All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.06 (Fri)

その3.(27) 乾燥さえしなければ、肌はきれいになる

こんにちは。
今までのおさらいになる部分がほとんどですが、「乾燥肌」についてです。思い込みを捨て、正しいケアがどういうものかを見直してみましょう。




●ほとんどの原因は「乾燥」
乾燥肌とは・・・ものすごく簡単に言えば、肌バリア(皮脂膜+角質層)が壊されてすこやかな状態を保てない、乾燥状態のことです。


肌バリアがさらに傷む・弱ると、外敵侵入に弱くなり、「敏感肌」になります。

乾燥から肌を守ろうという防御作用で皮脂が過剰分泌すると、Tゾーンだけオイリーなのに他の部分は乾燥した、「混合肌」になります。
さらに進むと、Tゾーンだけでなく全体的に皮脂分泌が過剰になり、「オイリー肌」になります。
毛穴周辺の細胞はすり鉢状になって毛穴が目立ち(不全角化)、弾力がないため皮脂がこびりつきやすく、角栓ができ、「ニキビ」ができやすくなります。

寒い季節のせいor体質的に皮脂分泌が少ない場合は、「皮脂分泌の過剰」という防御作用が使えないので、剥がれ落ちる段階の角質がしぶとくへばりつき、ガサガサ・ゴワゴワになります。


このように、敏感肌、混合肌、オイリー肌、毛穴・角栓・ニキビ、ガサガサ・ゴワゴワ・・・すべて「乾燥肌」が原因でのことで、別物ではなく“延長線上”のことなのです。

へぇ~~!・・・と思った人も、ちょっと考えてみてください。
肌バリアが不調だから、肌に何かのトラブルが起きるわけで。そう考えると、「肌バリアが壊れる=乾燥」が原因なのは、思えば当たり前のことですよね。


だから、乾燥させない=肌バリアを守ってさえいれば、肌はキレイでいられるのです。乾燥せず、肌バリアが整っているということは、透明感が出て、毛穴・角栓・ニキビが無く、化粧崩れがしなく、刺激などにも強い肌、しみの出来にくい肌・出来たしみの消えやすい肌になります。





●肌バリアを壊すこととは?
乾燥させる行為とは、ずばり、「肌バリアを壊すこと」ですね。
肌バリア=皮脂膜+角質層 なので、皮脂角質の取り過ぎがそれに当たります。

毎日の石鹸洗顔では、皮脂と角質が取れます。
しかし、皮脂はじきに分泌されるので問題ないし、むしろこの洗顔時の「リセット」が必要です。リセットしたほうが、時間とともに酸化する皮脂・油脂が角質を傷めるのを防げるからです。
(参照 → 酸化と洗顔

よって、皮脂の場合は「奪うこと・取ること」よりも、「皮脂膜の形成を妨げること」が肌バリアを壊す行為になります。


では角質のほうはというと、石鹸洗顔はおだやかな洗浄力であり、通常のやさしい洗顔方法に限っては、“取れるべき角質だけ”がスルッと取れます(目に見えないレベル)。
(※石鹸洗顔でのつっぱり感は、洗浄力の強さではありません。 詳細 → 石鹸バンザイ
しかし、ピーリング系の石鹸や、何度も繰り返し洗うこと、合成界面活性剤の入った洗顔料・クレンジングを使うと、まだ剥がれ落ちるべきでない角質までも、ごっそり取れて、取りすぎになります。


まとめると、肌バリアを壊すこととは、「皮脂膜の形成を妨げること & 角質の取りすぎ」です 。






●「皮脂膜の形成を妨げる&角質を取りすぎる」行為とは
(1)洗顔のしすぎ、ピーリング
(2)鼻パックなどの角栓を取るシート、角栓を取ること
(3)合成界面活性剤・合成ポリマーの入ったものの乱用
(4)あぶらとり紙の使用
(5)ゴシゴシこすること、強く圧力を与えること
(6)熱湯での洗顔、蒸しタオルの乱用
(7)ダラダラ汗をかき過ぎた後にアフターケア(皮脂の補充)をしないこと、
(8)化粧水のつけすぎ、コットンパック、肌の水浸し、スチーマーの当たり過ぎ
(9)オイリー肌向き・ニキビ対策用の「さっぱりタイプ」・油分を含まないケア用品
(10)ウォータープルーフ効果のあるものの乱用
(11)気温の低い時に体を血流が悪いままにしていること
(12)細胞賦活作用のあるものを使い続けること

・・・など、代表的なもので思いつくのは、これぐらいでしょうか。もし、心当たりがあるようでしたら、見直してみましょう。






【解説】
(1)・・・ 洗いすぎは、まだ剥がれ落ちるべきではない角質までも、ごっそり奪ってしまいます。ピーリングはもってのほか。角質は、意識して取るものではありません。「自然に取れるもの」です。
 詳細 → 角質は育てるもの


(2)・・・ 角栓ができる原因そのものが、冒頭のとおり、「乾燥」です。そしてこれを意識して取ることで、ねっこに付いている、まだ剥がれ落ちるべきではない角質までもが取れてしまい、乾燥を繰り返し、角栓のできる悪循環はストップしてくれません。
 詳細 → 毛穴の黒ずみ(角栓


(3)・・・ 合成界面活性剤は洗浄力も浸透力も強く、肌バリアそのものを壊します。合成ポリマーは、ニセモノの「フタ」の役割をしますが、天然のフタである「皮脂膜」のような「皮膚呼吸」は出来ません。水分をはじきすぎて、皮脂膜の形成をジャマします。また、ウォータープルーフ効果を出してぴったり張り付いているので、これを落とすには強いクレンジングでなければならなくなり、その際に角質を取りすぎることになります。
よって、合成界面活性剤・合成ポリマーを含まないケア用品・メイク用品にそろえる必要があります。
参考 → 成分良好!ノンケミカルなメーカー一覧


(4)・・・ 冒頭の「混合肌」・「オイリー肌」ができるしくみと同じく、肌を守るための防御作用による皮脂の過剰分泌なので、取っても取ってもさらに分泌され、悪循環になります。また、こすったり圧力を与えやすく、角質を傷めます。


(5)・・・ 角質を傷め、取りすぎになります。正しい洗顔は、圧力をかけずこすらず、モコモコの泡を肌の上に滑らせ、小鳥をなでるように。泡を顔に乗せているのは20秒程度。洗顔後のタオルも、ゴシゴシこすらず、そっと当てて水分を吸い込ませます。


(6)・・・ 熱湯・蒸しタオルの当てすぎは、角質層をやわらかくし、一気に剥がれやすくしてしまいます。


(7)・・・ ダラダラ汗をたくさんかいた後は、皮脂膜が流され、角質層がふやけてもろくなっています。この時こそ、洗顔のしすぎなどは避け、流された皮脂膜を補う必要があります。汗をたくさんかく夏に肌がベタベタするのは、流された皮脂のベタベタのせいなのです。
詳細 → ダラダラ汗とクリームの関係


(8)・・・ 水浸しにすると、(7)と同じく、皮脂膜が流され、角質層がふやけてもろくなります。水分を角質層に閉じ込める方法は、外側から与えることではありません。肌は、内側から表皮へにじみでる水分を保持しているので、外から与える必要はなく、ただリスクを負うだけです。
詳細 → コットンパックをやめた理由、 化粧水なし、ホホバオイルのみ、 ラップパック~角質培養の波に乗るケア~


(9)・・・ 冒頭のとおり、ニキビが出来やすい状態(=肌バリアが壊れ気味)であるからと言って油分をいっさい与えないのは、根本的な解決にはなりません。そのままでは皮脂膜の形成がうまく出来ないため、乾燥肌のまま・ニキビが出来やすい状態のままです。まずは、皮脂膜の形成ができる状態を整えて、乾燥肌を治し、ニキビが出来やすい状態じたいを治すことです。そうすれば、「さっぱりタイプ」を使わなくてもニキビは出来なくなります。
詳細 → 角質とニキビ


(10)・・・ (3)の合成ポリマーの件と同じく、水をはじく力の強いものをつねにつけていると、皮脂膜の形成のジャマとなります。


(11)・・・ 気温が低くなると血流が悪くなりがちで、皮脂分泌量は減る傾向にあります。ということは、皮脂膜の形成がうまくいかなるということ。これにプラスして、冬は空気が乾燥しているので、身体から蒸発して行く「目に見えない汗」の量が増えます。よって、ダブルで乾燥しやすい状態になるのが、「冬の乾燥」の特徴です。 
また、冒頭のとおり、この場合は「皮脂分泌の過剰」という防御作用が使えないので、剥がれ落ちる段階の角質がしぶとくへばりつき、ガサガサ・ゴワゴワになります。 乾燥が原因なので、あくまでも「ターンオーバーが遅い」のではありません。ここで角質を取るケアをするのは間違いです。
詳細 → 冬の角質培養、ターンオーバーの早い・遅いとは


(12)・・・ 合成界面活性剤・合成ポリマーに気をつけていればそれでよし・・・とは行かないのが難しいところです。それ以外にも、肌に付けると「余計なお世話」となって、ターンオーバーを無駄に早めて、未熟な角質層にしてしまう成分もあります。
詳細 → 細胞賦活作用




スキンケアの「思い込み」「勘違い」を捨て、正しいケアを見つめ直しましょう。もし、間違いがあることに気づいたら、リンク先の記事を読んで、対策を練りましょう。
間違いを直せば・・・乾燥さえしなければ、必ず成果はついてくる!

ランキングに参加しています。
よかったら、下のアイコンどっちかにポチッとクリック、お願いします
読んでくれてる方が多かったら、また更新頑張ります♪
ランキングの順位は今・・・・・・
にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ) - ジャンル : ヘルス・ダイエット

12:51  |  3.角質培養  |  TB(0)  |  CM(40)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは~。

12月頃の私がまさに「乾燥」が原因の延長で「敏感肌」でした。
Tゾーンだけがてかるという混合肌にもなりました。

こういう分類って、以前は肌が持っているもともとの性質だと
思っていたけど、案外違うことがあって全部つながっているんですね。

私の原因は「洗いすぎ」。
今でも教えていただいたように、マスカラや眉墨だけはホホバオイルで
よ~くうかせて、石鹸で洗う時間は長くならないようにしています。
オイルをふき取るのも、前は蒸しタオルで押さえていましたが、
今はティッシュかコットンで抑えるだけです。
それでもまだおでこの小さなニキビは完全になくならないし、
顎部分がたまに痒かったりします・・・。なんでだろう・・・。
前はニキビと言ったら油分は塗りませんでしたが、
今はホホバオイルを少し抑えるくらいにしています。やっぱり食べ物かな。
便秘もあるかもしれません。ホルモンも考えられるでしょうか。

腰を回すことは便通にもいいと聞いたことがあるので、
昨日からやっています(^^)。腸が動く感じがします。

暖かくなる前に、もう一度スキンケアのやり方を見直すいい機会ですね(^^)。

そういえば豆乳の比較みました。
「いけてる度」ってなんだ?なかなかおもしろいです。
私も今は紀文の無調整です。
豆乳を飲み始めた頃は紀文の紅茶や抹茶を飲んでいたけど、
やはり砂糖が気になるし、今は甘すぎると感じるので(^^)。
まっちゃらて | 2009年03月06日(金) 18:55 | URL | コメント編集

ノンノンさん、こんにちは!
やってしまいました。あれほどわかっていたのに、顔を洗わずに寝てしまいました。あ~今頃後悔です。だから、肌がきれいにならないんです(;_;)

とりあえず、今日からまたやり直します。今まで、こぬか石鹸で洗ってたんですが白雪の詩が見つかったので白雪の詩で洗顔するようにします。ラップパックは肌がしっとりして、でもふやけてない調度いい感じになりました(^o^)シアバターも塗って、痒みとカサカサも治まってきました♪体もボディーソープをやめて、石鹸で洗うようにしたら二の腕と背中のニキビがだいぶマシになりました!二の腕のニキビは、きれいになくなりました(^O^)

でも、どんなにケアを見直しても顔を洗わずに寝たら全てがパーです。顔に化膿したおできができてしまいました。めちゃくちゃ反省してます。バカバカ(*_*)

生理が始まる直前まで、角栓の詰まりと肌のゴワゴワ感が強かったのですが生理が始まるとともに少しずつ肌も柔らかくなり、白いニョキニョキも少しだけ減った気がしました。
肌には、洗顔、睡眠、食事!の基本が一番大事ですね。これからは、顔だけは絶対洗って寝ます!(>_<)

せっかくいっぱいアドバイスしてもらったのに、基本で
もも | 2009年03月06日(金) 20:59 | URL | コメント編集

前回の続きです。

つまづいてすみませんm(_ _)mまたキレイになった報告しにきます(^o^)/

前のコメントが途中で切れてしまいました(-o-;)
もも | 2009年03月06日(金) 21:05 | URL | コメント編集

トラブっても・・・

ノンノンさんこんにちは。
少し前、洗顔後すぐは良いのだけど、時間が経つにつれ、頬が赤く熱くなり、内側から水分が蒸発しているのを感じました。

なので(これはv-12)と思い、メイクは肌に負担の無い、最低限のものに控え、夜はボディクレイの「ねんどの粉(粉末のナイアードガスールよりもさらに粒子が細かい感じです)」をさっと塗布しさっと洗い流し、朝はぬるま湯洗顔のみ、にして角質を労わってやりました。

そして夜、ねんどの粉→ブルガリアンローズ水→ホホバオイル のあと、水分蒸発を防ぐため、ノンノンさんに出会わなかったら知らなかったであろう「ラップパック」をしたら、たったの2日で良い状態に戻りましたv-290

トラブったときにも化粧品に頼らずに、こうしたケアで健やかな状態に戻れる、という知識を得られて良かったです。
そして例えばまた何かの加減で(体調を崩したり、止むを得ず肌に不摂生な事になったり※年度変わりの今時季は色々ありますよね)同じ様な状況になっても、今回の経験を得て、(必ず良くなる)と気楽でいられるのは、精神衛生的にも良いですねっ!

ノンノンさんに出逢えて本当に良かったです、日々感謝してます。

これからも応援してます!
ではまたe-271
2332 | 2009年03月07日(土) 09:41 | URL | コメント編集

初めまして(^-^)

とても勉強になるブログだな~と、暇がある時は必ず覗いてます。
角質培養実践して1ヶ月たちますが、だんだん肌が健やかになってくるのを実感しております☆
しかし頬の高い所は相変わらず、乾燥・ほてりが治まらず、キメが浅いと言われたことがあります(涙) 角質培養を続けていれば改善されますでしょうか?
はるるん | 2009年03月07日(土) 11:19 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

あれから2,3ヶ月ですね。お肌の調子はどうですか?

そうですね、乾燥してからの症状が人それぞれなので、「○○肌」というふうにジャンル分けされてしまいますが、もとをたどれば乾燥だということに気づきます。あと、乾燥肌っていうと水分が足りないので、ついつい必死に「化粧水」の段階で熱心にやりすぎてしまうんですね・・・。しかもケミカル系の保湿目的の化粧水だと、合界・保湿成分・合ポリ という3段階を全部やってしまうし、しかも肌は「しっとり・つるん」という感触だから、トリックに気づけないという・・・。

おでこの少しのニキビ、あごのかゆみ・・・うーん、なんだろう。まだ乾燥しているんでしょうか・・・??冬は記事内でも書いたようになかなか難しいのと、食べ物、睡眠、ホルモンなど、いろんなことを合わせて考えるしかないかもしれませんね。
便秘も肌に影響があります。便秘ということは、腸の善玉菌が弱いと起こりやすく、有害物質が腸にたまり、腸から吸収されて全身にまわり、肝臓で分解したり、皮脂腺から出たりします。この「皮脂腺から有害物質が出る」のが、ニキビの原因になるのでしょう。

腰まわし、便秘解消には効きますよ!!ぜひやってみてください。

そういえば、甘いものがむしょーに食べたくなるので、ついに「梅エキス」を買いました。ナチュラルハウスっていう自然派のお菓子の店(各地に店舗があります)で見つけました。なにか変化があったら、ブログにも書きます(^^)
ノンノン | 2009年03月07日(土) 11:54 | URL | コメント編集

>ももさん

こんにちは。
洗顔せずに寝てしまったんですね。もったいない(^0^;)(笑) でもまぁ大丈夫です、合成ポリマーたっぷりのメイクではありませんよね?

こぬか石鹸?こめぬか石鹸? 「こめぬか」のほうだと、角質を取る作用があるので、毎日使うのはやめたほうがいいかもしれません。足の裏専用にしましょう(笑)。

生理が始まって少しずつ肌の調子がよくなってきたんですね。これは一つ前の記事「女性ホルモン」の内容、まさに!!という状態ですね。
生理前、とくの生理直前は、血行が悪い時期。しかも冬だから、ただでさえ血行は悪くなりがちな時期です。血行が悪いと、皮脂分泌が少なくなってしまうので、乾燥した時は「皮脂の過剰分泌」という防御作用が使えなくなり、「ゴワゴワ」になります(角質がもう剥がれ落ちる段階なのに、乾燥を守ろうとしてくっついている)。

しかし、生理が始まってエストロゲンが分泌され出してきたので、血行も少しずつ改善し、ゴワゴワの角質が旅立ってくれたのでしょう。白い角栓は、ターンオーバーとともに、じょじょになくなっていくので、あわてず焦らず様子をみていてください。
角栓が自然に取れる頃には、肌に透明感を感じるようになると思います。(^0^)
ノンノン | 2009年03月07日(土) 12:06 | URL | コメント編集

>2332さん

こんにちは。
やはりみんな、この時期はどんなに気をつけているつもりでも、乾燥しやすいですね。今回の記事の「(11)」、ほんとにあなどれない、やっかいなものだと実感しています。
腰回し・腕回し、ラジオ体操、ストレッチ、踏み台昇降など、ちょっとした運動でも効果が出るので(とくに、腕回しは顔のたるみ防止にもよいし♪)、冬の乾燥対策に取り入れるのはいいと思います。

季節の変わり目で、とくに主婦の方だといろんな行事で忙しく、睡眠不足や自分でも気づかないストレスもあるかもしれませんが、前回の記事「女性ホルモン」のサイクルも考慮して考えると、トラブルがあっても落ち着いて対処できるようになりますよね!
何も知らなければ、新しいケア用品に手を出したり、へたしたら間違ったケア方法でよけい悪化させてしまいがちですが。
こちらこそいつも応援ありがとうございます(o^-^o)
ノンノン | 2009年03月07日(土) 12:19 | URL | コメント編集

>はるるんさん

はじめまして、こんにちは。
いつも見ていただいていたとは、嬉しいです、ありがとうございます!
角質培養の成果が出てきているようで、よかったですね(^∇^) 頬の高いところは、自分でもいつのまにか、こすってしまいがちな行為をしているかも?しれません。洗顔する時は、なるべく手の圧力を加えないよう、記事内の洗顔方法を心がけてみてください。
また、ホホバオイルは、その気になる部位には少し多めに付けてもいいと思います。ホホバオイルの後にシアバターを薄~~く付けるのもよいです。

もちろん、正しいケアさえしていれば必ず良くなりますよ!
ノンノン | 2009年03月07日(土) 12:23 | URL | コメント編集

お返事ありがとうございます(^o^)/

いつもシルクパウダーとチークだけで、会社に行ってたんですが、シルクパウダーをつけると肌がキシキシになるので最近はノーメイクで過ごしていました(*_*)会社が接客業でなくてよかったです。とはいえ、すっぴんで会社に行くのも社会人としてやはり失礼かとも思い、今はノンノンさんのパウダーを作ってみようと思っています(^O^)あとグロスも作ってみるつもりです(^_^)v

こぬか石鹸のこぬかが何なのかよくわからないんです。米ぬかのことかと思うんですが、とりあえず足の裏用にします。白雪の詩は昨日から使ってるんですが泡も柔らかくて気持ちいいです(^O^)フワフワの泡で洗えるように泡ネットもいろいろ試してます♪

生理が終わるとゴワゴワがとれるとゆうことは、ターンオーバーの周期と生理周期は同じなのでしょうか。ニキビ治療にピルを使うこともあるし女性ホルモンて大事ですよね!

長くなってしまったので、またコメントします(^o^)/
もも | 2009年03月07日(土) 13:13 | URL | コメント編集

今回もためになる記事をありがとうございます。
復習のつもりでじっくり読みました!

先日のクリームのコメントに関して、
最初作ったのはシアバターなしだったのですが、ノンノンさんのアドバイス通り、後からシアバターを加えたものも少し作って角栓や乾燥の気になる部分にうす~く塗っています。
春になれば空気の乾燥も和らぐことですし、着実に健やかな肌に近づいていきたいです☆

二つほど質問させてください。

手作りのクリームは一回にどのくらい使っていらっしゃいますか?
ホホバオイルの「2~3滴」のように、(もちろん個人によって適量は違うのでしょうけれど)だいたいの目安を教えていただけたらと思います。
皮脂膜の代わりとしてうす~く、を心がけてはいますが、もし全然違う量だったらとふと心配になりました(^^;)

それと、特にメイクする必要がない場合(家の中など含めて)は、ホホバオイルのみで過ごすのと、クリーム+パウダー(セリサイトとコーンスターチ)で過ごすのとはどちらがよいのでしょうか?
すっぴんが一番と思いつつ、水分量をコントロールしたり酸化を防いだりしてくれるのならパウダーを薄くはたいたほうがいいのか?と思ったので・・・

お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。
なのはな | 2009年03月07日(土) 14:14 | URL | コメント編集

>ももさん

シルクパウダーは、記事「シルクパウダーの使い分け」を読んでいただけたかな?使うとしたら「フィブロイン100%」のものでないと、乾燥してしまうので気をつけてください。「セリシン」のほうだと、細胞賦活作用があります。

ターンオーバーと生理の周期が必ずしも一致とは限りません。というよりも、ターンオーバーは28日周期ですが、毎日1層ずつ角質は剥がれ落ちています。おくの真皮のほうでは1層ずつ新しいものが作られ、上へ上へと押し上げられています。毎日1層ずつ剥がれ落ちる角質は、通常の石鹸洗顔では「目に見えない」レベルなので、剥がれ落ちていることにすら気づいていません。これが通常の状態ですが、たまたま「肌が乾燥している&皮脂分泌が弱い」と、剥がれ落ちるのを少しとどまってくっついているのです。これが、ガサガサです。
ガサガサ気味なときは、シアバターを塗ると効果がありますよ。またスムーズな角質の自然な剥がれのリズムに戻しやすくなります。

生理の周期(女性ホルモンの働き)と、肌のターンオーバーが直接かかわりがあるというよりも、エストロゲンのホルモンは肌を美しくするホルモンであり、それだけでなく身体にもよい影響をもたらします。生理が始まると、生理痛はあるものの、2~3日もすれば日々、だんだん調子がよくなっていきますよね。それはエストロゲンがだんだん分泌されていくからです。生理前に便秘していても、生理が始まるととたんに解消したりもします。むくみも、だんだんなくなっていきますね。

その調子の良くなることが、肌へも良い影響をもたらして、日々の「正常な角質の剥がれ」のリズムに戻ったんだと思います。
ノンノン | 2009年03月07日(土) 14:23 | URL | コメント編集

再度ですが・・・。

こんにちは。
あれから3ヶ月くらいたちます。
ノンケミカルスキンケアでオリーブオイルとグレープシードオイルの
メイクオフの仕方でにきびができ、それから洗顔のし過ぎで毛穴が
目立ち・・・でしたが本当にいい状態になりました。

まずはニキビが出来にくくなり、毛穴も欲を言えばもっと目立たなくなって
欲しいですが、洗い過ぎていた頃に比べると断然引き締まっています。
一時期パウダーをつけたときだけ洗顔後に刺激を感じましたが、
ノンノンさんに教えていただいたようにパウダーを手作りしたものにするか、
またはロゴナをコーンスターチなどで薄めたものを使うようになってから、
その刺激もなくなりました。

前のツケがあるのでまだかかるかもしれません。
ちょっとしたことで刺激を感じたり、ニキビができそうになったりするので
まだまだ敏感な状態なのかもしれません。
でも今のやり方がいい方向にいってくれると信じているので、
他のオイルをつけてみたり洗いすぎてみたり・・・ということは一切せずに、
今のやり方で様子を見たいと思います。たとえニキビができたり、
顎部分が痒くなっても回復は早くなりました。
あとはやはり食べ物に気をつけて、腰回しをして便秘にも気をつけたいです(^^)。

そうえいば、私は今主人の転勤で宮城にいますが(ノンノンさんのご実家も
こっち方面ですよね)、実家は東京で「ナチュラルハウス」近くです(^^)。
「生活の木」も近くですが、ナチュラルハウスの裏の方なんです(^^)。
お正月には帰省したので生活の木には行きました。
なので、ノンノンさんが「生活の木で〇〇を買いました」という記事が
あったりすると想像ができて、実家にいたら会ったりして!?と思っていました。
←ストーカー的な意味ではないです(^^)。
ナチュラルハウスは色々あって面白いですよね。
「梅エキス」・・・残念ながら私は梅が苦手なんです(><)。

ノンケミカルスキンケアにしてから、ロゴナを買ったり材料を買ったりするのに
東京はいろんなお店があって便利ですよね。
こっちはロフトなどに行けばあるみたいですがすべて通販で(^^;)。
まっちゃらて | 2009年03月07日(土) 14:37 | URL | コメント編集

>なのはなさん

こんにちは。
今回の記事で「復習」になったり、見落としや勘違いが改められればな~と思って書きました(^∇^) じっくり読んでくれてありがとうございます。

手作りクリームですが、メイクの下地に塗るクリーム(私の場合は、アイリスデイクリームor手作りクリーム)を塗る感覚でいいと思います。
といっても個人差があるでしょうが・・・ 均一に伸ばせて、付けすぎなければいいかと。逆に「足り無すぎる」というのは、手に取ったクリームの量が顔全体にいきわたらないことになりますよね。なので結局、またクリームを手のひらに追加して塗ると思います。
ようは、顔全体に薄くのばせられればそれでいいとおもいます。「均一の顔全体に伸ばせられる、最小限の量」と言えばいいかな

今のなのはなさんの塗り方は、「付けすぎか、薄すぎるか」を心配されているかと思いますが、均一に塗っているつもりのようですし、むしろ多く付けていないようですので、そのままでいいと思います。


メイクする必要がない時は、これは個人の好みですね。
なるべく肌に負担をかけないのなら、ホホバオイルだけが一番ですね。
パウダーは、たとえコーンスターチ&セリサイトだけでも、粉モノをつければその分、多少は皮脂を吸います。(だからクリームを付けるわけです。)

しかし、家の中でも電磁波や窓ガラスを通して差し込んでくる紫外線などが多少気になるのでしたら、セリサイトの「電磁波カット」に頼るのもよいですし、また、セリサイトは「皮脂・油脂の酸化」を緩和してくれる作用もあるので、付ける効果はあります。コーンスターチも水分量の調整作用はありますね。

ホホバオイルだけでも、クリーム→パウダーでも、どちらにしろ「皮膚呼吸(皮脂膜のすこやかな形成&水分の蒸発を防ぐ)」をジャマすることにはなりませんので、好みに応じてやってみてください。
肌の負担には「すっぴんが一番」ですが、セリサイト&コーンスターチのパウダーは、ほぼすっぴんだと言ってもいいぐらい、肌に負担はないと思います(o^-^o)


ノンノン | 2009年03月07日(土) 14:39 | URL | コメント編集

>まっちゃらてさん

だんだん成果が出てきているようで、よかったです!
刺激を受けたパウダーは、手作りかロゴナ(&コーンスターチ)で大丈夫だったとすると、何か良からぬ成分が入っていたんでしょうかね?
敏感な状態も、これからじょじょに良くなって肌バリアがじょうぶになるといいですね!

今は宮城にお住まいなんですね~。私は出身・育ちは秋田ですが、1年間だけ仙台にいたこともあります。
東京のナチュラルハウスの近くですかー!しかも生活の木もそばにあるとは、けっこう便利なところですね。私は、都内は都内でも下町のほうにばかり出没していますよ(笑)。
都内だと手に入るところは多いんですが、定価だと高いですよねー、とくにロゴナは(^^;)
なので、通販の安いところで買うことが多いです。手作り材料も、通販はいっぱいあるのに実際に見て買えるのは、生活の木ぐらいでしょうか。(しょぼい(?)メーカーならありますが、大丈夫かなぁ・・・っていうところだったり(^^;))

梅、苦手なんですね、残念~!・・・と言いながら、今私は「ベタベタ期」の食欲増進の時期のせいか、梅エキスの効き目がないような・・・(苦笑)。まぁすぐには体質は変わりませんよね。でも、運動をコツコツ(腕回し・腰回しなどちょこっとしたものばかりですが)やっているせいか、間食しても体重は増えなくなりました。でも間食はやめたいですね・・・。妊娠したら私、ものすごく食べそうです。。。(^^;;)
ノンノン | 2009年03月07日(土) 17:15 | URL | コメント編集

クレンジングについて

のんのんさん、はじめまして!

のんのんさんのブログを拝見して角質培養なるものに興味がムクムク沸いてきた者です。
以前から特に頭皮ケアで合成ポリマーや界面活性剤入りのものはなるべく避けていたのですが、スキンケアはやや責め気味、UVクリームなどは妥協してジメチコン入りのものを使用しています。
でものんのんさんのブログで角質培養なるものに出会ってからは、スキンケアも徐々に徹底してみたいと思っています。

ところで質問があるのですが、メイクをきちんとした日やゴウセイポリマーものの下地をつけてしまった日などのクレンジングで、グレープシードオイル(100%)でのクレンジングというのは毎日でなければ負担にならないものでしょうか?
ミネラルオイルや合成界面活性剤は入っていないものなので大丈夫だと思いがちですが、グレープシードオイル100%でも落とし穴はあるのでしょうか?

お忙しいところすみませんが、コメント頂けたら幸いです☆
白あさがお | 2009年03月11日(水) 10:50 | URL | コメント編集

>白あさがおさん

はじめまして、こんにちは。
興味をもってくださり、嬉しいです。ありがとうございます(^^)ノ☆

スキンケアはどんどん成果が出るので楽しいですよ、ぜひやってみてください。
日焼け止めに関しては、記事「日焼け止め」を、ごらんください。

合成ポリマー入りの下地クリーム・メイク用品を使った場合のクレンジングについてですが、確かに、ケミカルなクレンジングは諸悪の根源ともいえるほど、肌にダメージがあるので、オイル単品のほうがよいです。しかし、いくらオイル単品にしても、その落とすメイクのケミカル度がどれぐらいかで、落ちるか・落ち切らないか・・・に差が出てきてしまいます。
特に、皮脂・汗に強い「ウォータープルーフ」をうたうケミカルものは、おそらく、オイル単品では落とせないと思います。

なので、基本的には、メイク用品も一式、合成ポリマー無しのものにそろえるのがよいでしょう。
ただし、記事の「成分良好!ノンケミカルなメーカー一覧」で、私の使っている物を一式紹介してあり、その内容のとおり、私は眉ペンシル、眉マスカラ、マスカラの3つに関してだけは、合成ポリマー入りです。眉・マスカラだけは、落ちやすいのでは役に立たないので・・・。その代わり、マスカラはお湯でするっと落ちるもの、眉関係は合成ポリマーを含むものの石鹸で落とせる程度のものにしています。
これなら、石鹸洗顔ひとつで落とせます。アイライナーなどはノンケミカルのものを使っていますが、あれこれ念入りにメイクした場合&リンパマッサージもかねて、ホホバオイルで浮かせてから石鹸洗顔しています。

このように、合成ポリマーが“てんこ盛り”でなければ、オイルで浮かせることは可能だと思います。

グレープシードオイル(100%)は、使ったことは無いのですが、調べたところリノール酸を60%強、含みますね。リノール酸は「細胞賦活作用」(←同タイトルの記事を参照)があるので、ターンオーバーを無駄に早めてしまいます。なので、毎日使い続けるのはやめたほうがいい・・・角質培養するには向いていないオイルかもしれません。
ノンノン | 2009年03月11日(水) 13:00 | URL | コメント編集

早速のお返事ありがとうございます♪

私、現在のところは普通の敏感肌用の日焼け止め(しかしジメチコン入り)のみで過ごす日がほとんど、お粉のみはたくのが週2日程度でたまにしっかり下地からメイクする程度で、マスカラやアイブローなどは目元が濃い為していません。

ですがたまにお粉を下地からする日があり、そんな時用にグレープシードオイルとして、他のキャリアオイルと比較するとサラサラした手触りでクレンジング向きと言われていたグレープシードオイルをつい先日購入しましたが、ノンノンさんにお聞きしてからにすれば良かったかも。。ウォータープルーフのものは使用していないので、グレープシードオイルでのクレンジングもたまにならいいかなと思って今回は一応たまにの使用でしてみます。

今すぐに下地からUVカットクリームから自然派のものに変更!とまではいっておらず、早く切り替えた方がいいとは思っているのですが、年末に敏感肌用のシリコン入りUVカットクリームも買いだめしたばかりでヘコみます。。

こんな具合にすぐにはケミ断ちできていない私ですが、少しずつでも頑張ります☆
白あさがお | 2009年03月11日(水) 14:49 | URL | コメント編集

>白あさがおさん

目元が濃いとは、お仲間ですね(笑)。私もです。省略するとしたらまずアイライナー、マスカラですよね。

白あさがおさんのお仕事は、室内でしょうか、アウトドアでしょうか?もし室内で一日の大半を過ごすお仕事であれば、日焼け止めは毎日はいらないかもしれません。

日焼け止めが通常のクリームと違うのは、「酸化チタン」が入っていての紫外線カット効果があることですね。 しかし、これは肌に負担がかかります。光を反射する際に活性酸素を発生し、その部分の肌細胞が酸化します。

油脂・皮脂は時間とともにつねに酸化しているのですが、日焼け止めによってさらに酸化を加速させてしまいます。 しかし、紫外線にガンガン当たるダメージと比較すれば、日焼け止めを塗ってのダメージのほうがまだマシなんですよね・・・。

ですから、「塗らなくてもよい」時ぐらいは塗らない、と使う日を選ぶほうが、肌の負担がなくなります。
ましてやウォータープルーフは、肌にぴったり張り付き、皮膚呼吸(皮脂膜の順調な形成)をジャマしてしまいます。 お使いの日焼け止めはウォータープルーフでは無いのでまだ良いのですが、合成ポリマーが入っている時点で、その要素があります。合成ポリマーの配合量の程度により、ウォータープルーフの程度が決まるからです。

また、油脂・皮脂の酸化には「セリサイト」のパウダーが有効です。
日焼け止めの件と、コレについては「日焼け止め」の記事をご参照ください。

私も、ファンデーション無し派です。
私は室内で一日を過ごし、通勤の往復時しか外に出ないため、日焼け止めは塗っていません。
皮脂膜も、皮脂膜ととても近い成分・性質をもつホホバオイルやシアバターも、ある程度は紫外線カット作用を持っているので、肌バリアがじょうぶになれば、紫外線に対抗する力も強くなると思います。(それでももちろん、アウトドアの時は日焼け止めを塗りますが。)

クリームはヴェレダのアイリスデイクリームで、これは「ホホバオイル、ミツロウ、シアバター」をメインとした基本的な成分で出来たクリームで、乳化剤が天然の界面活性剤(レシチン)です。皮脂膜に一番近いクリームです。 このシンプルさを真似て、手作りも作りました。手作りはまさに、その3種類+水、それだけです。
その上に、セリサイトをメインとした手作りのパウダー(セリサイト、コーンスターチ、マイカのみ)を塗って終わりです。
ほぼすっぴん気分ですが(それでも、失礼にはならず(笑)自然なしあがりです。プロフィールの写真は、その状態です。)、電磁波(紫外線)もカットでき、肌に負担をかけないのでよいですよ。参考にしてみてください(^^)

日焼け止めの買いだめは、もったいなかったですね(^^;) 人気の商品なら、ヤフオクなどで売ってしまうとか・・・。

ノンノン | 2009年03月11日(水) 16:00 | URL | コメント編集

酸化チタンで肌細胞が酸化ですか、、日焼け止めをするかしないか、葛藤しそうです…。

私の仕事はパソコンに向かいっぱなしのデスクワークですが、窓に近く陽光が若干席に当たってしまうのと、座っての電車通勤ですが窓から日光が差し込むのが少し気になっています。また、通勤で15分×2(朝・夕)歩くのと、昼間散歩をするのもあってほどほどに紫外線カットをしたく思い、セバメドUVプロテクトクリーム(SPF32、PA+++)を今のところ使っています。

お奨めのUVカットクリームにお手製のお粉というのに興味があるものの、テカりが大丈夫かやや不安があります。

ノンノンさんは、ヴェレダのアイリスデイクリームに手作りのお粉でテカってくる事などはないでしょうか?
白あさがお | 2009年03月12日(木) 10:18 | URL | コメント編集

葛藤しますよね。日焼け止めは「必要悪」なアイテムなのです。肌に負担があるのを承知で使うしかないんですよね。。

デスクワークでも窓が近いのは気になりますね。1日のライフサイクルは分かりました。が、それに対してSPF32は、ちょっと高すぎて肌に負担がかかっているかな、と思います。

テカリについてですが、肌バリアがすこやかになると、テカることがなくなります。皮脂量がちょうどよい量を保ちながら、皮脂膜を作ってくれるからです。赤ちゃんの肌がテカらずキープされているのと同じようなイメージです。
ヴェレダでも手作りでも、基本的に何を使っても、よっぽどオイルを付けすぎない限りテカることはありません。

肌バリアが整うと、テカリもメイクくずれもなくなります。私は、汗をかきやすい鼻の頭などをメイク直しすることはありますが、それ以外の部位は、1日中そのままでオッケーです。
ノンノン | 2009年03月12日(木) 10:49 | URL | コメント編集

またまた早速のお返事ありがとうございます♪

それなら手作りパウダーも余計に作りたくなってみましたが、私の場合、角質培養うんぬんはもちろん、美容生活リズムを全体的に改革していかないとならなそうです…。

年齢は今月ノンノンさんと同じなのでおそらく同じ学年かと思います。ですが肌は年齢相応にちりめんじわが出てき始め、何より一番の問題点は中学時代から育ててきた(?)鼻の角栓取りすぎによる毛穴の目立ちでしょうか。
ほんと、どれだけ毛穴周辺の皮膚が回復してくれるかも分からず、この角栓取り禁止が一番辛いものになりそうです…。

いえ、そういった肌の表面的な事だけでなく、日々質の良い充分な睡眠も取っておらず、運動不足気味。
これではいけないと最低限の運動(朝はまだ今は無理なので夜の散歩)と早めの入浴&就寝を心がけて1週間になります。

ノンノンさんのブログを発見したのは一昨日で、まだ充分拝見できていませんが、今の私に必要な事が盛りだくさんなので、これから数日かけて熟読させて頂きます☆
白あさがお | 2009年03月12日(木) 15:16 | URL | コメント編集

>白あさがおさん

おォ~~、同じ学年なんですね♪ 親近感わきます(^^) 憧れの3月生まれ・・・羨ましいです!!(私は5月生まれです)

角栓を取り続けてきた場合、最初はニョキニョキの角栓が自然に取れるまで待つのが、じれったいかもしれません。1度角栓のとれた毛穴は、その角質培養中に乾燥さえしなければ、基本的には二度と角栓はできなくなりますが、なかなかそううまく行くとは限らないので、角栓じたいができない肌になるには、数回のターンオーバーを繰り返さないといけないかもしれません。
が、角質培養をコツコツやることで、やらなかった時と比べて効果が出てさえいれば、角栓の大きさ・長さ・抜け落ちるまでの期間も短くなりますし、1回目のターンオーバーの時点で、なんとなく透明感が出てきたのを実感すると思います!

あと、皮脂のテカリ・ベタツキもなくなりますよ。これは、この記事本文にもあるように、もともとは乾燥が原因でのことです。
皮脂分泌を正しい状態に導くには、肌バリアを整える角質培養もそうですが、睡眠でもコントロールされます。22~2時に熟睡していることで、コラーゲン生成や女性ホルモンとの関係もあって、美肌が作られます。

運動も、無理しすぎると続かなかったりするので、無理のない、室内でも日々コツコツできるものとしてオススメなのは・・・
・腕回し
・腰回し
・踏み台昇降

これの1つ前の記事、「女性ホルモン」でも書いたので、ぜひ参考にしてみてください(^^) とくに腕回し・腰回しなら、朝でも5~10分で出来るし、会社でもトイレの個室でこっそりできます(笑)。
腕回しは、読者のみなさんも「馬鹿にしてたけどけっこう効く」「肩こりがラクになる♪」と評判なので、ぜひやってみてください。全身の血行をよくするポイント的な部位でもあります。
ノンノン | 2009年03月12日(木) 18:08 | URL | コメント編集

ありがとうございます☆

丁寧なお返事ありがとうございます☆

お返事が嬉しすぎて、旦那に、やったぁって叫んでしまいました☆(笑) シアバターも早速買いに行くつもりです(^^) ちなみに今日も朝娘を幼稚園へ送って家に帰るとまたヒリヒリしてきましたf^_^;
 詳しく書いてみますと、朝は水洗顔し、春から乾燥してきたのでホホバオイルの後にマルティナのヨハネスクラウトベビークリームを下地にMMUです。

去年まではオードヴィーブの日焼け止めを使っていましたが、今は中止してつば広の帽子をかぶって外出しています。
毎日外出時間が1時間から2時間なので、日焼け止めもかねてMMUをパフで2度重ねて塗っています。
これも乾燥してしまう原因なんですかね?

帰宅したら顔の花粉を取りたいので、マルティナのシーアクレンジングミルクをスチームを少し当ててメイクを取り、また先程のマルティナのクリームで保護しています。

その後はノンノンさんに言われた通り、昨日からお風呂で石鹸洗顔に変えてみました。石鹸はアレッポか純石鹸を使っています。ラップパックも続けています。

やはりマルティナはやめてオイルでメイクを落とした方が良いのでしょうか?

ノンノンさんはお風呂までメイクは落としていませんか?  (^人^)   私は、日中もヒリヒリするため、メイク直しに手づくりのヒアルロン酸化粧水をちょっと付け、またマルティナのクリームで保護し、MMUを付け直しています。

角質培養は去年の夏から頑張って、それまでスキンケアは変えておらず、春になり、外に出るとヒリヒリしてきました。
毎年春になるとヒリヒリしますが、今年は特にひどいです( ̄▽ ̄;)

角質培養を始めてから、夜は石鹸洗顔を週に2回だけにし、マルティナでクレンジングのみ、その後お風呂で水洗顔にしていたので酸化から角質がもろくなったのでしょうか?酸化を気にするより洗顔レベルを落とした方が肌が育つかなぁ、と自分では思ってました。

たくさん質問してしまいすみません(>_<)

時間がある時またお返事お願いしますo(^-^)o
きらら | 2009年04月09日(木) 11:08 | URL | コメント編集

>きららさん

外出してからヒリヒリするのだと、肌バリアが弱まって、敏感肌のような状態になっているのでしょうか?
外出時間が1~2時間だとすると、日焼け止めは塗ったほうがよいのかもしれmせんし、敏感な状態であれば紫外線の影響も受けやすくなり、さらに乾燥もしやすくなります。
帰宅してからの洗顔は、夜の洗顔とは別ですか?もし別であれば、1日3回の洗顔だと、どんなに洗顔レベルを下げたものを使っても、洗顔のしすぎの状態になります。

マルティナとオイル、どっちでメイクを浮かせるのがよいかといわれれば、私の考えではやはりオイル(オイル→石鹸洗顔)です。
マルティナのクレンジングの成分(細胞賦活作用は別としても)では、悪いものは入っていないのですが、これひとつで洗顔の工程が終わり・・・というのが、ちょっとピントこないんですよね・・・。界面活性作用をもつものとなると『レシチン』しかないのですが、レシチンで皮脂のリセットが出来るとも思えないので・・・。

肌が敏感で朝に水洗顔をするようなら、夜は石鹸洗顔がよいです。
石鹸洗顔の数を減らせば、肌が育つ・・・とも限りません。石鹸の界面活性作用はおだやかですし、さらに軟水と組み合わせれば、皮脂のリセットと同時にあらたな新品の皮脂を即座に補うこともできるので、角質の取り過ぎ・酸化のいずれの心配もいらないのです。
石鹸洗顔を週2回にするよりも、1日に1回(夜)は石鹸洗顔でもよいと思いますよ。

私は、帰宅が夜20時ぐらいなのですが、なるべくすぐ帰宅したらすぐ洗顔するようにしています。しかし、お風呂に入るのが21時半ぐらいなので、帰宅後にすぐ洗顔できない時は、そのお風呂に入る時間まで洗顔しないこともあります。

あとは、スチーマーはあたりすぎると角質が取れやすくなる、化粧水の付けすぎにも注意してください。

お使いのヨハネスクラウトベビークリームの成分を見てみました。
水、ヒマワリ種子油*、オリーブ油*、ダマスクバラ花水*、セイヨウオトギリソウエキス*、ラノリン*、ミツロウ*、セイヨウノコギリソウエキス*、アンチリスブルネラリア花エキス*、アルニカ花エキス*、トコフェロール

ひまわり種子油は、リノール酸、リシノール酸を多く含むので、細胞賦活作用が気になるところです。また、「セイヨウオトギリソウエキス」も細胞賦活作用です(><)

最新記事で「オイル・クリームの塗り方」を更新しましたので、メイク下地として塗る場合と、夜寝る時につける場合との、塗り方の違いも検討してみてください。
その記事で書いたとおり、皮脂膜の形成をもっとも妨げないのはホホバオイルです。オイルには、それ以外にもいろいろなオイルはあり、たしかに「フタ」の意味では役割を果たすものが多いのですが、「皮脂膜の形成をジャマしない」=肌を育てる、という意味では、ホホバオイルに勝るものはないと、私は思っています。
ノンノン | 2009年04月09日(木) 14:31 | URL | コメント編集

頑張ります☆

すぐお返事頂けて嬉しいです☆
ありがとうございます。
( ^^)Y☆Y(^^ )
あれから夜は石鹸洗顔にしてお手入れもノンノンさんの通りにしてます!
 しかし、朝メイク下地にマルティナのクリームをやめて、アイリスデイクリームを付けたらヒリヒリしてしまいました。 (>_<) オードヴィーブの日焼け止めもヒリヒリしたので、とりあえずホホバオイルを多めに付けてMMUにしています。

こんな時は何を下地にしたらよいでしょうか?

それから、花粉が顔に付くとヒリヒリするので外出の後は夕方6時位に早めに顔を洗っているのですが、9時位のお風呂で洗髪の時顔にお湯が流れてきて、気持ち悪いので最後に水洗顔してしまいます。ノンノンさんは帰宅後に洗顔した時はお風呂ではどうしてますか?

またまた質問してごめんなさい。よろしくお願いします<(__)>
きらら | 2009年04月10日(金) 07:35 | URL | コメント編集

>きららさん

そうですか・・・アイリスデイクリームだと合わないのかな・・・??ホホバオイル自体は大丈夫なんですよね。ホホバオイルをメインとしたシンプルなクリームで、細胞賦活作用の無いものは・・・市販のものを全て調べたわけではありませんが、私の知っている限りでは無いです・・・。
(あとは、ブログで紹介した、手作りのフェイスクリームです。)

ホホバオイルの上に、シアバターを重ねてみてはどうでしょうか?

夕方の洗顔の後、夜の入浴では水洗顔なんですね。それでいいと思いますよ。顔についた泡などをシャワーで洗い流す程度なら。私もそのようにしています。ただし、水に当たりすぎるのも良くないので、なるべく顔は、必要ない限り・泡などを洗い流す以外は、濡らさないようにしています。
洗髪での洗浄剤は、何を使われていますか?合成シャンプーだと、顔についた時シャワーでさっと洗い流しても、よからぬ成分が肌に残りますが(合成ポリマーや合成界面活性剤)、石鹸シャンプーなら安全です。
ノンノン | 2009年04月10日(金) 15:09 | URL | コメント編集

横レスすみません。

上のきららさん、ノンノンさんのやりとりを読んでの質問なのですが、
夕方の洗顔の後はホホバオイルをつけるとして、それから夜の入浴で顔を濡らしてしまった場合、その後のお手入れはどうしたらよいのでしょう?またホホバオイルかシアバターなど塗ってしまってよいものでしょうか?もちろんうすーーくですが。

最新の記事に書いてらっしゃった通り、ノンノンさんのように健やかな肌バリアが形成されていれば、何もつけないのも有りなのでしょうけれど、乾燥しているのでそうもいきません^^;
私も帰ってすぐ洗顔するので、入浴後はどうしようと考えていたところでした。
お邪魔しますがよろしくお願いします(>_<)
なのはな | 2009年04月10日(金) 16:35 | URL | コメント編集

>なのはなさん

きららさんへのレスは、「乾燥さえしなければ、肌はキレイになる」にありますので、そちらをごらんください。
そして、その際にもう一度、ホホバオイルやシアバターをハンドプレスで付けてよいか、ですよね。
もちろん、付けていいです。私も付けていますよ(^^)

洗顔の回数を増やすのは、「洗いすぎ」になってよくないのですが、やむをえず濡らしてしまう場合は、なるべく濡らさない・こすったりして洗いすぎにならないようにし、濡らした後は、ホホバオイルなどを補充します。
濡れたということは、たとえば汗をダラダラたくさんかいた時と同じで、皮脂膜がいくらかは流れるので、補充したほうがよいです。
ノンノン | 2009年04月10日(金) 16:43 | URL | コメント編集

はじめまして♪いつもブログ拝見させいただいるNAOMIといいます☆

今、ニキビ跡の赤みや毛穴の目立ちゆ消すべく角質培養を始めて1ヶ月ちょいになるんですが、最近肌がすごい過敏になっているんです;;
3日ほど前は石鹸洗顔すると顔が所々赤く痒くなり、昨日では浴槽に浸かっているだけで顔が真っ赤になり、痒くなりました;;
夜も顔が痒くてなかなか寝付けない状態です(泣)
今のスキンケアは朝、夜共に、石鹸洗顔→アイリスデイクリーム→ラップパック(メイクはしてません)なんですが、このままのケアで大丈夫でしょうか??
日が経つごとに過敏になっていってるので、今のままでいいのかとても不安です……

ちなみに食事や運動は気をつかっているつもりです。
NAOMI☆ | 2010年01月29日(金) 12:53 | URL | コメント編集

>NAOMI☆さん

はじめまして、こんにちは。

カテゴリーのよくある質問「スキンケア編」のQ28をご参照ください。

角質培養を始める前の肌の状態にもよります。
ケミカルで隠されていた(合成界面活性剤でしっとりさせ、合成ポリマーで覆う)乾燥状態が、隠さないことであらわになると、すっかり乾燥で敏感になってしまった状態がむき出しになり、そのような状態になることがあります。
そういった「緊急」の場合では、とにかく「フタ」となるクリームが必要です。NAOMI☆さんの場合はクリームを使用しているとのことですが、もう1ランク、フタとして強力なクリーム(成分良好なもので)に変えてもいいかもしれません。

また、かゆみ・赤みの原因が「乾燥」の場合でしたら↑のようなアドバイスになるのですが、他の原因の場合もないとは言い切れないのは確かです。(ホルモン、アレルギー、リウマチなど)
ノンノン | 2010年01月29日(金) 13:21 | URL | コメント編集

はじめまして!

はじめまして!
@コスメからこちらのブログへ飛んできました^^

スキンケアにはとても関心があり、6年ほど前から自分なりに丁寧にスキンケアをしてきたつもりでしたが・・・
ノンノンさんのブログを読んで、肌に悪いことをしていたことに気づくことができました。

今まで私がしていたのは
・温かいお湯での洗顔
・長い時間の泡洗顔
・コットンを化粧水でひたひたにして何回も肌に滲み込ませる
です;

使用していた化粧品はなるべく無添加や無鉱物油などのナチュラル系の物を使用していましたが、まだ成分について詳しくは見ていません。
これからノンケミカルなものへ変えていきたいと思っています。

まずはできるところから、と思い
・ぬるま湯での洗顔
・泡を乗せるのは20秒まで
・化粧水でひたひたにしすぎない
を行いました。

問題は化粧水の件なのですが、今まで肌を甘やかしてしまい本来の力がなくなってしまったため、ひたひたにしたコットンで1回肌全体に化粧水をいきわたらせるだけでは乾燥してしまいます。
(小鼻や頬の毛穴がごわごわし、全体がつっぱります。)
2回でも乾燥してしまい、相当肌を甘やかしていたんだな・・・と反省しました。
そこで質問なのですが、肌本来の力をよみがえらせるためにも、乾燥を我慢して化粧水を控えめにしたほうがよいのでしょうか??
よろしくお願いします。
かな | 2010年03月28日(日) 21:33 | URL | コメント編集

>かなさん

はじめまして。

化粧水はどんなものを使っていますか?

化粧水を使うだけで肌が潤うとしたら、ケミカルな化粧水であれば「合成界面活性剤で肌バリアを壊し、そこに水分・成分を入れ込み、合成ポリマーでふた」というしくみです。
いくらその即効性があったとしても、その行為自体が肌を乾燥させる原因なのでやめるべきです。

ノンケミの化粧水だとして、それを何回もつける(またはコットンパックでたっぷり肌に浸透させる=ふやかす)ことで肌が潤うように感じるのは、肌の乾燥がやわらいだのではなく、「ふやけた」だけのことです。角質層に必要以上の水をいれてふやかしているので、やわらかくしっとり潤ったように感じるだけですし、ぬらして透明感が出るのも当たり前なのです。
これも、皮脂膜を流して角質層をもろくするので、この行為じたいが乾燥の原因となるので、やめたほうがよいです。

「ほんの少し、ぬれたと思うだけ」つける理由は、肌の乾燥をやわらげる目的とは少し違います。化粧水じたいで、乾燥そのものを改善はできません。ですから化粧水じたい、必ずしもいらないアイテムなのですが、ほんの少しだけつける理由は、「弱酸性にみちびく」ことが目的です。
石鹸洗顔すれば、直後は弱アルカリ性にかたむいています。これを弱酸性に導くためです。
ですが、肌がすこやかであれば、自分の皮脂分泌力で弱酸性に戻りますし、また、水道水が軟水であれば石鹸洗顔後、即座に弱酸性の油脂が肌をコーティングしてくれるので、つっぱり感がありません。よって、化粧水がいらないのです。

よって、化粧水をほんの少しつけて弱酸性効果をおぎなう必要があるとあしたら、
肌の乾燥度によって皮脂分泌力が弱い場合と、水道水が硬度ぎみの場合です。

この目的で化粧水を使うんだ、ということを念頭において、今の乾燥は化粧水でどうにかしようとするのでなく、その後のケア(ホホバオイルやクリームなど)で皮脂膜の代用(ふた)を補えばオッケーです。
ノンノン  | 2010年03月29日(月) 08:26 | URL | コメント編集

回答ありがとうございます

丁寧に回答していただきありがとうございます!

使用している化粧水の成分は
水、グリセリン、DPG、PEG-32
グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン
スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51
グレープフルーツ種子エキス、PCA-Na、クエン酸Na
アラントイン、BG、フェノキシエタノール
です。
やはりケミカルな成分が今まで潤わせてくれてたのですかね;

化粧水の役割、とてもよくわかりました!!

ホホバオイル・・・先週、生活の木へ行ったので買っておけばよかった・・・
購入するまでは今まで使用していたクリームになってしまうのですが大丈夫でしょうか?
それとも家にあるもの(ベビーオイルなど)で代用できるものはありますか?
よろしくお願いします。
かな | 2010年03月29日(月) 09:43 | URL | コメント編集

>かなさん

化粧水の成分、参考になりました。なるほど。
この成分では、合成界面活性剤がPEG-32 、合成ポリマーがポリクオタニウム-51 です。
もっと思いっきりケミカルなものもあるので、それに比べればまだマシかもしれませんが、合成界面~と合成ポリマーが入っているのは明らかです。
また、ケミカル・ノンケミカルにかかわらず、コットンパックや化粧水のつけすぎを今までしてきたことは乾燥の原因の1つです。

ホホバオイル、シアバター(いずれも、とりあえず刺激の少ない精製のほうをおすすめします)、いずれも生活の木にあります。
クリームは、ブログの左側で紹介しているとおり、おすすめはヴェレダのアイリスデイクリームです。説明文に書いてあるとおり、合成界面活性剤もつかわず、ホホバオイルやシアバターなど、肌に似た性質をもつ成分でシンプルに作られたクリームです。

クリーム類の役割は、皮脂膜の代用として「ふた」となることで、特に乾燥度がすすんでいる時は一番必要なアイテムです。乾燥度がすすんでいると、皮脂膜を自分の力で形成する力がまだ弱く、目に見えない水分がどんどん逃げやすい状態にあるからです。それをまずは「ふた」しましょう。

「よくある質問」のスキンケア編Q28をご参照ください。

今まで使っていたクリームはなんでしょうか。それが合成界面~や合成ポリマーを含んだケミカルなものであれば・・・いくらそのクリームがガッチリ「ふた」となるといっても、合成界面活性剤が角質を傷め、合成ポリマーががっちり密封しすぎて、本来の皮脂膜を作る作用を邪魔してしまい、水面下では乾燥した肌を作ってしまいます。
ノンケミカルなくリームであることが前提となります。

オイルは、ホホバオイル以外のものでもよいか?たとえばベビーオイルでもよいか・・・ですが、これも、その商品によります。成分チェックをし、余計なものが入っていないノンケミカルなものが前提です。
ベビーオイルといえばジョンソンベビーオイルがありますが、たとえばこの主成分は「ミネラルオイル」です。これは石油原料でガッチリ表面をカバーするので、一時的な「ふた」にはなるかもしれませんが、石油原料ですので肌にとっては「自然」な存在ではなく、ガッチリとカバーしすぎるので、自然な皮脂膜の形成のじゃまになります。
こういう意味でも、ホホバオイルとは性質が異なります。

それよりは、植物性のオイル(オリーブオイル、椿オイル・・・など)のほうがまだ自然です。ただし、つけすぎず、両手でこすりあわせたら、顔を挟み込むようにしてハンドプレスで、うっすらつける程度でよいです。
(乾燥度がすすんでいて、これでは物足りない場合は、多少、量を調整してください。
ただし、「よくある質問」スキンケア編Q28にも書いたとおり、乾燥度がすすんでいる場合は「クリーム」のほうが即効性はあります。)

ホホバオイルは、「オイル」と名前はつきますが実際は「ロウ」であり、人の皮脂と同じ性質を持っています。ベタベタせずさらっと仕上がり、他のいろいろなオイルのように単純に表面をカバーするだけではなく、自然な皮脂膜の形成を邪魔しないところが違っています。
いずれ、ホホバオイルをゲットして取り入れてみてくださいね!
ノンノン  | 2010年03月29日(月) 15:36 | URL | コメント編集

ありがとうございます

毎回丁寧な回答ありがとうございます!
化粧水、やっぱり低刺激や肌に良いということを謳っている商品でもケミカルな成分が入っていたのですね・・・
まだマシなものだったようなので、ノンケミカルなものを買うまでは(週末には買えると思うので・・・)これを使用していきたいと思います。

今使用しているクリームについてなのですが、成分は

モイストセラミド、低分子コラーゲン、スーパーオリゴ
スーパーヒアルロン酸、セラミドプラス、バリアセラミド
グリコシルトレハロース、エクストラオーガニックオリーブ

と書いてありましたが、主な成分と書いてあったのでもしかしたらこの他にもケミカルな成分が含まれているかもしれませんね・・・

クリームがもしノンケミカルでなければ、椿オイルもオリーブオイルも自宅にあるので、ホホバオイルを購入するまでの代用にしたいと思います!!
それにしてもホホバオイルですごいんですね~☆

化粧水もクリームも、自分で成分を調べればよいものの、頼ってしまいまして申し訳ありません・・・
お忙しいところ、本当にありがとうございます!

それから、最初の質問なのですがノンノンさんのアドバイスを参考にして、化粧水は最小限にし、クリームをいつもより多めに塗ってみたところ(今朝です)、今のところ頬・小鼻もごわごわせず、つっぱり感もありません!!
化粧水で潤すのではなく、しっかり蓋をすることが大切であることを実感することができました。
ケミカルなものだとしたらあまり意味がないのですがね・・・;

まだ始めたばかりですが、これからも続けてさらに実感していきたいと思います♪
かな | 2010年03月29日(月) 16:33 | URL | コメント編集

初めまして

初めまして。コメントをするのは初めてですが、
以前からブログ、興味深く拝読させていただいています。
私もノーファンデの肌になりたくて、
ノンケミに気をつけるようになって、2週間ほどです。
手作り化粧水と、ホホバオイルのみのケアに移行しましたが、
酷い角栓地獄に陥ったり(笑)、カサカサになったり…。
最近になって、ようやく乾燥も感じなくなってきたし、
ニョキニョキの角栓も、何となく数が減ってきた気がします。
時間があれば、なるべくラップパックもするようにしています。
ただ、目や口の周りなどの皮膚が薄い部分に、
ポツッとかゆいブツブツができるようになりました。
私の予想ですが、全ケミの頃、
韓国のアイクリームを3本ほど使い続けていたので、
そのダメージが今浮上してきたのかな、と思っています。
ホウレイ線にも付けてました(^^;)
やはりそのせいでしょうか?
さすがに今は怖くて使っていません。ていうか、捨てました(笑)
ユンピョウ | 2010年05月10日(月) 15:57 | URL | コメント編集

>ユンピョウさん

はじめまして、こんにちは。
いつも読んでいただいていたとのこと、ありがとうございます!

そうですね、おこころあたりのあるとおりの状態だと思います。
今までケミカルなものを使っていた時は、そのケミカルな成分で乾燥状態を「水面下」に隠すことができるのですが(一時的に)、そうして隠している間にもダメージは進行しています。
そして、ケミカルなものをやめると、進行していたダメージの状態がおもてに目に見えて表れます。(ケミカル成分で隠さないから)

乾燥状態がとくにあると思う部位には、ホホバオイル→シアバターでも間に合わないと感じる場合は「クリーム」で保護してください。
カテゴリーの「よくある質問」のスキンケア編のQ28もご参照ください。
ノンノン  | 2010年05月11日(火) 07:23 | URL | コメント編集

不全角化

ノンノンさん、今日は。ベベです。
いろいろな所に出没してます(笑)

この間は、弱気なコメントを送ってしまいましたが、生理中だったので心身ともにまいっていたようです。
肌の調子は再び良くなってきました!
毛穴の方は日焼け止め&コーンスターチで大分目立たなくなってきており、色むら、赤みもいくらか消えてきた感じがします。
赤みが消えてきて気づいたのですが、自分恐らくイエベだろうと踏んでたのですが、むしろブルベかもしれないと思い始めました(爆)
角質培養成功の暁にはもっと印象が変わるのでしょうね。
肌がきれいだと、ポイントメイクも映えますよね、楽しみです。

で、今日の質問ですが、今までできたことなかった場所(頬や顎など)に細い針のような角栓がびっしりできており、彼らは一向に旅立つ気配をみせてくれません。それどころか増えてるような感じです。
これは乾燥しているせいかと思い、シアバターを多めにハンドプレスして(テカるぐらい)寝たところ、翌朝には毛穴の広がった水分のないシワシワの肌になってしまいました。
シアバターは未精製のものなので、これはいわゆるオレイン酸過剰からくる不全角化ですよね?
でも、乾燥しているはずなのに、不全角化になってしまうとはなんか矛盾しているように思うのですがどうなのでしょうか?
夜のケアは、ホホバ&アイリスデイクリームにしたり、またはホホバ&うす~くシアバターにしたりとかいろいろ試しているのですが・・・
精製のシアバターはまだ見つけていないので(外国暮らしの不便さよ・・・今度帰国した時に大人買いしそうです(笑)、いっそのこと乾燥対策にアイリスナイトクリームを購入しようかどうか迷っています。。。
けっこう肌の調子は日々違うので、その都度違った対応が必要な気がします。食べたものや飲んだ水の量などでもてきめんに変わりますよね。

それともう一つ、このコーナーの質問ではないのですが、リンパマッサージについてわからないことがあります。
妊娠初期にはやらない方がよいということですが、妊娠がまだ判明しない超初期の段階(排卵後~生理予定日まで)から避けた方が良いのでしょうか?
今、妊娠を希望しているのでアドバイスいただけるとありがたいです。

では宜しくお願いいたします。
ベベ | 2010年05月22日(土) 01:50 | URL | コメント編集

はじめまして☆

こんにちは
はじめてブログをのぞかせてもらいました♪
とても勉強になります!!

最近夏なのに肌が乾燥してるかもって感じてました。
それで化粧水のコットンパックで水分を補ってあげようと2、3日パックしまくってました。
…ダメなんですね。パック。
ここのブログを読んで本当に良かったです。
間違ったケア方法をずっと続けるところでした。
まさに肌が水浸し状態だったんだな~と今思います…。

今日から正しいケア方法を実践します!
でもまずノンノンさんのブログを読んで勉強しなくては!?

あ!一つ聞きたいことがあります。
最近唇がなぜか乾いてる感じがするんです。
今までにはない感じで。
冬に唇が乾燥するのとはちょっと違った感じなんです。
主に唇の表面はふちの方から乾燥してるのですが、
全体的には内側から乾いているというか…
内側に水分が足りない感じ?
リップクリームは毎日ちゃんと付けてたのにな~って感じです。
あと唇の表面のふち側がちょっとざらざら?ぷつぷつ?
ニキビではないのですが、なんかぷつぷつしたものが昨日までちょっとだけ出てました。
なんでしょう?
やっぱりここ2、3日のコットンパックが響いてるのでしょうか?
ぷつぷつはなおりましたが内側の乾燥がまだちょっときになります。

もっとブログ読んで勉強します!
柚 | 2010年07月24日(土) 15:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonnonspring.blog98.fc2.com/tb.php/98-0c98b621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。