All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.06 (Fri)

その5.(1) 似合う色を知ろう

こんにちは。

今日は、私の「美容革命」の中でも、やっと「その5.パーソナルカラー」について書く時がきました!
直接はスキンケアには関係ない気がしますが、「美容」という大きなジャンルにおいては関係あります。「メイク」にも役立ち、また、その延長線上のことでもあり・・・

そして、もっと深く「色」に付いて突き詰めると、健康・美容にも関係があり、効果をもたらすようです。
今、「色の秘密」という本を読んでいます。
   20090205213526.jpg
科学的な視点から実証した、太陽光線、音、皮膚にもかかわりのある、影響を与える「色」。すごく興味をそそられる本です。また途中までしか読んでいませんが、これから読みすすめます。


まず今日は、「パーソナルカラー」そのものについて書きます。




●パーソナルカラーとは
自分に「自分に似合う色」を知っていますか?
洋服やメイクなど身につける色は、肌色の見え方、顔立ちや瞳の印象を大きく左右し、選び方ひとつでその人の印象を決める大切な要素です。
似合う色とは、自分の魅力を引き出し、きれいに見せる色のこと。たとえば、「似合う色」を身に付ける・間違いなく選べることで、こんな効果があります。

1 肌の透明感が増し、明るく見える。
2 シミや皺など、トラブルを目立たなくする。
3 顔立ちをすっきり見せる。
4 がきれいに見える。
5 その人の魅力を引き出す。輝いて見える。


逆に、似合わない色を身につけた場合は、
・顔色が悪く見える、またはくすんで見える。
・輪郭が膨張して見える。
・シミが濃く見える、クマがあるように見える。
・服の色だけが浮いて見える。
・表情が険しく見える。


・・・すごいでしょう?! でも、そこまで変化ある?と思う人もいましたね?
ちょっと考えてみてください。たとえば、洋服を買いに言ってあれこれ選ぶ時、自分の身体に当て、鏡を見てチェックした時、サイズなどではなく“色”の問題で、『これは違う』と直感で思うことって、ありませんか? または、デザインも気に入っているしサイズも合うけど、試着してみたらイ「マイチ惜しい、ピンと来ない・・・何かが合わない」など。

それらの理由はおそらく「」かもしれません。または、その『これは違う』の直感が、「色」によるものだと、気づいていないこともあるかもしれません。

他人が着ている服がやたら可愛く、素敵に見えて、自分も着たい!と思ってまねして着てみたところ、サイズの問題でなく「なんとなく似合わない。」「服の印象までもが全然違って見えた。」・・・ということもよくある話です。
「あの人は、何を着ても似合う」・・・などと言われる人は、自分に似合う色を知っていて、洋服どころかその人自身までも魅力的に見せられるのかもしれませんね。






●イエベorブルベ
似合う色、といっても、たとえば「ピンクが似合う」「青が似合わない」・・・というような意味ではありません。
同じ色・・・たとえば、「ピンク」と一言でいっても、いろいろなピンクがあります。大きく、黄みがかったピンクか、青みがかったピンクかで、ピンクのジャンルが分かれます。
そのような、同じピンクでも「色味」の微妙な違いで、似合うピンクや似合わないピンクが決まってくるのです。

黄みがかったピンク    青みがかったピンク
tulip1.jpg   tulip2.jpg

黄み系をイエローベース(通常イエベ)、青み系をブルーベース(通称ブルベ)といいます。


では、この「週刊文春」は、イエベ、ブルベどちらでしょう・・・?(笑)
20090205194613.jpg
黄みを含んだピンクなので、イエベです。


ピンク以外のほかの、赤・青・黄・緑・茶・・・どの色も、同じです。

黄色のイエベ、ブルベ
yellow1.jpg  yellow2.jpg

緑のイエベ、ブルベ
greeny.jpg  greenb.jpg





●イエベ春・秋、ブルベ夏・冬
さらに、この黄み系・青み系を、色の薄い・淡い・明るいものと、濃い・鮮やか・深いなどのものに分けると、4つのタイプに分けることができます。


イエローベースでは、春っぽいジャンルと、秋っぽいジャンルに分けられます。
ブルーベースは、夏っぽいジャンルと、冬っぽいジャンルに分けられます。

イエローベース → 春 ・ 秋
ブルーベース  → 夏 ・ 冬


   color_palette.jpg 

さきほど、『似合う色を見つけた時、どうなるか』を書きましたが、季節ごとで言うと、季節ごとで似合う色を見つけた時は、次のようになります。

春 : 表情が生き生きして若々しくなる。 顔色が明るくなり血色が良くなり肌にツヤがでる。

秋 : 肌の色味が増してあでやかになる。輪郭が立体的になり肌が滑らかに見える。大人っぽい印象になる。

夏 : 顔色が白くなりすっきりする(顔色が悪くならない)。 肌がきめ細かく滑らかになり、綺麗に見える。

冬 : 輪郭がシャープになり肌にツヤが出る。 冬の暗い色を着ても顔の目立たせたくない線や 色素が目立たない。肌の色味が出て顔立ちの印象が強くなる。


では、これら4つそれぞれの特徴を見てみましょう。自分がどれに当てはまるか・・・ですが、特徴すべてが当てはまらないといけない、というわけではありません。あくまでも「傾向」なので、トータルして考えると自分はどのタイプか、ということで見てください。

また、「芸能人の例」は、私がイメージしたものなので、間違っているかもしれません。参考程度にしてください。






★イエローベース 春
spdrap2.gif springimg.jpg spring.jpg right_ig_01.gif right_ig_02.gif


黄みがかった明るくクリアな色。
(さらに言えは、パステル系・ビビット系に分かれます。参照は↑の右2つ)
色パターン : クリック拡大→paretsp.gif 
頼れるカラー : ベージュ

イメージ : キュート・明るい・輝くような・元気な・ 親しみやすい・カジュアル・スポーティー・陽気

芸能人の例 : 松浦亜弥、上戸彩、平山あや、深田恭子、熊田曜子、木村カエラ、宮崎あおい、土屋アンナ 、小沢真珠、蛯原友里、柳原可奈子、中川翔子、森公美子、和田アキ子、夏川純、桜塚やっくん

瞳 : キラキラ輝く感じ、明るい茶
肌 : 色白の人の肌はクリーム色、浅黒い人は小麦色の肌
頬 : 赤味のある人が多い
似合う髪の色 : 茶色




★イエローベース 秋
adrap.gifautmnimg.jpg autumn.jpg right_ig_05.gif right_ig_06.gif
 
黄みがかった落ち着いた濃いめの色。
(さらに言えは、シック系・リッチ系に分かれます。参照は↑の右2つ)
色パターン : クリック拡大→pareta.gif
頼れるカラー : 茶色

イメージ : シック・都会的・ゴージャス・ワイルド・力強い・リッチな・暖かみのある・洗練された・マニッシュ・エネルギッシュ

芸能人の例 : 米倉涼子、杉本彩、真矢みき、高島礼子、ミムラ、神田うの、梅宮アンナ、天海祐希 、飯島直子、篠原涼子、香椎由宇、万田久子 、水川あさみ 、ユン・ソナ 、安室奈美恵 、上野樹里 、後藤久美子、賀来千賀子、

瞳 : 深く落ち着いたこげ茶
肌 :色白の人の肌は陶器のよう、浅黒い人は、ブロンズ色
頬 : 赤味のない人が多い
似合う髪の色 : 焦げちゃor黒 






★ブルーベース 夏
sdrap.gifsummerimg.jpg summer.jpg right_ig_03.gif right_ig_04.gif

青みがかったソフトで優しい色。
(さらに言えは、スモーキー系・クリア系に分かれます。参照は↑の右2つ)
色のパターン : クリック拡大→parets.gif
頼れるカラー : グレー

イメージ :  穏やか・優しげ・ソフト・繊細・女性らしい・フェミニン・ロマンティック・涼しげ・エレガント

芸能人の例 : 小雪、鈴木京香、石田ゆり子、山口もえ、水野真紀、小西真奈美、安田美沙子、藤崎奈々子、沢尻エリカ 、松嶋菜々子 、 小倉優子、綾瀬はるか 、坂井真紀、蒼井優、広末涼子、白石美帆、松たか子、夏帆、チェ・ジウ、藤田朋子


瞳 :優しい感じの黒
肌 :色白の人の肌はピンク、浅黒い人の肌はローズベージュ
頬 : バラ色の人が多い
似合う髪の色 : 黒っぽい 






★ブルーベース 冬
wdrap.gifwinterimg.jpg winter.jpg right_ig_07.gif

青みがかったコントラスト感のあるシャープな色。
(さらに言えは、クリア系・ダーク系に分かれます。)
色のパターン : クリック拡大→paretw.gif
頼れるカラー : 黒 

イメージ : クール・シンプル・シャープ・ドラマティック・印象的・堂々とした・エレガント・上品・華やか・モダン・個性的

芸能人の例 : 江角マキコ、松雪泰子、大地真央、荒川静香、中山美穂、黒木メイサ、りょう 、常盤貴子、夏木マリ

瞳 : 強い感じで真っ黒
肌 : 色白の人は白雪姫のよう、浅黒い人は顔に色味がない
頬 : 色があまりない
似合う髪の色 : 真っ黒




●判断に迷ったら・・・
自分の場合にしろ、他人の場合にしろ、2つの季節で迷うことも多いです。春・秋はイエベの仲間なので、その2つで迷うこともあるし、同じく夏・冬はブルベの仲間なので、その2つで迷うこともあります。
また、「くっきりした派手な顔立ち」の人であれば、系統的に『夏、では無い。』というのは判断できますが、それ以外・・・特に、春(特にビビット系)と冬で迷うこともあるかもしれません。

パーソナルカラーは、診断すると「セカンド」の季節も言われることがあるそうです。

「パーソナルカラー」で検索すると、無料診断のサイトもたくさんでてきます。しかし、チャート式になっているものは、設問で迷った場合で季節が大きく左右され、ためしに何回もやり直すと、やるたびに診断結果が違う場合も・・・・(笑)。
私としては、こちらはわりと正確に出るかな、と思います。→ パーソナルカラー自己診断

正しく知りたい場合は、実際に生で肌や髪などを見てもらい、有料で診断してもらうとよいです。ただし、そう安くもありません・・・(^^;) 安くても1、2万だった気がします。

結婚式のウエディングドレスなどを決める時に見てもらう人もいますし、式の準備のプランの中に、パーソナルカラー診断が組み込まれているところもあるそうです。ウエディングドレス、同じ白でも、真っ白と卵色のような白とでは、似合う・似合わないが分かれます。
私はイエベなので、「真っ白」(いわゆるブルベの白)が似合いません・・・。白を着るなら、生成り系の白を選びます。

また、よく間違われやすいのが、「色白=ブルベ」、「色黒=イエベ」の判断。これは間違いで、イエベ・ブルベ、どちらにも色白・色黒はいます。
例えば、同じ色白の人でも、木村カエラは黄みがかった色白でイエベ、小雪は青みがかった色白でブルベです。

色白・色黒というよりも、イエベとブルベの違いは、
イエベ = 黄みをプラスして温かみを出したほうが映える肌
ブルベ = 青味をプラスして透明感を出したほうが映える肌

・・・です。


迷ったら、私が判断する時に分かりやすいのは、「黒髪が似合うかどうか」で似合えばブルベ。まぁそれでも、黒髪の似合うイエベもいますが・・・・(^^;)
一番の基準は、「肌が黄み系か、青み系か」なのですが。

さらにもう1つ、けっこう分かりやすい基準があります。それは・・・





●“頼れる色”
迷った場合の判断で分かりやすいのは、上でそれぞれの季節で書いた「頼れる色」です。
(※ この「頼れる色」という呼び方は、私が勝手にそう呼んでいるだけなので、他のパーソナルカラーのサイトや本では使わない言葉かもしれませんので、あしからず。)

洋服、靴、バッグなどを選ぶ際、ぶなんな色として「とりあえず黒ならなんでも似合う。」「黒は誰でも似合う。」みたいなところは、多くの人があるのではないでしょうか?

でも本当は・・・本当に「黒に頼れる」タイプ・・・つまり「黒が似合う人」は、実はごく一部なのです。

もちろん、「黒が似合わない」とまでは言いませんが、黒にばかり頼ったり逃げたりしなくとも、自分の魅力を引き出し、イキイキと見せてくれる色は、黒じゃなくともたくさんあります。

季節別で言えば、春=ベージュ、秋=茶色、夏=グレー、冬=黒 です。

先ほど、「黒に頼れるタイプはごく一部」と言ったのは、ブルベ冬ぐらいなのです。

この「頼れる色」4色、どれが自分の頼れる色になるか・・・をイメージすると、分かりやすいと思います。まだ、今まで「黒」に頼ってきた人は、こう言われても「やっぱり黒でないと・・・」と思うかもしれませんが。


私の場合、イエベ春なのでベージュ。これを知ってからは、本当に納得で、トップスに黒い色を持ってくると、重たく見えるのを実感するようになりました。

たとえば下記の服の組み合わせ、どちらもコーディネートとしておかしい組み合わせではありませんね。でも、私が着た場合では、左よりも、右のほうがしっくりきます。
20090206051306.jpg  20090206051604.jpg


黒は黒でも、ズボンやスカートなど、顔から遠いボトムスに持ってきて、あとは似合う色で組み合わせると、着こなせます。このように、多少、苦手な色(パーソナルカラーでの似合わない色)を着るとしても、その色によっては、顔から遠い部分に持ってくると着こなせることもあります。

私の場合、それが「赤」でもあるのです、上の画像の、スカートのように。






●赤い色の謎
なぜ私が赤を苦手とするか?
もちろん、イエベ春にも赤はあるし、イエベらしく「黄みがかったコーラル系の赤」ならしっくりくるはずです。

でも、私の場合は、パーソナルカラーに関係なく、赤い色が基本的に似合わないと自覚しています・・・。「嫌いな色」なのではないのです、着たくても似合わない、だから、先ほどのように顔から離してボトムスに持ってくるならOK。トップスでの赤は、99%似合わない(笑)。

このことは、中学時代から自覚していました。
この理由は、昔どこかで知ったことですが、こういうようなことでした。(正確には覚えていませんが)

『赤い色を見たあとには、目に何か(残像?)が残っているので、赤い色を見たあとに顔を見ると、顔が暗くくすんで、冴えなく見える。』

・・・と。もちろん、そうならない人、赤が似合う人はたくさんいます。そうなる人と、ならない人の違いは・・・顔立ちだったかなんだったか・・・そこは忘れてしまいました(汗)。色覚の関係で、「緑」が関係したような気もします。
もう一度、この情報についてきちんとしたことを知りたく、調べ中です。








●パーソナルカラーを知るメリット
いい意味で、洋服選びなどに迷いがなくなります!確信を持って選べて、鏡に合わせてみて「答え合わせ」をするような感じです。
漠然と、なんとなく、自分に似合うだろうと思うもの、好みのものを探すよりも、明確で楽しいです。

色モノのメイク用品(チーク、口紅、アイシャドウなど)を選ぶ時も、かなり参考になります。
たとえば、口紅は店頭のテスターであれこれ試していると、だんだん分からなくなってくることもあり、実際に似合うと思って買ってみても、「やっぱり違った気がする・・・」と思うこともあるのではないでしょうか。


「好きな色」=「似合う色」とは限りません。
でも不思議なことに、パーソナルカラーを知って、自分らしさを出せることが楽しくなると、似合う色が好きになっていくことも多いのでは、と思います。
私もそうでした。今までは、「緑」は一番可愛くない色・・・と思って(笑)、好きではなかった色でした。しかし、イエベ春の中の自分に似合う緑を知ってからは、今はすごく好きな色です。


パーソナルカラーを知ってからの私の服は、こんなテイスト(笑)。
20090206052958.jpg 20090206051838.jpg




ピンクが好きな女性は多いでしょうが、冒頭でも書いたとおり、ピンクならなんでもいいのではなく、パーソナルカラーに合った“自分に似合うピンク”を見つけると、また変わってくると思います。
ピンクは、その色を見ているだけでも女性ホルモンを活発にする作用がある色です。その中でも、自分らしさを出せる似合うピンクのほうが、もっと効果が出そうですよね。

先ほど、「黒に頼り過ぎなくてもいい」ということを書きましたが、黒ばかり着ていると、しみ・しわが増えやすく老けやすい そうです。これは、太陽光線も関係しているそうです。(冒頭の、本の内容より)


パーソナルカラーは、髪の色を染めるなどで変えたとしても、変わらないのだそうです。たとえば、もともとブルベ冬で地毛が真っ黒な人が、髪を茶色に染めたとしても・・・イエベになることはありません。相対的なもので判断するからです。
パーソナルカラーは、生まれてから一生変わらないのだそうです。子どもでも、大人になっても。不思議ですよね。

子どもは、カラフルな服を着てもなんでも許される(笑)し、一見似合う気がしますが、「子ども」という目線でなく、一人の人としてその人の似合う色(パーソナルカラー)を見つめると、また違う発見があるかもしれません。子どもとは言え、服の質・ブランドに関係なく、オシャレな子に見えるかもしれません(^^)
そう、何でも似合う人は、安いノーブランドでも着こなしがうまかったりしますよね。自分に似合う色、パーソナルカラーを知って、得をしましょう!



●遊んでみました(笑)
メロメロパークの、「にしきど」のお部屋の模様替えで遊んでみました。
左がイエベ春、右がイエベ秋。 家具はいっさい変えず、壁紙と床を変えただけですが。
iebe haru3  iebe aki2

もっといじるなら、イエベ春のこげ茶色の家具は、明るい赤茶色にしたり、春・秋両方とも、赤い色はコーラル系の赤にすれば完璧かも(笑)。
「にしきど」もイエベ色に成長しています(笑)。クリックして見てみてね♪






ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

13:25  |  5.パーソナルカラー  |  TB(0)  |  CM(33)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんちは!

ノンノン、この服着てた着てた!と懐かしく見てました<笑

あれらは春の色だったんだねぇ。やってみたら私は秋だったよ。

春や夏になると買ってしまう柔らかいピンクのリップや、青系アイシャドーがしっくりこない訳だよね。。。

茶系で落ち着いておきます<笑
Aniston | 2009年02月06日(金) 18:46 | URL | コメント編集

「ブルベ夏」のカフェですww

私の顔を思い出しつつ、ブルベ夏の芸能人に「藤田朋子」を加えたでしょ~?( ´;゚;ё;゚)・;'.、・;'.、ゴフッ!!

ただ「頼れる色」という点では、グレーを使うことはあんまし無いんだよね~。
意外に茶系も多くて、茶系に寒色系(ラベンダーとか水色とか)がさし色に入った服なんか、好き(*'ω'*)

グレーはね・・・パジャマに着る、きちゃないスウェットぐらい(爆)
カフェ | 2009年02月07日(土) 08:46 | URL | コメント編集

追伸・・・
アイスも、チョコミントがいっちゃん好きです(爆)
カフェ | 2009年02月07日(土) 08:48 | URL | コメント編集

お久しぶりです

勝手に(笑)このネタ待ってました~\(^∀^)/

色見本や、ノンノンさんのワードローブまで!公開して下さったので非常にわかりやすかったです^^

確かに…困った時は黒を着てたけど、それが本当に似合っているのかは疑問かも。。。

ここ最近はグレーが流行ってるのもあり、黒に代わって色々着まわしてます☆

おそらく私はイエベなんですが、(茶髪で顔が薄い(笑))頬がほんのりピンクなんですよね。

だから「春」かと思いきや、周りからのイメージとしては「秋」?

う~むやっぱり難しい(笑)

もしご迷惑でなければ、ノンノンさん的ご意見をぜしお伺いしたいんですが
(><;)

「押切もえちゃん」「梨花さん」はどのくくりに入ると思われますか?

私がいつも髪型やファッションを参考にしてるお二人なんですが…(*^_^*)
りん | 2009年02月07日(土) 09:04 | URL | コメント編集

いつも見てたけど、初コメするよーん!
もう今後は堂々とできるわんw

やってみたら、ワタシは夏だったー。
カフェたんと一緒だわ(*∇)ウフ

なんだかすごく納得した!!
黒って万能色っぽいイメージで結構着てるけど、実は意外と「うーむ」って思ってたんだよね・・・。
シャドウとかもゴールドやベージュが好きなのだが、ちょっと考えるかなぁ~。むう。
りい | 2009年02月07日(土) 10:34 | URL | コメント編集

こんにちは。
私はイエベの春か秋か・・・ってとこみたいでした。
若い頃はいっつも黒・グレー・紺ばっかり着ていたけど、
歳をとってきてはじめてチャレンジした色が緑で、結構
気に入っていて、最近は緑の服が多くカエルみたいです。

この前カーディガンを見ていたら「黄色がとっても似合いますよ」と
店員さんに言われて黄色を買ってみたのですが、これも初チャレンジ
でした。

自分が好きな色と、実際に似合う色って違ったりしますよね。

@コスメの口コミでも「イエベ」っていう言葉を使う方が多くて,
やっとはっきり分かることができました。
たぶん私は「イエベ」なのだと思います.

似合う色が分かると、自分で手作りの化粧品を作っても、
参考になりそうですよね。
ノンノンさんのブログを参考に、リップグロスも作ってみたいし、
パウダーも作ってみたいし、リップクリームも作ってみたいです。

まっちゃらて | 2009年02月07日(土) 15:16 | URL | コメント編集

追伸です。

コメントがなかなか通らなくて、
「禁止キーワードが入ってます。になってしまって
コメント内の言葉を色々変えてみて何回も試して
やっと通りました。
「イエ・ロー・ベース」ですね。
犯人は・・・。
すいません初心者なので気づかずに・・・。
まっちゃらて | 2009年02月07日(土) 15:19 | URL | コメント編集

はじめまして*

@コスメから来ました*
私はイエベ秋でした。自分が何か気になっていたんです!!
これから参考にしていきたいです(*´`*)

私もノンノンさんのブログ読んで角質培養始めました♪
それで質問なんですが、白雪の詩を使って洗顔してたんですが小さいポツポツが出たので今日使用中止しました。
で、牛乳石鹸を使い始めたんですが成分に香料が入ってます。この香料は合成か天然かどうやって見分けるんでしょうか??

あとノンノンさんは眉のお手入れどうしてますか??
私は毛を抜くと赤くなってしまいます。
剃刀と抜くのはどちらの方がいいのか迷っています。
やっぱり剃る方がいんですかね??
ぶーこ | 2009年02月07日(土) 17:07 | URL | コメント編集

>Anistonさん

あはははは、、、(≧▽≦;) 洋服出しちゃったから、今回は
リアルに知り合いの人に読まれるの、ちょっとだけ恥ずかしかったー(笑)
でもなつかしく思ってくれて良かった☆

うんうん、Anistonは秋かな、と思ってたよ。口紅選びとかの迷い・失敗・・・あるよね。私も、似合うつもりで買った口紅が、みごとにブルベ色ばかりで(苦笑)。コレ知っておくと、けっこう迷いとか失敗とかなくなるよ。参考にしてみてねー!
ノンノン | 2009年02月07日(土) 17:15 | URL | コメント編集

>カフェさん

ねえさん・・・wwもちろん、チェジウも藤田朋子も、ねえさんのことを思って・・・♪(笑)
チョコミント、まさにブルベだね!私もそういえば、クリーム色の超バニラとか、柑橘系の黄色系が多いかも(爆)←ただの偶然。

グレーのスウェット・・・ブルベ夏の得意な色だから、たとえ「きちゃないスウェット」でも、エレガントでフェミニンになるはず・・・・爆

メロパの模様替え、ブルベ色のもやってみようと思ったんだけど、ブルベ色のアイテム、ほどんど持ってなかった(^^;;)
ノンノン | 2009年02月07日(土) 17:26 | URL | コメント編集

>りいさん

いらっさい~~~!!(笑) 初コメありがとう♪

へー、ブルベ夏だったのかーーー!!でも言われてみればそうかも!?
じゃあ、いつも椅子にかけてる黄緑のカーディガン、ください・・(爆)
(うそです。。けど、いつも『いい色だ』と思って見ている。笑)

私が使ってる黄緑のひざ掛けは、イエベだと知る前から好みで買ったやつ。クローバーもついてて、メロパのアイテムっぽい(笑)。
ノンノン | 2009年02月07日(土) 17:30 | URL | コメント編集

>りんさん

ありがとー!このネタを待っててくれる人がいたなんて(笑)。

うむ・・・りんさんのパーソナルカラーが何か・・・お顔を拝見しないことには、どうにもこうにも・・・(爆)。
でも、「顔がうすい系でピンクのほっぺ」ってことは、イエベ春かもしれません(特に、春のパステル系のほう)。茶髪も似合っているなら、その可能性アリですよね。
でも、春か秋か、で迷うパターンはすごく難しいですよね。私もそれで迷いまいたが、結局、秋の色だと顔色が悪く見える・着こなせない色が多い・・・ってことで、最終的には旦那からの客観的意見で判断(笑)。
押切もえさんは・・・夏かなぁ?梨香は秋かな。
ノンノン | 2009年02月07日(土) 17:36 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

お~~~ まっちゃらてさんと傾向が同じな気がする♪
私も緑が多くてカエルみたいですよ(笑)。コメントくれてる某友人からは「今日、キュウリっぽいね」って言われたこともアリ(爆)。
私も、黄色も着るしついつい黄色のが増えてます。黄色いカーディガンがあると、けっこう便利です。コスメ選びも面白くなりますよ。手作りもいずれやってみてください。

↑上のレスでも書きましたが、春か秋かってのは迷いますよね。
私の場合は、秋の色で着こなせない・顔色が悪く見えるのは、深緑・モスグリーン・こげ茶色・・・が、似合わないのが分かりやすい。茶色は茶色でも、明るい赤茶色ならいいので、やっぱ春なんだと思ってます。

禁止ワード、すみません!!!以前、そういうのが多かったので登録してあったんだった・・・。はい、「イ」と「ーベース」を取った言葉が、禁止ワードでした、、、。


ノンノン | 2009年02月07日(土) 17:47 | URL | コメント編集

>ぷーこさん

はじめまして、こんにちは!@コスメから、ありがとうございます♪

白雪の詩でプツプツ・・・う~ん、なんでしょう。洗顔は、こすりすぎや、念入りにやりすぎにはなっていませんか?また、白雪の詩を使う前は、洗顔では何を使ってましたか?

もし、石鹸を使うのが初めてで、前回は合成モノの洗顔料だったのであれば、合成ポリマーが剥がれて、水面下で乾燥が進行していた状態が表に出てきたのかもしれません。

牛乳石鹸ですが、あれは「ノンケミカル」な商品とは言いがたいですね・・・。合成モノの洗顔料に比べたら、合成界面~も合成ポリマーも入っていないので、まだいいかもしれませんが、せっかく「ノンケミカル」にするのであれば、邪道なきがします。
メーカーの売り出し方や商品アピールは、確かに「無添加」だとか安全そうなイメージを出していますが、実際はそこまで言うほどではありません(^^;)
「無添加」という言葉だけで信用できないのが、ツライところですが、たとえば、合成ポリマーが入っていたとしても『無添加』と呼べてしまうのです。だから、無添加が必ずしもノンケミカルかどうかは、全成分チェックをしてみないとわかりません。

この石鹸の場合は、「ノンケミカル」とはいいがたいのは、EDTA-4Naが入っている点です。ノンケミカルにこだわるメーカーであれば、これはほとんど入れることはないはずです。
また、酸化チタン。これは日焼け止めやパウダー類には配合されますが、ノンケミカルなら石鹸には入れないでしょう。

さらに、「ノンケミカル」のボーダーラインからさらに上の視点で言うと・・・(角質培養にも有効な視点だと思います)、スクワランは、「細胞賦活作用」の作用をもちます。
調子の悪い肌なら、ターンオーバーを早めて新しく生まれ変わらせるが、ターンオーバーを早めるので細胞が未熟になる。使い続けるとじょじょに悪化するし、最初から調子がよいなら、余計なお世話となってしまう作用です。どうやら「牛乳」もその作用があります。
シンプルな石鹸であれば、石鹸素地と脂肪酸さえあればよいので、白雪の詩は、その点、シンプルです。

また、牛の脂肪酸という、動物性のものよりも、植物性のほうが安心という説もあります。昔は、ほとんどが動物の油脂でできた石鹸だったそうでうが、動物の油脂の石鹸の弊害も言われるようになったとかで、今は植物性のほうが好まれる傾向にあります。
しかし、馬油の石鹸もあったりしますしね。この説の根拠・詳細は、ちょっと忘れてしまいました。すみません。

牛乳石鹸の香料が天然由来かどうか、これは、メーカーが公開しているか、どこかのサイトに載っているか、それ次第ですね。どこにも載っていなければ探しようがないので、メーカーに問い合わせるしかありません。意外と、問い合わせをすると返事が返ってくるところが多いので、気軽に問い合わせてもいいと思います。(なかには、メールで問い合わせると、返信してくれないところもありますが・・・・まれに、ですが。(^^;;) )

また、ノンケミカルの視点に信頼がおけるメーカーであれば、香りのするものを商品に入れるなら、「香料」とは書かずに、実際のその植物のエキスや原料そのものの名称を記載するところが多いと思います。
ノンノン | 2009年02月07日(土) 18:17 | URL | コメント編集

>ぷーこさん(追記☆眉の件)

すいません、眉の件、書き忘れました。

抜くと赤くなるのであれば、やめたほうがいいですね。毛穴に悪いので、ばい菌が入って悪化しかねないですし、肌トラブルのもとは作らないほうがいいと思います。
抜いても平気(赤くならない)なら、多少やっちゃってもいいとは思いますが、でも、本当はやらないほうがいいです。抜くことで皮膚がひっぱられるので、上まぶたのたるみの原因にもなりかねません。上まぶたは薄く、むくみも慢性化すると、多少のびてしまって元にもどらなくなる、デリケートなところです。年齢とともに、少しずつそうなって、上まぶたが覆いかぶさるように(二重なら奥ぶたえに)なってくると、微妙な変化でも、パッと見で印象が違ってきてしまいます。

剃るほうがいいですよ。または、剃ってもすぐ生えてきて嫌であれば、少しお金はかかりますが、永久脱毛の手もあります。私は永久脱毛しました。レーザーです。
ノンノン | 2009年02月07日(土) 18:34 | URL | コメント編集

私も「色の秘密」持ってますよ~!
結構興味深い内容が多いですよね。
産み分けとか・・・(笑)

美術系ということもあり色に関しては昔から敏感なのですが、
日本人は年を取ると地味な色ばかり着るのが本当に気になります。
電車の中で「あーっこのおばさん勿体無い!」などと、
ひとりファッションチェックしてしまうことも(笑)
口紅の色が浮いてる方も、どうしても目がいってしまいますし。

ちなみに私が買い物する際のルールに、
・なるべく暗い色の服は買わない→気分が重くなる・明るい色の方が自分に合う
・ベージュの下着は買わない→なんかテンションが下がる
というのがあります(笑)
友人に「ベージュのブラないの!?じゃあ白いTシャツのときどうするの?」と驚かれたんですが、
そういうときは下にキャミを着るとかしてます。
この2つは年取っても貫きたいです(笑)
yuri | 2009年02月07日(土) 20:21 | URL | コメント編集

>yuriちゃん

ひさしぶり~!

おォ~~っ、さすが美術系!!
産み分け?まだそこまで読んでない!!それはかなり参考になりそう(笑)。読んでみるね~!

歳をとると地味な服・・・なんだろうね、「私にはもう派手すぎる」って自信なくなる感じかなぁ?
たまに電車で見かける、オバサンなのにロリータのピンク・フリフリ系とかはギョッとするけど(笑)、でも、色の問題でいえば「パーソナルカラー」のルールにのっとって着れば、多少派手な色でも明るい色でも、若々しく、素敵に見えて、へんにならないはずだよね。

私も、せめて「色」だけは、地味路線に落ち着くのは寂しいと思う。
あ、ベージュのブラ、私も持ってないや!白っぽい服の時は、私も同じく下にキャミを着て、重ね着で色の組み合わせを考えるのが好き。

yuriちゃんはどの季節?夏かな?
ノンノン | 2009年02月07日(土) 20:57 | URL | コメント編集

>ぷーこさん(またまた追記)

追記ばかりですみません~。
石鹸ですが、ぷーこさんの肌の状態は今、どうでしょうか?乾燥肌であれば、オレイン酸が少ない状態なので、オリーブオイルで出来た「アレッポの石鹸」のほうが合うかもしれません。刺激も弱いと思います。

白雪の詩は、パーム油で作られています。オレイン酸が少ないです。洗いすぎさえなければ大丈夫ですが、乾燥肌には、オレイン酸が少ないところがものたりないかもしれません。また、微量に入っているというカプリル酸・カプリン酸は、肌バリアが極端に弱い人・アトピーの人にとっては、その微量でさえも刺激になることがあります。

ぷーこさんの肌の状態に合わせて石鹸をえらんでみてください。
ノンノン | 2009年02月08日(日) 09:30 | URL | コメント編集

はじめまして!

最近のんのんさんのブログを見つけて読みふけっています。
今までの常識が覆されて驚きの連続です!!

今は、石鹸で顔を洗ってホホバオイルのみのケアにしています。
クレンジング剤を使いたくないので、石鹸で落ちるフェイスパウダーとチークを探しいるのですがどれがいいのかわかりません。

ノンノンさんは、ミネラルファンデーションとミネラルチークについてどう思われますか?使ってみようか考えているんですが、肌に悪いものも平気で売られていることを知って怖くて。

突然質問ばかりして、本当にすみません!
もも | 2009年02月08日(日) 14:28 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございます*
洗顔は以前は合成物を使ってて、石鹸洗顔は初めてです。
肌の状態はポツポツが少しとたるみ毛穴らしき物があります;;乾燥とかは特にありません。
白雪の詩を使って初日は少し痒みがあって、それからポツポツが出てきました。
痒みは初日だけで、ポツポツも今日起きたら随分良くなってました。

牛乳石鹸やっぱり邪道なんですね;;
ノンノンさんに聞く前に自分なりに調べてみたんですが「牛乳石鹸はいい!!」としか書いてなくて‥。
香料とか怪しいなぁとは思っていたんですが;;

眉はやっぱり剃る事にします。ありがとうございました*
ぶーこ | 2009年02月08日(日) 16:28 | URL | コメント編集

はじめまして

こんにちは!初めて書き込みをさせていただきます!
私も簡易軟水機を使って髪と顔を洗っているので、
軟水に関する記事をいつも楽しみに読ませていただいております^^。
腰を回す体操もしてたし、次に重要なのはパーソナルカラーだろうな…と思っていた頃に
どんぴしゃでノンノンさんのブログに出会うことができ
(また、セラミドは高いから何か代わるものは何か無いのか…と思っていたら、
アボカドオイルの存在をこちらで教えていただき、本当に助かりました!
似た性質のものがあるという発想すら無かったので、びっくりしました!)、
目次にあるパーソナルカラーについての記事をずっと待っていました~><!
自分でもパーソナルカラー診断の本を読んだりしてみていたのですが、
イマイチ、ピンとこないのです…。凡庸な顔なせいか、どの部分を読んでもどれもあてはまってるような感じで…。
おっしゃるとおり、何度やり直しても違う結果という状態。決め手が無い。
イエベの春かブルベの夏だろうか?と思うのですが…。
ノンノンさんの書かれている「頼れる色」というキーワードはすごくわかりやすいと思うのですが
これまたドレだろう???黒でないことだけはわかるんだけどもあとはどれも微妙…!という有様。
私の場合、とにかくピンク以外が似合わない、という状況に悩まされている状態なのです。
昔は白とピンクが大丈夫だったのですが、年とともに白も厳しくなり、ピンクが一番良いようです。
(ピンクであれば、濃かったり薄かったり、黄色っぽかったり青っぽかったりしても
わりと大丈夫なようです。)
ピンク以外の服を着ていると、顔色がかなり悪くなるらしく、心配されたり、
遠まわしに今日は老けて見えるねと言われたり、
下手すると同一人物だと気づかれないことすらあります…。
しかしピンク以外の服も着たい…メイクでピンクの服を着たような効果が出ないだろうか…と悩み中。
記事内にあった診断サイトで友達と判断しあってみたのですが、彼女も迷いまくり。
結局、私は夏なのかなあ…?という感じだったのですが、
友達はなんと、三つも同点になってしまい、判断できませんでした。
帰り際にまたカラー診断の本(『本当に似合う色の見つけ方』)を購入して読んでみて思ったのは、
自分はイエベの春とブルベの夏の混合状態なんだろうか?ということ。
そんなことありえるのか?とも思っていたのですが、
これはもしかして「セカンドの季節」が春だ、ということなのかなあと記事を拝見して思いました。
顔に青みを加えると良くなるとはまったく思えない(むしろ黄色を混ぜてる…)のですが、
本を読んでるとそれ以外の特徴はどうも夏っぽい特徴な気がするという感じなので…。
ほんとに難しいですよね。プロに任せても人によって違ったりするようですし。
初めてなのに長々と書いてしまってすいません><!
ノンノンさんのブログは全ての記事が関心のあることばかりで、目次をみているだけでワクワクします。
これからも楽しみに拝見させていただきますね★
きらきら | 2009年02月08日(日) 18:11 | URL | コメント編集

>ももさん

はじめまして、こんにちは。

読みまくってくれて(笑)本当に嬉しいです、ありがとうございます!
クレンジングを使わないメイク用品の条件は、ただ一つ。「合成ポリマー」を含まないものです。それなら、石鹸洗顔でするっと落ちますよ。私は、眉毛だけは合成ポリマー入りのものを使っていますが(眉だけは、皮脂・汗に弱すぎると困るので・・・苦笑)、石鹸で落ちる程度のものですし、もし心配なら、ホホバオイルなどで浮かせてティッシュで軽くおさえ、それから石鹸洗顔します。

石鹸で落とせる、合成ポリマーをふくまないメイク用品さがしは、ブログ内の「成分良好!ノンケミカルなメーカー一覧」を参考にしてください。また、ひとつひとつ、公式サイトの全成分表示でチェックするのは、ノンケミカル派の必須作業です☆ 合成ポリマーの有無、チェックしましょう。

ミネラルファンデについては、ブログ記事の「ファンデーション、パウダー」をご覧ください。ミネラルファンデについても書いてあります。手作りもできるぐらいシンプルな成分で出来ているのがミネラルファンデですが、「ミネラルファンデ」というくくり(それも曖昧)かということにこだわるよりも、やはり、「合成ポリマー」があるかないか、私は、それでいい気がします。記事、ぜひ読んでみてください。
やはりミネラルファンデにしろ、フェイスパウダーにしろ、なんでも、成分チェックですね☆

合成ポリマーは、PEGなんとか~や、「メチコン」「ジメチコン」など、「~コン」と付くものならたいていそうです。
ノンノン | 2009年02月08日(日) 23:24 | URL | コメント編集

>ぷーこさん

そうですね、牛乳石鹸はノンケミカルにはちょっと邪道かも・・・です(^^;)
白雪の詩にしろ、アレッポにしろ、石鹸の特徴(何のオイル由来か)で肌にあわせて選んでみてください。(上の上のレスの件)

眉毛を剃る場合は、なるべくやさしく、角質を傷つけないように、そっとやさしく剃ってくださいね。本当は、剃る行為も角質培養には敵ですので。
ノンノン | 2009年02月09日(月) 06:15 | URL | コメント編集

>きらきらさん

はじめまして、こんにちは!
嬉しい内容に驚きました!簡易軟水器!!!!(≧▽≦) ペットボトルの、水道の蛇口に付けられるタイプでしょうか? 軟水洗顔・洗髪、いいですよね。腰回しも!

セラミドの件は、なかなか難しいですね・・・。私としての結論は、セラミド入りの化粧品はいちがいに信用できない、と思っています・・・。セラミドじたいは肌から浸透しにくいので、ただ表面を潤す油脂にしかなっていない(セラミドは「油脂」)のではないか、そのためのしっとり感を「効果があった」と勘違いしているケースが多いのでは?と思います。成分を見ると、セラミド以外のしっとりしそうな成分が配合されているものもありますしね(苦笑)。また、セラミドが浸透しないからといって、合成界面活性剤を入れた美容液なんて、言語道断ですしね・・・。かといって単品じゃ浸透しない・・・。
やっぱり、外側から無理やり入れようとすることばかりじゃダメ、限度があるんだろうなと思ったりします(化粧水の弊害と同じように)。

それで、アボカドオイルは角質層への浸透力もあるし、脂肪酸構成でもオレイン酸を含んで「細胞間脂質」にちょうどいい、と思ったわけです。ただ、私が実践してみて思ったのは、毎日は使わないほうがいいかも、ということです。時々使う分には効果があると思いますが。おそらく、皮膚を柔軟にする作用があるので、毎日使うには剥いていないのかもしれません。(このことも「セラミド」の記事に追記しておきますね。すみません。)

ホホバオイルも角質層への浸透性があるので(皮脂膜の代用となるだけではない♪)、毎日ホホバオイルで顔全体のケアをしていますが、目元にだけ少し多めにつける・・・というのが効果アリだと実感しています。やっぱり頼れるのはホホバオイルです(ぞっこん。笑)
これも、参考にしてみてご検討ください。


パーソナルカラーですが、難しいですよね。読んでみて、春(おそらくその中のパステル系)と夏で迷うということで、どんな雰囲気なのかは分かりました。それなら・・・(1)黒髪と茶髪、どっちが似合うか。(2)イエベ春の黄色が似合うか。 これを基準にしてみてはどうでしょうか?夏の色パレットを見ても分かるように、夏は黄色い色がほとんどないんですよね、やっぱブルベだから?

ピンク以外の色であわせるなら、きっと「パステル系」なら似合うかもしれませんね(私の推測ですが)。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします(o^-^o)

ノンノン | 2009年02月09日(月) 06:32 | URL | コメント編集

ありがとうございます^^

丁寧な返信をありがとうございました!
簡易軟水機は、ビールが入ってるような下方に蛇口が付いているタイプのものです。同じく上からお湯を入れて下から出すという形式なのですが、
実はお湯を入れると再生までの時間は短くなるということをノンノンさんのブログで始めて知りました(汗)。
本当にいつもためになる内容をありがとうございます^^。
洗面器にためるのに意外と時間がかかるので、ノンノンさん改良バージョン軟水機はとても興味深かったです。(面倒くさがりなので着手はしなそうな横着な私ですが…。)
セラミド、そうなんですよね、高いし、いざ探してみたらどれもこれも合成界面活性剤たっぷりで、これじゃ本末転倒だーと、悩んでいたんです。なのですごく助かりました^^
アボカドオイル…なるほど、毎日はちょっとという感じなのですね。
ホホバオイルはかなりよさげだと思いつつも(私も馬油が合わない&オリーブオイルもダメという肌ですし)、色々オイルをつけるのもまずいかしらと、なんとなくアボカドオイル一本やりで過ごしてきましたが、やっぱりホホバオイルも購入して、時々アボカドオイルという形式に変えてみることにします!思い切りがつきました!アドバイスありがとうございました^^
パーソナルカラーについても苦悩を吐き出してしまいましたが(汗)丁寧なご意見をありがとうございます!
髪の色は真っ黒ではない黒っぽいこげ茶のようです。
なるほど、春の黄色をあわせてみて、それが合えばむしろ春のパステルなのかも…。春は元気な感じの派手な色、という感じがして、派手なのは似合わないんだよな…?と思っていたのですが、パステルなら該当するかもしれません。なんだか似あう色を探すのも楽しみになってきました。ありがとうざいます^^
これからも更新を楽しみにしています!
きらきら | 2009年02月09日(月) 20:15 | URL | コメント編集

お返事のコメントありがとうございます!嬉しいです!!

化粧品の成分を気にするようになって、注意して見ると何かもう全て毒かもしれない。ポリマー以外にも怖いものがいっぱいあるかも!と過敏になってしまって。知らないと言うことはすごく怖いことだなーと思いました。自分で考えて、調べて納得することが大事やとノンノンさんのブログを見て気づきました。ファンデーションも他の化粧品も、これからは成分で判断したいと思います。

ノンノンさんの、ブログこれからも愛読します!!

まだまだ、書きたいことはあるんですがすごく長くなっちゃいそうなんでまたチョコチョココメントさせていただきます。本当にありがとうございました!☆

もも | 2009年02月09日(月) 21:52 | URL | コメント編集

>きらきらさん

ビールが入ってるような下方に蛇口が付いているタイプ・・・そんなのもあるんですね!なんだかカッコ良さそうですね。いいなぁ(笑)。 お湯を入れると再生までの時間は短くなる、というのは、どこかでそう読みました。

きらきらさんも、私と同じく、馬油やオリーブオイルが合わないタイプなんですね!だったら余計に、ホホバオイルをメインにして、アボカドは時々、の方法でいいと思いますよ。馬油やオリーブオイルはオレイン酸を多く含むのですが、おそらく合わないのは「すでにオレイン酸の量がじゅうぶんにあって、これ以上いらない」のだと思っています。オレイン酸過剰になると、肌が荒れてしまい、水分蒸発量が増えて不全角化になってしまいます。

アボカド1本でのケアは、顔全体にですか?肌トラブルは無かったですか?アボカドもオレイン酸を多く含みます。ただ、「精製」されたものであれば大丈夫だったりもしますが。

私は、アボカドを付けるときは目の下にだけ付けています、目の下の「ちりめんじわ」が気になるので。ここだけはオレイン酸過剰にならないだろう、と・・・(^^;) ただ、最近ではホホバオイルだけの日々のケアでも、だいぶ解消されてきた気がします。

今後ともこちらこそよろしくお願いします。

ノンノン | 2009年02月10日(火) 10:15 | URL | コメント編集

>ももさん

こんにちは。
> 自分で考えて、調べて納得することが大事やとノンノンさんのブログを見て気づきました。

そう言っていただけて、本当に嬉しいです(^^) 成分チェックもなれてしまえば楽しい作業になりますよ。逆に、成分チェックしないでケア用品・メイク用品を買うのは、まるで「闇鍋」(笑)みたいなもので、何が入ってるか分からないのになんとなく雰囲気だけで選ぶほうが、勇気がいることだと思います。雰囲気だけで選んでもし合わなかったら、お金ももったいないし、どの成分がどうダメだったのかも分からないので、次にもつながらないですしね。

自分で納得し、理解して使うと、本当に楽しくなりますし、肌も正しいケアさえすればかならず成果が出るはずです。
これからもよろしくお願いします。
ノンノン | 2009年02月10日(火) 10:20 | URL | コメント編集

はじめまして。偶然たどり着いたブログですが、
色の効果、とても勉強になりました。ずっと頷きながら読んでいました。

たしかに色にたとえるイメージってありますよね。
アパレルの店員さんなんてそういう勉強してるのかもしれません。
美容とも直結する内容ですので配色など気を使いたいと思います。
プチ整形 二重 鼻 口コミ 失敗 料金 ブログ | 2009年02月10日(火) 11:45 | URL | コメント編集

こんにちわ☆

こんにちわ☆

ブログ初コメです。@コスメから来ました。この間は丁寧な返事ありがとうございます。

さっそくパーソナルカラー調べてみました。イエベの秋でした。確かに身内や友人に似合うねって言われるカラーが入っていて「おぉっ!」って感じです。好きな芸能人もいっぱいでにんまり☆です。(笑)

報告です☆ホホバオイルに加えてアボカドも取り入れてみました。(笑)目のまわりにのみ。シアバターのクリームはやっぱ作るのが面倒なんで(笑)ハンドクリームかわりにもたっぷり使っていたら速攻なくなってしまった(苦笑)

化粧水を1本に絞り、コットンを辞めて500円玉ぐらいをハンドプレスしてホホバオイルを2滴、アボカドを2滴を目の周り。肌荒れは大分いいかんじですが、やはり寒い日は瞼痒くなりますが、概ね良好ですっ☆

しかぁ~し!毛穴特に小鼻横の頬の毛穴くんが全開になってしまいました。オイルを付けすぎなのでしょうか?あと耳横の頬のコメドが発生。何が原因でしょうか?ポテトチップスの食べ過ぎ?因みに先週4袋も食べてしまった…これがやっぱ原因か?!

またコメント来ますね☆頑張って下さいねo(^-^)o
悠月☆ | 2009年02月10日(火) 12:01 | URL | コメント編集

>はじめまして

はじめまして、こんにちは。
共感していただけたならよかったです(o^-^o)

色もなかなか侮れないですよね。知っておくと得だし、迷いがなくなるし、洋服選びも楽しくなりました。
そして、この記事を更新したおかげで、読んでくれた友人から「イエベ色のカーディガン」をもらいました☆ 「自分の季節の色じゃないから、あげるよ」と♪(笑)
ノンノン | 2009年02月11日(水) 07:37 | URL | コメント編集

>悠月☆さん

パーソナルカラー、おもしろいですよね!
自分の今までの思い込みに気づくと同時に、自分がなんとなく似合うから身に着けていた色も、ドンピシャで当たっていたりして、納得しました。

アボカドオイルは、目元用によいと思います。が、毎日じゃなくて時々でいいかもしれません。ふだんはホホバオイルをメインにして、目元だけ少し多めに塗るといいですよ。
ホホバオイルも、角質層に浸透して潤してくれます。(皮脂膜の役割だけでなく♪)

シアバターはもちろん単品でもオッケーですよ!
ハンドクリームもいいし、手にすりこんだ後、そのうっすら残ってるのを顔の乾燥している部分にハンドプレスするようにうす~~く付けると、乾燥の回復を助けます。
乾燥しているときは、肌のオレイン酸が少ないので、シアバターが補充の役割をします。

コメド発生とのことですが、「角質をとりすぎないケア(角質培養)」に切り替えてから、どのぐらいの期間がたちますか?
角質培養を始めた最初の頃は、コメドが出来ることもあります。
こちら「角質とニキビ」の記事の『角質培養を始めるとニキビが出来るケース』の項目を読んでみてください。
http://nonnonspring.blog98.fc2.com/blog-entry-71.html

毛穴全開は、あぶらっこいものを食べ過ぎるのも確かにそうなりますね。オイル類も、やはり「つけすぎ」はよくないです。
ノンノン | 2009年02月11日(水) 07:58 | URL | コメント編集

はじめまして

角質培養を始めてひと月たちます
7,8ヶ月前からヘナと、石鹸シャンプー+クエン酸リンスを始め、3ヶ月前からマクロビも始めました。

私は、若い頃、某大手化粧品メーカーに10年近く勤務しており、ひと月前にこのブログと出会って驚きました。

ケミカル歴20年以上の私にとって、若い頃から、こういう情報を入手できる人は幸せだと思います。

私は、子供のころから肌が弱くあまり綺麗だった時期がありませんでしたが、化粧品の仕事をしていた期間は、社割で買えるので、最高級のものを使っていました。その頃はとても調子がよく、「肌がきれいだね」とよく言われて嬉しかったのを覚えています。

退社してからは、なかなかそんな高級品使えません。市販の安いのを使い続けていたら、最近はしみ、しわ、たるみ、くすみ、毛穴すべてが、かなり目立つようになってきて、改革を始めだした所です。

でも、安いからってわけではなかったんですね。

そして、この改革、すさまじい変化を巻き起こしています。
マクロビで8キロ痩せ、ヘナで髪の色はぐっと黒っぽくなり、手作りのパウダーや口紅でなんだか、疲れ果てた人みたいになってしまっているような気がするんです。

まだ、肌状態も、一番ひどい峠を越えたようなところですが、もともと昔から、ひどく顔色が悪いタイプなので、せめて、顔色がよくなれば・・とは思うのですが、ケミカルファンデを使っているとき以外は、子供のころから顔色が悪いので、無理なのかな・・・?ノンケミカルを続けてみたいのですが、ケミカルほど発色、カバー力の点で化けきれません。今、葛藤中です。

ちなみに、私は、イエベの秋だと思うのですが、土気色の肌に緑っぽさがすこーし入っているような感じ・・なんだか何色の洋服も合わなくな7671ってきた気がして・・・
まろん | 2010年04月21日(水) 16:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/90-3adf6c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。