まり、ゴワゴワ、カサカサ、くすみ、乾燥」・・・。
う~ん、ゴワゴワ、カサカサ、くすみ、乾燥・・・これって、「角質を取りすぎる・ターンオーバーが早すぎる状態」でも起こりうる症状ですよね?同じですよね?それなら、乾燥肌になった時に、それは「ターンオーバーが早いのか・遅いのか」、どっちなのか??判断しかねます。
(※先ほど書いたように、角質を取りすぎる危険のほうに注意したほうが良い、とは思いますが。)


そこでさらに調べたところ、次のようなことが分かりました。






●「ターンオーバーが遅い」ことはない?!
ターンオーバーが遅すぎて、角質が溜まり過ぎる・・・と言うと、何層もの角質が溜まって重なって、厚くなっているのをイメージしますね。しかし、そういうわけでもないようです。実際は次のとおりです。

重なり合っている層の数じたいは、たいして変わりません。ただ、一番上(表皮の外側)に達している角質が、剥がれ落ちるのをとどまり、硬くなってくっついたままになっているのです。

つまり、ターンオーバーの周期じたいが遅くなっているのではなく、剥がれ落ちるか・まだ落ちないか、の段階にきた角質が、通常より長い期間、粘ってくっついているだけのことです。・・・ということは、「早すぎるターンオーバー」と、途中までは同じ。最後の角質の「剥がれ落ちるタイミング」が違うだけのことなのです。しかも、それが「硬い」状態。(それが、ゴワゴワの正体でしょう。)

なぜこのようになるのか? それは、未熟な角質層で水分保持力がない乾燥肌の状態が、さらに空気の乾燥や紫外線などの影響を受けると、肌を守る最終手段として、肌表面に硬くなってとどまり、“ゴワゴワ”しているのだそうです。

なるほど。「遅すぎるターンオーバー」というのは、正確な言い方ではないのですね。ターンオーバーそのものが遅れることは無いのです。
正しく言えば、これも「早すぎるターンオーバー」が原因の乾燥肌なのです。それがさらなるダメージを受けて、さらに一歩悪化した状態。
「早すぎるターンオーバー」→乾燥肌→ゴワゴワ・・・というように、延長上のこととして考えるのが正しい理解です。「早すぎるターンオーバー」と、「遅すぎる~」と、別々に真逆のものと考えるのは間違いで、どちらも、早すぎるターンオーバーのこと。悪化度が進んだほうが、ゴワゴワの状態です。



または、こういうことも考えられます。
途中までは正常なターンオーバーで、一層一層、角質が上へ押し上げられていたのに、剥がれ落ちる最終段階のあたりで、「冬の角質培養」の敵である「蒸発量の増加&皮脂分泌量の低下」で乾燥がやってきたので急遽、防御作用が働いた、ということ。
ガサガサは冬の寒い時期に多いことを考えると、これも一理あるかもしれません。

「順調なターンオーバー」→何かによって乾燥→ゴワゴワ です。

どちらにしろ、「乾燥」が原因であることは確かです。


そしてこのような「ゴワゴワ」してしまう乾燥は、に多いのではないでしょうか?
なぜ冬はこのタイプの乾燥になるのか。通常ならば、乾燥すると皮脂が過剰分泌して、どうにか潤そうとします。だから混合肌やオイリー肌になりがちです。

しかし、冬は気温が低いので体も冷えやすく、「皮脂分泌が少なくなる」時期。だから、残る防御作用は・・・角質が「ゴワゴワ」とへばりつくことなのでしょう。





●ゴワゴワはどうすればいい?
では、そのゴワゴワは取りのぞくべきか? 結局、ピーリング系のケア・「角質を意識して取る」ことは必要なのか? ・・・と思った人もいるでしょうが、いいえ、やはりやるべきではありません。
もともとが「早すぎるターンオーバー」が原因なのですから、意識して取ると、また早急に、即席で細胞が用意され、未熟な乾燥肌が出来上がるだけです。
確かに、ゴワゴワを取り除いた直後は、ツルツルします。が、ゴワゴワのすぐ下にあるのは、未熟な角質層だけなのです。角栓の時と同じように、それを取り除いてもキレイに見えるのは取った直後だけ。すぐに悪循環が続いてしまいます。
焦って取り除くのではなく、ゴワゴワの場合も、通常の角質培養と同じようにケアし、じっくり改善を待ちましょう。


このように、乾燥肌がさらなるダメージをうけての“ゴワゴワ”ですから、そのダメージに対抗する対策・・・いつものケアにプラスした心がけが必要です。これは、冒頭で「後で書く」とチラつかせた「冬が乾燥しやすい理由」の対策と同じです。長らくおまたせしました。次のとおりです。






■対策その1.水分を保持する
「冬に肌が乾燥しやすい理由 」は、ざっくり言うと2つでしたね。
まず、(1)の『空気の乾燥(外気、室内の暖房)により、「目に見えない汗」(肌の水分)の蒸発量が増える。 』から、対策を考えてみましょう。



●水分の蒸発
皮膚からはたえず、「目に見えない汗」が蒸発していますが、空気が乾燥している(=湿度が低くなる)と、その蒸発量が多くなります。

そもそも、角質層に保持されている水分は、体内の水分が表皮へとにじみ出てきたものをキャッチして保持されたものです。
水分保持
水分は、化粧水などのように外側からバシャバシャ与えるものではないのでしたね?
肌に水分を保持させる方法は、前回の記事の中の「角質層に水分を保持する方法」をご参照ください。



●皮脂膜の「フタ」の役割
その水分はさらに、「目に見えない汗」となってたえず蒸発していきますが、それをなるべく蒸発量を抑えてガードしているのが、表皮の一番外側で膜(フタ)となっている「皮脂膜」です。

しかし、皮脂膜のフタの役割には、ビニールのようにまったくシャットアウトできるような“完璧”さはありません。なぜかと言うと、皮脂は、水分ともなじみが良いからです。皮脂と、蒸発する寸前の水分が混じりあい(天然の乳化作用によって)、皮脂クリームとなったのが「皮脂膜」です。この、適度に混じりあいつつ、適度に水分の蒸発をガードする作用が、「皮膚の呼吸」です。
ですから、ビニールのような完璧さがつねにあったとしても、皮膚呼吸ができなくなるので肌に良い結果を生みません。合成ポリマーが肌に良くない、しょせんニセモノのフタである理由は、そういうわけです。

そういうわけで、角質層に水分をたっぷり保持するには、皮脂膜の役割が必須です。

皮脂膜といえば「ホホバオイル」です。

さらに、ゴワゴワしている乾燥しているときは、「オレイン酸」が少なくなっているので、補充してあげると乾燥状態から抜け出す手助けになります。
私は、「シアバター」をオススメします。オレイン酸を含む上、これも皮脂膜に近い性質をもっています。しかしシアバターは、ホホバオイルとは違って付けすぎるとすぐにベタベタしてしまうので、うす~~~く、両手のてのひらに伸ばしたものを顔にはさむ・置くように、ハンドプレスして付けます。
ホホバオイルがメインで、そのプラスαがシアバターなので、少量でよいです。
詳細記事→ 化粧水なし、ホホバオイルのみ



●角質層で水分保持
また、水分を保持している角質層じたいを守らなければなりません。角質層の中の細胞間脂質(代表がセラミドという脂質)によって、水分を抱きかかえられて保持されています。
角質の取り過ぎにしたり、もろくする行為をやめましょう。日々、角質培養です。




●水分保持の対策(まとめ)
水分の蒸発量をなるべく抑える。
皮脂膜を守る。
角質層を守る。


そのためには・・・

水分の蒸発をなるべくふせぐ方法 【例】 :
●お湯の入ったコップをそばに置く。
●加湿器を利用する。
●暖房に頼り過ぎない。
●口からの水分補給をする。目標は、1日2リットル。
●ラップパックで、一時的に水分の蒸発量を防ぐ。(→好循環が続いていく!)
 詳細→  ラップパック~角質培養の“波”に乗るケア~

●皮脂膜の保護・補充
ホホバオイルをメインとしたケア&シアバターを補充

●角質を取りすぎる・もろくする行為をやめる 【その行為の例】
【洗顔のしすぎ】 洗顔は朝・夜の1日2回まで。回数を守っても、こすりすぎ・洗いすぎ・熱湯での洗顔はダメ。
【肌の水浸し】 化粧水のつけすぎ、コットンパック、スチーマーの当てすぎ。
【ケミカルな成分】 合成界面活性剤、合成ポリマーの入ったものの乱用。








■対策その2.皮脂
では、「冬に肌が乾燥しやすい理由」のもう1つ、「(2)寒いと身体の血流が悪くなり、皮脂の分泌量が少なくなる。」についての対策も考えてみましょう。

先ほど、対策その1.の水分保持で、「皮脂膜」は重要なフタの役割を果たす、と書きました。しかし、冬のような気温の低い時期では、身体も冷え、血流が悪くなりがちのため、皮脂分泌量も少なくなってしまうんですよね・・・。


●皮脂分泌と血流
皮脂分泌というのは血行が大きく関係しています。そのため、気温、運動によって分泌量が大きく変化します。気温が上がる・運動することにより、肌の毛細血管が膨張し、肌の血行がよくなり、皮脂分泌が増加するのです。また、脂というものは低温では固まってしまうので、気温の高い夏の方がスムーズに肌の上に出られる、という意味もあります。
ちなみに低温の冬と、高温の夏とを比較すると、額の部分で夏は冬の約2倍になるといわれています。このように、皮脂分泌に対して一番影響を与えるものが血流だったのです。

適度な運動、冬こそ運動ですね!!なにも、がむしゃらに運動することもありません。踏み台昇降や腕回し、腰回し(くわばたりえが実践して痩せた、コアリズムの要領。またはフラフープのように。)、ラジオ体操など、軽い運動でも、やれば身体がポカポカしてきます。汗をかくことが目的ではないのです。

逆に、夏の運動はというと、ちょっと動いただけでダラダラと流れる汗をかきやすいですが、ダラダラと流れる大量の汗は、注意が必要。皮脂膜を洗い流し、角質層をふやかしてしまうので、あらかじめクリームで予防するか、アフターケアが必要になります。
詳細記事 → 「ダラダラ汗」とクリームの関係




●皮脂分泌の調整
皮脂分泌は、ホルモンで調整されています。そのホルモンは、昼夜の影響を受けていて、昼に増え、眠る夜に減少します。といことは、夜によく眠ることでコントロールできるのです。
夜更かしをすると、皮脂は過剰分泌してしまいます。規則正しい睡眠時間を心がけ、肌が生まれ変わる「肌のゴールデンタイム」(22~2時)には眠るようにしましょう。

また、皮脂分泌を調整するホルモンは、実は男性ホルモンです。女性でも少しは持っていますが年齢とともに少なくなっていく傾向にあります。しかし、男性の場合は年齢によって少なくなることはありません。
そういえば、オデコや頭皮がギラつく年配の男性は見かけますが、女性ではあまりいませんよね。頭皮がはげるのは男性ホルモンによるもの(男性ホルモンが多い場合)であり、さらに追求すれば、それによる皮脂の過剰分泌が頭皮の毛穴を詰まらせることが原因かもしれません。

今、寒い時期は皮脂分泌が少なくなる・・・という話をしているので、男性ホルモンで皮脂分泌されるのは良いことばかりに感じるかもしれませんが、「過剰」な分泌であれば問題です。女性の場合、男性ホルモンが過剰に強くなるのは、異常のサインでもあります。
たとえば、ストレスを過剰に受けると、男性ホルモンが強くなることがあります。これにより、皮脂分泌が過剰になるだけでなく、毛深くなる例もありますし、女性でも頭皮がはげる場合もあります。


皮脂分泌の過剰は、ホルモン以外の原因では、「乾燥肌」もそうです。一見、乾燥しているなら皮脂分泌は過剰にならないイメージですが、乾燥肌がさらに進むと、水分で潤せない分、皮脂で潤そうとして、過剰分泌が始まります。混合肌やオイリー肌も、原因をたどれば乾燥肌、ということが少なくありません。

皮脂と同じ成分・性質をもつホホバオイルは、皮脂の過剰分泌を抑え、皮脂のバランスを整える働きを持っています。
ホホバオイルに関しては、こちらにまとめました。詳細記事→ 化粧水なし、ホホバオイルのみ





●皮脂と洗顔
まず前提は、皮脂膜を必要以上に奪わないことです。(これは、冬に限らず、いつでも、角質培養をやる上での基本ですが。)
皮脂を必要以上に奪う代表は、皮脂膜を洗い流してしまう行為(肌の水浸し)。化粧水のつけすぎ、コットンパック、スチーマーの当たりすぎ、ダラダラと滝のような汗をかき続けることなどです。これは、先ほど書いた「角質層をもろくする行為」でもあります。


では洗顔は・・・?石鹸洗顔では皮脂を(角質も)奪いますが、使わないほうがいいのか?いいえ、これは悪いことではありません。

理由:
①皮脂の「酸化」を放置すると、角質層が傷んでしまうので、石鹸洗顔で皮脂のリセットが必要。
②石鹸洗顔で角質1層分は確かに取れるが、取るべき時がきた角質のみ取れるので、取り過ぎにはならない。(洗顔のしすぎをしなければ)
③石鹸洗顔で皮脂を洗い流しても、また皮脂分泌が始まり、2~3時間でもとに戻る。または、即座に補う方法もある。


では順番に説明しましょう。

まず①について。
皮脂膜が大事だからといって、取らないようにしすぎてもいけないのです。下着と同じで、日々新しいものを身につけたほうが気持ちがいいですよね?皮脂も同じく、古い皮脂を残したままにしておくと、皮脂が「酸化」して過酸化脂質となり、角質を傷めるので、結果的に角質が剥がれやすくなり、肌バリアを壊すことになってしまうのです。

また、皮脂の酸化は、時間の経過とともにどんどん伝染して、雪だるま式になっていってしまうのです。皮脂の酸化は常におこっており、時を止めない限りストップできません。だからこそ、1日2回までの洗顔の中で、皮脂のリセットをするのは有効といえます。

詳細記事 → 酸化と洗顔


②のとおり、角質は石鹸洗顔でたしかに1層分か、取れかかってブラブラしている角質は取れます。が、石鹸洗顔で取れる角質は、洗顔のしすぎをしない限り、取り過ぎになることはありません。

たしかに、朝のすっぴん時の洗顔なら、メイクを落とす必要がないので、石鹸洗顔でなく水(ぬるま湯)洗顔でも用は足ります。水(ぬるま湯)洗顔で落とせるのは、汗・汚れで、皮脂は多少残すことができます。
しかし①のような酸化のことを考えると、朝のすっぴん時でも石鹸洗顔して、酸化しているであろう皮脂をリセットするのが“理想”です。
ただし、あくまでも“理想”です。肌が弱っている人は、肌の状態に応じて判断し、無理に石鹸洗顔することはありません。



③については、石鹸洗顔で皮脂をリセットしても、皮脂はまた分泌され、2~3時間経てばもとに戻り、じゅうぶんな量の皮脂膜となります。

分泌されるまでの最初の数分、皮脂膜の代わりに膜になってくれているのが、実は、あの「石鹸洗顔後のつっぱり感」です。水道水に含まれる硬度成分(カルシウム)が石鹸の成分と結びつき、「カルシウム石鹸」となり、その膜が張り付くのが「つっぱり」の正体です。
洗顔後のつっぱりの原因は、肌が乾燥している場合も含みますが、肌にトラブルが無い健康な肌でも、水のほうの都合によりこのようにつっぱり感があることもあります。洗顔の水の硬度成分が多ければ多いほど(硬水であるほど)、つっぱり感は起こります。トラブルのない肌には「一時的なつっぱり」「皮脂膜の代わり」となるので、悪いようにはなりません。


ただし、アトピーなど極端に肌が弱まっている時には、その膜さえも刺激になることがあります。そういう場合は、洗顔の水をなるべく軟水にしたほうが肌にやさしくなります。
洗顔の水に含まれる硬度成分が多いか少ないか(=硬水か軟水か)で、カルシウム石鹸の膜が出来るか出来ないか、つっぱり感があるか無いか・・・が決まるのです。

アトピー対策に限らず、トラブルのない肌の場合でも、軟水を使うメリットはあります。石鹸洗顔後のつっぱり感がなく、即座に石鹸の脂肪酸が皮脂膜となって肌に乗っかってくれるので、洗顔後、すぐに皮脂膜に守られたツルツル感を得ることができます。これが先ほど言った、「石鹸洗顔後でも即座に皮脂膜を補える」方法です。

ちなみに、軟水で石鹸を泡立てると、モコモコのクリーミーな泡が簡単にできるのも気持ちがよいです。石鹸シャンプーも、軟水で行うと石鹸カスが出来ず、髪の仕上がりがよくなります。

乾燥肌の、「皮脂膜の分泌まで待てない」状態、少しでも早く皮脂膜を形成したい、とくに、空気が乾燥していて水分の蒸発量が多い・・・という場合は、軟水での石鹸洗顔はかなり強い味方になってくれるでしょう。

詳細記事 → アルカリ性と酸性、そして洗顔の水




●合成モノ(ケミカル)な洗顔料のデメリット
ちなみに、石鹸洗顔でない、合成モノ(ケミカル)な洗顔料をオススメしない理由は?というと・・・
合成界面活性剤による「しっとり」感で、つっぱり感が無いので肌にやさしいと錯覚してしまいます。が、実は肌にやさしくはありません。だまされないようにしましょう。合成界面活性剤によって、取れるべき角質以上の、まだこれから育つはずの角質も取ってしまうのです。角質の取り過ぎは乾燥肌のおおもとです。
そして、角質を取りすぎたことによる乾燥をごまかすために、合成ポリマーでフタをします。ビニールの膜のようなものですから、ツルツル感はありますが、皮脂膜とは違う、ニセモノの「フタ」です。皮脂膜のような皮膚呼吸ができません。
合成界面活性剤も合成ポリマーも、数日間、肌に密着して張り付きますが、その水面下では肌が弱ってしまっています。それを使うのをやめたとたん、あらわになるのは、乾燥肌です。



●皮脂分泌の対策(まとめ)
●気温の低いときほど適度に運動する。
 血行をよくするポイント → 肩甲骨、僧帽筋
●規則正しい睡眠をする。肌のゴールデンタイム(22~2時)。
●ストレスを溜めない。
●軟水での石鹸洗顔は、冬こそ効果的。
●ホホバオイルで皮脂膜の保護・補充をする。(皮脂バランスを整えてくれる、皮脂膜と似た成分・性質をもつ)
ホホバオイルに関しては、こちらにまとめました。詳細記事→ 化粧水なし、ホホバオイルのみ



関連記事 
肌バリア(皮脂膜+角質層)を守るためのことを、まとめました。
→ 乾燥さえしなければ、肌はキレイになる

洗顔には、ぬるま湯・ぬるい水
「そんなこと、分かってるよ・・・」と頭では分かっていても、これを徹底することで、とくに冬こそ、効果があります。徹底の工夫を書きましたので、ご覧ください。


冬の角質培養、がんばりましょう!!水分の蒸発量をなるべく抑え、保持する。そして、皮脂膜の分泌のバランスをよくすること。これが冬の角質培養です。
私は、最近サボっていた軟水洗顔、また復活しました。ラップパックも、水分の蒸発が激しいお風呂上りだけはやるようにしようと思います。(最近やっていなかったのを復活しましたが、やっぱこれ、効きますよ~!)
今年は、手作り軟水器を、もっと使いやすく改良したいと思っています。その時は、またこちらで記事にしますね。

今回も、ものすごーく長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。今年も、探究心いっぱいでがんばっていきたいと思います(^^)ノ



ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

15:33  |  3.角質培養  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あけまして

おめでとうございます。
今年もお世話になります!!

大晦日のコメント、慌てて名前入れずにすみません(><)!
「やまと」のキーワードでわかるなんて…さすがノンノンさん(笑)
斗真くん出てなくて残念でしたが、2人の日記をみて新年早々ほっこりさせて貰いましたよ~

ノンノンさんはコン楽しまれたようで羨ましいです~^^


…と、ここで一旦ヲタ話は中断させて頂いて(笑)。


実は私、ノンノンさんのブログを携帯から拝見させて頂いてるんですが、
「ケミカル」らへんから切れてて見れないんです…。。

ビンボーですみません(笑)


ちなみに最近は朝の洗顔をやめて、精製水スプレー→タオルで抑えるのみなんですが、調子がいいようです。
酸化が気になるとこなんですけどね( ̄^ ̄)むぅ
りん | 2009年01月07日(水) 20:58 | URL | コメント編集

あけましておめでとうございます。

@コスメでお世話になってますまっちゃらてです。
無添加の石鹸で刺激を感じるということで色々教えていただいてから、こちらの方で勉強させていただいてます。

石鹸での刺激はずいぶん良くなりました。
ただ年末年始に実家に帰り、おいしいものや甘いものをたくさん食べ、生理中で肌の調子が悪いのも加えてあごや頬にぼつぼつと出てきてしまいました・・・。
そこに「乾燥」もあり、私もかさかさです。

バックスナチュロンの日焼け止めに細胞賦活作用のある成分が入っているということで、確かにつけていると逆に乾燥するような気もしたので最近はつけていません。
ホホバオイルとシアバターを薄くつけ、パウダーも付けないでいます。

今までのつけで肌がすっかり乾燥してもろくなっているのでにきびもできやすくなっているし、皮脂膜の代用以外はなるべくつけないようにしています。
ひょっとするとシアバターもニキビの原因になっているでしょうか。

ケミカル物を使っているときは自分で言うのもなんですが、肌はきれいな方だったのですが、ノンケミになってからカサカサとニキビに悩まされるようになってしまい挫折しそうにもなりますが、新年もがんばって様子を見ていこうと思います。

今の私は「洗いすぎ」に注意!そして皮脂膜の代用ホホバオイル命!です。
これで乾燥を感じる時はどうしたらいいでしょうか。

また質問になってしまいすみません。
そして長くなりましたが今年もよろしくお願いします(^^)。
まっちゃらて | 2009年01月07日(水) 22:58 | URL | コメント編集

>りんさん

やっぱりりんさんだったんですね(ニヤリ)
トウマ君、月9に出るんだね!面白そうなドラマだったから楽しみ(^^)

ケイタイから見れませんでした?時々、電波かなんかの関係で、途中で途切れることもあるみたいですね。
私のケイタイからは見れました。申し訳ありませんが、再度見てみてください。お手数かけます。

朝の洗顔、冬は乾燥しやすいので、冬だけは朝のすっぴん時は水洗顔・・・っていうのもアリですよね。

私は、オフィスの乾燥がヒドイので、卓上のミニ加湿器を買っちゃいました(笑)。届いて、使ってみたら記事にアップしようと思ってます。
ノンノン | 2009年01月08日(木) 17:36 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

こんにちは。

あれから洗顔のほうも落ち着いているようで、良かったです(^^)

日焼け止め選びもなかなか大変ですよね。一口に「ノンケミカルな日焼け止め」ならあるんですが、さらに成分を突き詰めると、なかなか完璧なものがありません(^^;;)

シアバターがニキビの原因か?ということについてですが、人によって、そうなる場合もあるし、そうならない場合もあるので、自分の肌との見極めが必要になります。

明らかに「乾燥している」というのなら、シアバターは良い働きをしてくれますよ!シアバターも、ホホバオイルやミツロウに次ぐ、皮脂膜に近い性質をもっていて、クリーム類の基本となる素材のひとつです。
ホホバオイルにはオレイン酸が含まれていて、乾燥したり、乾燥が原因でニキビが出来る場合、オレイン酸が少なくなっていて、皮脂膜の理想の脂肪酸バランスが傾いている上体なので、それをシアバターで補うことができます。

ただ、普通肌で問題がない場合は、皮脂膜の脂肪酸バランスがちょうどよい状態なので、へたにオレイン酸が多いものを付けると、「オレイン酸過剰」になって肌を荒らしてしまうことがあります。シアバターにも「精製」や「未精製」がありますので、オレイン酸過剰が心配であれば、精製されているほうが、一応は安心です。

オレイン酸が少ない場合も、ちょうどいい場合も、どっちみち“皮脂膜の代用”として付けるのだから、うす~く付けるのを心がけてください。両手の手のひらでこすりあわせたのを、顔にハンドプレスするぐらいで。


ホホバオイルのみ、でも肌が乾燥する(今の時期は空気の乾燥による、乾燥肌ですね)なら、ホホバオイルもプラスするのが良いし、あとはブログに書いた対策のあれこれですね。
「ラップパック」は有効なので、ぜひやってみてください。お風呂上りは水分の蒸発量がさかんなので、コップ1杯の水を飲んだり、髪を乾かしたり歯磨きしながら、ラップパックすると有効ですよ。あと、朝の起きがけのコップ1杯の水も良いです。

いつもいる環境は、どうですか?私の場合は、1日の大半を過ごすオフィスがものすごーーく乾燥していて困っています。都心部そのもののコンクリートジャングルが、空気の乾燥が激しいんですよね・・・(--;)
なので、ミニ加湿器を買いました!届いたら記事にアップします。
ノンノン | 2009年01月08日(木) 18:00 | URL | コメント編集

こんばんは。

本当に乾燥してますよね。
私は子供が2人いるのですが、今は寒いので買い物など以外はほとんど家だと思います。

シアバターについてですが、持っていたのがちょうど精製したものなのでうすーくつけています。あまりつけるとべたべたしてしまうので、ごく少量にしています。

日焼け止めについてですが、今の季節は日焼けは心配ないわけではないけど、私の肌の状態はまず第一に乾燥しないようにすることだと思うので、良くなるまではホホバオイルと少量のシアバターで我慢してみようかと思っています。

ラップパックもこの前やってみましたが、下の子が1歳なので泣かれました(^^;)。
でもラップを取った後はなんともいえないくらいしっとりしていていい感じでした。

私も加湿器あるのですが、寝るときしかつけていないので、昼間もつけたほうがいいかもしれません。

ノンケミでのスキンケアは奥が深いけど、最近自分の肌の状態を良く知ることが出来ていい機会かもしれません。
まっちゃらて | 2009年01月08日(木) 19:06 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

最初のレス、誤字があってすみませんでした。(× 上体 → ○ 状態)
あと、ホホバオイルのみで乾燥する場合の対策として、「(ホホバオイルに)シアバターをプラスするのもよい」と書こうとしたのも、間違えて「ホホバオイルをプラス~」と書いてしまいました。すみません。

精製のシアバターをうすく、って方法、実践されてるんですね。よかったです!

ラップパックでお子さんに泣かれましたか・・・!(爆) う~んそれは困りましたね(^^;)

日中の部屋の温度がどれぐらいか、温度計と一緒になってるやつで湿度を確認してみるといいかもしれませんね。
ノンノン | 2009年01月09日(金) 10:06 | URL | コメント編集

あらためまして・・・

あけましておめでとう!!
さきほどから、某所での「萌え(?)話」ワクワクしますな(笑)きっとこういう気持ちもお肌にはいいはず(爆)

私は、確かに乾燥した中にもいますが、顔はそんなに状況変わりません。
でも、顕著に出るのが髪の乾燥(静電気)と、唇の荒れ。

髪はなかなか難しい~~。
石鹸シャンプー、リンス、オーブリーのコンディショナ・・・なんだけど、やっぱ乾燥の強い部屋では髪がパ~~ッと逆毛たちそうになることがあるよ。。。

あとは、唇は、どうしても舐める&剥く癖があるもんで、余計悪化するんだよね。
手作りすると言いつつ、正月をはさんだのでまだリップ作ってないし。

後、もう一つはかかとのヒビ割れが冬の困りモノ。
冷え性で、あんかとか使うのも荒れを助長してるのかな~。
シアバターを塗りこんだり、まめにケアして、割れがひどくならないようには気を付けてるけど、このケアも毎年困ってるよ~。
カフェ | 2009年01月09日(金) 11:08 | URL | コメント編集

>カフェねえさん

妄想ごっこ、楽しいね(笑)。うん、まさにこういうのが女性ホルモンアップになると思う!!(爆)

静電気があるってことは、やっぱ空気が乾燥してるっぽいね。
顔に出ないのは羨ましい~。ねえさんはきっと、皮脂と水分のバランスがいいのかも。水道水もかなり軟水のようだしね!

髪は、ブラッシングする前に、霧吹きとかで髪をしめらすとか、あと、時々自分の周りに霧吹きするのもいいみたい。

私は、静電気はほとんど無くて、髪のほうは大丈夫。髪に関しては、水分をちゃんと含んでるのかな?最近はトリートメント(手作りのも、オーブリーのも)をずっと使わなくても大丈夫になってきたよ。
髪の改善も段階があるから、じょじょに良くなっていくといいね!

手作りリップは、本当に効き目あるからぜひ☆

かかとは、ヒビが入るなら、それこそ「細胞賦活作用」を利用して、いったん(最初だけ)尿素かヒノキチオール入りのものを使ってリセットしてみたら?
最初にゴソッと固いやつが取れて、あとは通常の柔らかい肌が育っていくようになるよ。
ノンノン | 2009年01月09日(金) 14:02 | URL | コメント編集

冬は「一工夫」・・・「気遣いケア」が大切なんですね♪

ノンノンさんこんにちは♪おかげん如何でしょうか(^-^)
さて、私ごと、@で「MYクリップ」というのでしょうか、前でいう「要チェックリスト」の所に「白雪スクワランうるおいたおる」をクリップしています。

これは、私は体洗いに良さそうだなぁと思ったのと、「目のくまに良い」・に期待しているのです☆
「スクワラン」が繊維に、という少々怪しげなものですが(笑)、最近知った所では意外にメジャー品のようです。※スクワランは「細胞払~作用」があるのでしたよね。(※違っていましたらすみません)

そこで!「蒸しタオル」について、です。ノンノンさんは←をケアに取り入れていますか?私はした事はありますが、面倒臭くて続かなかった事と、自分が「物理的刺激」に弱いのを知ってから遠のいています。
クチコミを見ると、「スキンケアの最後に蒸しタオルをすると、モチモチになる」とか、「蒸しタオルをすると、化粧品の入り込みが違う」みたいなクチコミをよく見掛けます。
私的に考えました。これは、「蒸しタオル」によって毛穴が開き、「見えない汗」が盛んに出て、その水分と、乳液・美容液・クリーム等が、肌上でよ~く乳化されて、良質な皮脂膜を形成している状態かな?と。

で、その後のケアも大切ですよね。ここでぬかりなく、「ラップパック」すれば、最高☆なのでは?と、モリモリブログfanの一人として思う私でした♪

また何かあればお邪魔させて下さ~い(^▽^)/
2332 | 2010年01月23日(土) 14:46 | URL | コメント編集

【追記】ほか*です^^;

そうだ、思い出した!上記「蒸しタオル」の際には実行の前後に「充分に水分を摂る」事も必要ですよね(^-^)

それと、洗顔の際の「すすぎ」について、また素朴な疑問が湧いてきまして。これは@の「chieko」にも投稿して、皆さんどうされてるのか、お尋ねしてみようかと思っているのですが・・・

夜、お風呂またはシャワーの際は、ノンノンさんはすすぎの水の「温度」、気をつけていらっしゃいますか?
考えてみると私は無頓着でした~v-237

朝は、「出来るだけ低い温度の(今時期は厳しいですが)ぬるま湯」を心掛けていますが、お風呂の際は「寒くない温度=お湯」です。洗顔が終わったら、顔全体にシャワーをかけて流すのですが、そのときに勿論体にもシャワーがかかるので、「水に近いぬるま湯」ではヒヤッi-240として駄目です。
そこで、洗面器に、すすぎ温度の湯をためてすすいでみたのですが、髪にもどうしても泡が付くので、最後は結局「お湯シャワー」で終了です。ショートなので髪も結べないし。シャワーキャップかぶろうかな?

夏場なら、全身に「冷水で締め」でもよいですが、
ただでさえ、乾燥する冬なのに、すすぎにお湯を使ってしまう~~!!!

ふとした疑問でした(^^)/~~
2332 | 2010年01月23日(土) 16:50 | URL | コメント編集

>2332さん

こんにちは。
蒸しタオルは、スチーマーと同じと考えていいでしょう。イオンスチーマー、流行ってますよね。でも私は、やりません(笑)。
確かに、スチーマーをたっぷり顔に当てると、湯気で水分がいっぱい肌表面について、透明感が出て肌がやわらかくなった気になります。が、それは当たり前のことで、「角質層がふやけている」「角質層に水分を入れ込んだ(入れ込みすぎ)」からで・・・そう、これって、コットンパックや化粧水の付けすぎと同じなんですね。
なので、スチーマーは顔にガンガン当てるのではなく、部屋の一角に置いて、「加湿器」として使うぐらいでよいのです(笑)。

蒸しタオルも同じです。しかも、蒸しタオルは熱々ですよね。肌が傷まないように、ある程度冷まして、気持ちいい程度に使うとしても、気をつけないと肌を傷め、また、拭き取る際に皮脂膜を奪いかねません。
よく、床屋さんなどで顔をそると、蒸しタオルで拭いてくれますね。あの程度にじょうずにやるのならいいとしても・・・。
「顔を拭く」という行為じたい、「やさしく、やさしく」やらないといけないでしょう。(普段、顔を洗ったあとの水滴を拭き取るときは、こすらず、軽くタオルを押し当てるようにして拭き取るのをオススメしています)

・・・そういうわけで、自己流蒸しタオルは危険と隣り合わせというか、むしろ、やらなくてもいいような気がします。
そもそも、一番の目的(?)である、水分を入れ込んでモチモチにする、という過程じたいが「スチーマー」「コットンパック」と同じですから。

目に見えない汗と皮脂がまじりあって皮脂膜となるなら、ラップパックだけで十分に効果があります。ラップパックも、お風呂上りのホカホカの時にやると、多少、身体(顔)の熱の湯気でラップがくもったり、はがすとしっとりしたりしますよね。そのしっとり具合が行き過ぎて、ダラダラ汗となってしまうと逆効果ですが、適度なしっとりまでならオッケー。
スチーマーも蒸しタオルも、この程度ならいいのですが(笑)。でも、それなら、わざわざやる必要はないな・・・と思います。


蒸しタオルやスチーマーでたっぷり毛穴を開いてから洗顔する、という方法についても、あまり必要ないかと思います。
毛穴の汚れ、黒ずみ、角栓の取り方については、このブログで書いてあるとおりですよね。無理に撮るものではないし、そうしなくても通常の洗顔でするっと落ちるもの。無理やりのケアをして乾燥をくりかえしたためにできたのが、その黒ずみや角栓です。

が、ケミカル分野では、鼻にシートをあててべりっと引っこ抜いたり、角栓を溶かそうとしたり、はたまた指で絞ったり・・・そういう行為で一時的には取れたとしても、その行為が乾燥の元となるので、新たな角栓ができやすくなります。
なので、蒸しタオルやスチーマーで毛穴の汚れを取ろうと思ってがんばるほど、できやすくなるだろうと思います。


洗顔のすすぎですが・・・そうですね、冬はシャワーの温度も上がりがちですよね。お風呂場は寒いし(^^;) その熱めのシャワーで一緒に洗顔もしてしまう・・・ つくづく冬は、乾燥の原因がいろいろありますね。
めんどくさいのでついそうしてしまいますが、極力気をつけるなら、顔だけぬるめのですすいだりする配慮が必要かと思います。
または、お風呂に入る前に洗顔だけしてしまうとか。(これもめんどくさいですが。笑)

まぁ、めんどくさいといっても、ケミカルな膨大な工程のスキンケアと比べたら・・・(スチーマー、クレンジング、目元用クレンジング、洗顔料、パック、化粧水、コットンパック、美容液、クリーム・・・)、たいしたことないはず・・・! そう思ってやるしかないですね(笑)。

ノンノン  | 2010年01月23日(土) 20:31 | URL | コメント編集

有難うございます、感謝します!!!

ノンノンさんは、つくづく読んでいて理解が深まる書き方で、毎回「ゆるぎのない」ご回答をして下さいますね!
「優しさ」が根底にある、「ご丁寧さ」にも頭が下がります。

なるほど、「蒸しタオル」はスチーマーやローションパックと一緒!!うんうん、ホントそうですよね☆
昨日(※実は小さいサイズを買ってきてもらうよう、朝頼んだのでした^^;)、目元にあててみましたが、固く絞ったので「水浸し」というよりか「温める」効果を感じましたが、気持ちいいのでつい押し付けていましたね。これは危険です。
私は以前マックス○クターの、「洗顔クロス(メッシュみたいな布に、洗顔料が織り込まれていて、水を加えるだけで泡立つというシロモノ)」をカウンター(もう久しくご無沙汰)で「粗品」的にもらい、使用後もその「メッシュ生地」が、肌がツルツルになって美肌になった「気が」して気に入ったので、その後も固形石鹸を擦り付けてたまに使っていました。でも、本質的な肌の改善には至りませんでした。今、考えると「愚かな行為」です。

なので、「目元蒸しタオル」も、ややもするとノンノンさん仰るように無意識に「拭き拭き」してしまう恐れがあるのなら、(恐らくアリです)見直してみようと思います。「目のくま」対策は、以前のようにオイルやバターで軽く指圧(ノンノンさんが教えて下さった「手の平の下の方(手首の上のやや盛り上がった所^^)」を当てる、というのをほぼ日常的にしています)が良いのかな?クマはちっちゃい頃からあるので、「体質的なもの」、と余り気にしていませんでしたが、薄化粧になると、気になるときはとても気になるんですよね~。このクマさえなければ!!みたいな。

「蒸しタオル」は「スペシャルケア」として慎重に☆かな~。

それと、(※長くてすみません)クチコミを読んで、このたおるを、「枕カバーに」というのはいいかも♪と思ったんです。今、顔の側面にうっすらシミが出来てます。色々原因はあるかとは思いますが・・・私は昨日も書きましたが「物理的刺激」に弱いので、今使っている「綿の洗いざらしのタオル(←枕カバー代り)」よりいいのかも!と。
でもその前にノンノンさんの記事「シミを消すには」を読もうと、昨日からブックマークしてるんです^^

あと、「入浴中の洗顔すすぎの温度」についてですが、昨日は、蛇口から洗面器に「ぬるま湯」を流し、それですすぎ、フェイス周り(額の髪の生え際や顎先)、については、温かいシャワーに背を向け、顔を上に上げたり少しうつむいたりして流しました。これで極力顔にお湯はかからなかったと思います。
わざわざ「chieko」に投稿する気もややダウンですが、皆さん本当にどうしてるのでしょうね(笑)

長くなり大変失礼しましたi-201
ではi-80Wクリックi-80して帰ります~
2332 | 2010年01月24日(日) 10:00 | URL | コメント編集

>2332さん

そうですね・・・「目元を温める」こと自体は、目のクマ対策にもよいことですよね。
てのひらの下のふくらみで温める方法のほかには、顔・デコルテのリンパマッサージでしょうか。
それと、なんといっても「僧帽筋」ですね☆ これは習慣にしておくとよいです。腕を1日30回まわすだけでも、身体が全体の血行促進に効きますよ。
肩こりはすぐに治ります!私の場合、事故が原因での首のヘルニアで、ひどいひどい肩こりでしたが、これをやったら、あっという間に治ってしまいました。毎日のように接骨院にいきマッサージしていたのは、いったいなんだったんだろう・・・と思いました(笑)。マッサージで「揉みほぐす」のは良いことでも、しょせん一時的。結局は、自分の筋肉を動かさないと、身体が活性化しないんでしょうね。

・・・と、話は少しずれました。

そのタオル、謎ですね(笑)。スクワラン配合なんでしたっけ・・・?

蒸しタオル、直接肌に当てるよりも、ラップにくるんでから肌に当てるのはどうでしょうか。または、ラップパックした顔の上から当てるのは。
そうすれば、肌が水浸しになったり、過度な湯気でスチーマー状態になることもないですよね。ただし、ホカホカなので、あっという間にラップと肌の間に汗が出てくるので、この汗が出すぎると逆効果です(^^;)
目元は肌が他の部位よりもうすく出来ているので、乾燥しやすいので注意です。

Wクリック、いつもありがとうございます!!
ノンノン | 2010年01月25日(月) 12:59 | URL | コメント編集

色々考えて下さって有難うございます<(_ _)>

「肩回し」ですね、あの「ラジオ体操第2」に出てくる・・・^^
あれすると、とても気持ち良いですよね!日常的に取り入れようかな?30回程度で良いのですよね。(バストアップにも期待して100回・・・はちょっと無理かな 笑)

確かに!「ラップパックの上から蒸しタオル」は良いかもしれませんね。あれ?でも、そしたら「スクワラン配合の」、1枚787「も」(約30センチ四方のサイズ)する「高級タオル」の意味って・・・・・(T▽T)※私には「高級」です^^;

先日「夜更かし」したせいで翌日早速クマ出現しまして、帰宅後、目にぬるい蒸しタオルして目を休めました。
はずしてしばらくしたら目元がやや乾燥しましたね。ノンノンさん仰る通り「目元は肌が他の部位よりもうすく出来ているので、乾燥しやすいので注意です」ね!
オイルかクリーム馴染ませてあげれば良かったのですが、面倒でしませんでした(笑)

「うるおいたおる」については、もう少し様子をみてからクチコミしようかと思ってます。イヤハヤ・・・・・お騒がせしました。


「シミ」についても、やはり、根本的には、「角質培養の妨げになる事をしない」 「健康的な毎日を送る♪」ですね。←どちらも、「簡単なようで難しい」&「難しいようで簡単」な、正しい判断の為の「知識」と、上手く自分の中で折り合いを付けてゆく「心のゆとり」が必要ですね。

あと、「更新情報」も有難うございます!
「洗顔後、何もしない」、これで「肌が良くなったv-162」、とか「逆に敏感肌を引き起こしてしまったv-164」というクチコミを見掛けるので、一体どういう事だ?自分に置き換えるとしたら、どっちなんだ!?なんて思っていたのです。
なので、よ~く理解出来ました^^

それにしても、私、ノンノンさんのブログや@コスメをよくウロ付いてますね(笑) 新生@はまだ慣れていなくて正直「おっかなびっくり」ですが、モリモリブログは本当に落ち付ける場所です。感謝しています!!
2332 | 2010年01月26日(火) 13:45 | URL | コメント編集

>2332さん

うでまわし、まったく同じ動きかは分かりませんが、芸能人の熊田曜子さんは、1日200~300回やるそうですよ。たしかに、バストは大きいですよね(^^*)

最低30回ぐらいやれば肩こりには効果ありますが、100回でも200回でも(笑)、やって足りないことはないと思います。

うでまわしは「肩甲骨」や「僧帽筋」にきくのですが、肩甲骨の本を出している某整体師の方は、「肩甲骨でバストアップ」の内容の本も出しています。
肩甲骨を動かすことで全身の血行もよくなるので、バストも含め、「美」の鍵です☆ あ、血行がよければ病気の予防にもなるので、「美」だけでなく「健康」にも効果的ですね。


目元、皮膚が薄いのでテキメンだったかと思います。温める目的でいいのだから、もしもやるなら、ラップの上からやったほうがいいでしょうね。
ケミカルな考えだと、水分を入れ込もうとする。だから、コットンパックやスチーマーに行き着きますが、ノンケミカルだと逆で、ラップパックのように「肌の内側の水分が出て行くのを抑える」ことを考えるのです。
蒸しタオル・・・ケアの発想が逆だということをふまえて、取り入れられるなら、成功すると思います。


「しみを消す」のも、「洗顔後何もしない」についてもそうですが、肌にあれこれ、何かをいれこんで「どうにかしよう」とするするよりも、肌本来の力が最大限に出るように、私たちは角質層の環境を整えてあげるだけでいいのです。
ホホバオイルやらシアバターやら、なにかをつけるのは、あくまでも、その「手助け」だけにすぎません。

だから、手助けがいらないぐらい余裕があれば、「洗顔後は何もいらない」んですね。
ノンノン | 2010年01月26日(火) 15:24 | URL | コメント編集

はじめまして!

はじめまして、ながいと言います。
角質培養を始めて約3ヶ月経つのですが、
鼻の毛穴の皮脂づまりが半端ないです…泣
どうすれば良いのでしょうか?
ながい | 2010年02月05日(金) 19:14 | URL | コメント編集

>ながいさん

はじめまして、こんにちは。

角質培養を始めると、今まで乾燥していたり、ケミカルなケアのつけがあれば、その分、回復してキレイになるまでは時間がかかります。
「毛穴の黒ずみ(角栓)」の記事をご参照ください。

しかも、角質培養を始めて3ヶ月ということは、11月くらいからのスタートですよね。ちょうど、肌が一番乾燥しやすい時期からスタートしていますので、成果を出すのも一苦労だったかもしれませんね。

角栓がある間はみばえは悪いですが、何も成果が出ていないとは限りません(冬なので成果が出にくい、ということはあるとしても)。
ケミカルなケア・角質を取る行為をやめただけでも、肌にとっては良いターンオーバーが着々と進んでいるはずです。

(※ カテゴリーの「よくある質問」のスキンケア編 Q31を追加しました。そのことを書きましたので、ごらんください。)

正しいケアをしている限り、角栓が自然にとれるたびに、肌は1歩1歩、キレイになっているはずです。がんばりましょう!
ノンノン  | 2010年02月06日(土) 14:30 | URL | コメント編集

ファンケル美容診断

ノンノンさん・お疲れ様です。

昨日久しぶりにファンケルの美容診断に行ってきました。
やはりスコ-プは嘘をつきませんネ(+o+)
私の肌は水分を保持する力がないようです。
頬・顎・額が乾燥状態ゾ-ンです(/_;)しかもトラブルある箇所の顎や額は油分が過剰ゾ-ンです(~o~)
毛穴状態は白い詰まり(皮脂と汚れが混じった角柱)があるものの前回より綺麗で褒められました。

やはり大問題は新陳代謝が早すぎて細胞が未熟・バリヤ機能が弱いという結果でした。
あ~ぁぁぁ。

本当に悪循環ですよね~。
乾燥を慢性化してるから新陳代謝が早くならざるを得なく、よって未熟な細胞しか生まれなくがゆえバリア機能の弱った肌の為、トラブルも多いのですよね~(~o~)

ファンケルでは「FDRシリ-ズ」というアトピ-肌や超乾燥肌の方使用のアイテムを薦めてきました。元々ファンケルの商品はサプリも化粧品も使用した事がないので(いつも診断のみ)肌やカラダの事を知る意味で利用しています。

とにかくラップパックと口からの水分・洗顔すすぎ・生活習慣の再度見なおしですかね・・・(-_-;)
なちゅみ | 2010年04月02日(金) 11:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/79-09e705ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。